「ジャック・ブラック」タグアーカイブ

今度のステージは超絶難しい~ッ『ジュマンジ/ネクスト・レベル』何から何まで、グレードアップ~新予告解禁


映画情報どっとこむ ralph TVゲームを開始したと同時にゲーム世界に吸い込まれ、選択したキャラクターと入れ替わった高校生4人が現実世界に戻るため、予測不可能なゲームをサバイバルしていく『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。
『ジュマンジ/ネクスト・レベル』 2017年の12月20日に全米公開し、アメリカでは公開3週目に『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(全米公開12月15日)を抜き、3週連続No.1となる大ヒットを記録!そしてゲームクリアから2年、監督ジェイク・カスダンのもと、主演のドウェイン・ジョンソンほか、ジャック・ブラック、カレン・ギラン、ニック・ジョナスらキャストが再び集結し、新たなるステージに挑戦する『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の日米同時公開日が12月13日(金)に決定!

この度、最新予告が世界一斉に解禁されました!

キャラクターの“スキル”と“弱点”もパワーアップ、ステージは超絶グレードアップ~!!
ゲームクリアから2年、当時高校生だったスペンサー、マーサ、フリッジ、ベサニーもそれぞれの路を進み、今は大学生。しかし、スペンサーはあの時の興奮が忘れられず、粉々に破壊したハズのジュマンジをこっそり修理し始める。その瞬間、またしてもゲームの中に吸い込まれてしまった!スペンサーを救出する為に、再びジュマンジにログインする3人!

前作でそれぞれの入れ替わりキャラクターに“スキル”と“弱点”が設定されていたが、本作でもそれは健在。ただし・・・“言語能力”や“ヌンチャク”など、スキルがパワーアップしているキャラクターもいれば、“暑さ&太陽&砂”という、砂漠のステージでは壊滅的な弱点が与えられてしまったキャラクターも!

さらに、壊れたゲームの世界はバグっており、キャラの入れ替わり設定はめちゃくちゃ、しかもスペンサーのお祖父ちゃん達もジュマンジの中に!前作ではオヤジのオベロン教授(ジャック・ブラック)に入れ替わったベサニーは、なんと今回は馬に~!!?そしてスペンサーは、いったいどのステージにいて、どんなキャラクターになっているのか!?

ジャングルのみならず、砂漠、氷山、吊り橋など、新たなステージが追加され難易度もレベルアップ!今回一緒にゲームに挑むお祖父ちゃんたちは、体が自在に動くことに喜びながら、免許返納必至のドライビング・テクニックで砂漠ステージのピンチを乗り切る無茶ぶり~!



映画情報どっとこむ ralph 完全に“無理ゲー”と化したジュマンジ!スキルを駆使して、スペンサーを無事に救出できるのか?生きて現実世界に戻るには、 “ジュマンジ”の謎をとき、全クリするしか方法がない!!無理ゲーのレベルを超えた、超絶壊滅級アクション・アドベンチャー!!!

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』


12月13日(金) 日米同時公開!

公式サイト:
http://jumanji.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/JumanjiJP

#ジュマンジ

ジュマンジ/ネクスト・レベル
***********************************


監督:ジェイク・カスダン(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ニック・ジョナス(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』) 、ダニー・デヴィート(『ツインズ』)、ダニー・グ
ローヴァー(『リーサル・ウェポン』シリーズ)
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ファーストサマーウイカが“主役”で!?『ジュマンジ/ネクスト・レベル』日本語吹替版上映決定!


映画情報どっとこむ ralph TVゲームを開始したと同時にゲーム世界に吸い込まれ、選択したキャラクターと入れ替わった高校生4人が現実世界に戻るため、予測不可能なゲームをサバイバルしていく体感型アトラクション・ムービー『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』!
ジュマンジ/ネクスト・レベル 世界的大ヒットを記録してから2年、監督ジェイク・カスダンのもと、主演のドウェイン・ジョンソンほか、ジャック・ブラック、カレン・ギラン、ニック・ジョナスらキャストが再び集結した『ジュマンジ/ネクスト・レベル』。

この度、日本語吹替版上映が決定、そして主演声優陣が前作から続投する中、いま最も日本のテレビ界で注目を集めている歌手でタレントのファーストサマーウイカが、新たにジュマンジの世界に参戦することが決定した!
<img src="http://eigajoho.com/wp-content/uploads/2019/07/『ジュマンジ/ネクスト・レベル』-2.jpg" alt="ジュマンジ/ネクスト・レベル" width="500" height="355" class="aligncenter size-full wp-image-158434" />
映画情報どっとこむ ralph 本作『ジュマンジ/ネクスト・レベル』では、ゲームの世界で入れ替わるキャラクター設定がリセットされてしまい、3人が救出しようとするスペンサーがいったいどのステージにいて、どんなキャラクターになっているのかわからない!その謎のゲーム・キャラクターを演じるのが、今回吹替版声優に起用されたファーストサマーウイカ!!

歌唱力の高さに加え、歯に衣着せぬ関西出身ならではの巧みな喋りで、バラエティ番組を席巻中!

さらにドラマ・映画などにも活動の場を広げ、その演技力の高さも注目されている彼女であるが、意外にも本作が声優初挑戦!

<ファーストサマーウイカさん コメント>
私、ファーストサマーウイカからお知らせがあります!映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』日本語版吹替え声優として参加させていただくことが決定しました!しかも、初の声優デビューがハリウッド映画という…。ありがたい!ありがたすぎます!!実は、昔からアテレコの仕事はしてみたいと思っていたのですが、なんと、あの人気シリーズの『ジュマンジ』で声優デビューできるなんて本当に夢にも思っていませんでした。ありがとうございます!夢が叶いました!私が演じるのは、ゲームの中に吸い込まれてしまった主人公のスペンサーが、ゲーム世界の中(=ジュマンジの世界)でアバターとなるキャラクターの一人です。しかも、そのキャラクターがどんな姿・形をしているのかということは言いたいのですけど、これは言えないので、映画を観てのお楽しみ!ということですね。みなさんもぜひ、楽しみにしていてくれたらうれしいなと思います。せっかくだから、ハリウッドに行ってみたいと思うのですが、(SPEさん)どうですかね?映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』は12月13日(金)日米同時公開です!お楽しみに!

映画情報どっとこむ ralph さらに、前作「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」に引きつづき、日本語吹替キャストの続投が決定!今は大学生となった気弱なゲームオタクのスペンサー役に木村良平、セルフィ―大好きうぬぼれ美人のベサニー役にM・A・O、勉強苦手なアメフト選手のフリッジ役に武内駿輔、シャイで真面目ながり勉少女のマーサ役に水瀬いのりが、再びゲームの世界に吸い込まれることに、、、。そんな4人が吸い込まれたゲーム世界のキャラクター、冒険家の博士ブレイブストーン(ドウェイン・ジョンソン)は楠大典、地図専門家の教授オベロン役(ジャック・ブラック)は高木渉、動物学者フィンバー(ケヴィン・ハート)には伊藤健太郎、女戦士ラウンドハウス役(カレン・ギラン)は白石涼子が演じている。が、続編となる本作ではさらにエディ(ダニー・デヴィート)とマイロ(ダニー・グローヴァー)の2人のおじいちゃんコンビも参戦!現実世界から6人もの人間がゲーム世界に入ったことで、誰がどのキャラクターの声を演じるのかもバグり気味に!?さらにどんな新キャラクターが登場するのかも期待せずにはいられない!

自身の夢を叶えるとともに、ハリウッドデビューまでも飾るまさにアメリカンドリームの体現者となったファーストサマーウイカが、ゲームの世界(=ジュマンジの世界)で一体どんなキャラクターを演じるのか、答えはもちろん・・・、12月13日(金)の日米同時公開まであっせんなよ!!

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』

公式サイト:
http://jumanji.jp

公式Twitter:
https://twitter.com/JumanjiJP
#ジュマンジ

ジュマンジ/ネクスト・レベル
***********************************

全米公開:2019年12月13日
監督:ジェイク・カスダン(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、
ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、
ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、
カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、
ニック・ジョナス(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』) 、
ダニー・デヴィート(『ツインズ』)、
ダニー・グローヴァー(『リーサル・ウェポン』シリーズ)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

声優・水瀬いのりも大絶叫の『ジュマンジ/ネクスト・レベル』第2弾予告映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 監督ジェイク・カスダンのもと、主演のドウェイン・ジョンソンほか、ジャック・ブラック、カレン・ギラン、ニック・ジョナスらキャストが再び集結し、2019年クリスマスに待望の続編となる『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が12月に日米同時公開!
ジュマンジ/ネクスト・レベル
そしてこの度、「砂漠!?氷山!?吊り橋~!?こんなの絶対無理ゲーじゃん!」と前作でTVゲームに吸い込まれる高校生4人のうちの一人で、シャイで真面目な女の子・マーサの日本語吹替声優を担当した水瀬いのりが大絶叫する第2弾予告映像が解禁!

前作の舞台、ジャングルでの壮絶なゲームをクリアした4人の高校生が次に直面するのは、スケールアップしたかつてない過酷なステージに加え、新たに『ツインズ』のダニー・デヴィートと『リーサル・ウェポン』シリーズのダニー・グローヴァーの“おじいちゃんコンビ”と一緒に立ち向かうネクスト・レベル!ゲームに吸い込まれた孫を救い出すため、2人のジジイが大暴れ~!さらに、『オーシャンズ8』のオークワフィナも謎の美女役で参戦するなど、レベルアップした≪体感型アトラクション・ムービー≫に思わず、「半端ねぇ~!」と漏らしそうな危険なゲーム世界!


彼らは生きて帰れるのか?!予想もつかない危険度MAX、制御不能なサバイバル・ゲームが、いま再び幕を開ける!

映画情報どっとこむ ralph 『ジュマンジ/ネクスト・レベル』

全米公開:2019年12月

公式サイト:
http://jumanji.jp

公式Twitter:
@JumanjiJP

#ジュマンジ

***********************************

監督:ジェイク・カスダン(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ニック・ジョナス(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』) 、ダニー・デヴィート(『ツインズ』)、ダニー・グローヴァー(『リーサル・ウェポン』シリーズ)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ドント・ウォーリー』ガス・ヴァン・サント監督10年ぶりの来日で初のティーチイン登壇!


映画情報どっとこむ ralph ロビン・ウィリアムズの遺志を継ぎ、風刺漫画家ジョン・キャラハンをホアキン・フェニックス主演で映画化した 『ドント・ウォーリー』の日本公開を前に、ガス・ヴァン・サント監督が本作プロモーションのため来日! 2 月 19 日(火)にヒューマントラストシネマ渋谷にて、日本最速上映後のティーチインイベントに登壇しました! また、あわせて本作の公開初日が 5 月 3 日(金・祝)と発表されました。

日付:2 月 19 日(火)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇:ガス・ヴァン・サント監督、野村訓市

映画情報どっとこむ ralph ガス・ヴァン・サント監督の来日は、ショーン・ペンにアカデミー賞主演男優賞をもたらした『ミルク』(09 年)以来、実 に約 10 年ぶり!
日本にも多くのファンを持つ監督のティーチインとあって平日にもかかわらず地方からもファンが 駆け付け場内は超満員。

しかもガス監督は、日本での上映ティーチインイベントに参加するのは初めてのこと! 本作最速上映後の熱気冷めやらぬ中、ガス・ヴァン・サント監督と、監督の友人でもあるクリエーターの野村さんが登壇!


野村さん:ガスといえばポートランド、リベラルな街のアンバサダーみたいな感じだったけれど、 (今はL.A.に住んでいて)この間はあっさり捨てたって話してたよね。

というと

ガス監督:そう、ポートランドを捨てました(笑)

とガス監督が答えるなど、友人ならではのユーモアあふれる会話から始まったイベント。

野村さんは 2 年前に L.A.にあるガス監督の自宅を訪れた際に、すでに監督から本作のことを聞いて いたそうで、

野村さん:今回の主人公ジョン・キャラハンは我々日本人には馴染みがないんだけど、ガスがポートランドに住 んで映画を作り始めた頃、ちょうど彼も新聞にマンガを描き始めた頃だったんだよね。彼はポートランドでどんな存在だったの?

と質問すると、

ガス監督:80年代にカートゥーンニスト(漫画家)として活動しはじめたのがジョン・キャラハンで、ちょうど僕がポートランドで映画を撮り始めたころに、彼もローカルな人物として知られるようになった。マンガは毒のあるもので、面白いんだけどいろいろな問題も起こしていて苦情の手紙も届いていたようだ。でも彼は それすら喜んでいたね。

と当時を回想。 さらに
ガス監督:『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のあとくらいに、ロビン・ウィリアムズが彼(キャラハン)の本の権利を 買ったんだ。ロビンはサンフランシスコに住みながらもキャラハンのファンだったんだよ。それで僕に監督の話がき たんだけど、もともとキャラハンのストーリーは知っていたし、ロビンが演じるならば上手くいくのではと思っていた。 でも1本目は98年、2本目は2001年から2002年だったと思うけど2本脚本を書いて、結局そのときは映画化には至らなかった。

と続け、

ガス監督:その時にキャラハンからは“この映画一体どうなったんだよ?できる頃には俺たち全員 死んじゃうよ”なんて言われて。まずジョンが亡くなって、そのあとロビンが亡くなって、あぁジョンの言うとおりだった なぁって思ったよ。でもロビンが亡くなったあとでも、まだ本の権利は持っていたんだ!

と貴重な思い出話を披露。

映画情報どっとこむ ralph またこの日は観客からの質問にも応じ、主演のホアキン・フェニックスについては

ガス監督:ホアキンには『誘う女』(1995)に 出演してもらったが、彼は自分を徹底的に入れ込んでくれる。(『誘う女』も本作も)どちらの作品も素晴らしい体験でした。

と語り、『エレファント』のような少年にむけての次回作は?という質問には

ガス監督:今書いているもので、パリのファッション・ウィークについて書いている脚本があります。少年とその父親の話です。『パラノイドパーク』がファッショ ン・ウィークにいく、って感じかな(笑)

と返し、会場から歓声が起こる場面も。
この日、登壇前の舞台裏で「日本の方が本作のことを気に入ってくれるかなぁ」と話していたというガス・ヴァン・サント監督。

野村さん:この映画は僕らの世代の『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』。周りにいる最近落ち込んでいる人悩 んでいる人にはぜひ口コミして伝えてください!

と話すと、

ガス監督:今日は来てくれてありがとう。友達にぜひ伝えてね。そうで ないと誰も観に行かないから(笑)

とユーモアたっぷりに観客たちに最後のメッセージを送りました。

映画情報どっとこむ ralph ドント・ウォーリー

5月3日(金・祝)ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館他全国順次公開

公式サイト:
www.dontworry-movie.com


【ストーリー】
オレゴン州ポートランド。アルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は、自動車事故に遭い 一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎 日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていく彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して 不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた・・・。2010 年、59 歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話。

***********************************

監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント
出演:ホアキン・フェニックス、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック
音楽:ダニー・エルフマン 原作:ジョン・キャラハン
原題:Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot/2018年/アメリカ/英語/113分/カラー
配給:東京テアトル 提供:東宝東和、東京テアトル
(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作『ドント・ウォーリー』日本版予告編が解禁


映画情報どっとこむ ralph ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作『ドント・ウォーリー』が今年5月にヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野館他 全国順次公開することが決定!

この度、日本版ポスタービジュアルと場面写真、さらに日本版予告編が解禁となりました!

世界で一番皮肉な実在の風刺漫画家ジョン・キャラハンを演じ切る、ホアキン・フェニックスに注目!

2014年他界したロビン・ウィリアムズが製作・主演を熱望した風刺漫画家ジョン・キャラハンの自伝を元にした本作。そんなウィリアムズの心を継いで、主演を演じるホアキン・フェニックスは、キャラハンについて可能な限り研究した。書籍を読み、残されたインタビュー・テープをみて、実際に彼の人生を激変させたリハビリセンターを訪ねた。そして個人的にキャラハンを知るガス・ヴァン・サント監督から話を聞き、ホアキンなりのジョン・キャラハンを創り出した。

今回解禁となる日本版ポスタービジュアルには、シンボリックな赤毛のキャラハン、そして彼のイラストが配された。周りの人を楽しませたキャラハンの人柄をよく表わすイラストで、“世界は意外とやさしさであふれている”というコピーとともに、本作の世界観が伝わるポスタービジュアルが完成した。

映画情報どっとこむ ralph ジョン・レノンが歌う“Isolation”(孤独)が印象的な予告編も解禁!

あわせて解禁となった予告編では、日本ではよく知られていないジョン・キャラハンがどのような人物であったかを紹介しつつ、自動車事故により身体が不自由となった彼の絶望と、事故後の彼をやさしく見守る人々の姿を映し出す。特にキャラハンが生前ポートランドの通りを電気車いすに乗り猛スピードで疾走していた姿そのままに、青い空の下、ホアキン演じるキャラハンとルーニー・マーラ演じる恋人アヌーとの車いすの2人乗りのシーンは、ジョン・レノンの歌声と相まって、観るものに強い印象を残すだろう。
たとえ人生最悪の困難な時にあっても、人は変わることができる力を秘めているーロビン・ウィリアムズが映画化を熱望し、ガス・ヴァン・サントが受け継ぎ描いたひとりの男の心の旅。2018年サンダンス映画祭、第68回ベルリン映画祭に正式出品され、“ホアキン・フェニックスの俳優人生で最高の演技”と称賛された奇跡の実話をお見逃しなく。

公式サイト:
www.dontworry-movie.com

【ストーリー】
オレゴン州ポートランド。アルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていく彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた・・・。2010年、59歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話。
***********************************

監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント
出演:ホアキン・フェニックス、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック
音楽:ダニー・エルフマン 原作:ジョン・キャラハン
原題:Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot/2018年/アメリカ/英語/113分/カラー
配給:東京テアトル 提供:東宝東和、東京テアトル
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

今は亡きロビン・ウィリアムズが熱望した実在の男の物語『ドント・ウォーリー』公開決定


映画情報どっとこむ ralph ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作、”Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot”(原題)が、邦題を『ドント・ウォーリー』とし、2019年5月にヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野館他 全国順次公開決定!


2014年他界したロビン・ウィリアムズが『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(98)の公開時から映画化を考えていたのが、オレゴン州ポートランド出身の風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生だった。当時から監督にと相談を受けていたのはポートランドに縁のある監督ガス・ヴァン・サント。ウィリアムズの死後、映画化を決めたヴァン・サントが自ら脚本を書き、企画から20年たち遂に完成した。当初キャラハンを演じることを熱望していたウィリアムズの遺志を受け継ぎ主人公キャラハンを演じたのはホアキン・フェニックス。彼の仕草、話し方等を研究し見事に演じています。

他にルーニー・マーラ、ジョナ・ヒル、ジャック・ブラックが、キャラハンの人生にやさしく寄り添い、世界に背を向けていた彼を支えていく周りの人々を演じています。

映画情報どっとこむ ralph ガス・ヴァン・サント監督:この映画は、ジョン・キャラハン自身が執筆した彼の自伝”Don’t Worry He Won’t Get Far on Foot:The Autobiography of Dangerous Man”を映画化したものだ。キャラハンは僕の住んでいたポートランドでとても有名で、すごいスピードで街を(車椅子で)走り回っていたからね。また『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』に出演してくれたロビン・ウィリアムズは、彼の漫画がとても好きで、ずっと愛読していたんだ。そして、彼が映画化の権利を持っているということをその時に知った。ロビンが、なぜキャラハンにこれほど興味を持ったのかは、彼の友人である俳優クリストファー・リーヴ(※初代スーパーマン、1970年代ジュリアード音楽院時代にルームメイトとなり、それ以来の友人。リーヴも事故により全身麻痺となる)の影響が大きかったようだ。映画を作っていくのは、まるで難しいジクゾーパズルにチャレンジするようなものだよ。本作も例外なくね。

とその思いを語っている。

映画情報どっとこむ ralph たとえ人生最悪の困難な時にあっても、人は変わることができる力を秘めているーロビン・ウィリアムズが映画化を熱望し、ガス・ヴァン・サントが受け継ぎ描いたひとりの男の心の旅。2018年サンダンス映画祭、第68回ベルリン映画祭に正式出品された話題作がついに日本公開です。

ドント・ウォーリー

公式サイト:
www.dontworry-movie.com

【ストーリー】
オレゴン州ポートランド。アルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていく彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた・・・。2010年、59歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話。 

***********************************

監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント
出演:ホアキン・フェニックス、ジョナ・ヒル、ルーニー・マーラ、ジャック・ブラック
音楽:ダニー・エルフマン 原作:ジョン・キャラハン
原題:Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot/2018年/アメリカ/英語/113分/カラー
配給:東京テアトル 提供:東宝東和、東京テアトル  © 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェットら登場!『ルイスと不思議の時計』LAプレミア


映画情報どっとこむ ralph スティーブン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが提供を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書<ルイスと魔法使い協会>シリーズ『The House with a Clock in Its Walls』が、この度、『ルイスと不思議の時計』として、10月12日(金)に全国公開!9月21日の全米公開を目前に控える中、現地時間9月16日(日)に『ルイスと不思議の時計』のLAプレミアが遂に開催されました!

開催時間:9月16日(日)午前10:00頃 (現地時間) 
会場:米ロサンゼルス、TCL チャイニーズシアター
出席者:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン、イーライ・ロス監督 他

映画情報どっとこむ ralph 会場は、ハリウッドのランドマーク的存在TCL チャイニーズシアター。
世界中から駆け付けたメディアや熱狂的な映画ファンたちで賑わいを見せ。本作のテーマにもある「魔法の世界」になぞらえ、映画のイメージカラーであるパープルのカーペットが引かれており、上映会場前には本編に登場する魔法の館を再現したゲートが作られ、その周りをたくさんのジャック・オー・ランタンが囲んでいる。まるで映画の中に入り込んだような雰囲気の中いよいよLAプレミアが開幕!

まず初めに姿を見せたのは、交通事故で両親を亡くしジョナサンおじさんと魔法の家に住むことになった少年:ルイスを演じた天才子役オーウェン・ヴァカーロ。

今回ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェットら大御所俳優たちと共演したことについて
ヴァカーロさん:ジャックやケイトと共演できてとてもすばらしかったよ!!とっても楽しかった!!

と未来のスターは、名俳優たちに囲まれ感激の様子であった。また“もしも魔法が使えたら…”との問いに

ヴァカーロさん:テレキネシス(念力)を使いたい!

と無邪気な夢を語ってくれた。そのルイスたちを脅かす黒魔術を使う危険な魔法使いのアイザック役を演じたカイル・マクラクランも登場。

マクラクランさん:この映画では、今まで演じた中で一番老いぼれた姿の僕が観られるよ。すごい特殊メイクをしているからきっと僕に気づかないとおもうけどね(笑)

と、自身もそのビジュアルに自信満々の様子で、蘇る死者:アイザックを怪演した感想を述べた。


映画情報どっとこむ ralph そして、アカデミー賞®で主演/助演女優賞ともに受賞経験があり、先日の「#MeToo」運動でも話題となった第71回カンヌ国際映画祭の審査委員長を務めたことも記憶に新しい、マルチな活躍を見せる大物女優ケイト・ブランシェットの登場で会場の雰囲気はさらに華やかに!
四方から呼びかけられる声援に笑顔で答えるケイトさんは、ギンガムチェックのセットアップに身を包みその威厳たるや本編で演じた一流魔法使いツィマーマンにも引けを取らない貫禄っぷりでパープルカーペットを進んでいく!

続いて登場したのは、ゴールデングローブ最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)を2度受賞しているベテランコメディ俳優、本作の主役:ポンコツ魔法使いジョナサンを演じたジャック・ブラックさん!

本編の姿とは一変、髭もじゃのワイルドないでたちで、カメラの前に登場するなり

ブラックさん:ハーイ!日本のファンの皆様!ドウモアリガトウ。ゴザイマス!1、2、3、4、5、6、7、8、9、10!これが僕の(知っている日本語の)すべて!

と、日本へ向け、お茶目なリップサービスを披露!


今回演じたキャラクターは、ポンコツの三流魔法使いの役。そのことについて問いかけるも

ブラックさん:What’s up TOKYO!!!! 最初に言わせて。日本食大好き!世界一だよ、僕が思うにね!

と日本愛があふれ出てしまう様子のジャック。

ブラックさん:映画を観に来てね!魔法もたくさんで、怖いところもあるし、とっても面白いよ!

と本題に戻り、映画の見どころもしっかり語ってくれた。またインタビュー最後には

「日本語、もっと喋りたい。もっと勉強すればよかった…。

と、終始テンションの高い日本愛を見せてくれた。

映画情報どっとこむ ralph 次に、本作のプロデューサーであるエリック・クリプキが登場。

クリプキP:『ハリー・ポッター』シリーズは独自のイギリス的な物語になっていて、寄宿舎の様子や階級制、全てがイギリス的。一方、本作は、当時のアメリカの様子が垣間見れるんだ。誰もが魔術師になれたり、まっすぐで勤勉な人たちが多く、すごくアメリカ的。

と、原作の視点から本作を解説してくれた。また、この映画にイーライ・ロス監督を起用した理由について

クリプキP:この映画は“子供向けの怖さ”を出して、ファンタジーよりもアドベンチャーよりも、怖い映画に子供を連れて行けるようにしたんだ。ユーモアや感情的な部分も出したいけど、きちんと子供達を怖がらせること。その点で、イーライ監督は適任だったよ。

と監督の起用は間違いなかったと、本作への自信も垣間見えるコメントを残した。


そんな絶大な信頼を得る鬼才:イーライ・ロス監督は本作を撮影するにあたり

イーライ・ロス監督本作は、日本の三池崇史監督の『オーディション』や『妖怪大戦争』などの映画にとてもインスパイアされています。特に『妖怪大戦争』みたいに変なものがたくさん出てくる感じが大好きだから、影響を受けているよ!

とジャック・ブラック同様(?)、日本カルチャーから受けた刺激が本作に生かされていると話してくれた。『ルイスと不思議の時計』LAプレミアは、豪華俳優人たちの登場に大盛況の中幕を閉じた。


『ルイスと不思議の時計』!!
10月12日(金)全国ロードショー

公式HP:lewis-movie.jp
公式Twitter:#ルイスと不思議の時計

【STORY】
ポンコツ魔法使い×エリート魔女×ひとりぼっちの少年
魔法の時計が鳴る前に、時計の謎を解いて、世界を救え!
両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサン(ジャック・ブラック)の古い屋敷に住むことになるが、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマン(ケイト・ブランシェット)も魔女。ただし、こちらは一流。ルイスはそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める−。ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイス。果たして、二人の魔法使いと “時計”を探し出して謎を解き、世界を救うことができるのか!?

***********************************

出演:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン 他

監督:イーライ・ロス  
提供:アンブリン・エンターテインメント  
原作:ジョン・ベレアーズ「ルイスと不思議の時計」(静山社)
原題:The House with a Clock in Its Walls  

全米公開:9月21日 
日本公開日:
配給:東宝東和 

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤二朗がポンコツ”魔法使いジョナサンの吹替!!映画『ルイスと不思議の時計』


映画情報どっとこむ ralph スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズ著書を映画化する
『ルイスと不思議の時計』が、10月12日(金)に日本公開となります。

主人公ルイスの声を『名探偵コナン』の江戸川コナン役でも知られる、人気声優の高山みなみさんが務めるほか、松本梨香さん、矢島晶子さん、本名陽子さんと、豪華すぎる声優陣が集結することが発表され、話題の本作。

この度、“ポンコツ”魔法使いのジョナサン演じるジャック・ブラックの吹替えを佐藤二朗さんが挑むことが決定しました!


両親を亡くしたかわいそうな甥のルイスを引き取る愛情深さを持つ反面、ルールを破る者は絶対に許さない、という厳しい一面も持つ、まさに頑固親父。

威厳がありそうで実はポンコツ、という憎めない悲哀たっぷりの“おじさん”を演じられるのは佐藤二朗さんしかいない!!ということで白羽の矢が立ち、今回洋画実写の吹替に初挑戦。

映画情報どっとこむ ralph そんな、魔法使いのジョナサンとの共通点や本作に対する佐藤さんのコメント到着しています。

佐藤二朗さん:子供の時、テレビで夜に洋画を放送していたのですが、その時は吹替を観ていて、吹替でない洋画を初めて観たのは高校を過ぎたくらいでした。当時DVDは無かったし、レンタルビデオ屋さんも無かったので、洋画を観るとなるとテレビで夜やっていた「ゴールデン洋画劇場」や「日曜洋画劇場」の吹替でした。それで夢中になった声優さんもいたので、今回は嬉しいな、光栄だなと思いました。

僕は、ジャック・ブラックさんを『スクール・オブ・ロック』で拝見してすごく良い俳優さんだと思っていたので、光栄だと思ってやりました。ジャック・ブラックさんだから特に何か工夫したということはなく、ジャック・ブラックさんの芝居を見て、感じて、そのままやりました。ジャック・ブラックさんは良い意味でふざけたイメージがありますが、今回は、おちゃらけているけど甥っ子のルイスをすごく大事にしていたりなど、真剣なジャックさんの芝居を見れたので、僕もそこは外さないように一所懸命やりました。

ちょっと胸が躍るような、そして年齢も性別も関係なく皆が楽しめる作品だと思いますので、是非この秋、ご家族やお友達、あるいは恋人と映画館に足を運んでいただけると嬉しいです。すごく心が温まって、心が躍る作品だと思います。

映画情報どっとこむ ralph またこの度、佐藤二朗さんの吹替による特報映像も到着いたしました!
果たして“ポンコツ”魔法使いをどう演じているのか?


映画情報どっとこむ ralph ルイスと不思議の時計

公式HP:
lewis-movie.jp

公式Twitter:
#ルイスと不思議の時計

両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサンの古い屋敷に住むことになるが、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマンも魔女。ただし、こちらは一流。
ルイスはそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める−。
ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイス。
果たして、二人の魔法使いと “時計”を探し出して謎を解き、世界を救うことができるのか!?
ポンコツ魔法使いジョナサンおじさんを演じるのは、幅広い演技で定評のあるジャック・ブラック。
魔女のツィマーマンはアカデミー賞に2度輝いたケイト・ブランシェットが演じます。
監督を務めるのは、鬼才イーライ・ロス。

***********************************

出演:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン 他
日本語吹き替え:高山みなみ、松本梨香、矢島晶子、本名陽子、佐藤二朗 他

監督:イーライ・ロス

提供:アンブリン・エンターテインメント
原作:ジョン・ベレアーズ「ルイスと不思議の時計」(静山社)
原題:The House with a Clock in Its Walls
全米公開:9月21日
日本公開日:10月12日(金)全国ロードショー
配給:東宝東和
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ