「ジュード・ロウ」タグアーカイブ

エディ・レッドメイン、ジュード・ロウらツアー最終日!「ファンタビ」恒例の鏡開きで公開初日をお祝い!


映画情報どっとこむ ralph 今世紀最高の“ハリー・ポッター魔法ワールド”最新作が、世界中に魔法をかける! 舞台は、あのホグワーツ魔法魔術学校、そしてパリの魔法界へ!

ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11 月 23 日(金・祝)より全国ロードショーがスタートしました!

ワールドツアー最終地点となる日本で、エディ・レッドメインやジュード・ロウをはじめとする 豪華来日キャストが3日間プロモーション。

21日:ジャパンプレミアレッドカーペットhttp://eigajoho.com/132802

22日:スペシャルファンイベントhttp://eigajoho.com/132951

とこなし、来日ツアー最終日であり本作の公開日となる11月23日に初日舞台挨拶が行われ、「ファンタビ」恒例の名前入り法被姿での鏡開きで公開初日をお祝いしました!


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 初日舞台挨拶
実施:11月23日(金・祝)       
場所:丸の内ピカデリー
登壇: エディ・レッドメイン(ニュート役)、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、クローディア・キム(ナギニ役)


映画情報どっとこむ ralph 夢のような豪華キャスト陣を迎えての来日ツアー最終日となる公開初日。
ホグワーツ魔法魔術学校の制服に身を包んだコスプレ姿のポッタリアンやニュートやクイニーといった「ファンタビ」のキャラに扮したファンタビのファンらが集まった満席の場内。
エディ・レッドメイン、ジュード・ロウ、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、クローディア・キムが登場すると、あたたかい拍手が起こり、豪華なキャストを迎え入れると・・・・

多くのファンタビ・コスプレとニフラーのぬいぐるみを持つ観客に感激のご様子の皆さん!

主人公のニュートを演じたエディは

エディ:コンニチハ!
と日本語でご挨拶。続けて
エディ:今日はLABOR THANKS GIVINGDAY!勤労感謝という日だって知ってるよ!その日を私たちと時間を一緒に過ごすことを選択してくれて、心から感謝しています!この2年間、みんなに言いたくても言えなかった秘密を今日からやっと伝えることができます!日本のファンは本当に情熱的で、素晴らしくて、魔法ワールドの中でも一番!本編には驚きや動物(ビースト)たちが登場するので楽しんでください!

と、公開初日を迎える喜び、そして日本のファンへの感謝を述べました。

映画情報どっとこむ ralph そして。。。
若き日のダンブルドアを演じたジュード・ロウは映画の見どころポイントを問われると
ジュード:わーーー。。 一つだけ!?沢山あるから・・・。アッ(エディを指して)凄い良い演技をしてる人がいるんだ・・・。そして、

とお茶目に悩みつつも、本作で初登場となるベイビーニフラーを挙げ、

ジュード:ベビーニフラーが出てくるシーン。凄い可愛らしいんです!クリエイターが天才的に素晴らしくて、色々な色のニフラーが出てきてとにかくとても可愛いんです!で、エディーは捕まえようとするんだけどね。ジャグリングみたいに!楽しんで!

とジェスチャーを交えて説明。

映画情報どっとこむ ralph ワールドツアー最終地点となる日本の公開初日!
ということで、2年前の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』での来日プロモーションでも実施された「ファンタビ」恒例の日本ならではの祝い方である鏡開きで公開初日を祝い!合わせて日本の伝統衣装であるキャストの名前入りの半被も準備され、2度目の半被となるアリソンさんは
アリソン:これ大好き!持って帰りたいな!そー再びこの場に来ることが出来て光栄です。本作のワールドツアーの最後を飾るのが日本ですが、こうやって締めくくることが出来て嬉しいです。全開は嬉しくて・・泣きそうになったんですけど今日は我慢します!愛を下さり、応援してくださって本当に感謝しています!
日本ハ魔法ミタイ!

と日本のファンに感謝。

また、前回のプロモーションの際は、1日早く日本を出なくてはならず、今回のイベントで初めての鏡開きとなるキャサリンは
キャサリン:全開はエイリアンの撮影があって 1日早く帰らなくっちゃで、その日は宇宙船につられて、エイリアンを撃ちまくってたの。(鏡開きは)今までやったことがないのでプロの方から学びたいです。一緒にマネしてやりたいと思います!

と意気込みを見せました。

そして、ファンタビ!「大ヒット!」とのお客さんの掛け声に合わせ、鏡開き!!!!
日本酒の匂いと日本の風習に興味津々キャスト陣!!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

これから映画を観る観客に向けて

ジュード:世界中をまわって東京という地が最終地点となります。とにかく魔法のファミリーを代表して言いますが、日本と言う素晴らしい文化、人々の温かい歓迎に心から感謝しています!最高の終着点になったと思います!絶対に戻ってきます!

とメッセージが贈られ、イベントは大盛り上がりの中、幕を閉じました。


ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

11月23日(金・祝) 3D/4D/IMAX® 同時公開

公式サイト:fantasticbeasts.jp 
twitter:@fantabi_jp  
映画 公式ハッシュタグ #ファンタビ
魔法界 公式サイト:wizardingworld.jp

物語・・・
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?
***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 
出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ  他 
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
     


エディ・レッドメイン、ジュード・ロウらファンとふれあい『ファンタビ』 スペシャルファンナイト!


映画情報どっとこむ ralph 今世紀最高の“ハリー・ポッター魔法ワールド”最新作が、世界中に魔法をかける! 舞台は、あのホグワーツ魔法魔術学校、そしてパリの魔法界へ!

いよいよ明日!
ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11 月 23 日(金・祝)より全国ロードショーとなります!!

来日ツアー2日目の11月22日は、魔法ワールドの大ファンである、ハリー杉山と高橋愛を司会へ迎え、 日本の魔法ワールドファンと、豪華来日キャストたちが密に交流する、スペシャルファンナイトが開催されました!


『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 スペシャルファンナイト
日付:11月22日(木) 
場所:豊洲PIT
登壇:エディ・レッドメイン(ニュート役)、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、クローディア・キム(ナギニ役)
日本人ゲスト/司会:ハリー杉山、高橋愛

映画情報どっとこむ ralph
「エディ~~~~~~~!!!」とファンたちが呼びかけると、

エディさん:言葉を失うとはこういうことなんですね。今までで初めて体験した感覚です!

とファンから熱い歓迎に身体全体でリアクションをしながら喜びのコメントを寄せ、続けて

エディさん:この映画を引っさげて世界中を旅してきて、今日この瞬間を待ち望んでいました。日本のファンは情熱的で、皆さんの愛に心から感謝しています。アリガトウゴザイマス!

と集まったファン達に向けて、感謝の気持ちを述べました。

映画情報どっとこむ ralph
いよいよ明日から公開となる本作ですが、公開を待ち望むファンからの質問タイムに!

Q:映画の中でのクイニーの役割を、ひとつのキーワードとして表してほしいです!

と尋ねられると、

アリソン・スドルさん:とても興味深く面白い質問ですね。”Desire”(欲望)かしら?

と答えると、ファン達はクイニーとダンの恋の行方を想像し、大興奮!今回のストーリー展開がますます気になっている様子!

本作で登場する日本の魔法動物として登場する河童のコスプレをしたファンが、

Q:エディは河童好きって聞いたんですけど、僕はアリですか!?

と質問すると、
エディさん:一生河童でいてください!そして次の映画に出演してください!

という返答が!「オフコース!」と河童は嬉しそうにエディと会話を交わします。

ニュートのコスプレをしたファンは、

Q:ニュートさんの好きな日本食を教えて欲しいです!

と質問。

エディさん:本当にいっぱい好きで、いつも太って帰ります!寿司、鉄板焼き、ラーメンが大好き!

とエディが答えると、ファンは「全部食べたいです」と思わず涙!会場は笑い声に包まれました。

映画情報どっとこむ ralph 今回生中継しているTwitterからもたくさんの質問が!

Q:私は周りを笑顔に、ハッピーにさせてくれるジェイコブが大好きです。周りに愛される理由はなんですか?

という質問がダンへ寄せられると、

ダン・フォグラーさん:ジェイコブは寛大な心の持ち主なんだ。もともと戦争で戦っていた軍人で、戦地から帰り本来ならば悲しみに暮れるはずなのなのに、『パンを作って皆を幸せにしたい』というような、おとぎばなしに出てくるような男だよ。マグルだから杖も持ってないし、魔法も使えないのに、勇敢に戦うんだ。僕がジェイコブを愛しているように、みんなも愛さずにはいられないよね。

と、ダンは自ら演じるジェイコブへの愛を語ります。

続いて、

Q:プレミアで巡った場所の中で、一番魔法界のようだった場所はどこですか?

という質問がアリソンに投げかけられると、

アリソン・スドルさん:日本ハ魔法ミタイ!

と日本をチョイス!

アリソン・スドルさん:本当に皆さん熱く、温かく迎え入れてくれるので、来る度にびっくりしています。あとは日本食が美味しいところも、魔法みたいですね!

とお茶目でキュートな笑顔を見せます。

司会のハリーからキャサリンに、
Q:ティナがニュートに向けている想いは様々だと思いますが、ひとことでまとめるとその愛はどのようなものでしょうか?

という質問が。

キャサリン・ウォーターストンさん:少し難しいですね、かなり複雑な関係ですから(笑)。ティナはニュートが他の人と結婚したと思っているんです。でもそれはティナが喜ぶことですか?

と会場に尋ねると、「NO~~~~!」と皆が声を合わせて答えます。

キャサリンさん:ですよね?そういうことなんです。みんな大好き♡

と、キャサリンが会場の皆へ微笑みかけると会場からは悲鳴が!ファンたちはキャサリンにメロメロの様子でした。

高橋さんは、アジア人として本作に参加できた喜びを語っていたクローディアさんに対して、ナギニ役に選ばれた時の想いについて問うと、

クローディア・キムさん:オーディションを受けたときはとにかくこの役がほしくて、前作は5回も観たんです。決まった時は本当に光栄で、喜びがいっぱいでした。今日ここにいることが、本当に嬉しいです。今、泣いているファンの方もたくさんいますが、私もいま泣きたい気分です(笑)。温カク、歓迎シテ頂キ、アリガトウゴザイマス!

と流ちょうな日本語を交えながら感謝を伝えました。

最後に司会のハリーが、

Q:ジュードは魅力に、そして色気に溢れていますが、その最大の魅力は何なのか!どうやって引き出したのか!?

と問いかけると、ジュードは

ジュード・ロウさん:てんでわからないよ、遺伝かな?(笑)

と照れながらコメント。そんなジュードの姿にキャストたちも思わず爆笑。

ジュードさん:少なくとも僕とダンブルドアの共通点は、いたずら好きっていうとこかな?子供を相手にいたずら好きな部分を育んでできたので、ようやくこの役を演じて活かせることができたよ!

と、ジュードさんはダンブルドアとの共通点を明かし、ハリー杉山は「質問の本質から逃げられてしまったぜ~(笑)」と少し悔しい様子を見せました。

映画情報どっとこむ ralph 質問コーナーが終わるとファンイベント恒例のスペシャル抽選会に!
今回は当選者がステージに上がり、プレゼントを渡され、キャストにハグもしてもらうという嬉しいサプライズが!さらに、エディ自らセルフィ―棒を使って記念撮影も行い、スペシャルファンナイトに相応しい特別な夜となりました!


最後に・・・

ジュードさん:毎回日本に来るたびに思うんですけど、とびきり楽しい時間を過ごさせてもらうんです。家族のみんなと一緒に来られて、魔法ワールドの一員として来られて、皆さんのおかげで、別次元で楽しんでます。本当に本当に感謝を伝えたいです。皆さんも映画を楽しんでくださいね!

と、日本のファンに向けてメッセージを伝えました。

また、マスコミ向けのフォトセッションではTwitterの投票で決まった、ファンタビの“F”をイメージし魔法をかけているようなファンタビポーズで、会場のファン達と撮影!ファン達とキャスト達が一体となって盛り上がり、会場が熱気に包まれたままイベントは幕を閉じました。

公開はいよいよ明日!

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

公式サイト:fantasticbeasts.jp 
twitter:@fantabi_jp


史上最強の敵、“黒い魔法使い”を追って、ニュートや仲間達の新たな冒険が始まる。魔法動物<ビースト>を愛する主人公・ニュート役にはアカデミー賞受賞俳優のエディ・レッドメイン、シリーズ屈指の人気キャラクター、ダンブルドア先生役にはイギリスの名優ジュード・ロウ、そして黒い魔法使い、グリンデルバルド役には日本でも高い人気を誇るジョニー・デップが名を連ねる。立ちはだかる黒い魔法使いの野望を前に、ニュートと仲間たちの絆が試される!

遂に今週末に公開を迎える日本に先立ち、11月16日(金・現地時間)からアメリカをはじめとした79ヶ国で公開した本作ですが、全世界で2億5,320万ドルをたたき出し『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のオープニング成績を超える大ヒットとなりました。全世界で、ファンタビ旋風が巻き起こっています!(Box Office Mojo調べ、2018年11月19日(月)時点))

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 
出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ  他  配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.


エディ・レッドメイン、ジュード・ロウら『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』レッドカーペット


映画情報どっとこむ ralph ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)より全国ロードショーとなります!

そしてこの度、魔法動物<ビースト>を愛する主人公・ニュート役のアカデミー賞受賞俳優のエディ・レッドメイン、シリーズ屈指の人気キャラクター ダンブルドア先生役のイギリスの名優ジュード・ロウはじめ、本作の主要キャラクターを演じた超豪華な6名のキャストが来日!!!

来日キャンペーン初日である11月21日(水)に世界行脚のプレミアツアーを締めとしてワールドツアーファイナルプレミア in JAPANをおこないました!


【11月 21日(水)】 ワールドツアーファイナルプレミア in JAPAN
レッドカーペットイベント


場所:六本木ヒルズ アリーナ
登壇:エディ・レッドメイン(ニュート役)※2年ぶり4回目来日、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)※6年半ぶり8回目の来日
キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、
ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、クローディア・キム(ナギニ役) 
桐谷美玲、芦田愛菜

映画情報どっとこむ ralph 100名を超える報道陣、そして コスプレをしたファンを含む約1000人のファンたちが集まり大盛り上がりの会場!

レッドカーペットには、本作の日本語吹替え版で主人公ニュートの声を担当した宮野真守さん、若き日のダンブルドアの声を担当した森川智之、「ハリー・ポッター」魔法ワールドファン代表の高橋愛さん、「ファンタビ」ファンのダンテ・カーヴァーさん、ニュートが繰り出す魔法脳のような高速スピンやローラースケートダンスを披露する美少女3人組グループ「Spindle」さん、日本一のフォロワーを持ち本作のセットビジットに参加した大関れいかさん、筋金入りのポッタリアンでJ.K.ローリングにも会った事のある小関裕太さん、そしてハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダーの桐谷美玲さんが登場!


そして、遂に本作の豪華来日キャスト陣がレッドカーペットに!

主人公ニュート役のエディ・レッドメイン、ダンブルドア役のジュード・ロウ、ティナ役のキャサリン・ウォーターストン、クイニ―役のアリソン・スドル、ジェイコブ役のダン・フォグラー、ナギニ役のクローディア・キムが会場に現れ、会場からは悲鳴に近い歓声が沸き起こり、観客のテンションはマックスに!!レッドカーペットではキャスト達がファンたちと一緒にセルフィーを撮るなどのファンサービス、さらには、レッドカーペットでエディがダンにいたずらを仕掛けたり投げキッスを送ったりと仲の良さを披露し、熱気に包まれました。

映画情報どっとこむ ralph まずは、ステージに、豪華キャスト陣登壇の前にハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダーである桐谷美玲と“ファンタビ”オフィシャルアンバサダーである芦田愛菜が登壇!

先だって行われたイギリス・ロンドンのプレミアに参加し、エディとの2ショットも撮ることが出来た桐谷さんは

桐谷さん:ロンドンは本当にすごい盛り上がりで華やかなレッドカーペット歩けて光栄でした。日本でプレミアをやれるのは格別。すごく嬉しいですし、どこの国よりも盛り上げたいと思っています!」と、アンバサダーとしての意気込みを、芦田は「先に映画を観させていただいて衝撃的なことが沢山起こって今でも興奮が止まらないです!

といよいよあと2日で公開となる本作への熱い想いを明かします。

本日杖を持ってイベントに参加しているお2人ですが、実は本作の造形美術監督のピエール・ボハナが作った世界に一つだけの杖。
桐谷さんはロンドンプレミア(http://eigajoho.com/131872)の際に訪れたリーヴスデンにあるスタジオでピエールに特別に作ってもらい、

桐谷さん:特別に作っていただいたのでどうしようとそわそわした気持ちです。

と感無量の表情を見せ、先だってピエール・ボハナが来日した時(http://eigajoho.com/126723)にもらった芦田さんは

芦田さん:杖を持つことが夢だったので、本当に夢のようです。

とコメントを寄せました。

映画情報どっとこむ ralph そして、いよいよ豪華キャスト陣がステージに登壇!

桐谷さんと芦田さんが“エディ”と叫ぶと、ステージに登場してニュートの魔法のトランクに異変が起こり、ステージの台がせりあがります。豪華来日キャスト陣が登場!


主人公のシャイでおちょこちょいな魔法動物学者ニュートを演じたエディさんは

エディさん:コンニチワ!東京に来れて興奮しています。2年間秘密にしていた、新作の秘密をやっと日本の皆さんに放つ時が来ました!日本のファンの皆さん最高です!

と、興奮したご様子。ダンブルドア役のジュード・ロウや黒い魔法使い役のジョニー・デップ、ナギニ役のクローディアと共演して

エディーさん:最初の作品で4人は家族のように仲良くなった。新しいメンバーはどうだろうと疑いをもっていたが、今は才能の溢れる彼らと一緒にできて嬉しく思いますし、ナギニやダンブルドアといった非常に有名なキャラクターを演じていて素晴らしかったです。

と語ります。

正義感の強いアメリカ魔法省の闇払いティナ役を演じたキャサリンさんもエディさんは

エディさん:ミンナダイスキ!今回も戻ってくることができて心から喜んでいます。いつものように皆さんに温かく歓迎していただいて感動しています、

と、2年ぶりに日本に本作のプロモーションで戻ってくることが出来た喜びを明かしました。ストーリーはもちろんのことニュートとティナの関係について気になる本作。MCにその点について問われると

キャサリン:シーッ!

と可愛らしいリアクションをしながら

キャサリン:J.K.ローリングがニュートとティナの結婚までの美しい旅路を、時間をかけて共有してくれると思います!

と、2人の関係性について語ります。

エディさん:この映画のなかでニュートがちょっと遊び心で誘うところも奇妙なやり方なので、楽しみにしてください!

と付け加えました。


映画情報どっとこむ ralph シリーズ初の“マグル”の仲間、ジェイコブを演じて

ダン・フォグラーさん:このように迎え入れてくれて本当にありがとうございます。マグルを演じる僕が皆さんとステージで同じ時を共有できてうれしく思います。本作も皆さんきっとすごく気に入ってくれると思います。1作目に続いて、同じ4人組が登場してファンタスティックな芝居をしていますし、ダンブルドアを演じているジュード・ロウは本当に完璧に演じているし、ナギニ役のクローディアも素晴らしい!非常に壮大な魔法ワールドをご堪能いただけると思います!魔法ワールドに復活できて嬉しい!まるで夢がかなった、宝くじに当たったような気分でジェイコブと同じ気持ち。魔法ワールドや魔法動物などの魔法ワールドにビックリしていますが、僕もこのシリーズに参加できて本当にびっくりしていて本当にラッキーな男だなと思っています!

と「ファンタビ」シリーズに参加できる喜びを話してくれました!

ティナの妹・クイニ―役のアリソン・スドルは

スドルさん:みんなに会えなくて寂しかった。日本は私たちにとって特別な場所だと思っていて、今回も世界各国を巡って日本が最終地点になってようやこの地に来ることができて嬉しい。日本が温かく迎え入れてくれて嬉しいですし、元気がもらえる時差ボケになっても皆さんがいれば!

と挨拶。

ナギニ役を演じたクローディア・キムは

キムさん:日本に本作を持ってお祝いできることが嬉しいですし、アジア人としてこの映画に参加出来て嬉しい!

とニッコリ。新しいキャラとして登場して、

キムさん:最初に作品の脚本を読んだ時から惚れこみました。人間として脆い部分や邪悪な部分があって、そういうキャラクターを演じる事が出来て光栄に思う。作品はまだまだ続きますが、その先を楽しみにしてください」と新たにファンタビチームに加わっての感想を教えてくれた・

そして、本作のキーパーソンとなる若きダンブルドアを演じたジュード・ロウは

ロウさん:今回、初参加ということでキャストやチームが温かく迎え入れてくれた。ファンタビの世界に入れることは人生の中のハイライトに入ったと思う。

と、本作から参戦した心境を明かし、沢山コスプレをしている観客がいる会場を見て、

ロウさん:次回はダンブルドアの髭を生やしてください。今から生やせば間に合います!

と笑いを誘う一幕もありました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・エディとジュードに桐谷と芦田からの質問タイムが設けられたりとイベントは大盛況の中、幕を閉じました。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

が11月23日(金・祝) 3D/4D/IMAX® 同時公開

公式サイト:
fantasticbeasts.jp 
twitter:
@ifantabi_jp  

公式ハッシュタグ #ファンタビ 

魔法界 公式サイト:
wizardingworld.jp


***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)

脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)

プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 

出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、クローディア・キム、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ  他

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.


エディ・レッドメインら『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』キャスト、日本到着!


映画情報どっとこむ ralph 明日21日に盛大に開催されるワールドツアーファイナルプレミア、そして22日に実施するスペシャルファンナイト、23日の初日舞台挨拶などへの出席のため、

主人公ニュート役でアカデミー賞受賞俳優のエディ・レッドメイン、
ニュートのホグワーツ魔法学校の恩師であるダンブルドア先生役のジュード・ロウ、
ニュートに惹かれるアメリカ魔法省の魔法使いのティナを演じるキャサリン・ウォーターストン、
ティナの妹で魔法使いのクイニーを演じたアリソン・スドル、
クイニーと恋に落ちたマグル=人間のジェイコブを演じたダン・フォグラー、
マレディクタスのナギニ役を演じたクローディア・キム
の6名が、続々と日本に到着。

夢のような豪華キャストが日本に結集しています!

映画情報どっとこむ ralph 成田国際空港には、多数のファンが駆けつけ、キャストが現れるのを待ちわびる姿も。
エディ・レッドメインが到着ロビーから現れると、空港に歓声が響き渡り、多数のファンの姿をみるやいなや、サインやセルフィーに次々と笑顔で応じるエディの姿に感激するファンたちの歓喜の声が空港内に響き渡った。約5分にも及ぶ熱心なファンサービスをしたエディは約2年ぶり4回目となる来日だが、今回も多くのファンの期待を集めそうだ。

キャストを一目みようと、北海道からこの日のためにやってきたという20代女性は、「エディの大ファンで、サインももらえて、一緒に写真も撮れました。本当に感激で、震えが止まりません。」と興奮気味。また、朝6時台から空港にいたという20代女性は新幹線で大阪からきたとのことで、空港で仲間たちと集まって待ち続けたという。「サインもらえました!」と満面の笑みで語り、「エディが本当に大好きで、合えたうえにサインまでもらえて感激です。家宝にします。」と喜びを語った。

最新作では、次々に繰り出される圧巻の魔法に、新しく登場するユニークな魔法動物たち、立ちはだかるジョニー・デップ演じる黒い魔法使いの野望を前にして試されるニュートと仲間たちの絆――。魔法界と人間界の支配を企む、史上最強・最悪の“黒い魔法使い”、グリンデルバルドによるかつてない危機が迫る中、ニュートと仲間たちは世界を救えるのか!?

ますますスケールアップし、全世界に魔法ワールド旋風が巻き起こる中、本日からのべ4日間にわたる魔法のような来日キャンペーンが開幕。ついに日本にもファンタビ旋風が巻き起こる!

映画情報どっとこむ ralph 『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

11月23日(金・祝) 3D/4D/IMAX® 同時公開

公式サイト:fantasticbeasts.jp 
twitter:@fantabi_jp
公式ハッシュタグ #ファンタビ
魔法界 公式サイト:wizardingworld.jp


<ストーリー>
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。
パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐
果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 

出演:エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル 他

配給:ワーナー・ブラザース映画
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.


遂にジョニー・デップがファンタビ・ロンドンプレミアに登場!!桐谷美玲・レッドメインもブルーカーペットに!


映画情報どっとこむ ralph 今世紀最高の“ハリー・ポッター魔法ワールド”最新作が、世界中に魔法をかける! 舞台は、あのホグワーツ魔法魔術学校、そしてパリの魔法界へ!

『スター・ウォーズ』などを超え、シリーズ映画史上No.1のハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11 月 23 日(金・祝)より全国ロードショー!

本作のUKプレミアが11月14日(※日本時間)にハリー・ポッター魔法ワールドのお膝元、聖地・ロンドンで開催!

主演のエディ・レッドメインやジュード・ロウら豪華キャストのほか、原作者のJ.K.ローリング、そして、ついにジョニー・デップがプレミアに登場!!

さらに、ハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダーを務める桐谷美玲が、日本のアンバサダーとしてこの超豪華なキャストたちと同じネイビーブルーカーペットを歩き、プレミアに参加!魔法ワールドの大ファンである桐谷がエディ・レッドメインとの念願の初対面を果たしました!

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ロンドンプレミア

実施日 日本時間:11月14日(水)
場所:レスター・スクウェア
登壇:エディ・レッドメイン(ニュート役)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ役)、アリソン・スドル(クイニー役)、ダン・フォグラー(ジェイコブ役)、エズラ・ミラー(クリーデンス役)、ゾーイ・クラビッツ(リタ役)、カラム・ターナー(ニュートの兄:テセウス役)、クラウディア・キム(ナギニ役)、ジュード・ロウ(ダンブルドア役)、ジョニー・デップ(黒い魔法使い・グリンデルバルド役)、J.K.ローリング(脚本)、デイビッド・イェーツ(監督)

桐谷美玲(ハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダー)

映画情報どっとこむ ralph いよいよ日本での公開も間近、そしてキャストの豪華来日まであと1週間という、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。ハリー・ポッター魔法ワールドとより関連性をもって描かれ、二重三重の面白さが展開する本作ですが、この魔法ワールドのお膝元である聖地ロンドンでプレミアが開催されました!

ホグワーツ魔法魔術学校の制服を着たハリポタファンや、ニュートやクイニーの姿に扮したファンタビアンなど約2500人ものファンが集まった会場には「ファンタビ」をイメージした150mのネイビーブルーのカーペットが敷かれ、ロンドンの街並みは幻想的な魔法ワールドへ!15ヶ国から集まった40台のムービーカメラ、約100人のスチールカメラマンらが豪華キャスト陣の姿を抑えようと集まった会場に、エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラヴィッツ、カラム・ターナー、クラウディア・キム、ジュード・ロウ、J.K.ローリング、デイビッド・イェーツ監督ら、パリプレミアに続いて豪華キャストたちが登場すると、観客からの割れんばかりの歓声が沸き起こりました!

さらに、米サンディエゴで行われたコミコン2018ぶりとなる、ジョニー・デップも姿を現し、会場は熱気と興奮に包まれボルテージはマックスに!
世界中を飛び回る魔法動物学者の主人公ニュートのように、エディ・レッドメインはパリに続いて、ロンドンでのプレミア。
「世界中追いかけまわしてきてるね(笑)。J.Kローリングがロンドン出身だからか、いつも情熱的でエネルギッシュで素晴らしいよ。アメージングだね。」とパリとはまた異なるプレミアの雰囲気を楽しんでいる様子。また今回、コミコンぶりに顔を合わせたジョニーとの共演を問われると、「僕にとって、彼と共演する一番大きなシーンは、最後に彼が魔法使いの集会で何千人もの前でスピーチをするシーン。大胆なパフォーマンスをすると同時に、誘惑的で魅力的なキャラクターを演じているんだ。俳優の視点として、ここに感動したね。」と、敬意を表しました。 

映画情報どっとこむ ralph また、本作で「ハリポタ」シリーズでお馴染み、ホグワーツ魔法魔術学校のダンブルドア先生を演じるジュード・ロウ。
ロンドンプレミアについて、「僕のホームだよ。魔法ワールドのホームでもあるよね」とコメント。続けて「素晴らしい俳優と監督と、独創的な脚本家に囲まれて、これ以上の仲間はいないよ。彼らは魔法ワールドを愛して尊敬しているし、観客の意見に耳を傾けているしね。彼らが気に入ってくれることを祈っているよ。」と、ジュードも魔法ワールドに対しての愛を語りました。

ダンブルドアとグリンデルバルドの関係性も本作の大きな見どころですが、「僕が思うに脅威だよね。なぜダンブルドアがグリンデルバルドと戦えないかの鍵が隠されているんだ。あとそのことがどう未来につながるかということもね。」と明かし、「親密で、力強い関係性だね。一度は違う方向に行った2人が、また向き合わなければならない日が来るだろうね。」と、今後の展開にさらなる期待が膨らみます!

ニュートらと旅をする仲間たちの中で唯一のマグル(ふつうの人間)のジェイコブを演じたダン・フォグラーも、「ロンドンは大好きだよ。パリも素晴らしかったけどね。ロンドンはこの映画が作られた場所だし、ファンの興奮が感じられるよ。エネルギーがバチバチと湧いてきているよ。クールだね。」と、ロンドンプレミアの熱気を体感。

ジョニーはジェイコブにとって許し難い敵役となりますが、「ジョニーとの撮影はとても楽しかったよ。彼は怖いよね、希薄な大きな眼で、青白くて真剣な表情で。でもカメラが止まるとジョニー・デップなんだ。親しみやすくて、『ギターを聴きたいかいかい?』なんて言ったりしてね。コスチュームのままフルメイクでギターでロックソングを弾いてくれたんだ(笑)最高だよ。」と、ユーモア溢れるジョニーらしい撮影秘話を暴露してくれました!

「グリンデルバルドが逃げ出すオープニングのシーンは最高だよ。4DXで観るのが良いかもね。4DXで僕も見に行くよ。ベビーニフラーはね、oh my god, 最高だし、ズーウーは圧巻だよ。ぜひ注目してほしいね。」と、本作の注目ポイントも!もう目の前まで迫っている来日について、「待てないよ!来週だよね。日本大好きだよ!」と嬉しいコメントを寄せました。

映画情報どっとこむ ralph そして今回、ハリー・ポッター魔法ワールド公式アンバサダーである桐谷美玲が特別に招待されました!

海外プレミアへの参加は今回が初めてということで、緊張しつつも全てが初体験で楽しみだという桐谷。そんな中、念願叶って遂にエディと初対面!「エディとお話できて、写真を撮ってもらえて、宝物です。ものすごく紳士で優しくて、飾らない感じがニュートそのものでした」と、夢のひとときを振り返りました。
「スタイリッシュでカッコ良かった!」と、間近を通るジュードにも感動!残念ながらジョニーに会うことはできませんでしたが、「作品の中で堪能しているので!悪役だけど、やっぱりカッコいいなあと思います」と、桐谷もグリンデルバルドに魅了されている様子。「思っていた以上でした!楽しかったです!」と、魔法ワールドの大ファンとしてこみ上げる喜びと興奮を胸に、ロンドンプレミアを満喫しました。


レッドカーペットでは、エディをはじめとする豪華キャスト陣が、ファンたちと握手をしたりサインをしたり、これから本作を観る観客とともにカウントダウンをしたりと、観客とキャストたちが一体となり、大盛り上がりのイベントとなりました。公開までますます目が離せない本作の更なる続報にご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

公式サイト:
fantasticbeasts.jp

twitter:
https://twitter.com/fantabi_jp  

公式ハッシュタグ #ファンタビ
魔法界 公式サイト:wizardingworld.jp


物語・・・
シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

***********************************

監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品) 

出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ  他

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.