「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」タグアーカイブ

板野友美がほっこり役柄 SDGs未来都市・横浜ショートフィルムプロジェクト 『乗り遅れた旅人』全編が本日配信開始!


映画情報どっとこむ ralph 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)を運営するショートショート実行委員会とSDGs未来都市・横浜である横浜市が製作したショートフィルム『乗り遅れた旅人』の全3話と本編(17分50秒)、およびメイキング映像が本日配信開始となりました。



ショートフィルム『乗り遅れた旅人』は、国際都市 横浜の地で客船に乗り遅れた外国人観光客を、横浜に暮らす少女が周囲の人の力を借りながら助け、その過程で地域課題を解決していく物語。


横浜産の野菜を使った、港町・横浜ならではの洋食やカレーで表現する地産地消、異なる文化・習慣を知り、理解するダイバーシティ、子どもから年配者までが一所に集うコミュニティが育む自助共助など、作品内にはSDGs*未来都市・横浜のコンセプト“つながり” 、そして本作の隠れたテーマでもある「市民力」が様々な形で描かれます。

監督の古波津陽さん(『築城せよ!』)は、「ドラマは、少女が途方に暮れている外国人観光客に『大丈夫?』と手を差し伸べるところから始まる」と、当たり前なコミュニケーションだからこそ忘れがちな思いやり、その思いやりの連鎖が誰一人取り残されない世界を作っていくエネルギーになる、とSDGsの表現方法を試行錯誤した過程を述べました。
乗り遅れた旅人
映画情報どっとこむ ralph 本作がショートフィルム初出演となった板野友美さんは横浜でアートを志しながら、自分でも畑で野菜を作っている役を演じます。

板野さん:「ニット帽や眼鏡、服装まで、普段の自分と異なる世界観を演じたのはすごく新鮮。物語中にキーワードとして出てくる『Something New(サムシング・ニュー)』を私自身が体感しました。横浜にはみなとみらいのような都会的な面と、野菜が育てられるような自然豊かな環境もあり、そんな多様な魅力をそんな多様な魅力をこの作品を通して発信していけたらと思います。」

と感想を述べています。
板野友美
なお、この秋横浜で開催される日本最大級の音楽フェスティバル「横浜音祭り2019」内のプログラムとして、板野友美さんをゲストに迎え、『乗り遅れた旅人』ほかショートフィルムの上映とトークイベント「ShortShorts×横浜音祭り2019『板野友美Talk Event~音と旅する映画デート』」を、9月16日(月)に開催いたします。 

* SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年に国連が定めた開発目標。貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など、持続可能な開発のための諸目標を2030年までに達成しようと掲げられています。
SDGs未来都市横浜ロゴ
映画情報どっとこむ ralph 『乗り遅れた旅人』

メイキング映像


【あらすじ】
浜っ子のひなは客船に乗り遅れた旅行客アミールを助けようと奮闘するが、文化の違いにより仲違いをしてしまう。しかし、二人を助けようと様々な人の力が結集していき、事態は思わぬ展開に…。

作品情報掲載ページ



***********************************

監督:古波津 陽

出演:坂井悠莉 / シブリ / 板野友美 / 玉置玲央 / 根岸季衣

作品時間:17分50秒




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019】華々しくクロージング


映画情報どっとこむ ralph 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は6/16(日)に報道関係者向けのアワードセレモニー及び、レッドカーペットイベントを明治神宮会館で開催しました。

本セレモニーでは、ジョージ・ルーカス監督の名を冠したグランプリ、「ジョージ・ルーカス アワード」と、来年の第92回アカデミー賞短編部門ノミネート候補となるオフィシャルコンペティション及びノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社の各優秀賞の発表を含む、計8つの賞の発表・表彰しました。

【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019】
開催期間 :5月29日(水)~6月16日(日)
上映会場 :東京 計5会場予定 およびオンライン会場。
オフィシャルサイト: https://www.shortshorts.org/2019
主催 :ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会

【SSFF & ASIA 2019 テーマ】 「Cinematic Attitude」
映画祭20周年の節目を経て、新たなスタートをきる21年目のテーマは「Cinematic Attitude」。
映画祭のビジュアルに用いた、海外から伝わり日本で育まれたそれぞれ異なる文様には、成長、拡大、反映、繋がり、前進、芸能といった意味を込め、映画・映像の普遍的な力や、映画祭が発信していく多様性を表現しました。

映画情報どっとこむ ralph SSFF&ASIAアワードセレモニー
■セレモニー前のレッドカーペットには華やかな衣装に包まれた豪華ゲストが続々と登場!

セレモニー開演前のレッドカーペットには、アワードセレモニーのオフィシャルパートナーUber提供による「Uber Black」の車から降り立った、本映画祭代表の別所哲也とLiLiCoさんがにこやかに登場。
さらにオフィシャルコンペディション審査員からはブラックのドレスで美脚を披露したかたせ梨乃さんや大人の魅力あふれるビビットカラーのドレス姿のホラン千秋さんらがレッドカーペットを歩き、CGアニメーション部門審査員からはとよた真帆さん、海外からのノミネート監督など、各界の著名人がお祝いに駆けつけました。

■注目のグランプリ「ジョージ・ルーカス アワード」
ツェンファン・ヤン監督の 『見下ろすとそこに』が受賞!
本映画祭の最高賞である「ジョージ・ルーカス アワード」には、ツェンファン・ヤン監督の『見下ろすとそこに』が受賞。
3つの「オフィシャルコンペティション」の優秀賞の中から選出されグランプリとなった本作品は、「オフィシャルコンペティション」の優秀賞の他2作品とノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社 優秀賞と共に、次年度の米国アカデミー賞短編部門にノミネート選考対象作品となります。

●Cinematic Tokyo部門 「Cinematic Tokyo部門」
では東京都副知事・多羅尾 光睦(たらお みつちか)氏がプレゼンターとして登場し、受賞作品『ロブ』のハッ サン海監督へトロフィー、そして東京都知事賞の授与を行いました。さらに、今後注目があつまる“東京”の魅力をスポーツとショートフィル ムを通じて世界へ発信する新プロジェクト「シネマスポーツプロジェクト」が発表されました。今回、公務で欠席となった小池百合子東京 都知事からは「(この部門を通して)東京から世界へ数多くのクリエイターが羽ばたくことを嬉しく思う。オリンピック・パラリンピックに向けて スポーツの祭典とともに盛り上げていきたい。」とメッセージが届きました。

●オフィシャルコンペティション
本年より、次年度の米国アカデミー賞短編部門にノミネート選考対象作品となる「オフィシャルコンペティション」3部門(インターナショナル /アジア インターナショナル/ジャパン)の受賞作。各賞が発表され、会場の熱気が高まる中、大きな拍手に包まれながら本映画祭にて 公式審査員を務める安藤桃子監督、かたせ梨乃さん、ジーナ・デラバルカさん、中江有里さん、永瀬正敏さんらが登場。審査員として の総評を尋ねられたかたせさんからは「映画祭の審査員をさせていただいたのは初めてで、あまりに素晴らしい作品の数々に興奮して眠れ ない夜が続きました。これから社会にショートフィルムの魅力が広がっていくといいなと思いますし、機会があれば、女優としていつかショート フィルムに出たいと思っています。」と、感想を述べました。

● U-25プロジェクト supported by 日本セーフティー
続いて、本年からの取り組み・オンライン会場で盛り上がりをみせた「U-25プロジェクトsupported by 日本セーフティー」優秀賞の発表 では、プレゼンターのLiLiCoさんが登場。作品を見た感想として「見えていてシワが増えました。でもとてもある価値のあるシワで、作品を 見て色んな表情になりました。子供らしい大胆さ、大人らしい繊細さを感じられる作品で、素晴らしかったです。今後の活躍に期待してい ます!」と笑顔でエールを贈りました。

●ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社
オフィシャルコンペティション3部門の受賞作と共に新たに、米国アカデミー賞へノミネートとなる本優秀賞の審査員として、原田眞人さん、 ホラン千秋さん、水上賢治さんが登場。 圧倒的な映像美と日常の一コマを切り取ったような作品ながら背景にある環境問題へ意識を 向けさせるよう見事に構成、と絶賛されたショートフィルム『ドゥルセ』のアンジェロ・ファッチーニ監督&ギレ・イサ監督は「ここにこうして立って いることが光栄です。本当に名誉な賞を頂いたと思っています。環境問題を描くことは難しいが、それを表現するのが私達の仕事。海面が 上昇して、村が失われる怖さもきちんと表現しました。」と、受賞に対する喜びと、作品作りへの思いを語りました。

●CGアニメーション部門
「CGアニメーション部門」の審査員を務めたとよた真帆さんは、「全ての作品が1位でもおかしくないくらいクオリティが高い。(作品中に出て くる)少年の悩みや葛藤がうまく現れていました。アニメーションということを忘れ、少年が子役のように見え、うなじに“愛おしさ”さえも感じま した。」と作品に対しての感動を語った。さらに「夫が映画監督なので、作品を作る苦労もひしひしと伝わってくる。“愛と努力”が重要なこと も本当によく分かっているので、この作品に心からおめでとうを伝えたい。」と、監督へ称賛コメントを残しました。

●第3回ひかりTVアワード
最も4Kの魅力を伝える事ができる作品として、昨年の優秀賞を贈られた『さよならドロシー』に出演した中島琴音さん、渡辺奈緒子さん が登壇。「この作品は現実と同じく魔法が使えない少女を描いています。きらびやかな魔法のみではなく、私達がいる世界には、実は魔 法がかかっているんだと感じてほしい。」と倉田監督が作品の見所を語ると、「素晴らしい脚本で、読んだ時じんわりと涙がこぼれてしまった んです。とても温かくて、深い愛情の物語。見る人に委ねる作品です。変わらない愛が、私にとっての魔法です。」と渡辺さんが作品のへの 思いを語りました。

『さよならドロシー』は海外映画祭出品後、2019年内にひかりTVにて配信予定
さよならドロシーひかりTV

映画情報どっとこむ ralph ■CINEMA FIGHTERS project第3弾完成発表

行定監督「海風」
行定監督「海風」
洞内監督「Ghosting」
洞内監督「Ghosting」
今秋に公開となる「CINEMA FIGHTERS project」第3弾の完成発表には、EXILE HIROさん、EXILE AKIRAさん、小林直己さん、今市隆二さん、佐野玲於さん、三池崇史監督、井上博貴監督、洞内広樹監督といった豪華ゲストを、本プロジェクトの企画プロデュースを務める映画祭代表・別所哲也が迎えました。

EXILE HIROさんは、「素晴らしい監督たちとの出会いで、どの作品も素晴らしい世界観でしたよね。前回に続いて、今回もそれぞれのテーマが本当に良くて最高でした。」

と、感慨深く第3弾を迎えたことをコメントしました。

さらに演技初挑戦となる今市隆二さんは、「右も左も分からなかったので、不安もありましたが、監督との食事を通して打ち合わせを重ね、良い雰囲気で撮影に集中することが出来ました。」と監督と共に臨んだ撮影について語りました。

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019」 オープニングセレモニー


映画情報どっとこむ ralph 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)は、映画祭開催に先駆け、2019年5月29日(水)に渋谷ヒカリエ ヒカリエホールにてオープニングセレモニー、 「CINEMA FIGHTERS project」第三弾上映会が行われました!

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019」 オープニングセレモニー
日時:2019年5月29日(水)
【1部:オープニングセレモニー】
【2部:「CINEMA FIGHTERS project」 第三弾オープニングスペシャルスクリーニング】
場所:渋谷ヒカリエ ヒカリエホール
ゲスト:
MC: LiLiCo(フェスティバルアンバサダー)、別所哲也(SSFF & ASIA代表)

ベンドラメ礼生選手(サンロッカーズ渋谷)、長谷部健(渋谷区長)(以上、Shibuya Diversity Award関連)

たかひろや監督、大和孔太(キャスト)、柳ゆり菜(キャスト)、小池亮介(キャスト) (以上、BOOK SHORTS 第5回受賞製作作品関連) LEXUS INTERNATIONAL 室長 沖野 和雄(以上、SHORT FILM THEATER @ INTERSECT BY LEXUS関連)

株式会社ファミリーマート代表取締役社長 澤田貴司、鶴岡慧子(監督)、柳憂怜(キャスト)
(以上、ファミリーマート特別製作関連)

田端浩観光庁長官、コシノジュンコ(Visit Japan大使)(以上、観光映像大賞関連)

加藤英明、冨永愛、宮沢和史(以上、地球を救え!部門 supported by リンレイ関連、3名審査員)
木村佳乃(プロジェクトプレゼンター)(以上、Ladies for Cinema Project関連)

EXILE AKIRA、佐藤大樹(以上、CINEMA FIGHTERS project第三弾関連)

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペットが敷かれた会場にお互いを携帯カメラで撮影し合いながら仲良く登場したのは、本映画祭代表である別所哲也さん、フェスティバルアンバサダーのLiLiCoさん。

2人はステージ上で挨拶した後、今月から元号が変わり「令和」元年がスタート したことに触れ、「平成」元年の1989年は大きな変化のあった思い出深い年だとお互いに思い返した。LiLiCoさんにとっては スウェーデンから日本に来た年、別所さんにとってはハリウッドデビューした年だと言い、

別所さん:そうなんです!この映画祭を始める 原点になった年だと改めて思い出しました。当時は、携帯で撮影が出来る時代が来るなんて、予想もできなかったですもん ね!令和を迎え、21歳の大人になった映画祭を迎えられることが非常に嬉しいです!

と喜びのコメントを述べた。また、

LiLiCoさん:昨年は、グランプリトロフィーにあのジョージ・ルーカス監督の名前がついたことを発表し大きな話題になりましたが、 今年も大きな話題があるんですよね?

と聞くと、

別所さん:これまでグランプリが翌年度のアカデミー賞ノミネート候補なっていまし たが、今年からインターナショナル部門、アジアインターナショナル部門、ジャパン部門の各部門とノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社の全4部門の優秀賞をノミネート候補に推薦できる権利をアカデミー賞協会から頂きました!

と発表した。

今年の新たな試みとして開始するオンライン会場については、

日本全国でもショートフィルムをお楽しみいただけるように、本日 からWEB上でショートフィルムが観られるオンライン会場がスタートします。若手監督が制作した5分以内の作品を集めたU25プロジェクト supported by 日本セーフティー、子役の活躍がひかるチャイルドアクターズプログラム supported by テアト ルアカデミーなど、映画祭会場では見られない限定作品もお楽しみ頂けます。

と笑顔でコメントした。

映画情報どっとこむ ralph 本セレモニーでは、グランプリが発表される6月16日(日)のアワードセレモニーに先駆け、計6つの賞の発表・表彰及び、映画 祭と企業によるショートフィルム制作プロジェクトの完成発表などが行われた。各部門の優秀賞作品の発表。
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
▼オープニングセレモニーで表彰された作品

Shibuya Diversity Award :
街角のワールドカップ/ Il Mondiale in piazza (イル モンデール イン ピアッツァ)

第5回BOOK SHORTSアワード受賞作品:
シャフリヤールの昼と夜

第8回観光映像大賞(観光庁長官賞):
ヒュー!日向でおじさんサーフィンデビュー ~THREE OJISAN RELAX IN HYUGA~

第3回インターナショナル観光映像大賞:
Meet South Africa. Bheki the Mbhaco Maker.

地球を救え!部門 supported by リンレイ 優秀賞(環境大臣賞) :
息が苦しい!/BREATHE!(ブリーズ)

地球を救え!部門 supported by リンレイ J-WAVEアワード:
第四の壁 / Fourth Wall (フォース ウォール)

映画情報どっとこむ ralph そして、本映画祭とのコラボレーションプロジェクト「CINEMA FIGHTERS project」第三弾に出演の EXILE AKIRAさん、佐藤大樹さん、今年新たにスタートする「Ladies for Cinema Project」のプレゼンターを務める 木村佳乃さんの3人がレッドカーペットに登場すると、会場には大きな拍手が。
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 今回「CINEMA FIGHTERS project」で 巨匠 三池監督の作品に出演したEXILE AKIRAさんは、

AKIRAさん:三池監督の新たな一面と、素晴らしい世界観を体験すること が出来て非常に嬉しいです。作品の中で、誰にでも起きる運命と奇跡の中で生まれる小さな愛を、自分自身も体感すること ができました。普段のEXILEでは魅せない面で演じた部分も見どころですので、是非ご注目ください!

とコメント。

プロジェクト初参加の佐藤大樹さんは、

佐藤さん:普段の映画では見られない“ファンタスティック”な演出もあり、見てくれた方には、淡い 青春時代を思い出して頂けるような素敵な作品に仕上がっています!

と笑顔で答えた。また、映画を通し女性映画人の思いを発信する「Ladies for Cinema Project」プレゼンターの木村佳乃さんは、実際に作品の選定も行ったといい、さまざまな作品を見て、

木村さん:本当に沢山の国の作品を拝見させて頂き、国籍やジャンルが違う女性たちが、様々な悩みを抱えていると いうことを知ることができ、自分にとっても非常に良い機会になったと思います。作品の中で共感出来る部分や 、改めて勉強になった部分が多くあり、ひとつひとつが心に刺さりました。今後もこの素晴らしい世界観を一緒に育て、みなさま に届けていきたいです。
と今後の意気込みを伝えた。


アワードの表彰式では、「インターナショナル観光映像大賞」のプレゼンターとして、コシノジュンコさんが登壇。

VISIT JAPAN大使を務めるコシノさんは、日本に訪れた海外のお客様に対してどのようなおもてなしが重要かと問われると、

コシノさん:日本全体が令和と いう新しい時代を楽しむことが重要だと思います。今、日本が1番面白いですからね・・・!日本の伝統文化を世界中に魅せて いくチャンスですし、この機会に東京オリンピック・パラリンピックも盛り上げていってもらいたいですね。

と語った。

セレモニーのフィナーレでは、豪華ゲストがステージに勢ぞろいし、

別所さん:今回も様々な“チャンス”が広がった映画祭になり ましたね。各会場、そしてオンライン会場でも、楽しんで頂けるので期待していてください!令和を迎えて初の開催となりましたが、 今後もみなさまの手によって一緒に、新たな1年を育てて頂ければと思います。

という締めの挨拶で、幕を閉じた。


映画情報どっとこむ ralph 第2部では「CINEMA FIGHTERS project」第三弾にて、EXILE AKIRAさん主演『Beautiful』と佐藤大樹さん主演 『魔女に焦がれて』の特別上映会が行なわれました。

MCを務める別所さんの呼びかけで、AKIRAさん、佐藤さんがレッドカーペットに登場すると、会場には黄色い歓声が。別所さんから三池監督と初タッグを組んだ感想を聞かれ

AKIRAさん:撮影が始まる前は、とて もハードで厳しい印象を持っていたが、実際の現場では温かく、俳優に寄り添う方だった。さすが世界に名の通る監督だなと思った。

と撮影を振り返った。そして、

AKIRAさん:EXILE AKIRAとしても三池監督としても新しい顔を見せられた。新しい三池作品が出来上がったんじゃないかと思う。

と力強く語った。また、今回初めて「CINEMA FIGHTERS project」に参加をした佐藤さんは

佐藤さん:出演が決まった瞬間嬉しくて(作詞家の)小竹正人さんにメールしました!物語の中で成長していく 主人公・雅人の成長を見てほしいです!

と自身の作品のどころを語った。

最後に・・・

AKIRAさん:これからのCINEMA FIGHTERS project もよろしくお願い致します!

と今回のイベントに参加したファンに向けコメントすると、会場は大きな拍 手に包まれた。

『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019』は、本日から6月16日(日)まで、都内5会場とオンライン会場 にて、一部有料イベントを除き無料で上映されます。

映画情報どっとこむ ralph 【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 概要】
開催期間:5月29日(水)~6月16日(日)
■上映会場:東京 計5会場 およびオンライン会場
・5月 30日(木)~ 6月2日(日)
iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
・6月 6日(木) ~ 6月9日(日)
表参道ヒルズ スペース オー
・6月11日(火)
赤坂インターシティコンファレンス the AIR
・6月11日(火)~ 6月14日(金)
アンダーズ 東京 Andaz Studio
・6月13日(木)~ 6月15日(土)
シダックス・カルチャーホール

■料金:無料上映 ※一部、有料イベントあり。
■一般からのお問い合わせ先:03‐5474‐8844
■オフィシャルサイト:SSFF&ASIA
■主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会
※上記の記載内容は変更になる場合がございます。


【SSFF & ASIA 2019 テーマ】
「Cinematic Attitude」
映画祭20周年の節目を経て、新たなスタートをきる21年目のテーマは「Cinematic Attitude」。 映画祭のビジュアルに用いた、海外から伝わり日本で育まれたそれぞれ異なる文様には、成長、拡大、反映、繋がり、 前進、芸能といった意味を込め、映画・映像の普遍的な力や、映画祭が発信していく多様性を表現しました。
SSFF Cinematic Attitude
***********************************






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

冨永愛、ホラン千秋、原田眞人監督らが審査員に就任!<ショートショート フィルムフェスティバル & アジア SSFF & ASIA 2019>


映画情報どっとこむ ralph 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2019の、「CGアニメーション部門」、「地球を救え!部門 supported by リンレイ」、「ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社」の『コンペティション』3部門の審査を務めていただく豪華審査員の方々が決定しました。
SSFF&ASIA 国内外のコンテンツ業界に多数のクリエイターを輩出しているデジタルハリウッドとSSFF & ASIAとのコラボレーションによる

「CGアニ メーション部門」には、テレビプロデューサーの諏訪道彦さん、女優のとよた真帆さん、デジタルハリウッド大学学長の杉山知之さんが 就任。73カ国747作品の応募から選定された12作品と、本年度米国アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート作品など特別 上映2作品も上映。優秀賞は6月16日(日)のアワードセレモニーにて発表いたします。日々進化し続ける様々なCG技術をお楽しみいただきます。

“映像の力で地球を救え”をコンセプトに、地球温暖化防止のための国民運動「チャレンジ25キャンペーン」との連携により2008年 に設立され、2013年より現名称となった

「地球を救え!部門 supported by リンレイ」は、近年爬虫類ハンターとしてもメディア で引っ張りだこの加藤英明さんに加え、モデルの冨永愛さん、シンガーソングライターの宮沢和史さんを審査員に迎えます。温暖化の みならず、広く地球環境保護のメッセージを伝える作品を募集。81カ国626作品の応募の中から、9作品と、ジェレミー・アイアンズ 主演の特別上映1作品を上映。優秀賞(環境大臣賞)およびJ-WAVEアワードを選定し、5月29日(水)に行われるオープニ ングセレモニーにて発表いたします。

昨年の20周年を記念し新設され2年目を迎える
「ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社」は、映画監督の原田眞人さん、キャスター・タレントのホラン千秋さん、映画ライターの水上賢治さん、が審査員を務めます。私たちを取り巻く豊かで多 様な「日常」や世の中のあらゆる課題まで、世界中の映像作家が社会や人々の営みを切り取り、作り手の眼を通してメッセージをダイレクトに伝えるノンフィクション映像。

本年は82カ国750作品と昨年を大幅に超える応募数の中から14作品と、今年3月に 亡くなったアニエス・ヴァルダ監督作品、本年度米国アカデミー賞短編ドキュメンタリー部門ノミネート作品の2作品を特別上映。 翌年のアカデミー賞短編部門ノミネート候補となる優秀賞は6月16日(日)のアワードセレモニーにて発表いたします。

映画情報どっとこむ ralph 【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 概要】
■開催期間:5月29日(水)~6月16日(日)
■上映会場:東京 計5会場予定 およびオンライン会場
※開催期間は各会場によって異なります。また、変更になる場合もございます。
・5月 30日(木)~ 6月2日(日)iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
・6月 6日(木)~6月9日(日) 表参道ヒルズ スペース オー
・6月11日(火) 赤坂インターシティコンファレンス the AIR
・6月11日(火)~6月14日(金)アンダーズ 東京 Andaz Studio
・6月13日(木)~6月15日(土) シダックス・カルチャーホール

■ 一部の有料イベントを除き、全ての上映会場ともに無料上映となります。
事前予約はオフィシャルサイトにて受付中
※当日券もございます。

■オフィシャルサイト:
https://www.shortshorts.org/2019
■主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会


【SSFF & ASIA 2019 テーマ】 「Cinematic Attitude」
映画祭20周年の節目を経て、新たなスタートをきる21年目のテーマは「Cinematic Attitude」。 映画祭のビジュアルに用いた、海外から伝わり日本で育まれたそれぞれ異なる文様には、成長、拡大、反映、繋がり、前進、芸能といった意味を込め、映画・映像の普遍的な力や、映画祭が発信していく多様性を表現しました。

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

SSFF & ASIA 2019 斎藤工、永野、金子ノブアキら『チーム万力』未来地図 vol.2チケット販売:5月8日(木)12時より開始


映画情報どっとこむ ralph SSFF & ASIA 2019にて斎藤工さん、永野さん、金子ノブアキさん、SWAYさん、清水康彦監督による『チーム万力』最新ショートフィルムを世界初公開!!

米国アカデミー賞公認 アジア最大級の国際短編映画祭 東京発ショートフィルムの祭典ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 チーム万力!斎藤工さん、永野さん、金子ノブアキさん、SWAYさん、清水康彦監督、個性派5人が参加した最新ショートフィルムを世界初公開!!上映&トークイベント(6月8日(土)17:50~19:40 会場:表参道ヒルズ スペースオー)「チーム万力 presents ショートフィルムの未来地図 vol. 2」チケットを本日5月8日(水)販売開始!

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア (略称: SSFF & ASIA) 2019では、俳優・映画監督・写真家とマルチに活躍する斎藤工、ピン芸人の永野、ミュージシャン・俳優の金子ノブアキの個性的な3人の演者に映像ディレクターの清水康彦を加えた、映像制作プロジェクトチーム「チーム万力」による最新ショートフィルムを世界初公開いたします。

6月8日(土)の一般向け上映会とトークイベントには、斎藤工(齊藤工名義で企画・プロデュース)、永野(原案・脚本)、メインキャストのSWAY (DOBERMAN INFINITY)、監督の清水康彦が登壇。

今秋公開の長編映画『MANRIKI』をSSFF & ASIAのために1つの短編作品として再編集した特別作品、そしてSWAYを迎えた「チーム万力」の個性を凝縮した最新自主制作ショートフィルム『DEATH BIKE』を上映するほか、各作品の制作・撮影エピソードや今秋公開の長編『MANRIKI』についてのトークショーも行います。

※チケット販売:5月8日(木)12時より開始

なお、SSFF & ASIA 2019では、オンライン会場にて昨年上映したチーム万力第一弾ショートフィルム『LOHAS』『 ZERO-焼きそばしかないキャバクラ』『宮本』の3本を期間限定で無料公開いたします。

https://www.shortshorts.org/2019/ja/online/

映画情報どっとこむ ralph 【チーム万力 presents ショートフィルムの未来地図 vol.2】開催概要

■開催:6月8日(土)17:50~19:40
■上映会場:表参道ヒルズ スペースオー
■内容:ショートフィルム上映、「チーム万力」によるトークセッション
■チケット価格:3,000円
■チケット購入サイト:こちら

※5月8日(水)12時より販売開始

※上記の記載内容は変更になる場合がございます

映画情報どっとこむ ralph 【チーム万力メンバー】からコメント到着!

斎藤工(さいとう・たくみ) コメント
構想4年にして『MANRIKI』と言う美しくもバケモノみたいな作品が生まれてしまいました。本当に未知の領域の作品です。勿論良い意味です。そんな『MANRIKI』の成分をショートフィルムバージョンとして、皆様に世界最速でお裾分け出来たらと思います。

金子ノブアキ(かねこ・のぶあき)氏コメント
2年連続!嬉しい!しつこくてすみません…!

永野(ながの) コメント
最初はMANRIKIをショートverにする事に正直抵抗があったんですが、実際に完成した作品を観たら全く別物の面白さでした。ショートって深い!!!!

SWAY(すうぇい)コメント
映画『MANRIKI』凄くワクワクして待ってました!今まで見た事ない映画です!映画館で“MANRIKI WORLD”にやられてください!

清水康彦(しみず・やすひこ)コメント
喜劇の鬼才・永野が眺める世の風景、新時代の映画人・斎藤工の気高き野望、孤高の音楽監督・金子ノブアキによる美しくも混沌とした音像表現、その他様々な才能が集結しました。これで良いものができなかったら自分の凡才のせいだと言い聞かせ、毎日毎日がんばりましたので、ぜひ笑って楽しんでいただきたいです。

【SSFF & ASIA 2019 オンライン会場にて5月29日(水)~6月16日(日)まで限定配信のオリジナルショートフィルム】

『LOHAS』 2018年

出演者:永野 吉村和彬 人見千紘 野村梓二

芸人・永野のコント「イカになった先生」を原案に制作。原因不明の嘔吐が、山小屋の職員を次々と襲う。都会から来た男の、真の目的とは?

『宮本』 2018年

出演者:宮本諒 永野 斎藤工 金子ノブアキ 他

町の一角にある建物に住む孤高の青年・宮本の元に、人々が訪れる。

彼は一体何者なのか。我々は、宮本の内に潜む「悲しみ」を、決して忘れてはならない。宮本が奏でるホルンの音が、人々の心に触れ、共鳴する。

『ZERO-焼きそばしかないキャバクラ』 2018年

出演者:斎藤工 金子ノブアキ 永野 他

芸人・永野のコント「焼きそばしかないキャバクラ」を原案に制作。通い慣れた夜の店に、いつものように仲間と訪れる男達。しかし、その夜のその店は、様子が違っていた。何もない、、、、焼きそば以外。

映画情報どっとこむ ralph
【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 概要】
■開催期間:5月29日(水)~6月16日(日)
■上映会場:東京 計5会場予定 およびオンライン会場
※開催期間は各会場によって異なります。また、変更になる場合もございます。

・5月 30日(木)~ 6月2日(日)iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
・6月 6日(木)~6月9日(日) 表参道ヒルズ スペース オー
・6月11日(火) 赤坂インターシティコンファレンス the AIR
・6月11日(火)~6月14日(金)アンダーズ 東京 Andaz Studio
・6月13日(木)~6月15日(土) シダックス・カルチャーホール

■ 一部の有料イベントを除き、全ての上映会場ともに無料上映となります。
事前予約はオフィシャルサイトにて受付中
※当日券もございます。

■オフィシャルサイト: https://www.shortshorts.org/2019
■主催:ショートショート実行委員会 / ショートショート アジア実行委員会

【SSFF & ASIA 2019 テーマ】 「Cinematic Attitude」

映画祭20周年の節目を経て、新たなスタートをきる21年目のテーマは「Cinematic Attitude」。 映画祭のビジュアルに用いた、海外から伝わり日本で育まれたそれぞれ異なる文様には、成長、拡大、反映、繋がり、前進、芸能といった意味を込め、映画・映像の普遍的な力や、映画祭が発信していく多様性を表現しました。

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ