「ジヘ」タグアーカイブ

『移動都市/モータル・エンジン』ジヘ:アナ・ファンのキャラクター映像解禁‼


映画情報どっとこむ ralph イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説「移動都市」を『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』三部作で監督/脚本/製作を手掛け、その名を世界に知らしめたピーター・ジャクソンが映画化。“都市が移動し、都市を喰う世界”を舞台に、衝撃的で新しく、壮大な物語を圧倒的な映像迫力で描き出す冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』が3月1日(金)より公開中です。
たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後の世界。残された人類は空や海、そして地を這う車輪の上に移動型の都市を創り出し、他の小さな都市を“捕食”することで資源や労働力を奪い生活している。
“都市が都市を喰う”、弱肉強食の世界へと姿を変えたこの地上は、巨大移動都市“ロンドン”によって支配されようとしていた。他の都市を次々に飲み込み成長を続けるロンドンを前に、小さな都市と人々が逃げるようにして絶望的な日々を送る中、一人の少女が反撃へと動き出す―。
『キング・コング』(05)でアカデミー賞®視覚効果賞を受賞した経験をもつクリスチャン・リヴァーズが監督を務め、これまで6度のオスカーに輝いたWETAデジタルがCGIを担当。最先端技術の限界を常に押し上げながら、CGIと感情豊かな登場人物たちの物語を見事に融合させてきた製作陣が、再び雄大な移動都市の世界を創り上げる。


映画情報どっとこむ ralph この度、ジヘ演じるアナ・ファンのキャラクター映像が到着しました!

今回到着したのは、赤の飛行船で世界を飛び回る空賊アナ・ファンを演じたジヘと、本作の製作を務めたピーター・ジャクソンが、アナについて解説する特別映像!ジャクソンが「アナ・ファンはただ者ではない。反移動都市同盟のリーダーでロンドンの敵だ」と明かすように、移動型の都市が日常のものとなった本作の世界で数少ない反対派の組織に所属しているアナ。劇中では世界を支配しようと進行するロンドンとその指導者のヴァレンタインの野望を阻止するため、ヘスターたちに力を貸すことを決意する。ヘスターやトムと違い、戦うことに慣れていることから劇中でも頼もしい存在として描かれるアナだが、ジヘは「カッコよくて、冷酷で、恐れ知らず。ヘスターの守護神的な存在なの」と魅力たっぷりに説明している。ヴァレンタインへの復讐を誓うヘスターの過去とも実は深い関わりがあることから、激しさを増していくロンドンとの戦争にも、自身の使命を胸に勇敢に立ち向かっていくアナ!映像内では、巨大な銃を片手に大勢の敵を圧倒させる様子や本作での一番の敵であるヴァレンタインと一騎打ちするシーンも映し出されており、見どころシーンに溢れたアナの活躍に目が離せない!!!
役柄上、激しく複雑な動きが多かったジヘは役作りに付いて「彼女の肉体的、武術、銃や剣の扱いなどのずば抜けた能力以外にも、戦士であるための強靭な精神を理解し、磨くことに専念したわ」とコメント。そんななか挑んだ撮影ではピーター・ジャクソンから直々に演出を付けられたこともあったようで、「奴隷市場の場面ではピーターが撮影していたんだけど、彼はアイディアの宝庫のような人で、ひとつのシーンで新しい指示を一度に12個ももらったことがあったわ。とにかくピーターのアイディアを頭の中できちんと整理してから臨んだ。奇跡的にもワンテイクで撮ることに成功したわ」と振り返っている。
アナは、すでに開催された試写会で人気キャラクターとしてずば抜けた支持を獲得しており「姉御肌なアナはアクションもかっこいいし生き様も美しい!」、「芯の通った女性で揺るぎがなかった!物語のキーパーソン!」、「登場した途端、別の映画かと思うくらいに存在感があった!」と絶賛の声が続出するほど!ピーター・ジャクソン直接の指導のもと、ジヘの熱演よって誕生した新たな女性戦士に是非ご期待頂きたい!


移動都市/モータル・エンジン

公式HP:
http://mortal-engines.jp/

***********************************

製作:ピーター・ジャクソン
監督:クリスチャン・リヴァーズ
出演:ヘラ・ヒルマー,ロバート・シーアン, ヒューゴ・ウィーヴィング,ジヘ,ローナン・ラフテリー,レイラ・ジョージ,パトリック・マラハイド,スティーヴン・ラング
原作:フィリップ・リーヴ著/安野玲 訳「移動都市」(創元SF文庫刊)
原題:Mortal Engines
(C)Universal Pictures 


生き残るのはどっちだ!? 『移動都市/モータル・エンジン』新場面写真&日本版本予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 壮大な物語を圧倒的な映像迫力で描き出す冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』が3月1日(金)より全国公開となります。

たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後、残された人類は、移動型の都市を創り出し、他の小さな都市を駆逐し、捕食しながら生き続けるという新たな道を選択。地上は“都市が都市を喰う”弱肉強食の世界へと姿を変え、この荒野は巨大移動都市・ロンドンによって支配されようとしていた。

この度、本作の日本版本予告映像と新場面写真が解禁!

予告では「世界が滅び、人々は、空に、海に、そして地を這う車輪の上に、都市を創った。」という重厚なナレーションとともに、凶悪な移動都市ロンドンはもちろん、新たに空に浮かぶ都市や海上を移動する都市など新たな移動都市が映し出され“移動型の都市が小都市を駆逐し、捕食する”という独特な世界観が、圧倒的迫力で惜しみなく映し出されている本映像。

“ロンドン”が縦横無尽に都市を喰い荒らし、すべてを支配しよう企む荒廃した世界で、亡き母の復讐と人類の希望を胸に抱くヘスターと、彼女の思いに共鳴する反逆者たちが勇猛果敢に立ち上がる!
着々と計画を進め、世界を支配できるという力を持ち始めるロンドン。
さらに、ヘスターの命を狙う謎の追跡者も現れ、戦いは激しさを増していく…果たして彼らは、世界の支配を画策するロンドンとヴァレンタインを止め、希望を手にすることができるのか!?



映画情報どっとこむ ralph 併せて到着した場面写真では、こちらを見下すかのように傲然と佇むロンドンの全貌とその巨大さを物語る車輪の跡、そしてそんな敵にも恐れることなく戦いに挑むへスターと仲間たちの姿が。ヘスター達の冒険が垣間見えるシーンにますます期待が高まります!



本作について製作・脚本を務めた鬼才ピーター・ジャクソンは

「この世界が抱える問題は、限界があるという事だ。大都市が小都市を喰い尽くしてしまい、やがて捕食する小都市が消滅する。そうなると、大都市同士で争うか、狩りの対象を他に見つけなければならなくなる。そんな世界観や、愛情、思いやり、復讐、開放といった感動的な要素が気に入ったんだ。私は人間らしさがあるストーリーを常に求めている。この作品はまさにそうだったよ。」

とコメントしている。

映画情報どっとこむ ralph 己の強い意思を持ったキャラクターたちによる勇敢な戦いと、ダイナミックな映像で大迫力アクションの数々が展開する本作に圧倒されること間違いなし!壮大な冒険物語の幕開けにますます期待高まる本作に是非ともご注目ください!

移動都市/モータル・エンジン

公式HP:
http://mortal-engines.jp


***********************************

製作:ピーター・ジャクソン
監督:クリスチャン・リヴァーズ
出演:ヘラ・ヒルマー,ロバート・シーアン, ヒューゴ・ウィーヴィング,ジヘ,ローナン・ラフテリー,レイラ・ジョージ,パトリック・マラハイド,スティーヴン・ラング
原作:フィリップ・リーヴ著/安野玲 訳「移動都市」(創元SF文庫刊)
原題:Mortal Engines 
(C)Universal Pictures


ピーター・ジャクソン『移動都市/モータル・エンジン』グローバルプレミアイベント


映画情報どっとこむ ralph 世界中で社会現象を巻き起こした『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』3部作で知られるピーター・ジャクソンが製作・脚本を務める冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』が2019年3月1日(金)より公開となります。

この度、本作のグローバルプレミアイベントが劇中でも宿敵として描かれる“ロンドン”で開催されました!

会場には新たな冒険物語の誕生を華々しく飾るピーター・ジャクソンをはじめとした主要キャスト・スタッフ陣が大集結!

全世界初披露を迎えた心境や本作の魅力について語りました!!!

『移動都市/モータル・エンジン』グローバルプレミアinロンドン
日時:11月27日 [現地時間]
場所:Cineworld imax Leicester square (イギリス・ロンドン)
登壇:ピーター・ジャクソン(製作・脚本)、クリスチャン・リヴァーズ(監督)、フィリッパ・ボウエン(脚本)ヘラ・ヒルマー、ロバート・シーアン、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジヘ、スティーヴン・ラング ほか

映画情報どっとこむ ralph 『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』シリーズを世に送り出した名匠ピーター・ジャクソンの新たな冒険物語のプレミアイベントということで、会場には新たな冒険物語の誕生を見届けるべく熱狂的なファンが大集結!

ピーター・ジャクソンに続き、監督を務めたクリスチャン・リヴァーズ、脚本のフィリッパ・ボウエン、主人公のへスターを演じたヘラ・ヒルマー、へスターとともに壮大な冒険へと身を投じる青年トムを演じたロバート・シーアン、ロンドンの指導者ヴァレンタインを演じたヒューゴ・ウィーヴィング、へスターやトムとともに旅をする反移動都市同盟のリーダーのアナを演じたジヘ、謎の追跡者のシュライクを演じたスティーヴン・ラングといった豪華キャスト・スタッフ陣が登場!会場は、あいにくの雨を吹き飛ばすかのような熱い歓声と拍手に包まれました!!!

製作・脚本を手掛けたピーター・ジャクソンは

ピーターさん:たくさんの方々に映画館へ足を運んでほしい!この映画を観て楽しいひと時を過ごしてくれたら最高だよ。新鮮かつすばらしいキャストたちは、映画のキャラクターとうまく混じって、世界観と合致するんだ。彼らは本当に映画の中に生きているんだよ。

と自信満々にコメント。

監督のクリスチャン・リヴァーズは

リヴァーズさん:この映画は、とても雄大な物語と世界観、そしてユニークなキャクラターたちによって今まで見たこともないような素晴らしい作品に仕上がっている。今を生きるわたしたちや今の時代に向けてのメッセージもたくさん詰まっている映画なんだ!

と、ただの冒険物語に終わらない本作の魅力について明かしました。

映画情報どっとこむ ralph 本作で主人公に大抜擢されたヘラ・ヒルマーは

ヒルマーさん:何よりも世界的に有名な映画を生み出してきたフィルムメーカーたちと仕事をできたことはすごくエキサイティングだったわ!そしてへスターという役を演じることも想像力を掻き立てられる素晴らしい機会だった。彼女は映画を通して様々な顔を見せていくし、本当に興味深いキャラクターなの。みんながこの映画を観て楽しむことはもちろん、なにか感じたことを心に残してくれることを祈っているわ。

と興奮たっぷりにコメントし、ヴァレンタイン役のヒューゴ・ウィーヴィングは

ウィーヴィングさん:ピーター・ジャクソンやクリスチャン・リヴァーズとは前にも仕事したことがあったから、またこうやって家族のようなメンバーでタッグを組めることはとてもうれしいね。若者たちが荒廃した世界で希望に向かって冒険していく物語にぜひ期待してほしい。

と劇中の役どころからは想像できない満面の笑みで明かしました。

レッドカーペットでは期待を寄せるファンたちの声援やファンサービスにもひとつひとつ足を止めて快く応じたキャスト・スタッフ陣。その後、舞台挨拶に登壇すると、プレミアを中継で見守っていた客席からも拍手と指笛で暖かく迎え入れられ、大盛り上がりのイベントとなりました!

映画情報どっとこむ ralph 『移動都市/モータル・エンジン』

公式HP:
http://mortal-engines.jp/

イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説「移動都市」を原作とする本作の舞台は、たった60分で文明を荒廃させた最終戦争から、数百年後の世界。残された人類は地を這う移動型の都市で暮らす事を選択し、地上は、都市同士が捕食しあう弱肉強食の世界へと姿を変えていた。この荒れ果てた地は、巨大移動都市・ロンドンによって支配されていた。ロンドンは捕食した都市の資源を再利用し、人間を奴隷化することで成長し続ける。小さな都市と人々は、その圧倒的な存在を前に逃げるようにして生きるしかなかった。いつ喰われるかもしれない絶望的な日々の中、その目に激しい怒りを宿した一人の少女が、反撃へと動き出す―!

監督はピーター・ジャクソンの右腕として『キング・コング』(05)では第78回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リヴァーズ。主人公へスター役には、『アンナ・カレーニナ』(12)でハリウッド進出を果たし、海外ドラマ『ダ・ヴィンチと禁断の謎』(13~15)などで活躍をみせる新鋭女優ヘラ・ヒルマー。へスターとともに壮大な冒険へと身を投じる青年トムを、俳優として『ムーン・ウォーカーズ』(15)に出演するほかプロデューサーとしても活躍している俳優ロバート・シーアンが務めるなど、物語に新鮮さと深みを与えるピーター・ジャクソン作品ならではのフレッシュな面々が集結。さらに『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』3部作でもおなじみのヒューゴ・ウィーヴィング、『アバター』(09)や『ドント・ブリーズ』(16)のスティーヴン・ラングといった演技派俳優陣が脇を固める。

***********************************

製作:ピーター・ジャクソン
監督:クリスチャン・リヴァーズ
出演:ヘラ・ヒルマー,ロバート・シーアン, ヒューゴ・ウィーヴィング,ジヘ,ローナン・ラフテリー,レイラ・ジョージ,パトリック・マラハイド,スティーヴン・ラング
原作:フィリップ・リーヴ著/安野玲 訳「移動都市」(創元SF文庫刊)
原題:Mortal Engines 
(C)Universal Pictures