「ジェフリー・ディーン・モーガン」タグアーカイブ

アンソニー・ホプキンス VS コリン・ファレル 『ブレイン・ゲーム』予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph アンソニー・ホプキンスとコリン・ファレルが競演する「SOLACE(原題)」が、『ブレイン・ゲーム』 の邦題で、10 月 6 日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開する事が決定、合わせて、日本版のポスタービジュアルと予告編が完成しました。


この度完成したポスタービジュアルでは、アンソニー・ホプキンスとコリン・ファレルの顔が大きく映し出され、予知能力者の持ち 主である二人の「どちらが先に未来を変える」のか、邦題通り“頭脳戦”が繰り広げられることが暗示される。


超実力派俳優2大スター競演で贈る頭脳戦! 予知能力 先に読み解くのはどちらか

『羊たちの沈黙』『ハンニバル』『レッド・ドラゴン』のハンニバル・レクター博士でお馴染 みの名優アンソニー・ホプキンス。
マーティン・マクドナー監督の『セブン・サイコパス』、ヨルゴス・ランティモス監督『ロブスター』などで再注目されるコリン・ファレル。
実力派の 2 大スターが、頭脳戦を繰り広げるサイコスリラーが、待望の日本公開となる。

脚本は、『ザ・コア』『マッチスティック・マン』などでプロデューサーを務めたショーン・ベイ リーと『オーシャンズ 11』『完全犯罪』のテッド・グリフィン。脚本に惚れこんだアンソニ ー・ホプキンスは、製作総指揮にも名を連ねている。 監督は、ブラジルの俊英アフォンソ・ポイアルチ。長編デビュー作で、過激でスタイリッ シュなアクション映画『トゥー・ラビッツ(原題:2Coelhos )』(12)が、興行的にも批 評的にも大成功をおさめた若き才能の、第二作にして、ハリウッドデビュー作となる。

映画情報どっとこむ ralph FBI 捜査官とその若き相棒は、連続殺人事件の捜査に行き詰まり、引退した元同僚のアナリストで医師であるジョン・クランシー博士(アンソニー・ホプキンス)に助 けを求める。娘の死をきかっけに世間から閉じこもり、隠遁生活を送っていた博士だが、この事件に特別の感情を抱き、捜査に協力をすることに。
だが、並外れた予知能力の持ち主である博士は、この容疑者(コリン・ファレル)が自身以上の能力をもっていることに気付き・・・。
博士に捜査協力を依頼する FBI の捜査官として、「ウォーキング・デッド」のニーガン役でお馴染みのジェフリー・ディーン・モー ガンと、『ブライト・スター ~いちばん美しい恋の詩~』『ジオストーム』のアビー・コーニッシュも出演。

映画情報どっとこむ ralph
予告編では、アンソニー・ホプキンスの重厚な演技と、容疑者を演じるコリン・ファレルの不敵さと合わせて、殺人の現場が鮮 やかに彩られた猟奇的な様や、カーアクション、も垣間見え、独特な映像世界が完成していることが伺える。

ブレイン・ゲーム

公式サイト:http://braingame.jp/

***********************************

出演:アンソニー・ホプキンス、ジェフリー・ディーン・モーガン、アビー・コーニッシュ、コリン・ファレル
監督・脚本:アフォンソ・ポイアルチ
音楽:ブライアン・トランソー
脚本:ショーン・ベイリー、テッド・グリフィン
原題:Solace

2015 年|アメリカ|101 分|スコープ|5.1ch
配給:ポニーキャニオン
© 2014 SUPERSENSORY, LLC


人類はTHE END!?『ランペイジ 巨獣大乱闘』ロック様が紙相撲で大はしゃぎ!!映像解禁


映画情報どっとこむ ralph ドウェイン・ジョンソンの主演最新作にして、『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション 『ランペイジ 巨獣大乱闘』が、5月18日(金)より全国ロードショーになります。
日本公開に先駆けて4月13日(金)に、全世界で公開された本作は、イギリス、中国、ロシアなど主要国を含めた、なんと世界16ヶ国で週末興収No.1を叩き出し、大ヒットスタート!!

この度、5月5日の“こどもの日”に合わせて、ドウェイン・ジョンソンほか、アカデミー賞ノミネート女優ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン、ブラッド・ペイトン監督が勢揃いし、日本の遊びにチャレンジ!!

今回は、巨獣たちが大乱闘する本作にかけて、特別に日本の国技である相撲!?で大乱闘することに!

ただし、相撲は相撲でも、今回キャストたちが挑戦したのは、“紙相撲”!!無邪気に紙相撲で大盛り上がりするハリウッドスターたちの姿を観ることできる貴重な映像です。


また今回の映像の終わりには、「人類はTHE END」という衝撃的な言葉でスタートする、最新スポット映像が付いており、
「第九(ベートーヴェンの交響曲第9番)」に合わせて、マシンガンを撃ちまくるドウェインの姿や、暴れまわる巨獣たちのハイテンションな映像となっている。

映画情報どっとこむ ralph ランペイジ 巨獣大乱闘

5月18日(金)より全国公開

公式サイト:
rampagemovie.jp 
公式Twitter:
@warnerjp

#巨獣大乱闘

物語・・・
それは人類の誰も気づかぬうちに始まった。最新を誇る遺伝子実験の失敗によって、なんと普通の動物たちが突如進化し始める!
ゴリラ、オオカミ、ワニなどが猛烈に巨大化し、凶暴化してしまう。
ヤツらの成長はとどまることを知らず、もはやクソデカい巨獣と化し、陸・海・空おかまいなしに街で破壊の限りを尽くす大乱闘をおっぱじめる!
シカゴを舞台に、巨獣たちの暴れる理由は一体なんなのか?生物ピラミッドが一夜にしてひっくり返った人間たちに、巨獣たちの大乱闘を止めることができるのか?
『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

***********************************

スタッフ・キャスト: 
監督:ブラッド・ペイトン
出演:ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、
マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


巨大化が止まらないアワード!?『ランペイジ 巨獣大乱闘』ジャパンプレミアを開催!


映画情報どっとこむ ralph 2016年最も稼ぐ俳優堂々の第1位!(2017年は2位)ドウェイン・ジョンソンの主演最新作『ランペイジ 巨獣大乱闘』が5月18日(金)に日本公開となります。

本作は、ある遺伝子実験の失敗によって巨大化が止まらなくなってしまった動物たちが破壊を続けながら北米大陸を横断し、高層ビルがそびえ立つ市街地で大乱闘を繰り広げるという、巨大怪獣パニックアクションです。シカゴを舞台に、巨獣たちの暴れる理由は一体なんなのか?生物ピラミッドが一夜にしてひっくり返った人類に、巨獣たちの大乱闘を止めることができるのか?もはや無駄な抵抗はやめて観るしかない!!


この度、4月25日(水)に本作のジャパンプレミアを開催!

プレミアでは本作のテーマにちなみ、各界で「巨大化が止まらない」今話題のゲストをお呼びし、勝手にノミネート!会場投票によって最優秀賞を決定する「巨大化が止まらないアワード」を開催いたしました!ノミネートされた7名の中から激戦を制し、見事に本アワードのトロフィーを制したのは寺田心!「受賞に恥じない人になっていきます」との大人顔負けのコメントで会場中を感心させました。


『ランペイジ 巨獣大乱闘』 ジャパンプレミア 「巨大化が止まらないアワード」
日程:4月25日(水)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:バイきんぐ(小峠英二、西村瑞樹)、FUJIWARA(藤本敏史、原西孝幸)、菊地亜美、寺田心、マギー審司 (※順不同)
スペシャルプレゼンター:山本リンダ

映画情報どっとこむ ralph 会場には、豪華ゲストの登場を待ちわびた500名が詰めかけた。

本作が、遺伝子実験の失敗より巨大化が止まらなくなってしまった動物たち大乱闘を繰り広げるというストーリーであることにちなみ、ジャパンプレミアでは「巨大化が止まらない」アワードを実施!

各界で巨大化が止まらないゲストを勝手にノミネートし、来場した観客の投票で「巨大化が止まらない」最優秀賞を決めるイベントに。


早速MCの呼びかけで、ゲストたちが登場!

「番組出演時間の巨大化が止まらない」ということで、お笑いコンビのバイきんぐ・小峠英二が、相方の西村瑞樹も「薄毛面積の巨大化が止まらない」ということで登場。

続いて2月に結婚を発表して以来、バラエティ番組などで「幸せおのろけの巨大化が止まらない」タレント・菊地亜美がピンクの花柄の刺繍に、背中部分が大きく開いたセクシーなドレスで登場。

「成長の巨大化が止まらない」子役・寺田心が満面の笑顔で観客に手を振りながら登場すると、観客も思わず癒されていた様子。

「元祖!耳の巨大化が止まらない」マジックでおなじみのマギー審司が登場後、最後にお笑いコンビのFUJIWARAの「顔面の巨大化が止まらない」藤本敏史と、「顔面のゴリラ化が止まらない」原西孝幸が登場し、大きな拍手と歓声で迎えられ、華々しくアワードがスタートした。


小峠さん:相方の西村が『薄毛が止まらない』ことでノミネートされたということは、僕は薄毛とすら思われてないということですね(笑)。でもありがたいです。よろしくお願いします!

と自虐を交えつつ挨拶。

藤本さん:はいどーもー、小峠でしたー!

と被せると、

小峠さん:お笑いライブのエンディングじゃないんですから!

とすかさずつっこみ、のっけからお笑いモード全開!

映画情報どっとこむ ralph 一方、

西村さん:てっきり『コンビ格差の巨大化が止まらない』でのノミネートかと思ってました。

と更に自虐コメントで会場を沸かせると、再び

藤本さん:そう言っても月200万もらってますからね。とんだコンビ格差ですよ。

とささやき、まさかの月収を暴露!会場をざわつかせていた。


菊地さん:結婚する前から体の巨大化が始まってたんですけど、結婚してからすごくて。子供はまだ出来ていないんですけど、さっきお腹を抑えていたら、勘違いした心くんに『休まれた方がいいですよ』と心配されてしまいました。

と、幸せ太りしてしまった様子。

寺田くん:体重も心もまだまだ成長中の寺田心です!

マギー審司はお馴染みの耳が大きくなるマジックをさっそく披露しつつ、動物のぬいぐるみをあたかも生きているかのように動かすマジックも披露し、

動物も好きですし、僕以上にこのアワードを欲しがっている人はいないと思います!

と熱意をコメント。

「顔面の巨大化が止まらない」と紹介された藤本さんは

藤本さん:僕だけ失礼じゃないですか?今日は3D上映じゃないですよ。

とコメント。

小峠さん:会場が狭く見えますね1

と言うと、すかさず

藤本さん;顔デカいからや!

とツッコミを入れ、抜群のコンビネーションに会場からは大きな笑いが起きていた。続いて、「顔面のゴリラ化が止まらない」と、一人だけ巨大化が関係なくノミネートされた相方の原西さんは

原西さん:確かに街を歩いてても、『原西』じゃなくて『ゴリラ』って言われることが多いんですよね。

と、思い当たる節がある様子だった。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、本作を観た感想について聞かれると、

小峠さん:もうすっごい面白かったです。最初からエンディングまで高水準に面白くて目が離せない。ゴリラとかも表情が細かいし、迫力がすごくて!

と大絶賛!

藤本さん:お笑い界のドウェイン・ジョンソンですからね。

と言うと、

小峠さん:まぁある意味そうですよね(笑)。ドウェインがカッコいい!世界のハゲに希望を与えますよね!

と、スキンヘッドとしてもコメントし、再び会場を沸かせていた。

西村さん:開始2秒でハマりました。動物が巨大化しても動きがリアルで迫力満点です!

とし

寺田くん:遺伝子操作によって動物が強くなることもあるけど、動物が好きなので、大事にして欲しいです。隣から巨獣の鼻息が聞こえてくるような臨場感があります!

と大人顔負けのコメントに会場からは大きな拍手が起こっていた。また、

原西さん:野生のゴリラに殴られたことあるんですよ。しかも、本作ではただ大きくなるだけじゃなくて秘密もあるので、殴る力どんだけあんねんと。

とエピソードを語り、観客の期待感をあおっていた。


映画情報どっとこむ ralph イベントも終盤に差し掛かり、「巨大化が止まらないアワード」の最優秀賞受賞者を発表に!

今回は、客席のお客さんの投票により、最優秀賞が決定する。その受賞者を発表するスペシャルプレゼンターには、名曲「どうにもとまらない」でおなじみの「元祖!止まらないレジェンド」の山本リンダが、登場!

山本さん:ほんとに感動。始まった時には、動物の巨大化が実際起こりうることなので、どうなることかと思いました。でもドウェインが優しくてかっこいいし、ドキドキが『どうにもとまらない』!

と、感想がどうにも止まらない様子で本作を絶賛した。

ここで野鳥の会協力の元、集計が終了し、いよいよ最優秀賞を発表!!

山本さんは赤い封筒を開け中身を確認すると一呼吸置き、「巨大化が止まらないアワード」最優秀賞は、、、寺田心くんです!

と発表。

会場から大きな拍手が巻き起こる中で寺田心くんは、トロフィーを山本さんから授与されると、体の半分ほどもあるトロフィーに、

寺田さん:受賞に恥じない人にこれからなっていきたいと思います!

と再び大人顔負けのコメントをし、会場からは大きな拍手が。

山本さん:リンダ、困っちゃう!

と名曲に絡めてコメントしていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、ゲストの「巨大化が~!」という掛け声に、観客が「止まらない!!!」と答えると、キャノン砲が発射!大きな拍手に包まれ、イベントは幕を閉じました。

ランペイジ 巨獣大乱闘

5月18日(金)より全国公開‼

物語・・・
遺伝子実験の失敗によって、動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。彼らの巨大化は止まらず、もはや巨獣と化し、街を舞台に大乱闘を始める。巨獣たちの目的はなんなのか?どこまでデカくなるのか?人間は怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?
***********************************

監督:ブラッド・ペイトン 
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ナオミ・ハリス(『ムーンライト』) / ジェフリー・ディーン・モーガン(TV「ウォーキング・デッド」シリーズ)
配給:ワーナー・ブラザース映画 
 (c) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.      


巨大化が止まらない! 『ランペイジ 巨獣大乱闘』田島光二デザインの日本版オリジナルポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph ドウェイン・ジョンソンの主演最新作にして、『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション 『ランペイジ 巨獣大乱闘』(原題:RAMPAGE)が、5月18日(金)より全国ロードショーになります。

この度、ハリウッドが認める日本人アーティスト田島光二さんがデザインした日本版のオリジナルポスターが解禁になりました!!

田島さんは、ルーカス・フィルムから直接お声が掛かったという逸話を持ち、鬼才ティム・バートン監督作や『ブレードランナー 2049』、『パシフィック・リム:アップライジング』などのコンセプトアートを手がけ、最近では『ファンタスティック・ビースト』のコンセプトアートも担当しています。

ハリウッドの最前線で活躍している田島さんは、『ランペイジ 巨獣大乱闘』のポスターのオファーが来た時の心境について、

田島さん:予告編など見て楽しみにしていた映画なので、そのポスターを書かせていただけるなんて!と喜びと驚きを感じました!素晴らしい映画のポスターを描かせて頂けてとても光栄です。怪獣映画というジャンルは、世界の中でも日本は確立している存在なので、これが日本が描く怪獣だ!というモチベーションで、そして何よりもこのポスターを楽しみながら描かせてもらいました。怪獣映画を見たときのあのワクワクをこのポスターから感じていただけたら嬉しいです。

と日本が誇る怪獣文化への思いを寄せました。


田島さんが手掛けた日本版のポスターは、巨大なアルビノゴリラ、オオカミ、ワニが、牙を剥き出し、毛を逆立て、建物をなぎ倒し、大暴れしているド迫力なもの!

さらに巨獣たちの足元には、街中で大乱闘する巨獣たちの恐怖から必死に逃げる、あまりにも小さく無力な人間たちの姿も描かれており、恐怖感満載のビジュアル。
ゴジラ、モスラ、ガメラなど怪獣好きにはたまらない、今後の日本の怪獣史に残るであろう、日本だけの特別なポスターとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ランペイジ 巨獣大乱闘

5月18日(金)全国ロードショー

公式サイト:rampagemovie.jp 
公式Twitter:@warnerjp
#巨獣大乱闘


物語・・・
ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。
しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。
怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか?
人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?
『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

***********************************

スタッフ・キャスト: 
監督:ブラッド・ペイトン 
出演:ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.



ドウェイン・ジョンソン「キョダイカガトマラナイ!」『ランペイジ 巨獣大乱闘』特報解禁!


映画情報どっとこむ ralph ドウェイン・ジョンソンの主演最新作『ランペイジ 巨獣大乱闘』(原題:RAMPAGE)の日本公開が、5月18日(金)に決定しました!(全米公開は2018年4月20日予定)。

本作は1986年に発売されたアーケード・ゲーム[RAMPAGE]を基に製作され、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわるというストーリー。更に世界最高の視覚効果VFXチーム「ウェタデジタル」社がCGを担当し巨獣達をリアルに表現されています。

映画情報どっとこむ ralph この度ドウェイン・ジョンソンの日本だけの特別コメント付き特報が解禁に!!

ドウェイン:よぉ!オレはドウェイン・ジョンソン

と自ら日本語で名乗り・・・

ドウェイン:今日日本のみんなに見てもらいたいのはカッコいい日本限定の予告編だ。日本には何度も行っていて、日本の怪獣映画のすばらしさはよく知ってる、最高だ。でも今回は怪獣ファンだけでなく誰もが楽しめるぞ。なんせオレが戦うのは、とにかくどデカい怪獣だ!しかもどんどんデカくなる!

とが作品の魅力を語り、すると最後に何度も練習したという日本語で

ドウェイン:キョダイカガトマラナイ!

を、ノリノリで披露しております。



特報は、巨獣たちが続々と参戦し、大都会を舞台に人間そっちのけで大乱闘するド迫力の映像!!インパクトあり過ぎな“巨大化が止まらない!”の言葉と共に突如現れたのは、大暴れする白い毛色のアルビノ種ゴリラ!!

ゴリラだけでなく何故かオオカミも到底考えられないサイズへと巨大化し、大暴走!!人間に牙を剥き、ヘリコプターに飛び掛かる。それを見た人々は「動物たちに異変が」「いったい…?」と戸惑いを隠せない…。

謎のガスを浴びて、普通サイズだったゴリラの身体がどんどん巨大化!!そして巨獣と化したゴリラは檻を破壊し、人を投げ飛ばし、所構わず暴れまくり、さらに凶暴化!!

都会のど真ん中で雄叫びをあげ、巨大なオオカミと共に、戦車を吹き飛ばし、高層ビルまでもブッ壊す!!さらには翼のある巨獣までもがビルを破壊しながら参戦し、街を舞台に大乱闘する!!

終盤には、「まだ他にもいるのか?」と水中にいる新たな巨獣の登場を期待させ、さらなる大乱闘を予感させる。

映画情報どっとこむ ralph
一体なぜ巨獣たちは同じ街に集まり、破壊を続けるのか?そして彼らはどこまでデカくなるのか?!人間には彼らを止める術があるのか。巨大化し続ける獣達が続々と登場する大迫力な映像となっている。

ランペイジ 巨獣大乱闘

原題:RAMPAGE の意味は大暴れとか暴れまわるです!

2018年5月18日(金)より全国公開

公式サイト:rampagemovie.jp
公式Twitter:@warnerjp

#巨獣大乱闘

物語・・・
ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか?人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

***********************************


監督:ブラッド・ペイトン
出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルドスピード』シリーズ)、ナオミ・ハリス(『ムーンライト』)、マリン・アッカーマン(TV「ビリオンズ」シリーズ)、ジェイク・レイシー(TV「GIRLS/ガールズ」シリーズ)、ジョー・マンガニエロ(TV「トゥルーブラッド」シリーズ)、ジェフリー・ディーン・モーガン(TV「ウォーキング・デッド」シリーズ)