「ジュリー・ウォルターズ」タグアーカイブ

リトグリ Little Glee Monster 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ジャパン・アンバサダー就任!


映画情報どっとこむ ralph ミュージカル映画史上No.2となる全世界興収6億ドル(Box Office Mojo調べ)突破の大ヒット映画『マンマ・ミーア!』は、ABBAのヒット曲で構成され、全世界でロングランヒットを記録した舞台の映画化で、花嫁のソフィ(アマンダ・セイフライド)が、ヴァージンロードをパパと一緒に歩きたいと、シングルマザーのドナ(メリル・ストリープ)に内緒で、結婚式に自分の父親かもしれない母親の元恋人3人を招待したことで巻き起こる大混乱を描いたミュージカル・ラブコメディ。その前作から10年―続編となる『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が8月24日(金)に日本で公開します!


映画情報どっとこむ ralph ​この度、本作を応援する“ジャパン・アンバサダー”に圧倒的な歌唱力と表現力で絶大な人気を誇る Little Glee Monsterの就任が決定しました!


リトグリが起用された理由は、“歌で人々の心を歓喜させる”というグループコンセプトが、“すべての人の心を至福で満たし、すべての人の人生を祝福する”という映画の作品コンセプトに見事に合致していること。

若年層だけでなく、幅広いファン層を誇り、今や親子で聴きたいアーティストとなっているリトグリが、母から娘、またその娘へと受け継がれる愛と絆と命を描く本作の真髄を叶えることができる存在として抜擢されました。

Little Glee Monsterからのコメント

誰もが知っているABBAの名曲たちにキャラクターの息が吹き込まれていくのが不思議でおもしろくて、引き込まれます。キャストの皆さんの魅力、ストーリーの魅力はもちろん、オリジナルとまた違ったABBAの音楽の魅力が詰まった、とてもすてきな作品。
今回、続編である「マンマ・ミーア!ヒア・ウィ―・ゴー」のアンバサダーを務めさせていただくことになり、本当に光栄です。作品の魅力を、日本の多くの皆さんに届けて、ハッピーになっていただけるよう精一杯努めたいと思います!

映画情報どっとこむ ralph 彼女らは配給のユニバーサルピクチャーズ、ABBAのベニー&ビョルンをはじめとする本作のプロデューサー陣からのお墨付きをもらっての就任となります。
NHK紅白歌合戦出場も果たし、世代を超えて歌声だけで人々の心を震わせる彼女たちが、ポップ・ミュージックのレジェンド ABBAへ最高のリスペクトを胸に、ひとりでも多くの方に本作をご覧いただくため公開まで最高潮に盛り上げます。

まずは今月実施されるロンドンプレミアに日本を代表して参加し、レッドカーペットを歩く予定です。


ABBAの珠玉の楽曲にのせて贈る、母から娘へ、
娘からそのまた娘へ受け継がれる深い愛と絆を描く、この夏一番のハッピーな感動作

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー
原題:MAMMA MIA! HERE WE GO AGAIN 

公式サイト:
http://www.mammamiamovie.jp/

***********************************

監督・脚本:オル・パーカー『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』 
原案:キャサリン・ジョンソン、リチャード・カーティス、オル・パーカー
製作:ジュディ・クレイマー、ゲイリー・ゴーツマン 
製作総指揮:ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース、トム・ハンクス、リタ・ウィルソン、
フィリダ・ロイド、リチャード・カーティス、ニッキー・ケンティッシュ・バーンズ

キャスト:メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、
ジュリー・ウォルターズ、ドミニク・クーパー、アマンダ・セイフライド、クリスティーン・バランスキー、
リリー・ジェームズ、ジョシュ・ディラン、ヒュー・スキナー、ジェレミー・アーヴァイン、
アレクサ・デイヴィーズ、ジェシカ・キーナン・ウィン、アンディ・ガルシア、シェール

全米公開:7月20日 

配給:東宝東和 
(C)Universal Pictures




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』日本版本予告&ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph あの最高にハッピーな大ヒットミュージカル映画が帰ってくる!

約35年ぶりに再結成を発表したのも記憶に新しい、伝説のグループABBAのヒット曲で構成され、全世界でロングランヒットを記録した舞台の映画化である『マンマ・ミーア!』は、ミュージカル映画歴代2位となる全世界興収6億ドル突破(Box Office Mojo調べ)と大ヒットを記録!花嫁のソフィ(アマンダ・セイフライド)が、ヴァージンロードをパパと一緒に歩きたいと、シングルマザーのドナ(メリル・ストリープ)に内緒で、結婚式に自分の父親かもしれない母親の元恋人3人を招待したことで巻き起こる大混乱を描いたミュージカル・ラブコメディが世界中を感動と興奮に包みました。

その前作から10年・・・・

続編となる『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が8月24日(金)に日本で公開となります!


ポスタービジュアル解禁!「いくつもの出会いから、生まれたしあわせ―それが、あなた。」というコピーと共に、ソフィとドナの過去と未来が交差し、母娘の強い絆を感じる世界で唯一日本だけのオリジナルポスターとなっています!

映画情報どっとこむ ralph キャストには前作に続きオリジナルメンバーが勢ぞろい!

ドナ役にはアカデミー賞受賞のメリル・ストリープ、ソフィ役にアマンダ・セイフライドは勿論、ソフィの父親候補である3人:サム役にピアース・ブロスナン、ビル役にステラン・スカルスガルド、ハリー役をコリン・ファースがそれぞれ演じています。

ドナの親友ロージー役にジュリー・ウォルターズとターニャ役にクリスティーン・バランスキー、ソフィの恋人スカイ役にドミニク・クーパーと、豪華な面々が再び集結しファンは歓喜すること間違いナシ!さらに、前作のキャストに加え、若き日のドナ役にリリー・ジェームズ(『シンデレラ』『ベイビー・ドライバー』)が抜擢!彼女が出会う3人の男性、若き日のサム役をジェレミー・アーヴァイン(『戦火の馬』)、若き日のビル役をジョシュ・ディラン(『マリアンヌ』)が、若き日のハリー役をヒュー・スキナー(『マッド・ドライヴ』)が演じます。また若き日のロージー役をアレクサ・デイヴィーズ(『僕と世界の方程式』)、ターニャ役をジェシカ・キーナン・ウィン(『Broadway’s Beautiful』)がそれぞれ熱演!さらにソフィの祖母としてシェール(『バーレスク』)の姿も…!

前作のオリジナルキャストの登場は勿論、今をときめく新たな豪華顔ぶれが揃い、ギリシャの美しいカロカイリ島を舞台に「ダンシング・クイーン」をはじめとするおなじみのABBAの大ヒットナンバーと、前作には登場しなかったABBAの名曲の数々で新しい物語が紡がれます!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、日本オリジナル版となる本予告映像が到着!


「ママ、大好きよ」と結婚式でウェディング姿の娘・ソフィと母・ドナの強い絆から映像は始まり、より母と娘の深い愛と絆が描かれている映像となっております!「ママと(パパたち)の出会いは?」というソフィの一言で映像はドナの青春時代へタイムスリップ!スーツケースをもって世界へと飛び出すドナ。そこで出会う三賢人、サム、ビル、ハリー。この出会いからすべて始まり、今へとつながる!そして、未来へー・・・!ドナの過去の物語の全貌が明らかに!?ABBAの名曲の数々とともに観ているだけでとびきりの笑顔になれる映像です!


最高にハッピーなABBAの楽曲にのせて送る、母から娘へ、娘からそのまた娘へ受け継がれる深い愛と絆を描く、

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー
原題:MAMMA MIA! HERE WE GO AGAIN

8月24日(金)全国ロードショー

***********************************

監督・脚本:オル・パーカー『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』
原案:キャサリン・ジョンソン、リチャード・カーティス、オル・パーカー
製作:ジュディ・クレイマー、ゲイリー・ゴーツマン
製作総指揮:ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース、トム・ハンクス、リタ・ウィルソン、フィリダ・ロイド、リチャード・カーティス、ニッキー・ケンティッシュ・バーンズ

キャスト:メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、ジュリー・ウォルターズ、ドミニク・クーパー、アマンダ・セイフライド、クリスティーン・バランスキー、リリー・ジェームズ、ジョシュ・ディラン、ヒュー・スキナー、ジェレミー・アーヴァイン、アレクサ・デイヴィーズ、ジェシカ・キーナン・ウィン、アンディ・ガルシア、シェール

全米公開:7月20日
配給:東宝東和 
©○cUniversal Pictures




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

マンマ・ミーア!の続編邦題と日本公開決定!


映画情報どっとこむ ralph ミュージカル映画史上No.2となる全世界興収6億ドル(Box Office Mojo調べ)突破の大ヒット映画『マンマ・ミーア!』は、ABBAのヒット曲で構成され、全世界でロングランヒットを記録した舞台の映画化で、花嫁のソフィ(アマンダ・セイフライド)が、ヴァージンロードをパパと一緒に歩きたいと、シングルマザーのドナ(メリル・ストリープ)に内緒で、結婚式に自分の父親かもしれない母親の元恋人3人を招待したことで巻き起こる大混乱を描いたミュージカル・ラブコメディ。


前作の公開から10年

続編となる『MAMMA MIA! HERE WE GO AGAIN(原題)』の邦題が、『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』に決定!2018年8月24日(金)に日本公開が決定しました!

併せまして、特報と場面写真も解禁なんです。



映画情報どっとこむ ralph 前作のその後の物語と、ドナがソフィの父親候補3人と出会った青春時代を中心に、過去と現在を行き来して、そこからどのように現在に繋がっているのかが描かれています。

前作に続き、ドナ役にはアカデミー賞受賞のメリル・ストリープ、ドナの親友ロージー役とターニャ役にはそれぞれジュリー・ウォルターズとクリスティーン・バランスキー。

アマンダ・セイフライドとドミニク・クーパーはそれぞれソフィ役とスカイ役で、ピアース・ブロスナン、ステラン・スカルスガルド、アカデミー賞受賞のコリン・ファースはソフィの父親候補である3人:サム役、ビル役、ハリー役をそれぞれ演じています。

そしてこの度、前作のキャストに加え、若きドナ役にリリー・ジェームズ(『シンデレラ』『ベイビー・ドライバー』)が抜擢。また、若き日のロージー役とターニャ役をアレクサ・デイビーズ(『僕と世界の方程式』)とジェシカ・キーナン・ウィン(『Broadway’s Beautiful』)が、若き日のサム役をジェレミー・アーヴァイン(『戦火の馬』)、若き日のビルをジョシュ・ディラン(『マリアンヌ』)が、若き日のハリーをヒュー・スキナー(『マッド・ドライヴ』)がそれぞれ演じます。さらに、アンディ・ガルシアとシェールの出演も決定!豪華な顔ぶれと共に、ギリシャの美しいカロカイリ島を舞台に、「ダンシング・クイーン」をはじめとする前作でおなじみのナンバーと、前作とはまた違うABBAの楽曲の数々で新しい物語が紡がれます。

映画情報どっとこむ ralph また、若き日のトリオ・バンド“ドナ&ザ・ダイナモス”の姿も収められており、観る人すべてをハッピーにすること間違いなし!前作以上にとびきりの笑顔が待っている本作の続報に是非ご期待ください!


マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー


公式サイト:
http://www.mammamiamovie.jp/

Twitter:
@MammaMiaMoviejp

***********************************

監督・脚本:オル・パーカー『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』
原案:キャサリン・ジョンソン、リチャード・カーティス、オル・パーカー
製作:ジュディ・クレイマー、ゲイリー・ゴーツマン
製作総指揮:ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース、トム・ハンクス、リタ・ウィルソン、
フィリダ・ロイド、リチャード・カーティス、ニッキー・ケンティッシュ・バーンズ
キャスト:メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、
ジュリー・ウォルターズ、ドミニク・クーパー、アマンダ・セイフライド、クリスティーン・バランスキー、
リリー・ジェームズ、ジョシュ・ディラン、ヒュー・スキナー、ジェレミー・アーヴァイン、アレクサ・デイビーズ、
ジェシカ・キーナン・ウィン、アンディ・ガルシア、シェール
全米公開:7月20日
原題:MAMMA MIA! HERE WE GO AGAIN
配給:東宝東和
(C)Universal Pictures




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

紳士なクマが活躍「パディントン」シーン画到着!


ロングセラー児童小説「パディントン」をあの『ハリー・ポッター』シリーズのプロデューサーが実写映画化!

それが『パディントン』。

ちょっと野生で映画史上もっとも紳士なクマが活躍する場面写真が到着しました!

パディントンs1
映画化にあたって、パディントンのキャラクターはより一層掘り下げられ、イギリスに憧れるおじさんに育てられたパディントンは、正統派の英国紳士のスピリットを受け継ぎ、礼儀正しく言葉づかいは美しく、挨拶とお礼を忘れなません。

ですが、そんなエレガントなハートが宿るボディは、モフモフの毛に覆われた野生のクマ。おかしくも愛おしいそのギャップこそが、世界中を虜にした秘訣だ。

パディントンs3
家を探しにはるばるベルーのジャングルから大都会・ロンドンにやってきた、パディントン。

親切なブラウンさん一家と、見るものすべてに目を輝かせるパディントンのとっても愛らしい姿ほか、トイレの便座を頭から被り、タンクにしがみつく姿も!これは、初めて見るバスルームでトイレを壊し、オシャレな家を水浸しにしてしまうシーンの一コマ。

パディントンs5
丁寧な言葉づかいでとっても紳士だが、不器用でおっちょこちょい。

さらに、謎の美女・ミリセント(ニコール・キッドマン)に何の疑いもなくついていくパディントンの姿が!“小さな紳士”がどんな大冒険を繰り広げるのか?
パディントンs4
物語・・・

映画史上一番紳士なクマに、ハッピーと笑顔があふれ出す!
イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、家を探しにはるばるペルーからやってきた。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。

それは…彼が“クマ”だから!

やっと出会った親切なブラウンさん一家に“パディントン”と名づけられ、屋根裏に泊めてもらうことになる。そうして始まった初めての都会暮らしはドタバタの連続!それでも純粋で礼儀正しいパディントンはやがて街の人気者になっていく。
パディントンs2 そんなある日、彼をつけ狙う謎の美女・ミリセントに誘拐されてしまう!果たしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか!?

そして、そこには、もっと素敵な何かが待っていた…!

パディントン

2016.1.15(FRI.)全国ロードショー!

公式サイト:paddington-movie.jp
公式twitter:@eigapaddington

********************************************************************

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント

監督:ポール・キング  
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド 配給:キノフィルムズ

© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

今度は英国。紳士なクマ!映画『パディントン』ポスター解禁!


世界40ヶ国語以上で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童書「パディントン」シリーズを初めて実写映画化した『パディントン』。2016年1月15日(金)より全国公開となります。

そのキュートなポスタービジュアルが到着しました!

パディントン_ポスター赤い帽子とダッフルコートがトレードマークの紳士なクマの“パディントン”。

解禁されたポスタービジュアルでは、クリクリした目と思わずさわりたくなるようなもふもふした毛並み、ちょっと野生的。

大好物のマーマレードを常備して、スーツケースに礼儀正しくちょこんと座る姿がなんとも愛らしい!舞台は大都会ロンドン。

最も有名な時計台「ビッグベン」、赤い制服に黒い帽子をかぶった「近衛兵」、赤い2階建ての「ロンドンバス」に「電話ボックス」、、、とロンドンの街並みが青い空に映え、ポップでカラフルなパディントンワールドが広がる。

パディントン
“小さな紳士”のパディントンが、ペルーのジャングルの奥地からロンドンで大冒険を繰り広げるさまを描いた本作。

この冬、映画史上もっとも紳士なクマが、ハッピーと笑顔をとどけます!

パディントン

2016年1月15日(金)全国ロードショー

公式サイト:paddington-movie.jp


********************************************************************

出演:
ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン、ベン・ウィショー(声の出演)

監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド

配給:キノフィルムズ
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

紳士なクマ『パディントン』日本公開決定!特報映像解禁!


ロングセラー児童小説の実写映画『パディントン』が、2016年1月15日(金)より全国公開されることがわかりました。

今回のしゃべる熊は、とっても紳士!!

世界40ヶ国語で翻訳、全世界3,500万部以上の売り上げを誇るロングセラー児童小説「パディントン」シリーズを初めて実写映画化した『パディントン』。

パディントン
本国イギリスでは『アナと雪の女王』を超えるオープニング成績を記録し、アメリカをはじめ全世界で321億円を超える大ヒットを記録!アメリカ映画批評サイトRottenTomatoでは「98%Flesh!」という驚異の支持を集めました。

そして、日本公開決定のお知らせと共に特報も到着!!!

舞台は、イギリスの首都・ロンドン。ペルーのジャングルの奥地からパディントン駅にやってきたのは、真っ赤な帽子を被った小さな紳士。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。それは・・・“クマ”だから!

今回、解禁された映像には、映画史上もっとも紳士なクマ“パディントン”がひょっこり顔出す愛らしい姿がおさめられている。やっと出会った親切なブラウン一家に “パディントン”と名づけられた彼が、どんな心躍る冒険を繰り広げるのか!!



パディントンの声を担当したのは、『007 スペクター』のベン・ウィショー。

ブラウン一家には、「ダウントン・アビー」の英国伯爵グランサム役で日本でもおなじみのヒュー・ボネヴィル、 『ブルー・ジャスミン』のサリー・ホーキンス。『ハリー・ポッター』シリーズのジュリー・ウォルターズやジム・ブロードベントも出演。さらに、パディントンをつけ狙う謎の美女・ミリセントに、『めぐりあう時間たち』でアカデミー賞®を獲得し『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』でグレース・ケリーを演じ話題になったニコール・キッドマン、と豪華キャストが集結しました。

作っているのは、『ハリー・ポッター』の全シリーズ、『ゼロ・グラビティ』を手掛けたデヴィッド・ハイマンなんです!

この冬、映画史上もっとも紳士なクマが、ハッピーと笑顔を届ける!
ご期待ください!

パディントン

2016年1月15日(金)全国ロードショー

公式サイト:paddington-movie.jp

********************************************************************

出演:
ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、
ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン、
ベン・ウィショー(声の出演)

監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド
配給:キノフィルムズ
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ポール・ポッツの半生『ワン チャンス』BD&DVD11月に発売!


イギリスの人気オーディション番組から誕生したオペラ歌手ポール・ポッツの半生を映画化した
ワン-チャンス_ポスター 『ワン チャンス』

が、2014年11月5日(水)にBlu-ray&DVDで発売となります!


世界に衝撃と感動を巻き起こした、冴えない携帯販売員の奇跡の逆転劇!

夢見ることを忘れた大人に贈る、感動作です!

劇中、主人公が歌うオペラはすべてポール・ポッツ本人が吹き替えを担当。誰もが一度は聞いたことがある素晴らしいオペラの名曲の数々が物語に美しい彩りを加えています。

たとえば・・・・

誰も寝てはならぬ「トゥーランドット」より、ネッラ・ファンタジア[モリコーネ作曲]、衣装をつけろ「道化師」より、星は光りぬ「トスカ」より、君を愛す[グリーグ作曲]、タイム・トゥ・セイ・グッバイ[イル・ディーヴォ] など


物語は

子どもの頃から、典型的なイジメられっ子。

大人になっても、冴えないままの携帯電話販売員。

彼の名はポール・ポッツ。

シャイで謙虚、自信の欠片も持たずに生きてきた彼の、誰にも言えない夢は「オペラ歌手」になること。数々の挫折を繰り返すも、遂に憧れのパヴァロッティの前で歌う機会を得るが、「君はオペラ歌手にはなれない」と一蹴され、すっかり自信を喪失する。

しかし、愛する妻 や友達の励ましに、くじけそうな勇気を奮い立たせ、上がった最後の舞台、オーディション番組。緊張に体が震え、何度も逃げ出したくなるポール。ステージか非常口か―迷うポールに運命を分けるメールが届く…。


********************************************************************

出演:ジェームズ・コーデン、アレクサンドラ・ローチ、ジュリー・ウォルターズ
監督:デヴィッド・フランケル
脚本:ジャスティン・ザッカム
製作:サイモン・コーウェル、マイク・メンチェル、ブラッド・ウェストン、クリス・サイキエル
楽曲吹き替え:ポール・ポッツ本人
(C)2013 ONE CHANCE, LLC. All Rights Reserved.

 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ