「ジェイソン・ステイサム」タグアーカイブ

『JAWS』をも超える全世界大ヒット!巨大鮫がヤバい!『MEG ザ・モンスター』


映画情報どっとこむ ralph 全世界で絶賛の声続々!
映画史の金字塔『JAWS』をも超える全世界大ヒット!
全世界初登場1位で大ヒットスタート「ミッション:インポッシブル」の3週連続1位を阻止し首位へ

<この夏はMEGがもらった!今、『MEG ザ・モンスター』がアツい!!>

9月7日の日本公開に先駆け、8月10日に全米で4,118のスクリーンで公開した『MEG ザ・モンスター』が、週末(8月10日~12日)で興行収入約4,450万ドルを上げ、全米初登場1位で断トツの首位を獲得した。

2位の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の興行収入三週連続首位を阻止し、見事、文字通りミッションをフォールアウト!

『レディ・プレイヤー1』『オーシャンズ8』を超えて2018年公開のワーナー映画で週末ランキング圧倒的NO.1でトップの成績を叩きだした!

ジェイソン・ステイサム主演作の中でも最大のヒット作品ともなった。
また、全世界42か国でも同日公開され、中国、メキシコ、ロシア、イギリス、スぺイン、マレーシア、インドネシア、ブラジル、イタリア、アラブ首長国連邦 他、全世界28か国でも首位を獲得!
中でも、中国は12,650スクリーンで公開され、約5,030万ドルを記録と、全米の週末3日間の興行成績を上回る空前の大ヒットを記録している。

今後は、韓国(8月15日)、オーストラリア(8月16日)、フランス(8月22日)とメジャーな市場での公開が控えています。
映画情報どっとこむ ralph MEG ザ・モンスター
原題:THE MEG

9 月 7 日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか IMAX3D 4D 全国公開

公式サイト:
www.megthemonster.jp
#MEGザモンスター


物語・・・
人類未踏の地とされる「マリアナ海溝」を超える深海が発見された。沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で深海へ と繰り出す。生物がほとんど存在しない冷たい深海の海域を超えると、そこには温かな海域が存在し、幻想的な未知の生物世界が広がっていた。 世紀の発見に心を躍らす研究チームだったが、巨大な“何か”に襲われ、身動きがとれなくなってしまう。深海レスキューのプロである、ジョ ナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)を救助に向かわせるが、彼の目に飛び込んできたのは 200 万年前に絶滅したと思われていた実在す る巨大ザメ“メガロドン”だった!!

***********************************


監督:ジョン・タートルトーブ『ナショナル・トレジャー』
原作:スティーヴ・オルテン
出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、マシ・オカ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.
2018 年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/113 分/映倫:G 指定


筋肉兄貴スタローンが駆け付けた! ジェイソン・ステイサム『MEG ザ・モンスター』熱狂の LA プレミア映像到着!!


映画情報どっとこむ ralph この度、200 万年前に実在した超巨大ザメ メガロドン通称 <MEG メグ >が現代に甦る海洋パニック・エンターテイメント超大作『MEG ザ・モンスター』が 9月 7 日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開いたします。
主演の深海レスキューダイバー、ジョナス・テイラーを『ワイルド・スピード』シリーズのジェイソン・ステ イサムが務め、監督には『ナショナル・トレジャー』のジョン・タート ルトーブ。

撮影を『アメリカン・スナイパー』を筆頭にクリント・イーストウッド作品を担当し続けているトム・スターン、美術をアカデミー賞受賞『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のグラント・メイジャーが 担当するなど超豪華結集!

映画情報どっとこむ ralph そして!
8 月10日(現地時間)に本国公開を迎える『MEG ザ・モンスター』のプレミアが開催されました!
真夏の熱い太陽の下負けず盛り上がったハリウッド TCL チャイニーズシアターで行われた LA プレミア!

会場には 迫力満点のメグに見立てた車がお出迎え!

ほとんどが水上・水中シーンの本作らしく会場床は海柄! その上には劇中では見ることにできないビシっと決まったスーツ姿のジェイソン姿が!

そして、そこに現れた のは「エクスペンダブルズ」で共演をしている大物アクションスター、シルべスター・スタローン!
エクスペ ンダブルファミリー、ジェイソンと肩を組む、アクションファンにはたまらない、共演!


サウンドバイツで

ジェイソン:これは典型的なモンスター映画だ!メガロドン<MEG>ほどのサイズだったらモンスターて言ってもいいよな?いつもはこういう映画には出ないんだよ。いつもとは違っ た方向の作品ってことだ!

といつもとは違う巨大ザメとの水中戦を興奮気味に語りました!

また、 本作の出演に関して

ジェイソン:俺はスキューバを何年も続けていて、海が最高に好きなんだ。だからこの役 は絶対にやりたかったんだ!

と語りました。

MEG ザ・モンスター
原題:THE MEG

9 月 7 日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか IMAX3D 4D 全国公開

公式サイト:www.megthemonster.jp
#MEGザモンスター

物語・・・
人類未踏の地とされる「マリアナ海溝」を超える深海が発見された。沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で深海へ と繰り出す。生物がほとんど存在しない冷たい深海の海域を超えると、そこには温かな海域が存在し、幻想的な未知の生物世界が広がっていた。 世紀の発見に心を躍らす研究チームだったが、巨大な“何か”に襲われ、身動きがとれなくなってしまう。深海レスキューのプロである、ジョ ナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)を救助に向かわせるが、彼の目に飛び込んできたのは 200 万年前に絶滅したと思われていた実在す る巨大ザメ“メガロドン”だった!!

***********************************

監督:ジョン・タートルトーブ『ナショナル・トレジャー』
原作:スティーヴ・オルテン
出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、マシ・オカ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.
2018 年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/113 分/映倫:G 指定


有村昆~海洋専門家の永田雅一、高井研らまで絶賛コメント!ステイサム主演映画『MEG ザ・モンスター』


映画情報どっとこむ ralph この度、200万年前に実在した超巨大ザメ メガロドン通称<メグMEG>が現代に甦る海洋パニック・エンターテイメント超大作『MEG ザ・モンスター』が9月7日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開となります。

地球で最も深い海とされる“マリアナ海溝”を超える深海が発見された。
この人類未踏の地に挑む海洋探査チームが発見してしまったのは200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ“MEG”(メガロドン)だった。MEGは全長23M、体重20トン、その歯の大きさは25cmという想像を絶する巨体を誇る。その大きさは都内を走る路線バス2台分の長さと同等。深海から目覚めたMEGは人類に牙をむき、恐怖の渦に陥れる。

果たして人類はこの恐怖に立ち向かうことができるのか―!?

主演の深海レスキューダイバー、ジョナス・テイラーを『ワイルド・スピード』シリーズのジェイソン・ステイサムが務める。監督はニコラス・ケイジの超大作アドベンチャー『ナショナル・トレジャー』のジョン・タートルトーブ。撮影を『アメリカン・スナイパー』を筆頭にクリント・イーストウッド作品を担当し続けているトム・スターン、美術をアカデミー賞受賞『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のグラント・メイジャーが担当するなど超豪華スタッフが結集!

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、一足先にご覧になった各界の著名人から届いたコメントが到着

◆夏だ!海だ!サメ映画だ! 96時間、ジョン・ウィックに続く「怒れるオヤジ」×「シャーク」=「メグ」。元飛び込み選手のステイサムが妙なリアリティを醸し出し、サメが襲ってくると「志村後ろ〜」と、観客の一体感半端ない!最高の一本です!―有村昆(映画コメンテーター)

◆潜水船のコックピットに現場VR技術を使った全球映像を映し出すシーンは、今現実の深海探査でもチャレンジされている「熱い」技術でそれを「映画」に先取りされて個人的にはとても悔しい!深海探査の未来技術満載の映画でそれだけでも十分楽しめるはずです。大人も子供も、深海初心者もマニアも随所で楽しめるエンターテイメント映画です!―高井研(海洋研究開発機構 深海・地殻内生物圏研究分野 分野長 (通称)ミスター深海探査)

◆ホホジロザメよりもずっと大きいメガロドン。もしメガロドンが現代に生きていたらこんな感じだったのかなあと思いながら楽しく観ました。
サメの動きや生態や生々しい感じがリアルです。―渡辺佑基(国立極地研究所准教授)

◆これぞ海洋スリラー! これぞパニック映画! 巨大サメ映画の絶対的古典『ジョーズ』の裏をかく、ストーリーの巧みさと意外性にやられた!―宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)

◆メガロドンの歯の化石はずっしりと重い。現生の海にもまだどこかに潜んでいるのでは。絶滅したこの生物に想いを馳せ続けていたサメ好きにとって、メガロドンにファーストコンタクトできる最高作品。よろシャーク―沼口麻子(シャークジャーナリスト)

◆サメはかつて地球上に起こった凄まじい気象変動に耐え、大した進化もせずに生き抜いてきた生物。計り知れない生命力を持つサメ、その頂点に君臨したメガロドンが深海という特殊環境、未踏の海域でいまも生き続けていると考えることに無理はないのではないか。学生時代に観た映画ジョーズよりも10倍以上の戦慄を覚えた。永田雅一(海洋ジャーナリスト)

◆メガロドン生存の可能性はある。1918年にはオーストラリアで30メートルを超える巨大ザメが目撃されているし、2018年にはカリフォルニア州に何者かに襲われたホオジロザメの遺体が漂着している。奴はガチだ。―山口敏太郎(作家・未確認生物研究家)

◆たたみかけるスリルは、まるでUSJのアトラクション!これは4DXで見たい。―立田敦子(映画評論家)

◆ずっと変わらず、体を張って戦ってくれる男・ステイサム。海中のMEGとサシで対決、そんな映画を成立させるスターは彼しかいない。―萩原麻理(映画ライター)

◆安定のサメカテゴリー。隣の席にいた女性が、思いきり飛び上がっていましたが、どのシーンかは内緒です。個人的には「リー・ビンビンが若い!」って飛び上がりました―駒井尚文(映画.com編集長)

◆サメVSステイサムと聞いて興奮しつつも、闘うリングの異なる2者がどうやって?と半信半疑。だが、そんなの杞憂だった。ステイサムがデカいサメに掴みかかるのだ! マジかよ!?―岡 大(映画ナタリー編集長)

◆サメ映画史上、最高レベルの満足度!水中での絶対的不利の怖さ、ジワジワくるかと思うと突然ガブリの緩急、絶望的に強いメガロドンと知恵を絞って対抗する人間たちの戦い、サメ映画の楽しさがギッシリ詰まった大満足の一本!―佐藤英樹(シネコンウォーカー編集長)

◆深海で潜水艇バトル、沖合でケージファイト、クルーザー&ヘリも大破、ビーチで阿鼻叫喚地獄絵図…サメ映画に求められるほぼ全ての要素を豪快に全部のせ! そのうえジェイソン・ステイサムの超人っぷりはもはやギャグの域!贅沢極まりない!―西川亮(DVD&動画配信でーた副編集長)

◆海底から迫るメガロドンの迫力!細かい皮膚やエラの描写が魚好きにはたまらないです。深海の魅力と不気味さにより、冒頭からスクリーンに釘付けになりました。この夏、『MEGザ・モンスター』が見逃せませんよ!―さかな芸人ハットリ

◆とてもファンタスティックな映画だ!壮大な深海の美しさ、人と現代に蘇った生物<MEG>とのストーリー、未知の恐怖に息を呑んだ。80年代のクラシカルな映画のようでとても好感が持てた。次はIMAXでも見たい!―ダンテ・カーヴァー(俳優/モデル)

映画情報どっとこむ ralph MEG ザ・モンスター
9月7日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか IMAX3D 4D 全国公開

公式サイト:www.megthemonster.jp 
#MEGザモンスター
原題:THE MEG

人類未踏の地とされる「マリアナ海溝」を超える深海が発見された。沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で深海へと繰り出す。生物がほとんど存在しない冷たい深海の海域を超えると、そこには温かな海域が存在し、幻想的な未知の生物世界が広がっていた。世紀の発見に心を躍らす研究チームだったが、巨大な“何か”に襲われ、身動きがとれなくなってしまう。深海レスキューのプロである、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)を救助に向かわせるが、彼の目に飛び込んできたのは200万年前に絶滅したと思われていた実在する巨大ザメ“メガロドン”だった―!!

***********************************

監督:ジョン・タートルトーブ『ナショナル・トレジャー』
原作:スティーヴ・オルテン
出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、マシ・オカ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ 
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/113分/映倫:G指定
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.


メガロドンが現代に甦る『MEG ザ・モンスター』予告編&本ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 『MEG ザ・モンスター』が9月7日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開いたします。

その名は<MEG>戦慄の最新予告編&本ポスター解禁!

海上に建設された超最新鋭の海洋研究施設マナワン。
海底の施設内からはクジラが優雅に泳ぐ様子が間近で観察もできる。
施設内は子供も安心して遊ぶことができるほどに頑丈な造りを誇る。
だが人類はまだ気が付いていない。海の本当の恐怖の姿を・・・。

リー・ビンビン演じる海洋学者スー・インの娘。
その背後から音もなく忍び寄る一つの影。MEGだ・・・!
立ちすくむ幼子を丸呑みしようとその鋭利な歯をのぞかせ食らいついてきた!!
今にも食い破ろうとするMEGの口。
噛む力は約10t。
ガラスに付けられた歯形を見るジョナス・テイラー(ステイサム)の表情がその恐怖を物語る!

ファミリーや若者で賑わう夏のビーチ。
海水浴客の足元の海底から獲物を品定めするかのようにゆっくりと周遊するMEGの姿・・・。
この夏、MEGが平和なビーチを恐怖のどん底まで引きずり落す!
船をも丸呑みしてしまいそうなほどの巨大な口に人々は成す術がない・・・



MEG ザ・モンスター

原題:THE MEG

公式サイト:www.megthemonster.jp

#MEGザモンスター


【STORY】
人類未踏の地とされる「マリア​ナ海溝」を超える深海が発見された。沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で深海へと繰り出す。生物がほとんど存在しない冷たい深海の海域を超えると、そこには温かな海域が存在し、幻想的な未知の生物世界が広がっていた。

世紀の発見に心を躍らす研究チームだったが、巨大な“何か”に襲われ、身動きがとれなくなってしまう。

深海レスキューのプロである、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)を救助に向かわせるが、彼の目に飛び込んできたのは200万年前に絶滅したと思われていた実在する巨大ザメ“メガロドン”だった―!!
***********************************

監督:ジョン・タートルトーブ『ナショナル・トレジャー』
原作:スティーヴ・オルテン「THE MEG」
出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、マシ・オカ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
宣伝:スキップ 2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/113分//映倫:G指定

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.


『ワイルド・スピード ICE BREAK』本日公開!本編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 最新作では、ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムといったシリーズお馴染みの豪華キャストが再集結。さらに、アカデミー賞主演女優賞を獲得しているシャーリーズ・セロン、ヘレン・ミレンも参戦!
今作では凍てつく氷の大地 ロシア、シリーズ初上陸のニューヨーク、そしてハリウッドメジャー大作としては初となるキューバを舞台に史上最大のスケールで物語が展開されます。

この度、迫りくる敵をシリーズ史上最強武器(?!)超巨大鉄球で粉砕する異次元アクションの一部が確認できる本編映像が到着いたしました!
httphs://youtu.be/iSVbA8XCBPA 

炎が燃え盛るベルリンの街中で、極秘任務によりある危険兵器を盗んだドミニクらファミリーが追手から逃走しているところから始まる本映像。

ホブスが「電磁パルス砲(EMP)を奪ったからな。ケツの検査並みに慌てまくる」と言うように、前後方から次々と迫りくる追手たち。

ドミニクはその対抗策としてテズに「計画2」と指示!それを聞いたノーマンが「計画2?そんなの知らねえ!」と慌てふためくも、ドミニクの合図でテズは仕込んでいた爆弾ならぬ超巨大鉄球を投下!鉄球はドミニクの掛け声で2列になった彼らの車の間を通り過ぎると、猛スピードのまま敵の車を次々と粉砕!これには、策士・テズも見事成功を収めた嬉しさでニヤケが止まりません。抜群のコンビネーションと共にシリーズ史上最強武器(?!)を使ったド迫力アクションに興奮必至の映像に仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph ドウェイン・ジョンソンが超巨大鉄球のシーンについて、

ドウェイン:これは本作で繰り広げられる異次元のアクションシーンのほんの一例にすぎない。ファンが予想もしないような展開が待ち受けているんだ。

と明かすように、シリーズ史上最高と謳っても過言ではない規格外のアクションが世界各地を舞台に展開される本作。鋭角なターンが多いキューバのハバナ市街地で行われる“ワイスピ”お馴染みのストリートレースや、ニューヨークの街では何十台もの車が宙を舞い、アイスランドではファミリーvs巨大潜水艦の氷河チェイスなど、これまで以上のド迫力カーアクションの数々が次々と繰り広げられます。
また、本作の指揮を執ったF・ゲイリー・グレイ監督が

監督:ドミニク・トレットは常にファミリーを最優先にしてきた。でも今回のストーリーでは全く逆のことが起きる。ただ今までと違うストーリーを展開するだけでなく、キャスト全員からこれまで見たこともないようなパフォーマンスを引き出したかった。ファミリーに背くことになるドミニクの新たな感情の領域を探求することができたよ。

と語るように、物語はファミリーを誰よりも大事にしてきたドミニクの裏切りをはじめ、前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』で最大の敵として立ちはだかったデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)とファミリーが手を組み、ドミニクとサイバーテロリスト・サイファーと敵対するなどストーリーとしてもシリーズ史上最大の事件がファミリーたちに試練を与えます!!果たして、ドミニクとファミリーは決別してしまうのか?


大ヒット公開中!!
wildspeed-official.jp

***********************************

監督: F・ゲイリー・グレイ「交渉人」、「ミニミニ大作戦」、「ストレイト・アウタ・コンプトン」
脚本: クリス・モーガン「ウォンテッド」、「ワイルド・スピード」シリーズ(※3作目以降全てを担当)
製作: ニール・H・モリッツ「アイ・アム・レジェンド」、「ワイルド・スピード」シリーズ(※シリーズ全作)、ヴィン・ディーゼル、マイケル・フォレスト
出演: ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソン、クリス・リュダクリス・ブリッジズ、ナタリー・エマニュエル、エルサ・パタキー、カート・ラッセル、シャーリーズ・セロン、スコット・イーストウッド、ヘレン・ミレン
邦題: ワイルド・スピード ICE BREAK ※カタカナ表記の際は「ワイルド・スピード/アイスブレイク」となります
原題: Fast&Furious 8 
公開日:(北米)2017年4月14日、(日本)2017年4月28日 
(C)Universal Pictures