「ジェシー・アイゼンバーグ」タグアーカイブ

『ゾンビランド:ダブルタップ』日本語吹替版上映決定!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、11月22日(金)より全国ロードショーとなるウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンらが出捐する映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本語吹替版キャストが決定しました。
『ゾンビランド:ダブルタップ』メインカット
超一流のキャスト、監督、脚本による『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本吹替版の上映が決定し、ゾンビ退治といえば・・・彼らの右に出るものなし!の、“対ゾンビ”最強声優陣が集結しました!
映画『ゾンビランド:ダブルタップ』日本語吹替版声優 画像
映画情報どっとこむ ralph 屈強な腕力と抜群の射撃テクニックでゾンビ社会を生き抜くワイルドな男、タラハシー(ウディ・ハレルソン)の吹替を担当するのは、海外ドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズの主人公ダリル・ディクソン役の小山力也!!

小山力也/タラハシーウディ・ハレルソン 役 コメント
俺ぁキングに憧れて、ついつい乗せられキングをシャウトし、憎いあの娘が頬っぺにドンよ!
ほいでもって本気でキングに成ろうかと、化け物どもを片っ端からぶっ潰しゃあ、今度は粋なネエチャンが、俺のかましたパワーに夢中で、コスプレばっちりかましてドンよ!ところがアイツが可愛くて、けどジャマにはなりたくねえからトンズラかまそうかと、粋なグッバイかましたらよ、化け物ウジャウジャ出て来やがって、こりゃあヤバイとドドンのドンよ!どうよ、ビックラこいてオマエも俺にドドンのドンだろ!


また「ゾンビ社会で生き残るための32のルール」を作り上げ、仲間と共に生き延びてきたコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、『新感染 ファイナル・エクスプレス』の主人公のソ・ソグ役の中村悠一が担当!

中村悠一
コロンバス(ジェシー ・ アイゼンバーグ) 役 コメント
ゾンビ…想像の域を出ないモノであるにもかかわらず、これ程『本能』から恐れてしまうモノがあるだろうか。そんなゾンビをこれでもかと、恐ろしくないものに仕上げてしまいました!いや怖いんです、怖いんですが…それ以上に面白おかしくイジリ倒しちゃった本作!是非楽しみにして頂きたいです!

映画情報どっとこむ ralph コロンバスの恋人・ウィチタ(エマ・ストーン)は、『バイオハザード』シリーズの主人公アリス役でお馴染みの本田貴子!

本田貴子/ウィチタ(エマ・ストーン)役コメント
救いのない世界で、へこたれない魅力的なキャラクターたちに笑わせてもらいました。とても楽しい作品、
皆様も是非劇場で盛り上がってください。


さらに、ウィチタの妹、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は、昨年『カメラを止めるな!』で空前のゾンビブームを巻き起こした秋山ゆずきが声優に初挑戦します!

秋山ゆずき/リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)役 コメント
映画の吹き替えをさせて頂くのは今回が初めてなのでお話を頂いた時は正直不安でしたが、いざ収録がはじまるとすごく楽しむことができました。そして豪華なキャストの皆様と共演させて頂けることが本当に光栄で嬉しいです。コメディ要素も多く、ホラーが苦手な方でもみていただける楽しい作品となっていると思うので、是非多くの方に観て頂きたいです!

映画情報どっとこむ ralph

この“対ゾンビ”最強声優陣によって命が吹き込まれる『ゾンビランド:ダブルタップ』の日本語吹替版に是非ご注目ください!

『ゾンビランド:ダブルタップ』

11月22日(金)<ゾンビ深まる季節に>全国ロードショー

公式サイト:
http://www.zombie-land.jp/
公式Twitter:
https://twitter.com/SPEeiga

#ゾンビランド

2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。そう、生き残るための秘訣は――コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた!どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく!

***********************************


配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

監督:ルーベン・フライシャー(『ヴェノム』『ゾンビランド』)
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(『デッドプール』)、デイヴ・カラハム
出演:ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

愛すべきゾンビランドの魅力、まるわかり!『ゾンビランド:ダブルタップ』必見の特別映像を大公開!


映画情報どっとこむ ralph この度、11月22日(金)より全国ロードショーとなる映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の豪華キャスト陣のインタビュー映像を含む特別映像が公開となりました。
『ゾンビランド:ダブルタップ』メインカット “ゾンビランドでの、最高の日とは?”—エマ・ストーンが質問の書かれた紙を華麗に投げ捨ててスタートするウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン・・・アカデミー賞俳優たち、『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家の“超一流”が送る!

ゾンビを明るく生き抜く大切なルール!

特別映像。10年の時を経て、“超一流”へとパワーアップして再び集結した最強のキャスト陣による貴重なインタビューを見ることができるのはもちろん、気になる新キャラクターも登場し、本作『ゾンビランド:ダブルタップ』の魅力を余すところなく紹介している!


「また皆でこの仕事ができてすごく楽しかった」と再会を喜ぶエマは、撮影の合間にウディ・ハレルソンとじゃれあうなど、撮影中はハイテンションだった様子。あまりの仲の良さが、なんとも微笑ましい映像となっている。

そして、アビゲイル・ブレスリンが「久しぶりすぎて誰も私に気づいてくれないの」と笑うのも無理のないこと。前作『ゾンビランド』の全米公開時には、13歳だったアビゲイルも今ではすっかり23歳の立派なレディへと成長。アビゲイルをはじめ、それぞれがアカデミー賞(受賞およびノミネーション)俳優へと成長して、再び巻き起こす化学反応には期待が膨らむばかりだ。

また映像には、本作で登場する新キャラクターを演じる、ロザリオ・ドーソン、トーマス・ミドルディッチ、ゾーイ・ドゥイッチへのインタビューも。中でも気になるのは、ウディ・ハレルソン演じるタラハシーと、ジェシー・アイゼンバーグ演じるコロンバスに激似なキャラクターの登場。いったい彼らがどんな形で登場するのか、気になるところ!最後に、ジェシーは「続編と言うよりは単独作として楽しめるんだ」と語り、本作からでも楽しめることを強調。ウディは「俺たちのイケてる所やイケてない所も楽しんで欲しい」とアピールしている。

最強のキャスト陣をはじめ、『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家が送る“超一流”映画が、皆様の秋を盛り上げます!


映画情報どっとこむ ralph そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた!どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく!

ゾンビランド:ダブルタップ』 

1月22日(金) <ゾンビ深まる季節に>全国ロードショー

公式サイト:
http://www.zombie-land.jp/

公式Twitter:
@SPEeiga
#ゾンビランド

2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。

そう、生き残るための秘訣はコロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。


***********************************


全米公開:10月18日 
監督:ルーベン・フライシャー(『ヴェノム』『ゾンビランド』) 
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(『デッドプール』)、デイヴ・カラハム
出演:ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)、ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャル・ネットワーク』)、エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)、アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ウディ・ハレルソン,ジェシー・アイゼンバーグ,アビゲイル・ブレスリン,エマ・ストーン『ゾンビランド:ダブルタップ』LAワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン・・・
アカデミー賞俳優たち、『ヴェノム』監督、『デッドプール』脚本家の“超一流”が送る!
ゾンビを明るく生き抜く大切なルール!

 ウディ・ハレルソン,ジェシー・アイゼンバーグ,アビゲイル・ブレスリン,エマ・ストーン,ルーベン・フライシャー監督 この度、全米公開を目前に控えた現地時間10月10日(木)<日本時間10月11日(金)>に、ワールドプレミアがLAで開催されました。本プレミアには、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーンといったアカデミー賞俳優たちに加え、『ヴェノム』でヒットメーカーとなったルーベン・フライシャー監督も参加。普段UCLAの学生たちで賑わうウエストウッドヴィレッジに白くそびえたつ、リージェンシー・ヴィレッジ・シアターが、“ゾンビランド”と化しました!
Los Angeles, CA – October 10, 2019: Tony Vinciquerra, Chairman and CEO of Sony Pictures Entertainment, Thomas Middleditch, Avan Jogia, Rosario Dawson, Ruben Fleischer, Director/Executive Producer, Woody Harrelson, Emma Stone, Abigail Breslin, Paul Wernick, Writer/Executive Producer, Zoey Deutch, Rhett Reese, Writer/Executive Producer, and Jesse Eisenberg during the Red Carpet at the World Premiere of Columbia Pictures’ ZOMBIELAND: DOUBLE TAP at the Regency Village Theatre in Westwood.

映画情報どっとこむ ralph 待望の続編がいよいよ全米公開が10月18日(金)と、目前に控える本作『ゾンビランド:ダブルタップ』。

ウディは「こんなに楽しい仕事は他にないよ。わかるだろ?一日中笑いっぱなしさ。この作品に参加できて、本当に光栄だよ」と感慨深い様子。
『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミアウディ・ハレルソン
アビゲイルも「ここまでくるのに長い道のりだった気がする。10年だもんね。(またみんなと仕事できるのは)素晴らしかったわ!再会すると同時に、ずっと一緒にいたかのような感じで打ち解けられたの。そして新しいキャストメンバーも加わって、さらにクレイジーなファミリーになったわね!」
アビゲイル・ブレスリン『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア
と笑顔を見せた。前作『ゾンビランド』はゾンビ映画ファンだけではなく、多くのファンに親しまれているが、ウディは監督を務めたルーベン・フライシャーについて、

ウディ「ルーベン・フライシャー監督はマジシャンだね。コメディでありつつ、感動もできる。素晴らしい作品だと思うよ」

と語り、その手腕を高く評価。また

ジェシーは、「10年待って、様々な脚本家のドラフトを経由し、最終的に前作の『ゾンビランド』や『デッドプール』も手掛けたポール&レットが素晴らしいものを書き上げたんだ。とても興奮したよ」
ジェシー・アイゼンバーグ『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア  と、すっかり一流となったレット・リース&ポール・ワーニックの脚本を絶賛した。

映画情報どっとこむ ralph 前作『ゾンビランド』の公開から10年の月日が経ち、それぞれアカデミー賞(※ノミネート含む)俳優となって再集結したことについて

ウディは、「全員が揃うことがとても大事だった。みんなファミリーなんだ。素晴らしきファミリーさ。一緒にいるととても楽しい。この作品がヒットして、3作目が作られることを願っているよ」

と再会を喜び、早くもさらなる続編への意欲を見せると、

エマも「またみんなで集まってこの作品をやりたいと思ったのは、この作品の持つスピリットがユニークだからだわ。ゾンビ退治のアクションが満載でありつつ、作品の核として、ハートがしっかり詰まっている。世界の状況がどうであれ、愛する人や、大事な人を見つけたいというね。本作は前作の精神をしっかりと引き継いでいるし、私たち全員にとってとても大切な作品だわ」
エマ・ストーン『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア と、この作品が自身にとって重要な作品であることを強調した。

本作ではお馴染みのキャストが登場するのはもちろん、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で知られるリー・トンプソンを母に持つゾーイ・ドゥイッチをはじめとする新キャストも登場。

ジェシーは、「ゾーイは、信じられないくらい面白いんだ。そして僕のそっくりさんを演じるトーマスも素晴らしいコメディアンであり俳優である。こうやって前作からのダイナミクスが変わることは大歓迎だね」

と、新キャストの参加を歓迎。

エマも「みんな素晴らしいわ!ゾーイもとても素敵だし、映画の中でとっても面白い存在なの。ロザリオ・ドーソンやトーマス・ミドルディッチ、ルーク・ウィルソン・・皆最高よ」

と称賛した。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

ジェシーは、「観客が僕たちと同じくらい笑ってくれることを願っているよ。僕にとって、前作と同じくらい面白くて、素晴らしくて、スイートな存在なんだ。撮影中僕らはずっと“これは面白いよね”と思いながらやってきたし、観客にもそう思ってほしい」

とコメント。

エマが「みんな楽しんで、そして笑ってくれるといいな。そして今いるこのクレイジーな世界からの逃避を楽しんでほしい。その逃避する世界もまた大惨事なんだけどね!」

とファンに向けて本作の魅力をアピールし、プレミアは大盛況のうちに幕を閉じた。
Los Angeles, CA – October 10, 2019: Woody Harrelson, Emma Stone, Abigail Breslin and Jesse Eisenberg during the Red Carpet at the World Premiere of Columbia Pictures’ ZOMBIELAND: DOUBLE TAP at the Regency Village Theatre in Westwood.

映画情報どっとこむ ralph ゾンビランド:ダブルタップ
全米公開:10月18日 

公式サイト:
http://www.zombie-land.jp/

公式Twitter:
@SPEeiga

#ゾンビランド

『ゾンビランド:ダブルタップ』メインカット 2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。そう、生き残るための秘訣は――コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。
そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた!どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく!

***********************************


監督:ルーベン・フライシャー(『ヴェノム』『ゾンビランド』) 
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(『デッドプール』)、デイヴ・カラハム
出演:ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)、ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャル・ネットワーク』)、
エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)、アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)








良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

クリステン・スチュワートとブレイク・ライブリー『カフェ・ソサエティ』場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph ウディ・アレン監督最新作クリステン・スチュワートとブレイク・ライブリー、ダブル・ヒロイン『カフェ・ソサエティ』は5月5日(金・祝)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開となります。

その場面写真が解禁となりました。

本作では、人柄もルックスもチャーミングな秘書ヴェロニカ“愛称ヴォニー”を演じたクリステン。

クリステン:ヴォニーには私が持ち合わせていない軽薄な部分があるの。そのため、監督のウディ・アレンから陽気さと軽やかな雰囲気を出すように注文があったわ。この映画には、“もしかして”があふれていて、それが私を愛おしくさせる。なぜなら、それが人生だから。

と本作のビター&スウィートなラブ・ストーリーについて語りました。

いっぽう、ボビーの前に現れる美しきもうひとりのヴェロニカを演じたブレイク・ライブリーは、本作で描かれる“愛”について

ブレイク:この脚本で好きなのは、それぞれの登場人物に深く愛されるだけの理由があるところ。愛され方が異なっている。ある人は少し愛され、ある人はとても愛される。特に理由はなくて、気持ちや相性の問題に尽きるわ。愛というのは、誰かが他の人より優れていることを意味するのではなく、誰があなたの心をよりときめかせるか、ということなのよ。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph 大人のおとぎ話はいかが・・・

大ヒットを記録した『ミッドナイト・イン・パリ』で真夜中のパリに魔法をかけたウディ・アレン監督の最新作は、観る者を黄金時代のハリウッドへといざな誘うロマンティック・コメディ。世間知らずの主人公ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)と彼からの求愛に迷うヴェロニカ“愛称ヴォニー”(クリステン・スチュワート)、そしてボビーの前に現れるもうひとりの美女ヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)の3人が織りなすもつれた恋を通して、誰しもが共感できる“人生の選択”というテーマを探求していく。しかし、運や偶然にふわふわと流される人間の理想は儚い夢のごとし、二手に分かれた道は選んだ方が過ちだったと後で悔やむのが常。そんな思わず目からウロコが落ちるアレン流の人生観を、ハリウッドのみならずニューヨークに夜ごと集う夢の住人たち《カフェ・ソサエティ》を今に甦らせたゴージャスな映像美とともに堪能できる大人のおとぎ話が誕生した。さらにクリステンがミューズを務めるシャネルが衣裳を提供し、スウィートでちょっぴりビターなアレンの新たなる魔法をエレガントに彩っているのも見逃せない!



映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
ゴールデン・エイジへようこそ!!
ハリウッドに酔いしれて、ニューヨークに恋をする
 もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

最新作『カフェ・ソサエティ

5月5日(金・祝) TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開!

公式HP:movie-cafesociety.com  

***********************************

監督&脚本:ウディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』

出演:
ジェシー・アイゼンバーグ『ローマでアモーレ』
クリステン・スチュワート『トワイライト』シリーズ
ブレイク・ライブリー『ロスト・バケーション』
スティーヴ・カレル『フォックスキャッチャー』
パーカー・ポージー『教授のおかしな妄想殺人』

2016年/アメリカ/英語/1時間36分/日本語字幕:松崎広幸 
提供:KADOKAWA、ロングライド 
配給:ロングライド
© 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC. 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ウディ・アレン監督最新作『カフェ・ソサエティ』大人のおとぎ話予告到着!


映画情報どっとこむ ralph ウディ・アレン監督最新作『カフェ・ソサエティ』は5月5日(金・祝)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開となりますが、その予告編が到着しました!
  
ウディ・アレンが紡ぐ、ビタースウィートでゴージャスな大人のおとぎ話

大ヒットを記録した『ミッドナイト・イン・パリ』で真夜中のパリに魔法をかけたウディ・アレン監督の最新作は、観る者を黄金時代のハリウッドへといざな誘うロマンティック・コメディ。

世間知らずの主人公ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)と彼からの求愛に迷うヴェロニカ“愛称ヴォニー”(クリステン・スチュワート)、そしてボビーの前に現れるもうひとりの美女ヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)の3人が織りなすもつれた恋を通して、誰しもが共感できる“人生の選択”というテーマを探求していく。

しかし・・・・、

運や偶然にふわふわと流される人間の理想は儚い夢のごとし、二手に分かれた道は選んだ方が過ちだったと後で悔やむのが常。そんな思わず目からウロコが落ちるアレン流の人生観を、ハリウッドのみならずニューヨークに夜ごと集う夢の住人たち《カフェ・ソサエティ》を今に甦らせたゴージャスな映像美とともに堪能できる大人のおとぎ話が誕生した。さらにクリステンがミューズを務めるシャネルが衣裳を提供し、スウィートでちょっぴりビターなアレンの新たなる魔法をエレガントに彩っているのも見逃せない!

映画情報どっとこむ ralph 今回公開された予告編は、ゴールデン・エイジのハリウッドのパーティーシーンから幕が上がる。軽快なジャズに乗せて、ニューヨークからハリウッドへやってきたボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)が、秘書のヴェロニカ“愛称ヴォニー”(クリステン・スチュワート)に夢中になり、もうひとりの美女ヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)に出会うシーンが描かれる。ひとりの男とふたりのヴェロニカのもつれた恋の行方は?クリステンが纏うエレガントなシャネルのドレスが、本作『カフェ・ソサエティ』の雰囲気にゴージャスな彩りを添えている。



「人生は喜劇だよ」というセリフに隠された意味とは…。大人のおとぎ話を期待させるロマンティックな予告編が完成しました。

物語・・・
ゴールデン・エイジへようこそ!!
ハリウッドに酔いしれて、ニューヨークに恋をする。

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。

公式HP:movie-cafesociety.com

***********************************

監督&脚本:ウディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』
  
出演:
ジェシー・アイゼンバーグ『ローマでアモーレ』、クリステン・スチュワート『トワイライト』シリーズ、ブレイク・ライブリー『ロスト・バケーション』、スティーヴ・カレル『フォックスキャッチャー』、パーカー・ポージー『教授のおかしな妄想殺人』

2016年/アメリカ/英語/1時間36分
日本語字幕:松崎広幸 
提供:KADOKAWA、ロングライド 
配給:ロングライド
© 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC. 
     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ハリ・ポタとイメージが違うラドクリフ!『グラ・イリュ2』特典映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 誰もが仰天 必至のイリュージョンの数々を駆使し、巨大な悪を暴く正義の犯罪集団フォー・ ホースメンの活躍を描く

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

のブルー レイ&DVD が 2017 年 1 月 11 日(水)に発売となります。


発売に先駆け、本作 で悪の天才エンジニア役で出演しているダニエル・ラドクリフについて語っている共演者やスタッフのインタビュー映像、さらにダニエル・ラドクリフ本人が今回 の役柄について語った、初回限定生産のプレミアム・エディションにのみ収録 される特典映像が解禁となりました!



『ハリー・ポッター』シリーズでは魔法使いとして強大な敵に立ち向かってきた 彼ですが、本作では一転し悪役として主人公たちの前に立ちはだかります。フォー・ホースメンの一員であるルーラ役の・・・

リジー・キャプラン:読み合わせ時から役の方向性が明確でセリフも暗記済み。頭おかしい!

と冗談交じりに 彼が本作の撮影にとても用意周到に準備を進めていた様子を語っています。 また、ダニエル・ラドクリフが演じるウォルター・メイブリーは、前作で主人公た ちに裏切られた大富豪トレスラーの息子という設定ですが、それを演じる名優

マイケル・ケイン:ハリー・ポッターが私の息子なのだ。私は悪役顔だが彼は違う。でも間違いなく私よりタチが悪い。

と評しています。

ダニエル・ラドクリフ:こういう役は初めてだよ。英国人のワルも悪くない。役者として次に進む ための通過儀礼かも。

と今後の役者人生についての意欲がうかがえるコメント を残しています。

映画情報どっとこむ ralph 世界最高峰のエンターテイナー、デヴィッド・カッパーフィールドがイリュージョ ンの監修を行った“雨を止めるイリュージョン”、“大量のトランプの中に消える男”、“NY からマカ オへのワープ”“人体切断”“催眠術”“メンタリズム”“脱出術”。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

デジタルセル&レンタル配信 KADOKAWA より 2016 年 12 月 21 日(水)スタート! DVD レンタル 2017 年 1 月 11 日(水)リリース。

【商品仕様】
プレミアム・エディション ブルーレイ&DVD
【初回限定生産】
品番:BALL 80972
価格:6,800 円 (+税)
セル ブルーレイ 品番:BAS 80972 価格:4,743 円 (+税)
セル DVD 品番:TADD 80972 価格:3,800 円 (+税)

***********************************

【STAFF】
監督:ジョン・M・チュウ(『G.I.ジョー バック2リベンジ 』)

製作総指揮:ルイ・ルテリエ(『インクレディブル・ハルク』)
共同製作:デヴィッド・カッパーフィールド

【CAST】
J.ダニエル・アトラス:ジェシー・アイゼンバーグ(武藤 正史) ディラン・ローズ:マーク・ラファロ(宮内 敦士) メリット・マッキニー:ウディ・ハレルソン(内田 直哉) ジャック・ワイルダー:デイヴ・フランコ(細谷 佳正) ウォルター・メイブリー:ダニエル・ラドクリフ(小野 賢章) ルーラ:リジー・キャプラン(清水 理沙)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ジェシー・アイゼンバーグ インタビュー『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』


映画情報どっとこむ mari “雨を止めるイリュージョン”、“大量のトランプの中に消える男”、“NYからマカオへ のワープ”“人体切断”“催眠術”“メンタリズム”“脱出術”。
誰もが仰天必至のイ リュージョンの数々を駆使し、巨大な悪を暴く正義の犯罪集団の活躍を描く『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』のブルーレイ&DVD が 2017 年 1 月 11 日 (水)に発売となります。発売に先駆け、前作に引き続き「フォー・ホースメン」のリ ーダーを務める J.ダニエル・アトラス役のジェシー・アイゼンバーグより日本のファンに向けたインタビュー映像が届きました。

前作に引き続き、イリュージョニスト集団「フォー・ホースメン」のリーダーとして 悪と対峙するマジシャンを演じた彼ですが、今回のインタビューでは「史上 最も稼いだソロエンターテイナー」としてギネスブックに認定されている世界 最高峰のマジシャン、デヴィッド・カッパーフィールドとのクランクイン前から 行われたトレーニングキャンプでの様子などを語っています。さらに、日本のファンに向けてユーモアたっぷりのメッセージを送ってくれました。

ジェシー・アイゼンバーグ:日本のみなさん、こんにちは。この映画を楽しんでくれる と嬉しいです。僕が雨に降られるすばらしいシーンがあ る。危うく低体温症で死にかけたけれど、みんなに気に入ってもらえると嬉しい。

映画情報どっとこむ mari 『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』のブルーレイ&DVD

【商品仕様】
プレミアム・エディション ブルーレイ&DVD

【STAFF】
監督:ジョン・M・チュウ(『G.I.ジョー バック2リベンジ 』)
製作総指揮:ルイ・ルテリエ(『インクレディブル・ハルク』)
共同製作:デヴィッド・カッパーフィールド

【CAST】
J.ダニエル・アトラス:ジェシー・アイゼンバーグ(武藤 正史) ディラン・ローズ:マーク・ラファロ(宮内 敦士) メリット・マッキニー:ウディ・ハレルソン(内田 直哉) ジャック・ワイルダー:デイヴ・フランコ(細谷 佳正) ウォルター・メイブリー:ダニエル・ラドクリフ(小野 賢章) ルーラ:リジー・キャプラン(清水 理沙)

TM & ©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『母の残像』11月26日より順次公開決定!


映画情報どっとこむ mari 第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、話題となったヨアキム・トリアー監督作『母の残像』が、11月26日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開することが決定しました!

%e6%af%8d%e3%81%ae%e6%ae%8b%e5%83%8f%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bcヨアキム・トリアー監督は、長編デビュー作『リプライズ』(06)でノルウェーアカデミー賞にあたるアマンダ賞にて3部門受賞、続く『オスロ、8月31日』(11)はカンヌ国際映画祭ある視点部門に出品されたほか、世界各国の映画祭で絶賛され「センセーショナルな才能」(NYタイムズ)と評されました。そして長編3作目にして初めての英語作品となる本作はカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出され、2016年アマンダ賞にて監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞を受賞しました。このほか数々の映画祭での受賞(※下記受賞歴参照)を果たし、今世界中から注目される監督です。

そして・・・『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサー陣が製作を務め、ジェシー・アイゼンバーグ、ガブリエル・バーン、イザベル・ユペール、デヴィッド・ストラザーンら国を越えた豪華なキャストが早熟な才能の元に集結。

物語・・・
著名な戦争写真家であった母イザベルの突然の死から3年後、開催されることになった回顧展の準備のため、長男のジョナが父ジーンと引きこもりがちな弟コンラッドが暮らす実家に戻ってくる。イザベルの死には事故なのか自殺なのかなど不可解な部分が多くあり、当時まだ幼かったコンラッドにはその真相は隠されていた。久しぶりに集まった彼らは、写真展の準備の過程でイザベルへのそれぞれの思いを語るなか明らかになる彼女の知られざる一面や秘密に戸惑い、悩む。しかしその結果、妻の、そして母の本当の姿が彼らの中で共有されるにつれ、その死を徐々に受け入れて、家族の絆を取り戻していくかに見えたが・・・。

母の残像
原題:LOUDER THAN BOMBS

11月26日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷
12月テアトル梅田、シネ・リーブル神戸他全国順次ロードショー

***********************************

監督:ヨアキム・トリアー『オスロ、8月31日』
脚本:エスキル・フォクト、ヨアキム・トリアー
出演:ガブリエル・バーン『ユージュアル・サスペクツ』、ジェシー・アイゼンバーグ『ソーシャル・ネットワーク』、イザベル・ユペール『8人の女たち』、デヴィン・ドルイド、デヴィッド・ストラザーン『グッドナイト&グッドラック』

2015年/ノルウェー・フランス・デンマーク・アメリカ
英語/109分/カラー/ビスタ
© MOTLYS – MEMENTO FILMS PRODUCTION – NIMBUS FILMS – ARTE FRANCE CINEMA 2015 All Rights Reserved




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ