「スヴェヴァ・アルヴィティ」タグアーカイブ

ピーターが『ダリダ~あまい囁き~』語った!生きざまがショー 一緒にやんちゃしたかった!


映画情報どっとこむ ralph “パローレ パローレ”のフレーズでご存知の方もいると思います「あまい囁き」や「18歳の彼」のフランスのシャンソン歌手ダリダ。

デビューからわずか2ヶ月後に30万枚の大ヒットを果たしゴールドディスクを受賞して以降、30年以上にわたって国民的スターであり続けました。今日までの総売り上げ枚数はなんと1億7000万枚。フランス最後のスターと呼ばれ、亡くなった今でもその功績は高く評価されています。

その波乱に満ちた生涯が描かれたフランス映画『ダリダ~あまい囁き~』が、5月19日(土)より角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショーとなります。

本作の公開直前に、本作の宣伝大使で歌手・俳優のピーターさんが公開直前イベントに登場。本作とダリダの魅力を熱く語りました。


日付:5月16日(水)
会場:神楽座
登壇:ピーター

映画情報どっとこむ ralph ダリダの大ファンで自身のショーで「歌いつづけて」や「18歳の彼」といった彼女の名曲を歌っているというピーターさん。

ピーターさん:映画を観て久々に痺れた!ショッキングなシーンもあるけれど、一人の女性の生き様として、観終わったときに泣きました。

と感動の面持ちで、

ピーターさん:ダリダが男に振り回されていく中で歌が円熟していき、最後まで歌を歌い切ったその生きざまがショーになっている。日本にはいないエンターテイナー。

とその存在とともに映画を絶賛。

同時代を生きたフランスで最も愛された国民的シャンソン歌手エディット・ピアフを引き合いに出しながら、

ピーターさん:ダリダは色鉛筆のように様々な色合いのある方で、シャンソンというイメージがない。劇中でも描かれるけれどアメリカでショーをやったりしている。ピアフとはちょっと違う気がする

と不世出の歌手ダリダを分析。

映画情報どっとこむ ralph
劇中には「18歳の彼」「灰色の途」「歌いつづけて」といった数々の名曲がオリジナル音源で甦るが、

ピーターさん:“これダリダの曲だったんだ!”と改めて気づかされることもあったし、聴いていてワクワクする。また当時のファッション、車なども観ていて楽しかった。

と見どころアピール。毎日4時間にも及ぶ特殊メイクを施しながらダリダを演じた映画初主演のスヴェヴァ・アルヴィティについては

ピーターさん:最初は似てないと思いながら観ても、物語が進むにつれてどんどんダリダに見えてくる。感情移入をしてしまうので、最後はキュンとなりますよ。

と太鼓判を押していた。

映画は、歌手として歴史的な成功を収めた一方で、愛に何度も傷付き痛みを抱えその絶望を歌に昇華させていくダリダの生き様姿も描き出すが、

ピーターさん:今の芸能人は品行方正!昭和のスターはみんなやんちゃで危なっかしかったけれど、作品は素晴らしいという事が沢山あった。今は皆さんの目が裁判官のように厳しくなって“ダメだ!”となると皆で叩く時代。昔の芸能史に比べると、今はつまらない時代になったと思いますね。

とため息交じり。続けて、

ピーターさん:もしダリダと同じ時代に生きていたら、一緒にやんちゃなことをして楽しめたんじゃないかと思います。

とダリダへの想いを語った。

映画情報どっとこむ ralph 今年で芸歴50年を迎える自身の軌跡を振り返ると

ピーターさん:実は恋愛スキャンダルはないんです。わりとフラットに生きてきたので…。出会いもないし、男と女どっちを対象にするんだとなると面倒くさくて(笑) でも“この人好き!”とか“カッコいい!”というような気持ちは持っていたい。

と生涯現役宣言。

いつまでも若く輝く秘訣については

ピーターさん:自分を好きになること。一人でやっている分、褒める自分がいないとツライ。自分の頭を撫でてくれるもう一人の自分がいないとね。流れに逆らって激流を登る人生だから!

と笑い飛ばし

ピーターさん:自分へのご褒美は家です。帰ったときにオフを感じられる場所がいい。断捨離して4件から1件に自宅を減らしましたが、福岡にもう1件増えました。ただ離島願望があるので、奄美に行ったときに売り出し中の土地についつい目が行ってしまいます。

と照れ笑い。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・
改めてダリダについて

ピーターさん:男性の趣味が幅広い!その人にしておけばいいのに…ソッチに行くの!?と周りから見るとハラハラするけれど、ダリダは男の人の腕の中に居場所を求めていて、そういった愛を糧にできた人でした。聴くとワクワクする素敵な歌が散りばめられています。どうぞ映画を楽しんで!

と宣伝大使としてアピールした。

ダリダ~あまい囁き~
原題『DALIDA』

公式HP:
dalida-movie.jp


“パローレ パローレ”のフレーズで日本でも大ヒットしたアラン・ドロンとのデュエット「あまい囁き」や、年下の恋人との恋愛を綴った「18歳の彼」、「べサメ・ムーチョ」など、自由奔放な恋愛が赤裸々に歌われている。特に「あまい囁き」は、その印象的なアラン・ドロンの“囁き”で、日本でもCMや映画などにたびたび登場したりとまさに歴史に残る一曲となっている。
一方で、「わたしは病んでいるの」と、苦しい胸の内を歌った曲もある。ダリダの歌には喜びも悲しみもすべてがあり、人生とは何かをわたしたちに教えてくれる。時代を超えてもなお、観る人の心に響くその強く美しい生き様を、モデル出身で映画初主演のイタリア人女優スヴェヴァ・アルヴィティが見事に演じきっている。60年代~70年代の洗練されたファッションと、華やかなステージも必見です!!

***********************************


監督・脚本:リサ・アズエロス 『LOL(ロル) ~愛のファンタジー~』
製作:ジュリアン・マドン、リサ・アズエロス、ジェローム・セドゥ
出演:スヴェヴァ・アルヴィティ、リッカルド・スカマルチョ、ジャン=ポール・ルーヴ、 ニコラ・デュヴォシェル、ニールス・シュナイダー  

2017年/フランス/127分/字幕翻訳:星加久実
配給:KADOKAWA

© 2017 BETHSABEE MUCHO-PATHE PRODUCTION-TF1 FILMS PRODUCTION-JOUROR CINEMA
   


映画『ダリダ~あまい囁き~』ピーター、夏木マリ、岩下志麻ら多くの著名人からコメント続々


映画情報どっとこむ ralph 60年代フランス。ミス・エジプトに輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で一躍スターとなったダリダ。日本でもアラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」や「18歳の彼」などが有名です。数々のアーティスト達が彼女の歌をカバーし、亡くなった今でもその功績は高く評価されています。その波乱に満ちた生涯が描かれたフランス映画『ダリダ~あまい囁き~』が、5月19日(土)より角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショーとなります。


本国フランスではダリダ没後30年の2017年1月に公開され、総動員数77万人以上の大ヒットとなりました。
DALIDA de Lisa Azuelos

因みに・・・ダリダさんのプロファイル。

DALIDA de Lisa Azuelos
本名ヨランダ・クリスティーナ・ジリオッティ。
1933年1月17日、エジプト・カイロのイタリア移民の家系に生まれる。1956年、デビューからわずか2か月でゴールドディクスを受賞し一躍スターに。73年にアラン・ドロンとデュエットした「あまい囁き(Paroles, Paroles)」が世界中で大ヒット。

「人生に耐えられない、許して」

と書き残し1987年5月2日 死去(54歳)、その命を絶った。パリに眠る。
2018年が生誕85周年 ★2017年が没後30年

映画情報どっとこむ ralph ひとりの女性の強く美しい生き様に、各界著名人達から絶賛・感動・共感のコメントが続々と寄せられています。

『ダリダ~あまい囁き~』に寄せられた絶賛コメント(順不同・敬称略)

ピーター/歌手・俳優
愛した人との別れの瞬間(とき)を自ら決断しその想いを歌に込め、数々の名曲を残して逝ったダリダ。
日本人のスターにはない強さを感じました。ひとりの女性としての生き方も素敵。多くの女性に観て欲しいです。

岩下志麻/女優
輝かしい栄光と共に常に孤独と隣合わせだったダリダのドラマチックな人生に心を奪われました。
そして、幸福と絶望が交互に訪れては、それを情感溢れる歌に昇華していく姿に感動しました。

加藤登紀子/歌手
懐かしいダリダのヒットソング、こんなにも彼女の人生の深い悲しみから溢れ出していたのか。感動でいっぱい!
ダリダの最期があまりにも衝撃的だったので、この映画でダリダとまた逢えて嬉しいです。

夏木マリ
ダリダは愛に生きるフランス人だと思っていた
ダリダは怖いものなどないと思っていた
ダリダは病気だと思っていた
ダリダはなぜ死んだのかと、思っていた

高畑淳子/女優
青春時代にお気楽に口ずさんでいたダリダの歌が懐かしい。その人生が、これ程の悲しみの洗礼を受けていたなんて・・・。
ラストメッセージ「起こさないで」が痛い。

出井伸之/クオンタムリープ株式会社 代表取締役 ファウンダー&CEO/『Forbes JAPAN』ニュースサイトより
誰に何を言われようと意志を貫き、世間の目を恐れず自分をさらけ出した。
フランス人はその姿に心を打たれ、彼女の歌に涙し、拍手を送った。そして私もそのうちの一人だ。

ピーコ/ファッション評論家・シャンソン歌手
本物のダリダが唄い、踊ると思わせるほど素晴らしい!
彼女の心を思うと涙が、、、

池田理代子/漫画家・声楽家
生きることが『孤独』と同じ意味を持つという人は、決して少なくはないだろう。
ダリダも、そうした一人だった。
どんな美貌も才能も人々の称賛も、そして愛も、彼女の孤独を凌駕することはなかったのだろう。
見終えた後に必ず、もう一度見たいと思わせる映画だ。

内田春菊/漫画家・作家
大ヒットしたアラン・ドロンとの「あまい囁き」の陰でこんなに苦しんでいたなんて‼ダメ男育成所と言われる私は、状況の差も忘れて激しく感情移入しました。水面下の苦労、染まらない気高さ。まさに白鳥としか言いようがありません。

村上香住子/エッセイスト
アイスル、アイシテナイは紙一重、それでも美貌の男たちに命賭けで愛され、人生を音楽に音楽を人生にして、
パリ中を陶酔させた砂漠の薔薇、ダリダの赤裸々な生涯。

フランスワーズ・モレシャン/エッセイスト
同時代に生きてきた私にとって、ダリダの人生は、まるで鏡に写るもう一人の私みたい。この映画で本当の「ダリダ(=私?)」を知りました!

永瀧達治/フランス音楽・映画評論家
ダリダを知らない人は幸運だ。この映画で心震わせられるのだから。ダリダを知る人も幸運だ。もっと知りたいすべてが、この映画にあるのだから。

大高博幸/ビューティ エキスパート
まろやかでいて煌めくように響くダリダの歌声。その奥に秘めた彼女の悲哀を初めて知った。溢れる涙を力に変えて舞台に立つ圧倒的な姿は、親しい友のようにも思えて忘れ難い。

清水久美子/ファッションディレクター・スタイリスト
ファッションセンスを磨きたいなら必見の映画!60年代、70年代のパリシックを体現した、小粋で、スタイリッシュなファッションは、どの瞬間も目が釘付けになるほどの美しさ!観ているうちに、おしゃれのセンスが確実にアップする、極上のフレンチシネマの決定版!!

小沼純一/音楽・文芸批評家、早稲田大学教授
誰もが向きあい抱えこむものを、ダリダというひとりの歌手をとおして浮かびあがらせ、その生きざまと声とことばをシンクロさせる。そして、あらためておもうのだ、歌う、って何だろう、うた、って何だろう、と。

映画情報どっとこむ ralph フランス映画『ダリダ~あまい囁き~
原題『DALIDA』

5月19日(土)角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー


公式HP:
dalida-movie.jp

***********************************

監督・脚本:リサ・アズエロス 『LOL(ロル) ~愛のファンタジー~』
製作:ジュリアン・マドン、リサ・アズエロス、ジェローム・セドゥ

出演:スヴェヴァ・アルヴィティ、リッカルド・スカマルチョ、ジャン=ポール・ルーヴ、 ニコラ・デュヴォシェル、ニールス・シュナイダー  
 
2017年/フランス/127分/字幕翻訳:星加久実
配給:KADOKAWA
© 2017 BETHSABEE MUCHO-PATHE PRODUCTION-TF1 FILMS PRODUCTION-JOUROR CINEMA
   


60年代フランスのスター!ダリダの生涯に邦題『ダリダ~あまい囁き~』予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 60年代フランス。
ミス・エジプトに輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で一躍スターとなったダリダ。日本でもアラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」や「18歳の彼」などが有名です。数々のアーティスト達が彼女の歌をカバーし、亡くなった今でもその功績は高く評価されています。

その波乱に満ちた生涯が描かれたフランス映画「DALIDA」(原題)が邦題『ダリダ~あまい囁き~』として5月19日(土)より角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショーする事が決定しました!

本国フランスでは2017年1月に500館以上で公開され、総動員数77万人以上、初登場2位を記録し、大ヒットとなりました!公開決定に合わせて、愛を求める歌姫の生き様を捉えた日本オリジナルのビジュアルと予告編も完成、初披露目。

ビジュアルでは<歌だけがわたしを輝かせる>というその内面が感じ取れるキャッチコピーが載せられています。

映画情報どっとこむ ralph 「あまい囁き」、「18歳の彼」など日本でも度々カバーされてきたヒット曲に秘められた切ない物語。
“パローレ パローレ”のフレーズで日本でも大ヒットしたアラン・ドロンとのデュエット「あまい囁き」や、年下の恋人との恋愛を綴った「18歳の彼」、「べサメ・ムーチョ」など、自由奔放な恋愛が赤裸々に歌われている。

特に「あまい囁き」は、その印象的なアラン・ドロンの“囁き”で、日本でもCMや映画などにたびたび登場したり、フィギュアの世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がプログラム楽曲に使用するなど、まさに歴史に残る一曲となっている。

一方で、「わたしは病んでいるの」と、苦しい胸の内を歌った曲もある。ダリダの歌には喜びも悲しみもすべてがあり、人生とは何かをわたしたちに教えてくれる。時代を超えてもなお、観る人の心に響くその強く美しい生き様を、モデル出身で映画初主演のイタリア人女優スヴェヴァ・アルヴィティが見事に演じきっている。
DALIDA de Lisa Azuelos

60年代~70年代の洗練されたファッションと、華やかなステージも必見です!!

予告編からは、ダリダの絶えず注目を浴びる大スターとしての顔や、次々と相手を変えていく恋多き一面とともに、愛する人から愛されることを望み、女性としての幸せを絶えず求め続ける人知れぬ苦悩も見て取ることができ、本人による「べサメ・ムーチョ」や「灰色の途(みち)」がドラマを一層ドラマチックに引き立てていく。

映画情報どっとこむ ralph また、2月10日(土)よりロゴ入りネイルファイル(爪やすり)付き特別鑑賞券(税込1,400円)も発売開始!(特典は数量限定・非売品)。

ダリダ~あまい囁き~
原題『DALIDA』

5月19日(土)角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー


ダリダ プロフィール
本名ヨランダ・クリスティーナ・ジリオッティ。
1933年1月17日、エジプト・カイロのイタリア移民の家系に生まれる。
1956年、デビューからわずか2か月でゴールドディクスを受賞し一躍スターに。73年にアラン・ドロンとデュエットした「あまい囁き(Paroles, Paroles)」が世界中で大ヒット。

「人生に耐えられない、許して」

と書き残し1987年5月2日 死去(54歳)、その命を絶った。パリに眠る。
2018年が生誕85周年 
2017年が没後30年

***********************************

監督・脚本:リサ・アズエロス 『LOL(ロル) ~愛のファンタジー~』
製作:ジュリアン・マドン、リサ・アズエロス、ジェローム・セドゥ
出演:スヴェヴァ・アルヴィティ、リッカルド・スカマルチョ、ジャン=ポール・ルーヴ、 ニコラ・デュヴォシェル、ニールス・シュナイダー  
© 2017 BETHSABEE MUCHO-PATHE PRODUCTION-TF1 FILMS PRODUCTION-JOUROR CINEMA 
2017年/フランス/127分

字幕翻訳:星加久実
配給:KADOKAWA