「ジョン・ワッツ」タグアーカイブ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 日本版予告、ポスター、ティザーチラシが到着!


映画情報どっとこむ ralph 2017年、新たにアベンジャーズを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界に参戦したスパイダーマン。

その最新作、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年7月5日アメリカ公開)の日本版予告とポスター、ティザーチラシが到着しました!

前作『スパイダーマン:ホームカミング』では、スパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーが、ヒーローの師匠とも言うべきアイアンマンに導かれ、真のヒーローへと成長する過程が描かれた。本作は“ホーム”であるニューヨークから、舞台はヨーロッパへ。ピーター(トム・ホランド)は、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちと夏休み旅行へ出かける。

しかし、旅行中、ピーターの前に突如現れたのは、S.H.I.E.L.D.の長官、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)。

ニックが現れた理由とは?
そしてピーターと対峙する新たな敵とは――?


映画情報どっとこむ ralph そして!!!

この週末から、日本版ティザーチラシが各劇場にて展開されます(※一部劇場を除く)。

そこには・・・・・

物語を暗示するヒントらしきものが。

表面は海外版のポスターと同様、様々な国のステッカーがスパイダーマンの顔に貼られているデザイン。

しかし、裏面に描かれているのは、「夏休みが、ニック・フューリーに支配される。」という文字で埋め尽くされたスパイダーマンの顔。
予告映像にも登場し、大きな話題を集めたマーベルファンにはお馴染みのキャラクター、ニック・フューリー。世界最高の平和維持諜報機関S.H.I.E.L.D.の長官である彼が本作でスパイダーマンに深く関わっていくことを連想させるデザインだ。

様々な考察が飛び交う本作で、日本版ティザーチラシは新たなヒントとなるのか⁉

ぜひ、手に取って確かめてみて!

映画情報どっとこむ ralph <第一弾>ムビチケカード発売決定!

発売日:3月8日(金)~
券種:ムビチケカード 一般1,400円 小人900円(税込)
特典:US版ポスター(B3)
※数量限定 ※一部劇場を除く ※写真はイメージです
※取り扱い劇場の詳細は公式サイトをご参照ください
http://www.spiderman-movie.jp/

※第二弾ムビチケカードは4月下旬発売予定です
映画情報どっとこむ ralph 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
原題:Spider-Man:Far From Home 

2019年、全国ロードショー

公式Twitter:
@spidermanfilmjp 

公式サイト:
piderman-Movie.jp 
#スパイダーマン

***********************************

全米公開:2019年7月5日
監督:ジョン・ワッツ(『スパイダーマン:ホームカミング』)


速報!『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本公開2019年に決定!


映画情報どっとこむ ralph 2017年。新たに、アベンジャーズを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界に参戦した『スパイダーマン:ホームカミング』では、主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役を新進気鋭の若手俳優トム・ホランドが演じ、ロバート・ダウニー・Jr.演じるアイアンマン/トニー・スタークとの競演も大きく注目され、全世界興収8億8千万ドルを超える大ヒットとなりました。

また前作ではスパイダーマンこと、15歳の高校生、ピーター・パーカーがヒーローの師匠とも言うべきアイアンマンに導かれ、真のヒーローへと成長する過程を描きながら、彼の高校生活にもフォーカスした学園ドラマとしても大きな話題を集めました。

そして!!!
その待望の続編となる『Spider-man:Far From Home』の日本公開が決定!

邦題も『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』と決定いたしました。監督は、前作に続きジョン・ワッツがつとめ、トム・ホランドをはじめとする豪華新旧キャスト陣の今後の決定や、まだ謎に包まれるストーリーの発表からも目が離せません!ぜひご期待ください!


全米公開:2019年7月5日
日本公開は2019年!

***********************************

監督:ジョン・ワッツ(『スパイダーマン:ホームカミング』)
キャスト:トム・ホランド(『スパイダーマン:ホームカミング』)
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ


関ジャニ∞(渋谷すばる、安田章大、大倉忠義)スパイダーマンと初対面!


映画情報どっとこむ ralph マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦し、15歳の高校生スパイダーマンとアイアンマンとの競演で2017年最大の話題作となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』。
公開初日を記念して『スパイダーマン:ホームカミング』のジャパンアンバサダーを務め、日本語吹替版主題歌を担当する関ジャニ∞のメンバーが登壇しての舞台挨拶が行われ、遂にスパイダーマンとの初対面を果たしました。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』初日舞台挨拶
日程:8月11日(祝・金)
場所:TOHOシネマズ 日劇
登壇:関ジャニ∞(渋谷すばる、安田章大、大倉忠義)

映画情報どっとこむ ralph 公開初日となったこの日、全国で779スクリーンでの公開が行われ、早くも興行収入40億円を超える勢いのスタートを見せている『スパイダーマン:ホームカミング』。

そんな中、3月のジャパンアンバサダー就任以降、LAで行われたワールドプレミアでの渋谷と大倉の現地でのレポート、さらには、日本語版完成披露試写で安田が作詞・作曲を手掛けた日本語版主題歌「Never Say Never」の観客の前でのサプライズ披露など、さまざまな形で本作を盛り上げてきた関ジャニ∞のメンバー。そして、集大成となる初日舞台挨拶に渋谷、安田、大倉のメンバー3人が登壇すると、映画を鑑賞し終え、興奮状態の観客からは悲鳴にも似た大きな歓声が巻き起こった。

この日、ジャパンアンバサダー就任時と同じ、赤と青のスパイダーマンをイメージしたスーツで登壇したメンバーは、公開初日を迎え、

渋谷さん:初めてメンバー(安田)が作った映画の主題歌を歌うこともそうですが、聞いていただいてうれしく思います。

と渋谷が語れば、

安田さん:とにかく映画を届けられることがうれしいです!

続けて、

大倉さん:(渋谷)すばる君とLAプレミアにいっていたので、映画に出ているわけではないのですが、公開するのが楽しみでした。今日、ほんとに感激しています。

とそれぞれコメント。本作の日本吹替版主題歌である「Never Say Never」をわずか3日で制作した安田さんは自身の楽曲が映画のエンドロールに流れた感想を

安田さん:関ジャニ∞の歌が流れということで予想外で人生プランにないことだったのでうれしく思います。Chance(好機) challenge(挑戦) chain(絆)のキーワードをもらって自分たちの歩んできた道に重ねました。関ジャニ∞がこれまで多くのチャンスや挑戦する場をもらって失敗をし、苦悩や葛藤をしながらも絆を深めて、少しずつ成功するようになってここまでこれた経験を被らせて作りました。

と自信に満ちた表情で語ると、レコーディングでは歌詞の多さ悪戦苦闘していた大倉さんは

大倉さん:ヤス(安田)ってたくさん言葉を知っていたんだとビックリした。

と会場を笑わせると、

安田さん:今までにない曲調でみんな苦しんでいた。自分のパートが難しかったので歌えた時は嬉しかった。

と感想を語る一方、レコーディング時間20分という早さで終えた渋谷さんは

渋谷さん:すごく力強い曲なので、歌ってみて気持ち良かったです。

というと安田は嬉しそうに反応していた。

映画情報どっとこむ ralph そんな、

「Never Say Never」の歌詞の一節である“CRYして塞いでもTRYする価値がある”になぞり、メンバーそれぞれに歌詞同様の価値があるものについて質問が及ぶと

安田さん:この曲を作らせてもらったこと。

と語る一方で、

渋谷さんと大倉さん:LAプレミアでヒロイン・リズ役の(ローラ・ハリアー)を見たり、アイアンマンことロバート・ダウニーjr.に話しかけることが出来たことに価値があった。

と口を揃え、さらに本作の魅力や好きなシーンついて

安田さん:ピーターとトニー・スタークの車中ハグシーン。新喜劇みたいで声を出して笑ってしまったと!

と語れば、大倉は最後のシーンを、渋谷はヒロイン・リズの可愛さを絶賛していた。

続けて、

安田さん:最初は右も左もわからない新人。チャレンジすることの大切さ、失敗してもあきらなめないで信念を持って取り組むことを大事にしてほしい。年齢問わず楽しめる作品で、関ジャニ∞もスパイダーマンを応援しています。主題歌の「Never Say Never」も聞いてください。

と観客に想いを告げると場内は歓声に包まれた。

そして、イベントの終了後にはスパイダーマンがサプライズで登場!
3人は興奮!舞台上で、遂に初対面を果たしたスパイダーマンからこれまでのアンバサダー活動を労われ、さらにスパイダーマンの顔を模った巨大ケーキが贈られ・・・
場内は再び歓声に包まれ舞台挨拶は幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 映画『スパイダーマン:ホームカミング』

ピーター・パーカー、15歳。僕の物語が始まる――。
ニューヨーク。スパイダーマンこと15歳のピーター・パーカーは、昼間は普通の高校生として自分の正体や気になる女子への淡い恋心を隠しつつスクールライフをエンジョイ中。しかし、放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンにもらった特製スーツに身を包み、部活のノリでご近所パトロールの日々。そんなピーターの目標はアベンジャーズの仲間入りをし、一人前の<ヒーロー>として認められること。ある日、大富豪トニー・スタークに恨みを抱く敵・バルチャーが巨大な翼を装着しNYの街を危機に陥れる。ピーターはここぞとばかりに乗り出そうとするが、「アベンジャーズに任せておけ」とスタークに止められてしまう。自分の力を認めてもらおうと焦るピーターはたった一人、戦いに挑むが――。

公式サイト:
Spiderman-Movie.JP 

公式Facebook:
@SpiderManJapan 

公式Twitter:
@spidermanfilmjp
#スパイダーマン

***********************************

監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』) キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)、マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.


いよいよ本日公開!『スパイダーマン:ホームカミング』


映画情報どっとこむ ralph スパイダーマンとアイアンマンとの競演で2017年最大の話題作となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』がいよいよ今週、8月11日(祝・金)に日本公開!

そんな本作から、トム・ホランドとアイアンマン役ロバート・ダウニーJr.が登場するスペシャル映像が到着!

アベンジャーズに憧れる15歳のピーター・パーカー/スパイダーマンが、トニー・スターク/アイアンマンに認めてもらうために、近所でヒーロー活動に奮闘するというワンシーン。

映像は、トム・ホランド演じるピーターが、路地裏で大胆にもスパイダーマン・スーツに生着替えするところからスタート。
ベイビーフェイスからは想像できない見事な肉体美(シックスパック!)を披露したかと思いきや、抜群の身体能力と“クモの糸”を駆使して街に繰り出し、一瞬にして自転車泥棒をキャッチ!「これぞスパイダーマン」という醍醐味を感じさせるアクションはもちろんのこと、まだまだ未熟で無鉄砲な彼が、まるで“部活のノリ”でヒーロー活動にいそしむ姿は必見だ。

マスク姿でも“15歳のピーター・パーカー”が感じられる、ピュアでフレッシュなスパイダーマンを演じるのは、本作の公開で待望の初来日を果たす新進気鋭のトム・ホランド!
世界的人気を誇るキャラクター・スパイダーマンに大抜擢された彼は、日本では“トムホ”の愛称で親しまれ人気も急上昇中。

東京ポスター
マーベルスタジオの社長ケビン・ファイギやアイアンマン役ロバート・ダウニーJr.にも「トムを見つけたときは奇跡だと思った」「熱心で聡明で才能がある」と大絶賛される、逸材中の逸材だ。本人も、「スパイダーマン・スーツを着ることは人生で最もクールな出来事」と語るようにスパイダーマンの大ファン。まるでピーターがヒーローに憧れるように、トムホ自身も純粋に大喜びで演じていたと言い、キャラクターとのシンクロもばっちりなハマり役となっている。本作はすでに世界53ヵ国でNo.1大ヒットを記録しており、主演を務めるトムホの人気もワールドワイドに!今や世界を夢中にさせる新人ヒーローの活躍をお見逃しなく。


スパイダーマン:ホームカミング

2017年8月11日(祝・金)全国ロードショー。

過去記事:
トム・ホランドとジョン・ワッツ監督が来日して新宿歌舞伎町にて夏祭りスタイルのジャパンプレミアの模様はこちら


***********************************


監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)

トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.


ジョン・ワッツ監督!主演トム・ホランド『スパイダーマン:ホームカミング』で初来日決定!


映画情報どっとこむ ralph マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦し、15歳の高校生スパイダーマンとアイアンマンとの競演で2017年最大の話題作となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』。
全米初登場No.1を含む世界52カ国でNo.1大ヒットを記録中!
日本では8月11日(祝・金) 全国ロードショーとなります!


アイアンマンに憧れ、アベンジャーズになりたいと願うスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカー。自分の夢に向かって、壁にぶつかりながらもがむしゃらに頑張り、<真のヒーロー>として成長していく一途な姿が青春ドラマ満載に描かれている。そんな姿に、世界中の観客が胸を打たれ、惜しみない拍手を送っている!ハイレベルなアクションと爽快感、そしてラストの感動が予想以上!誰もが必ず応援したくなる新しいヒーローの魅力にあふれるスパイダーマンが、この夏を席巻する!

そして!

メガホンを取った新鋭、ジョン・ワッツ監督が主演トム・ホランドとともに初来日することが決定しました!

そんなスパイダーマン新シリーズの公開を待ちわびる日本のファンに向けて8月7日に新スパイダーマンこと、英国俳優トム・ホランドが初来日を飾るジャパンプレミアに、トムホとともにジョン・ワッツ監督の登場も大決定!
ジョン・ワッツ監督は1981年アメリカ・コロラド出身のまだ36歳。

高校時代から映画を撮り始め、数々のミュージックビデオや広告を手掛ける。その後、ホラー映画の新鋭、イーライ・ロス監督をプロデューサーに迎え、呪われた衣裳によって父親が人食いピエロへと変貌していくホラー作品『クラウン』(14)で長編監督デビュー。ケヴィン・ベーコンを主演に迎えた監督2作目『COP CAR/コップ・カー』(15)で家出少年と悪徳保安官の追跡劇を描き、高い評価を受け、本作の監督に大抜擢を受けました。

映画情報どっとこむ ralph なお、8月7日のジャパンプレミアには劇中で実際にアクションを披露した“本物”のスパイダーマンの来日も予定されてます。
SPIDER-MAN™: HOMECOMING

映画情報どっとこむ ralph スパイダーマン:ホームカミング』 
原題:Spider-Man: Homecoming  

ピーター・パーカー、15歳。僕の物語が始まるーー。

ニューヨーク。
スパイダーマンこと15歳のピーター・パーカーは、昼間は普通の高校生として自分の正体や気になる女子への淡い恋心を隠しつつスクールライフをエンジョイ中。しかし、放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンにもらった特製スーツに身を包み、部活のノリでご近所パトロールの日々。そんなピーターの目標はアベンジャーズの仲間入りをし、一人前の<ヒーロー>として認められること。ある日、大富豪トニー・スタークに恨みを抱く敵・バルチャーが巨大な翼を装着しNYの街を危機に陥れる。ピーターはここぞとばかりに乗り出そうとするが、「アベンジャーズに任せておけ」とスタークに止められてしまう。自分の力を認めてもらおうと焦るピーターはたった一人、戦いに挑むが—。

公式サイト:
Spiderman-Movie.JP
公式Facebook:
@SpiderManJapan 
公式Twitter:
@spidermanfilmjp 
#スパイダーマン

***********************************

全米公開:2017年7月7日  
監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)   
キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)
マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』)
ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン  
©Marvel Studios 2017.
©2017 CTMG. All Rights Reserved.