「スティーヴン・チョボスキー」タグアーカイブ

ジェイコブ・トレンブレイ x 鈴木福 日米天才子役登壇!映画『ワンダー 君は太陽』プレミアジャパン!


映画情報どっとこむ ralph 6月15日(金)より全国公開となる映画『ワンダー 君は太陽』が、本日ジャパンプレミアを開催しました!!

主人公の生まれつき人と違う顔をもつ少年オーガストこと“オギー”を演じるのは、『ルーム』(15)で一躍世界中から注目を集めた天才子役ジェイコブ・トレンブレイ。本作では中身は普通の男の子でありながら、外見に生まれつきの障がいを抱えるという難しい役どころを演じました!そして、『ウォールフラワー』(12)で思春期の青年の揺れ動く心情を繊細なタッチで描いたスティーヴン・チョボスキーが監督・脚本を務めています!

そんな、主人公・オギー役のジェイコブ・トレンブレイ、監督・スティーヴン・チョボスキーが来日!ジャパンプレミアを行いました!

更に日本人ゲストとして2児の母でもあるタレント・藤本美貴さんと、日本の天才子役を代表して鈴木福くんも登壇!!映画のお話をたっぷり語ったほか、劇中に登場する“格言”にちなんで、登壇者の4人が人生における座右の銘を発表。さらに、劇中に登場するヘルメット型の“ワンダー”仕様の特製ちょうちんをサプライズプレゼントしました。

日時:5月31日(木)
場所:TOHOシネマズ六本木
登壇:
ジェイコブ・トレンブレイ、スティーヴン・チョボスキー監督
藤本美貴、鈴木福

映画情報どっとこむ ralph まずは、親子客が多く来場した満席の300名の観客に迎えられ、本作の主演ジェイコブ・トレンブレイとスティーヴン・チョボスキー監督が手を振りながら笑顔で登場!

チョボスキー監督:日本に来られて嬉しい。前回日本に来たとき、ここには観客として来たんです。こうして皆さんの前に立てることが嬉しいです。

ジェイコブくん:コンニチハ!(日本語)大好きな日本に来られて嬉しいです!

と喜びの挨拶からイベントがスタート。

共に2回目の来日という二人に日本の印象を聞くと、

チョボスキー監督日本は大好き。前回は東京、京都、広島に行ったけれど、今回の来日でより愛情が深まったと思います。

と日本好きをアピール。また、自身のインスタグラムで東京を満喫した様子をアップしてきたジェイコブは、

「僕はディズニーランドを楽しみました!原宿のハリネズミカフェも良かった!日本、すっごい楽しんでます!

と、東京周辺あちこち回られて満喫している様子。

映画情報どっとこむ ralph 本作の製作することになった経緯として、

チョボスキー監督:原作を読んだときに、ここ25年くらいの間でもっとも優れた作品だと感銘を受けたし、世界中の方に教えていくような作品だと思った。アーティスト人生として、是非監督したいと思いました!

と語り、

ジェイコブくん:今までの役と違ったし、エモーショナルなシーンが多くて、本当の演技ができると思った。小説も台本も読んで、オギーの性格が素晴らしいと思ったので、とてもやりたかったです。

と出演を決めた理由を明かした。

さらに、ジェイコブ演じるオギーの母親役のジュリア・ロバーツ、父親役のオーウェン・ウィルソンとの共演について、

ジェイコブくん:彼らとの仕事は素晴らしかった。オーウェン・ウィルソンはいつもジョークを言うような面白い人だったし、素晴らしい役者。ジュリア・ロバーツからはたくさんのことを教えてもらったけど、一番は、“集中すること”でした。

と二人の胸を借りた印象を話しました。

映画情報どっとこむ ralph そして、映画を観て感動したという藤本美貴、鈴木福の2名がスペシャルゲストとして登場!
藤本さん:私の子供が小学1年生なんです。新しい環境で、親から離れて一人で戦うところがオギーと似ています。子供ってこうやって成長するんだなって。親として、子供を助けてあげたいけど我慢するところとか、親ならわかる感情だと思います。何度も泣きました!

と感動したことを明かした。

鈴木さん:オギーの目線の他にも、家族や先生、友達の目線からオギーを観られる作品で、泣けるところも笑えるところもあって、楽しかったです。

と映画を称賛。続いて、藤本さんが、本作の製作をする上で最も大変だったところを監督に問いかけると、

チョボスキー監督:ご覧になる皆さんにはエモーショナルな旅をしていただきたいし、それが安い涙ではいけない。リスペクトを勝ち得なければいけない。それでこそ感じられる親切、共感力、思いやり、愛、そういったものをしっかり作らなければと思った。だからお二人に気に入っていただけてとっても嬉しいです!

と答え

鈴木さん:特殊メイクをしたことがあるけど、顔全体を特殊メイクしたことはない。メイクの部分で大変だったことは?

とジェイコブに質問。

ジェイコブくん:いろんなところがかゆかったです。とりたい、破りたいって思ったこともあったけど、高いからやめました(笑)

と苦労エピソードを語りました。

映画情報どっとこむ ralph そして、劇中のストーリーに絡めて、それぞれの格言を発表。
ジェイコブくん:「親切さを選んでいじめを終わらせよう。」みんなが楽しいといいなって思ってる。何事も笑いかけること、スマイルから始まると思う。

と映画にも絡めたメッセージを込めた。

チョボスキー監督:「人は見た目を変えられないけれど、見方を変えることができる」この映画は、人と顔が違うところがある男の子が主人公。本当を言えば、世界中の誰でもみんな顔が違う。外見に批判的な目を向ける人も多いですが、僕が伝えたいのは、外見にリスペクトを見つけられればよりよくなる、ということ。

映画に絡めたメッセージを発表しました。

藤本さん:「嫌なことこそ、楽しめ!」嫌なことも楽しめると、楽しくなっていく。嫌なことも楽しんで、得意にしたい。嫌な人に対しても親切になったり。嫌なことのほうが大事。そう思って、前向きに生きています!

と語り、

鈴木さん:笑う門には福来る」僕の名前が入っているのもあるし、いつもポジティブにいれば、いいことがあるんじゃないかなって思う。笑うときはたくさん笑いたいです。

と説明。それぞれ思い思いの格言を語った。



そして、藤本からチョボスキー監督へ、鈴木からジェイコブへ、それぞれ二人の名前が書かれたちょうちんをプレゼント。

ジェイコブくん:僕の部屋に飾ったらクールだと思う!引っ越したばかりなので、すぐに飾ります!

チョボスキー監督:ロスの空港に着いたときにどうやって説明しよう・・・(笑)

と会場の笑いを誘う一言を添え笑顔でジャパンプレミアが締めました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ワンダー 君は太陽
原題:『Wonder

6月15日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

あらすじ・・・
オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

***********************************

原作:R・J・パラシオ「ワンダー」ほるぷ出版刊
監督・脚本:スティーヴン・チョボスキー 『ウォールフラワー』
製作:トッド・リーバーマン デヴィッド・ホバーマン
出演:ジュリア・ロバーツ『プリティ・ウーマン』『エリン・ブロコビッチ』オーウェン・ウィルソン『ミッドナイト・イン・パリ』『マイ・ファニー・レディ』ジェイコブ・トレンブレイ『ルーム』ほか
配給:キノフィルムズ/木下グループ


『ワンダー 君は太陽』公開日決定&素顔のオギーの場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 本国アメリカ・NYタイムズ・ベストセラーリスト第1位を獲得し、全世界800万部を突破した小説「ワンダー」が映画化!

本国・アメリカにて公開と同時にスマッシュヒットを記録し、既に全世界での興行収入が300億円を突破した、映画『ワンダー 君は太陽』が6月15日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他にて全国公開となります!

『ウォールフラワー』(12)で思春期の青年の揺れ動く心情を繊細なタッチで描いたスティーブン・チョボスキーが監督・脚本を務めました! さらに昨年メガヒットを記録した実写版『美女と野獣』のスタッフが集結。笑いあり涙あり、観終わった後、誰もがきっと幸せになれる最高にワンダーな物語が誕生しました!!

映画情報どっとこむ ralph ★家族と和やかに団らん、時にはいじめっ子に立ち向かう!オギーの素顔、場面写真が一挙に解禁!!★

この度、生まれつき人と違う特別な顔を持つ主人公オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)の家族や友達とのやり取り、学校生活が垣間見える素顔の場面写真が一挙に解禁となりました!!

家では大好きな家族に囲まれて幸せそうな笑顔を見せるオギー。

初めての学校に不安げな表情を浮かべるが、そんなオギーの手を優しく握る母・イザベルの姿や、
父・ネートや姉のヴィアがそれぞれにオギーにそっと寄り添っている心温まる写真となっています。
また、食堂でひとりぼっちのオギーに同級生が友達になろうと手を差し伸べる一枚や、
自分より体の大きい上級生を相手に果敢に立ち向かおうとするオギーを捉えた一枚など、
大好きな家族との絆や、生まれて初めて通う学校で波乱に見舞われながらも育む同級生との友情など、感動必須のドラマが垣間見えてくる場面写真となっています!!

映画情報どっとこむ ralph 主人公の生まれつき人と違う顔をもつ少年オーガストこと“オギー”を演じるのは、『ルーム』(15)で一躍世界中から注目を集めた天才子役ジェイコブ・トレンブレイ。本作では中身は普通の男の子でありながら、外見に生まれつきの障がいを抱えるという難しい役どころを演じました!母親のイザベル役には『プリティ・ウーマン』(90)『エリン・ブロコビッチ』(00)のジュリア・ロバーツ、父親・ネート役には『ミッドナイト・イン・パリ』(12)『マイ・ファニー・レディ』(14)のオーウェン・ウィルソンといった実力派俳優が脇を固めます!

生まれつき人と違う特別な顔をもつ少年オギー (ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。主人公・オギー自身の視点や彼を取り囲む人々の視点など、さまざまな角度から見えてくるドラマが描かれております。それぞれ違った個性を尊重し、思いやり、受け入れることの大切さを描いた感動作がついに日本に上陸します!!

映画『ワンダー 君は太陽
原題:『Wonder』

あらすじ・・・
オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

***********************************

原作:R・J・パラシオ「ワンダー」ほるぷ出版刊
監督・脚本:スティーヴン・チョボスキー 『ウォールフラワー』
製作:トッド・リーバーマン デヴィッド・ホバーマン
出演:ジュリア・ロバーツ『プリティ・ウーマン』『エリン・ブロコビッチ』オーウェン・ウィルソン『ミッドナイト・イン・パリ』『マイ・ファニー・レディ』ジェイコブ・トレンブレイ『ルーム』ほか
配給:キノフィルムズ/木下グループ Motion Picture Artwork
© 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.