「セカオワ」タグアーカイブ

杉咲、神木、セカオワ登壇『メアリと魔女の花』花の日スペシャル舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 7月8日(土)に公開され、公開30日間22億円を超え大ヒットを記録している『メアリと魔女の花』。さらに世界155の国と地域で公開していくことも発表されるなど、この夏一番の話題作として日本中から注目を集めています。
そんな映画の大ヒットを記念して、作品のタイトルでもあり、劇中でも重要なカギを握るアイテムである“花”にちなみ、8月7日=花(はな)の日ということで大ヒット御礼舞台挨拶を、大阪・TOHOシネマズ梅田にておこなわれました!

舞台挨拶にはヒロイン・メアリ役を演じ、名前にも“花”の一文字が入っている杉咲花さんに加え、杉咲のことを“花様”と呼び数多くのプロモーションを共にしてきた神木隆之介さん、映画のラストに主題歌で“花”を添えたSEKAI NO OWARIさんのメンバーが登場!さらに米林宏昌監督と西村義明プロデューサーも駆けつけチームメアリが再び集結しました!

日付:8月7日
場所:大阪・TOHOシネマズ梅田
登壇:杉咲花、神木隆之介、SEKAI NO OWARI、米林宏昌監督、西村義明プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph
イベントでは夏休み期間中ということで各キャストが夏休みにしてみたいことを発表!

杉咲さん:大人数でBBQに挑戦したい!

神木さん:ラベンダー畑に行ってみたい!そこでFukaseさんにRAINを歌ってほしい!

とSEKAI NO OWARIさんへのラブコールを送りました。
SEKAI NO OWARIを代表して

DJ LOVEさん:ウォータースライダーなどプールで遊びたい!

と発言すると、先日男子メンバーでプールに遊びに行っていたことが判明!NakajinとDJ LOVEがひと泳ぎした後にプールサイドでの会話を楽しむ中、一切誰とも会話をすることなくFukaseさんが黙々と泳ぎ続けていたというストイックエピソードも暴露され会場は笑いに!

映画情報どっとこむ ralph そして杉咲さんにはサプライズで神木さんから映画のプロモーションを完走した彼女への労いの気持ちを込めた“花”の冠をプレゼント!

突然のサプライズに杉咲は動揺を隠せず、

杉咲さん:生まれてはじめて花冠をかぶりました。本当に嬉しいです。大事にします。

とコメント。神木も大成功に終わったサプライズに満面の笑みを浮かべていました!

その後行われたフォトセッションでも舞台挨拶に集まった観客一人一人が“花”のパネルを持ち、劇場に壮大なお花畑を創出!まさに“花”尽くしの記念すべきイベントとなりました!

映画情報どっとこむ ralph
杉咲さん:この映画を観て、日常に転がっている小さな幸せを見つけて、少しでも明日が楽しみになればと思います。私はこの映画が大好きです。何回でもこの映画を観て、みなさんにとっての魔法を見つけてもらえるとうれしいです。

神木さん:今日は本当に来てくださってありがとうございます。本当に心からこの映画を皆様が愛してくださっているのだなと感じることができて本当にうれしいです。先日、カラオケでRAINを歌ってみたのですが、歌いだしの部分が難しすぎて心が折れました(笑)

SEKAI NO OWARIコメント(代表して

Nakajinさん:こうしてチームメアリの一員として舞台挨拶に参加し、映画を観たお客さんの前でお話しする機会を与えていただいて本当に幸せです。主題歌RAIN」がこれからも長く、多くの人に愛される曲になればいいなと思います。

米林監督:今日は本当にすごくたくさんの人に集まってもらえてうれしいです。主題歌RAINが映画を観た皆様の心にしみわたり、心の中にきれいな花を咲かせることでいつまでも思い出として残ってもらえれば。

西村プロデューサー:今日は8月7日で“花”の日ということで、こうやって舞台挨拶を実施することができて本当にうれしいです。映画が公開され、最近は小さな子からお手紙や写真を送っていただく機会が増え、映画が本当に多くの方に愛していただいていることを実感しています。

映画情報どっとこむ ralph メアリと魔女の花

7月8日(土)全国東宝系公開中!
URL:maryflower.jp

あらすじ
この夏、メアリは出会う。
驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生!

赤い館村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花《夜間飛行》を見つける。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。
一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府“エンドア大学”への入学を許可されるが、メアリがついた、たったひとつの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。
魔女の花を追い求める、校長マダム・マンブルチューク。
奇妙な実験を続ける、魔法科学者ドクター・デイ。
謎多き赤毛の魔女と、少年ピーターとの出会い、そして…。
メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の神髄」を手に入れて、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう――。
しだいに明らかになる「魔女の花」の正体。
メアリに残されたのは一本のホウキと、小さな約束。
魔法渦巻く世界で、ひとりの無力な人間・メアリが、暗闇の先に見出した希望とは何だったのか。
メアリは出会う。驚きと歓び、過ちと運命、そして小さな勇気に。
あらゆる世代の心を揺さぶる、まったく新しい魔女映画が誕生する。

***********************************

キャスト:杉咲花 神木隆之介
天海祐希 小日向文世 / 満島ひかり 佐藤二朗 遠藤憲一 渡辺えり / 大竹しのぶ
原作:メアリー・スチュアート(KADOKAWA刊)
脚本:坂口理子
脚本・監督:米林宏昌(『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』)
音楽:村松崇継
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「メアリと魔女の花」製作委員会
©2017「メアリと魔女の花」製作委員会


『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』舞台挨拶イベント報告



映画『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』

の前売券キャンペーンとして、8月31日(日)にT・ジョイ新潟万代にて舞台挨拶イベントが行われた。

事前に発売されたチケットは発売開始から5分ほどで即完売。SEKAI NO OWARIの新潟での人気が伺われた。8月8日に行われた先行イベント上映以来、全国公開後初めての舞台挨拶。観客による「スターライトパレード」の歌声でメンバーが登壇すると会場内は大歓声に包まれた。

場所:T・ジョイ新潟万代
日程:8月31日(日)
登壇:SEKAI NO OWARI(Nakajin、Fukase、Saori、DJ LOVE)


TOKYO-FANTASY--SEKAI-NO-OWARI舞台挨拶
映画の公開後、家族や友人ら多くの人から映画の感想も届いているというメンバーたちだが、まだ直接感想を聞いていないと言うことで、

Fukaseさん:今日家族と会うので感想を聞いてみます!

と反応を楽しみにしていました。最も印象に残っているシーンとしては、

Nakajinさん:Saoriのソファーでウィスキー片手に飲んでいるシーン。本当にSaoriちゃんがカッコ良くてビックリした!

Fukaseさん:歯磨きをしているところを鼓笛隊に囲まれている自分のシーン。本当に自分の近くを5人くらいに囲まれて緊張した!

Saoriさん:打ち上げシーン。初公開の飲み会シーンはブラックFukase含めて本当のドキュメンタリーシーンで、SEKAI NO OWARIのいつもの飲み会です!

DJ LOVEさん:ラストの新曲「Dragon Night」が流れるシーン。ラファエル監督が何度も出てきていて、「出るんかい!」と思った。(笑)

TOKYO-FANTASY--SEKAI-NO-OWARI
本作を監督したラファエル・フリードマンに関しては、

Fukaseさん:「すごいウィンクされたよね!」

と語り、

Nakajinさん:「男女構わずウィンクしてたよね」

と話す中、ひとり女性の

Saoriさん:「私は女なので、もしかしてラファエル私のこと好きなのかと思ってた!」

と勘違いしていたエピソードを語っていた。

また、前日には新潟で行われた「音楽と髭達」でヘッドライナーを務めていたメンバー達は、数日滞在していた新潟の印象をそれぞれ次のように話し、メンバーの地元トークに観客たちも大いに盛り上がっていました。

Nakajinさん:路上ライブをしていた子と一緒に歌っていたが、誰にも気づかれなかった!

Fukaseさん:温泉が大好きで、近くの温泉に行って普通に楽しんだ!

Saoriさん:食べたかったゴハンを食べにいってきました!

DJ LOVEさん:音髭(音楽と髭達)のバックヤードで新潟名物がたくさん用意されていて楽しみました!


『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』
全国ロードショー中です!
http://sekainoowari.jp/tokyofantasy2014/
SEKAI-NO-OWARI 配給:東宝映像事業部 
(C)2014 TOKYO FANTASY FILM PARTNERS 
********************************************************************

 
 


今週8月11日~8月17日公開の映画をPICKUP


今週8月11日~8月17日公開の映画をPICKUP!
ドキュメンタリー作品オンパレードです!

そんな中。

紡木たくのコミックの映画化『ホットロード 』が話題。
『FORMA』 『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』は今週の注目です。
ODSは『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI 』。フランス人監督がセカオワを題材にしたアート系ドキュメンタリー。

2014年8月16日(土)公開

ホットロード本ポスターホットロード
能年玲奈と三代目J Soul Brothersのボーカル、登坂広臣が出演。監督は『ソラニン』三木孝浩監督。尾崎豊の名曲「OH MY LITTLE GIRL」「I Love You」が、原作コミックの世界観を彩り、ふたりの純愛だけでなく、母と娘の愛をみつめた、命の再生の物語。
監督 三木孝浩
出演 能年玲奈、 登坂広臣、 木村佳乃
配給 松竹
(C) 2014『ホットロード』製作委員会 (C)紡木たく/集英社
公式HP:http://hotroad-movie.jp/

FORMA
東京国際映画祭・ 日本映画スプラッシュ部門で作品賞。ベルリン映画祭フォーラム部門で批評家連盟賞を受賞のサスペンス。24時間緊迫の長まわし。その結末とは。
音楽や過激なカメラワークを一切用いず製作されたにも関わらず、一瞬たりとも目が離せない、不穏感たっぷりのサスペンスである。リアリティのある演技、いくつにも張られた伏線、そして描きだされた人間の本性に最後まで目を覆わずに観る事が出来るだろうか。
監督 坂本あゆみ
出演 松岡恵望子、 梅野渚 、 ノゾエ征爾
配給 kukuru
公式HP: http://forma-movie.com/jp

映画 こびとづかん カクレモモジリの秘密の桃園
こびとづかん カクレモモジリの秘密の桃園ポスター劇場用シリーズ最新作。「カクレモモジリの秘密の桃園」とあるように“不思議な生き物 こびと”たちの中でも人気のカクレモモジリの今まで明かされなかった秘密が描かれるほか、リトルハナガシラやイエコビトたちのいままで見たことのない新しいストーリーが語られます。
原作:なばたとしたか(「こびとづかん」シリーズ ロクリン社刊)
制作:ディレクションズ
配給 アスミック・エース
©Toshitaka Nabata /こびと観察会
公式HP: http://kobitos.com/ja/movies/movie1408.html

クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落
アメリカの大富豪シーゲル夫妻。ベルサイユ宮殿を模した米国最大の邸宅を建設を開始。しかし、リーマンショックにより大きな負債を抱え転落していく。しかし、今もなお「ベルサイユ」の夢を捨ててはいない・・・。アメリカで大ヒットを記録したドキュメンタリー。
監督 ローレン・グリーンフィールド
出演 デヴィッド・シーゲル、 ジャッキー・シーゲル
配給 スターサンズ
公式HP: http://www.queen-cinema.jp/

365日のシンプルライフ
フィンランド人の若者が、失恋をきっかけに、自分の持ちモノすべてをリセットして行なった365日の“ 実験”生活。監督・脚本・主演を務めたペトリ・ルーッカイネンの実体験から生まれた「とにかくやってみよう!」のアイディア映画。
監督 ペトリ・ルーッカイネン
出演 ペトリ・ルーッカイネン
配給 パンドラ=kinologue
公式HP:http://www.365simple.net/

ローマ環状線、めぐりゆく人生たち
第70回ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞受賞、イタロ・カルヴィーノの名著『見えない都市』にインスパイアされた野心的ドキュメンタリー。大都市ローマを取り巻く大動脈「環状線GRA」。その周辺には旅行者たちが知らない愛すべき人たちの暮らしがある。スポットライトを浴びることもなく懸命に生きる人々の人生に目を留めると、その風景の中に喜び、怒り、哀しみ、そして夢が見えてくる。
監督 ジャンフランコ・ロージ
配給 シンカ
公式HP:http://www.roma-movie.com/

シュトルム・ウント・ドランクッ
大正11年、冬。放浪の旅を終えた中浜哲(寺十吾)は、旧友、古田大次郎(廣川穀)と「ギロチン社」を結成。大企業への恐喝で資金を得ながらテロルを企てていた。破壊された大地でしか頭をもたげぬ、創造の芽のため。理想に生き、理想に死ぬため……。金と酒、そして白粉の匂いに溺れた「ギロチン社」の理想と幻想が、今、大正の空気もそのままにスクリーンに立ち上る。身を切る叫びに包まれた青春活劇をとくとご覧あれ!杯を空けろ、最期の一杯だ!この身の恥辱を拭い、朝まで叫び踊れ!シュトルム・ウント・ドランクッ!
監督 山田勇男
出演 中村榮美子、 寺十吾、 廣川毅
配給 ワイズ出版
公式HP:http://sturm-und-drang13.net/

ショートホープ
10歳の少年は、母の死をきっかけに本当の父親を探すことを決意する。蒲田から横浜までひたすら歩く道中で出会う子どもたち、大人たち。立ちふさがる過酷な現実にほんろうされ、“愛”を“希望”を探し求める少年の孤独。現代社会で生き惑う人々を通じてようやく父親との対面を果たすのだが…和也の胸に去来する思いと、移り行く風景が見事に映像として溶け合う。全州国際映画祭で絶賛の作品。
監督 堀口正樹
出演 竜跳、 鳥羽潤、 中村麻美
配給 〈ショートホープ〉製作コネクション
公式HP:http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=578

わたしたちに許された特別な時間の終わり
「映画を完成させてね。できればハッピーエンドで」―志半ばで自殺したミュージシャン。残された映画監督。監督は過去の映像と対峙しながら,映画を完成させようと奮闘する。誰もが経験する「終わり」と向き合う切実さが心を打つドキュメンタリー。
監督 太田信吾
出演 増田壮太、 冨永蔵人
配給 ノンデライコ
公式HP:http://watayuru.com/

今週のODSはこちら

2014年8月13日(水)公開
JUNHO Solo Tour 2014 “FEEL”ライブ・ビューイン
2014年8月13日(水)に日本武道館で行われる「JUNHO Solo Tour 2014 “FEEL”」のツアーファイナルの模様を全国の映画館へライブ・ビューイング。7月9日にリリースされた自身が作詞作曲・プロデュースを担当した2nd Solo Mini Album「FEEL」を引っさげ全国5都市、全12公演行われる今回のツアー。昨年よりレベルアップしたジュノの渾身のパフォーマンスと伸びやかな歌声に、オーディエンスの熱狂は必至!
出演 ジュノ
配給 ライブ・ビューイング・ジャパン
公式HP:http://liveviewing.jp/contents/junhofeel/

2014年8月15日(金)公開
TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI
フランス人のラファエル・フリードマン監督が描くSEKAI NO OWARI主演による映像作品。彼らを追ったドキュメンタリーに、イメージシーン、ショートストーリー、アニメーションを織り込み、現実世界とファンタジー世界が交差する特別な場所を表現した作品。
監督 ラファエル・フリードマン
出演 SEKAI NO OWARI
配給 東宝映像事業部
公式HP:http://sekainoowari.jp/tokyofantasy2014/


2014年8月16日(土)公開
『おかあさんといっしょ スペシャルステージ2014 in さいたま』 ライブ・ビューイング
8月16日(土)に開催する「おかあさんといっしょ スペシャルステージ2014 in さいたま」の模様を全国の映画館でライブ上映。「おかあさんといっしょ」が、人気番組「いないいないばぁっ!」「おとうさんといっしょ」と夢のコラボ!みんなが大好きな歌や踊り、そして、あっと驚くパフォーマンス満載のステージを、さいたまスーパーアリーナから全国の映画館へお届けです。
出演 横山だいすけ、 三谷たくみ、 小林よしひさ
配給 ライブ・ビューイング・ジャパン
公式HP:http://liveviewing.jp/contents/okaasan2014/

********************************************************************