「スペシャルアクターズ」タグアーカイブ

上田慎一郎監督の劇場長編第2 弾『 スペシャルアクターズ 』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画 『 カメラを止めるな! 』 で 、大旋風を巻き起こした 上田慎一郎監督の劇場長編第2 弾『 スペシャルアクターズ 』 が遂に 10 月 18 日(金)全国公開を迎えました。

この度上映初日を記念し、上田慎一郎監督+映画出演キャスト18 人、総勢 19 人の初日舞台挨拶を実施! イベントでは華やかな鏡開き+海外上映決定が好評となりました!
「スペシャルアクターズ」上田慎一郎監督初日舞台挨拶
日程:10月18日
場所:新宿 ピカデリー
登壇:上田慎一郎監督 大澤数人、河野宏紀、富士たくや、北浦愛、上田耀介、清瀬やえこ、仁後亜由美、淡梨、三月達也、櫻井麻七、川口貴弘、南久松真奈、津上理奈、小川未祐、原野拓巳、広瀬圭祐、宮島三郎、山下一世

映画情報どっとこむ ralph いよいよ公開を迎えた本作。上映終了後、大きな拍手に迎えられて、上田慎一郎監督含むキャスト総勢19 名が登壇。


まずはじめに監督・脚本・編集、そして宣伝プロデューサーを務められ
「スペシャルアクターズ」上田慎一郎監督初日舞台挨拶 上田監督:久しぶりに緊張しています。本作はここのメンバーとゼロから作った作品で、宣伝もみんなでやってきました。プロモーション活動でキャストの方々がお客様に 『 カメ止め! 』 次回作といっているのをみて胸が苦しくなりました。みんなが 『 スペシャルアクターズ 』 のキャストだと胸を張って頂けるような作品にしたいです。また、和人にサングラスを買わせるのが夢です。

とご挨拶。次々に以下のように各キャストがご挨拶。主演の大澤さんは

大澤さん:えーと、えーと、公開初日に来て頂きありがとうございます。上田監督はじめこのみんなだからこそ頑張れました。

河野さん:この映画はすごく不器用な映画だと思うけど、不器用で何が悪いんだと思ってます。新世代の上田監督と私たちを覚えてください。

と本作に対する自信を露わにした。

上田監督:社長もご挨拶下さい。

と言われ

富士さん:ボスね!

と劇中の掛け合いをイベントで披露。

富士さん:この映画はかっこわるい人たちがかっこよく見える映画。えーっと 、、、 頭が真っ白になりました。以上です。

と場内を和ました。

清瀬さん:一回こんな舞台挨拶がしてみたかったの!毎日映画みたいな日々をすごせて幸せ。

津上さん:私は普段会社員で、今日も有給をつかってきた。上司に感謝!

淡梨さん:最近エンタメについて考えることが多くなりました。最低限の生活には必要ないかもしれないが、生活を豊かにするうえで必要だと思います。上田監督が僕たちに希望を与えてくれた作品。上田監督ありがとうございます。ここで 『 ムッスー 』 やらせてください。

と言って、お客様、キャストみんながムッスーをやって場内は盛り上がった。

小川さん:たくさん、愛情をもらったので、みなさんにもたくさん愛情を伝えたいです。

三月さん:劇中オールバックで決めています。癖毛なので、メイクの人が非常に苦労していました。メイクのみなさんにささげたい。シャワーを!

と劇中で使用されるシーンを再現。

北浦さん:監督からどんな役をやりたいかときかれたので、金髪の役をやりたいといったら ホント に実現した」と喜びを露わにした。 原野 「私と監督の出
会いは「金スマ」で上田監督の再現VTRの中の上田監督役をやらせてもらったことです。

と意外な事実に客席も驚いた。


映画情報どっとこむ ralph 上田(耀)さん:先日の完成披露試写会で関東に引っ越した。今でも布団がない生活です。本作が売れないと布団が買えないのでSNSで拡散して日本中に広まって欲しい。

櫻井さん:マスコミ試写で上田監督は馬車馬のように働きますといって、ほんとに働いていました。私たちはSNSで拡散等していましたが、公開が近づくと感情が湧き上がってきちゃいました。ほんとに大好きな映画になりました。

と言葉を詰まらせながら挨拶。

仁後さん:上田監督はみんなに見せ場を作ってくれたので、リレーのようにタスキをつないでいる感覚で撮影できました。

川口さん:胡散臭い役でしたが、本作は上田監督がアテガキで作った作品で、自分はやはり胡散臭いだなと思った。しかし、そんな自身を肯定してくれているように捉えることができました。

宮島さん:血を吹いただけでこんなとこに立てるとは!。

南久松さん:自分が光るアテガキを作ってくれた。普段の私は暗いですが、楽しそうに走っている上田監督をみて、自身も明るくなった。元気になる映画です。

広瀬さん:最初のシーンで、NGを3回連続出していた中で、上田監督が抱きしめてくれて、心が落ち着いた。上田監督はみんなのことを考えてくれました。

山下さん:クランクインの3日前に参加しましたので、公開される今日までみんなほど喜べるかなと思いましたが、ぜんぜん喜べました。スペシャルアクターズのおかげです。

映画情報どっとこむ ralph ついに公開初日を迎え

上田監督:カメ止め!のときは舞台挨拶につれて緊張が緩和されたが、また本作で緊張が始まった。朝からソワソワでした。

と今の心情について語った。今回、宣伝プロデューサーも務めていることで

上田監督:1日でムビチケを500枚手売りで売るチャレンジを本劇場で、300枚を関西で行いました。和人(大澤)は最初は全く声がでていなかったが、徐々に声がでるようになって、お客さんを気遣う言葉も発していて感動した。みんなの成長をみれてうれしいですね。

大澤さん:僕自身も成長できました。

と喜んだ。また、他のプロモーション活動として、

上田監督:18人全員で合唱した主題歌の音楽にあわせた踊ってみた動画もあげたりしています。

振付を考えた

小川さん:もともと主題歌を聞いたときから、踊ってみた動画を撮りたいと思っていた。上田監督が踊ったみたをやろうといった時、私がやります!といいました。

と笑顔で話した。

上田監督:近日中にこんな人が踊るのかという驚きの動画をUPします。

と発表。

10年間で3回しかお芝居の経験がない主演の大澤さんは上田監督またキャストのみなさんに

大澤さん:皆さん支えてくれてほんとに感謝しています。上田監督が丁寧に指導してくれて本当にありがとうございました。」と緊張した面
持ちで発言。


映画情報どっとこむ ralph ここで、MCから「スクリーンをご覧ください!」とアナウンスが入り、「香港、マカオ、台湾、タイ、中国本土、アジア各国にて上映決定!」と発表が入る。場内から拍手が沸き起こり、
「スペシャルアクターズ」上田慎一郎監督初日舞台挨拶
上田監督:『カメ止め!』のときは、海外の人が「ポン!」という動画を挙げてくれたりした。本作だと「ムッスー」が全世界に届くのかなとか考えちゃいます。

と喜びを露わにした。

また、キャスト全員にはサプラズ発表であったため、

櫻井さん:全部の国に連れてってください。

と言葉を詰まらせ涙を露わに、『誰も知らない』の時にカンヌ映画祭に行ったことがあって

北浦さん:ほんとにびっくりしている。連れてってください。

と喜んだ。公開を記念した鏡開き!

上田監督:スペシャルアクターズ初日公開!

キャストの「ヤッ!」の掛け声とともに割られ、場内から大きな拍手が沸き起こった。
「スペシャルアクターズ」上田慎一郎監督初日舞台挨拶
最後に

上田監督:これからどんな物語になるのか非常に楽しみ。みなさんもこの映画の物語に参加して頂けると嬉しい。是非
SNS等で発信してください。

と本イベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph <松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト第7弾>

『スペシャルアクターズ』

『スペシャルアクターズ』本ポスター 【STORY】
「緊張すると気絶する役者」VS「カルト集団」!?
超能力ヒーローが活躍する大好きな映画を見ては溜息をつく売れない役者の和人。ある日、彼は数年ぶりに再会した弟から俳優事務所
の「スペシャル・アクターズ」に誘われる。映画やドラマの仕事のほかに、日常の中で演じる仕事、つまり演じることを使った何でも屋だった。そん
な折、スペアクに「カルト集団から旅館を守って欲しい」と依頼が入る。旅館の乗っ取りを図るを相手にプランを練り、演技練習を重ねるスペ
アクの役者たち。しかし、和人には皆に内緒にしている秘密があった。極限まで緊張すると気絶してしまうのだ。あろうことか、壊滅ミッションの
中心メンバーにされた和人。果たして、彼の運命やいかに!?

***********************************


監督・脚本・編集・宣伝プロデューサー:上田慎一郎
スタッフ:製作:井田寛企画:深田誠剛
プロデューサー:橋立聖史/小野仁史撮影:曽根剛照明:本間光平録音:宋晋瑞美術:秋元博
装飾:東克典衣裳:馬場恭子
ヘアメイク:望月志穂美
助監督:山下和徳
アクション監督:HAYATE 音楽:鈴木伸宏/伊藤翔磨
監督補・宣伝デザイン:ふくだみゆき
キャスト:大澤数人河野宏紀富士たくや北浦愛上田耀介清瀬やえこ仁後亜由美淡梨三月達也櫻井麻七川口貴弘南久松真奈津上理奈
小川未祐原野拓巳広瀬圭祐宮島三郎山下一世
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ランプ
制作協力:PANPOCOPINA
配給:松竹©松竹ブロードキャスティング




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

上田慎一郎監督「スペシャルアクターズ」 (踊ってみました動画)解禁!小川未祐レクチャーも!


映画情報どっとこむ ralph 上田慎一郎監督が『カメラを止めるな!』に続いて放つ劇場長編映画第2作目『スペシャルアクターズ』がいよいよ10月18日(金)より丸の内ピカデリーほかにて全国公開を迎えます。
『スペシャルアクターズ』スペアク手売りチャレンジ」in新宿ピカデリー企画に続き、次なるプロモーションの取り組みとして選んだ施策は、この映画のために作られた主題歌「誰でもアクター」(作詞:鈴木伸宏 作曲:鈴木伸宏・伊藤翔磨)に合わせてのキャストの「踊ってみた」企画!元々、主題歌は出演キャスト18人全員で歌っており、今度はダンスにも挑んだ形だ。

企画の成り立ちは、映画を広めるためにどうしたらよいか…と監督、キャストが集まり、映画の役柄にならい、芸能事務所「スペシャルアクターズ」チーム、カルト集団「ムスビル」チーム、「旅館めぶき&精神科の先生」チーム、3グループそれぞれが案を出し合った際、「旅館めぶき&精神科の先生」チームでは、小川未祐がダンスが得意ということから、同チームの津上理奈、原野拓巳、広瀬圭祐の4人で踊ってみよう!という話から始まったという。

小川が自ら振付を担当し、9月18日(水)にダンスが完成。すぐに覚えるメンバー、覚えられないメンバーがいる中で稽古を重ねる面々。そんな時「踊ってみた動画」撮影前日に見学にきた、「ムスビル」グループの櫻井麻七がすぐに振付を覚え、試しに5人で踊ったところバランス的にバッチリ。「これはイケる!」と最終的にグループを超えての5人編成で「踊ってみた動画」を作ることになった。

上田監督がカメラを回し、東京都中野区内の公園で撮影を実行!微笑ましい笑顔いっぱいの動画が完成した。

【スペアク踊ってみた】動画
尺:1分15秒  
出演:小川未祐、津上理奈、櫻井麻七、原野拓巳、広瀬圭祐 


【レクチャー】動画 
尺:1分05秒   
講師:小川未祐  


映画情報どっとこむ ralph 【小川未祐コメント】
主題歌「誰でもアクター」は、音楽担当の鈴木伸宏さんがキャスト18人の声を代弁してくれました。
不器用でうまく生きられない私たちが、もがきながらもまっすぐに戦う、この映画にぴったりの主題歌だと思います。そんな鈴木さんの歌詞をイメージしてこの振りを作りました。沢山の人にこの曲を知ってもらって、踊ってもらえたら本当に嬉しいです。
皆さんの沸々とした思いを、この曲やダンスに込めて投稿してください!

【上田慎一郎コメント】
主題歌「誰でもアクター」は、キャスト18人が大合唱する多幸感溢れる愉快な楽曲です。この曲に合わせて笑顔で踊る光景はさぞや幸せなものになるだろう…という妄想から、この企画を始めました。キャストの小川未祐ちゃんが作ってくれた振り付けは、歌詞とリンクしたものになっていて、映画に登場するポーズや動きなどが沢山とり入れられています。ぜひ、皆さんも小川先生のレクチャー動画を見て「#スペアク踊ってみた」にチャレンジしてみてください!!

映画情報どっとこむ ralph 映画『スペシャルアクターズ』

10月18日(金)丸の内ピカデリーほか全国公開

「カメラを止めるな!」で大旋風を巻き起こした上田慎一郎監督の「カメ止め」に続く長編劇映画第2弾映画。1500通の応募者の中からオーディションで15人のキャストを選び、企画会議、ワークショップを経て当て書きで脚本を執筆した。「緊張すると気絶する役者VSカルト集団」の闘いを描く、予測不能なエンターテイメント作品。
『スペシャルアクターズ』本ポスター 【物語】
超能力ヒーローが活躍する大好きな映画を観て溜息をつく売れない役者の和人。ある日、和人は数年ぶりに再会した弟から俳優事務所「スペシャルアクターズ」に誘われる。そこでは映画やドラマの仕事の他に、演じることを使った何でも屋を引き受けていた。そんな中、スペアクに「カルト集団から旅館を守ってほしい」という依頼が入る。ヤバ目な連中相手に計画を練り、演技練習を重ねる役者たち。しかし和人にはみんなに内緒にしている秘密があった。極限まで緊張すると気絶してしまうのだ。あろうことかミッションの中心メンバーにされた和人。果たして、運命やいかに!?

***********************************

監督・脚本・編集:上田慎一郎
音楽:鈴木伸宏・伊藤翔磨 
配給:松竹
キャスト:大澤数人 河野宏紀 富士たくや 北浦愛 上田耀介 清瀬やえこ 仁後亜由美 淡梨 三月達也 
櫻井麻七 川口貴弘 南久松真奈 津上理奈 小川未祐 原野拓巳 広瀬圭祐 宮島三郎 山下一世
©松竹ブロードキャスティング
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

上田慎一郎監督自らの発案で、『スペシャルアクターズ』前売券手売り・・・その結果は!?


映画情報どっとこむ ralph 上田慎一郎監督が、10月18日より全国公開する映画『スペシャルアクターズ』のプロモーション、更にムビチケカード(前売券)販促のため、10月2日(水)上映館となる新宿ピカデリーにてムビチケ販売キャンペーンを実施しました。
『スペシャルアクターズ』
企画の成り立ちは、本作の宣伝プロデューサーも務める上田監督が、「他ではやっていないことをやりたい!自分の身を投じて何でもやりたい!頑張ります!」という強い意志から始まったもの。

早速、配給会社の松竹、監督の所属会社PANPOCOPINAの鈴木氏(本作の音楽担当)らと会議を持ち、様々なプランを検討。「やっぱり、監督に負荷かけたほうが面白いよね…」「今回は宣伝Pですもんねぇ…」という意見を出しながら、チラチラと監督を伺い見るスタッフたち。そこで上田監督自らが「自分でムビチケを手売りします!11:00~22:00の新宿ピカデリーの業務時間で、チャレンジ企画実施します!目標300枚!」と高らかに宣言したことから、企画「スペアク手売りチャレンジ」が始動。日程が決まってからは、公式Twitterで「キャストのみんなも応援に来て~!」と自らお願いする監督。

果たして、チケットは売り切れるのか、そしてキャストは監督の応援の呼びかけに答えてくれるのか。

映画情報どっとこむ ralph 10月2日(水)快晴。11:00の開始前には既に、新宿ピカデリー1F販売ブース前には大勢のファンが集合。この様子では、300枚はすぐ売り切れるのではないか…とみなの期待が募る中で販売用のセッティングにモクモクと取り掛かるスタッフ。

上田監督も早めに現地に到着!一昨日、昨日と西日本キャンペーンで大阪、兵庫、山口、福岡に飛んでいたのに今日も元気一杯の様子。さすがいいだしっぺ!

10:59:50、「10、9、8、7・・・・・」と、ファン、スタッフ、監督と全員でカウントダウンし、いよいよ販売スタート!

公式SNSでは実況レポートも実施し、SNS使いのエキスパート、上田監督らしいイベントとなりました。

スタートから順調な出だしをみせ、15分後には50枚が販売。しばらくして、キャストの川口貴弘さんが、その後櫻井麻七さんも応援に駆け付け、監督としてキャストに愛されていることを証明!ちなみに櫻井さんは監督と一緒に2日間の西日本CPあけでの参加でした。本作「スペシャルアクターズ」ではカルト集団のムスビルの幹部を演じる川口さんと櫻井さん。チケットが売れるたびに「いい気が回ってきてますよ~」とスペアクの映画さながらの息の合った声がけでお客さんを笑わせるおふたりでした。

そして、100枚が売り切れたのは、12:07!このペースだと、すぐに終了じゃない?という期待が益々高まる。というか、当初の300枚の設定が低かったのか…。
『スペシャルアクターズ』上田慎一郎監督手売りチャレンジ (4)
トイレも我慢しながら、頑張る上田監督の元には、その後も小川未祐さん、清瀬やえこさん、仁後亜由美さんらが応援に!13:32の段階で、178枚販売達成!ん、ちょっとペースが落ちた…喜んだり、不安になったりする監督。しかし、すぐにまた持ち直し、チケットは順調なペースの売れ行きをみせ続ける。
『スペシャルアクターズ』上田慎一郎監督手売りチャレンジ
14:00、遂に200枚突破!「カメ止め!」のキャストの山口友和さん、大沢真一郎さん、そして、品川庄司の品川祐さんまでもが姿をみせ、チケット購入と監督激励!

その後、大澤数人さん(大澤さんも西日本CPあけ!)、上田耀介さん、南久松真奈さん、山下一世さんらも新宿ピカデリーにゾクゾク来館しました。

映画情報どっとこむ ralph そして、目標の300枚達成は・・・・16:40!! 早い!

ここでチャレンジ終了!!のはずが、「やっぱり今日これからいらっしゃる方もいるわけだし…」ということで

目標500枚に上方修正をすることに。 原野拓巳、淡梨さんらも応援に参加!この後も、キャスト津上理奈さん、西日本CP参加の三月達也さん、河野宏紀さん、富士たくやさん、宮島三郎さんも応援に駆け付けるという人気ぶりでした。

21:30の時点で、あと40枚…ヤバイ!これは達成ならずか、というところで、キャストたちが再び集合し総出に!全員で声を枯らして呼びかけを実施。

そして、22時まで闘いは続き… 最終販売数:506枚達成! 監督の目にも光るものは…ない!ただただ笑顔で、みんなに胴上げされて全員で喜びの表情を浮かべる監督そしてキャスト達!良かった!本当によかった!
『スペシャルアクターズ』上田慎一郎監督手売りチャレンジ
映画情報どっとこむ ralph 監督・キャスト総出でのスペシャルなイベント。 ご来館、ご参加いただきました皆さんに感謝感謝の1日となりました。
『スペシャルアクターズ』上田慎一郎監督手売りチャレンジ (4)
上田監督のコメント

◆すべて終えた感想は?
300枚を超えた時に、次は400枚と設定しかけたのですが、400枚はいけるなと思い、目標を500枚に上げました。残り30分で結構枚数が残っていて、500枚に設定したことを後悔したんです。 ヒヤヒヤしましたが、なんとかギリギリ、最後には達成できてよかったです! 最後のほうはキャストが大集合して、スポーツをしているような熱がありましたね。ずっとナチュラルハイでした。 ひとまず今はすぐに横になりたいです。

◆300枚はどのあたりでいけると思いましたか? 開始2時間半くらいで150枚いったので、そのあたりから300枚はいけるなと思いました! ◆今回の企画はいかがでしたか? もともとファンの方も、もちろん買いにきてくださったんですが、『スペシャルアクターズ』を知らなかった人が、こういう映画をやるんだと知って買ってくれたり、「カメ止め!」好きだったから買ってみると言ってくれたり、よく分からないけど頑張ってるから買うよと言ってくれたりして、すごく嬉しかったですし、『スペシャルアクターズ』を知ってもらうことにも繋がったのでよかったと思います。 ◆またこういう企画をもう一回やりますか? …やります。(笑)

映画情報どっとこむ ralph 映画『スペシャルアクターズ』について

10月18日(金)丸の内ピカデリーほか全国公開


「カメラを止めるな!」で大旋風を巻き起こした上田慎一郎監督の「カメ止め」に続く長編劇映画第2弾映画。1500通の応募者の中からオーディションで15人のキャストを選び、企画会議、ワークショップを経て当て書きで脚本を執筆した。「緊張すると気絶する役者VSカルト集団」の闘いを描く、予測不能なエンターテイメント作品。

『スペシャルアクターズ』本ポスタービジュアルSPAC_poster_B2_fi
【物語】
超能力ヒーローが活躍する大好きな映画を観て溜息をつく売れない役者の和人。ある日、数人は数年ぶりに再会した弟から俳優事務所「スペシャルアクターズ」に誘われる。そこでは映画やドラマの仕事の他に、演じることを使った何でも屋を引き受けていた。そんな中、スペアクに「カルト集団から旅館を守ってほしい」という依頼が入る。ヤバ目な連中相手に計画を練り、演技練習を重ねる役者たち。しかし和人にはみんなに内緒にしている秘密があった。極限まで緊張すると気絶してしまうのだ。あろうことかミッションの中心メンバーにされた和人。果たして、運命やいかに!?

***********************************


監督・脚本・編集:上田慎一郎
音楽:鈴木伸宏・伊藤翔磨
配給:松竹

キャスト:大澤数人 河野宏紀 富士たくや 北浦愛 上田耀介 清瀬やえこ 仁後亜由美 淡梨 三月達也 櫻井麻七 川口貴弘 南久松真奈 津上理奈 小川未祐 原野拓巳 広瀬圭祐 宮島三郎 山下一世 

©松竹ブロードキャスティング




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

上田慎一郎監督と映画出演キャストが勢ぞろい『スペシャルアクターズ』ワールドプレミア試写会


映画情報どっとこむ ralph 映画『カメラを止めるな!』で、カメ止め旋風を巻き起こした上田慎一郎監督の劇場長編第2弾『スペシャルアクターズ』が遂に10月18日(金)全国公開となります!

本作は、上田監督が1500名以上の応募者からオーディションで選んだ15人のキャストたちと共に企画会議、ワークショップを経てあて書きで脚本を執筆、ゼロから創り上げた完全オリジナルストーリー作品。

この度、公開に先駆け、上田慎一郎監督と映画出演キャストが勢ぞろいするワールドプレミア試写会を実施!まだ世間に発見されていないキャストの初々しいお披露目と共に、上田監督の長編第2作完成を祝うため、「カメ止め」キャストであるしゅはまはるみ、真魚、どんぐりさんが応援に駆け付けました!
上田慎一郎監督『スペシャルアクターズ』完成披露 ワールドプレミア試写会
『スペシャルアクターズ』ワールドプレミア試写会
日程:9月25日(水)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:上田慎一郎監督

大澤数人、河野宏紀、富士たくや、北浦愛、上田耀介、清瀬やえこ、仁後亜由美、淡梨、三月達也、櫻井麻七、川口貴弘、南久松真奈、津上理奈、小川未祐、原野拓巳、広瀬圭祐、宮島三郎、山下一世

スペシャルゲスト:
しゅはまはるみ、真魚、どんぐり

映画情報どっとこむ ralph 公開に先駆けて、初披露を迎えた本作。
上田慎一郎監督含め、キャスト総勢19名が大きな拍手に迎えられて登壇。登壇後、まずはじめに監督・脚本・編集、そして宣伝プロデューサーを務められ
上田慎一郎監督『スペシャルアクターズ』完成披露 上田監督:とんでもない光景です。座席が802席の日本一の映画館で、船出ができたのが幸せです。みんなで0から作った作品で、このメンバーとこの舞台に立って一緒の光景をみれて気絶しそうなくらい幸せです。

と声を詰まらせながらご挨拶。
その後、主演の大澤数人さんは

大澤さん:緊張すると気絶する役の大澤です。まさか僕がこんな大きなところで挨拶することがあるんですね。本日はお越し頂きましてありがとうございます。

河野さん:僕らは誇りをもってこの作品を届けられる。今年一番の映画になるので楽しみにして下さい。

と本作対する自信見せた。数々のキャストが挨拶する中、

上田監督:ネタバレを気を付けて下さい。ネタバレしそうな発言があったら、大きな声でかき消すから。

と場内をもなごませ笑いに包まれる場面もあった。

津上さん:『カメラを止めるな!』の大ファンで記念受験のつもりでワークショップを受けた。見る側だった自分が、舞台挨拶する側になっていて信じられないくらい、まだ夢を見ているような気分でスペシャル幸せです。

小川さん:スペシャルアクターズの人たちと過ごした日々は、ものつくりとか映画を作るって楽しい、毎日幸せを実感することができた。この映画の一員になれたことが誇り。

上田(耀)さん:オーディションにでたきっかけは、監督と名前が一緒というだけ。直観が大事。

と語り、場内から笑いが起きた。

北浦さん:10年以上前に『誰も知らない』で映画初出演をしました。今回は初めての役、初めての髪型、初めてこんなにみんなと仲良くなった現場でした。

などキャストの挨拶が続いた。

そして上田監督:自分たちの映画だったものがみんなの映画になる瞬間でそわそわして、昨日の晩眠ることができなかった。また昨日ポストカード800枚にサインを書いて、改めてこんに多くの人たちに届くんだと確認できてほんとに良かった。

と本作を初披露できたことを喜ぶ。

映画情報どっとこむ ralph 個性豊かなキャストたちは、1,500通の募集があった今作のワークショップから選ばれた俳優。
選んだ基準は・・・・

上田監督:この映画は『カメ止め!』と違って、キャスティング時点では物語がない状態。今回は自分が恋した15人、もっと一緒にいたい、もこの人を知りたい、撮りたいと思った15人を選びました。

と上田監督は語った。そして、今作の脚本は、キャストが決まってから、アテ書きでつくったもので

上田監督:腰を据えて向き合うことができた作品で、脚本制作に向き合ったとき、『カメ止め!』のプレッシャーに襲われそうになった。大スランプに陥り、気絶しそうな日々を送りました。

と脚本制作に関する苦悩を語った。

また、その苦悩を乗り越えるため、上田監督は、キャストから様々な案をもらったとし、

上田監督:実は、クランクインから2か月前に、脚本を一から書き直して、キャストみんなで、脚本制作に取り組んだんです。

とコメントしました。


主演の大澤さんは、お芝居の経験が10年間で3回しかなく、

大澤さん:毎日必死で、迷惑かけないように気絶しそうになりながら頑張った。思い出がありすぎますがよく覚えてません。

と映画撮影の思い出を語る。

上田監督:両親は大澤が役者をやっているのを知らなかった。本作の予告編を情報番組でみて知った。長編映画を気絶しそうになりながら作ったドキュメントとフィクションが入り混じった作品にしたかった。

と語った。

大澤さん:両親は泣いていました。

と語り、本作に出演できた喜びを語った。

映画情報どっとこむ ralph ここで、「カメラを止めるな!」のしゅはまはるみさん、真魚さん、どんぐりさんが本イベントの応援に駆け付け、場内からは大きな拍手が沸き起こり、盛り上がりをみせる。しゅはまはるみさんは上田監督に、真魚さんは大澤さんに、どんぐりさんは河野さんに花束を贈呈。
しゅはまはるみ、真魚、どんぐり『スペシャルアクターズ』

真魚さん:上田さんとキャストのみなさん、本日はワールドプレミア試写会おめでとうございます。事前に作品を見させていただいて、とっても楽しい気持ちになる上田さんらしい作品。多くの人に届いてほしい。

と語る。

上田監督:喋るのうまくなったな~。

とぼそりとつぶやき、場内でも笑いが起きた。

しゅはまさん:私たちは、(カメ止めで)この800人という大観客の景色をみるのはすごい時間がかかった。ワールドプレミア試写会で見てもらえるこの作品がうらやましい。もっと頑張って、たくさんの人に見てもらえるような映画にしてほしい!応援しています。協力しあってたくさんの人に届くような作品にして欲しいです。

と語った。

どんぐりさん:出てくるときに、『カメ止め!』の曲が流れて、感動しました。先ほど控室でみんながメイクルームでメイクされているの見て、私たちの時はスッピンでやったのになあと笑

と冗談交じりに、しゅはまさんと顔を合わせて笑いあった。

どんぐりさん:『カメ止め!』では、SNSで広がったので、今回もそのようにして全国の人、世界中にもに届いてほしい。カメ止めの時もそうでした。そして、きっといろんな景色をキャストのみなさんもカメ止めの時と同じく見ることができると思う。ほんとに応援してます!

と話した。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、

上田監督:映画を見る前はキャストのことを知らないと思いますが、映画を見終わったあとは、みんなのことがスペシャルアクターズになって、違った見え方がすると思う。

とコメントし、ワールドプレミア試写会を締めくくった。

『スペシャルアクターズ』本ポスター
<松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト第7弾>

スペシャルアクターズ

『スペシャルアクターズ者たち。しかし、和人には皆に内緒にしている秘密があった。極限まで緊張すると気絶してし
まうのだ。あろうことか、壊滅ミッションの中心』

『スペシャルアクターズ』 『スペシャルアクターズ』
【STORY】
「緊張すると気絶する役者」VS「カルト集団」!?
超能力ヒーローが活躍する大好きな映画を見ては溜息をつく売れない役者の和人。ある日、彼は数年ぶりに再会した弟から俳優事務所の「スペシャル・アクターズ」に誘われる。映画やドラマの仕事のほかに、日常の中で演じる仕事、つまり演じることを使った何でも屋だった。そんな折、スペアクに「カルト集団から旅館を守って欲しい」と依頼が入る。旅館の乗っ取りを図るを相手にプランを練り、演技練習を重ねるスペアクの役メンバーにされた和人。果たして、彼の運命やいかに!?

***********************************


監督・脚本・編集・宣伝プロデューサー:上田慎一郎
スタッフ:企画:深田誠剛 プロデューサー:橋立聖史/小野仁史
撮影:曽根剛 照明:本間光平
録音:宋晋瑞
美術:秋元博 装飾:東克典
衣裳:馬場恭子 ヘアメイク:望月志穂美
助監督:山下和徳
アクション監督:HAYATE
音楽:鈴木伸宏/伊藤翔磨
監督補・宣伝デザイン:ふくだみゆき

キャスト:大澤数人 河野宏紀 富士たくや 北浦愛 上田耀介 清瀬やえこ 仁後亜由美
淡梨 三月達也 櫻井麻七 川口貴弘 南久松真奈 津上理奈 小川未祐 原野拓巳 広瀬圭祐
宮島三郎 山下一世
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ランプ
制作協力:PANPOCOPINA
配給:松竹
©松竹ブロードキャスティング
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『カメ止め』上田慎一郎監督 待望の劇場長編第2弾『スペシャルアクターズ』 本予告映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph わずか2館から上映が始まり、興行収入31億円を突破。日本のみならず世界中に大旋風 を巻き起こした映画『カメラを止めるな!』この「カメ止め」に続く上田慎一郎監督の待望の劇場長編第2弾『スペシャルアクターズ』が、10月18日(金)より丸の内ピカデリー他全国公開となります。
上田慎一郎監督スペシャルアクターズ 本作は上田監督が1500名以上の応募者からオーディションで選んだ15人のキャストたちと共に企画会議、ワークショップを経てあて書きで脚本を執筆、ゼロから創り上げた完全オリジナルストーリー作品。「カメ止め」の次回作ということでプレッシャーから気を何度か失いかけたという上田監督の経験をも取り込んで作れられた渾身作です。

そしてこの度、本作の本予告映像(60秒)が完成!待望の解禁となりました!



今回の予告篇では「緊張すると気絶する役者」VS「カルト集団」の闘いの一端も見られ、ぴりりとした空気の中にも笑いが随所 に盛り込まれたもの。主人公の情けなさ具合さえも、なんだか愛おしく見えてくるものとなりました。

それにしてもかつて、これほどまでに壮絶に気絶する男がいたでしょうか?いや、いない!!

気絶注意‼ 上田ワールド全開!予測不能な比類なき痛快エンタテインメント!

更に特筆すべきは、キャスト全員で歌唱した主題歌、「誰でもアクター」(作詞 鈴木伸宏 作曲 鈴木伸宏/伊藤翔磨)。 アップテンポな楽曲で、今回の予告編でも初披露されています。上田ワールド全開!何が起こるかわからない、予測不能な比類なき痛快エンタテイメント!

映画情報どっとこむ ralph <松竹ブロードキャスティング オリジナル映画プロジェクト第7弾映画>

『スペシャルアクターズ』

10月18日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー!

公式HP:
http://special-actors.jp/

公式ツイッター:
@special_actors

『スペシャルアクターズ』本ポスタービジュアルSPAC_poster_B2_fi 【STORY】

「緊張すると気絶する役者」VS「カルト集団」!?

暗い部屋でひとり、超能力ヒーローが活躍する大好きな映画を見ては溜息をつく売れない役者の和人。ある日、彼は数年ぶりに再会した弟から俳優事務所の「スペシャル・アクターズ」に誘われる。そこでは映画やドラマの仕事のほかに、日常の中で演じる仕事、つまり演じることを使った何でも屋を引き受けていた。そんな折、スペアクに「カルト集団」から旅館を守って欲しいと依頼が入る。乗っ取りを図るヤバ目な連中相手にプランを練り、演技練習を重ねるスペアクの役者たち。しかし、和人には皆に内緒にしている秘密があった。極限まで緊張すると気絶してしまうのだ。あろうことか、このミッションの中心メンバーにされた和人。果たして、彼の運命やいかに!?

***********************************

監督・脚本・編集・宣伝プロデューサー:上田慎一郎

スタッフ:製作:井田寛 企画:深田誠剛 プロデューサー:橋立聖史/小野仁史 撮影:曽根剛 照明:本間光平 録音:宋晋瑞

美術:秋元博 装飾:東克典 衣裳:馬場恭子 ヘアメイク:望月志穂美 助監督:山下和徳 アクション監督:HAYATE

音楽:鈴木伸宏/伊藤翔磨 監督補・宣伝デザイン:ふくだみゆき

キャスト:大澤数人 河野宏紀 富士たくや 北浦愛 上田耀介 清瀬やえこ 仁後亜由美 淡梨 三月達也 櫻井麻七 川口貴弘 南久松真奈

津上理奈 小川未祐 原野拓巳 広瀬圭祐 宮島三郎 山下一世

製作:松竹ブロードキャスティング ■制作プロダクション:ランプ ■制作協力:PANPOCOPINA ■配給:松竹

クランクイン:5月14日(火) ■クランクアップ:6月1日(土)

©松竹ブロードキャスティング






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ