「ジョン・オーティス」タグアーカイブ

『バンブルビー』公開記念キャンペーン決定!バンブルビ―ぬいぐるみもらえる!


映画情報どっとこむ ralph 過去5作品の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)突破の世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。
そのシリーズ最新作『バンブルビー』が、3月22日(金)に日本公開します!

待望のシリーズ最新作は、シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。作品の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。

チャーリーを演じるのは、近年では『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の圧倒的な支持を集めるアカデミー賞(R)ノミネート女優ヘイリー・スタインフェルド。そして、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)のトラヴィス・ナイトが実写映画監督デビューを果たしました。先頃解禁された予告編では、”ドジだけど優しい”可愛さ全開のバンブルビーの魅力に注目が集まり、バンブルビーとチャーリーとの間に芽生える友情と、これまでのシリーズとは異なった新しい展開に、米・映画批評サイトRotten Tomatoesの92%フレッシュ(1/22時点)というハイスコアをはじめ”シリーズ最高傑作”の呼び声も高いほど世界中から絶賛の声が殺到。また2019年初の世界興行収入No.1を見事獲得しており、(1/5-6週末世界興行収入 Variety調べ)日本での公開が待ち望まれています。

映画情報どっとこむ ralph 主人公であるバンブルビーにトランスフォームするのはType1、通称「ビートル」。映画の公開を記念してフォルクスワーゲン グループ ジャパン株式 会社が「バンブルビー×ビートル リバーシブル ぬいぐるみ」を制作し、2月4日(月)から3月31日(日)まで、抽選で100名様に当たるプレゼントキャンペーンを実施します。
ビートルは、フォルクスワーゲンの原点であり、より多くの人々のためのクルマ「People’s Car」として誕生しました。そのビートルが、人気映画『トランスフォーマー』シリーズ最新作である、『バンブルビー』に登場します。本作品は従来のアクション路線とは一線を画し、主人公の少女と地球外生命体バンブルビーとの絆と冒険を描いた作品です。全世界的に人気の映画『トランスフォーマー』とPeople’s Carとして世界中の多くの人々に親しまれてきたビートルならではのキャスティングです。今回のキャンペーンに用いられるぬいぐるみは、映画の中で、ビートルがバンブルビーにトランスフォーム(変形)する様を再現し、映画さながらにビートルとバンブルビーに何度もトランスフォームして遊べるリバーシブルぬいぐるみです。このぬいぐるみは、完全限定生産の非売品で、フォルクスワーゲン オフィシャル ウェブサイトよりご応募いただけます。

映画情報どっとこむ ralph 「バンブルビー×ビートル リバーシブルぬいぐるみ」プレゼントキャンペーン概要
応募期間:2019年2月4日(月)~3月31日(日)
応募方法:専用ウェブサイトから応募
当選者数:抽選で100名
ウェブサイト:

キャンペーンの詳細については、キャンペーンサイトをご参照ください。

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム
キャスト:ヘイリー・スタインフェルド 『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』、ジョン・シナ、
ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日
原題:Bumblebee
配給:東和ピクチャーズ
(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS,
and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

はじめての相棒は、少女だった。『バンブルビー』 日本版特報&ティザービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 過去5作の全世界での累計興行収入が43億7700万ドル(約5000億円)を突破し、昨夏には日本でも最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』が公開され大ヒットしたことが記憶に新しい、世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。そのシリーズ最新作である、『バンブルビー』が、2019年春、日本公開となります。

シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公となる本作の舞台は、シリーズ一作目となる『トランスフォーマー』(‘07)でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされます。傷ついたバンブルビーと、自分の居場所を見つけられない思春期の少女チャーリーとの運命的な出会いを描いた本作で、チャーリーを演じるのは、映画デビュー作『トゥルー・グリット』(‘11)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、最近では『スウィート17モンスター』(‘16)など、等身大のティーンを演じ、同世代の観客の熱烈な支持を集めるヘイリー・スタインフェルド。監督は、昨年の第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(‘16)で知られるトラヴィス・ナイトが初の実写映画監督デビューを果たすなど、これまでのシリーズとは異なった、新しいイメージの作品になることが間違いありません。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の日本版特報映像&ティザービジュアルを解禁させていただきます!

孤独な18歳の少女チャーリーが出会ったのは、廃車寸前の黄色い車。

それが、全てのはじまりだったー。
アニメ版「トランスフォーマー」シリーズでバンブルビーの声を長年担当する木村良平さんのナレーションから始まる本映像。映像内では、チャーリーから向けられた手のひらに頬を寄せる愛らしい様子やトランスフォームをしてみせるものの目の前のチャーリーに盛大に砂をかけてしまうドジな姿、また、これまでのシリーズでは見られなかった変形をみせるバンブルビーの姿が確認できます。

果たして、バンブルビーは、何のために地球に来たのか?


映画情報どっとこむ ralph 併せて解禁された、ティザービジュアルでは、夕日に向かって佇むチャーリーとバンブルビーの姿がノスタルジックな雰囲気。
どのような二人の心の交流が描かれるのか

バンブルビー

2019 春 「はじまり」が幕を開ける。

公式サイト:Bumblebee.jp

自分の居場所を見つけられない思春期の少女チャーリーは、海沿いの小さな廃品置き場で、ボロボロの黄色い車を見つける。「バンブルビー」と名付け、修理したこの車が、やがて普通の車ではないと気づくのに、時間はかからなかったー。1987年、まだ地球は平和な生活を送っていた。その時までは。

***********************************

監督:トラヴィス・ナイト 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
原案:クリスティーナ・ホドソン
脚本:クリスティーナ・ホドソン、ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ドン・マーフィ、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン、クリス・プリガム

キャスト:ヘイリー・スタインフェルド 『トゥルー・グリット』、『スウィート17モンスター』、ジョン・シナ、ジョージ・レンデボーグJr.、ジョン・オーティス、ジェイソン・ドラッカー、パメラ・アドロン、ステファン・シュナイダー
全米公開:2018年12月21日 [予定]
原題:Bumblebee 
配給:東和ピクチャーズ

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐々木希 もっともっとワンチャンを大事にしようと思う映画!と『僕のワンダフル・ライフ』


映画情報どっとこむ ralph 『HACHI 約束の⽝』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作にしてドッグシリーズの集⼤成、『僕のワンダフル・ライフ』が、9⽉29⽇(⾦)より全国ロードショーとなります!

この度、公開までいよいよ10⽇間に迫った今、本作の魅⼒を最大限に伝えるため、愛犬家として知られる佐々木希さんが愛犬チワワのマロンちゃんと共に登壇して行われました。

また、肉球型のランウェイを本作のワンバサダーのゴールデン・レトリバー:ゼウスくんをはじめ、 最近スケボーブルドッグのだいちゃん、他Instagramで話題のワンちゃんが飼い主と⼀緒に歩きました。。

映画『僕のワンダフル・ライフ』公開直前 ワンダフル・ショー
日程:9⽉19⽇(⽕)
場所:TACS ODAIBA STUDIO 1st
登壇:佐々⽊希、ゴールデン・レトリバー ゼウス、他有名⽝多数

映画情報どっとこむ ralph 肉球型のランウェイに現れたのは、佐々木希さんと愛犬マロンちゃん。
佐々木さん:一緒にランウェイ嬉しいです。ちゃんと歩けるかなと思って心配していましたが、尻尾もフリフリで堂々としていて良かったと思います。
毎日毎日可愛くてと話す佐々木さん。
そして、もう一匹登場したのは本作ワンバサダーのゼウス君。
彼はアマゾンのCMでライオンになって有名になったあの子。優しい目に佐々木さんメロメロ。

映画情報どっとこむ ralph ここで、今回、YOUTUBEやインスタで有名なワンちゃんたちが大集合!

アメリ:トイプードル:綿あめカットの高速回転犬

カント:グレートデン:凛々しーい。つやつや。

たら、ふね:ちん&まちこ:エキゾティックショートヘア:母

だいちゃん:ブルドック:スケートボードで32人の股くぐりギネス保持犬

アポロン、アレス:ゼウスの子。まだ2か月に満たない癒しですね

其々の個性あるワンちゃんに会えてうれしかったです。

映画情報どっとこむ ralph 本作を観ての感想を聞かれると
佐々木さん:とにかく泣きました。何度生まれ変わっても覚えてくれていて・・・絆に心打たれました。

と話す佐々木さん。

佐々木さん:今の私の状況を理解したうえで接してくれて、日々近くにいてくれることが癒しなので、それが原動力になっているところもあるので、愛しいです。周りの方にはマロンと私が似ていると言っていただけるので。。。嬉しいです。性格的にはふわッと、ノンビーりしているところですね。

と語り、更に

佐々木さん:家族ですから、一緒に行けるゴハン屋さん探したりしますし、トリミングで家にいないと静かで寂しくなります。いないとダメなんです。家族で、同志で、友達で深い関係です。

と、マロンちゃん愛がこぼれる佐々木さん。それにしても旦那さんは、ごはん屋さんに犬はどう思うのでしょう。・・・


最後に・・・

佐々木さん:犬を飼ってる方は絶対観て下さい。温かい気持ちで涙が出てきます。もっともっとワンチャンを大事にしようと思います。飼っていない方は今後飼いたくなるような温かい映画です!素敵な泣ける映画になっています!

映画情報どっとこむ ralph けなげでかわいい犬を主人公に贈る、涙と笑いと感動の物語。

『僕のワンダフル・ライフ』

全く異なる4つの“犬生”を生きる本作の主人公ベイリーは、物語の中でゴールデン・レトリバー、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードとオーストラリアン・シェパードのミックスと姿を変えていきますが、その声を担当するのは、製作スタッフのたっての願いで、世界的大ヒット作『アナと雪の女王』でオラフの声を演じ、実写版の『美女と野獣』ではル・フウ役を演じたジョシュ・ギャッド。ピュアなスピリットとユーモアに満ちた声の演技で、ファンタジーとリアルを繋ぐ自然で心地よい架け橋を作り上げています。また、若き日のイーサン役には、新人のK・Jアパが抜擢。成人したイーサンを演じるのは、『エデンより彼方に』でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたデニス・クエイド、イーサンの

初恋の人、ハンナには『トゥモローランド』のブリット・ロバートソン、大人になったハンナには、「ツイン・ピークス」シリーズで知られるペギー・リプトンら実力派俳優たちが揃い、犬に負けない演技をみせています。


犬をテーマとした映画に関わってきたラッセ・ハルストレム監督が、犬と人間の絆をハッピーに描き切り、自らのドッグシリーズの集大成となったといえる本作を映画館で是非。

公式HP:http://boku-wonderful.jp/

公式ツイッター:
@bokuwonderful

公式facebook:
@bokuwonderful

***********************************

監督:ラッセ・ハルストレム『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』
原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
出演:ブリット・ロバートソン、K.J.アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイドwith ジョシュ・ギャッド
配給:東宝東和
(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ