「シン・ゴジラ」タグアーカイブ

イタリア映画祭2018が開幕!僕らの心にあるのは「クロサワよりもアニメ!」 監督らその影響を熱く語った!


映画情報どっとこむ ralph 2001年の春に始まり、今年で18回目を迎えたゴールデンウィーク恒例の映画祭「イタリア映画祭2018」が東京・有楽町朝日ホールで開催中。

新進気鋭から巨匠まで、バラエティに富んだラインナップで世界の映画祭を席巻した作品から、ドラマ、コメディー、ロマンス、ク ライムアクション、音楽と例年にも増して各ジャンルが取り揃えられ本国で2017年以降に製作されたフレッシュな最新のイタリア映画14本が日本初お目見え。また、新作と関連がある作品を集めた<アンコール上映作品>5作品が上映されます。
4/28(土)には総勢10名の来日ゲストが登壇し開会式を開催。そして昨日4/30にはそれぞれ日本で劇場公開も控える若手 監督『いつだってやめられる-名誉学位』のシドニー・シビリア、『愛と銃弾』(今秋公開)のマネッティ・ブラザーズ(マルコ・マネッティ、 アントニオ・マネッティ)が登壇し、トークセッションが行われました。


<イタリア映画祭2018>
会期: 4月28日(土)~5月5日(土・祝)
会場:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町 2-5-1 有楽町マリオン 11 階)
公式サイト:
http://www.asahi.com/italia/2018/

<イタリア映画祭2018 大阪>
会期:5月26日(土)~27日(日)
会場:ABCホール(大阪市福島区福島 1‐1‐30)
一般の方のお問合せ:050-5542-8600(ハローダイヤル:~4月27日)/03-5221-0080(会場、会期中のみ)
※前売り券販売開始は3月17日(土)10:00から
※前売り一般1,450円/学生・60歳以上1,350円、当日一般1,700円/学生・60歳以上1,600円

映画情報どっとこむ ralph トークセッション

様々な作品がラインナップされたイタリア映画祭 2018 の中で、絶妙なキャラ設定 とセリフ、予測不能な物語と斬新な映像演出で観客を大いに沸かせたコメディー 『いつだってやめられる』シリーズのシドニー・シリビア監督と『愛と銃弾』でジャンル映画への突き抜けた愛情をナポリを舞台にしめしてみせた才気みなぎる鬼才 エンターテイナー、マネッティ兄弟が登壇。

マルコ:去年『いつだってやめられる 10 人の怒れる教授たち』を映画館に観に 行って、一人で行ったにも関わらず大笑いしてとても気に入った。僕らと同じように 脚本に重きを置いてコメディをつくる姿勢に通じるものがあると思った。

アントニオ:シドニーによって従来のいわゆる″イタリアコメディ映画“に大きな変化がもたらされたんだ。伝統的な今までの形式-出演するコメディアンの優秀さに頼るだけではないものを作ること、作品のフォルムを大切にすること。僕らはアメリカ映画が大好きで影響を受けて育ったから自然とこうなったんだけど結果的にはイタリアの観客にも受け入れられたということだと思う。

シドニー:僕はマネッティ兄弟の作品を観たのは『リミット90』(05/日本未公開) が最初だった。その頃から二人はインディペンデント界ですでに伝説の存在だった。 設定はエレベーターの中だけの話で低予算なのに、すごく面白くて刺激を受けたよ。 僕は脚本を書くのがすごく好きだ。それでも毎日机に向かっても全然進まない時も あるし、すごく調子が良くてナポレオンのような気分になる時もある。好きとは言った けど『いつだって~』は2作目、3作目を平行して書いたから、想像以上に大変で 書き上げるのに1年半もかかった。

マルコ:僕らも脚本をいちばん大事に思っていて、なによりこのストーリーを伝えたい、 という思いが強いんだ。

と映画製作、想いを語りました。


映画情報どっとこむ ralph そして観客からの質疑応答へ。

Q.コメディ映画ならではのアドリブはあるのか?

と問われると、
マネッティ兄弟:役者へ任せる。アドリブは多め!

と応えたのに対し、

シドニー:ほとんどアドリブはないよ!役者がそこにないセリフを言うと、監督だけでなく脚本家でもある僕がイラっとする(笑)

と答え、会場を沸かせる一面も。


続いて

Q.日本文化から影響を受けた人はいるか?

には驚きの結果に

マルコ:クロサワはイタリアのジャンル映画に影響をすごく与えていると思う。僕については北野武、 あと忘れてはならないのは日本のアニメ。日本はアニメを過小評価しているんじゃないかな、イタリアだけじゃなくアニメで世界を征服していると言ってもいいくらいなのに!
シドニー:去年は『シン・ゴジラ』を観た。(マネッティ兄弟の)二人はまだ観てないらしいから DVD を買ってあげるよ。あとは『キャプテン翼』だね。

マルコ:『キャプテン翼』の2秒しかないシーンを20分の短編にして作ってみたいよ!

シドニー:(キャプテン翼の)イタリアのタイトルは『オリーとベンジー』で主人公が二人になっち ゃってるんだよ。クロサワもすごいけど「オリーとベンジー」の方が多くのイタリア人の心に入りこんでいるんじゃないかと思う。

とアニメーションの話題でひとしきりスパーク、その他漫画などにも話題を広げながらその影響を熱く語っていた。

イタリアンコメディを牽引する存在になりつつある3人は<その国ならではのコメディ要素>につ いても言及しつつ、どこの国の映画であっても映画言語が持つ普遍性があるはず、湧き出る次 回作の構想も明かしながらトークイベントを締めくくった。

※シリーズ 2 作目『いつだってやめられる 10 人の怒れる教授たち』は 5/26(土)Bunkamura ル・シネマ他全国ロードショーです

公式サイト:
http://www.synca.jp/itsudatte/

***********************************

主催:イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
後援:イタリア大使館
協賛:FCA ジャパン株式会社、フェラガモ・ジャパン株式会社、コスタクルーズ日本支社
協力:株式会社 帝国ホテル、アリタリア-イタリア航空
運営協力:有限会社エミュー/宣伝協力:樂舎/字幕協力:アテネ・フランセ文化センター


瀬下寛之監督 花澤香菜 ら登場!ゴジラ・フェス2017の模様


映画情報どっとこむ ralph 『ゴジラ』 第29作目となる『シン・ゴジラ』で、シリーズ累計観客動員数は1億人を突破、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成。さらに、11月17日(金)には、初となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の公開も控え、ますます注目を集めてます。

そして!

ゴジラ生誕の日となる11月3日(金)に、ゴジラヘッドのお膝元、新宿歌舞伎町で、ゴジラ史上初となる フェス<ゴジラ・フェス2017>を開催しました。

ゴジラ史上初となるフェス<ゴジラ・フェス 2017>が、ゴジラ生誕の日となる 11 月 3 日(祝・金)にゴジラヘッドのお膝元、新宿歌舞伎町のシネシティ広場にて開催。

当日は好天にも恵まれ、18,000 名を超えるお客様がゴジラの 誕生日を祝いに会場まで駆けつけました。
会場には、平成ゴジラから『GODZILLA 怪獣惑星』(11月17日公開)まで、歴代8体のゴジラ像が大集結した「ゴジラ ジオラマ展」や、激盛りや激辛など、 ゴジラのように激しくて美味しいゴジラに因んだ食べ物”G フード“が食べられる屋台 が多数出店。また「ゴジラ・ストア出張所」には、この日限定発売となった〈ゴジラ・ フェス 2017〉グッズを求め、多くのお客様が行列を作った。子どもたちも楽しめる 「わなげ」や「風船釣り」など縁日コーナーもあり、子供も大人も楽しめるフェスと なった。 会場内の特設ステージでは、ゴジラファンにはたまらないトークやプレゼントが 飛び出すなど、全部で4つのイベントを開催。

映画情報どっとこむ ralph 当日最初のステージには、『GODZILLA 怪獣惑星』から瀬下寛之監督 と、ヒロイン役の花澤香菜さんが登場。第1作の『ゴジラ』(1954)の公開日 である 11 月 3 日が、正式に「ゴジラの日」として日本記念日協会から 認定され、授与式が執り行われた。代表して花澤が登録証を受け取ると

花澤さん:本当にすごく光栄なことだなと思いました

とコメント。長年のゴジラファン であるという瀬下監督も

瀬下監督:こんな日に立ち会えるなんて素晴らしいですね。

と 感慨深い様子でした。



次に登壇したのは、ジャパンラグビー・トップリーグで活躍する牧田亘選手、三浦豪選手、栗原大介選手、橋本皓選手の4名。
ゴジラが、2015年からジャパンラグビー・トップリーグの応援キャラクターに就任し、トップ リーグとコラボしたゴジラデーというイベント試合を毎年開催していることからこのコラボステージが実現。登場した 4 選手のゴジラ愛を試すためクイズ大会を実施すると、 栗原選手が優勝し、トップリーグ最強初代ゴジラ王となった。

続いて、屈強な トップリーガーならどうやってゴジラを倒すのかというプレゼン対決となると、

橋本さん:まずは紐をひっかけて転ばせます。ゴジラは細い腕なので起き上がることができません。すると何も食べられなくなったゴジラは小さくなるんです。その後、ラグビーはチームスポーツなので、多くの仲間を呼んで 小さくなったゴジラを倒します。

とオリジナルのゴジラの倒し方を熱く プレゼン。会場にいるゴジラファンの笑いと共感を誘い、橋本がプレゼン 対決に勝利した。

映画情報どっとこむ ralph さらに日も暮れだした16時半からは『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京 SOS』など、ゴジラ3作品で監督を務めた手塚晶明、初代ゴジラ博士の石井信彦、東宝社員で 2 代目ゴジラ博士に就任した海野航平が ステージに登場し、ディープなゴジラトークに華を咲かせた。
フェスの前日までゴジラ誕生祭で京都にいたが、このフェスのために新宿まで 駆けつけたと語る手塚は「こんなに多くのお客様が集まると思っていな かったので、嬉しいです」と喜びを語った。当時の制作秘話や東宝の 裏話などファンにはたまらないゴジラトークの数々に、会場のファンは 終始大興奮。また貴重なプレゼントが賞品として用意されたじゃんけん 大会では、賞品を獲得するべく多くのファンが身を乗り出してじゃんけん に参加するなど白熱した大会となりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後のステージには、昨年大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』で保守第一党の政調 副会長を演じた松尾諭さん、監督・特技監督の樋口真嗣さん、准監督・特技統括の尾上克朗さんが登場。

5時55分になるとゴジラの誕生日を祝うため、会場に設置されたイルミネ ーションゴジラが点灯!

樋口さんは自分のスマートフォンを取り出し、記念撮影。その後、お酒を飲みながらゴジラトークをする「居酒屋ゴジラ」が開店すると、

松尾さん:人前で酒を飲むことはないので、経験としてはいいかなと思って来ましたが、事の重大さに戸惑っています。

とお酒を飲みながらのトークへの不安を吐露した。 しかしいざトークが始まると、会場のファンから「まずは君が落ち着け“水”」にサインを求められ、ボトルにサインするなど、集まったゴジラファンにノリノリで対応。
さらにサプライズで『シン・ゴジラ』の共演者である高橋一生さんに電話をすることに。高橋一生さんのことを 電話帳に“俺の一生”と登録していることを明かした

松尾さん:あなたの松尾です。

と電話をすると、電話口の

高橋さん:会場の皆さん、こんばんは。高橋一生です。

と返答があり、本人の生声に会場からは大きな歓声が上がった。電話の最後に、

高橋さん:ゴジラ 好きな皆さんも好き。

と会場のファンに向けたメッセージを送った。これに対して

松尾さん:イケメンでしょ。ほんまにかっこいいんですよ。

と高橋さんのイケメンぶりに惚れ惚れしていた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

樋口さん:僕にとって(新宿は)すごく思い出深い場所です。本当にここは映画の 聖地みたいな場所でした。こうした場所で映画の話をさせていただけるのは、本当に良かったなと思います。

と感想を語り、

尾上さん:色んなところでゴジラが活躍するように盛り 上げていただければ、また我々が次を作れるんじゃないかと思ってます。これからも ゴジラを応援していただけると嬉しいな。

と次回作に向けた意欲をアピールし、ゴジラ 尽くしの1日となった〈ゴジラ・フェス 2017〉を締めくくった。

TM&©TOHO CO., LTD.

世界初のオフィシャルECサイト
【ゴジラ・ストア】
http://godzilla.store
【ゴジラ・ストアTwitter】
@godzilla_st
世界初のゴジラ公式ショップ
【ゴジラ・ストア Tokyo】
http://godzilla.store/tokyo
【ゴジラ・ストアTokyo Twitter】
@GodzillaS_Tokyo

***********************************


ゴジラ×テレ朝、コラボが続々!『シン・ゴジラ』地上波初放送記念!


映画情報どっとこむ ralph 第1作の『ゴジラ』(1954)が公開されてから63年。
現在までに国内で計29作品が製作され、昨年7月に公開致しました第29作目となる『シン・ゴジラ』で、シリーズ累計観客動員数は1億人を突破、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成致しました。

また、ゴジラ生誕の日となる11月3日(祝・金)には初のフェス<ゴジラ・フェス2017>を開催、さらに、11月17日(金)には、初となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の公開も控え、ますます注目なんです!

映画情報どっとこむ ralph ★11月12日(日)よる9時からの映画『シン・ゴジラ』地上波初放送に先駆け、テレビ朝日では、様々なコラボがスタート!

『ゴジラ』シリーズ史上最も人気の高い怪獣を決定する『関係者&ファン1万人がガチで投票!ゴジラ総選挙』を放送!
これまでテレビ朝日では、プロレス総選挙、大相撲総選挙、うどんチェーン店総選挙など、さまざま なテーマで“総選挙”を実施し、その度ごとに大きな話題を呼んできました。今回はなんと前代未 聞!――日本人なら誰もが知る映画『ゴジラ』シリーズに登場する怪獣の中で、もっとも人気のある 怪獣を決めてしまう『ゴジラ総選挙』の開催が決定!その結果を、映画『シン・ゴジラ』の地上波初 放送に先駆け、11月12日(日)のひる1時55分から放送することになりました! スタジオにはおなじみの MC、爆笑問題とウエンツ瑛士のほか、芸能界きってのゴジラファンであ る佐野史郎や有村昆、映画『ゴジラ』にも出演したことのある西岡德馬、釈由美子、金子昇らが登 場。それぞれの『ゴジラ』への思い入れや、好きなシーン、好きなキャラクターについて熱く語ります。
さらに『お願い!ランキング』では「ゴジラWEEK」として11月6日(月)から9日(木)まで、毎晩テレ朝の夜をゴジラで彩ります。


11月10日(金)放送『クレヨンしんちゃん』では、昨年話題となった『しんのすけ対シン・ゴジラ』が再び登場!
そしてテレビ朝日本社1階アトリウムでは、10月26日(木)よりゴジラ2体の展示をスタート!

この秋、テレ朝はゴジラにジャックされます!!

(c)2016 TOHO CO.,LTD.
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
TM&(C)TOHO CO.,LTD.
***********************************



『GODZILLA 怪獣惑星』瀬下寛之監督と花澤香菜トークイベント@ゴジラ・フェス2017で!


映画情報どっとこむ ralph ゴジラ史上初となるフェス<ゴジラ・フェス2017> ゴジラ生誕の日となる11月3日(祝・金)開催!
アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』より 瀬下寛之監督と花澤香菜が <ゴジラ・フェス2017>に参戦、ゴジラ像8体の前でトークイベント開催決定!!

映画情報どっとこむ ralph 第1作の「ゴジラ」(1954)が公開されてから63年。現在までに国内で計28作品が製作され、第29作目にあたる『シン・ゴジラ』で、シリーズ累計観客動員数は1億人を突破、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成しております。

また、本年11 月17日(金)には、初となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の公開も控え、ますます注目!!

ゴジラ生誕の日となる11月3日(祝・金)には、ゴジラ史上初となるフェス<ゴジラ・フェス2017>を開催。

【ゴジラ・フェス2017 概要】
正式名称:ゴジラ・フェス2017
開催日時:2017年11月3日(祝・金) 11:00~20:00
開催場所:歌舞伎町シネシティ広場 (新宿区歌舞伎町1丁目19番先)

参加方法:入場無料
※フェス内の飲食、グッズ販売、一部コーナーは有料です。
特設サイト:http://godzilla.store/gfes2017/
主催:ゴジラ・フェス2017実行委員会 共催:歌舞伎町タウン・マネージメント
協賛:株式会社丸井グループ ゴジラ・ストア 株式会社バンプレスト
後援:新宿区

映画情報どっとこむ ralph ゴジラ史上初となる、ゴジラ生誕を祝うイベント<ゴジラ・フェス2017>に 『GODZILLA 怪獣惑星』の瀬下寛之監督と、ヒロイン役の花澤香菜が参戦、 歴代8体のゴジラ像の前でトークイベントを開催します!

公開を目前に控えた二人が、作品について、そしてゴジラについての熱いト ーク、そしてゴジラ生誕を祝うセレモニーも!!

ゴジラファンやアニメ作品で初めて“ゴジラ”に出会うアニメファンにとっても見逃せ ないイベントとなります。

観覧は無料ですが、優先観覧エリアは事前応募が必要となります。応募は<ゴジラ・フェス2017>公式ホ ームページにて、10月16日(月)より開始予定です。

他にも<ゴジラ・フェス2017>では、『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督、尾上克郎特技監督の参加が発表された「イルミネーションゴジ ラ」点灯式や、その他にも様々なイベントを開催する予定です。

『GODZILLA 怪獣惑星』トークイベント
日時:2017年11月3日(祝・金) 13:30 START
場所:ゴジラ・フェス2017 会場内 イベントステージ
登壇:瀬下寛之監督、花澤香菜(ユウコ・タニ役)
★優先観覧エリア応募について 10月16日(月) より ゴジラ・フェス2017公式サイトにて応募
godzilla.store/gfes2017

映画情報どっとこむ ralph 2017年、『ゴジラ』は誰も予想しなかった新たな “進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA』である。 本作が描くのは、これまでのどんな『ゴジラ』とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に 君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。 監督には、劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』を手掛け、シリーズ歴代最高の興行収入を 記録した静野孔文が参加。コンビを組むもう一人の監督が瀬下寛之。CG領域の第一線で培われたその手腕は 監督、総監督作である『シドニアの騎士 第九惑星戦役』、『BLAME!』で立証済みと言える。ストーリー原案・脚 本は『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』などで知られる虚淵玄(ニトロプラス)。突破 力抜群のアイデアと先を読ませない緻密な構成力は多くのファンの心を捉えている。そして制作は『シドニアの騎 士』を始め、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』等で米国テレビ業界のアカデミー賞として知られるエミー賞最優 秀賞(デイタイム・エミー賞 アニメーション番組特別部門最優秀賞)を通算5度受賞するなど数々の実績を持 つ国内最高峰の3DCGスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。 誰も見たことのない新しい“ゴジラ”の始まりを告げる咆哮が今、響き渡る――。

映画公式サイト:
godzilla-anime.com

映画公式twitter:
@GODZILLA_ANIME

物語・・・
二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。 巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を 計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座 タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼 べるものではなかった。 移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民 の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目 指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。 果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は。

***********************************

監督/静野孔文・瀬下寛之 ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス) シリーズ構成/虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき キャラクターデザイン原案/コザキユースケ 副監督/森田宏幸 演出/吉平“Tady”直弘 プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli CGキャラクターデザイン/森山佑樹 造形監督/片塰満則 美術監督/渋谷幸弘 色彩設計/野地弘納 音響監督/本山 哲

宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜・杉田智和・梶裕貴・諏訪部順一・小野大輔・三宅健太・堀内賢雄・中井和哉・山路和弘

製作:東宝 制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:東宝映像事業部

©2017 TOHO CO., LTD.


『シン・ゴジラ』が早くも地上波!11月12日初放送


映画情報どっとこむ ralph 『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明監督の大ヒット作『シン・ゴジラ』テレビ朝日で早くも2017年11月12日(日)よる9:00より地上波初放送決定!

日本のみならず米ハリウッドでも映画化され、いまや世界的怪獣キャラクターとなった “ゴジラ”を復活させ、歴史的な大ヒットを記録。『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明が脚本と総監督を担当、『のぼうの城』、『進撃の巨人』の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、300名を超える豪華キャストが集結した超大作を地上波として初放送!
テレビ朝日は、2005年8月14日の『GODZILLA』(1998年)以来のゴジラ映画放送となる今回。
偶然にも、『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)以来、日本製作としては 12 年ぶりとなったゴジラ映画を、12 年ぶりにテレビ朝日で放送する運びとなりました。 この秋、六本木にゴジラの咆哮が轟きます!

映画情報どっとこむ ralph 今回、12年ぶりのゴジラシリーズ放送となる11月は、ゴジラの誕生月でもあります。 11月17日(金)には、ゴジラ映画史上初となるアニメーション映画作品、『GODZILLA 怪獣惑星』が公開されるなど、ゴジラムーブメントが過熱するタイミングに、テレビ朝日では様々な「ゴジラ」とのコラボレーションを展開。六本木のテレビ朝日本社でも「シン・ ゴジラ」の地上波デビューを記念した展示を予定しているほか、テレビ朝日の人気番 組と連動し、地上波に留まらないスケールでお茶の間にゴジラの魅力をお届けします。

11月12日(日)のゴジラ襲来。ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 初のフルCGで大迫力のゴジラを実現!

史上最大となる体長118.5メートルのス ケールはもちろん、国内シリーズ初のフル CG でゴジラを表現。
想像をはるかに超える 最強の完全生物として見るものを恐怖に陥れます。 さらに斬新だったのは「現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向 かうのか?」という壮大なテーマ。

ゴジラが東京に上陸、そのリアリティを限界まで追求 した映像はまるでドキュメンタリーとも思えるような仕上がりとなっています。

“怪獣映画”というジャンルにとらわれない、壮大なスケールの“人間ドラマ”を描き上 げるために集結したのは、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみら日本を代表する演技 派俳優陣。

その数、なんと328名!次から次へと現れる俳優たちの白熱の演技に見る 者は心を奪われていきます。

物語・・・
東京湾・羽田沖。
突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻 き込まれ崩落する。事故の原因は不明。首相官邸では大河内総理大臣(大杉漣)ら閣 僚による緊急会議が開かれる。「崩落の原因は地震や海底火山」という意見が大勢を 占める中、内閣官房副長官・矢口(長谷川博己)だけは、海中に棲む巨大生物による 可能性を指摘する。内閣総理大臣補佐官・赤坂(竹野内豊)らは議論に値しないもの と黙殺するが、直後に海上に巨大不明生物の姿が発見される。 騒然となる政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は上陸。次々 と街を破壊し、日本は壊滅へと突き進んでいく。 緊急対策本部を設置した政府は、自衛隊にも防衛出動命令を発動。さらに米国大 統領特使としてカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)が派遣され、世界も注視し始め る。 巨大生物の正体は何なのか、その生態は、そしてどのようにして倒すべきなのか? 日本を守るための矢口らの長い長い戦いが幕を開けた 。

***********************************

脚本・編集・総監督:庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣
准監督・特技統括:尾上克郎
音楽:鷺巣詩郎
製作・配給:東宝株式会社

キャスト
矢口蘭堂(内閣官房副長官)長谷川博己
赤坂秀樹(内閣総理大臣補佐官)竹野内豊
カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使)石原さとみ
志村祐介(内閣官房副長官秘書官)高良健吾
泉修一(保守第一党政調副会長)松尾 諭
尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課課長補佐) 市川実日子
花森麗子(防衛大臣) 余貴美子
財前正夫(統合幕僚長) 國村 隼
里見祐介(農林水産大臣)平泉 成
東竜太(内閣官房長官)柄本 明
大河内清次(内閣総理大臣)大杉 漣 ほか