「ジャニーズJr.」タグアーカイブ

安井謙太郎(ジャニーズ Jr.)×山本涼介、森田美勇人(ジャニーズ Jr.)『ニート・ニート・ニート』遂に公開日解禁


映画情報どっとこむ ralph 安井謙太郎(ジャニーズJr.)が映画初主演を務める映画『ニート・ニート・ニート』。
そしてこの度、本作の公開日が遂に11月23日(祝・金)に決定!

原作は、デビュー作『太陽がイッパイいっぱい』(02)で、第8回小説新潮長編新人賞を受賞した三羽省吾による同名小説。

メガホンを取るのは、竹久夢二を愛した女たちの姿を通して、“人間・夢二”の本質を映し出した『夢二〜愛のとばしり』(16)で監督・脚本を務め、さらに10月には知英主演の『殺る女』が公開を控える、宮野ケイジ監督。

主人公レンチを始めとする3人のニートと1人の少女が、北海道の大自然の中で右往左往する青春ドタバタロードムービーをコミカルに描きます。

メインキャストには、『仮面ライダーゴースト』の仮面ライダースペクター/深海マコト役で一躍知られ、さらにドラマ『陸王』など話題作にも出演し注目を集める若手俳優・山本涼介(タカシ役)、安井と同じくジャニーズJr.の森田美勇人(キノブー役)、 3人のニートとともに旅する謎の女性・月子役には期待の新星・灯敦生が抜擢!

豪華かつフレッシュな顔ぶれが「ニート」に扮し、広大な夏の北海道を舞台に苫小牧市、札幌市、稚内市、釧路市阿寒町、清水町、帯広市、えりも町と総移動距離3300km越える、縦横無尽な逃避行を繰り広げる。

その他、若手キャストを支えるベテラン勢には、タカシの母親役に石野真子、北海道でニート3人組を助けるタカシの叔父に『真田丸』でも活躍した藤本隆宏、その妻役にMEGUMIが脇を固めた。

映画情報どっとこむ ralph
さらに公開に向け意気込みを語るキャスト陣からのコメントも到着した!


ニート・ニート・ニート
11月23日(金・祝)全国ロードショー

公式サイト:
https://neet3.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/neet3_jp/

【STORY】
代わり映えのない会社勤め、パソコンに向き合う日々。「俺…会社、辞めようかなって…」。退屈な毎日にうんざりして仕事を辞めてしまったタカシ(山本涼介)。
そんな矢先に高校時代の同級生・レンチ(安井謙太郎)が彼のもとを訪ねてきた。「北海道行くべ!」話を聞くとレンチは危ない筋の関係の女性に手を出してしまったという。
レンチはタカシに加えて自家用車を持っている、同じく元同級生のキノブー(森田美勇人)も強引に巻き込み、ニート三人の逃避行が始まった。
道中、レンチが出会い系サイトで知り合ったという女性と待ち合わせをすることに。しかし待ち合わせ場所にいたのはまだ幼さの残る少女だった。
月子(灯敦生)と名乗るその少女に主導権を奪われた一行は、彼女に従って北海道の各地を転々とすることに。
旅の目的を一切明かさず三人には全く心を開かない月子だったが、その表情はどこか悲しげだった。そんな旅の途中でレンチはまたしてもトラブルを引き起こし、北海道でも追われることに。
果たしてニートたちは危機から逃げ切ることができるのか…月子が抱える秘密と旅の目的は一体何なのか…?

***********************************

監督・脚本:宮野ケイジ(『夢二〜愛のとばしり』) 原作:三羽省吾 「ニート・ニート・ニート」(角川文庫)
主題歌:「キャリーオン」9mm Parabellum Bullet(日本コロムビア)
出演:安井謙太郎(ジャニーズ Jr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズ Jr.)、灯敦生、MEGUMI、松澤一之、相田英瑞、小南光司、山優香、前田倫良、石野真子(特別出演)、藤本隆宏
企画:株式会社ミレ・ファクトリー 宣伝:(株)MACH 製作:映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会 配給:スパイラル・ピクチャーズ
©2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会


塚田僚一(A.B.C-Z)× Snow Man(ジャニーズJr.)『ラスト・ホールド!』上海国際映画祭正式出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 塚田僚一(A.B.C-Z)映画初主演、ジャニーズJr.の人気グループSnow Man(岩本照、深澤辰哉、 渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)全員が共演した映画『ラスト・ホールド!』。

この度、第21回上海国際映画祭(21th Shanghai International Film Festival/6 月16 日~6 月25 日)パノラマ部門(受賞対象外で話題作品を上映)にて正式招待作品として上映されることが決定しました!!

この映画祭は1993年より開催されている国際映画製作者連盟(FIAPF)公認のアジア最大級規模の長編映画祭です。

映画情報どっとこむ ralph 主演・塚田僚一さんと真壁幸紀監督からの喜びのコメントが届いています!

主演・塚田僚一さん
完成された作品を見て、たくさんの方にご覧頂きたいなっと思っていたので本当に嬉しいです。
東京オリンピックに向けてこれから盛り上がるボルダリング、まだ馴染みのない方もいる中で「わかりやすい」とか
「面白い」という感想を頂き、この作品が届いた事を実感しました。
日本での壁を登りきり、次は上海国際映画祭の壁!海外の人たちの壁も登りきれる事を信じています。 「ガンバ!」

真壁幸紀監督
とても光栄です。
上海国際映画祭での上映は、これから国内外で、より多くの人に観てもらえるキッカケになると思います。
以前、中国の映画祭に参加した時は、観客の皆さんが自由に喜怒哀楽を声に出しながら鑑賞されていたので、 自然と”応援上映”のようになるかもしれません。 反応が楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 出演者が吹替えなしで挑んだボルダリングシーンも大きな話題となった胸アツな青春群像劇、いよいよ海外初披露となります!

塚田僚一(A.B.C-Z)映画初主演、ジャニーズJr.の人気グループSnow Man(岩本照、深澤辰哉、 渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)

映画『ラスト・ホールド!

オフィシャルサイト:
http://lasthold-movie.jp


物語・・・
ボルダリングは人生と同じ。壁と向き合い登っていくと、また新たな壁が現れる━
廃部寸前のボルダリング部の主将・岡島(塚田)は大学卒業を控え、今や自分一人となった部を存続させるべく6人の新入部員を勧誘しなければならなかった。
必死の勧誘で入部した6人は、1人の経験者とクセのつよい初心者5人。
総じて体力もなくボルダリングをなめてかかっているものだから試合でも負け続けである。
しかし、みんなでトレーニングを重ね、競技を向き合う内に、次第に壁に挑む楽しさを知り、固い友情で結ばれていくメンバー。
そんな時、大事な団体戦の前にある事件が起こってしまう…。

***********************************

監督:真壁幸紀
脚本:川浪ナミヲ、高見健次 音楽:眞鍋昭大
主題歌:A.B.C-Z「Future Light」(ポニーキャニオン)
出演:塚田僚一(A.B.C-Z)/ 岩本照 深澤辰哉 渡辺翔太 宮舘涼太 佐久間大介 阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.)
永野宗典 駒木根隆介 / 勝村政信
配給:松竹 ©松竹


阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)銀幕デビュー!『空飛ぶタイヤ』#長瀬智也との共演場面写到着!


映画情報どっとこむ ralph 6月15日(金)に公開される映画「空飛ぶタイヤ」。累計180万部を突破した池井戸潤の同名小説の映画化であり、主演に長瀬智也さんを迎え、共演にディーン・フジオカさん、高橋一生さん、深田恭子さん、岸部一徳さん、笹野高史さんらオールスターキャストが集結。

そうそうたる俳優陣が揃ったなかで、期待の若手ジャニーズJr.阿部顕嵐(あべあらん)さんが銀幕デビュー。

この度、事務所の先輩である長瀬智也さんとの共演シーンの新たな場面写真が到着しました!


映画情報どっとこむ ralph 阿部さんは、ジャニーズJr.内のグループ「Love-tune」のメンバーとして活躍する一方、2014年に放送したSexy Zone佐藤勝利主演ドラマ「49」で俳優デビューを果たし、翌年にはドラマ初主演となる「近キョリ恋愛〜Season Zero〜」にて、映画『近キョリ恋愛』に登場する櫻井ハルカ(山下智久)の高校生時代を演じ、恋と友情に悩むリアルな高校生の姿が若者を中心に人気となった。その後、舞台「何者」でも主演を務めるなど、俳優界でも目を引く存在となっている。

阿部さんが本作で演じるのは、赤松徳郎(長瀬智也)の下で働く、若手整備士・門田駿一。

少々態度の尖った、目つきの鋭い金髪の青年という、阿部さんにとって初めてのキャラクターの挑戦。映画出演発表の際には、

阿部さん:事務所に入った時から10代の内に絶対映画に出演したいと言い続けていたのですが、ついにひとつの夢が叶いました。映画出演を初めて聞いたときは、まるで空を飛んでいる気持ちになったのを今でも鮮明に覚えています。

と喜び溢れるコメントを寄せた。



大先輩の長瀬智也さんと初共演ともなった本作だが、

阿部さん:長瀬くんをはじめとした大勢の憧れのキャストの方々とご一緒できて、また同じ空気を吸いながらお芝居ができて学ぶことが多く、とても刺激を受けました。本木監督やスタッフさんからも色々なアドバイスを頂きながら、自由にのびのびと素敵な環境でお仕事ができました。

といい、長瀬さんに引けをとらない堂々とした演技で、反発心がありながらも熱く実直な青年を熱演している。4月に行われた完成披露試写会の舞台挨拶では、

阿部さん:外見は金髪で、だけど点検は人一倍やっているというできる男なんですけど、若さとか関係なく、何かに立ち向かって戦っている姿を、共感していただけると僕は嬉しいですね。

と緊張気味に役柄について語っていた。

映画情報どっとこむ ralph 短期間で俳優として精力的に活動する阿部顕嵐。
長瀬智也、岡田准一らに続く、演技派ジャニーズの卵に注目です!

空飛ぶタイヤ
物語・・・
ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し” だった。果たしてそれは事故なのか、事件なのか。男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか。日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!

***********************************


長瀬智也
ディーン・フジオカ 高橋一生
深田恭子 岸辺一徳 笹野高史 寺脇康文 小池栄子 阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.) ムロツヨシ 中村蒼

原作:池井戸潤「空飛ぶタイヤ」(講談社文庫、実業之日本社文庫)
監督:本木克英
脚本:林民夫
音楽:安川午朗
主題歌:サザンオールスターズ「闘うもの戦士たちへ愛を込めて」(タイシタレーベル/スピードスターレコーズ)
企画・配給:松竹
(c)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会


A.B.C-Z塚田僚一&Snow Man登壇!ボルダリング映画『ラスト・ホールド!』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph A.B.C-Zの塚田僚一の映画初主演作であり、アクロバティックな舞台で観客を魅了するジャニーズJr.の人気グループ Snow Manのメンバー6人(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平)が共演する 映画、『ラスト・ホールド!』が本日いよいよ公開となりました。
本作は、東京2020オリンピックの追加競技に決定した 「ボルダリング」(スポーツクライミング)を題材に、超弱小ボルダリング部の落ちこぼれ大学生たちが日本一を目指す 青春映画です。 この度、公開を記念し、塚田僚一とSnow Man、真壁幸紀監督が登壇し、初日舞台挨拶を実施いたしました。

公開 を記念してキャストが特製樽を鏡開き!その樽の中からはなんと、本作ならではのプロテインが登場し、登壇者による プロテイン乾杯も。さらには本作へ出演もされている楢﨑智亜選手からサプライズコメントも到着し、大盛り上がりのイベ ントとなりました。


『ラスト・ホールド!』初日舞台挨拶
日程:5月12日(土)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:塚田僚一(A.B.C-Z)/岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.)/真壁幸紀監督

映画情報どっとこむ ralph MCの呼び込みで、客席からの温かい拍手の中、塚田僚一さんとSnow Man(岩本照さん、深澤辰哉さん、渡辺翔 太さん、宮舘涼太さん、佐久間大介さん、阿部亮平さん)が客席後方から登場。

はじめに、

塚田さん:今日はお越しいただきありがとうございます。ファンの皆さん、関係者の皆さん、本当にありがとうご ざいます。普段あんまり気持ちを言葉には出さないのですが、主演をやれたことや、こうして皆さんが来てくださっていること が本当に嬉しくて幸せです。

と挨拶。 続く

岩本さん:塚田くんとSnow Man6人でこうして出演できたのは嬉しいで す。短い時間ですが楽しんでいってください。

深澤さん:新井武蔵役を演じた滝沢秀明です。(客席から歓声) Snow Man「ウソつけー!」)いつもこうして、みんなが答えてくれて助けられています(笑)よろしくお願いいたします。

渡辺さん:8時50分からの映画を観てくださっているということで、何時起き?朝からこうして集まってくださって嬉しいで す。ありがとうございます。

宮舘さん:今日からこの作品は、皆さんが育てていく番です。チームラストホールドを全身で 感じて、幸せになって帰ってください

佐久間さん:映画楽しかったでやんすかー?(客席「イェーイ!」)ならよし! よろしくお願いいたします。

阿部さん:今日という日が迎えられたのが嬉しいです。楽しんでいってください。

真壁監督:朝早くからありがとうございます。今日は暑いので、外に出ずに映画館にいていただいて、2回3回と観ていただけた らと思います。

とそれぞれ挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 初日を迎えてどんなお気持ちですか?という質問に対し、

塚田さん:初主演ということもあり、経験させていただくことが 新鮮なことばかりでした。そして先週、櫻井翔くんの主演映画が公開されましたがその時にチケットを150枚に買ってお世話になった方にお渡ししたというのを聞いて、僕も恩返しをしたいなと思い…先輩の櫻井さんよりも、ちょっと少ない148枚 買いました!再来週に僕の先輩・生田斗真くんも映画があるということで、きっと生田くんは149枚買うんじゃないかと 思って、2人よりも少ない148枚です!

とコメントすると、会場は笑いに包まれました。

Snow Man全員での映画出演については、

岩本さん:全員で映画にでるのは2回目だったのですが、本作でノースタ ントで登れたのは、一緒にいろいろな壁にぶつかったりしながら乗り越えてきた6人がいたからこそだったのではないかなと 思っています。一皮むけました。

とコメントしました。

続いて撮影を振り返って楽しかったことについては、

塚田さん:みんなでご飯を食べたことです。撮影に入る前のお祓い 終わりで、築地で食べたラーメンがおいしくて…食事を楽しく食べれたのはSnow Manと一緒だったからだなと思っていま す。

岩本さん:ボウリングのシーン。みんなあのシーンは撮影を忘れて楽しんでいました。

佐久間さん:学食で プロテイン乾杯をするシーンがあるのですが、撮影だと何回も撮りなおして実は7~8杯飲んでいるんです。もうプロテインは いいかなと(笑)

阿部さん:撮影は全部楽しかったです。楽しかったことを思い出すと、どのシーンにも塚田くんがいます。 裏でもそのまま塚ちゃんでいてくれて、明るい気持ちになれたし、僕も頑張ろうと思えました。

と撮影を振り返りながらコメ ント。

映画情報どっとこむ ralph 撮影で頑張ったことについて、

深澤さん:津軽弁を覚えるのが大変でした。ずっと練習していましたね。(塚田さん「本 当にすごいと思う」)…次の人どうぞ。

と照れながらコメント。

宮舘さん:ドラムの練習ですね。あとは劇中でタンクトップ をどう着こなすかですかね。登場シーンもポーズを決めて頑張りました(笑)

渡辺さん:プロテインのことを言おうと思って いたんですけど、佐久間に言われてしまったので…。佐久間が遅刻した日があって、塚ちゃんが佐久間を怒っていたのです が、その横で笑いに堪えるのを頑張りました。俯瞰で見たら、2人とも金髪で、「なんだ、この画は!」って(笑)

と語りまし た。

真壁監督には、キャストの雰囲気を聞くと、

真壁監督:みんな本当に素直で、スタッフにも可愛がられていました。男性のスタッフからも可愛がられていたのはすごいことだと思います。

とコメント。

そしてここで、キャスト・監督にサプライズで、映画にも出演されているスポーツクライミング楢﨑智亜選手からビデオメッセー ジが到着!

メッセージを受けて

塚田さん:メッセージをいただいたこともですが、映画にも出演していただいているので、本当にありがたいです。日本山岳・スポーツクライミング協会の方が後援の作品のため、プレッシャーもあったのですが、楢﨑選手から奮い立たせていただくことが多くありました。2020東京オリンピックの公式種目にも決まったので、またご一緒できるように僕も 頑張ります。

と熱く語りました。

映画情報どっとこむ ralph そしてさらに、公開を記念して「ラスト・ホールド!」特製樽が登場し、キャスト・監督で鏡開きを実施。
鏡を割ると、中には8つのプロテインシェイカーが!

塚田さん:ジムで練習した後、みんなでプロテイン乾杯をしていたんです。それが今日で終わりかと思うと少し寂しい気もしますが、『ラスト・ホールド!』の大ヒットを祈って乾杯!

という掛け声で、本作ならではの゛プロテイン乾杯゛による大ヒット祈願を行いました。

プロテイン乾杯をしてみて、渡辺さんは「お祝いでこうして笑顔で乾杯できるのは素敵なことだと思うので、みなさんも『ラス ト・ホールド!』をみて「映画よかったね、乾杯!」としていただけたらと思います。

とコメントし、舞台挨拶を締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 『ラスト・ホールド!』

5月12日(土)より絶賛公開中!

オフィシャルサイト:
http://lasthold-movie.jp

物語。。
ボルダリングは人生と同じ。壁と向き合い登っていくと、また新たな壁が現れる━ 廃部寸前のボルダリング部の主将・岡島(塚田)は大学卒業を控え、今や自分一人となった部を存続させるべく6人の新入部員を勧誘しなけれ ばならなかった。必死の勧誘で入部した6人は、1人の経験者とクセのつよい初心者5人。総じて体力もなくボルダリングをなめてかかっているもの だから試合でも負け続けである。しかし、みんなでトレーニングを重ね、競技を向き合う内に、次第に壁に挑む楽しさを知り、固い友情で結ばれてい くメンバー。そんな時、大事な団体戦の前にある事件が起こってしまう…。 【ボルダリングとは】 自然の岩場を道具に頼らず自分の技術だけを駆使して登る「フリークライミング」が進化し、競技性より強調された「スポーツクライミング」。この競技 は「リード」「ボルダリング」「スピード」の3種目から成り立つが「ボルダリング」は、技術力、洞察力、戦略性が問われ、いかに正しい動きを見せるか が勝負のカギになることから「身体を使ったチェス」と呼ばれている。ちなみに、日本は2014年から17年の4年連続で世界ランキング1位を獲得した 世界有数のボルダリング強豪国。

***********************************

監督:真壁幸紀(『ボクは坊さん。』)
脚本:川浪ナミヲ、高見健次
音楽:眞鍋昭大(『映画 闇金ウシジマくん』)
主題歌:A.B.C-Z「Future Light」(ポニーキャニオン)

出演:塚田僚一(A.B.C-Z)/岩本照 深澤辰哉 渡辺翔太 宮舘涼太 佐久間大介 阿部亮平(Snow Man/ジャニーズJr.) 永野宗典 駒木根隆介/ 勝村政信

配給:松竹
©松竹


長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生ら登場にファン大熱狂!『空飛ぶタイヤ』完成レッドカーペット&披露上映


映画情報どっとこむ ralph 池井戸潤先生の大ベストセラー「空飛ぶタイヤ」が待望の映画化。

主演に長瀬智也さんを迎え、ディーン・フジオカさん、高橋一生さんら日本を代表する人気キャストが集結。

そしてこの度、本作の完成を記念し、プレミアイベント&完成披露試写会の開催が決定いたしました。
当日は、超豪華キャストが勢ぞろい!作品への想いなど、熱いトークを繰り広げます。さらに舞台挨拶前には、ワンフロア全面に敷かれた超ロングレッドカーペットをキャスト陣が歩く、レッドカーペットセレモニー(サウンドバイツ)も行います!

日付:4月23 日(月)
場所:有楽町マリオン
レッドカーペットセレモニー
登壇:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、中村蒼、浅利陽介、本木克英監督

舞台挨拶
場所:丸の内ピカデリー
登壇:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、中村蒼、浅利陽介、本木克英監督

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペットセレモニーにMCがキャストを呼び込むとまだ見えないはずの観客が黄色い声が上がり、
長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、中村蒼、浅利陽介、本木克英監督が登場。

驚くキャストの皆さん
長瀬さん:今日は忙しい中ありがとうございます!(遠くから拍手)聴こえてますよ!ミンさんい観ていただける日が来ました、。みんなで頑張って作った池井戸潤作品。監督に編集と言う調理をしていただき、素敵な作品になりました。早く観ていただきたいです!
ディーンさん:この作品とても深い。日本の社会の色々な面が表現されていて、最後に大逆転。最後スカッとする痛快エンターテインメントになっています!
高橋さん:今日はこの日を楽しみに来ました。男性が多い作品ですが、きっと女性もきっと観て下さったあとには勇気づけられると思います。

と一言づ挨拶してフォトセッション!

長瀬さん:空飛ぶタイヤ!

観客の皆さん:反撃開始!

この後、レッドカーペットを練り歩き、TVのインタビューとファンサービスをたっぷり。

映画情報どっとこむ ralph そして、劇場に場所を変え舞台挨拶へ。

レッドカーペットのキャストと監督に、寺脇康文さんが加わっての登場に歓喜の声と拍手が渦巻く会場。
長瀬さん:この作品はね。ファンも多いと思います。池井戸作品初めてでなかなか慣れない社会派のドラマ。作品のメッセージに共感して、それを届けられるように頑張りました。1年ほど前に撮り終えまして、そこから監督の作業を踏まえ観ていただける日が来たこと嬉しく思っています。社会の話ですが、ちょっと触れられる作品になっています。思い通りにいかないストレスのある中、、爽快な逆転劇で、劇場を出られると思います。感じたことを周りの方に広めて、次に見るときにはお友達を連れてきてください!(笑)

と熱く語る長瀬さんに続き・・・
ディーンさん:大企業に勤めたことがなかったので・・・人間てどんな立場でも影響を受けるんじゃないかと、個人で思うところと、社会での立場で思うことが違うこと。そこに葛藤があるのではないかと演じました。長瀬さんも言っていましたが、最後は大逆転で希望を持てる勇気を持てる作品になっていると思います。多くの人に観ていただきたいなと思います!

高橋さん:舞台挨拶にこれだけの方が集まっていただいて、楽しみにしていただいたと思うと嬉しいです。1年前の撮影に携われて、こういう場に立って良かったと実感します。一歩を踏み出す勇気をこの映画から感じ取っていただければ僕は幸せです。

深田さん:旦那様が窮地に陥ったときに、それをどんなふうに励ましています。信念の元、男性の立ち向かって行く背中が素敵な映画です。

寺脇さん:色々刑事役をやってきましたが・・今回も刑事役。ダークでJOJOに負けないリーゼント。長瀬君とのシーンばかりでしたが、実は長瀬君とはデビュー時の頃共演していて、その時も刑事でした!(長瀬さん:不思議ですね。)キャッチボールしてた長瀬君がこんな大人になってね。

と、感慨深げ。最強で様々なタイプのイケメンが集まった本作に。

小池さん:勿論、ちゃんとお芝居しなくてはいけませんが、こんなに格好の良い役者さんに囲まれて。それをモチベーションに撮影現場に向かっていました!記者役ですので、男性達とは違うアプローチで真実を求めていっています。正義とは何か・・・かっこよいです。

映画情報どっとこむ ralph 百戦錬磨の役者さんたちに続き緊張気味の阿部さん

阿部さん:今空を飛んでいる気持ちです。外見は金髪ですが、点検は人一倍やる。何かに立ち向かっている姿に共感して見守ってください。緊張しています・・・。

と話します。
中村さん:明日を生きる力になる映画だと思います。これを観て股下も頑張ろうと思っていただけたら嬉しいです。

と落ち着いて話す中村さんの次に、カミカミの浅利さん。長瀬さんがDDDD DJ?と突っ込む場面も。
浅利さん:すみません!作品に携われて、嬉しかったです。メッセージ性があって、心に引っかかってくれれば、いいなと思います。
本木監督:凄いキャストでしょ?皆さんラッキーです。一般の方で初めてのお披露目です。凄いキャストと200名近いスタッフで、当初の想いより10倍良いものになっています。編集時には3時間程になってしまいましたが、凝縮して2時間程度になりました。監督に20年で、社会派映画が撮りたかったので幸せです。社会派でタイムリーな作品になったと思います。

と、一言挨拶。

映画情報どっとこむ ralph ここで、自分の正義を守る映画。皆さんが守りたいものは?

長瀬さん:やっぱり愛する人じゃないですかね。。。

と、マスコミを前に大胆!かと思いきや

長瀬さん:居ればですけどね!家族がいたりすればです。あとは寺脇さんを守りたいです。昔からお世話になってるんで。阿部君にもよくしてくれて。長生きしてください!
ディーンさん:愛する家族ですね。命かけてます。何かあったときは頑張らないと。

と、ファミリー思い全開のディーンさん。
高橋さん:想像力。相手のことに立って想像したいんです。コミュニケーション、人思う心・想像力をなくさないよう守りたい。

と哲学的。

深田さん:家族と・・・犬。(笑)

と深田さんらしい。
寺脇さん:ごみを捨てる人が許せない。ごみを捨てない。ルールを守りたい!

阿部さん:家族を守れるように成長したいですが・・・今は、健康を守りたい。髪が無くならないようにとか。頭皮を守りたい。長生きしたいんで。

中村さん:家族もですが・・・・自分のルールを守りたい。如何に現場から早く帰れるかを守ってます。ただ高橋さんがいうコミュニケーション力が大事だと思うので・・・現場に長居しようかなと思います。

中村さんに大変興味があるディーンさん。

ディーンさん:カラオケルームで一緒だった時に、一緒に歌おうと言ったら全然入れないんです!微動だにしないんです。僕は続けて歌ってました!
中村さん:盛り上げられなくて。。。。横でちっちゃくタンバリン叩いてました。ディーンさんがTVで歌ってると、得した気分になります。

盛り上がった後になってしまって

小池さん:この順番?今やっている番組の座を守りたい!

浅利さん:守れるかどうか・・・時間を守る。カンペがあと5分って出てて。時間守らなきゃって思いました。

本木監督:健康第一。

と、其々守りたいものを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 空飛ぶタイヤ

物語・・・
よく晴れた日の午後。
1台のトレーラーが起こした事故により、1人の主婦が亡くなった。

事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬智也)は警察で信じられないことを聞く。
突然タイヤが外れた、と。
整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、彼は車両の構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。

ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)は、赤松の要求を疎ましく思いながらも、真実を突き止めるために、また同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査をそれぞれ開始していく。
突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”。
過去にも行われていたそれは、二度とあってはならないことだった。

果たしてそれは事故なのか事件なのか。
男たちは大企業にどう立ち向かっていくのかー正義とはなにか、守るべきものはなにか。
日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転劇!!!

公式サイト:
soratobu-movie.jp

公式twitter:
@soratobu_movie

***********************************

原作:池井戸潤『空飛ぶタイヤ』 (講談社文庫、実業之日本社文庫)
出演:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、
寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼
ほか
監督:本木克英
脚本:林民夫
音楽:安川午朗
撮影:藤澤順一
照明:長田達也
美術:西村貴志
録音:栗原和弘
編集:川瀬功
装飾:湯澤幸夫
配給:松竹
制作スケジュール:2017年4月末クランクアップ、現在編集作業中、2018年初頭完成
予定
2018年 全国公開
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会