「ジェシー・アイゼンバーグ」タグアーカイブ

クリステン・スチュワートとブレイク・ライブリー『カフェ・ソサエティ』場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph ウディ・アレン監督最新作クリステン・スチュワートとブレイク・ライブリー、ダブル・ヒロイン『カフェ・ソサエティ』は5月5日(金・祝)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開となります。

その場面写真が解禁となりました。

本作では、人柄もルックスもチャーミングな秘書ヴェロニカ“愛称ヴォニー”を演じたクリステン。

クリステン:ヴォニーには私が持ち合わせていない軽薄な部分があるの。そのため、監督のウディ・アレンから陽気さと軽やかな雰囲気を出すように注文があったわ。この映画には、“もしかして”があふれていて、それが私を愛おしくさせる。なぜなら、それが人生だから。

と本作のビター&スウィートなラブ・ストーリーについて語りました。

いっぽう、ボビーの前に現れる美しきもうひとりのヴェロニカを演じたブレイク・ライブリーは、本作で描かれる“愛”について

ブレイク:この脚本で好きなのは、それぞれの登場人物に深く愛されるだけの理由があるところ。愛され方が異なっている。ある人は少し愛され、ある人はとても愛される。特に理由はなくて、気持ちや相性の問題に尽きるわ。愛というのは、誰かが他の人より優れていることを意味するのではなく、誰があなたの心をよりときめかせるか、ということなのよ。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph 大人のおとぎ話はいかが・・・

大ヒットを記録した『ミッドナイト・イン・パリ』で真夜中のパリに魔法をかけたウディ・アレン監督の最新作は、観る者を黄金時代のハリウッドへといざな誘うロマンティック・コメディ。世間知らずの主人公ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)と彼からの求愛に迷うヴェロニカ“愛称ヴォニー”(クリステン・スチュワート)、そしてボビーの前に現れるもうひとりの美女ヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)の3人が織りなすもつれた恋を通して、誰しもが共感できる“人生の選択”というテーマを探求していく。しかし、運や偶然にふわふわと流される人間の理想は儚い夢のごとし、二手に分かれた道は選んだ方が過ちだったと後で悔やむのが常。そんな思わず目からウロコが落ちるアレン流の人生観を、ハリウッドのみならずニューヨークに夜ごと集う夢の住人たち《カフェ・ソサエティ》を今に甦らせたゴージャスな映像美とともに堪能できる大人のおとぎ話が誕生した。さらにクリステンがミューズを務めるシャネルが衣裳を提供し、スウィートでちょっぴりビターなアレンの新たなる魔法をエレガントに彩っているのも見逃せない!



映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
ゴールデン・エイジへようこそ!!
ハリウッドに酔いしれて、ニューヨークに恋をする
 もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

最新作『カフェ・ソサエティ

5月5日(金・祝) TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開!

公式HP:movie-cafesociety.com  

***********************************

監督&脚本:ウディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』

出演:
ジェシー・アイゼンバーグ『ローマでアモーレ』
クリステン・スチュワート『トワイライト』シリーズ
ブレイク・ライブリー『ロスト・バケーション』
スティーヴ・カレル『フォックスキャッチャー』
パーカー・ポージー『教授のおかしな妄想殺人』

2016年/アメリカ/英語/1時間36分/日本語字幕:松崎広幸 
提供:KADOKAWA、ロングライド 
配給:ロングライド
© 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC. 


ウディ・アレン監督最新作『カフェ・ソサエティ』大人のおとぎ話予告到着!


映画情報どっとこむ ralph ウディ・アレン監督最新作『カフェ・ソサエティ』は5月5日(金・祝)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開となりますが、その予告編が到着しました!
  
ウディ・アレンが紡ぐ、ビタースウィートでゴージャスな大人のおとぎ話

大ヒットを記録した『ミッドナイト・イン・パリ』で真夜中のパリに魔法をかけたウディ・アレン監督の最新作は、観る者を黄金時代のハリウッドへといざな誘うロマンティック・コメディ。

世間知らずの主人公ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)と彼からの求愛に迷うヴェロニカ“愛称ヴォニー”(クリステン・スチュワート)、そしてボビーの前に現れるもうひとりの美女ヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)の3人が織りなすもつれた恋を通して、誰しもが共感できる“人生の選択”というテーマを探求していく。

しかし・・・・、

運や偶然にふわふわと流される人間の理想は儚い夢のごとし、二手に分かれた道は選んだ方が過ちだったと後で悔やむのが常。そんな思わず目からウロコが落ちるアレン流の人生観を、ハリウッドのみならずニューヨークに夜ごと集う夢の住人たち《カフェ・ソサエティ》を今に甦らせたゴージャスな映像美とともに堪能できる大人のおとぎ話が誕生した。さらにクリステンがミューズを務めるシャネルが衣裳を提供し、スウィートでちょっぴりビターなアレンの新たなる魔法をエレガントに彩っているのも見逃せない!

映画情報どっとこむ ralph 今回公開された予告編は、ゴールデン・エイジのハリウッドのパーティーシーンから幕が上がる。軽快なジャズに乗せて、ニューヨークからハリウッドへやってきたボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)が、秘書のヴェロニカ“愛称ヴォニー”(クリステン・スチュワート)に夢中になり、もうひとりの美女ヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)に出会うシーンが描かれる。ひとりの男とふたりのヴェロニカのもつれた恋の行方は?クリステンが纏うエレガントなシャネルのドレスが、本作『カフェ・ソサエティ』の雰囲気にゴージャスな彩りを添えている。



「人生は喜劇だよ」というセリフに隠された意味とは…。大人のおとぎ話を期待させるロマンティックな予告編が完成しました。

物語・・・
ゴールデン・エイジへようこそ!!
ハリウッドに酔いしれて、ニューヨークに恋をする。

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

公式HP:movie-cafesociety.com

***********************************

監督&脚本:ウディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』
  
出演:
ジェシー・アイゼンバーグ『ローマでアモーレ』、クリステン・スチュワート『トワイライト』シリーズ、ブレイク・ライブリー『ロスト・バケーション』、スティーヴ・カレル『フォックスキャッチャー』、パーカー・ポージー『教授のおかしな妄想殺人』

2016年/アメリカ/英語/1時間36分
日本語字幕:松崎広幸 
提供:KADOKAWA、ロングライド 
配給:ロングライド
© 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC. 
     


ハリ・ポタとイメージが違うラドクリフ!『グラ・イリュ2』特典映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 誰もが仰天 必至のイリュージョンの数々を駆使し、巨大な悪を暴く正義の犯罪集団フォー・ ホースメンの活躍を描く

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

のブルー レイ&DVD が 2017 年 1 月 11 日(水)に発売となります。


発売に先駆け、本作 で悪の天才エンジニア役で出演しているダニエル・ラドクリフについて語っている共演者やスタッフのインタビュー映像、さらにダニエル・ラドクリフ本人が今回 の役柄について語った、初回限定生産のプレミアム・エディションにのみ収録 される特典映像が解禁となりました!



『ハリー・ポッター』シリーズでは魔法使いとして強大な敵に立ち向かってきた 彼ですが、本作では一転し悪役として主人公たちの前に立ちはだかります。フォー・ホースメンの一員であるルーラ役の・・・

リジー・キャプラン:読み合わせ時から役の方向性が明確でセリフも暗記済み。頭おかしい!

と冗談交じりに 彼が本作の撮影にとても用意周到に準備を進めていた様子を語っています。 また、ダニエル・ラドクリフが演じるウォルター・メイブリーは、前作で主人公た ちに裏切られた大富豪トレスラーの息子という設定ですが、それを演じる名優

マイケル・ケイン:ハリー・ポッターが私の息子なのだ。私は悪役顔だが彼は違う。でも間違いなく私よりタチが悪い。

と評しています。

ダニエル・ラドクリフ:こういう役は初めてだよ。英国人のワルも悪くない。役者として次に進む ための通過儀礼かも。

と今後の役者人生についての意欲がうかがえるコメント を残しています。

映画情報どっとこむ ralph 世界最高峰のエンターテイナー、デヴィッド・カッパーフィールドがイリュージョ ンの監修を行った“雨を止めるイリュージョン”、“大量のトランプの中に消える男”、“NY からマカ オへのワープ”“人体切断”“催眠術”“メンタリズム”“脱出術”。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

デジタルセル&レンタル配信 KADOKAWA より 2016 年 12 月 21 日(水)スタート! DVD レンタル 2017 年 1 月 11 日(水)リリース。

【商品仕様】
プレミアム・エディション ブルーレイ&DVD
【初回限定生産】
品番:BALL 80972
価格:6,800 円 (+税)
セル ブルーレイ 品番:BAS 80972 価格:4,743 円 (+税)
セル DVD 品番:TADD 80972 価格:3,800 円 (+税)

***********************************

【STAFF】
監督:ジョン・M・チュウ(『G.I.ジョー バック2リベンジ 』)

製作総指揮:ルイ・ルテリエ(『インクレディブル・ハルク』)
共同製作:デヴィッド・カッパーフィールド

【CAST】
J.ダニエル・アトラス:ジェシー・アイゼンバーグ(武藤 正史) ディラン・ローズ:マーク・ラファロ(宮内 敦士) メリット・マッキニー:ウディ・ハレルソン(内田 直哉) ジャック・ワイルダー:デイヴ・フランコ(細谷 佳正) ウォルター・メイブリー:ダニエル・ラドクリフ(小野 賢章) ルーラ:リジー・キャプラン(清水 理沙)


ジェシー・アイゼンバーグ インタビュー『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』


映画情報どっとこむ mari “雨を止めるイリュージョン”、“大量のトランプの中に消える男”、“NYからマカオへ のワープ”“人体切断”“催眠術”“メンタリズム”“脱出術”。
誰もが仰天必至のイ リュージョンの数々を駆使し、巨大な悪を暴く正義の犯罪集団の活躍を描く『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』のブルーレイ&DVD が 2017 年 1 月 11 日 (水)に発売となります。発売に先駆け、前作に引き続き「フォー・ホースメン」のリ ーダーを務める J.ダニエル・アトラス役のジェシー・アイゼンバーグより日本のファンに向けたインタビュー映像が届きました。

前作に引き続き、イリュージョニスト集団「フォー・ホースメン」のリーダーとして 悪と対峙するマジシャンを演じた彼ですが、今回のインタビューでは「史上 最も稼いだソロエンターテイナー」としてギネスブックに認定されている世界 最高峰のマジシャン、デヴィッド・カッパーフィールドとのクランクイン前から 行われたトレーニングキャンプでの様子などを語っています。さらに、日本のファンに向けてユーモアたっぷりのメッセージを送ってくれました。

ジェシー・アイゼンバーグ:日本のみなさん、こんにちは。この映画を楽しんでくれる と嬉しいです。僕が雨に降られるすばらしいシーンがあ る。危うく低体温症で死にかけたけれど、みんなに気に入ってもらえると嬉しい。

映画情報どっとこむ mari 『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』のブルーレイ&DVD

【商品仕様】
プレミアム・エディション ブルーレイ&DVD

【STAFF】
監督:ジョン・M・チュウ(『G.I.ジョー バック2リベンジ 』)
製作総指揮:ルイ・ルテリエ(『インクレディブル・ハルク』)
共同製作:デヴィッド・カッパーフィールド

【CAST】
J.ダニエル・アトラス:ジェシー・アイゼンバーグ(武藤 正史) ディラン・ローズ:マーク・ラファロ(宮内 敦士) メリット・マッキニー:ウディ・ハレルソン(内田 直哉) ジャック・ワイルダー:デイヴ・フランコ(細谷 佳正) ウォルター・メイブリー:ダニエル・ラドクリフ(小野 賢章) ルーラ:リジー・キャプラン(清水 理沙)

TM & ©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

***********************************



映画『母の残像』11月26日より順次公開決定!


映画情報どっとこむ mari 第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、話題となったヨアキム・トリアー監督作『母の残像』が、11月26日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開することが決定しました!

%e6%af%8d%e3%81%ae%e6%ae%8b%e5%83%8f%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bcヨアキム・トリアー監督は、長編デビュー作『リプライズ』(06)でノルウェーアカデミー賞にあたるアマンダ賞にて3部門受賞、続く『オスロ、8月31日』(11)はカンヌ国際映画祭ある視点部門に出品されたほか、世界各国の映画祭で絶賛され「センセーショナルな才能」(NYタイムズ)と評されました。そして長編3作目にして初めての英語作品となる本作はカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出され、2016年アマンダ賞にて監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞を受賞しました。このほか数々の映画祭での受賞(※下記受賞歴参照)を果たし、今世界中から注目される監督です。

そして・・・『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサー陣が製作を務め、ジェシー・アイゼンバーグ、ガブリエル・バーン、イザベル・ユペール、デヴィッド・ストラザーンら国を越えた豪華なキャストが早熟な才能の元に集結。

物語・・・
著名な戦争写真家であった母イザベルの突然の死から3年後、開催されることになった回顧展の準備のため、長男のジョナが父ジーンと引きこもりがちな弟コンラッドが暮らす実家に戻ってくる。イザベルの死には事故なのか自殺なのかなど不可解な部分が多くあり、当時まだ幼かったコンラッドにはその真相は隠されていた。久しぶりに集まった彼らは、写真展の準備の過程でイザベルへのそれぞれの思いを語るなか明らかになる彼女の知られざる一面や秘密に戸惑い、悩む。しかしその結果、妻の、そして母の本当の姿が彼らの中で共有されるにつれ、その死を徐々に受け入れて、家族の絆を取り戻していくかに見えたが・・・。

母の残像
原題:LOUDER THAN BOMBS

11月26日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷
12月テアトル梅田、シネ・リーブル神戸他全国順次ロードショー

***********************************

監督:ヨアキム・トリアー『オスロ、8月31日』
脚本:エスキル・フォクト、ヨアキム・トリアー
出演:ガブリエル・バーン『ユージュアル・サスペクツ』、ジェシー・アイゼンバーグ『ソーシャル・ネットワーク』、イザベル・ユペール『8人の女たち』、デヴィン・ドルイド、デヴィッド・ストラザーン『グッドナイト&グッドラック』

2015年/ノルウェー・フランス・デンマーク・アメリカ
英語/109分/カラー/ビスタ
© MOTLYS – MEMENTO FILMS PRODUCTION – NIMBUS FILMS – ARTE FRANCE CINEMA 2015 All Rights Reserved