「ジン・ティエン」タグアーカイブ

『パシフィック・リム:アップライジング』東京の街を武器!本編映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 日本はじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』の熱狂から5年。

待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が4月13日(金)に日本公開となります。

この度、KAIJUの強襲を前に、イェーガーに乗り込んだ人類が東京の高層ビル群も武器に変え決死の形相で激闘を繰り広げる本編映像が解禁!

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁される映像は、KAIJU再来という非常事態に、主人公ジェイク(ジョン・ボイエガ)、エース級の腕前を持つ相棒ネイト(スコット・イーストウッド)の2人が乗るジプシー・アベンジャーが東京の高層ビル群も武器としてKAIJUに打ちつける荒業で対抗する衝撃の光景が映し出されます!

さらに彼らと共にイェーガーに乗り込み戦いに挑む、世界各国から集められた新世代のエリート訓練生である”ホープフルズ”のメンバーの1人・新田真剣佑演じるリョーイチも、鮮やかなオレンジの機体が一際スタイリッシュで敏捷性に優れた最速のイェーガー”セイバー・アテナ”に乗り獅子奮迅の活躍を見せますが、不意に横を突かれ窮地に・・・!
東京の街を蹂躙するKAIJUの猛烈なパワーの前に苦戦を強いられる人類は、果たしてここから形勢を逆転しKAIJUを駆逐できるのか!?



東京の街が大胆にアクションに盛り込まれた本映像からは、スティーヴン・S・ナイト監督が先日のジャパンプレミアで「自分は日本が大好きで、ウルトラマンやマグマ大使、ゴジラ映画など怪獣映画をたくさん見て大ファンだった。

昨年12月の東京コミコンで約束した通り、この映画でこの東京をぶち壊したよ!見事にその夢が叶ったのでこの映画を楽しんで!」と高らかに言い放った宣言通りの仕上がりが垣間見られます!

映画情報どっとこむ ralph イェーガー達の手により、東京の街そのものがKAIJUを打ち砕かんとする胸アツバトルをぜひスクリーンで目撃するべし!

パシフィック・リム

公式サイト:
pacificrim.jp
公式Twitter:
twitter.com/PacificRim_JP

戦いは終わりではなく、始まりだった。
前作で描かれた人類(イェーガー)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。
よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャスト、さらに新キャストとして名を連ねる新田真剣佑も活躍!
先日、ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、スティーヴン・S・デナイト監督の3名が来日を果たし、菊地凛子、新田真剣佑の日本人キャストも駆け付け東京ミッドタウン日比谷で初の映画イベントとなるジャパンプレミアが華々しく開催され大きな注目を集めた、2018年・春の映画シーンを大いに盛り上げること間違いなしの本作。
***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト

脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー

製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス 

キャスト:菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか
全米公開:2018年3月23日
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和 
【映画】©Legendary Pictures/Universal Pictures. 
【フィギュア】 © Legendary 2018. All Rights Reserved.


『パシフィック・リム:アップライジング』IMAX、4DXオリジナルカードが入場者プレゼントに!


映画情報どっとこむ ralph 日本をはじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。

待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が4月13日(金)に日本公開いたします。

戦いは終わりではなく、始まりだった。

前作で描かれた人類(イェーガー)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャスト、さらに新キャストとして名を連ねる新田真剣佑も活躍!

先日、ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、スティーヴン・S・デナイト監督の3名が来日を果たし、菊地凛子、新田真剣佑の日本人キャストも駆け付け東京ミッドタウン日比谷で初の映画イベントとなるジャパンプレミアが華々しく開催され大きな注目を集めた、2018年・春の映画シーンを大いに盛り上げること間違いなしの本作。

映画情報どっとこむ ralph 先日、今年30周年を迎えるバンダイ「カードダス」とのコラボが実現し、本作オリジナル「カードダス」がMX4Dの入場者プレゼントに決定し話題を呼んだ本作。

コラボはさらに拡大し、IMAX、4DXでも本作オリジナルカードが入場者プレゼントに決定しました!

本作のムビチケカード前売特典やガシャポンからフィギュアも発売されるなど、バンダイとの様々なコラボが実現している本作ですが、今年30周年を迎え、現在もなお子供から大人まで根強い人気を誇る「カードダス」と待望のコラボが先日発表され、SD化されたイェーガーやKAIJUが登場するオリジナル「カードダス」がMX4Dの入場者プレゼントに決定しファンを喜ばせていました。

そしてこのコラボはさらに拡大し、IMAXと4DXの両バージョンご鑑賞者様向けにもそれぞれオリジナルカードが入場者プレゼントに決定!!
IMAXは、日本への強烈なリスペクトを感じさせる油絵のような力強いタッチで描かれた本作の新イェーガー:ジプシー・アベンジャー、ガーディアン・ブラーボ、ブレーサー・フェニックスの3体が登場!

4DXは、ジプシー・アベンジャーとブレーサー・フェニックスに搭載された数々のスペックと戦闘機能が超クールに抽出され今にも起動し暴れ出しそうなクリアブルーデザインの海外版ファンアートカード。MX4Dと合わせると合計8種類にもなり、ファンにはたまらない展開となります!

映画情報どっとこむ ralph 巨大スクリーンに現代のテクノロジーが存分に詰め込まれ圧倒的な美しさと臨場感を体感できるIMAX、前後&上下左右に動くモーションシートが映画のシーンに完全にマッチし、水が降り風が吹き付け香りや煙までもが襲い掛かる<体全体で感じる>体感型(4D)の4DX、どちらもここだけのプレミアムなカードをゲットし、巨大兵器イェーガーvs巨大KAIJUのド迫力バトルを極限まで堪能せよ!

パシフィック・リム:アップライジング

4月 13日(金) 全国超拡大ロードショー


公式サイト:
pacificrim.jp
公式Twitter:
@PacificRim_JP 

***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、ケイル・ボイター、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス 

キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか

全米公開:2018年3月23日(予定) 
原題:PACIFIC RIM UPRISING 
配給:東宝東和 
【映画】 ©Legendary Pictures/Universal Pictures. 
【フィギュア】 © Legendary 2018. All Rights Reserved.
  


ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、デナイト監督『パシフィック・リム:アップライジング』 ジャパンプレミア決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本はじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。
待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が4月13日(金)に日本公開となります。

この度、本作の主人公ジェイクを演じるジョン・ボイエガ、ジェイクの相棒であるエースパイロット役スコット・イーストウッド、そして昨年12月の緊急来日時の約束通りスティーヴン・S・デナイト監督の3人が来日決定!揃って東京の街に降臨!!パシリムのすべてのはじまりと言える聖地日本で、ファン待望のジャパンプレミアを3月に開催いたします!
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)の大抜擢以降、大躍進を続け、前回の来日時に日本愛を炸裂させたジョン・ボイエガは2年半ぶり、『ワイルド・スピード ICE BREAK』(17)『スーサイド・スクワッド』(16)など話題作への出演が続いているスコット・イーストウッドは、なんと今回が映画のプロモーションとしては初来日!スティーヴン・S・デナイト監督も、昨年12月の緊急来日以来、約3ヶ月ぶりに再びKAIJU映画の聖地、東京に戻って参ります!!

そして、日本のファン待望のジャパンプレミアも3月・都内某所(調整中)にて開催が決定!
来日ゲストも参加予定であり、日本のアニメや特撮への大いなる愛とリスペクトに溢れた本作が、その起源ともいえる日本への上陸を果たすに相応しい超プレミアムなイベントになること間違いなし!

ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッドは最終決戦の地、東京に降臨し、またスティーヴン・S・デナイト監督は昨年の来日時に約束した宣言通りの再来日を実現させ、遂に完成した作品を引っ提げて一体何を語るのか!?


パシフィック・リム:アップライジング

公式サイト:
pacificrim.jp

公式Twitter:
@PacificRim_JP

***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、
菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか
全米公開:2018年3月23日(予定)
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和
【映画】 ©Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】 © Legendary 2018. All Rights Reserved.


新田真剣佑 操縦席へ乗り込み東京を守る『パシフィック・リム:アップライジング』本予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 待望の続編『パシフィック・リム:アップライジング』が4月13日(金)に日本公開となります。
戦いは終わりではなく、始まりだった。

前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。

よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

この度、バトルスーツをまとった新田真剣佑がイェーガーの操縦席に乗り込む姿がついにお披露目され、KAIJUとの死闘へいよいよ出陣する場面が収められた本予告が完成しました!

このほど完成した本予告では、獰猛なうえ複数で群れを成すKAIJUやイェーガーが見上げなければならないほど何倍も巨大なKAIJUが東京の街を蹂躙していく場面の連続のなか、ジョン・ボイエガ演じる主人公ジェイクの激しいゲキに応え、日本から新たに参戦を果たす新田真剣佑演じるリョウイチがバトルスーツに身を包みイェーガーの操縦席に乗り込んだ姿が収められており、人類の存亡を懸け、東京を、地球を守るための戦いで果たしてどんな活躍を見せてくれるのでしょうか!?

さらに、KAIJUの巨大な体を駆けあがり身を翻しながら斬りかかる機動力抜群のセイバー・アテナ、全身のパーツというパーツに武器を仕込むブレーサー・フェニックス、電磁鞭を自在に振りかざすガーディアン・ブラーボ、そして強力な拳と両腕のチェーンソードが特徴的な本作の主役となるジプシー・アベンジャー、さらに正体不明の謎の機体オブシディアン・フューリーとバラエティ豊かなイェーガー達の超絶アクションも確認できますが、イェーガーは2人のパイロットが神経接続し意思統一する”ドリフト”によって操縦することのできるシステムとなっており、果たして新田真剣佑は、一体どの機体に、誰と乗り込むことになるのかも気になるばかり!


映画情報どっとこむ ralph 前作で監督を務め、先日発表された第90回アカデミー賞では監督作『シェイプ・オブ・ウォーター』で見事に作品賞・監督賞など4冠を獲得したギレルモ・デル・トロから続編を引き継いだ、”デル・トロに認められ意志を継ぐ男”スティーヴン・S・デナイト監督は、本作から参戦を果たす若手の新パイロットを演じた新田真剣佑について現場に臨む姿勢も持ち前の表現力も大絶賛で


デナイト監督:本当に素晴らしかったよ。この役に全身全霊で当たってくれたんだ。「4ヶ月で一番いい体に仕上げて来て」と伝えたんだけど、本当に過酷なトレーニングを積んできてくれた。彼のがんばりを受けて、更にパートを増やして撮影したんだ!

と、ハリウッド作品で新田真剣佑が自身の努力によってさらに多くの出番を勝ち取ったことを激白!

KAIJUに立ち向かいスクリーン狭しと暴れまわるであろう新田真剣佑の活躍がますます楽しみになる仕上がりです!


パシフィック・リム:アップライジング

が4月13日(金)に日本公開

公式サイト:
pacificrim.jp

公式Twitter:
@PacificRim_JP

***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー

製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス 
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、
 菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか
全米公開:2018年3月23日(予定)
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和 
【映画】 ©Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】 © Legendary 2018. All Rights Reserved.


最終決戦の地を東京『パシフィック・リム:アップライジング』ポスター到着!


映画情報どっとこむ ralph 『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。
戦いは終わりではなく、始まりだった。

待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が4月13日(金)に日本公開となります。

前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。

よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャスト、さらに新キャストとして名を連ねる新田真剣佑も活躍!

昨年12月には、前作で日本のアニメや特撮への愛情を余すことなく注ぎ、とことんこだわり抜いた世界観で日本はじめ世界中の映画ファンの心を鷲づかみにし本作にも製作として参加しているギレルモ・デル・トロ監督の意志を継ぐ、本作の監督スティーヴン・S・デナイトが緊急来日を果たし日本のファンを煽りに煽り大いに盛り上げるなど、前作を凌駕する興奮をもたらすに違いない本作。

この度、東京タワーの眼前で跪くも臨戦態勢をとり続けるジプシーの姿に、東京で繰り広げられるKAIJUとの壮絶な死闘を予感させ、日本人なら誰もが胸をアツくすること間違いなしの日本オリジナル本ポスターが完成!
朝焼けに染まる東京のど真ん中で、深手を負わされ膝をつきながらも、右腕のチェーンソードや胸元のタービン、そして鋭い眼光が光り続けるジプシー・アベンジャーの姿。さらなる進化を遂げ人類に襲い掛かるKAIJUとグレードアップした新イェーガー達。

KAIJUの脅威に屈することなくいままさに再び立ち上がらんとする瞬間を捉えた胸アツ必至のポスターは、本国のフィルムメーカーの日本へのリスペクトからオリジナルデザインの制作そのものが特別措置として認められた、世界で唯一、完全オリジナルのデザインです!!

東京の高層ビル群で死闘が繰り広げられる本作について、”ギレルモ・デル・トロに認められ遺志を継ぐ男”スティーヴン・S・デナイト監督は

デナイト監督:私は日本の怪獣映画を見て育ったんだ。そのときの想いを反映したかったから最終決戦の地を東京にしたよ!初代「ゴジラ」の時から、東京での大戦闘が好きなんだ。進化したホログラクィックな美しい東京なんだけど、もちろんそれを破壊する!(笑)

とクライマックスの舞台を自身が愛し本作のルーツともいえる日本・東京に設定したことを激白!KAIJUとの激戦の果てに東京の街と共に傷つきながら、なおも立ちあがるイェーガーの姿が刻まれたこのビジュアルこそ、まさしくデナイト監督が描きたかった戦いそのもの!さらに

デナイト監督:この作品の大事な点でありパシフィック・リムで好きなのは人間味。巨大イェーガーの中にいるのは「自分×1000」なんだ。そして今回、イェーガーと操縦するパイロットの動きをもっと自由にしたかった。もっと自由で様々な技を極められるようになり、私たちも大興奮だ!

と豪語しており、本作で描かれる東京を舞台にしたKAIJUvsイェーガーの戦闘シーンは観る者の度肝を抜き、我々を驚かせてくれるに違いないことを証明するビジュアルが完成いたしました。

我々日本人にとっては期待せずにはいられない新情報が次々に飛び出す本作の動向から、ますます目が離せない!!

『パシフィック・リム:アップライジング』
4月 13日(金) 全国超拡大ロードショー

公式サイト:
pacificrim.jp
公式Twitter:
@PacificRim_JP

***********************************

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス 

キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか
全米公開:2018年3月23日(予定) 
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和 
【映画】 ©Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】 © Legendary 2018. All Rights Reserved.