「スティーヴン・スピルバーグ」タグアーカイブ

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公開初日決定!!映像到着


映画情報どっとこむ ralph “恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ。

『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM』(原題)が邦題『ジュラシック・ワールド/炎の王国』として
2018年7月13日(金)に日本公開する事が決定!

第一弾予告映像&主演クリス・プラットからの日本独占メッセージ映像が解禁になりました!

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。

迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。

そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意、島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開けます!
映画情報どっとこむ ralph 前作に引き続き主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴア賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが抜擢され、前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグが作品を更に<進化>させています。


解禁映像では、ファンから絶大な人気を誇る、ジェフ・ゴールドブラム演じるあの伝説のキャラクター“マルコム博士”が遂にカムバック!どのような重要な役割を担うのか、今から要注目!

そして前作でオーウェンと心を通わせる恐竜として登場し、世界中から「萌えキャラ恐竜」として大人気を博したヴェロキラプトルの“ブルー”や、シリーズの絶対王者であるT-REXをはじめ、本作に登場する恐竜たちはなんとシリーズ至上最多の数となり、前作には登場しなかった恐竜たちも多数登場するなど見どころ満載です。


さらにプラットから日本のファンに向けてのメッセージ映像も到着しており、前作を支えてくれたファンへ感謝の言葉を贈ると共に、最新作への自信をのぞかせています。


映画情報どっとこむ ralph ジュラシック・ワールド/炎の王国
http://www.jurassicworld.jp/

12月12日(火)AM9:00よりムビチケオンライン券が発売スタート!先着2500個限定で「シリーズ25周年記念特製ピンバッジ」が特典として付いてきます。特典はなくなり次第終了となりますので、お買い求めはお早めに!!
※詳しくはこちら
(発売開始時間にページアップ予定)さらに、2018年3月には特製オリジナル恐竜フィギュア付きムビチケカード(一般・小人)の発売も予定しております。

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム

© Universal Pictures


メリルxハンクスxスピルバーグ『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』日本公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 2大オスカー俳優メリル・ストリープxトム・ハンクスがスティーヴン・スピルバーグ作品でついに初競演を果たすとして大きな話題となっている、本年度アカデミー賞最有力作『The Post(原題)』が、この度、邦題『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』として、2018年3月より日本公開することが決定しました。
ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する。

政府がその存在すらひた隠しにしていた衝撃の事実を明らかにすべく立ち上がった実在の人物たちの姿を追う本作は、立場を超えた熱い信念や絆、それぞれの思惑や葛藤が描かれ、何層にも重なるほど厚く、緊張とスピード感溢れるドラマが展開していきます。

映画情報どっとこむ ralph スピルバーグ監督は「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任45日後に本作の製作を発表し、先に予定していた作品を前倒しする事を決めて撮影を敢行。

政府によってジャーナリズムに規制がかけられ、国の主役であるはずの国民に真実が伝えられず、何が真実で、何が正しいのかがわからなくなってきている現代において、「今」だからこそ伝えるべき作品と強烈なメッセージを込め、この危機的状況に警鐘を鳴らす作品に仕上げています。
スピルバーグの強い呼びかけに応え、メリル・ストリープとトム・ハンクスという2大オスカー俳優が遂に初競演!ふたりの息の合った圧巻の演技バトルが物語に深みを与えます。さらに、脚本はリズ・ハンナ、そして『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞最優秀脚本賞を手にしたジョシュ・シンガーが手がけ、音楽はジョン・ウィリアムズが担当するという世界最高の布陣。

すでにVariety紙、Indie Wireといった有名媒体をはじめ、Gold Derby、Awards Daily、Awards Circuitといった大手オスカー予想サイトでも本作がアカデミー賞や各映画賞のフロントランナーとして上位に挙げられており、今後の賞レース大本命として大きな期待がかかっています。

映画情報どっとこむ ralph ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
原題:The Post

2018年3月より全国ロードショー

公式サイト:
pentagonpapers-movie.jp

公式Facebook:
@pentagonpapers.movie/

公式Twitter:
@pentagon_movie

***********************************

キャスト:メリル・ストリープ、トム・ハンクス他

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:エイミー・パスカル、スティーヴン・スピルバーグ、クリスティ・マコスコ・クリーガー
脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

全米公開:2017年12月22日(限定公開)2018年1月12日(拡大公開) [予定] ■日本公開日:2018年3月
配給:東宝東和
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.


『未知との遭遇』40周年 J・J・エイブラムス、スピルバーグ インタビュー映像公開


映画情報どっとこむ ralph ファーストコンタクトSFの金字塔にしてスピルバーグ監督の原点、『未知との遭遇』の40周年アニバーサリー・エディションが10月18日(水)に発売となります。

本作は、1977年11月に全米公開され、1978年2月に日本公開された『未知との遭遇』の40周年記念エディション!

今回新たに、
ドゥニ・ヴィルヌーヴ(『メッセージ』『ブレードランナー2049』)、
J・J・エイブラムス(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)らが『未知との遭遇』の影響について語るインタビューと、
スピルバーグ自身の撮影による舞台裏映像「スピルバーグのホームビデオ」といったSFファンにはたまらない新規特典映像を約26分収録。
また、ブルーレイのジャケットは1976年公開当時のビジュアルを再現し、さらに、蓄光インクを使用した【暗闇で光るジャケ】仕様となっています。


この度リリースに先駆け、本作の特典ディスクに収録される特典映像より、J・J・エイブラムスをはじめ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、スティーヴン・スピルバーグら監督3人が『未知との遭遇』について語る貴重なインタビュー映像を公開です!



未知との遭遇

40周年アニバーサリー・エディション 10月18日(水)発売!

40周年アニバーサリー・エディション
【初回生産限定】 4,743円+税

4K ULTRA HD & ブルーレイセット 
5,800円+税

40周年アニバーサリー・エディション スチールブック仕様
【完全数量限定】 5,800円+税

発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

(c) 1977, renewed 2005, c 1980, 1998 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.


***********************************





映画好き・音楽系学生さんは是非!!『すばらしき映画音楽たち』特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、「カリコレ2017」にて全上映回が満席となった『すばらしき映画音楽たち』が10/7(土)よりシアター・イメージフォーラムにて凱旋公開がはじまりました。

本作は、『ロッキー』や『007』、『E.T.』、『タイタニック』など、世界中の人々の心に残る名作映画たちを支えてきた映画音楽たちが、どのようにして生まれたかを紐解く音楽キュメンタリーです。

『スター・ウォーズ』の作曲を手掛けたジョン・ウィリアムズや『ダークナイト』、『ライオン・キング』のハンス・ジマー、『シザーハンズ』のダニー・エルフマンなど、名作曲家たちの貴重なインタビュー映像が集約されており、彼らの映画音楽の創作秘話が次々と明かされていきます。

今回解禁された特別映像は、ジャスティン・ティンバーレイクやアヴリル・ラヴィーンなど世界的有名なアーティストらのリミックスなど多く手掛けているジャンキーXL(トム・ホルケンボルフ)が、“特別映像鳥肌の立つ音楽を作ることの重要性”を語るシーン。

冒頭にてジャンキーXLが音楽を担当した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の映像が流れる。『マッドマックス』の作曲に7ヶ月を費やしたジャンキーXLは「様々な打楽器を試しまくった」と明かします。

また「収録方法もユニークだった」と語り、惜しみなく収録場面を披露する姿も映されている。

「自分が鳥肌の立つ音楽でなければ、観客の心に響くわけがない」

と作曲する上で重要としていることを語るジャンキーXLの姿は、ここでしか見られない貴重な映像です。

映画『すばらしき映画音楽たち
原題:SCORE: A Film Music Documentary

は10月7日(土)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開。


***********************************

監督・脚本:マット・シュレーダー
撮影:ネイト・ゴールド、ケニー・ホルムズ
音楽:ライアン・トーバート

出演:ハンス・ジマー、ダニー・エルフマン、ジョン・ウィリアムズ、ジェームズ・キャメロン、ランディ・ニューマン、クインシー・ジョーンズ、ハワード・ショア、パトリック・ドイル、ブライアン・タイラー、スティーヴン・スピルバーグ
配給・宣伝:アンプラグド
公式HP:score-filmmusic.com
2016年/アメリカ/93分/カラー/ビスタ/5.1ch
©2017 Epicleff Media. All rights reserved.
  


『すばらしき映画音楽たち』満席完売続出で10/7から凱旋上映決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、7月にWOWOWにて日本初公開、現在開催中のカリコレ2017で8月5日から即満席・完売が続出した映画『すばらしき映画音楽たち』。

そんなカリコレでの大盛況に応え、10/7(土)よりシアター・イメージフォーラムでの凱旋上映が決定しました!
当初、都内での上映はカリコレ2017のみでしたが、SNSにて上映追加・延長の声が多く見られたことから急遽シアター・イメージフォーラムにて上映されることとなりました。カリコレ最終日にも追加上映される予定。

観客の声が大きければ、公開になる良い例かと。


映画情報どっとこむ ralph 本作は、『ロッキー』や『E.T.』、『スター・ウォーズ』、『タイタニック』など、世界中の人々の心に残る名作映画たちを支えてきた映画音楽たちが、どのようにして生まれたかを紐解く音楽ドキュメンタリーです。


『スター・ウォーズ』の作曲を手掛けたジョン・ウィリアムズや『ダークナイト』、『ライオン・キング』のハンス・ジマー、『シザーハンズ』のダニー・エルフマンなど、名作曲家たちの貴重なインタビュー映像が集約されており、彼らの映画音楽の創作秘話が次々と明かされていきます。また、その自信に満ち溢れた音楽からは考えられない、想像を絶するプレッシャーに押しつぶされそうになる彼らの本音を聞き出すことにも成功しております。
創作秘話のみならず、映画音楽の歴史も学ぶことができる作品となっており、初めてオーケストラ音楽を起用した1933年の『キング・コング』から、現代のオーケストラと電子音が組み合わさる独創性を求めた音楽へ進化する過程など、今まで映画音楽に関心のなかった方にも楽しんで頂ける作品です。

公式HP:
score-filmmusic.com

映画『すばらしき映画音楽たち
原題:SCORE: A Film Music Documentary

は8月5日(土)よりカリコレ2017他全国順次公開。

公式HP:score-filmmusic.com

***********************************

監督・脚本:マット・シュレーダー
撮影:ネイト・ゴールド、ケニー・ホルムズ
音楽:ライアン・トーバート
出演:ハンス・ジマー、ダニー・エルフマン、ジョン・ウィリアムズ、ジェームズ・キャメロン、ランディ・ニューマン、クインシー・ジョーンズ、ハワード・ショア、パトリック・ドイル、ブライアン・タイラー、スティーヴン・スピルバーグ  
配給・宣伝:アンプラグド  
2016年/アメリカ/93分/カラー/ビスタ/5.1ch
©2017 Epicleff Media. All rights reserved.