「スティーヴン・スピルバーグ」タグアーカイブ

スピルバーグ最新監督映画『ウエスト・サイド・ストーリー』アンセル・エルゴート主演決定


映画情報どっとこむ ralph スティーヴン・スピルバーグ最新監督作『ウエスト・サイド・ストーリー』(原題:WEST SIDE STORY)のキャストが決定、その写真が初披露された。オリジナル・ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド物語」 を映画化した、1957年ニューヨークを舞台にジェットとシャークの敵対する2つの非行グループの闘争の中、許されざる恋に落ちる様を描く。 1961年に公開された『ウエスト・サイド物語』は第34回アカデミー賞で作品賞を含む10部門を受賞するなど名作として語り継がれるミュージカル映画。 現在、製作は20世紀フォックスで進められています。
『ウエスト・サイド・ストーリー』
主演トニー役には『ベイビー・ドライバー』で一躍注目された若手実力派俳優アンセル・エルゴート。マリア役には新人17歳のレイチェル・ゼグラーに決定。 写真はニューヨーク街角でジェットとシャークのメンバー総勢11名の前で見つめ合う姿を披露。レイチェルはコロンビア系アメリカ人で、SNSで人気アーティストのカバー曲などを披露し、そのパワフルな歌声で注目を集め、公開オーディションでは30,000人の中から大抜擢された現役高校生。

他キャストにはアニタ役にブロードウェイミュージカルでトニー賞助演女優賞にノミネートされたアリアナ・デボーズ。シャークのリーダーでマリアの兄ベルナルド役には「ビリー・エリオット」ビリー役でトニー賞受賞したデビィット・アルヴァレス。シャークのチノ役にはジョシュ・アンドレス、シュランク警部補役にはコリー・ストールなど50人以上の俳優、歌手、ダンサーなどがキャスティングされた。 前作でアニタ役を演じ、アカデミー賞助演女優賞を受賞したリタ・モレノは、今回はバレンティナを演じ、製作総指揮も務める。


監督・製作にはスティーヴン・スピルバーグ、脚本にはトニー・クシュナー(『ミュンヘン』『リンカーン』)。振り付けにトニー賞振付賞受賞のジャスティン・ペック。 音楽総指揮には『アラジン』『美女と野獣』『シカゴ』のマット・サリバン。 製作にはトニー賞受賞のケビン・マコラム、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』『レディ・プレイヤーズ1』のクリスティ・マコスコ・クリーガー。

映画情報どっとこむ ralph 『ウエスト・サイド・ストーリー』
原題: West Side Story

全米では2020年12月18日(金)、日本では2020年12月公開予定。
製作20世紀フォックス映画/配給ウォルト・ディズニー・スタジオ。

***********************************

監督&製作:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー 
製作: ケビン・マコラム、クリスティ・マコスコ・クリーガー、リタ・モレノ
出演: アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラー、アリアナ・デボーズ、デビィット・アルヴァレス、ジョシュ・アンドレス、コリー・ストールなど
全米公開:2020年12月18日
製作20世紀フォックス映画
配給ウォルト・ディズニー・スタジオ


2月8日(金)に公開映画『ファースト・マン』ライアンの繊細な演技に期待高まる本編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 人類初の月面着陸という、前人未踏の未知なるミッションにして、人類史上最も危険なミッションが、アポロ11号船長ニール・アームストロングの視点で描いていく。

この度、ライアン・ゴズリングがリサーチを重ねた繊細な演技が映し出される本編映像が到着しました!

今回解禁されたのは、アポロ11号の乗組員に任命されたニール・アームストロング船長(ライアン・ゴズリング)、バズ・オルドリン操縦士(コリー・ストール)、マイケル・コリンズ操縦士(ルーカス・ハース)の3名が、出発に向けての記者会見に登壇する様子が映し出されたワンシーン。会場には人類初の月面着陸という華々しいミッションに目を輝かせ、我こそ先に質問しようと次々に挙手する記者たちと、“第1号”になれるかもしれない喜びに心を躍らせながら意気揚々と質問に答えるバズの姿が。しかし、ニールだけは記者たちの羨望の眼差しに目をしかめ、“もし成功したら…”という質問にも「皆、成功を目指しています」と淡泊に回答。続けて、“人類初の月面着陸に何を持っていくのか?”と問われるも「少しでも多くの燃料を」と毅然とした態度を貫くのだった。

周りから英雄として讃えられる一方で、幼い娘を失くした過去や、命を落としていった仲間たちの想いを背負いながら過酷なミッションに向き合っていくニールの複雑な心情を、名優ライアン・ゴズリングが持ち前の演技力で繊細に演じる。



映画情報どっとこむ ralph ニールを演じるにあたり、実際の家族に会ったり、当時の本人を知る関係者に話を聞いたりと、積極的に行動していたというライアンはニール・アームストロングという人物について

ライアン:ニールの控えめで、地味な性格が印象的だった。典型的なカウボーイでも、早口のパイロットでもない。口数が少なくて、黙って部屋の隅に座っているけど、瞬時にあらゆる物事を査定することができる一番頭のいいタイプの人間なんだ。」

と自身の見解を説明。そんなライアンの劇中の演技を、

チャゼル監督:ニールはいつも自分に特別な要素はないと主張していた。周囲の状況によって偶然月に立った最初の人間になったといっていた。ニールにはそういった正常さがあったし、ライアンの演技はすごくさりげなく、彼の性格を表していたよ。

さらに実際にニール本人と会ったことのある原作者ジェイムズ・R・ハンセンも

ハンセン:ライアン以上にニールを演じられる俳優はいない。彼にはニールと同じように内省的で静かで控えめなところがある。それに彼自身の解釈でアームストロング像を描いて、細部にまで気を配らないとわからないようなニールの特徴を見事に表現しているんだ!

と大絶賛。


映画情報どっとこむ ralph 実在したニール・アームストロングというキャラクターが、ライアンの徹底したリサーチと、ふたりの間に存在した共通点によって、劇中でどのように映し出されていくのか・・・

映画『ファースト・マン
原題:『FIRST MAN』 

公式Twitter:
@firstmanmoviejp 

公式サイト:
http://www.firstman.jp/


***********************************


全米公開:10月12日(金)
監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)
出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー 2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー 
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16) 
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
※作品公開年は全て日本公開年
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和 

写真用クレジット:©Universal Pictures
映像用クレジット:©2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


トランスフォーマー初スピンオフ『バンブルビー』公開決定!1980年代にさかのぼります。


映画情報どっとこむ ralph 『トランスフォーマー』シリーズ初のスピンオフ作品として、2018年12月に全米公開を予定している『バンブルビー』の日本公開が、2019年春、に決定しました!!!

記念すべきシリーズ初のスピンオフ作品は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。

作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。バンブルビーって黄色が好きなのね。VWビートルになってます!

映画情報どっとこむ ralph 傷ついたバンブルビーと、自分の居場所を見つけられない少女チャーリーとの、二人の心の交流を描くと噂されている本作で、チャーリーを演じるのは、映画デビュー作『トゥルー・グリット』(‘11)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、最近では『ピッチ・パーフェクト2』(‘15)や、『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の観客の熱烈な支持を集めるヘイリー・スタインフェルド。

監督は、昨年の第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)で知られるトラヴィス・ナイトが初の実写映画監督デビューを果たすことでも話題を集めています。

映画情報どっとこむ ralph 今作では初めて、過去5作全ての監督を務めたハリウッドの大ヒットフィルムメイカー マイケル・ベイ以外の監督がメガホンを取ることも注目を集めていて、これまでのシリーズとは異なった、新しいイメージの作品になることが間違いありません。

トラヴィス監督が、アニメ作品で培った独創的なビジョンがどのように、『トランスフォーマー』シリーズお馴染みのアクションシーンに反映されるのか!!気になります!

そしてこの度、7月21日(土)に、地上波放映される『トランスフォーマー/リベンジ』放映終了後に、本作の特別映像が解禁となります!『トランスフォーマー』シリーズの新たなる幕開けとなるスピンオフ第一弾『バンブルビー』の最新情報を是非お見逃しなく!

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
製作:スティーヴン・スピルバーグ、マイケル・ベイ
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド 『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』
全米公開:2018年12月21日
原題:Bumblebee
配給:東和ピクチャーズ
© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2018 Hasbro. All Rights Reserved.


満島真之介登壇!沖縄PRキャンペーン『ジュラシック・ワールド/炎の王国』


映画情報どっとこむ ralph 『ジュラシック・パーク』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(東宝東和配給)が全国にて大ヒット上映中です。
この大ヒットを記念し、恐竜が苦手な天才プログラマー・フランクリン役の日本語吹き替えを担当した俳優の満島真之介さんが、自身の故郷・沖縄へ凱旋し、本作のPRキャンペーンを行いました。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』満島真之介登壇!沖縄PRキャンペーンレポート
7月18日(水) 大ヒット御礼舞台挨拶(那覇シネマQ)※上映後
7月19日(木) 母校サプライズイベント(沖縄東中学校)&ナイトミュージアムイベント(沖縄県立博物館)

映画情報どっとこむ ralph すでに観客動員145万人、興行収入21億円を突破し、“ジュラシック”旋風を巻き起こしている映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。日本中を熱くしている本作を携え、天才プログラマー・フランクリン役の日本語吹き替えを担当した俳優の満島真之介さんが故郷・沖縄へ凱旋。2日間にわたるPRキャンペーンに参加しました。

まずは那覇シネマQで行われた本作の舞台挨拶へ。
上映後の会場に満島さんが現れると、観客は大きな拍手でお出迎え!
満島さん:1年ぶりに沖縄に帰って来ましたが、ここにいる皆さんはまるで家族の様。ぜひ沖縄のみなさんにも楽しんでいただきたい作品です!沖縄にいる間にステーキは食べて帰りたいなと思っています。東京で食べると高いからね!(笑)でもあんまり肉ばっかり食べているとT-レックスが来ちゃうかも!

と話し、地元の観客を前にご機嫌な様子。役作りにあたっては

満島さん:フランクリンは今回からの新キャラクターだから、彼のポップさや、今までのシリーズにはなかった雰囲気を出したいと思いながら演じました。

と語っていた満島さんでしたが、フランクリンとの共通点について問われると

満島さん:ビビりな所ですね。ホラー映画も観られないし、脅かされるのも嫌(笑)!!

と意外な一面を告白。さらに、

満島さん:今まで吹き替え版の映画を劇場で観たことがないので、この作品を僕の初体験にしたいと思っています。フランクリンが叫ぶところのシーンで僕も彼の演技をしながら一緒に叫びたい!観客のみなさんに『あれ?新しいサラウンドシステム導入したのかな?』って思わせたいです(笑)

と話し、会場の笑いを誘う場面もありました。

映画情報どっとこむ ralph 翌日、満島さんが向かったのは、青春時代を過ごした母校である沖縄東中学校。ここで生徒たちには内緒でサプライズ登場する予定と聞かされていた満島さんが会場である体育館へ向かおうとしていた矢先、突然<満島さんお帰りなさい!ハリウッド進出おめでとうございます!>と書かれた巨大な懸垂幕が目の前に!!
驚きの表情を浮かべる満島さんでしたが、実は、満島さんに喜んでもらいたいという生徒たちからの“逆サプライズ”だったことが明らかになり、生徒たちも満島さんの元へ大集合!

満島さん:うわー!パワーがあるな!すごいな!!

と笑顔を浮かべ、みんなとハイタッチを交わしていました。

次に体育館に満島さんが登場すると生徒たちからは大歓声が!!
母校への凱旋を記念して生徒会長による花束の贈呈が行われると「幸せ!」と喜びをあらわにした満島さん。逆サプライズを受けて

満島さん:みんなエネルギーありすぎない!?びっくりしたよ!約10年ぶりにここに帰って来ました。当時、生徒会長をやっていたんだけど、子供たちの元気さも、制服も変わってないね!今日、この学校の楽しい思い出を新たに作ってもらうことができました!

と感慨深い様子。『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作を携えての帰郷に

満島さん:中学生の時には観ていた側だった作品の最新作に、今度は自分が参加して生徒のみなさんに観てもらう側になるとは夢にも思っていませんでした。こうした形で母校に帰って来られて、恩返しが出来たようで嬉しいです!

と語り、その最新作については

満島さん:オススメしかしない!ぜひご家族やお友達と吹き替え版で楽しんでほしいです。本当にすごく楽しいから!次は実際に出演できるように頑張ります!

と作品を猛烈にPRしました。

最後には後輩たちに

満島さん:今は、自分がやりたいと思う目の前のことをとにかく精一杯やってください。しっかりご飯をたべて、運動もして、みんな頑張ってね!

と熱いメッセージ。真剣な表情でその言葉を聞いていた生徒たちから大きな拍手が贈られました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に訪れたのは沖縄県立博物館。

ここでは全長12mを超えるT-レックスの全身骨格などを展示する「ティラノサウルス展 進化の謎に迫る」が9月9日(日)まで開催中で、満島さんは恐竜の魅力を知ってほしいと、この特別展に地元の子供たちを特別に招待しました。満島さんと一緒に博物館内を見学し、T-レックスの骨格標本を見た子供達たち大興奮の様子で、大迫力のT-レックスについて
満島さん:T-レックスは好きだけど、大きすぎてお家に呼んでお茶だせないよね。小さな恐竜がいいかな〜。

と話すと、子供たちから「小さい恐竜でも家に呼んだら食べられちゃうよ!」とツッコミ!しかし

満島さん:さんぴん茶出せば大丈夫そうじゃない(笑)?

と答え、子供たちは爆笑!

その後、満島さんと子供たちは一緒に化石のレプリカ作りに挑戦。満島さんと一緒に楽しい時間を過ごした子供たちからは終始大きな笑みが溢れていました。

舞台挨拶、母校への訪問、夜の博物館ツアーと、盛りだくさんのキャンペーンで沖縄に“ジュラシック”旋風を届けた満島さんでした。


ジュラシック・ワールド/炎の王国

全国大ヒット公開中!!!

公式サイト:
http://www.jurassicworld.jp/ 


ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける!

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ 
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ 
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム 
© Universal Pictures


スピルバーグ、トレボロウ、バヨナ 歴代の『ジュラシック』シリーズ監督たちが語る特別映像解禁


映画情報どっとこむ ralph シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)にいよいよ日本上陸を果たします!

この度、スティーヴン・スピルバーグを始め、コリン・トレボロウ、J・A・バヨナといった歴代の監督たちが、『ジュラシック・パーク』が遺したもの、そして進化したものについて語る特別映像を解禁です!

 

スピルバーグ:『ジュラシック・パーク』から何と25年だ!

と笑顔で語るスピルバーグの姿から始まる本映像。

続けて

スピルバーグ:原作者のマイケル・クライトンは、SF小説で恐竜をよみがえらせた。彼の小説は私と彼の人生を変え、『ジュラシック・パーク』が誕生した。

と述懐。また、監督として忘れられない場面として、T-レックスが車を襲う場面をあげ、その理由について

スピルバーグさん:先史時代と20世紀が遭遇したんだ。6500万年の時を超えてね。映画の魔法が生まれた瞬間さ!

と語ります。

映画情報どっとこむ ralph そんなスピルバーグの想いを受け継いだのが、トレボロウとバヨナのふたり。

トレボロウ:『ジュラシック・パーク』のように、映画の作り手と観客を結びつけた作品はない。前作はその功績を新たな世代に伝えました。

と自負。そして最新作について

トレボロウ:我々の知識を未来へ推し進める作品だ。

と自信を覗かせます。

映画情報どっとこむ ralph またスピルバーグが「新しい風をもたらした」というように、これまでの作品とは違う物語をつくりあげたバヨナは、最新作について

バヨナ:人が人を救うのでなく人が恐竜を救う物語なんだ。恐竜への感情移入が本作のテーマだ。ブルーが物語の核心だ。

と説明、続けて

バヨナ:『ジュラシック・パーク』の舞台といえば、広々とした島だった。しかし、そこで火山が噴火し、舞台は移り閉ざされた怖さが増していく。ゴシック調の建物に長い廊下や隠し扉や隠し通路がある。これまでにない試みさ。

と明かしています。映像最後には、

バヨナ:J・Aがもたらしたものは、私が監督した第1作の雰囲気に似ている。だが彼にしかない独自性があり、私も若き日を思い出したよ。

と語るスピルバーグの言葉からも、最新作は、シリーズファンにとって十二分に楽しめる内容に仕上がっていることが伺えます。​

映画情報どっとこむ ralph
ジュラシック・ワールド/炎の王国

が、7月13日(金)にいよいよ日本上陸

http://www.jurassicworld.jp/

​★地上波OA情報★
<金曜ロードSHOW!(日本テレビ系)【2週連続 恐竜フェス】>

「ジュラシック・パークⅢ」
本編ノーカット ★最新作の初出し映像もOA!
7月6日(金)夜9時00分~10時54分

「ジュラシック・ワールド」
本編ノーカット
7月13日(金)夜9時00分~11時24分 ※放送枠30分拡大

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:
クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダトビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム

© Universal Pictures