「ソル・ギョング」タグアーカイブ

韓国民主化闘争の実話『1987、ある闘いの真実』メイキングカットが解禁


映画情報どっとこむ ralph 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた『1987、ある闘いの真実』が、いよいよ9月8日(土)よりシネマート新宿ほかにて公開となります。

この度、メイキングカットが解禁となりました!


その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だったー。

『タクシー運転手約束は海を越えて』で描かれた光州事件から7年後。日本では空前の好景気”バブル“の幕開けに国中が浮かれていた1987年、飛行機でたった3時間の韓国では、歴史をくつがえし、国民全員の人生を劇的に変えた大事件が発生していたー。すべての始まりは、一人の青年の”不可解な死“。ソウル大学の学生が取り調べ中に命を落としたのだ。警察は心臓麻痺だと発表するが、新聞が「拷問中に死亡」とスクープし、大騒動へと発展していく。

「1987年」という激動の時代を生きた人々を演じたのは、韓国映画界を代表する豪華俳優陣たち。北分子の徹底排除に信念を燃やす南営洞警察のパク所長役にキム・ユンソク、学生の死を隠ぺいしようとする警察に対峙するチェ検事役にハ・ジョンウ、危険を顧みず運動家に手紙を運ぶ看守役にユ・ヘジン、拷問死の真相を隠蔽するために逮捕されるチョ刑事役にパク・ヒスン、真相追及に奔走するユン記者役にイ・ヒジュン、『お嬢さん』で注目され、本作では看守の姪で大学生役のキム・テリほか、学生デモに立ち上がる大学生をカン・ドンウォン、警察にマークされている運動家にソル・ギョングなどベテランと若手の演技派俳優が集結。

監督は『ファイ悪魔に育てられた少年』(2013)のチャン・ジュナン。徹底的なリサーチと細部にこだわる考証、そして奥の深いキャラクター描写と予測不能な展開で描き、第54回百想芸術大賞の映画部門にて最高賞の「大賞」、脚本賞、最優秀男優賞(キム・ユンソク)、助演男優賞(パク・ヒスン)の最多4部門受賞するなど、高い評価を得た。

しかしながら、企画が動き出した当初は、朴槿恵(パク・クネ)政権時代ゆえに、表現に対する弾圧が激しく、シナリオは外部に漏れないよう、秘密裏で行わざるを得ず、資金集めも困難を極めたという。一方では名のある多くの俳優たちは、まだパク政権が完全に終わったわけではないのに、勇気を振り絞って参加を表明してくれたそうで、まさに、

チャン・ジュナン監督いわく「アベンジャーズ級」といえる韓国を代表する実力派俳優たちの共演が実現!今回解禁となった映像では、その俳優たちが勢ぞろいし、ユ・ヘジンは「日本でもたくさんの方に見て頂きたい」とメッセージを寄せている。

さらにあわせて解禁となったメイキングカットでは、チャン・ジュナン監督と真剣な表情で話し込むハ・ジョンウや、
当時の新聞記事を見つめるキム・テリなどの様子が。
1987年当時を再現した街並みなどにも注目です。

映画情報どっとこむ ralph 1987、ある闘いの真実
原題:1987

1987arutatakai-movie.com


物語・・・
1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。
徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる。解剖により学生は拷問致死であったことが判明するが、政府は取り調べをした刑事二人を逮捕することで事件を終わらせようと画策する。これに気付いた新聞記者、刑務所看守らは、事実を白日のもとにさらそうと奔走するが、警察による妨害もエスカレートしていく。

また、拷問で仲間を失った大学生たち(カン・ドンウォン)も立ち上がろうとしていた。

***********************************

監督:チャン・ジュナン(『ファイ 悪魔に育てられた少年』、『カメリア』)

出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン、キム・テリ、ソル・ギョング、カン・ドンウォン、パク・ヒスン、イ・ヒジュン、ヨ・ジング

提供:ツイン Hulu
配給:ツイン
宣伝協力:ブレイントラスト
/2017年/韓国/カラー/129分
©2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED


BOYS AND MEN 田中俊介『名もなき野良犬の輪舞』トークイベントで熱く語る!


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭特別招待作品として上映され、各国のジャーナリストから大絶賛された『名もなき野良犬の輪舞』の公開を記念し、5月14日(月)、新宿武蔵野館にて男性エンタテインメント集団ボイメンこと、BOYS AND MENのメンバーで、俳優としても活躍する田中俊介(たなか・しゅんすけ)さんをゲストに迎えトークイベントが行われました!

日付:5月14日(月)
場所:新宿武蔵野館
登壇:田中俊介 BOYS AND MEN(通称ボイメン)

【田中俊介】1990年1月28日生まれ。2010年に結成された東海エリア出身・在住の10人のメンバーで構成されたユニット“BOYS AND MEN”(通称ボイメン)のメンバー。トレードマークの学ランを身に纏い、歌・ダンス・芝居だけでなくミュージカルなどもこなすエンターテイメント集団。5月9日は、NEWシングル「進化理論」が発売。個人活動としては、昨年、映画『ダブルミンツ』(17)で主演を務めたほか、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(17)にも出演。まもなく5月26日より公開の『ゼニガタ』(18)も控え、俳優としても飛躍が期待される。さらに、映画好きを活かし『映画MANIA』(東海テレビ)にもレギュラー出演中。

映画情報どっとこむ ralph すでに公開後すぐにSNS上に多くの絶賛コメントが上がり、ソル・ギョングやイム・シワンら俳優陣が体現する男たちの哀しき運命や先の読めない展開にリピーターも続出している『名もなき野良犬の輪舞』。

田中さんは、なんと“1日1本映画生活”と、1日最低1本は映画を観ると決めているほどの映画好き!朝早く起きて仕事に行く前や移動中の新幹線の中など、とにかくずっと映画を観ているという。さらに、韓国映画も大好きで、中でもソル・ギョング氏の大ファンだと公言する田中さんは、まず映画の感想を聞かれ、開口一番

田中さん:いやぁ、さすがソル・ギョングだと!感銘をうけました。

と熱く即答。

田中さん:韓国ノワールは魅力的ですごく好きなのですが、本作は進化した今までにない韓国ノワールをみせてもらったという印象で、とにかく美しく、映像美へのこだわりも強く、色彩やカメラアングルが面白くて監督の遊び心も盛り込まれた作品でした。韓国(映画)どんどん進化していって日本ヤバいぞ、負けてられないぞと思えるくらい衝撃を受けました!


さらに田中さんは昨年公開された『ダブルミンツ』に主演したときには、役作りで15~16Kg体重を落したそうで、

田中さん:僕自身も作品に取り組む際に、上っ面な感じで取り組みたくないし、内面的なものも意識して自分の経験を引っ張り出して、それでどれだけ役に近づけるかということをやっていました。ソル・ギョングさんは、とにかく内側からの役作り、ビジュアルへのこだわりをどの作品でも徹底的にやられている。前作『殺人者の記憶法』のときなんてガリガリにやせていておじいちゃんみたいだったのに、本作ではスマートに演じられてさすがです!

と感嘆しきり。

映画情報どっとこむ ralph 一方、田中さんの同世代で、同じくアイドル出身の“演技ドル”であるイム・シワンの演技については
田中さん:ソル・ギョングさんと同等か、食ってるんじゃないかと思えるほどのお芝居をしている、同世代として悔しくもあり、いつか僕もこのような作品で、韓国の作品だったり、さらに大きな夢ですけど、ソル・ギョングさんと共演できたらいいなぁ、なんてうらやましさも混じってみていました。

と率直な思いを続けつつ

田中さん:イム・シワンさんの表情が頭から中盤終盤と変わっていくんです。上映前なので話せないですが、ラストの表情、すばらしいんですよ!なんとも言えない表情で…これでイム・シワンさんのファンにならない人がいたらおかしいくらい魅力的で、そこにもぜひ注目してもらいたいです!

と熱いトークが止まらない。また、劇中のソル・ギョング演じるジェホと、イム・シワン演じるヒョンスの関係性については

田中さん:共依存の部分があって、友情を超えた感情、いやそれ以上のものがあるんじゃないか。僕はこの作品すでに何回も観たのですが、一度目はそのスタイリッシュさに衝撃を受けて、2回目3回目と観ていくと、あぁこのときにこう考えていたんだってそういう視点で見ると楽しめるんです。ソル・ギョング目線でもイム・シワン目線でも。だから僕はこの作品は2回3回とみたほうが楽しめる作品だと思います。1回目はストーリーに集中してみて、2回目は監督のビジュアルへのこだわりも楽しめる。これまでの韓国ノワールってジトっとして灰色なイメージだけど、この作品では赤だったり原色が上手く使われていて、特に冒頭にでてくる、鮮やかな赤!さらに上からのアングル、いい表情のソル・ギョングとイム・シワン!いきなりいいシーンが出てきますからね。

と映画好きならではの細かい分析も飛び出した。

映画情報どっとこむ ralph 結成して8年目のボイメンのメンバーとは結成当初は若さゆえのぶつかり合いもあったというが、
田中さん:グループや夢への思いあってのぶつかりあいだったので、それがあったから生まれた友情や絆がある。家族のようなそれ以上のような繋がりがある。

という田中さん。

近年は、映画への出演も相次ぎ、『恋のクレイジーロード』(名古屋先行公開中)、『ゼニガタ』(5/26公開)出演、さらには少女時代のスヨンとダブル主演を日韓合作『デッドエンドの思い出』が来年公開と映画界でのさらなる活躍が期待される。

田中さん:そこから僕も韓国に、ソル・ギョングさんに近づきたいと思っています!韓国ノワールはどれだけ進化するんだと驚いた作品ですので、その衝撃をぜひ味わって楽しい映画体験をしてください!

と熱く語り、終始、田中さんの映画愛が感じられるイベントとなりました。


『名もなき野良犬の輪舞』

5/5(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開中

物語・・・
犯罪組織でナンバー1に成り上がるという野望を持つ受刑者のジェホ(ソル・ギョング)は、刑務所へ入所してきた野心的な新入りヒョンス(イム・シワン)と出会う。ジェホはこれまでの人生で一度も他人を信じたことはなかったが、ヒョンスが奇襲からジェホを救って以降、二人はお互いに信頼しあい、一緒に働くことを誓う。出所後、彼らはチームを組んで犯罪組織を乗っ取ろうとするが、次第にそれぞれの秘めた動機が現れ始める。彼らの信頼の下に潜む真実が姿を現すとき、二人の関係は哀しきものへと変わっていく。


***********************************

監督:ビョン・ソンヒョン『マイPSパートナー』
出演:ソル・ギョング『シルミド SILMIDO』 イム・シワン『弁護人』 チョン・ヘジン『王の運命―歴史を変えた八日間―』 キム・ヒウォン『アジョシ』 イ・ギョンヨン『ベルリンファイル』
ⓒ 2017 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED


キム・ユンソク×ハ・ジョンウ7年ぶりの共演!韓国民主化闘争実話『1987、ある闘いの真実』日本公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を、人気俳優キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン、キム・テリ、ソル・ギョング、カン・ドンウォン
ら豪華俳優陣の共演で描いた衝撃作『1987、ある闘いの真実』が、9月8日(土)にシネマート新宿ほかで全国公開することが決定!


1987年、日本がバブルに入ったばかりで国中が浮かれていた時代、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国では、徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。
そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。
隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる…。

一人の大学生の死を発端に、国民の国への不信と怒りはやがて韓国全土を巻き込む民主化闘争のうねりとなって広がっていく

映画情報どっとこむ ralph
1987、ある闘いの真実
原題:1987 When the Day Comes

9月8日(土)シネマート新宿ほか、全国順次ロードショー

1987arutatakai-movie.com

一人の大学生の死が国民の心に火をつけた!
 
1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる。解剖により学生は拷問致死であったことが判明するが、政府は取り調べをした刑事二人を逮捕することで事件を終わらせようと画策する。これに気付いた新聞記者、刑務所看守らは、事実を白日のもとにさらそうと奔走するが、警察による妨害もエスカレートしていく。また、拷問で仲間を失った大学生たち(カン・ドンウォン)も立ち上がろうとしていたー。一人の大学生の死から始まった、韓国全土を巻き込む民主化闘争を描く衝撃の実話。

***********************************

監督:チャン・ジュナン(『ファイ、悪魔に育てられた少年』、『カメリア』)
出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン、キム・テリ、ソル・ギョング、
カン・ドンウォン、パク・ヘスン、イ・ヒジュン、ヨ・ジング
/2017年/韓国/カラー/129分
配給:ツイン
(c)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED



ソル・ギョング主演のカンヌ話題作『名もなき野良犬の輪舞』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph もう、俺を信じろとは言わない。だが、俺はあんたを信じてる。

第70回カンヌ国際映画祭特別招待作品として上映され、各国のジャーナリストから大絶賛された『不汗党(原題)』。邦題を『名もなき野良犬の輪舞』とし5月5日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開されることが決定しました。

犯罪組織でナンバー1に成り上がるという野望を持つ受刑者のジェホ(ソル・ギョング)は、刑務所へ入所してきた野心的な新入りヒョンス(イム・シワン)と出会う。ジェホはこれまでの人生で一度も他人を信じたことはなかったが、ヒョンスが奇襲からジェホを救って以降、二人はお互いに信頼しあい、一緒に働くことを誓う。出所後、彼らはチームを組んで犯罪組織を乗っ取ろうとするが、次第にそれぞれの秘めた動機が現れ始める。彼らの信頼の下に潜む真実が姿を現すとき、二人の関係は哀しきものへと変わっていく。

信頼を求める男と、誰も信じられない男は、時には家族のようであり、兄弟のような固い絆で結ばれていた。しかし、ある真実が露見することで、その絆は加速度的に哀しみと憎悪を帯びていく…。80年代の香港映画やヨーロッパ映画のような古典的でスタイリッシュな映像は既存の韓国ノワールとは一線を画すハードボイルド映画として、昨年のカンヌでの上映を皮切りに、第54回大鐘賞映画祭、第37回韓国映画評論家協会賞、第38回青龍映画賞など主要な韓国の映画賞を席巻した。

中でもソル・ギョングの演技が高い評価を得て数々の主演賞を獲得するなど、彼の最高傑作といっても過言ではない作品となっている。 また共演のイム・シワンはいつもの好青年の印象とは真逆な暴力的な男を演じるという、彼のキャリアで最大の挑戦に挑み話題を呼んだ。その他にも『アジョシ』で強烈なインパクトを残したキム・ヒウォン、男勝りの冷酷な捜査官を演じた『王の運命-歴史を変えた8日間-』のチョン・ヘジン、また韓国映画界の重鎮で『黒く濁る村』など多くの作品で存在感を見せつけるホ・ジュノが特別出演しているのも見逃せない。

まさに、全員無慈悲な登場人物たちが、裏切りと復讐の雨を降らす『名もなき野良犬のロンド輪舞』。

野良犬たちの最後は映画史に残る衝撃を与えるに違いない。

***********************************

監督:ビョン・ソンヒョン『マイPSパートナー』
出演:ソル・ギョング『シルミド SILMIDO』 イム・シワン『弁護人』 チョン・ヘジン『王の運命―歴史を変えた八日間―』 キム・ヒウォン『アジョシ』 イ・ギョンヨン『ベルリンファイル』
ⓒ 2017 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED