「スティーヴン・スピルバーグ」タグアーカイブ

謎の少女が「創ったのよ」何を?な『ジュラシック・ワールド/炎の王国』新予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)に日本上陸します!
前作に引き続き、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴヤ賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが抜擢され、前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグが、作品を更に<進化>させています。

この度、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新予告が到着!

眠りにつく少女に迫る恐ろしい恐竜、目の前に突如現れた恐竜に恐怖を隠しきれずおののく人間たち、謎の少女が「創ったのよ」と語る新たな恐竜の存在、主人公のために戦うヴェロキラプトルのブルーの姿…。新情報を明かしながらその謎をさらに深めている本映像は、見ているだけで息を潜めてしまうようなスリリングなシーンの連続!!『ジュラシック』シリーズ史上最多の恐竜が暴れまわる、スケール感溢れる大迫力の映像にご注目です!

前作以上に凶暴な、そして縦横無尽に暴れまわる恐竜たちが人間たちに襲い掛かる!!

映画情報どっとこむ ralph 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』:最新予告ご注目ポイント



①あの島は、“過去の遺物“!?

恐竜を見捨てる者と命を懸けて救う者…彼らの選択とは!?
前作の事件がきっかけで崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島に迫る、火山噴火の脅威。
ジュラシック・ワールドを「過去の遺物だ」と言い放つ謎の男に対して、自らが育てたヴェロキラプトルのブルーや他の恐竜たちを島から救い出し、治療を施し助けようとするオーウェン(クリス・プラット)。恐竜を見捨てる者と、命をかけて救い出そうとする者。本作ではこれまでのシリーズの中で初めて、人間のためではなく恐竜のための選択を迫られる。火山の炎で朽ち果ててゆく恐竜たちの王国、そして恐竜たちの未来は果たして・・・!?


②恐竜たちの未来の鍵を握る!?<謎の少女>に要注目!

映像の冒頭に登場する、迫り来る凶暴な恐竜の影に怯える謎の少女。恐竜を救い出そうとするオーウェンらと行動を共にするこの少女は、恐竜絶滅の危機の裏で起きている不穏な動きの秘密を知っている様子…!?物語の鍵を握る!?謎の少女の存在に要注目!


③新たな恐竜が創られた…!?前作をしのぐ新種恐竜の誕生か?

大勢の聴衆を前に、「未来をお見せしよう」と笑みを浮かべながら語る男の言葉と共に映し出される恐竜の影…。そして謎の少女が語る「(未来を)創ったのよ」という言葉…。男の後ろのモニターには「INDORAPTOR」という文字が映し出されている。前作ではインドミナス・レックスという恐ろしい新種恐竜が生み出されたが、果たして…!?


④ヴェロキラプトルのブルーが主人公を守るため立ち向かう!

前作で世界中から「萌えキャラ恐竜」として大人気を博した、主人公オーウェンの“相棒”であるヴェロキラプトルのブルー。映像には、謎の恐竜に襲われるオーウェンを守るために戦うブルーの姿が!今回もオーウェンとブルーの絆に間違いなく萌えるはず!!


⑤恐竜たちの王国が滅び、恐竜絶滅!?

迫りくる火山の大噴火!シリーズ最多の恐竜たちの運命は?巨大火山の大噴火というかつてない絶望的な危機に瀕している恐竜たち。このまま恐竜は絶滅の運命を辿ってしまうのか…?自然に抗い、時に人類の脅威となって暴れまわる未曾有の数の恐竜たちの運命は?シリーズ史上最多の恐竜、そして最大級のスケールで描く、アクション/スリル/サスペンス要素満載の2018年最高のエンタテインメント映像は必見!!

映画情報どっとこむ ralph
ジュラシック・ワールド/炎の王国

公式サイト

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph “恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ。

その『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)に日本上陸を果たします!


前作に引き続き、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!
監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴヤ賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが抜擢され、前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグが、作品を更に<進化>させています。

映画情報どっとこむ ralph 特別映像を解禁!


『ジュラシック』シリーズのメインテーマと共に「初めて恐竜を見た時の事を覚えてる?」というメッセージが映し出され、シリーズファンに問いかけるように始まる本映像には、予告編映像ではご覧頂けなかった未公開映像がたっぷりと収められています!

空想の中の”恐竜”と育ってきた子供たちの夢を実現させ、世界中に興奮と感動を与えてきた本シリーズですが、クリスが「物語は次章にうつる」と語るように、スリル、ストーリー、恐竜、全てにおいて、これまでの『ジュラシック』シリーズをはるかに超越した<究極の進化を遂げたジュラシック体験>が描かれる最新作。

前作で崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆がとらえられ、危機的状況にある恐竜たち。

噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すか。

本作ではこれまでのシリーズの中で初めて、人間のためではなく恐竜のための選択を迫られる事になります。


バヨナ監督は自身が手掛けるこの最新作について

バヨナ監督:観客には登場人物たちに共感し、同じように経験を感じてもらいたい!

とコメント。

ブライス:彼は人を驚かせる天才よ!

と監督の手腕に太鼓判を押しており、過去の物語で数々の名シーンを残してきた恐竜との対峙がどのように描かれるのか、期待が高まります!そしてジェフ・ゴールドブラム演じるシリーズの人気キャラクター・マルコム博士がファン待望のカムバック!さらにジャスティス・スミス、ダニエラ・ピネダ、ジェームズ・クロムウェルらが演じる新キャラクターや、謎に包まれた少女の姿も映像で確認することができ、彼らがどう物語に関わってくるのか、すでに世界各国で話題沸騰中です。

映画情報どっとこむ ralph シリーズ最多の恐竜が登場する本作では、最新技術のアニマトロニクスで恐竜たちに命を吹き込んでおり、メイキング映像には、まるで本当に息をしているかのような恐竜の姿に驚きを隠し切れないキャストの姿も!


ジュラシック・ワールド/炎の王国

公式サイト:
http://www.jurassicworld.jp/

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures


『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』第90回アカデミー賞 (R)作品賞・主演女優賞 2部門ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph 2大オスカー俳優メリル・ストリープ✕トム・ハンクスがスティーヴン・スピルバーグ作品でついに初競演映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』は 3月30日(金)より公開となります。

この度、現地時間1月23日に第90回アカデミー賞のノミネーションが発表され、本作が作品賞、主演女優賞にノミネートを果たしました!!!
メリル・ストリープは昨年の『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』に続きノミネート。
なんと21回めだそうです!

現地時間3月4日に開催される授賞式の行方が期待されます!

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

公式サイト:http://pentagonpapers-movie.jp/

公式Twitter:@pentagon_movie

政府を敵に回してまで、本当に記事にするのか…報道の自由、信念を懸けた“決断”の時は近づいていた-。

スピルバーグは「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任45日後に本作の製作を発表し、予定していた作品よりも先に製作する事を決め、撮影を敢行。
政府によってジャーナリズムに規制がかけられ、何が真実で、何が正しいのかがわからなくなってきている現代。
「今」だからこそ伝えるべき作品と強烈なメッセージを込め、この危機的状況に警鐘を鳴らす作品に仕上げています。
そんなスピルバーグの強い呼びかけに応え、名優メリル・ストリープとトム・ハンクスがついに初競演!
脚本はリズ・ハンナ、そして『スポットライト 世紀のスクープ』のジョシュ・シンガーが手がけ、音楽はジョン・ウィリアムズ、撮影はヤヌス・カミンスキーが担当するという世界最高の布陣となっております。

物語・・・

1971年、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国内には反戦の気運が高まっていた。
国防総省はベトナム戦争について客観的に調査・分析する文書を作成していたが、戦争の長期化により、それは7000枚に及ぶ膨大な量に膨れあがっていた。ある日、その文書が流出し、ニューヨーク・タイムズが内容の一部をスクープした。ライバル紙のニューヨーク・タイムズに先を越され、ワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハムと編集主幹ベン・ブラッドリーは、残りの文書を独自に入手し、全貌を公表しようと奔走する。
真実を伝えたいという気持ちが彼らを駆り立てていた。
しかし、ニクソン大統領があらゆる手段で記事を差し止めようとするのは明らかだった。

政府を敵に回してまで、本当に記事にするのか…報道の自由、信念を懸けた“決断”の時は近づいていた-。

***********************************

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:エイミー・パスカル、スティーヴン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー
脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
キャスト:メリル・ストリープ、トム・ハンクス他
全米公開:2017年12月22日 (限定公開)2018年1月12日(拡大公開)
日本公開日:2018年3月30日(金)
原題:The Post
配給:東宝東和
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.


スピルバーグ監督が今、撮るべきとした『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 2大オスカー俳優メリル・ストリープ✕トム・ハンクスがスティーヴン・スピルバーグ作品でついに初競演を果たすとして大きな話題となっております、本年度アカデミー賞最有力作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が2018年3月30日(金)より公開します。

現地時間12月22日より全米9館で限定公開を迎え、1館あたりのアベレージが驚異の58,446ドルを記録し、他作品を圧倒的に引き離し、<館アベレージ1位の大ヒットスタート>を切った本作。

この度、本作のポスタービジュアルが解禁となりました!
今回解禁されたのは、ワシントン・ポストの女性新聞発行人グラハムに扮したメリル・ストリープと、同紙の編集主幹ブラッドリーに扮したトム・ハンクスというアカデミー賞常連名優コンビが一堂に会した威厳漂うビジュアル。信頼の意が込められたグラハムの真っすぐな眼差しは、政府に臆することなく懸命に記事を書き起こすブラットリーに向けられています。強い信念を持って政府との戦いに立ち向かったふたりの勇敢な行動が、本作で待望の初競演を果たすストリープとハンクスによってどのように描かれていくのか、向き合う2人の背景に重厚なドラマを感じさせるデザインです。

映画情報どっとこむ ralph 監督を務めて

スピルバーグ監督:メリルはキャサリン・グラハムという人物を本当に深いところまで掘り下げていた。私は監督として現場にいたのに、彼女がどうしてそれを可能にしたのか全く分からないよ。

とストリープとの撮影を振り返り、一方ハンクスについては

スピルバーグ監督:トムが私の監督作品に出演するのはこれで5作目だが、トムは毎回私を驚かせる。彼自身の解釈によるベン・ブラッドリー像を目撃できたのは素晴らしい体験だった。

と明かすなど、衰えを見せるどころか大物俳優としてますます深みが増しているふたりの演技力を大絶賛!

また、製作のエイミー・パスカルも

パスカル:トムとメリルが編集室のセットに入ってきた時、皆が驚きで口をぽかーんと開けてしまったわ。ふたりはグラハムとブラッドリーそのものだった。ふたりとも役に完全に成りきる俳優だし、とにかく驚異的だったの。

とふたりの息の合った圧巻の演技バトルに感銘を受けた様子でコメントしています。

映画情報どっとこむ ralph 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

日本公開日:2018年3月30日(金)

1971年、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国内には反戦の気運が高まっていた。国防総省はベトナム戦争について客観的に調査・分析する文書を作成していたが、戦争の長期化により、それは7000枚に及ぶ膨大な量に膨れあがっていた。ある日、その文書が流出し、ニューヨーク・タイムズが内容の一部をスクープした。ライバル紙のニューヨーク・タイムズに先を越され、ワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハムと編集主幹ベン・ブラッドリーは、残りの文書を独自に入手し、全貌を公表しようと奔走する。真実を伝えたいという気持ちが彼らを駆り立てていた。しかし、ニクソン大統領があらゆる手段で記事を差し止めようとするのは明らかだった。政府を敵に回してまで、本当に記事にするのか…報道の自由、信念を懸けた“決断”の時は近づいていた。
先日発表されたナショナル・ボード・オブ・レビューでは最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞を見事獲得し、さらに第75回ゴールデン・グローブ賞では作品賞、監督賞、主演女優賞、主演男優賞含む6部門にノミネート!

公式サイト:
http://pentagonpapers-movie.jp/

公式Twitter:
@pentagon_movie

***********************************

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:エイミー・パスカル、スティーヴン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー
脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
キャスト:メリル・ストリープ、トム・ハンクス他
2017年12月22日 (限定公開)2018年1月12日(拡大公開)
原題:The Post
配給:東宝東和
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
     


スピルバーグ、メリル、トムハン登壇!『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』ワールド・プレミア


映画情報どっとこむ ralph 2大オスカー俳優メリル・ストリープ✕トム・ハンクスがスティーヴン・スピルバーグ作品でついに初競演を果たすとして大きな話題となっております、本年度アカデミー賞最有力作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』のワールド・プレミアが、米首都ワシントンD.Cにて開催されました!!

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』ワールド・プレミア
日時:12月14日(現地時間)
場所:ワシントンD.C./「ニュージアム(Newseum)」
登壇:スティーヴン・スピルバーグ監督
(キャスト)メリル・ストリープ、トム・ハンクス
サラ・ポールソン、ボブ・オデンカーク、トレイシー・レッツ、ブラッドリー・ウィットフォード、ブルース・グリーンウッド、
マシュー・リス、アリソン・ブリー、キャリー・クーン、デヴィッド・クロス、パット・ヒーリー、スターク・サンズ、
マイケル・スタールバーグ、ダン・ブカティンスキー

映画情報どっとこむ ralph ワールド・プレミアが、米首都ワシントンD.Cの報道博物館「ニュージアム(Newseum)」にて開催され、豪華キャスト・スタッフが一同に会した。

会場となった「ニュージアム(Newseum)」は2008年にオープンした報道博物館で、ニュースの歴史を総合的に扱うジャーナリズムの聖地。ホワイトハウスとアメリカ合衆国議会議事堂を結ぶペンシルベニア通りに面した一角に位置し、映画の舞台であるワシントン・ポスト本社もすぐ側にあるという、まさに本作が描く「報道の自由」を象徴する会場としてふさわしい場所である。

当日は、ホワイトハウスと議事堂を隔てるように敷かれたレッドカーペットを歩く豪華キャストを、一目見ようと多くの観客が集まった。


会場に現れたスピルバーグ監督は、トランプ大統領就任45日後に製作を発表した本作について

スピルバーグ監督:キャサリン・グラハムとベン・ブラットリーの物語は、どれだけ時が経っても永遠に語り継がれるべきだと思っていたんだよ。ジャーナリズムが批難されていることや、メディアが軽視されていること、ニュースが虚偽報道だと言われ、人々を混乱させている状況は大きな問題で、アメリカ社会だけではなく、世界中の観客に伝わるテーマだと思っている。僕はアメリカ合衆国憲法修正第1条*の権利を掲げる人々を守るべきだと思うし、その権利のために戦うのは新聞業界の人間たちだと思っているんだ。

とファンを前に自身の想いを熱く語り、ファーをあしらったゴージャスなプラダのスーツを身に纏って登場したメリル・ストリープは

メリルさん:仕事をする上で自分は力不足だと思っている女性は多いと思う。私もその気持ちがよくわかるし、私が演じたキャサリンもそういうタイプだった。でも彼女はとても才能に溢れた女性で、この事件で素晴らしい決断をしたの。観客の皆さんにはぜひそれを感じてほしいわ」と自身が演じたワシントン・ポスト紙の発行人キャサリン・グラハムの勇敢な行動を讃え、メッセージを寄せた。また同紙の編集主幹ベン・ブラッドリーを演じ、ベン本人とも面識があったというトム・ハンクスは、「彼はすごく興味深い男だったよ。軽いテーマでも身のある会話をする男で、彼が書く記事はいつも面白かったわ。

とコメントする一方、劇中の男性新聞編集者たちがデスクに足を乗せてしまう癖について問われると

メリルさん:理由を教えてあげます、それは足が痛いから(笑)!

と明かし、会場を笑わせました。

映画情報どっとこむ ralph スピルバーグ監督が「今、撮るべき作品」として、先に予定していた作品よりも前倒して撮影を敢行し、そんなスピルバーグの強い呼びかけに応え、名優メリル・ストリープとトム・ハンクスがついに初競演を果たすなど、全員の想いが一つとなって完成された本作。豪華キャスト陣の熱いメッセージがストレートに発信され、観客や報道陣も大興奮のプレミアは大盛況のなか幕を閉じた。

*アメリカ合衆国憲法修正第1条…宗教上の行為の制限、言論または報道の自由の制限などを禁止する法律


映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

公式サイト:
http://pentagonpapers-movie.jp/ 
公式Facebook:
@pentagonpapers.movie/ 
公式Twitter:
@pentagon_movie


ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年、アメリカ国防総省がベトナム戦争に関する経過や分析を記録し、トップシークレットになっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープするも、その後の記事は政府の圧力で差し止められる。そこで、アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたワシントン・ポストのキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)は、同紙の編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)らとともに、ライバル紙であるNYタイムズ紙と時に争いながらも連携、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと奔走する。
***********************************

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:エイミー・パスカル、スティーヴン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー

脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
キャスト:メリル・ストリープ、トム・ハンクス他
全米公開:2017年12月22日 (限定公開)2018年1月12日(拡大公開)
原題:The Post
配給:東宝東和
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.