「ジェイソン・クラーク」タグアーカイブ

家系2大チェーン戦慄のホラーメンバトル開催決定! 『ウィンチェスターハウス』


映画情報どっとこむ ralph 家系ラーメン2大チェーン 戦慄のホラーメンバトル開催決定!

映画の宣伝さんてダジャレ好きだよね。。。

ヘレン・ミレン主演、『ソウ』シリーズ最新作監督スピエリッグ兄弟の最新作『ウィンチェスターハウス アメ リカで最も呪われた屋敷』が6月29日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開となります。

この度、人気ジャンル“家系ホラー”である本作の公開に際して、 「家系」ラーメン2大チェーン店の壱角家、魂心家とコラボが決定!

本作をイメージした、最高に恐くて美味しい「ウィンチェス ターハウス家系ラーメン」をそれぞれが提案。最恐ラーメンの座を競います。
映画情報どっとこむ ralph 壱角家さんは、

増改築が続けられたウィンチェスターハウスをイメー ジした「ウィンチェスターラーメン ビルド」を開発。黒と赤に色付 けされた外見もさることながら、器の真ん中に鎮座する真っ黒な球 体のキムチを解体すると、ラーメンに新たな味が増築されていくという、視覚・味覚両方で2度楽しめるラーメンとなっている。

1日 数量限定発売。(壱角家 松戸店、壱角家 伊勢原店では販売致しません)

対して・・・・

映画情報どっとこむ ralph 魂心家さんは、

血に染まったウィンチェスターハウスをイメー ジした「ウィンチェスターつけ麺 ブラッディ」を開発。驚くほど 真っ黒な麺。そして豚骨ベースのクリーム色のつけだれが、真っ赤 に染まってゆく。その光景は注文してのお楽しみ。呪いの根源とも いえるウィンチェスター銃を印刷した海苔もポイントだ。 このコラボラーメンは6月20日(水)より全国の店舗で発売が 開始される

(7月22日まで ※在庫状況により早期終了の可能性あり)。

映画情報どっとこむ ralph また、 最強の恐旨ラーメンを競う「最恐ラーメンはどっちだ!?ウィン チェスターハウス家系ラーメンバトル!」キャンペーンも同時開催されます。
キャンペーンの詳細は映画公式サイトで確認を!

winchesterhouse.jp

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷

原題:Winchester
2018年6月29日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国公開です。

アメリカ カリフォルニア州サンノゼに今なお存在する「ウィンチェスター・ミステリーハウス」。“西部を征服 した銃”とまで呼ばれたウィンチェスター銃を開発し、莫大な財産を築いたウィンチェスター一族の未亡人で あ るサラ・ウィンチェスターによって建てられたその屋敷は、38年間、365日、24時間、サラが亡くなるその日ま で絶え間なく増改築が続けられ、やがて常軌を逸した不可思議な構造に溢れた奇怪な屋敷へと変貌を遂げていきました。今なお幽霊の目撃情報が相次ぐ世界的な幽霊屋敷にまつわる忌まわしき実話を『ソウ』シリーズ最新作 を手掛けたスピエリッグ兄弟、オスカー女優ヘレン・ミレンが今ひとたび、現代に蘇らせました。
物語・・・
娘と夫を突然の病気で次々と亡くした未亡人サラ・ウィ ンチェスター(ヘレン・ミレン)はウィンチェスター銃に よって命を落とした人々の亡霊から逃れる為、一族の膨大 な財産をつぎ込み365日24時間、妄信的に屋敷の増改築を繰 り返していた。サラの精神鑑定のために“ウィンチェスター ハウス”に送り込まれた精神科医のエリック(ジェイソン・ クラーク)は屋敷の中に厳重に閉じられた禍々しい部屋が あることを発見する。ウィンチェスターハウスに巣くう亡 霊の正体とは何なのか?

***********************************

監督:マイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグ
出演:ヘレン・ミレン/ジェイソン・クラーク/セーラ・スヌーク
提供:ポニーキャニオン/REGENTS
配給:REGENTS/ポニーキャニオン
宣伝:REGENTS
【字幕翻訳】栗原とみ子 2018/オーストラリア、アメリカ/英語/99分スコープ/5.1ch/G © 2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.


『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』場面写解禁!前売り特典発表!


映画情報どっとこむ ralph この度、『ソウ』シリーズ最新作監督スピエリッグ兄弟の最新作『ウィンチェスターハウス アメリカで最 も呪われた屋敷』の場面写真が解禁。 合わせて前売り特典が解禁です。
『ソウ』シリーズ最新作『ジグソウ:ソウ・レガシー』などを手掛けるオーストラリアの気鋭双子監督、スピ エリッグ兄弟の最新作となる本作は、カリフォルニア州サンノゼに実在する「ウィンチェスター・ミステリーハ ウス」を舞台としたホラー。家族と屋敷を亡霊から守るために増改築を24時間、365日、38年間続けた謎の未亡 人サラ・ウィンチェスター。実在の人物であるサラをオスカー女優のヘレン・ミレンが演じている。

この度解禁された場面写真では、38年間続けられた増改築により 摩訶不思議な構造を持つ屋敷内で起こる事件に巻き込まれる人々の緊迫した表情がうかがえる。漆黒のヴェールを脱ぎ素顔をあらわに する謎多き未亡人サラ・ウィンチェスター(ヘレン・ミレン)の姿や、
ウィンチェスター銃を構え恐怖に抗う表情のエリック(ジェ イソン・クラーク)の姿をとらえている。
屋敷にはどんな秘密が隠されているのか・・・

映画情報どっとこむ ralph 4月28日より販売開始となるムビチケには、 本作にちなんだ仕掛け付きのオリジナル特典付き!!
この度発表された前売り特典は、映画の舞台となる実在する幽霊屋敷ウィンチェスターハウスのイラスト が描かれたオリジナル3Dカード。メイキング映像が500万回以上再生されるなど、国内外で注目を集めてい る3Dアーティスト、永井秀幸が描いたオリジナルのデザインとなっている。 スマホや携帯電話のカメラ機能を使いある一定の角度から 写真を撮影すると鉛筆で描かれただけの屋敷が不気味に飛 び出し立体的に見える仕様となっており、屋敷全体が奇妙 な構造で溢れたウィンチェスターハウスらしい仕掛けとな っています。

映画情報どっとこむ ralph 38年間365日24時間、増改築が続けられた屋敷 今なお全米で語り継がれる実話に隠された恐怖の物語。


ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷
原題:Winchester

2018年初夏TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

公式サイト:winchesterhouse.jp

物語・・・
娘と夫を突然の病気で次々と亡くした未亡人サラ・ウィンチェ スター(ヘレン・ミレン)はウィンチェスター銃によって命を 落とした人々の亡霊から逃れる為、一族の膨大な財産をつぎ込 み365日24時間、妄信的に屋敷の増改築を繰り返していた。サ ラの精神鑑定のために“ウィンチェスターハウス”に送り込まれ た精神科医のエリック(ジェイソン・クラーク)は屋敷の中に 厳重に閉じられた禍々しい部屋があることを発見する。ウィン チェスターハウスに巣くう亡霊の正体とは何なのか?

***********************************

監督:マイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグ

出演:ヘレン・ミレン、ジェイソン・クラーク、セー ラ・スヌーク

提供:ポニーキャニオン/REGENTS
配給:REGENTS/ポニーキャニオン
宣伝:REGENTS
字幕翻訳:栗原とみ子 2018/オーストラリア、アメリカ/英語/99分/スコープ/5.1ch/G
© 2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.


元野球選手の屋鋪要ハリウッドデビュー!公開2018年初夏


映画情報どっとこむ ralph この度、『ウィンチェスターハウス 蒸気機関車を愛しすぎた屋鋪』の公開が 2018年初夏に決定しました。

主演は本作が映画初出演にして初主演、 まさかのハリウッドデビューとなった元野球 選手の屋鋪要(やしきかなめ)。

ドラフト6位で大洋ホエールズ(現・横浜ベイ スターズ)に入団し、現役時代には3年連続盗 塁王獲得し「スーパーカートリオ」の一人とし て知られるだけでなく、5年連続ゴールデング ラブ賞を受賞する守備力の強さでも注目を浴びた。
現在は熱心な鉄道オタクが高じて、鉄道写真 家としても活躍の場を広げている屋鋪が、 ホラー映画への出演を快諾した。 ポスター撮影に臨んで

屋敷さん:本当に怖い映画なんですけど、根が優しいもので怖い顔をするのが大変でした。

と語りながらも、

屋敷さん:初の映画出演でワクワクして おります。この映画を観た後は、決して一人では出歩けなくなる!

と新作ホラーへの意気込みを語った。

完成したポスタービジュアルからは、屋鋪の鬼気迫る 鋭い目線を感じることが出来るが、ウィンチェスターハ ウスを背景に、蒸気機関車を包み込むように持つ姿からは、恐ろしさ以上にSLへの愛を感じずにはいられない。

なんてね。フェイクニュースでした!

映画情報どっとこむ ralph そして、ここから本当の映画情報

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷
原題:Winchester

2018年初夏TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
娘、夫を突然の病気で次々と亡くした未亡人サラ・ウィンチェスター(ヘレン・ミレン)はウィンチェスター銃によって命を 落とした人々の亡霊から逃れる為に毎日24時間、妄信的に増改築を繰り返していた。サラの精神鑑定のために送り込まれた精 神科医のエリック(ジェイソン・クラーク)は屋敷の中に厳重に閉じられた禍々しい部屋があることを発見する。ウィンチェ スターハウスに巣くう亡霊の正体とは何なのか?

公式サイト:
winchesterhouse.jp

***********************************

【監督】マイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグ
【出演】ヘレン・ミレン/ジェイソン・クラーク/セーラ・スヌーク
【提供】ポニーキャニオン/REGENTS
【配給・宣伝】REGENTS
【字幕翻訳】栗原とみ子 2018/オーストラリア、アメリカ/英語/99分/スコープ/5.1ch//G ©2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.


映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』原題「Winchester」公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』(原題「Winchester」)の公開 が18年初夏TOHOシネマズ シャンテほか全国公開にて決定致しました。合わせて解禁となったティザーポスターも到着しました。

カリフォルニア州サンノゼに今なお存在する「ウィンチェスター・ミス テリーハウス」。


“西部を征服した銃”とまで呼ばれたウィンチェスター銃 を開発し、莫大な財産を築いたウィンチェスター一族の未亡人であるサラ・ウィンチェスターによって建てられた屋敷は、38年間、365日、24時 間、サラが亡くなるその日まで絶え間なく増改築が続けられた。

内部は“ど こにも行き着かない階段”や“床に向かって開く窓”、“迷路のようなホール”、 “至る所にある数字の13にまつわる装飾”など不可思議な構造が溢れた奇怪な屋敷へと変貌を遂げていった。1906年に起きたサンフランシスコ地震な どを経て形を変えながらも現存するこの屋敷は、観光地として国内外から 多くの観光客を呼び寄せているが、いまだに幽霊の目撃情報が相次ぐ世界 的な幽霊屋敷にまつわる忌まわしき実話が『ソウ』シリーズ最新作を手掛けたスピエリッグ兄弟、オスカー女優、ヘレン・ミレンによって蘇った。

映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷
原題:Winchester

2018年初夏TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

公式サイト:winchesterhouse.jp


38年間365日24時間、改増築が続けられた屋敷 今なお全米で語り継がれる実話に隠された恐怖の物語—

娘と夫を突然の病気で次々と亡くした未亡人サラ・ウィンチェスター(ヘレン・ミレン)はウィンチェ スター銃によって命を落とした人々の亡霊から逃れる為、一族の膨大な財産をつぎ込み365日24時間、妄信 的に屋敷の増改築を繰り返していた。サラの精神鑑定のために“ウィンチェスターハウス”に送り込まれた 精神科医のエリック(ジェイソン・クラーク)は屋敷の中に厳重に閉じられた禍々しい部屋があることを 発見する。ウィンチェスターハウスに巣くう亡霊の正体とは何なのか? この度解禁された特報には迷路のようなウィンチェスターハウスを舞台に、娘と夫の死後、喪服を着続 けたヘレン・ミレン演じるサラ・ウィンチェスターと屋敷に潜む「あれ」が映し出されている。

***********************************

監督:マイケル・スピエリッグ&ピーター・スピエリッグ
出演:ヘレン・ミレン/ジェイソン・クラーク/セー ラ・スヌーク

提供:ポニーキャニオン/REGENTS

配給・宣伝:REGENTS
字幕翻訳:栗原とみ子
2018/オーストラリア、アメリカ/英語/99分/スコープ/5.1ch//G
© 2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.


小山力也、杉田智和他、豪華声優陣で日本語版『エベレスト3D』 


11月6日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国公開となる、映画『エベレスト3D』。

ヒマラヤ山脈に位置する世界最高峰、エベレスト。自然が猛威をふるう<デス・ゾーン>で生き残りを賭けた闘いに挑む姿を、3Dならではの圧倒的な迫力で映像化されている作品です。

その臨場感あふれる映像は、極限状況。
遭難を体感できると評判です。

エベレスト-3D
第72回ベネチア国際映画祭ではオープニング作品として上映された本作。これまでのオープニング作品はその多くがアカデミー賞の目玉作品となっていて、今後の動向に要注目です!

そして、この度、本作に相応しい声優界最高峰のメンバーが、日本語吹き替え版キャストとして決定!そのキャスト陣たちより、コメントが到着いたしました!

今回、山を題材とする本作ならではのキャスティングを実施!その結果、名前に山がつく方が3名、森がつく方が2名、その他に杉や石や木など山々に関わる文字がつく方が続々決定!実力、人気共に兼ね備えた、山岳映画にふさわしいキャスティングとなりました。

<日本語吹き替え版キャスト一覧>

・ロブ・ホール役(ジェイソン・クラーク)・・・小山力也
・スコット・フィッシャー役(ジェイク・ギレンホール)・・・山寺宏一
・ベック・ウェザーズ役(ジョシュ・ブローリン)・・・堀内賢雄
・ガイ・コター役(サム・ワーシントン)・・・杉田智和
・ジャン・ホール役(キーラ・ナイトレイ)・・・弓場沙織
・ヘレン・ウィルトン役(ロビン・ライト)・・・佐々木優子
・ダグ・ハンセン役(ジョン・ホークス):森田順平
・ジョン・クラカワー役(マイケル・ケリー)・・・青山穣
・難波康子役(森尚子)・・・森尚子
・ナレーション・・・石丸謙二郎

エベレスト-3Dキャスト陣
■ロブ・ホール役(ジェイソン・クラーク):小山力也
これ程、「早く3Dで観たいっ!」と思った映画はありません。巨大アミューズメントパークの人気アトラクションのような「前に飛び出る3D」ではなく、自分が、まさに「中に飛び込む3D」!エベレストの大自然にズバッと飛び込んで、そのエゲツなさと人間愛を、ぜひぜひ体験してください!

■スコット・フィッシャー役(ジェイク・ギレンホール):山寺宏一
「夢とロマン」「あくなき挑戦」そして「美しくも恐ろしい自然の脅威」実話だからこそグッと胸に迫ります。あの凄すぎる映像、いったいどうやって撮影したんだ!?僕も早く劇場の大スクリーンで観たい!ちなみにジェイク・ギレンホール吹替初挑戦です。

■ベック・ウェザーズ役(ジョシュ・ブローリン):堀内賢雄
人間はなぜ山に登るのでしょうか?「そこに山があるから」実に深い作品です。大スクリーンでぜひご覧ください。何かがきっと心に響きます。

■ガイ・コター役(サム・ワーシントン):杉田智和
最初お話を頂いた時、環境ビデオのナレーションだと思いました。普段当たり前のように消費しているものが、作中でとても貴重に扱われていて、価値観が変わる勢いです。是非とも映画館へ大切な人と一緒に観に行ってください。いない人は脳内でいるていで行きましょう。

■ジャン・ホール役(キーラ・ナイトレイ):弓場沙織
無事に全員が下山できるようにと、妻役のジャンと同じように私も祈る気持ちで演じていました。山登りの魅力と過酷さ、存分に疑似体験できる作品だと思います。

■ヘレン・ウィルトン役(ロビン・ライト):佐々木優子
エベレストはもちろん、富士山さえ登った事のない私のような者には、絶対に!決して!出来ない体験…怖い寒い高い深い強い凄い…が、3Dですもの‼ 映画館がお勧めです。極限で冷静さを保とうとするヘレンが好きです。

■ダグ・ハンセン役(ジョン・ホークス):森田順平
こんなに辛い思いをしてまで山に登りたいのは何故?その答えは…?そして映像の迫力にも注目です。

■ジョン・クラカワー役(マイケル・ケリー):青山穣
エベレストというと、子供の頃に読んだ、幻の世界最高峰の山『アムネマチン』の事を思い出します。しかしそうした少年のロマンのようなものを打ち砕く、真の最高峰の美しさと怖さの両面がこの映画には漲っています。私はアフレコの時、あたかも全ての役者が酸素ボンベを背負い、本当にエベレストに挑んでいるかのような錯覚から逃れることが出来ませんでした。この映画を観終った方は、おそらく実際にエベレストを登頂したような達成感と、その陰に横たわる、取り返しのつかない哀しみを、身体で感じることと思います。

■難波康子役(森尚子):森尚子
脚本のすべてに圧倒され、眠れなくなるほど心がかき乱され、難波康子さんの人生と冒険心と決断力を賞賛したくなりました。撮影時の過酷さを思い出しながら吹き替えを行いました。大自然の美しさと厳しさを是非体感してください。

■ナレーション:石丸謙二郎
1996年に起きた衝撃的なエベレスト遭難事故、登山をしている者ならば、誰もが口にした。「あの時、いったい、何が起こったのか?」

物語・・・
1996年に起きた実話を基にした本作は、ニュージーランドで登山ガイド会社を営むロブ・ホールの率いる登頂ツアーがネパールに到着したところから始まる。エベレストのベースキャンプ(標高5334メートル)で約1カ月間入念な準備を整えたあと、はるか3500メートル上の頂上を目指す4日間の冒険に出発した一行は、別のツアーと協力体制を組みながら順調に第4キャンプ(標高8000メートル)まで登っていく。しかし、ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。デス・ゾーンで散り散りになった登山家たちは、ブリザードと酸欠との過酷を極めた闘いの中で個々の生き残りの能力を試されることになる。果たして全員が無事にキャンプまでたどり着けるだろうか?

『エベレスト3D』

公式HP: http://everestmovie.jp/


********************************************************************

監督:バルタザール・コルマウクル 
出演:ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジョン・ホークス、ロビン・ライト、エミリー・ワトソン、キーラ・ナイトレイ、サム・ワーシントン、ジェイク・ギレンホール、森尚子 他 原題:Everest
(c) Universal Pictures  
配給:東宝東和