「ジリアン・アンダーソン」タグアーカイブ

『アガサ・クリスティー ねじれた家』大富豪が毒殺死!“心のねじれた”一族全員容疑者。予告編到着!!


映画情報どっとこむ ralph アガサ・クリスティー原作「ねじれた家」の映画化、本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ話題を呼んでいる、名女優グレン・クローズ出演の『アガサ・クリスティー ねじれた家』が、4/19(金)に全国公開致します。


1920年のデビューから100年で20億冊もの売り上げを記録する、世紀のベストセラー作家アガサ・クリスティー。
彼女が自身の<最高傑作>だと誇る、1949年に発表されたミステリー小説「ねじれた家」が、70年の時を経て初映画化が実現。

監督は『サラの鍵』のジル・パケ=ブレネール、脚本は『ゴスフォード・パーク』でアカデミー賞(R)脚本賞を受賞、大ヒットTVシリーズ「ダウントン・アビー」を手掛けるジュリアン・フェロウズが担当。

ゴージャスでスキャンダラスな一族の女たちを演じるのは、『天才作家の妻 -40年目の真実-』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞、アカデミー賞(R)主演女優賞にノミネートされたばかりの稀代の名女優グレン・クローズ。
『X-ファイル』の知的な捜査官スカリー役で一躍有名になったジリアン・アンダーソン、『マッドメン』で多くの男性を魅了したクリスティーナ・ヘンドリックス。そして事件の真相を追う私立探偵役に『天才作家の妻-40年目の真実-』でクローズと2度目の共演を果たすマックス・アイアンズ、捜査を仕切る主任警部役に名優テレンス・スタンプが扮するという、豪華俳優陣が出演し注目を浴びている本作。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された予告編映像では、アガサ・クリスティー自身が謳っている「この『ねじれた家』こそ、私の最高傑作。」の文字からはじまり、巨万の富を築いた大富豪の屋敷が稲妻の轟音と共に現れ、毒殺されたシーンをミステリアスに描く。

華麗なる一族の当主が毒殺された。孫娘のソフィアは元恋人で私立探偵のチャールズに捜査を依頼する。残された巨額の遺産を巡り、ソフィアを含む“心のねじれた”9人の家族全員に殺人の動機があったことが、次々と明らかになっていく。“意外な犯人”とは一体誰なのか。
アガサ・クリスティーが仕掛ける完全無欠のミステリーが、優美なる狂気に溢れた予告編に再現された。

映画情報どっとこむ ralph アガサ・クリスティー ねじれた家

4/19(金)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国公開
nejire-movie.jp

【STORY】

無一文から巨万の富を築き上げた大富豪レオニデスが毒殺された。私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼される。広大な屋敷に到着すると、3世代にわたる一族が勢ぞろいし、巨額の遺産を巡って、疑惑と嫉妬、敵意と憎しみをぶつけ合っていた。愛人のいる若い後妻ブレンダ、映画製作の資金が欲しい長男夫妻、父から受け継いだ会社が倒産寸前の次男とその妻、亡き前妻の姉であり一族を取り仕切る大伯母イーディス。まもなくチャールズは、ソフィアを含め一族全員に殺害の動機があったことに気付く。真相に近づいたと思われたその時、第二の殺人が起きる。

***********************************

監督:ジル・パケ=ブレネール
原作:アガサ・クリスティー著/田村隆一訳「ねじれた家」(ハヤカワ文庫刊)
脚本:ジュリアン・フェロウズ/ジル・パケ=ブレネール/ティム・ローズ・プライス

出演:グレン・クローズ、テレンス・スタンプ、マックス・アイアンズ、ステファニー・マティーニ、ジリアン・アンダーソン、クリスティーナ・ヘンドリックス 他

製作国:イギリス(2017年公開)
上映時間:115分 
字幕翻訳:松浦美奈 
配給:KADOKAWA

(C)2017 Crooked House Productions Ltd.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『アガサ・クリスティー ねじれた家』公開決定!ポスタービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph アガサ・クリスティー自身が誇る、最高傑作ミステリーの初映画化!

この度、アガサ・クリスティー原作「ねじれた家」の映画化となる『CROOKED HOUSE(原題)』を邦題『アガサ・クリスティー ねじれた家』として4月19日(金)に全国公開することが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 1920年のデビューから100年で20億冊もの売り上げを記録する、世紀のベストセラー作家アガサ・クリスティー。彼女が自身の<最高傑作>だと誇る、1949年に発表されたミステリー小説「ねじれた家」が、70年の時を経て初映画化が実現。巨万の富を築いた大富豪が毒殺され、容疑をかけられた“心のねじれた”家族が巻き起こす、気品と謎に包まれた完全無欠の殺人ミステリー。

監督は『サラの鍵』のジル・パケ=ブレネール、脚本は『ゴスフォード・パーク』でアカデミー賞(R)脚本賞を受賞、大ヒットTVシリーズ「ダウントン・アビー」を手掛けるジュリアン・フェロウズが担当。

キャストもアメリカとイギリスの実力派が勢ぞろい。

ゴージャスでスキャンダラスな一族の女たちを演じるのは、『天才作家の妻 -40年目の真実-』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞、アカデミー賞(R)主演女優賞にノミネートされたばかりの稀代の名女優グレン・クローズ、『X-ファイル』の知的な捜査官スカリー役で一躍有名になったジリアン・アンダーソン、『マッドメン』で多くの男性を魅了したクリスティーナ・ヘンドリックス。そして事件の真相を追う私立探偵役に『天才作家の妻-40年目の真実-』でクローズと2度目の共演を果たすマックス・アイアンズ、捜査を仕切る主任警部役に名優テレンス・スタンプが扮しています!

映画情報どっとこむ ralph 他にも、映画の舞台となる英国式の荘厳な屋敷と庭園、華やかな英国上流階級の文化や生活を堪能できるクラシカルな衣装やインテリアなど、見どころ満載の極上ミステリーがここに誕生です!

アガサ・クリスティー ねじれた家

4/19(金)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国公開

オフィシャルHP:
negire-movie.jp

【STORY】
無一文から巨万の富を築き上げた大富豪レオニデスが毒殺された。私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼される。広大な屋敷に到着すると、3世代にわたる一族が勢ぞろいし、巨額の遺産を巡って、疑惑と嫉妬、敵意と憎しみをぶつけ合っていた。愛人のいる若い後妻ブレンダ、映画製作の資金が欲しい長男夫妻、父から受け継いだ会社が倒産寸前の次男とその妻、亡き前妻の姉であり一族を取り仕切る大伯母イーディス。まもなくチャールズは、ソフィアを含め一族全員に殺害の動機があったことに気付く。真相に近づいたと思われたその時、第二の殺人が起きる?。

***********************************

監督:ジル・パケ=ブレネール
原作:アガサ・クリスティー著/田村隆一訳「ねじれた家」(ハヤカワ文庫刊)
脚本:ジュリアン・フェロウズ/ジル・パケ=ブレネール/ティム・ローズ・プライス

出演:グレン・クローズ、テレンス・スタンプ、マックス・アイアンズ、ステファニー・マティーニ、ジリアン・アンダーソン、クリスティーナ・ヘンドリックス 他

製作国:イギリス(2017年公開)
上映時間:115分 
字幕翻訳:松浦美奈 
配給:KADOKAWA

(C)2017 Crooked House Productions Ltd.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『英国総督 最後の家』Xファイルでおなじみのジリアン・アンダーソンに注目!!


映画情報どっとこむ ralph 1947年、独立前夜、混迷を深める激動のインドで歴史に翻弄された人々を鮮やかに描いた感動の人間ドラマ『英国総督 最後の家』が8月11日(土・祝)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。


二つの国が生まれる時―英国領インド最後の6か月、真実の物語。
主権譲渡のため任命された新総督のマウントバッテン卿、その妻と娘は、デリーの壮麗なる総督の屋敷にやって来る。500人もの使用人を抱え、大広間と迎賓室がそれぞれ34部屋、食堂は10部屋で、映写室も備えた大邸宅だ。そこでは独立後に統一インドを望む国民会議派と、分離してパキスタンを建国したいムスリム連盟によって、連日連夜論議が闘わされた。一方、新総督のもとで働くインド人青年ジートと令嬢の秘書アーリア、互いに惹かれあう2人だが、信仰が違う上に、アーリアには幼いときに決められた婚約者がいた…。

映画情報どっとこむ ralph インド独立を実現させた英国総督マウントバッテン卿の妻・エドウィナを演じるのはジリアン・アンダーソン。

大人気ドラマ「X-ファイル」で超常現象に否定的なダナ・スカリー捜査官を演じ、一躍有名に。同シリーズの劇場版『X-ファイル ザ・ムービー』と『X-ファイル:真実を求めて』にも出演。

他にもドラマ版「ハンニバル」で、レクター博士のカウンセリングをおこなう美しく妖艶な精神科医、ベデリア・デュ・モーリア博士を演じている。ドラマ以外にも『マイ・フレンド・メモリー』、『ラストキング・オブ・スコットランド』、『シャドー・ダンサー』など多くの映画に出演し、意外なところではスタジオジブリ『もののけ姫』の北米版でモロ(山犬の母神)の声優を務め、日米のジブリファンを驚かせた。2014年にはロンドンの舞台「欲望という名の電車」でブランチ・デュボアを演じ、イギリスの演劇賞のなかでも最も歴史のあるイブニング・スタンダード・シアター・アワードで最優秀主演女優賞を受賞。ドラマ、映画、舞台と様々なシーンで活躍を続けている。そんなジリアン・アンダーソンが世界的人気を獲得するきっかけとなった「X-ファイル」の新シリーズ「X-ファイル2018」が7/4(水)にデジタル配信、7/18(水)にDVDレンタル開始&BOX発売される。

映画情報どっとこむ ralph そんなジリアン・アンダーソンの出演映画最新作『英国総督 最後の家』では、エドウィナのフィルム映像で、頭の上げ方や歩き方の特徴までも研究し、彼女になりきったという。毅然とした態度と強い信念で英国総督マウントバッテンを支えた妻の勇姿も本作の大きな見所となっている。

映画『英国総督 最後の家

は8月11日(土・祝)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
eikokusotoku.jp


物語・・・
1947年の6か月間、ルイス・マウントバッテンは、英国領だったインドを返還する為に、最後の総督の役職を引き受けた。彼は妻と娘と共に2階に、下の階には500人のヒンドゥー教徒、イスラム教徒、シク教徒の使用人が住んでいた。2階では政治のエリートたちが、インド独立の論議を行い衝突、世界に多大な影響を与える歴史的な決断がなされようとしていた。彼らはインド植民地をインドとパキスタンという二つの国家として分離独立させ、人類史上もっとも大きく急激な民族大移動を引き起こした。

***********************************

監督・脚本:グリンダ・チャ―ダ(『ベッカムに恋して』)
出演:ヒュー・ボネヴィル、ジリアン・アンダーソン、マニーシュ・ダヤール、フマー・クレイシー、マイケル・ガンボン  

2017年/イギリス/カラー(一部モノクロ)/2.39 : 1/
106分/5.1ch/英語、パンジャービー語、ヒンディー語
日本語字幕:チオキ真理

原題:Viceroy’s House
配給:キノフィルムズ/木下グループ
後援:ブリティッシュ・カウンシル
© PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016
        




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ