「スティーヴン・キング」タグアーカイブ

映画『ペット・セメタリー』監督&キャスト陣が“恐怖”を語る特別映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 今秋公開となる『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』や『ドクター・スリープ』など、原作が相次いで映画化されるベストセラー作家スティーヴン・キングの、悲哀なる“禁忌”ホラー、映画『ペット・セメタリー』が2020年1月17日(金)に日本公開となります。

それは、娘を亡くした父親の悲哀なる“禁忌”ホラー
ベストセラー作家スティーヴン・キングが、自身の原体験からインスパイアされ、1983年執筆当時あまりの恐ろしさに出版を暫く見送った、悲しき“禁忌”ホラー『ペット・セメタリー』がついに日本に上陸!“最高のスティーヴン・キング映画の1つ”とも評された本作には、主演の父親ルイス役に『猿の惑星:新世紀』のジェイソン・クラーク、その妻レイチェル役に『エイリアン:コヴェナント』のエイミー・サイメッツ、一家の隣人ジャド役に『インターステラー』の名優ジョン・リスゴーが名を連ね、そして娘エリー役で新鋭ジェテ・ローレンスが怪演を見せる。

映画情報どっとこむ ralph この度、監督&キャスト陣が本作で描かれる“恐怖”を語る特別映像を解禁いたします!

先週末よりキング原作の『ドクター・スリープ』が公開となり、SNS上では「怒涛のスティーブンキング大感謝祭が行われている!」、「ITに続きドクタースリープ、ペットセメタリーとスティーヴンキング作品が目白押しで嬉しい!」、「ドクタースリープにペットセメタリー。お祭りのようや。ホラー映画のお祭りや!」と、今年から来年にかけてキング作品が立て続けに公開されることを喜ぶホラー映画ファンたちの声が多く上がっている。そんなキング作品祭りのトリとなる本作は、キング自身が舞台となった道路側に家族と住んでいたこと、当時住んでいた家の裏に本作同様に死んだペットのお墓である“ペット・セメタリー”があり、自身の娘が飼っていた猫が交通事故にあったことなど、ストーリーとプライベートが重なりあまりにも私的な内容であるためキングが出版を見送っていた問題作だ。

今回解禁となった映像では、本作の監督を務めるキングファンでありギレルモ・デル・トロとともにホラー映画『MAMA』(13)の続編を製作したデニス・ウィドマイヤーとケヴィン・コルシェが「最恐の映画を作るならスティーヴン・キング作品で決まりだ。原作『ペット・セマタリー』はキング史上最恐だ」と、モダンホラーの帝王と称されるキングの作品がホラー映画の中で一番であり本作が一番恐いと断言。続けて、本作で大切な娘を亡くし禁忌を犯してしまう父親・ルイスを演じたジェイソン・クラークは「”本当の恐怖とは何か”を教えてくれる作品だ。」と本作では“恐怖”の本質が描かれていることを明かし、ルイスが禁忌を犯してしまうきっかけとなる“秘密”を教えてしまう隣人・ジャドを演じたジョン・リスゴーも「かけがえのない人を失うこともある。もし取り戻せるとしたら?」と、ただ恐ろしいだけでなく、人間の内面から描かれる部分が人々に恐怖を与えると続ける。
 
 


映画情報どっとこむ ralph 特別映像内では、ジャドがルイスに「気持ちは分かるが・・・アレは別の生き物だ。時には死の方がいい。」と語るシーンが。愛する娘の死を受け入れることのできない父の悲しみによってストーリーが進んでいく本作だが、キングは「“時には死の方がいい“という謳い文句は、決して自殺について語っているわけではないんだ。この本は、重い病気や、あきらめられない想いを経験したことがある人なら理解できると思う。生きていれば親や祖父母の死を経験するわけだから、ある意味全ての人が共感できる内容なんじゃないかな。」と、誰もが避けて通ることができない死というものを題材にしているので、共感を生むとともに本当の恐怖を味わうことができることを明かしている。(※2019/3/29 Entertainment Weeklyのインタビューより引用)

映画情報どっとこむ ralph 映画『ペット・セメタリー』

2020年1月17日(金)より、全国ロードショー!

公式サイト:petsematary.jp
公式Twitter:@PetSematary_JP



STORY:
家族と田舎に引っ越した医師ルイス(ジェイソン・クラーク)。新居の裏には謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”があった。ある日、飼い猫が事故にあうと、墓地を越えた奥深くの森で猫を埋葬する。しかし次の日、凶暴に豹変した猫が姿を現わした。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森だったのだ。そして迎えた娘エリー(ジェテ・ローレンス)の誕生日、彼女は交通事故で帰らぬ人に…。果たしてルイスの取った行動とは――。


***********************************

製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、スティーヴン・シュナイダー、マーク・ヴァーラディアン  原作:スティーヴン・キング 脚本:ジェフ・ブーラー
監督:ケヴィン・コルシュ&デニス・ウィドマイヤー
出演:ジェイソン・クラーク、エイミー・サイメッツ、ジョン・リスゴー、ジェテ・ローレンス
配給:東和ピクチャーズ コピーライト: © 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

IT=“それ”役は多田野曜平が続投!!日本語吹替版に、豪華声優キャストが勢ぞろい


映画情報どっとこむ ralph IT=“それ”は姿形を変え進化し、子供だけでなく大人までも恐怖のどん底に陥れ、人間にとって最恐のトラウマを与える――文学作品として圧倒的な評価を得ている、ホラー作家の“頂点”スティーヴン・キングの傑作小説が原作の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、全世界で社会現象化!

そしてあの恐怖から2年、『IT/イット』が遂に完結する!
史上No.1のホラーエンターテイメント『IT/イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。』が、11月1日(金)全国公開!

映画『IT/イット』シリーズ初の<日本語吹替版>に、豪華声優キャストが勢ぞろい!
細谷佳正、高垣彩陽、小野大輔、神谷浩史、諏訪部順一、三宅健太、平川大輔が“ルーザーズ・クラブ”結成!
IT=“それ”(ペニーワイズ)役は多田野曜平が続投!

合わせて、日本語吹替版予告も解禁となりました!


映画情報どっとこむ ralph 自らを“ルーザーズ(負け犬)”と呼んでいた、落ちこぼれの子どもたち7人=“ルーザーズ・クラブ”のメンバーたち。
ビル役に細谷佳正、ベバリー役に高垣彩陽、ベン役に小野大輔、エディ役に神谷浩史、リッチー役に諏訪部順一、マイク役に三宅健太、スタンリー役に平川大輔が、すっかり立派な大人へと成長した“ルーザーズ・クラブ”のメンバーそれぞれを演じる。
IT/イット THE END さらに! IT=“それ”(ペニーワイズ)役に多田野曜平が前作から続投決定!
より感情移入できる<日本語吹替版>上映は、お化け屋敷のようなドキドキの楽しさを体感でき、絶叫するほどの恐怖と感動ドラマの両方で泣ける、ホラー苦手な初『IT/イット』の方には最高の上映フォーマット。

映画情報どっとこむ ralph 『 I T/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

公開表記:11月1日(金)全国ロードショー

公式サイト:
http://itthemovie.jp
公式Twitter:
@IT_OWARI
ハッシュタグ:#イット見えたら終わり


***********************************

監督:アンディ・ムスキエティ
原作:スティーヴン・キング
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
出演:ビル・スカルスガルド、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャスティン、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタファ、
ジェイ・ライアン、ジェームズ・ランソン、アンディ・ビーンほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.







良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

原作者:スティーヴン・キング 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 映画化した本作の魅力を語る


映画情報どっとこむ ralph ブルーレイ&DVD リリース は2月21日。

2月21日(水)ブルーレイ&DVD リリース 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 原作者:スティーヴン・キングもヒットを確信! 映画化した本作の魅力を語る!

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』原作者のスティーヴン・キングによるインタビューが到着。
本作は、1986年に発表されたステ ィーヴン・キングの人気小説を映画化した2部作の第1章。既に第2章となる続編の製作も決定しています。原作を書いた時は自分が幼少期を過ごした50年代を舞台にしたというキングだが、80年代に時代設定を変えた本作について、

キング:素晴らしいと思う。主人公たちの思春期を 1980 年代に設定しているところも実に機転が利いている。 続編で大人編が描かれることになれば、ちょうどリアルタイムになる ように設定している。監督のアンディ・ムスキエティは80年代の子供達の世界をリアルに描いている。私は80年代に自分の子供を 育てているので、その時代をもう一度生きているかのような感覚に 陥った。

と絶賛。

映画情報どっとこむ ralph ビル・スカルスガルドが演じたペニーワイズについても

キング:ペニーワイズは子供が恐れるあらゆるモンスターのアバターのような存在だ が、ビル・スカルスガルドによる再解釈も見事だ。(1990年のTVシリーズ版「イット」でペニーワイズを演じた)ティム・カリーよ り不気味さも増していて、よりダークな感じに仕上がっている。

と賞賛している。また、「ルーザーズ・クラブ」を演じた7人の子役 について、

キング:最近の子役は本当に上手なので不気味なくらいだ。私が子供だった頃の子役はセリフを言い、かわいければそれで良かった。だがこの作品に出演している子供たちは本当に素晴らしい。みんな見ていて楽しかったが、中でも印象に残ったの はリッチー・トージア役だ。自分もああいう生意気な子供だった。フィン・ウォルフハードの演技は見事だ。

と語った。

本作は予告編がアップされるや否や、『ワイルド・スピード ICE BREAK』『美女と野獣』を抜き、24 時間で 1 億 9700 万回 という史上最多の再生回数を記録。ホラージャンルの全世界興行収入歴代 No.1 の大ヒットとなった。キングはこのヒットについて、

キング:私は最初からヒットする可能性があると確信していた。昔 TV ミニシリーズを見てトラウマになった大人層を完全に 取り込むつもりだという読みだったよ。よく言われるのが『ティム・カリーは本当に怖かった。いまだに下水溝を通りかかる時 にピエロの姿が脳裏に浮かぶ』というコメントだ。同時にこの映画は80年代に育ったミレニアル世代を完全に取り込むに 違いないとも思った。

と述べている。また、

キング:映画を見る人は、いじめ、初恋、夏休み、親元を離れて友達と過ごすひと時な ど、原作にも描かれている普遍的な要素に共感してくれるはずだ。

とも語っており、世代ごとに訴えかける要素と普遍的な要素が掛け合わさった事がヒットの要因だという事が伺える。

映画情報どっとこむ ralph 2018年2月21日(水)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始

【初回仕様】
ブルーレイ&DVDセット(2枚組/イラスト・カード付)¥3,990+税
【初回仕様】
<4K ULTRA HD&2D ブルーレイセット>(2枚組/イラスト・カード付)¥5,990+税
【数量限定生産】
スチールブック仕様 <4K ULTRA HD&2Dブルーレイセット> (2,000セット限定/2枚組)¥6,990+税 デジタル配信中

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

IT © 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.

***********************************

   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

スティーヴン・キングが現代人に警鐘!「セル」


映画情報どっとこむ ralph 1976年『キャリー』、1980年『シャイニング』、1990年『ミザリー』、2007年『ミスト』、そして2017年、スティーヴン・キング自ら脚本を手掛けた衝撃のサバイバル・スリラー『セル』が、2 月 17 日(金)TOHO シネマズ六本木ヒルズ他、全国公開となります。

物語・・・
コミック作家のクレイは、ボストンの空港から別居中の妻と息子へ電話を掛けるが、携帯の充電が無くなってしまい、話途中で切れてしまう。すると、携帯で話していた周囲の人々が突然暴徒化し始め、一瞬にして空港はパニック状態に。何とか地下鉄へ逃げ込んだクレイは、車掌トムと少女アリスの協力を得て、妻 と息子が住むニューハンプシャーを目指す。一体、何が起きているのか?何故、人々は狂っていくのか?“奴ら”との生き残りを賭けた、究極のサバイバルが 始まる!

と言うお話・・・

映画情報どっとこむ ralph 主人公のクレイには、本作で製作総指揮も務め、クリエイターとしても活躍するジョン・キューザック。また、仲間のトムに は、大作への出演も相次ぐ、バイプレイヤーとして知られるサミュエル・L・ジャクソン。そして、紅一点のアリスには、『エスター』で強烈な印象を残し、ニューヒロインとして注目されるイザベル・ファーマン。

さらに、監督を務めるのは、『パラノ ーマル・アクティビティ 2』を手掛けたトッド・ウィリアムズ。 そして原作は、これまでの映画化作品が 40 作以上、2017 年も本作『セル』(2/17 公開)に始まり、長編全 7 部という壮大 なストーリーで構成される『ダークタワー』(今秋公開)、と全世界の子供たちをピエロ嫌いにさせたトラウマカルト映画のリ メイク『It(原題)』(9/8 全米公開)と公開作が相次ぐ、モダンホラーの巨匠、スティーヴン・キング。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、タッグを組んだトッド・ウィリアムズ監督から、そんなキングにまつわるコメントが届きました。

ウィリアムズ監督:暴徒化した人々と いうのは、キングの目から見た現代人の姿だと思う。レコードやフィルムがデジタル化されたように、今はすべてが0と1で表現され、それは表面上はつながっていても実は誰もがバラバラで、時間や場所の感覚を失い心が通い合う関係を持 てなくなった。いち早くそれに気づいたキングがその現象を加速させたものが本作の構想になったんだ。

本作で描かれ ている、携帯によって暴徒化した人々というのが、実はキングの考える現代人の姿だというのです!

映画情報どっとこむ ralph 携帯の電波がもたらす、副作用というのはもしかしたら数十年後、映画のような形をある日突然もたらすという可能性も・・・・

セル』 

は、2月17日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ他、全国公開です。

公式HP:http://cell-movie.jp

公式TW:presidio00

***********************************

原作:スティーヴン・キング「セル」(新潮文庫刊)
監督:トッド・ウィリアムズ 『パラノーマル・アクティビティ 2』
出演:ジョン・キューザック 『1408 号室』『2012』、サミュエル・L・ジャクソン 『1408 号室』『アベンジャーズ』シリーズ イザベル・ファーマン 『エスター』『ハンガー・ゲーム』
提供・配給:プレシディオ
協力:松竹
ロゴ提供:新潮社
©2014 CELL Film Holdings, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. PG12




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

スティーヴン・キング自ら脚本『セル』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 2017年、スティーヴン・キング自ら脚本を手掛けた衝撃の最新作『セル』が、2月17日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ他、全国ロードショー決定!
%e3%82%bb%e3%83%ab コミック作家のクレイは、ボストンの空港から別居中の妻と息子へ電話を掛けるが、携帯の充電が無くなってしまい、話途中で切れてしまう。すると、携帯で話していた周囲の人々が突然暴徒化し始め、一瞬にして空港はパニック状態に。何とか地下鉄へ逃げ込んだクレイは、車掌トムと少女アリスの協力を得て、妻と息子が住むニューハンプシャーを目指す。

一体、何が起きているのか?何故、人々は狂っていくのか?“奴ら”との生き残りを賭けた、究極のサバイバルが始まる!

主人公のクレイには、本作で製作総指揮も務め、クリエイターとしても活躍するジョン・キューザック。

また、仲間のトムには、大作への出演も相次ぐ、バイプレイヤーとして知られるサミュエル・L・ジャクソン。

映画情報どっとこむ ralph そして、紅一点のアリスには、『エスター』で強烈な印象を残し、ニューヒロインとして注目されるイザベル・ファーマン。さらに、監督を務めるのは、『パラノーマル・アクティビティ2』を手掛けたトッド・ウィリアムズ。

最新作『セル』

は、2月17日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ他、全国ロードショー決定!

http://cell-movie.jp

***********************************

原作・脚本:スティーヴン・キング 『キャリー』『シャイニング』『ミザリー』『ミスト』
監督:トッド・ウィリアムズ 『パラノーマル・アクティビティ2』

出演:ジョン・キューザック 『1408号室』『2012』、サミュエル・L・ジャクソン 『1408号室』『アベンジャーズ』シリーズ、イザベル・ファーマン 『エスター』『ハンガー・ゲーム』

提供・配給:プレシディオ
協力:松竹
©2014 CELL Film Holdings, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ロゴ提供:新潮社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ