「ジェラルド・バトラー」タグアーカイブ

潜水艦アクション大作『ハンターキラー 潜航せよ』スペシャル映像&新カットなど一挙解禁!


映画情報どっとこむ ralph 潜水艦アクション大作『ハンターキラー 潜航せよ』が4月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。

ロシアで大統領が拘束されるクーデターが勃発し、第三次世界大戦開戦の危機が訪れる。
世界の運命をかけ、米海軍攻撃型原子力潜水艦“ハンターキラー”と特殊部隊ネイビーシールズには、「ロシア大統領を救出せよ」という前代未聞のミッションがくだる。

この度、迫力満点かつ緊迫感溢れる本作のスペシャル映像と、潜水艦のこだわり抜いたディテールなどが伝わる新場面写真12枚を一挙に解禁!
現実の最新鋭の潜水艦を完璧に再現していることも映画の大きな見どころのひとつ。ドノヴァン・マーシュ監督は映画に登場するのと同じタイプの2004年10月に1番艦が就役したヴァージニア級攻撃型潜水艦に乗船して数日の航海に出たというが、その体験を通じて

「僕がイメージしていた潜水艦とは全く違っていた。たぶんそれは、これまでの潜水艦映画のせいだろう。現実の潜水艦は実践的な戦争の道具なんだ。あちこちにワイヤーやパイプが張り巡らされ、物はただ釘で壁に留められている。そこに活力とパワーを感じたから、そこを描きたいと思った」

と、ケーブルの色に至るまでのあらゆるディテールを徹底してリアルに描くこだわりを発揮。

米国防総省と米海軍の全面協力により、実際に原子力潜水艦を使っての撮影も敢行し、

「圧倒されるほどの迫力だった」

と振り返る。このスペシャル映像や場面写真からも、元潜水艦艦長だった原作者や海軍顧問さえも唸らせたという、リアルな潜水艦内の様子を垣間見ることができる。

圧倒的なカリスマ性と決断力を発揮するジョー・グラス艦長を演じたジェラルド・バトラーは、50度ほども傾いていく潜水シーンについて大きなジェスチャーも交えながら、撮影を通じて体感した臨場感を語る。

映画情報どっとこむ ralph

また映像では、ゲイリー・オールドマン演じる、世界的危機に際して好戦的な言動を取るチャールズ・ドネガン統合参謀本部議長の陸上での緊迫のやりとりも捉えられている。その他、敵の見えない水中だからこそ乗組員一丸となる艦内での張り詰めた様子、“ハンターキラー”と連携しながらたった4人でロシアに乗り込む特殊部隊ネイビーシールズの命がけの雄姿、‘絶対不可侵’のロシア海域内で“ハンターキラー”が機雷スレスレを通過していくスリリングな場面、捕虜とされ“ハンターキラー”に乗り込むことになったロシア原潜艦長アンドロポフ(ミカエル・ニクヴィスト)の姿など、映画の魅力が詰まった映像と画像になっている。


ハンターキラー 潜航せよ

4月12日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショ

公式サイト:gaga.ne.jp/hun


STORY
呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。
ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は一隻の潜水艦に託された―。

***********************************

監督:ドノヴァン・マーシュ
原作:ジョージ・ウォーレス&ドン・キース「ハンターキラー 潜航せよ」(ハヤカワ文庫)
出演:ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン、コモン、リンダ・カーデリーニ、ミカエル・ニクヴィスト
原題:HUNTER KILLER/2018/イギリス/122分/カラー/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:林完治
配給:ギャガ © 2018 Hunter Killer Productions, Inc.  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

潜水艦アクション『ハンターキラー 潜航せよ』緊迫感溢れる日本版予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 潜水艦アクション大作『ハンターキラー 潜航せよ』が4月12日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。

2019年、元米海軍潜水艦艦長による原作と、米国防総省×米海軍全面協力のもと、『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣により、未だかつてない進化を遂げた【潜水艦アクション大作】がスクリーンに登場!!


しかも、米海軍特殊部隊ネイビーシールズと潜水艦のダイナミックな共闘も見逃せない一作。

この『ハンターキラー 潜航せよ』の日本版予告映像が解禁。

ロシアで大統領が拘束されるクーデターが勃発し、第三次世界大戦開戦の危機が訪れる。世界の運命をかけ、米海軍攻撃型原子力潜水艦“ハンターキラー”と特殊部隊ネイビーシールズには、「ロシア大統領を救出せよ」という前代未聞のミッションがくだる。

予告映像では、任務遂行のため、海上には無数の駆逐艦、海底にはため息の音にすら反応する水中兵器ひしめく‘絶対不可侵’のロシア海域に潜入するハンターキラー艦内の緊迫感あふれる様子や、ジェラルド・バトラー演じるジョー・グラス艦長と船員たちとの臨場感あふれるやりとりが描かれる。さらに、空から潜入しロシア軍と交戦するシールズ隊員の様子や、『ワイルド・スピード』製作陣らしさも見える、スピード感溢れる陸海空軍入り乱れての大スケールの戦闘シーンなども捉えられている。


映画情報どっとこむ ralph プロデューサーのひとりトビー・ジャッフェは、「我々が目指したのは、大いに楽しめるサスペンス・アクションであり、最新の潜水艦の世界を観客がリアルに体験できる物語だ」と語る。本作では、米海軍の全面協力によりなんとパール・ハーバーに着岸している原子力潜水艦が二日間にわたり開放され、撮影も許可された。
潜水艦内だけでなく、潜水する様子も撮影したドノヴァン・マーシュ監督は、「8000トンもの巨大な機械が海を潜っていく映像は、CGでは絶対に作り出せないと思ったよ。」と興奮ぎみに振り返る。さらに、監督は撮影前に映画に登場するヴァージニア級攻撃型潜水艦と同じタイプの原子力潜水艦に乗船して海に出た時の経験をもとに、潜水艦のセットを巨大な回転台の上に設置するという大胆な手法を思いついたという。このアイデアは、潜水艦が下降する際に乗員たちも一緒に傾いていく場面や敵艦から攻撃を受ける場面など、この予告映像でも圧倒的な緊張感とともに確認することができる。

映画情報どっとこむ ralph 『ハンターキラー 潜航せよ』

4月12日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
gaga.ne.jp/hunterkiller

STORY
呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。

ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は一隻の潜水艦に託された。

***********************************


監督:ドノヴァン・マーシュ
原作:ジョージ・ウォーレス&ドン・キース「ハンターキラー 潜航せよ」(ハヤカワ文庫)
出演:ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン、コモン、リンダ・カーデリーニ、ミカエル・ニクヴィスト

原題:HUNTER KILLER
2018/イギリス/122分/カラー/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:林完治

配給:ギャガ
© 2018 Hunter Killer Productions, Inc.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ザ・アウトロー』キャスト&スタッフが語る!!壮絶銃撃戦、その裏側映像到着!


映画情報どっとこむ ralph ジェラルド・バトラー x クリスチャン・グーデガスト監督『ザ・アウトロー(原題:Den Of Thieves)』が、10月20日(土)より、新宿バルト9ほか全国公開となります。
舞台は48分に1回、銀行強盗が発生する=世界屈指の犯罪都市・ロサンゼルス。
多発する銀行強盗に立ち向かうLAのワイルド刑事達のリーダー/ニック(ジェラルド・バトラー)は、<伝説の強盗>メリーメンが企てる3000万ドル強盗の巨大銀行強盗計画情報にたどり着く。

綿密な計画を練りこむメリーメンと、その動向を次第に追いつめるニックたちの行きつく先とは・・・?

この度、『ザ・アウトロー』のキャスト&スタッフが作品の裏側を語る映像が解禁となった。


劇中で繰り広げられる激しい銃撃戦の撮影に備えて、キャスト達が行った2週間の訓練キャンプの映像では、実際の軍人に指導を受けながら実弾で訓練に励むキャスト達の姿が見受けられる。バトラーは武器の扱いに慣れている姿を自然なものとするために、装填の練習を繰り返し行ったと語っており、実際本編では全てのキャストがプロの様に自然な装填を行えている。彼らが汗を流した訓練場の地面には無数の銃弾が転がっており、相当な訓練を積んだことが窺える。また、訓練時はバトラー率いる刑事チームとシュレイバー率いる犯罪者チームが別々に訓練を行い、相手チームへのライバル心と味方同士の結束感を養ったことも語られている。

そして本作最大の見せ場となる渋滞の中での銃撃シーンでは、弾痕や車のフロントガラスが割れる様をリアルに見せるために特殊な爆竹を設置したことなどがスタッフから語られ、映像にリアリティと迫力をもたらせようとするプロの技術が惜しげもなく披露される。このクライマックスシーンの撮影では約50万発もの弾丸が使用され、100m離れたところで銃撃戦を撮影していても銃声で耳が変になるとバトラーが語るほど、凄まじい撮影だったようだ。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ザ・アウトロー

公式HP:the-outlaw.jp

10月20日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
***********************************

監督:クリスチャン・グーデガスト
製作:ライアン・カヴァナー、マーク・キャントン
脚本:クリスチャン・グーデガスト、ポール・シェアリング
出演:ジェラルド・バトラー、パブロ・シュレイバー、オシェア・ジャクソン・Jr、カーティス“50セント”ジャクソン
配給:プレシディオ
© Motion Picture Artwork © 2017 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ザ・アウトロー』真の“アウとろ”はどっちだ!とろサーモンがシューティング対決


映画情報どっとこむ ralph 『300(スリーハンドレッド)』で華麗なる肉体美を披露したジェラルド・バトラーと、『エンド・オブ・キングダム』で脚本を務め、本作では監督として初めてメガホンをとったクリスチャン・グーデガストが、再びタッグを組んだ『ザ・アウトロー(原題:Den Of Thieves)』が、10月20日(土)より、新宿バルト9ほか全国公開。
公開に先駆けて、本日10月16日(火)にパセラリゾーツグランデ渋谷店にて大ヒット祈願イベントが開催され、お笑い界のアウトローこと、とろサーモンの村田秀亮、久保田かずのぶがゲストとして登壇した。
『ザ・アウトロー』 大ヒット祈願イベント
日時:10月16日(火)
場所:パセラリゾーツグランデ渋谷店
登壇:とろサーモン(村田秀亮 久保田かずのぶ)
映画情報どっとこむ ralph お笑い界のアウトロー、&“とろ”繋がりで声がかかったとろサーモンの2人は、劇中の主人公をイメージした武装スタイルで登壇。

村田さん:こういう時にこのコンビ名で良かったと感じるんです。“とろサーモン”で良かったです。

と、“アウとろ”と書かれた幟を見て嬉しそうに語ると、

久保田さん:アウトロー芸人で良かったです。

と挨拶。
アウトロー芸人で呼ばれているにも関わらず、謙虚な姿勢と挨拶をする久保田に早速村田のつっこみが飛び、イベントがスタートした。

映画の感想を聞かれた

村田さん:銃撃戦の迫力が素晴らしかったですね。

と感想を話すと、

久保田さん:家で映画を観る習慣が無くて、家で最後に見たのはアナ雪。その次がこれでしたね。落語みたいに話が平坦なまま進んでいくんですけども、最後のオチがすごかったですね。裏切られました。

と人を食ったような回答をしつつ、脚本の展開をしっかり褒めた。

MCからの好きな映画はありますかという質問に対しては

村田さん:ジブリが好き!!

と即答。ボケの

久保田さん:アウトローと言いなさい!

とつっこまれる場面も。

村田さん:ト“トロ”

とコメントを修正し、

久保田さん:アウトローな『血と骨』が好き。社会がワッと言う感じが好きですね。

との選定理由。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、映画の公開を記念した大ヒット祈願対決として、『ザ・アウトロー』の売りである“映画史に残る銃撃戦映画”にちなんだソフトエアーガンによるシューティング対決へ!

試し撃ちでは、

久保田さん:小学校の時セミの抜け殻をバンバン撃ってたんで!

とシューティング対決に自信を覗かせた。実際、対決が始まると久保田さんがターゲットの中心に近い部分を撃ち抜き、

久保田さん:嫌な人を思い浮かべて撃ちました。前のマネージャーです。

とノリノリでご満悦。


しかし、3回の対戦中2回終わって2人の得点は両者16点で同点。最後に得点が1万点の極小ターゲットが登場するも両者外してサドンデスへ突入。更に久保田から【負けたほうが好きな芸能人を言う】罰ゲームも追加された。直前に嫌いな人を思い浮かべたという久保田さんにならって、村田さんは後輩芸人のエハラマサヒロに肩パンされたことを思って1万点のターゲットを狙うもターゲットには当たらず。最後は極小ターゲットではなく、通常ターゲットの中心を見事に射抜いた久保田さんが勝利を収めた。景品として、映画にも登場した「U.S M9」(ユーエスエムナイン)のガスブローバックエアガンをプレゼントされました!

久保田さん:明日の宮崎ロケに持って行きます。前のマネージャーの記憶も消えました。

と満面の笑みで勝利の喜びを語った。罰ゲームを受けた

村田さん:戸越銀座の歯科助士の方!

とリアルに気になっている女性を挙げ、またもボケの久保田さんからツッコミを受けて会場の笑いを誘った。

更に、もう一歩映画のヒットへと近づくべく、村田のボイスパーカッションと久保田のラップによるMCサーモンとして、新作の『ザ・アウトロー』ラップが披露された。“アウとろ”、“銃撃戦”という映画の見どころと今回のイベント趣旨をもじった見事なラップに(笑いは起きなかったが)会場は今日一番の盛り上がりを見せた。
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

村田さん:最後まで釘付けになる映画なので、是非劇場でご覧ください!

久保田さん:アウトローな芸風ということで呼んで頂き、これからもアウトローな芸能界であってほしいと思います!

とさっきまでのラップが嘘のような迷回答でイベントを締めくくり、笑いに包まれたままイベントは幕を閉じました。

ザ・アウトロー

10月20日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

公式HP:
the-outlaw.jp


***********************************

監督:クリスチャン・グーデガスト
製作:ライアン・カヴァナー、マーク・キャントン
脚本:クリスチャン・グーデガスト、ポール・シェアリング
出演:ジェラルド・バトラー、パブロ・シュレイバー、オシェア・ジャクソン・Jr、カーティス“50セント”ジャクソン
配給:プレシディオ 
© Motion Picture Artwork © 2017 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ジオストーム』を4DX版上映決定 地震や竜巻、雷、津波などを特殊効果で体感せよ!


映画情報どっとこむ ralph 1月19日公開となる『ジオストーム』を4DX版で上映することを決定しました!

年初めの寒さを吹き飛ばすド迫力の映画『ジオストーム』は、地球における壊滅的な災害をテーマにしたアクション超大作。

「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」で製作を務めたディーン・デブリン監督がこれでもか!?とパニック映像を繰り出す本作は、『300<スリーハンドレッド>』のジェラルド・バトラーが主演、その弟役で『クラウド アトラス』のジム・スタージェスが熱演。

世界各地で度重なる自然災害が起こる中、全世界の天候を制御する気象コントロール衛星が暴走を始め、想像を絶する空前絶後の災害が勃発!4DX版では、世界各地で巻き起こる地震や竜巻、雷、津波などを、座席の動き、ヴァイブレーションなど18種類もの特殊効果によりパワフルな臨場感で鑑賞することができます。

そして、この度、本作で科学者ジェイク役に扮したジェラルド・バトラーより、4DX版『ジオストーム』猛プッシュ特別映像が到着!


解禁された映像では、

バトラー:宇宙規模でのド迫力且つ壮大なドラマ『ジオストーム』。きっとあなたは驚愕のシーンを目の当たりにするでしょう。4DX版「ジオストーム」で究極の鑑賞体験を!
とコメントし、体感型アトラクションシアター4DXをおすすめしています。

毎年、様々なジャンルの映画が4DX版にて公開されているなか、『ジオストーム』にもぜひご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph 因みに!

4DXとは、CJ 4DPLEX社が独自に開発した映画のシーンに合わせて座席が前後・左右・上下に動き、ヴァイブレーションでリアルな衝撃を演出。また、顔や体に降りかかる<ミスト>、硝煙や霧をイメージさせるリアルな<煙>、劇場内に瞬く鮮烈な<閃光(フラッシュ)>、<香り>などの特殊効果があり、まるで物語の中にいるような映画体験を楽しむことができます。2009年に4DXが誕生して以来、革新的な映画上映システムとして注目を集めており、2017年12月現在、全世界57ヶ国475劇場にて展開中。日本国内でも4DX版で映画を楽しみたいというニーズに応えるべく、全国の劇場への導入が進んでいます。 

映画情報どっとこむ ralph 『ジオストーム』について

物語・・・
ある日、天気が支配された。
世界中が度重なる自然災害に悩まされている中、全世界の天候を制御する気象コントロール衛星が開発され、世界の天候は完璧に管理されていた。
ところが、ある日、衛星が暴走を始めた!
リオ・デジャネイロが寒波に、香港が地割れに、ドバイが洪水に・・・想像を絶する空前絶後の災害が勃発!
なぜ!? 地球はどうなる!!?

その時、科学者ジェイクは仲間と共に地球の危機に立ち向かった。

公式ホームページ:
http://www.geostorm.jp/

2018年1月19日(金)全国ロードショー

***********************************


監督:ディーン・デブリン
脚本:ディーン・デブリン&ポール・ギヨー
出演:ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、 アビー・コーニッシュ、エド・ハリス、 アンディ・ガルシア

配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ