「ゼウス」タグアーカイブ

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』アンジャッシュ 児嶋、渡部の愛犬が宣伝アンワンバサダーに就任


映画情報どっとこむ ralph もしも、かつて愛した犬や猫たちが、自分にもう一度会うために、生まれ変わってきてくれたなら。

何度も生まれ変わる犬のベイリーと、運命の再会を果たした飼い主イーサンが紡ぐ極上のラブストーリーが大きな感動を呼び、日本でもスマッシュヒットを飛ばした『僕のワンダフル・ライフ』(2017)から2年。

待望の続編『僕のワンダフル・ジャーニー』が、9月13日(金)に日本公開いたします!

この度、アンジャッシュ児嶋さんの愛犬でマルチーズとトイプードルのミックスのネネちゃん、渡部さんの愛犬チワワのマロンちゃんが本作の宣伝ワンバサダーに決定し、宣伝ワンバサダー就任式が開催されました!

マロンちゃんは前作のイベントで佐々木希さんと一緒にゲストで出ているので今回が2回目登壇。ワンバサダーに昇格です!

ネネちゃん、マロンちゃんの飼い主であるアンジャッシュの児嶋さん、渡部さんに加え、前作『僕のワンダフル・ライフ』の宣伝ワンバサダーのゼウスくんも駆け付け、可愛らしい引継ぎ式ののち、アンジャッシュの2人が”どちらの方がより愛犬との絆が強いか”を対決し、真のアンバサダーの座を競いました!台本にないハプニング満載な、ワンちゃんたちの愛くるしい姿に会場中が終始笑顔に包まれ、映画公開までのワンバサダー活動が楽しみになる就任式となりました!
映画『僕のワンダフル・ジャーニー』アンジャッシュ宣伝アンワンバサダーに

『僕のワンダフル・ジャーニー』宣伝ワンバサダー就任イベント
日程:8月1日(木)
場所:時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)
登壇:アンジャッシュ(児嶋一哉、渡部建)
児嶋さん愛犬 ネネ(1)、渡部さん愛犬 マロン(11)
『僕のワンダフル・ライフ』宣伝ワンバサダー ゼウス(7)

映画情報どっとこむ ralph 前作の『僕のワンダフル・ライフ』では、ゴールデンレトリバーのゼウスくんが就任していた宣伝ワンバサダーが、本作ではアンジャッシュのお二人の愛犬、児嶋さんの愛犬マルチーズとトイプードルのミックスであるネネちゃんと、渡部さんの愛犬であるチワワのマロンちゃんに決定!

想いを継ぎ何度も”犬生”を繰り返す本作さながら、ゼウスくんからネネちゃんとマロンちゃんへ想いをつなぐ宣伝ワンバサダー就任式が開催されました!

早速アンジャッシュの渡部さんと、なぜか犬の格好をして現れた気合満々の児嶋さん、そして、この度宣伝ワンバサダーに決定したネネちゃん、マロンちゃんが登壇すると

「ご紹介しましょう!アンジャッシュの渡部さんとネネちゃん、そして、お二人の愛犬の、児嶋さんとマロンちゃんですー!」

とMCから紹介されるや否や、

児嶋さん:いやいやいや!紹介逆になっちゃってるよ!

とさっそく鋭くツッコミながら、

児嶋さん:僕は今日やる気満々ですよ!本作のワンバサダーとして、犬になりきるために着てきました!

と意気込みを語ると、

渡部さん:ネネちゃん連れて犬の着ぐるみってややこしいから!ワンバサダーはこの子達(ネネとマロン)で、今日は付き添いなんだから。

と、なんともアンジャッシュらしいすれ違いのやりとりを披露。


この日は宣伝ワンバサダー就任式ということで、前作でこの大役を務めたゼウスくんも駆け付け、ワンバサダーの証である首輪にかけるプレートをかごに入れ上手に運んでくる姿に「すごい!えらいね~」と2人はメロメロ。

ネネちゃんとマロンちゃんの首にプレートがかけられ無事に宣伝ワンバサダーの引き継ぎが終了したかと思いきや、児嶋さんがおもむろにゼウスくんの首にかかっていた大きいプレートを自らの首にかけ、見事(!?)ワンバサダーを引き継いだとアピール!

一仕事終えたゼウス君は、舞台袖に下がっていくかと思いきや勢いよく舞台から飛び降りて去っていくお茶目な姿も見せました。

ゼウスくんから想いを受け継いだネネちゃんは、

ネネちゃん:ワンバサダーに就任しました、ネネです。よろしくお願いします。この素晴らしい映画を一人でも多くの方に見ていただけるように頑張ります!

と抱負を児嶋さんが代弁。続けて

マロンちゃん:ネネちゃんと一緒に就任しましたが、児嶋さんの犬の恰好は目線がぶれるのでやめたほうがいいと思います。よろしくお願いしますー!

と、さすが渡部さんの愛犬らしい鋭い意見で

児嶋さん:やめろ!そんなダメ出しはいらないよ!

とタジタジにさせ会場を沸かせました。

映画情報どっとこむ ralph 本作を観た感想について

児嶋さん:僕はあまり泣かないんですけど、これはずっと泣いてました。最後は暖かい気持ちにもなりましたし、ネネも食いついて見てましたよ!

と振り返り、

渡部さん:見終わると犬とたっぷりコミュニケーションを取りたくなる。生まれ変わって“犬生”がまたあるという話なので、いま家にいる3匹の犬が、次生まれ変わった時にこの子だ!ってわかる合図を決めようと話し合ったんです。別れが寂しくなりました。

と微笑ましいエピソードを明かし、その合図が気になるなか渡部さんの「お手です。」とまさかの告白に児嶋さんが「ほぼどの犬もやってるよ!」とツッコミ。

さらに、それぞれの愛犬との絆へと話が及び、

渡部さん:僕の体調に敏感なんですよ。落ち込んだり風邪でぐったりしているとずっと寄り添ってくれる。寝ている間もぺろぺろ舐めてくれるから、逆に寝不足で治りずらくなってしまうくらい(笑)恋人のような娘のような存在です。

児嶋さん:夫婦喧嘩していると間に入って、やめなよ!って入ってきてくれるんですよ。

と、飼い主思いのネネちゃんとマロンちゃんらしいエピソードを明かしたり、

渡部さん:子供が去年生まれたんですが、まだ小さいのでちょっと叩いたり掴んだりしてしまって、嫌なはずなのに子供とちゃんと遊んでくれていて、お姉ちゃんのような存在になってくれてます。

児嶋さん:一回番組で、ネネちゃんからもらった手紙を自演自作で僕が読むという企画があったのですが、自分で選んだ言葉で途中から嗚咽が出るほどボロボロ泣いてしまって。ネネちゃんと暮らすようになってから涙もろくなっちゃいました。

とまさに家族のような存在の愛犬へ、愛情が溢れ出して止まらない様子。

さらに、お互いの愛犬のここだけは負けない点については、

渡部さん:少し言いでらいですが、やっぱりルックスですよね~。ネネちゃんはちょっとしゃくれてるので(笑)

と笑いを誘いながらアピールし、

児嶋さん:ネネちゃんはとにかく明るいんですよ、芸達者ですしね!自分と違って。

と、自虐を含めながらも愛犬の自慢話に華を咲かせました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、実際にどちらのバディの絆が確かなものなのか対決をすることに!
お題が次々に出され、“おすわり”と“お手”はネネちゃんとマロンちゃん共に余裕でクリアしましたが、おやつを目の前にした“待て”では、マロンちゃんがスマートにクリアしたあと、ネネちゃんもいい子に待っている間に、渡部さんがそそのかしマロンちゃんがネネちゃんのおやつを食べさせてしまう可愛らしいハプニングが!





それでも、ネネちゃんもマロンちゃんもとても言うことの聞くいい子でしっかり飼い主との絆が感じられた為、今回は引き分けという結果に。

バディといえば、長年コンビを組んできたアンジャッシュの2人もきっと絆は確かなものに違いない!と、わざわざ犬の恰好をして登場した“児嶋犬”に

渡部さん:こじ!こーじ!おすわり!

とまるで本当に犬に語り掛ける口調で指示が出され、「なんでだよ!嫌だよ!」と言うことをなかなか聞かない児嶋犬の代わりに、心優しいネネちゃんがお座りをしてあげるというまさかの可愛すぎる展開に会場も大盛り上がり!

アンジャッシュのおふたりも大きな笑みが見せながら、

児嶋さん:ご家族で見ても恋人と見ても楽しめる、本当に感動する暖かい映画なので、是非見てください!お願いします!

渡部さん:犬を飼っている人はもちろん、この世の生きるものに対して全ての考え方が変わりますし、心温まる素晴らしい映画だと思います。是非、皆さんご覧ください!

とコメントし、犬3匹とアンジャッシュさんお二人の賑やかなワンバサダー就任イベントは終始和気あいあいとしながら、幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 『僕のワンダフル・ジャーニー』

■公式HP:
http://boku-wonderful.jp

■公式ツイッター:
@bokuwonderful 
#僕のワンダフル・ジャーニー
僕のワンダフル・ジャーニー

前作で、50年で3回も生まれ変わり、最愛の飼い主イーサン(デニス・クエイド)との再会を果たした犬のベイリー。今では、イーサンと彼の妻ハンナ(マージ・ヘルゲンバーガー)、孫娘のCJと幸せに暮らしている。だが、CJのママのグロリア(ベティ・ギルピン)が、突然CJを連れて出て行ってしまう。夫を事故で亡くしたショックから立ち直れず、イーサンたちともうまくいかなくなったのだ。そんな中、今回の“犬生”も終わりを迎え、イーサンに別れを告げようとしたベイリーは、「CJを守ってほしい」という新たな<使命>を与えられる。少女から大人へと成長するまでの揺れる人生に寄り添うため、再び何度も生まれ変わり、CJの幸せのために奮闘するベイリー。今、失われてしまった家族の絆をつなぐための〈新たな、そして素晴らしい旅〉が始まる──!

***********************************

出演:デニス・クエイド、キャスリン・プレスコット、ヘンリー・ラウ、マージ・ヘルゲンバーガー、ベティ・ギルピン、
ジョシュ・ギャッド(声)
監督:ゲイル・マンキューソ(TVシリーズ「モダン・ファミリー」)
脚本:W・ブルース・キャメロン&キャスリン・ミション、マヤ・フォーブス&ウォレス・ウォロダースキー
原作:W・ブルース・キャメロン
製作:ギャヴィン・ポローン(『僕のワンダフル・ライフ』)
製作総指揮:セス・ウィリアム・マイヤー、ラッセ・ハルストレム、ルーエン・ファン、ウェイ・チャン
配給:東宝東和 ■全米公開:5月17日(金)
© 2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、寺崎裕香、大塚明夫 舞台挨拶『僕のワンダフル・ライフ』!


映画情報どっとこむ ralph 優しい涙で溢れたい日にはこの映画おすすめ!

『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作&ドッグシリーズの集大成、けなげでかわいい犬を主人公に贈る、この秋一番の感動作『僕のワンダフル・ライフ』。

犬と人間の極上のラブストーリーが遂に、昨日9月29日(金)に公開を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて公開記念舞台挨拶が行われました!

『僕のワンダフル・ライフ』公開記念 舞台挨拶
日程:9月30日(土)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、寺崎裕香、大塚明夫
宣伝“ワン”バサダー:ゼウス(ゴールデン・レトリバー)

映画情報どっとこむ ralph 上映後の舞台挨拶登場したのは本作の日本語吹替え版にて声優を務めた高木渉さん、梅原裕一郎さん、花澤香菜さん、寺崎裕香さん、大塚明夫さんら豪華声優5名。

本作の主人公で飼い主への一途な想いから生まれ変わりを果たし4つの犬生を生きた<ベイリー>の心の声を担当した高木さんは

高木さん:犬の吠える声というか、音が入っているので、なんとなく心の声といいながらも、それぞれの犬の声とマッチしているかな〜って自分なりには心配でしたね。一貫して魂の声みたいな感じでやれば、統一されていいかなって気持ちで演じました。

とアフレコ時を振り返り、

高木さん:やっぱりそれぞれの人間と犬の関係が出てくるんですけれど、犬との別れとか・・・本当に泣いちゃいますよね。

と溢れる想いを口に。

映画情報どっとこむ ralph 梅原さん、寺崎さん、大塚さんら3人が演じたのは“イーサン”。

寺崎さん:イーサンの3つの世代の中で<出会い><別れ><再会>(パートが)があるとしたら、私は出会いになるんです。純粋にまっすぐイーサンと遊ぶシーンが多かったなって思います。私自身、8歳の時に家でハスキー犬を飼っていたので、その時の暖かさだったり、上に乗られた時の重量感だったりを思い出しながら、思いっきりベイリーと遊ぶシーンを楽しみながら演じさせて頂きました。

と幼少期(8歳)を演じた寺崎さん。

寺崎さん:演じているうちに、今天国で元気かな?ってぶーちゃん(飼われていたハスキー犬/ブルー)を思い出しましたね。もしかしたら生まれ変わってるのかな?って希望を抱かせてくれました」

と続けてコメント。

青年期(10代)を演じた梅原さん

梅原さん:イーサンに限らず、10代って本当に一番人生が変わる時期だと思うんですけど、昔からそのまま持っていた明るい性格のイーサンと、とある事件があって殻に閉じこもってしまうイーサン。同じ年代ではあったんですけれど2種類のイーサンを演じさせて頂いたような感覚になるぐらい、最初と終わりでは全然違ったなっていう感覚がありましたね」。

話すと、その梅原さんの姿を見て

高木さん:・・・かっこいいね、あなたは。ずっと横顔を見ていたんですよ(笑)声も素敵・・・

と思わず。少し照れた表情を見せながら、進学の為にイーサンとベイリーが別れるシーン、そして、イーサンがベイリーの最後を看取るシーンについて、梅原さんと高木さんが熱く語り、

梅原さん:ベイリーがイーサンに向かう想いが本当に健気で。

と思いを巡らせます。

大塚さん:退化している感じを出すのが大変でした。青春期の心の傷によって、ちょっとふてくされている感じを、喋りだけで出せないかなって考えましたね。出せてるかは疑問ですけれど・・・。

と大人になったイーサンを担当した大塚さんが話すと、場内から大きな拍手で返事が。

映画情報どっとこむ ralph イーサンの初恋の相手・ハンナ(10代)の声を務めた花澤さん

花澤さん:彼女は天真爛漫で、笑顔がチャーミングで。将来のこととか自分なりに考えていて、イーサンとの関係もすごい先まで見ているんだなって分かって、結構しっかりしているんですよ。本当に素敵な女の子だなって思っていたんですけれど・・・(彼女を)フる人がね・・・あれをフルなんておかしな話ですよね?

と梅原さんに目線を向け笑いを誘う一幕も。すると・・・

梅原さん:あの時は、仕方ないと思ってください・・・

と梅原さんがイーサンの心情を代弁。

それぞれが、アフレコ時を振り返った後、宣伝スタッフたちが気になった各吹替えキャストのトピックスをご紹介。

寺崎さんはかつて一緒に時を過ごした愛犬・ブルーとの思い出を語り、この映画を観るまで完全に猫派だったと明かされた梅原さんは、

梅原さん:この作品に関わらせて頂いて、段々と犬ってこんなに可愛いいんだってことを知って。ワンちゃんと取材で一緒に撮影をしたりして、なんてかわいい生き物なんだと。猫に無いものを全て持っているなって感じたので、実は僕(犬派と猫派で)とても揺れているところなんですよ(笑)この映画を観たら、きっと犬派じゃない人もきっと犬が好きになるんじゃないかな思います。

と本作の宣伝ワンバサダー・ゼウスくんとの触れ合いや本作を通じて芽生えた犬への愛情、魅力語りました。本作のオファーを受けた際に“かわいい犬に癒されたい”とコメントしていた高木さんは

高木さん:犬を飼ったことがないんですけれど、犬が大好きなんです。この映画もそうですけれど、色々な動物が出てくるテレビとか映画を観ていて、犬っていいなって思っていて。犬が側にいるだけで、癒される。家に帰ってきて、犬が寄ってきて甘えらえれたりなんかしたら、癒されるんだろうなってそんな思いから(このコメント)を書いたんだと思います。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 実は動物アレルギーの花澤さん。

花澤さん:私が生まれた時に、父が母にプレゼントしたシーズーの女の子の犬がいたんですけれど、やがてくしゃみ・鼻水が止まらなくなってしまって・・・おじいちゃん・おばあちゃん家に預けていたんです。私が生まれた時から一緒にいたせいか、飼っているというよりも、私の“お姉ちゃん”みたいなそんな感覚で。私が怒られて泣いていたりすると、後ろからトテトテってやってきて、隣でじっとしている。すごく出来た子でした。

と思い出を披露し、動物が好きなのに声優という職業柄、共に生活できないもどかしさを明かしました。

本作を観た後、“全大塚明夫が泣いた”とTwitterに投稿し、話題を呼んだ大塚さんは

大塚さん:台本を頂いた時に裏表紙に印刷された(ポスタービジュアル)の写真を見ただけで泣いてしまいました(笑)案の定、リハーサルをしてボロ泣き、本番でも泣きました。そして、仕上がった映画を観て泣いて。“もういいです”ってぐらい泣きました。そのぐらい“泣いた”ということをどう表現しようかと思って、この言葉をつぶやきました。決して嫌な涙ではなくて。悲しい、悲しいじゃなくて・・・嬉し涙に近いものがあって。話しているだけで泣きそうなんです。そんな素敵な涙が流せる映画だなと思います。辛い悲しいじゃないから、安心して涙を流して欲しいです。心のデトックスになりますよ!

と熱く魅力を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後には、昨年Amazonプライムの心温まるCMで大人気者となったゴールデン・レトリバーで、本作の宣伝ワンバサダーとして活躍してきたゼウスくんが登場!「かわいい〜!」との会場から声が。

特製のくす玉が登場し、

登壇ゲスト&来場者たちの「頑張れ!」という暖かな声援の中、梅原さんが手にしたくす玉を、高木さんと一緒に見事に割りイベントは終了。

全ての人を笑顔に変える、犬と人間の極上のラブストーリー

僕のワンダフル・ライフ』は大ヒット公開中。

公式HP:
http://boku-wonderful.jp/

***********************************

監督:ラッセ・ハルストレム『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』
原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
出演:ジョシュ・ギャッド(声)、ブリット・ロバートソン、K・J・アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイド
配給:東宝東和 
(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC
       




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐々木希 もっともっとワンチャンを大事にしようと思う映画!と『僕のワンダフル・ライフ』


映画情報どっとこむ ralph 『HACHI 約束の⽝』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作にしてドッグシリーズの集⼤成、『僕のワンダフル・ライフ』が、9⽉29⽇(⾦)より全国ロードショーとなります!

この度、公開までいよいよ10⽇間に迫った今、本作の魅⼒を最大限に伝えるため、愛犬家として知られる佐々木希さんが愛犬チワワのマロンちゃんと共に登壇して行われました。

また、肉球型のランウェイを本作のワンバサダーのゴールデン・レトリバー:ゼウスくんをはじめ、 最近スケボーブルドッグのだいちゃん、他Instagramで話題のワンちゃんが飼い主と⼀緒に歩きました。。

映画『僕のワンダフル・ライフ』公開直前 ワンダフル・ショー
日程:9⽉19⽇(⽕)
場所:TACS ODAIBA STUDIO 1st
登壇:佐々⽊希、ゴールデン・レトリバー ゼウス、他有名⽝多数

映画情報どっとこむ ralph 肉球型のランウェイに現れたのは、佐々木希さんと愛犬マロンちゃん。

佐々木さん:一緒にランウェイ嬉しいです。ちゃんと歩けるかなと思って心配していましたが、尻尾もフリフリで堂々としていて良かったと思います。

毎日毎日可愛くてと話す佐々木さん。
そして、もう一匹登場したのは本作ワンバサダーのゼウス君。

彼はアマゾンのCMでライオンになって有名になったあの子。優しい目に佐々木さんメロメロ。

映画情報どっとこむ ralph ここで、今回、YOUTUBEやインスタで有名なワンちゃんたちが大集合!

アメリ:トイプードル:綿あめカットの高速回転犬

カント:グレートデン:凛々しーい。つやつや。

たら、ふね:ちん&まちこ:エキゾティックショートヘア:母

だいちゃん:ブルドック:スケートボードで32人の股くぐりギネス保持犬

アポロン、アレス:ゼウスの子。まだ2か月に満たない癒しですね

其々の個性あるワンちゃんに会えてうれしかったです。

映画情報どっとこむ ralph 本作を観ての感想を聞かれると

佐々木さん:とにかく泣きました。何度生まれ変わっても覚えてくれていて・・・絆に心打たれました。

と話す佐々木さん。


佐々木さん:今の私の状況を理解したうえで接してくれて、日々近くにいてくれることが癒しなので、それが原動力になっているところもあるので、愛しいです。周りの方にはマロンと私が似ていると言っていただけるので。。。嬉しいです。性格的にはふわッと、ノンビーりしているところですね。

と語り、更に

佐々木さん:家族ですから、一緒に行けるゴハン屋さん探したりしますし、トリミングで家にいないと静かで寂しくなります。いないとダメなんです。家族で、同志で、友達で深い関係です。

と、マロンちゃん愛がこぼれる佐々木さん。それにしても旦那さんは、ごはん屋さんに犬はどう思うのでしょう。・・・


最後に・・・

佐々木さん:犬を飼ってる方は絶対観て下さい。温かい気持ちで涙が出てきます。もっともっとワンチャンを大事にしようと思います。飼っていない方は今後飼いたくなるような温かい映画です!素敵な泣ける映画になっています!

映画情報どっとこむ ralph けなげでかわいい犬を主人公に贈る、涙と笑いと感動の物語。

『僕のワンダフル・ライフ』

全く異なる4つの“犬生”を生きる本作の主人公ベイリーは、物語の中でゴールデン・レトリバー、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードとオーストラリアン・シェパードのミックスと姿を変えていきますが、その声を担当するのは、製作スタッフのたっての願いで、世界的大ヒット作『アナと雪の女王』でオラフの声を演じ、実写版の『美女と野獣』ではル・フウ役を演じたジョシュ・ギャッド。ピュアなスピリットとユーモアに満ちた声の演技で、ファンタジーとリアルを繋ぐ自然で心地よい架け橋を作り上げています。また、若き日のイーサン役には、新人のK・Jアパが抜擢。成人したイーサンを演じるのは、『エデンより彼方に』でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたデニス・クエイド、イーサンの

初恋の人、ハンナには『トゥモローランド』のブリット・ロバートソン、大人になったハンナには、「ツイン・ピークス」シリーズで知られるペギー・リプトンら実力派俳優たちが揃い、犬に負けない演技をみせています。

犬をテーマとした映画に関わってきたラッセ・ハルストレム監督が、犬と人間の絆をハッピーに描き切り、自らのドッグシリーズの集大成となったといえる本作を映画館で是非。

公式HP:http://boku-wonderful.jp/

公式ツイッター:
@bokuwonderful

公式facebook:
@bokuwonderful

***********************************

監督:ラッセ・ハルストレム『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』
原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
出演:ブリット・ロバートソン、K.J.アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイドwith ジョシュ・ギャッド
配給:東宝東和
(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ