「ゼロ・グラビティ」タグアーカイブ

映画は“音” で、もっと楽しめる!第2回「爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋」決定!


映画情報どっとこむ ralph 映画館にライブ・コンサート向けの大規模かつ高品質な音響機器をセッティングし、作品の持つ“音”の世界や可能性を極限まで探求し、 高品質な“音”を大音量で表現する映画祭「爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋」を、2017 年11月10日 (金)〜11月12日(日)まで 3 日間、109シネマズ名古屋(愛知県名古屋市)にて開催するそうです。

前回の爆音映画祭(2017 年 6 月 30 日(金)~7 月 2 日(日)にて実施)が大反響を呼び、2回目の109シネマズ名古屋で の「爆音映画祭」開催が決定。
映画愛に溢れ、繊細かつ アーティスティックなプロデュースで定評のある樋口氏が、これぞ“爆音”で堪能してほしいと考える8本の名作を、新作・旧作織り交ぜ選出し、作品それぞれに適した音響調整を実施。

2017年を代表する大ヒットの1作となった「ベイビー・ドライバー」では、アクションをガンガン引っ張る最高 にクールなサウンドトラックを“爆音”で存分に堪能できます。またアクション映画の金字塔「プロジェクトA インターナショナル版」は、ついにジャッ キー・チェン初の爆音上映が決定。さらにもう1本、2016年に公開され、全米が震撼したショッキング・スリラー「ドント・ブリーズ」も初爆音上映となり、両作品ともにどんな爆音体験ができるか期待されます。

また、前回の爆音映画祭で満席回が続出した「キングスマン」の再上映が決定。
今回は一部上映回にてコスプレ、発声、ペンライトの持ち込みも可能な“爆音応援上映”を実施。2018 年1月に公開となる続編への待ちきれない興奮を“爆音”でぶちまけよう!そして無限の宇宙を彷徨う 「ゼロ・グラビティ」では、一体、樋口氏が無音の宇宙を“爆音”でどう表現するのか、それもこの映画祭 の大きな見所となります。

迫力のあるシーンは、よりダイナミックに、緊張感のあるシーンは、より きめ細やかになるよう、作品、シーンそれぞれに合わせ、繊細に音量・音圧を調整していくこ とで、これまでには決して体験することのできなかった新たな感動を創造します。をお楽しみに!

映画情報どっとこむ ralph ●“爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋”について
爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋
会場:109シネマズ名古屋
期間:2017年11月10日(金)、11日(土)、12日(日))
内容:最新作「ベイビー・ドライバー」を含む、8本の名作を一挙爆音上映
※詳細は公式サイトにて
料金:各作品によって異なる ※詳細は公式サイトにて
チケット発売 109シネマズ名古屋 WEB販売 10月24日(火)0:00より
*ご購入はコチラから
*109シネマズ名古屋 劇場窓口販売 10月24日(火)劇場営業開始時間より(但し各回、残席がある場合のみ)
企 画:株式会社東急レクリエーション、株式会社ローソンHMVエンタテイメント
特別協力:株式会社 boid
公式サイトhttp://109cinemas.net/events/nagoya-bakuon/

映画情報どっとこむ ralph “爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋”上映作品

爆音にもいろいろあるね!な全8作品(予定)

プロジェクトA インターナショナル版≪初爆音上映≫
©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

ドント・ブリーズ [PG12指定]≪初爆音上映≫
©2016 CTMG. All Rights Reserved.

キングスマン [R15+指定]≪爆音応援上映≫
©2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

キック・アス [R15+指定]
©2009 KA Films LP. All Rights Reserved.

ベイビー・ドライバー


ゼロ・グラビティ
©2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

デッドプール [R15+指定]
©2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

この世界の片隅に
©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

***********************************



丸の内ピカデリー爆音映画祭スタート!仕掛け人樋口泰人に聞く


映画情報どっとこむ ralph 映画は“音”で、もっと楽しめる!というコンセプトをもとに、映画館にライブ・コンサート向けの大規模かつ高品質な音響機器をセッティングし、作品の持つ“音”の世界や可能性を極限まで探求し、高品質な“音”を大音量で表現する「丸の内ピカデリー爆音映画祭」の初日。


本映画祭総合プロデューサーでもあり、全国各地行われている”爆音映画祭”仕掛け人の樋口泰人氏が、”爆音映画”について囲み取材にて熱く語っていただきました!

日付:3月25日(土)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:樋口泰人

映画情報どっとこむ ralph 座談会形式の囲み取材はとってもフレンドリーな形でスタート。04年から東京・吉祥寺バウスシアターで、そこにあったライブ・演劇用の機材とスタッフを用いて、音遊びから始まり、映画を上映することで観客に新たな見せ方を本格的に提供したのが始まりだそうで、当初は音楽ものから始まり普通の映画でも試みるように。

樋口さん:自然の音や環境音、などがMIXされて、まったく別の空間が出来上がったんです。音が面白いだけでなく、見えているものも変わって、広がってくるんです。

と、驚きの発見をしたそうで、音楽ものよりも普通の映画を爆音で上映する企画にシフトしたとのこと。

試行錯誤を重ね、音響チームと共に手作りで音作りをしているそうですが、全部が全部成功するとは限らないとのこと。特に必要な音しか入っていない(環境音なし)作りこまれた作品やアニメなどは向かない物が多く、今回も上映中の「キングコング:髑髏島の巨神」のような作品は基本的に面白くなるそうです。

さらに、面白いのは以外にも無音のある作品の評判が良いそうで

樋口さん:お客さんが、無音のところがむちゃくちゃ面白いと。明らかにそういう反応をしていただいた作品もあります。音が消えるときの境界を越えた落差が良かったようです。違った見え方になったようですね。

と、語りました。

また、はじめた当初は音が大きくなることで観方が変わることに満足していた段階から、現在は技術的にも円熟。優しい音にもなってきているそうで、先日行われた坂本龍一さんのスピーカーをつかった『牯嶺街少年殺人事件』“極上の音響上映” のように空間を創りこむカタチも評判となっています。

と、ここまでご紹介してきましたが・・・

百聞は一聴にしかず。

是非、劇場で確かめて観て下さい!

映画情報どっとこむ ralph 映画祭「丸の内ピカデリー爆音映画祭」を、2017年3月25日(土)〜4月7日(金)まで2週間、丸の内ピカデリー(東京・有楽町)にて開催中。


丸の内ピカデリー爆音映画祭
会 場 :丸の内ピカデリー3
東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン新館5F
期 間 :2017年3月25日(土)~4月7日(金)
内 容 :最新作「キングコング:髑髏島の巨神」を含む、6本の名作を一挙上映

料 金 :各作品によって異なる ※詳細は公式サイトにて
企 画 :松竹マルチプレックスシアターズ、ローソンHMVエンタテイメント、メイジャー

“丸の内ピカデリー爆音映画祭”上映作品<全6作品>
「キングコング:髑髏島の巨神」 (118分)
「マッドマックス 怒りのデスロード」 (120分)
「マッドマックス 怒りのデスロード<ブラック&クローム>エディション」 (120分)
「ダークナイト」 (152分)
「ゼロ・グラビティ」(91分)
「パシフィック・リム」 (131分)


Ⓒ2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

***********************************


丸の内ピカデリー爆音映画祭決定!「キングコング:髑髏島の巨神」など“爆音”で


映画情報どっとこむ ralph 映画は“音”で、もっと楽しめる!というコンセプトをもとに、映画館にライブ・コンサート向けの大規模かつ高品質な音響機器をセッティングし、作品の持つ“音”の世界や可能性を極限まで探求し、高品質な“音”を大音量で表現する映画祭「丸の内ピカデリー爆音映画祭」を、2017年3月25日(土)〜4月7日(金)まで2週間、丸の内ピカデリー(東京・有楽町)にて開催する運びとなりました。
「丸の内ピカデリー爆音映画祭」を、総合的にプロデュースするのは、04年から東京・吉祥寺バウスシアター、そして日本全国各地にて、音楽用のライヴ音響システムを使用しての数々の爆音上映を企画・上映し、まさに“爆音”という「新しい映画の楽しみ方」を創出した樋口泰人(株式会社boid代表)。

映画愛に溢れ、繊細かつアーティスティックなプロデュースで定評のある樋口氏が、これぞ“爆音”で堪能してほしいと考える6本の名作を、新作・旧作織り交ぜ選出し、作品それぞれに適した音響調整を実施。

まさに映画祭開催日同日から封切りとなる最新作「キングコング:髑髏島の巨神」では、“爆音”で響き渡るキングコングの雄たけび。
Ⓒ2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

「マッドマックス怒りのデス・ロード」では、エンジン音を“爆音”で轟かせ砂漠を爆走する戦車群。そして無限の宇宙を彷徨う「ゼロ・グラビティ」では、一体、樋口氏が無音の宇宙を“爆音”でどう表現するのか、それもこの映画祭の大きな見所である。迫力のあるシーンは、よりダイナミックに、緊張感のあるシーンは、よりきめ細やかになるよう、作品、シーンそれぞれに合わせ、繊細に音量・音圧を調整していくことで、これまでには決して体験することのできなかった新たな感動を創造します。

映画情報どっとこむ ralph “丸の内ピカデリー爆音映画祭”について

会 場 :丸の内ピカデリー3
東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン新館5F
期 間 :2017年3月25日(土)~4月7日(金)
内 容 :最新作「キングコング:髑髏島の巨神」を含む、6本の名作を一挙上映

料 金 :各作品によって異なる ※詳細は公式サイトにて
企 画 :松竹マルチプレックスシアターズ、ローソンHMVエンタテイメント、メイジャー

“丸の内ピカデリー爆音映画祭”上映作品<全6作品>
「キングコング:髑髏島の巨神」 (118分)
「マッドマックス 怒りのデスロード」 (120分)
「マッドマックス 怒りのデスロード<ブラック&クローム>エディション」 (120分)
「ダークナイト」 (152分)
「ゼロ・グラビティ」(91分)
パシフィック・リム」 (131分)

***********************************



『ゼロ・グラビティ』の原点!『ノー・エスケープ 自由への国境』


映画情報どっとこむ ralph 製作プロデューサーのアルフォンソ・キュアロンが、息子ホナス・キュアロンの脚本に瞠目し「とても面白いコンセプトだ。私もこんな映画を作りたい」と告げて作られたのが、第86回アカデミー賞(R)7部門を受賞した『ゼロ・グラビティ』。

ホナス・キュアロン監督の最新作“DESIERTO”の邦題を『ノー・エスケープ 自由への国境』として、5月5日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショーする事が決定!

あわせてポスタービジュアル・予告編も解禁となりました。

このたび解禁されたポスタービジュアルは、ガエル・ガルシア・ベルナル(『バベル』(06))演じる主人公のモイセスがメキシコからアメリカへ、有刺鉄線で出来た国境を越えて決死の不法入国を試みる緊迫感溢れるもの。

映画情報どっとこむ ralph メキシコ=アメリカ間の移民問題にいち早く目をつけ、構想8年をかけて完成した本作。

奇しくもアメリカではトランプ政権が発足し、メキシコとの国境にいつ壁が作られるのか全世界から注目されています。
逃げ場の無い砂漠という空間で繰り広げられる衝撃の連続に、一瞬たりとも目が離せないソリッド・シチュエーション&サバイバル・エンタテインメント!

“自由の国”アメリカへ、危険を冒してまで向かう理由とは? まさにこの瞬間、どこかで起きているかもしれない驚愕の“事件”。思わず息をするのも忘れてしまう緊迫の88分間をお届けします!

同じく解禁された予告編は、国境を越えてアメリカへ向かう不法移民たちが突如正体不明の襲撃者に襲われる衝撃の映像になっています。摂氏50度の砂漠で水なし、武器なし、逃げ場なし。彼らの命懸けの逃走劇にハラハラが止まらない、臨場感溢れる予告編となっています。



***********************************

CAST&STAFF
監督:ホナス・キュアロン(『ゼロ・グラビティ』共同脚本)
プロデューサー:アルフォンソ・キュアロン(『ゼロ・グラビティ』監督)
脚本:ホナス・キュアロン、マテオ・ガルシア
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル(『バベル』)ジェフリー・ディーン・モーガン(「ウォーキング・ デッド」シリーズ)
原題:DESIERTO
2015 年/メキシコ=フランス/88 分/ヴィスタサイズ/5.1ch サラウンド
字幕翻訳:松浦美奈
サウンドトラック盤:ランブリング・レコーズ
配給:アスミック・エース
© 2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.
<PG12>
   


第86回アカデミー賞授賞式 速報&スピーチ


お世話になっております。本日、3月3日(現地時間は3月2日)、ロサンゼルスのドルビー・シアターで世界最高峰の映画の祭典、「第86回アカデミー賞授賞式」が開催されました。
【それでも夜は明ける】   ロイター/アフロ
【それでも夜は明ける】   ロイター/アフロ

『それでも夜は明ける』が、作品賞と助演女優賞を獲得。
『ゼロ・グラビティ』が最多7部門を獲得する中、ブラッド・ピットはプロデューサーとしては初オスカー獲得です。

「ダラス・バイヤーズクラブ」は、主演男優賞をマシュー・マコノヒーが!助演男優賞をジャレッド・レトーが獲得。


日本勢の作品『風立ちぬ』、『九十九』『キューティー&ボクサー』は残念ながら受賞を逃しました。

【第86回アカデミー賞授賞式概要】

日時/3月3日(月) (LA時間3月2日)
場所/ロサンゼルス ドルビー・シアター
司会/エレン・デジェネレス (2007年にも授賞式のMCを務める)

主な受賞結果は次の通りです!

作品賞:『それでも夜は明ける』
監督賞:アルフォンソ・キュアロン (『ゼロ・グラビティ』
主演男優賞:マシュー・マコノヒー (『ダラス・バイヤーズクラブ』)
主演女優賞:ケイト・ブランシェット (『ブルージャスミン』)
助演男優賞:ジャレッド・レトー (『ダラス・バイヤーズクラブ』)
助演女優賞:ルピタ・ニョンゴ (『それでも夜は明ける』)
脚本賞:スパイク・ジョーンズ(『her/世界でひとつの彼女』)
脚色賞:ジョン・リドリー(『それでも夜は明ける』)

主な複数受賞作品は

『ゼロ・グラビティ』 1.監督 2.作曲 3.編集 4.撮影 5.音響編集 6.録音 7.視覚効果
『それでも夜は明ける』 1.作品 2.助演女優 3.脚色
『ダラス・バイヤーズクラブ』 1.主演男優 2.助演男優 3.メイクアップ・ヘアスタイリング
『アナと雪の女王』 1.長編アニメ映画 2.歌曲
『華麗なるギャツビー』 1.衣装デザイン 2.美術

主な受賞スピーチです。

作品賞 『それでも夜は明ける』 ブラッド・ピット(プロデューサー)&スティーヴ・マックイーン監督
ブラピ:まずは皆を代表してスピーチするよ。この作品に参加出来てよかった。 そして、この映画は彼がいなければ成り立たなかった、スティーヴ・マックイーン監督です。

マック:すごいことです!たくさんの方に感謝しなければならないと思って文章を用意したんだけど、まずはアカデミーの人たちに感謝します。そして素晴らしいスタッフとキャスト、頑固な母に感謝します。皆が生きていく事が重要。これがソルモンが伝えたかったメッセージだと思う。2100万人がまだ奴隷の生活をしている。その方々にこの賞を捧げたい。


監督賞 アルフォンソ・キュアロン 『ゼロ・グラビティ』
【アルフォンソ・キュアロン】 写真:ロイター/アフロ
【アルフォンソ・キュアロン】
写真:ロイター/アフロ
アカデミー賞に感謝します。映画を作るという事は自分の人生が変わるという事です。この映画で自分の人生が変わりました。サンドラ・ブロックはこの映画の重力、魂です。あなたのおかげでこの映画が成り立ってます。この映画はかなり年月がかかった。関わってくれた多くの人は、この作品で知恵を付けたかもしれないですが私の髪の毛はご覧のとおり白くなりました(笑)。


主演男優賞 マシュー・マコノヒー 『ダラス・バイヤーズクラブ』
【マシュー・マコノヒー】 写真:ロイター/アフロ
【マシュー・マコノヒー】
写真:ロイター/アフロ
アカデミーの6,000人の会員の方々に感謝します。他の方々もすごかったけれどその中で賞をいただけて光栄です。3つのことをやらないと。尊敬する事と期待する事、追いかける事。 まずは神様に感謝です。素晴らしいチャンスをくれた。感謝は報われる。神様がいるとするとそれは友人。そして家族にも感謝したい。父は家でコーラでも飲んでると思う。母は僕に他人を尊敬する事を教えてくれた。僕はみんなのおかげで自分を尊敬する事を学べたんだ。自分にとってのヒーロー、追っかける人は誰かと考えてた。自分のヒーローは10年後の自分だって思ったんだ。いつも追いかける相手は自分自身、追いつくことはできないけどそれで全てがうまくいくんだ。 それでは人生を続けましょう。ありがとう。

【ケイト・ブランシェット】 写真:AP/アフロ
【ケイト・ブランシェット】
写真:AP/アフロ

主演女優賞 ケイト・ブランシェット 『ブルージャスミン』
皆さん、ずっと立っているのも大変だと思うから座って下さい。すごく光栄に思います。アカデミーの皆さん、ありがとうございます。この賞をもらうのは大きな意味があります。エイミー、メリルも、サンドラ、ジュディ・デンチもすごく良い演技をしていた。あまりにもすごく良い映画なので続編の話も出ているの。ウディ・アレンの脚本のおかげよ。女性を中心とした映画はニッチだと思われているが、見たいと思う人はいっぱいいるわ。稼ぎ頭にもなれるのよ。地球は丸いのよ!

助演男優賞 ジャレッド・レトー 『ダラス・バイヤーズクラブ
【ジャレッド・レトー】 写真:ロイター/アフロ
【ジャレッド・レトー】
写真:ロイター/アフロ
他にも素晴らしい方たちがノミネートされている中で、受賞できて光栄です。皆様尊敬しています。アカデミーの皆様もありがとうございます。1971年ルイジアナ州で10代の女の子が2人目の子どもを妊娠して高校をドロップアウトしシングルマザーとなりました。しかし、よりよい人生を作り上げることができて、彼女は子どもたちにクリエイティブに努力をせよと教えました。彼女は今日来ている私の母親です。愛しています。夢を見ることを教えてくれてありがとう!ウクライナやベネズエラの人たちも観ているかもしれませんが世界で夢を見る人たちは皆苦労されています。不可能を実現しようと皆思いは一つです。『ダラス・バイヤーズクラブ』に関わってくれた皆様、そしてエイズで亡くなった方々に捧げたいと思います。ありがとうございます。


助演女優賞 ルピタ・ニョンゴ 『それでも夜は明ける』
【ルピタ・ニョンゴ】 写真:AP/アフロ_R
【ルピタ・ニョンゴ】
写真:AP/アフロ_R
アカデミーの皆様、ありがとうございます。この賞は私の人生そのものの喜びです!皆様勇気ある行動ありがとうございます。ソロモンのストーリーをしっかり伝えられればと思います。イエメンの大学院もしっかりと私に教育を授けてくださいましてありがとうございます。兄弟、家族にありがとうございます!どこの出身でも夢はかなうのです。


そして、この模様は、WOWOWプライムにて、本日夜9:00 〔HV・字幕〕よりリピート放送。3月9日(日) 午後3:20 「第86回アカデミー賞授賞式ダイジェスト」を放送があります。http://www.wowow.co.jp/extra/academy/

3月3日(月)夜9:00よりWOWOWプライムにて
「第86回アカデミー賞授賞式」字幕放送

3月9日(日)午後3:00よりWOWOプライムにて
「徹底検証!第86回アカデミー賞授賞式」放送

3月9日(日)午後3:20よりWOWOWプライムにて
「第86回アカデミー賞授賞式ダイジェスト」放送

是非、お楽しみ下さい。

【主演・助演男優&主演・助演女優】写真:アフロ
【主演・助演男優&主演・助演女優】写真:アフロ
マシュー・マコノヒー、ケイト・ブランシェット、ルピタ・ニョンゴ、ジャレッド・レトー
********************************************************************