「ジェフ・ブリッジス」タグアーカイブ

EXILE TAKAHIRO のアツい想いが詰まったスポット映像解禁『オンリー・ザ・ブレイブ』


映画情報どっとこむ ralph 『アベンジャーズ』シリーズのジョシュ・ブローリン、映画『セッション』で主演を努めたマイルズ・テラー、『キングスマン:ゴールデン・サークル』のジェフ・ブリッジスに加え、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリーら、新旧交えた豪華俳優陣の共演で贈る森林消防士たちの英雄物語『オンリー・ザ・ブレイブ』が6月22日(金)TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開となります。
監督を務めるのは、『オブリビオン』などを手がけ、『トップガン』の続編『Top Gun: Maverick』の監督も決まっているジョセフ・コシンスキー。2013年、アメリカのアリゾナ州で実際に起きた巨大山火事を舞台に、大切な仲間と愛する家族はもちろん、名も知らぬ人々の命をも守るため、勇気だけで炎の中に飛び込んでいく男たちのプライドと絆の感動物語です。
映画情報どっとこむ ralph この度、本作への想いを熱く語るEXILE TAKAHIROさんのインタビュー&スポット映像が到着しました!

EXILEの新曲「My Star」が日本版テーマソングとなっている本作は、圧倒的な迫力の山火事映像と、愛する人のために命を賭して炎に立ち向かう男たちのアツいドラマが堪能できる感動スペクタクル。映画を観たTAKAHIROさんは、開口一番

TAKAHIROさん:めちゃくちゃ面白かったです!迫力もそうですし、スリルもあるし、そして感動もある。ブレンダンが赤ちゃんを初めて抱くシーンや家族愛のリアルな部分が描かれていて、胸を熱くするものがありました。

と興奮気味に映画の感想を語り絶賛!


森林火災の精鋭集団で消防界のネイビーシールズとも言われる《ホットショット》について聞かれ

TAKAHIROさん:日頃は冗談を言い合って和気あいあいとしているホットショットのメンバーが、仕事になった瞬間にスイッチを切り替える男らしさというか。心が震える映画だと思います」と熱弁。チームで山火事に挑み、文字通り、命をあずける仲間との強い絆が描かれている本作について「学ぶべきところも共感できる部分もありました。メンバーもぜひこの映画を見てほしいですね。

と、EXILEとしてグループで活動しているご自身を重ねる様子も。

TAKAHIROさん:守るものがあるからこそ、いろんな葛藤が生まれる瞬間があって・・《愛することは守り抜くこと》という(「My Star」の)歌詞通り、言葉で言うのは容易いですけど、命を懸けて人生を歩むことはなかなか難しいので、それをテーマに生きることが男らしさにつながるんじゃないかと思います。

とテーマソング「My Star」がぴったりの作品であることにも太鼓判を押しています。

映画情報どっとこむ ralph あわせて解禁されたスポット映像では、「My Star」に乗せて映し出される映像とともにTAKAHIROさんのアツい想いが詰まった「アツい!とにかくアツい!!」「絶対に惚れます!」といったコメントが流れ、映画の期待値を高める見応えある映像となりました!(6/20から放送予定)



映画情報どっとこむ ralph オンリー・ザ・ブレイブ
原題:Only the Brave


物語・・・
更生のために森林消防団に入隊した青年を待ち受けていたのは、未曾有の巨大山火事だった――。
堕落した日々を過ごしていたブレンダン(マイルズ・テラー)は、恋人が妊娠したことをきっかけに、生まれ変わる決意をし地元の森林消防団に入隊。地獄のような訓練の毎日を過ごしながらも、仲間と絆を深め、チームを率いるマーシュ(ジョシュ・ブローリン)との信頼を築き、彼らの支えの中で少しずつ成長していくブレンダン。しかしそんな彼を待ち受けていたのは、山を丸ごと飲み込むような巨大山火事だった――。圧倒的迫力、炎のように燃えたぎる友情、あなたの心を熱くする感動の実話!

***********************************

監督:ジョセフ・コシンスキー『オブリビオン』『トロン:レガシー』
出演:ジョシュ・ブローリン『エベレスト3D』、マイルズ・テラー『セッション』、ジェフ・ブリッジス『クレイジー・ハート』、テイラー・キッチュ『バトルシップ』、ジェニファー・コネリー『地球が静止する日』
配給:ギャガ 
2017/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/2時間14分/字幕翻訳:林完治  
© 2017 NO EXIT FILM, LLC
    


命がけで炎と戦う姿に胸キュン!『オンリー・ザ・ブレイブ』本編映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 6/22公開の映画『オンリー・ザ・ブレイブ』にて森林火災のスペシャリスト“ホットショット”たちの場面写真計7点を一挙解禁!さらに、燃え盛る山火事を背に決死の消化活動を行う迫力の本編映像が解禁となりました!


本作で描かれる“ホットショット”とは、アメリカでは消防界のネイビーシールズとまで言われる対山火事の精鋭集団。日頃から厳しい訓練をこなし、山火事の真っ只中に飛び込む命知らずな男たちで、鍛え上げられたその肉体美は俳優の粋を超えた完成度!

映画情報どっとこむ ralph しかし、険しい顔で炎に挑む彼らも、 家族や大切な人と過ごす瞬間はまるで別人。満面の笑顔で娘のペディキュア遊びに付き合ってあげる良きパパたちでもあるんです!炎と向き合う姿とのギャップや、家族想いで仲間を大切にする彼らはまさに理想と言えるかも!?​
そんな“ホットショット”を演じたのは、ジョシュ・ブローリンの他、マイルズ・テラーやテイラー・キッチュなど総勢20名の俳優たち。彼らを束ねるリーダー:マーシュを演じたジョシュは、マーシュについてリサーチを進めるほど彼に共感を覚えるようになっていき

ジョシュ:彼はすぐに華々しいスタートを切れたわけじゃない。あらゆることで苦労を強いられた。彼には人間味があり欠点もあったが、素晴らしいリーダーになるための資質を学んだんだ。彼がホットショットの指揮官になるまでに費やした努力の大きさに僕は感動した。

と語り、落ちこぼれのブレンダンを演じたマイルズは

マイルズ:僕が手を抜いていい加減な仕事をしたり努力を惜しんだりすれば、僕の後に続く連中が余計な負担を強いられる。この仕事は、そういう自分勝手な態度の人間をふるい落とすようにできているんだ。

と劇中で描かれる仲間の絆に魅力を感じたことを明かしています。
映画情報どっとこむ ralph

また、当初はブレンダンに不満を抱いていたものの、後に彼の親友となる情の熱い男:クリス・マッケンジーを演じたテイラーは

テイラー:彼はすごい奴だと思う。言うなれば一流の道化師で、いつもみんなを明るい気持ちにさせている。」と自身が演じたマックという人物を分析、隊のことを考えるあまり、喧嘩っ早い一面を併せもつ彼を「演じるのは楽しかった。

と撮影を振り返っています。


オンリー・ザ・ブレイブ
原題:Only the Brave

6月22日(金) TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー

更生のために森林消防団に入隊した青年を待ち受けていたのは、未曾有の巨大山火事だった。

堕落した日々を過ごしていたブレンダン(マイルズ・テラー)は、恋人が妊娠したことをきっかけに、生まれ変わる決意をし地元の森林消防団に入隊。地獄のような訓練の毎日を過ごしながらも、仲間と絆を深め、チームを率いるマーシュ(ジョシュ・ブローリン)との信頼を築き、彼らの支えの中で少しずつ成長していくブレンダン。しかしそんな彼を待ち受けていたのは、山を丸ごと飲み込むような巨大山火事だった――。圧倒的迫力、炎のように燃えたぎる友情、あなたの心を熱くする感動の実話!

***********************************

監督:ジョセフ・コシンスキー『オブリビオン』『トロン:レガシー』
出演:ジョシュ・ブローリン『エベレスト3D』、マイルズ・テラー『セッション』、ジェフ・ブリッジス『クレイジー・ハート』、テイラー・キッチュ『バトルシップ』、ジェニファー・コネリー『地球が静止する日』
配給:ギャガ 
2017/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/2時間14分/字幕翻訳:林完治
© 2017 NO EXIT FILM, LLC


ジェフ・ブリッジスがウェスタン・ミュージック披露!『オンリー・ザ・ブレイブ』本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph ジョシュ・ブローリン、マイルズ・テラー、ジェフ・ブリッジス、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリーら、新旧交えた豪華俳優陣の共演で贈る森林消防士たちの英雄物語『オンリー・ザ・ブレイブ』が、6月22日(金)TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開となります。
監督を務めるのは、『オブリビオン』などを手がけ、『トップガン』の続編『Top Gun: Maverick』の監督も決まっているジョセフ・コシンスキー。2013年、アメリカのアリゾナ州で実際に起きた巨大山火事を舞台に、大切な仲間と愛する家族はもちろん、名も知らぬ人々の命をも守るため、勇気だけで炎の中に飛び込んでいく男たちのプライドと絆の感動物語がここに誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作でジェフ・ブリッジスの渋い美声が響く本編映像が解禁となりました!



ジェフと言えば、アカデミー賞®に7度もノミネートされた経験を持つハリウッド大御所俳優のうちの一人。アカデミー賞主演男優賞に輝いた『クレイジー・ハート』(09)ではその歌唱力まで評価され、なんと61歳でメジャーデビュー!俳優業以外でも多彩な顔を持つアーティストである彼が、本作でもその渋い歌声を披露しています!
普段は山火事に立ち向かい、常に死と隣あわせの環境にいる“ホットショット”の隊員が、唯一、仲間とともに安らげる場所であるBarで披露されるその歌声は、まさに大人の魅力を感じさせる渋い美声。

ジェフが、バンドの演奏にあわせてギターとボーカルを担当し、軽快なウェスタン・ミュージックを奏でています。実はこのバンド、ジェフが演じたデュエイン本人が実際に率いている《ラスティ・ピストルズ・カウボーイ・バンド》であり、劇中では彼らが実際に最もリクエストを受ける「ゴースト・ライダーズ・イン・ザ・スカイ」という歌が歌われています。「イカしたカウボーイのバンド」と彼らを絶賛するジェフとの夢のコラボが実現した貴重なシーンとなりました!!

映画情報どっとこむ ralph 本作への出演に際し、「最初に台本を読んだ時、アクション映画のジャンルを超越する物語に心を動かされたよ。情感豊かで胸を打つ作品だ。」とその想いを明かしているジェフは、無骨な威厳と経験に裏打ちされた知恵を兼ね備え、“ホットショット”を束ねるエリック・マーシュ(ジョシュ・ブローリン)からも頼られる父親的な存在であるデュエイン役を演じています。

オンリー・ザ・ブレイブ


物語・・・
更生のために森林消防団に入隊した青年を待ち受けていたのは、未曾有の巨大山火事だった――。
堕落した日々を過ごしていたブレンダン(マイルズ・テラー)は、恋人が妊娠したことをきっかけに、生まれ変わる決意をし地元の森林消防団に入隊。地獄のような訓練の毎日を過ごしながらも、仲間と絆を深め、チームを率いるマーシュ(ジョシュ・ブローリン)との信頼を築き、彼らの支えの中で少しずつ成長していくブレンダン。しかしそんな彼を待ち受けていたのは、山を丸ごと飲み込むような巨大山火事だった。圧倒的迫力、炎のように燃えたぎる友情、あなたの心を熱くする感動の実話!

***********************************

監督:ジョセフ・コシンスキー『オブリビオン』『トロン:レガシー』
出演:ジョシュ・ブローリン『エベレスト3D』、マイルズ・テラー『セッション』、ジェフ・ブリッジス『クレイジー・ハート』、テイラー・キッチュ『バトルシップ』、ジェニファー・コネリー『地球が静止する日』
配給:ギャガ
原題:Only the Brave/2017/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/2時間14分/字幕翻訳:林完治
© 2017 NO EXIT FILM, LLC


英雄物語『オンリー・ザ・ブレイブ』ジョシュ・ブローリン、巨大山火事に挑む!本編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 『アベンジャーズ』シリーズのジョシュ・ブローリン、映画『セッション』で主演を努めたマイルズ・テラー、『キングスマン:ゴールデン・サークル』のジェフ・ブリッジスに加え、テイラー・キッチュ、ジェニファー・コネリーら、新旧交えた豪華俳優陣の共演で贈る森林消防士たちの英雄物語『オンリー・ザ・ブレイブ』が6月22日(金)TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開いたします。
監督を務めるのは、『オブリビオン』などを手がけ、『トップガン』の続編『Top Gun: Maverick』の監督も決まっているジョセフ・コシンスキー。2013年、アメリカのアリゾナ州で実際に起きた巨大山火事を舞台に、大切な仲間と愛する家族はもちろん、名も知らぬ人々の命をも守るため、勇気だけで炎の中に飛び込んでいく男たちのプライドと絆の感動物語がここに誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作で消防界のネイビーシールズとまで言われる森林火災のスペシャリスト“ホットショット”の隊長を演じたジョシュ・ブローリンの場面写真5点と本編映像の一部が解禁となりました!



近年では、世界的大ヒット映画『アベンジャーズ』シリーズで、全宇宙の生命を半分にするという恐ろしい計画を実行した最強の敵・サノスを演じ、さらに、6/1公開の映画『デッドプール2』でも主人公デッドプールと対立するケーブル役を演じるなど、世界を守るスーパーヒーローたちを徹底的に痛めつけるヴィラン役のイメージも強いジョシュ。

そんな彼が、本作では悪役とは程遠い、熱くて頼れる男“ホットショットの隊長”:エリック・マーシュ役を熱演しています!

守るべきもののため、炎の海となる山火事の中に自ら飛び込んでいくホットショットの隊長・マーシュ。彼が率いる“グラニット・マウンテン・ホットショット”は、エリートと呼ばれるホットショットの中で唯一、地元の消防団からホットショットへと昇格した叩き上げのプロ集団。自らの経験でチームを導き、時に厳しく、時に優しい一面を覗かせるその姿は、屈強な男たちの父親的存在でもあり、あこがれのリーダー像を思い起こさせます。

そんなマーシュを演じたジョシュは、実は20代の頃、アリゾナ州のボランティア消防隊で3年間も消火活動を経験していたとか。「これは日常のヒーローについての物語だ。彼らの、危険を顧みず自ら犠牲になることすら厭わない精神に共感し、費やした努力の大きさに強く感動した。」と本作への想いを明かすジョシュは、厳しいトレーニングで約18キロ減量、消防士に関するビデオを何本も見るなどして、理想のリーダー像を描き出しました。
映画情報どっとこむ ralph 今回、山火事を背に消火活動に挑む“グラニット・マウンテン・ホットショット”の姿や、真剣な様子で山火事の対抗策を講じるマーシュの姿を写した画像の他、命がけでチームの一員であるブレンダン(マイルズ・テラー)を助ける緊迫の山火事映像が解禁となりました!

『オンリー・ザ・ブレイブ』
原題:Only the Brave

STORY
更生のために森林消防団に入隊した青年を待ち受けていたのは、未曾有の巨大山火事だった――。
学生寮で堕落した日々を過ごしていたブレンダン(マイルズ・テラー)は、恋人が妊娠したことをきっかけに、生まれ変わる決意をし地元の森林消防団に入隊。地獄のような訓練の毎日を過ごしながらも、仲間と絆を深め、チームを率いるマーシュ(ジョシュ・ブローリン)との信頼を築き、彼らの支えの中で少しずつ成長していくブレンダン。しかしそんな彼を待ち受けていたのは、山を丸ごと飲み込むような巨大山火事だった――。圧倒的迫力、炎のように燃えたぎる友情、あなたの心を熱くする感動の実話!

***********************************

監督:ジョセフ・コシンスキー『オブリビオン』『トロン:レガシー』
出演:ジョシュ・ブローリン『エベレスト3D』、マイルズ・テラー『セッション』、ジェフ・ブリッジス『クレイジー・ハート』、テイラー・キッチュ『バトルシップ』、ジェニファー・コネリー『地球が静止する日』
配給:ギャガ
2017/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/2時間14分/字幕翻訳:林完治  
© 2017 NO EXIT FILM, LLC


マーク・ウェブ監督インタビュー到着!『さよなら、僕のマンハッタン』


映画情報どっとこむ ralph マーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』が4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開されます。

音楽愛に溢れたハイセンスな作風の『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったウェブ監督が『サマー』以前に脚本に出会い、10年以上の歳月をかけてついに映画化を果たした最新作『さよなら、僕のマンハッタン』。

退屈な毎日を送っていた青年が、おかしな隣人と父の愛人との出会いを経て、少しだけ大人へと成長する物語は、私たちに“子供でも大人でもなかった”あの頃の気持ちをほろ苦い青春の記憶と共に思い出させてくれる。
悩める主人公トーマスを演じるのは『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の出演も控える若手俳優カラム・ターナー。他、ジェフ・ブリッジス、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、カーシー・クレモンズなど新旧豪華キャストが共演を果たした。

映画情報どっとこむ ralph この度マーク・ウェブ監督のインタビューが到着。長年熱望してきた待望作について答えています。

何年も前に初めて読まれて以来、ずっと心をつかんでいるこの脚本の魅力を尋ねられると、

マーク・ウェブ監督:2点あります。まず、ずっと頭から離れないシーンがありました。ジョハンナとトーマスでの最初のシーンで、彼女が“人はいつも無意識に行動をしてしまうものよ”と言う場面です。彼らが初めて出会ったときの会話は本質を突いていてとても考えさせられるものでした。私はこの先の展開を知りたくなりました。そのときのジョハンナのセリフはある意味現実となるわけで、私はこのシーンに引き込まれました。脚本を読んでいて、どんどん次の展開を知りたくるのです。これが1点目です。もう1点は、ジェフ・ブリッジス演じるW.F.ジェラルドとトーマスの関係性です。男性同士のこういった友情は珍しいですし、これには少し願望も含まれています。ジェラルドのようなメンターとの関係性は希少です。

と主人公トーマスとW.F.ジェラルドの関係性には自身の願望も投影されていることを明らかにした。

作中の”ニューヨークはソウル(魂)を失ってしまった”というセリフについて自身の意見を尋ねられると、

マーク・ウェブ監督:この脚本は何年も前に書かれたので、私たちが練り直しました。若い人たちの意見は悲観的ですが、私はこの街に関して変わらないのは自己批判できるということだと思います。人々は常に“70年代は良かった”“80年代は良かった”などと言っています。私が信じているのはニューヨークが常に進化していること、そして驚くほど雑然としていると同時に美しい街であることです。人種や文化のるつぼというアメリカの側面を象徴しつつ、全くダメな要素もある。それらが全て集約されていて、物語を描くにはピッタリの環境なのです。

と、かつて憧れ、今は自身が暮らす街ニューヨークについての持論を展開。

映画情報どっとこむ ralph また、超大作を手掛ける一方、『(500)日のサマー』『ギフテッド』そして『さよなら、僕のマンハッタン』などの小規模作品も手掛けてきたウェブ監督にそれぞれの違いを尋ねると、 

マーク・ウェブ監督:『アメイジング・スパイダーマン』を撮る前は、撮影がどんな感じになるか気になりましたが、撮影後に役者たちと交わす会話は同じでした。同様に、技術、展開、カタルシスやニュアンスについて考えますし、多くの側面で似ていました。違いと言えば、準備や人々の期待、そして作品が関わる様々なもののスケールですが、それは制作とは別のことです。これらの違いはありますが、全く違ったアプローチはできません。注目されず期待に応えなくてはというプレッシャーもない、解放された気分でしたよ。映画のクリエイティブな要素を全て集結させ、自分たちが作りたい作品を作れたことは素晴らしかったです。ファンの子供がコスチュームについてどう思うかな、と心配する必要もありませんしね。とても楽しめました。

と、様々な制約から開放されよりクリエイティブに集中できる本作のインディペンデントな映画製作について語った。更に本作の制作を一言で表すと、と尋ねられると

マーク・ウェブ監督:楽しくてウキウキする、まるでバケーションのような撮影でした。映画制作における11番目の戒律は“なんじ、ジェフ・ブリッジスと映画を作れ”ですね(笑)

と、制作を心から楽しんだ様子と共に、憧れのジェフ・ブリッジスとの仕事の興奮を垣間見せた。

映画情報どっとこむ ralph さよなら、僕のマンハッタン

公式サイト:
www.longride.jp/olb-movie/ 

物語・・・
大学卒業を機に親元を離れたトーマスは、風変わりな隣人W.F.ジェラルドと出会い、人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せるミミと行ったナイトクラブで、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。W.F.の助言を受けながらジョハンナを父から引き離そうと躍起になるうちに、彼女の底知れない魅力に溺れていく。退屈な日々に舞い降りた二つの出会いが彼を予想もしていなかった自身と家族の物語に直面させることになる・・・。
***********************************

監督:マーク・ウェブ
脚本:アラン・ローブ
出演:カラム・ターナー、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、ジェフ・ブリッジス、カーシー・クレモンズ 
劇中曲:「ニューヨークの少年」 サイモン&ガーファンクル
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC