「ジョン・ウィック:パラベラム」タグアーカイブ

キアヌ『ジョン・ウィック:パラベラム』シリーズ最高の全米No.1大ヒットスタート!


映画情報どっとこむ ralph “殺し屋を始末する殺し屋”“1本の鉛筆で3人を瞬殺”など数々の伝説と共に、暗黒社会を震撼させてきた最強の殺し屋ジョン・ウィック。亡き妻の残した愛犬の命を奪ったロシアンマフィアを崩壊させ、思い出の我が家を爆破したイタリアンマフィアも壊滅。壮絶な復讐劇の中で、スタイリッシュなスーツに身を包んだキアヌ・リーブスがみせる、銃と体術を組み合わせたキレ味鋭い流麗なアクション:ガン・フーと、コミックの世界から飛び出てきた様な独自の世界観が全世界を熱狂させ大ヒットとなった『ジョン・ウィック』シリーズ。

前作から2年、復讐の果てに傷だらけの逃亡者となったジョン・ウィックに最後の時が迫る。冴えわたるノースタントのアクションに情熱を燃やす主演、キアヌ・リーブスと、「マトリックス」シリーズで新時代のアクションを生み出した監督、チャド・スタエルスキのコンビはそのままに、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーン他おなじみのメンバーも再集結。さらに、新たに、ジョン・ウィックとの過去の因縁を持つ謎の女、ソフィアにハル・ベリーの参加も決定。新次元を切り開いたノンストップ・キリングアクションが究極の進化を遂げて、遂に壮絶なクライマックスへ!
ジョン・ウィック:パラベラム
このたび、5月17日(金)より全米3,850スクリーンで公開され、オープニング3日間(5/17~5/19)でシリーズ最高の全米興行収入57,025,000ドルを記録し、全米初登場No.1の堂々の大ヒットスタートを切った!!(※5/20時点、Box Office Mojo調べ)

パワーアップしたアクションシーンの連続に圧倒される観客が続出!
前作『ジョン・ウィック:チャプター2』のオープニング記録(3043万ドル)を大幅に更新する5702万ドルを記録し、歴史的な大ヒットを続ける『アベンジャーズ/エンドゲーム』の4週連続No.1を阻止!孤高の殺し屋が数十人のヒーロー相手にたった一人で王座を奪取してみせ、キアヌの新たな代表作となったシリーズの国民的人気を見せつけた。

さらに、米・映画評論サイトの大本命Rotten Tomatoesでは88%Freshを獲得(5/20時点)し、「地球上で最も優れたアクション」「世界最高級のスーパー暗殺者」「ジョン・ウィックファン歓喜の傑作!」「アクションは、アートの域に達している!」など、絶賛評が殺到!新たな領域に到達した、新時代アクションの日本到来が今から待ち遠しい!

そして本作の全米大ヒットを記念し、場面写真を一挙解禁!

今回解禁された場面写真では、バイクに追われながら街中を馬に乗って疾走するジョン・ウィックや、
ジョン・ウィック:パラベラム
本作でシリーズ初登場となるハル・ベリー演じる謎の女・ソフィアと彼女の愛犬たちと砂漠に立つ姿も。
ジョン・ウィック:パラベラム
さらに、ジョンと共に銃を吟味するコンチネンタルホテルのコンシェルジュ・シャロン(ランス・レディック)や、ホテルのオーナー・ウィンストン(イアン・マクシェーン)と裏社会の情報屋たちのボス・キング(ローレンス・フィッシュバーン)が貫録たっぷりに並ぶカットなどシリーズお馴染みの面々も顔をそろえている。
ジョン・ウィック:パラベラム ジョン・ウィック:パラベラム ジョン・ウィック:パラベラム 大ヒットアクションシリーズは遂にクライマックスへ!伝説の殺し屋の最後の戦いを見届けるべく、続報に備えよ!

日本での公開は2019年10月全国ロードショー。

***********************************


監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーブス/ハル・ベリー/イアン・マクシェーン/ローレンス・フィッシュバーン/アンジェリカ・ヒューストン
配給:ポニーキャニオン
原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM(2019/アメリカ)
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック:パラベラム』LAプレミアで「9月に日本行けたらいいな~」


映画情報どっとこむ ralph 2015年に『ジョン・ウィック』が日本公開されスマッシュヒットを記録、2017年に公開された続編『ジョン・ウィック:チャプター2』は、全米でオープニングからたった8日間で1作目の2倍以上の成績(約3千万ドル=約30億円)を上げ、トータル興収約4.6千万ドルという大ヒットを達成し、今日のアクション映画に多大な影響を与えた『ジョン・ウィック』シリーズ。

そしていま、伝説の殺し屋・ジョン・ウィックの、3度目にして最後の死闘が幕を開ける…!

いよいよ全米公開<5月17日(金)>を目前に控えた現地時間5月15日(水)にLAプレミアを開催!

会場は、ハリウッドのランドマーク的存在TCLチャイニーズシアター。
数々の超大作が記念すべきプレミアを迎えてきた歴史ある会場には、「シリーズ最高傑作!」「あんなシーンをどうやって撮影したんだ⁉」と早くもメディアから絶賛の声が寄せられる本作の公開を待ちきれない熱狂的なファンが大集結!

イベントでは主演のキアヌ・リーブス、本作で新登場するハル・ベリー、シリーズ全作に出演しているイアン・マクシェーン、チャド・スタエルスキ監督らが登場!
『ジョン・ウィック:パラベラム』LAプレミア
『ジョン・ウィック:パラベラム』LAプレミア
日付:現地時間5月15日(水)
会場:TCLチャイニーズシアター
登壇:キアヌ・リーブス、ハル・ベリー、イアン・マクシェーン、チャド・スタエルスキ(監督)など

映画情報どっとこむ ralph 数々の超大作が記念すべきプレミアを迎えてきた歴史ある会場には、「シリーズ最高傑作!」「あんなシーンをどうやって撮影したんだ⁉」と早くもメディアから絶賛の声が寄せられる本作の公開を待ちきれない熱狂的なファンが大集結!

イベントでは主演のキアヌ・リーブス、本作で新登場するハル・ベリー、シリーズ全作に出演しているイアン・マクシェーン、チャド・スタエルスキ監督らが登場!
待ちわびていた大勢のファンから熱い歓声で迎えられた豪華キャスト陣らは会場に集まった報道陣の取材を精力的にこなすとともに、サインや写真撮影にも快く応じてファンとの交流を楽しんだ。またキアヌからは日本のファンに向けて、日本語コメントも飛びたした!

プレミアイベントの前には、これまでの業績を称えてキアヌ・リーブスがTCLチャイニーズシアターの前庭に手形と足形を残すセレモニーが行われた。200人を超える映画界に貢献したスターの手形や足形、サインが展示されており、このたびその仲間入りをはたしたキアヌは、スピーチで歴史的な場所に招かれたことへの感謝の気持ちを語るとともに、

キアヌ:映画は私に人生を与えてくれました。また私自身も人生を捧げてきました。僕は映画が好き好きでたまりません。映画を観るのも、作るのも愛しています。今日ここにいることを光栄に思いますし、この神聖な地にいることも名誉だと感じています。

と映画への深い愛を述べた。


その後行われたプレミアイベントでは、ジョン・ウィックとの過去の因縁を持つ謎の女・ソフィアを演じ、過酷なアクションにも挑戦したハル・ベリーは

ハル:犬とのアクションシーンはとてもよかった。ここまで迫力ある犬のアクションは見たことないですし、とても革新的な試みだったので素晴らしいものとなりました!

と、本作最大の見どころを解説。


また全シリーズでメガホンを取るチャド・スタエルスキ監督は

監督:世界感が広がり、キャストはさらに豪華になりました。新たなシーンを加えて、オリジナルの映画ではやってないことにチャレンジしました。特に犬のアクションシーンが気に入っています。観客にぜひ見届けていただきたいです。

と、メディアからも絶賛されるシリーズ最大級のアクションに自信を覗かせた。

最後にキアヌは、日本のファンに向けて

キアヌ:アリガトウゴザイマシタ~! 9月に日本行けたらいいな~

と日本語でメッセージを贈ってくれました。

LAプレミア画像:Kevin Winter / Getty Images

映画情報どっとこむ ralph 『ジョン・ウィック:パラベラム』
原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM

公式サイト:
johnwick.jp/
公式Twitter:
@johnwickjp



【ストーリー】
裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、聖域からの追放と、敬意をもって迎えてくれた組織による粛清の包囲網だった。後ろ盾を無くし、賞金首となった男に次々と襲いくる、様々な殺しのスキルを誇る刺客たち。満身創痍となったジョンは、生き残りをかけて、かつて“血の契約”を交わした女、ソフィアに協力を求めカサブランカへ飛ぶが…
ジョン・ウィック:パラベラム
***********************************

監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーブス/ハル・ベリー/イアン・マクシェーン/
ローレンス・フィッシュバーン/アンジェリカ・ヒューストン
配給:ポニーキャニオン
原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM(2019/アメリカ)
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


5月13日=愛犬の日に最強の愛犬家 キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック:パラベラム』特別映像が到着!


映画情報どっとこむ ralph 5月13日 = “愛犬の日”を祝して、孤独な男ジョン・ウィックと、名もなき愛犬の日々を綴る感動の映画『ジョン・ウィック:パラベラム』特別映像が到着!

“殺し屋を始末する殺し屋”“1本の鉛筆で3人を瞬殺”など数々の伝説と共に、暗黒社会を震撼させてきた最強の殺し屋ジョン・ウィック。スタイリッシュなスーツに身を包んで魅せる、銃と体術を組み合わせたキレ味鋭い流麗なアクション:ガン・フーと、コミックの世界から飛び出てきた様な独自の世界観が全世界を熱狂させ大ヒットとなった『ジョン・ウィック』シリーズ。
ジョン・ウィックとワンちゃん シリーズ一作目では、亡き妻が残してくれたビーグル犬・デイジーの命を奪ったロシアン・マフィアに対して、復讐の鬼と化し、ニューヨーク最大の組織を崩壊させたジョン。
ジョン・ウィックとワンちゃん 彼にとって愛犬は“家族以上の存在”なのだ。今回到着した特別映像では、愛犬への愛情が伝わるシーンが盛りだくさん! デイジーを失ったジョンは、1作目のラストで運命的に出会った新たな相棒と共に人生を歩んでいく事を決意。「お名前は?」と尋ねられても、心が通じ合っていれば名前に頼る必要すらないと言わんばかりに「ない」と即答するジョンからは、愛犬への厚い信頼と深い愛情が感じられ、ワンちゃんにもその気持ちが伝わっている様だ。いつでも側に寄り添い、いざ主人が過酷な戦いに身を投じると、その帰りを健気に待つ、忠犬・ハチ公の様な姿には胸を打たれずにはいられない。映像内でも「これは、人と犬の境界を越えた絆の物語」と語られるように、主従の関係を越えた孤独な男と名もなき犬の物語は、アクション映画ファンのみならず、愛犬家たちの感動をも誘っている。


映画情報どっとこむ ralph 【ジョン・ウィックの愛犬 プロフィール】
犬種:アメリカン・ピット・ブル・テリア(愛称:ピットブル)
性別:オス
特徴:ひたむきで忠実、任務への高い集中力
長所:熱心でイタズラ好き、パワフル、とても勇敢、友好的
短所:躾が不十分な場合、過度に、攻撃的なじゃれ方をする
本作での見どころ:ジョン・ウィックの顔を、これでもかというくらい舐めまわすシーン

映画情報どっとこむ ralph 10月に公開となる最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』では、裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破ってしまったジョンが、聖域から追放され、孤立無援に。

復讐の果てに傷だらけの逃亡者となったジョンに次々と襲い来る、最強の殺し屋たちとの死闘の先に待つものとは…。3作に渡って続くジョン・ウィックの死闘がいよいよクライマックスを迎える本作でも、愛犬の忠誠心は健在! 


またアカデミー賞女優・ハル・ベリー演じる、ジョンと過去の因縁を持つ謎の女・ソフィアも愛犬家だということが判明!新たな・フーアクションにも期待が高まる!令和元年に贈る、愛犬物語に是非ご注目!

ワンちゃんいなければ本作は成り立たない! 

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』
原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM

大ヒットアクションシリーズは遂にクライマックスへ!
伝説の殺し屋の最後の戦いを見届けるべく、続報に備えよ!

***********************************

監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーブス/ハル・ベリー/イアン・マクシェーン/ローレンス・フィッシュバーン/アンジェリカ・ヒューストン
配給:ポニーキャニオン (2019/アメリカ) 
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.


キアヌ・リーブス『ジョン・ウィック:パラベラム』 伝説の殺し屋VS世界中の殺し屋たち 特報解禁


映画情報どっとこむ ralph “殺し屋を始末する殺し屋”“1本の鉛筆で3人を瞬殺”など数々の伝説と共に、暗黒社会を震撼させてきた最強の殺し屋ジョン・ウィック。

亡き妻の残した愛犬の命を奪ったロシアンマフィアを崩壊させ、思い出の我が家を爆破したイタリアンマフィアも壊滅。壮絶な復讐劇の中で、スタイリッシュなスーツに身を包んだキアヌ・リーブスがみせる、銃と体術を組み合わせたキレ味鋭い流麗なアクション:ガン・フーと、コミックの世界から飛び出てきた様な独自の世界観が全世界を熱狂させ大ヒットとなった『ジョン・ウィック』シリーズ。

前作から2年、2『ジョン・ウィック:パラベラム』 2019年10月全国ロードショーとなります。


復讐の果てに傷だらけの逃亡者となったジョン・ウィックに最後の時が迫る。

冴えわたるノースタントのアクションに情熱を燃やす主演、キアヌ・リーブスと、「マトリックス」シリーズで新時代のアクションを生み出した監督、チャド・スタエルスキのコンビはそのままに、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーン他おなじみのメンバーも再集結。さらに、新たに、ジョン・ウィックとの過去の因縁を持つ謎の女、ソフィアにハル・ベリーの参加も決定。新次元を切り開いたノンストップ・キリングアクションが究極の進化を遂げて、遂に壮絶なクライマックスへ!

映画情報どっとこむ ralph 特報解禁!
伝説の殺し屋VS世界中の殺し屋たち!タブーを犯したジョン・ウィックの粛清開始!

前作のラストでタブーを犯したジョン・ウィックは1時間だけの猶予の後、世界中の殺し屋から狙われることに!
より洗練されたスタイリッシュなアクション、敵か味方かハル・ベリーの参戦も確認できる特報となっています!

今回の特報は前作の興奮を思い出す始まりとなっている。1作目『ジョン・ウィック』では愛犬を殺したロシアンマフィアに怒り爆発し壊滅に追い込み、2作目『ジョン・ウィック:チャプター2』では、家を燃やされぶち切れイタリアンマフィアを容赦ないまでに叩き潰した。しかし、大切なもののために闘っていたジョン・ウィックは2作目のラストでは怒りのあまりに、一流殺し屋の集まる「コンチネンタルホテル」の掟、″ホテル内では殺しは行ってはいけない“を犯し、最新作で追われる身となってしまった―。“伝説の殺し屋““遂に逃亡”の言葉とともに愛犬と雨の中疾走するジョン・ウィックは、前作での大仕事で傷を負いボロボロの状態。そこに聞こえてくる粛清開始までのカウントダウン。そのカウントダウンとともに、見えてくるのは敵か味方かわからない人物達。その中には『チョコレート』(‘01)でアカデミー主演女優賞を獲得し、『007 ダイ・アナザー・デイ』『X-MEN』シリーズ、『キングスマン:ゴールデン・サークル』に出演しアクションもこなす肉体派女優、ハル・ベリーの姿も。

そして、「では始めよう」との言葉とともに、ジョン・ウィックの命を殺し屋組織の刺客が狙う!銃とカンフーを合わせた「ガン・フー」や車とカンフーを合わせた「カー・フー」などスタイリッシュで新しいアクションを生み出してきた本作から新たに披露されたのは、ハイスピードで走るバイクの上から刀を操り複数の敵を倒していく“伝説の殺し屋”らしいアクション!最後には、寡黙なジョン・ウィックの数少ないセリフとして、

「銃を たっぷりとな Guns..Lots of guns.」

と、公開から20周年を迎え革新的なアクション映像でキアヌをスターに押し上げた『マトリックス』からパロディの一言が飛び出すサービスも!そして「極限<クライマックス>がくる」とジョン・ウィックにとって、それを見守る私たちにとって最高に盛り上がる、大ヒットシリーズのクライマックスとなっていることが伺える。



映画情報どっとこむ ralph 大ヒットアクションシリーズは遂にクライマックスへ!伝説の殺し屋の最後の戦いを見届けるべく、続報に備えよ!

『ジョン・ウィック:パラベラム』
原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM

【ストーリー】
裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、聖域からの追放と、敬意をもって迎えてくれた組織による粛清の包囲網だった。後ろ盾を無くし、賞金首となった男に次々と襲いくる、様々な殺しのスキルを誇る刺客たち。満身創痍となったジョンは、生き残りをかけて、かつて“血の契約”を交わした女、ソフィアに協力を求めカサブランカへ飛ぶが…

***********************************

監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーブス/ハル・ベリー/イアン・マクシェーン/ローレンス・フィッシュバーン/アンジェリカ・ヒューストン
配給:ポニーキャニオン
原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM(2019/アメリカ)
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.