「シネ・リーブル池袋」タグアーカイブ

劇場版「Dance with Devils-Fortuna-」舞台挨拶付上映会が全16回追加決定!


映画情報どっとこむ ralph 11月4日(土)よりよりシネ・リーブル池袋他にて公開される劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』。
劇場版では、TVシリーズからのカットに新作カットを加え、台詞はすべて新規に収録。さらには新曲6曲を加え、全12曲もの歌で新たな物語を紡ぎます。​

そして!豪華キャスト陣登壇の舞台挨拶付上映会が川崎、名古屋、大阪、神戸、東京にて【全16回】追加決定しました。​

先立って、公開日の11月4日(土)に茜屋日海夏(立華リツカ役)、斉藤壮馬(鉤貫レム役)、羽多野 渉(立華リンド役)、豊永利行(マリウス役)、吉村 愛(監督)が登壇するシネ・リーブル池袋での初日舞台挨拶付上映会が決定していましたが・・・・

好評につき、このたびTOHOシネマズ 川崎(川崎・11/5)、伏見ミリオン座(名古屋・11/11)、シネ・リーブル梅田(大阪・11/11、11/12)、シネ・リーブル神戸(神戸・11/12)での追加開催が決定しました。斉藤壮馬(鉤貫レム役)、羽多野 渉(立華リンド役)をはじめとする豪華キャスト陣が、作品初となる関西を含む各地に登場します。また、 11月4日(土)に開催されるシネ・リーブル池袋でも16:05の回、18:05の回が追加となり、この2回には木村 昴(南那城メィジ役)の追加登壇が決定しました。​

映画情報どっとこむ ralph 立華リンド役・羽多野 渉からの見どころコメントも到着しました。​

立華リンド役・羽多野 渉からのコメントも到着。「大きなスクリーンや劇場の音響を使った、迫力のミュージカルシーン。アクマもヴァンパイアも歌います!」と、ミュージカルアニメならではの見どころを語りました。​

そして、舞台挨拶付上映会の一部が、観客参加型イベント「アクマと詠う上映会」になることも決定しました。 「アクマと詠う上映会」は、劇場内でのコール&レスポンス、ペンライトの使用やコスプレが可能なイベントで、観客が“アンサンブル”(ミュージカルで舞台を支える大切な存在で、主演キャスト以外の出演者のこと)として、作品に加わる(=出演する)ことのできる参加型の上映会となっています。 ​

11月4日(土)からの公開に向けて熱が高まる本作に、引き続きご期待下さい。​

映画情報どっとこむ ralph

物語・・・
立華リツカは、四皇學園に通う高校2年生の少女。見知らぬ誰かとの恋にあこがれながらも、日々変わらぬ穏やかな生活を送っていた。

それは、イギリスに留学中の兄、立華リンドが帰国する日。彼女は學園の生徒の憧れである、生徒会長・鉤貫レムからの呼び出しを受け、生徒会の面々と不思議な出会いを果たす。それは少し変わった1日。それだけのはずだった。しかし、帰宅した彼女が目にしたのは倒れた母親の姿。そして、フードを被った怪しげな男たち。彼らは、ヒトではなかった――。
***********************************

キャスト
立華リツカ:茜屋日海夏
鉤貫レム:斉藤壮馬
立華リンド:羽多野 渉
楚神ウリエ:近藤 隆
南那城メィジ:木村 昴
棗坂シキ:平川大輔
ローエン:鈴木達央
マリウス:豊永利行
葛葉アズナ:松田利冴
ジェキ:鈴木裕斗
ネスタ:小山力也
アンサンブル:劇場版をご覧頂くあなた


原案:岩崎大介(Rejet)
原作:グリモワール編纂室
監督:吉村 愛
脚本:金春智子
キャラクター原案:前田浩孝(Rejet)
キャラクターデザイン:高品有桂
音楽プロデューサー:藤田淳平
音楽:Elements Garden
音楽制作:DIVEIIentertainment
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
©グリモワール編纂室/Dance with Devils F 製作委員会


吉沢亮、内田理央ら登壇!『トモダチゲーム 劇場版』初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 『別冊少年マガジン』連載中で、2017年4月に実写ドラマ、そして本日、劇場版第1弾映画『トモダチゲーム 劇場版』が6月3日(土)の初日を迎え、シネ・リーブル池袋(東京)にて初日舞台挨拶を行いました。
初日舞台挨拶には、主演の吉沢 亮さん、ヒロインの内田理央さん、をはじめ、山田裕貴さん、大倉士門さん、根本凪さん、上野優華さん、天月さん、久保田悠来さん、永江二朗監督が登壇しました。

日時:6月3日(土)
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:吉沢 亮、内田理央、山田裕貴、大倉士門、根本凪、上野優華、天月、久保田悠来、永江二朗監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手で迎えられたキャスト・監督。上映前舞台挨拶のため、今から観る観客の皆さんへ、どんな気持ちかと問われ

吉沢さん:みんながどんな反応をするのか楽しみです。みんなの声がSNS等で広がっていって、反映されていくので楽しみです。

と初日の嬉しさを語った。

ネタばれギリギリのところでどこのシーンが見どころかと聞かれ

吉沢さん:全部迫力があって、どのシーンとは言い難いです!意識がいかないところにヒントが隠されていたりとか、みんなのしぐさや表情にもヒントあったりするので、そこが見どころですね。

内田さん:あえて言えば…ピンチ!ピンチ!ピンチ!最後にまさかのズキューンです。

と答え、なんとも内田さんらしい回答で会場を沸かせました。続いて!

山田さん:キャラクターの再現率ですね。映画ならではのオリジナルな部分もあるので、全体を通して見どころです。

大倉さん:ドラマ版は会話をしてはいけないシーンが多く、無言が必須だったんですが、今回の劇場版は、みんなが冒頭から喋るからいいですね!それぞれの個性やキャラクターが見れます!

根本さん:自分だったらどういう風に参加するかとかを想像しながら見て頂けたらと思います。

上野さん:ドラマ版は黙々と淡々と芝居をしていたんですけど、映画版はまた違った芝居を観て頂きたいです!

久保田さん:ここにいる誰よりも髭が生えてます

と久保田らしい一言で会場が笑いの渦に包まれました。

本作品で登場するキャラクター・マナブくんの声を担当した天月さんは

天月さん:ドラマ版にも増して、マナブくんはより嫌なことをしたり言ったりしてるので、そこを楽しんで観て欲しいです!

とし、

永江監督:キャラクターがとてもそっくりなので、是非観て頂きたいです!髪の毛はヅラではなく全て自毛でやって頂いて。屋上でのワンシチュエーションのシーンは死に物狂いでキャスト・スタッフと撮りました。どれだけ死力を潰したかという所を観て欲しいです。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 本作品の主題歌を担当した天月へ、曲に込めた思いを問うと

天月さん:この作品は心理戦と友達関係なので、自分の過去も交えながら曲を書きました。」と自身のエピソードも交じっていることを教えてくれた。同じくエンディング曲を担当した上野は「作品の内容がシリアスなので、観終わった後にこの曲を聴くと心に光が差すような、そんな曲になっていると思います。

と天月と同じく曲に込めた思いを語ってくれた。

映画情報どっとこむ ralph 撮影中に辛かったことを一言で答えて下さいと問われ

吉沢さん:寒さですかね~

内田さん:寒さですかね~

その後全員の答えが「寒さ」という答え。

吉沢さん:年末の寒い時期で、風も強い中で学校の屋上の撮影でした!食事休憩以外はほぼ屋上にいたので。。。

と撮影の過酷さを滲ませました。

逆に楽しかったことを聞かれると、

吉沢さん:クリスマス会ですかね!クリスマスの日にスタッフさんがご飯を用意してくれて、プチクリスマス会をしたんです。

とキャスト・スタッフ共に仲の良いエピソードを披露。続いて内田も「クリスマス会」と答え、

山田さん:みんなとの時間が楽しかったです!撮影は寒かったけど、寒さを吹き飛ばすぐらい僕のハートは燃えていました!

と答えると会場は拍手に!

根本さん:みんなでストーブを囲みながら過ごした時間です!

久保田さん:クリスマスですね~

と答えると

山田さん:いなかったじゃん!

のツッコミをうけ、

久保田さん:違う現場だったかなぁ

と答え笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に吉沢さんと内田さんから、トモダチゲーム劇場版第2弾の公開日が発表された。

締めの挨拶で

吉沢さん:ドラマ版以上の心理戦になっています!一つ一つの動き、誰が犯人なのか…裏切り者なのか…その想像を超えてくると思います。トモダチを連れて是非また観て下さい。

と締めくくりイベントを終えました。


劇場版第1弾 『トモダチゲーム 劇場版
シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開中

劇場版第2弾 『トモダチゲーム 劇場版FINAL』
9月2日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー

公式サイト:tomodachi-game.com
ツイッター:@tomodachi_game

***********************************

©山口ミコト・佐藤友生/講談社 
©2017 「トモダチゲーム」製作委員会


『映画 きかんしゃトーマス 』親子で楽しめる!タイアップ&キャンペーン決定!


映画情報どっとこむ ralph 劇場版 最新作『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』2017年4月8日(土)公開記念、親子で楽しめる!タイアップ&キャンペーンが決定、開始しました!

<キャンペーン概要>

①わくわく、ドキドキ キャンペーン開始! トーマスのぬりえをしてすてきなプレゼントをもらおう!

全国のイオンシネマに設置してあるキャンペーン用ぬりえチラシ、 もしく映画公式ホームページのぬりえページからダウンロードしたぬりえを完成させて、 イオンシネマの劇場スタッフにお渡しいただくと、 全国先着1万名様にキラキラ光る“トーマス特製シール”をその場でプレゼント! さらに!!応募フォームに必要事項を記載いただいた方の中から 抽選で60名様にプラレール&トミカの賞品をプレゼント!!
※開催中~4月9日まで
Campaign


②Kikka for mother より 映画版 マステ&フレークシール発売!

映画公開を記念して、「育児をもっともっとハッピーに」がモットーでママ目線の雑貨を開発している 「Kikka for mother」から映画版マスキングテープとフレークシールが発売決定!!
kikka-for-mother.com

※3月末発売予定 (マスキングテープ(アシマ/オールスター)各¥350(税別)/フレークシール¥540(税別))


③映画版 刺しゅうデザインが登場!

映画公開を記念して、ママに大人気!蛇の目ミシン工業の刺しゅうダウンロードサービス 「刺しゅうのひきだし」に映画バージョンのトーマスとアシマの刺しゅうデザインが新たに追加! (※発売中~終了日未定、各¥700(税別))
刺しゅうのひきだし

映画情報どっとこむ ralph 映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち

いちばんを目指して、いろんな国からきかんしゃたちが大集合!
さぁ、ハラハラドキドキの大レースのはじまりだ!!
世界中からたくさんの機関車が集まって、スピードや力の強さを競うグレート・レイルウェイ・ショーがメインランドで開催されることを知ったトーマスは、ソドー島を代表して出場したい気持ちでいっぱいだった。しかし大きな機関車たちから、大きくも、強くも、速くもないトーマスが、世界中からやってくる機関車に敵うわけがないと馬鹿にされてしまう。美しく装飾されたインドのアシマをはじめ、ブラジルのラウル、中国のヨンバオ、ロシアのアイヴァンなどの外国からやってきた機関車が今回の競争相手。それでもトーマスは勝つ方法を見つけようとするが、全く上手くいかない。その上、悪賢いディーゼルもショーに出場しようと企みはじめる。。。はたしてトーマスはグレート・レイルウェイ・ショーに出場できるのか…?勝利の鍵を握るのはいつだって友情!ファミリーみんなで楽しんでもらえる、歌がいっぱいのトーマスの冒険を観にきてね!

2017年 4月8日シネ・リーブル池袋、全国イオンシネマほかロードショー。

© 2017 Gullane (Thomas) Limited.
***********************************


杉原杏璃『…and LOVE』 初日決定・ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph グラビアアイドル杉原杏璃 原作・主演『…and LOVE』が2017年3月18日(土)よりシネ・リーブル池袋(東京)、シネ・リーブル梅田(大阪)他全国順次公開が決定!

グラビアアイドルとしてデビューし数々の写真集、DVDを発表、常に第一線を走り続ける杉原杏璃さんが、その才能を如何なく発揮した処女小説『……and LOVE』を2015年に発表。

真実か?創作か?自伝的小説としてグラドル界の裏側を赤裸々に描いたその内容は各方面から物議を醸し、センセーショナルを巻き起こしてから約1年半。

映画化した作品が遂にベールを脱ぎます。
and_love_poster しかも、主人公アンを演じるのは作者自身である杉原杏璃さん。本作が映画初主演作!小説で物議を醸した男性たちとの関係のくだりを彼女自身が体当たりで演じています。グラビアの世界では表現しきれないエロティシズムが彩ります。

映画情報どっとこむ ralph 共演は、読者モデル四天王として活躍中の鈴木勤さん、そして初代Mr.JAPANの鈴木貴之さん、

あの世界的にPPAPで有名になった中の人の古坂大魔王さん、2009年にハリウッドデビューも果たした肘井美佳さん、日本映画界には欠かせない名バイプレイヤーの甲本雅裕さん。

グラビア界からも、森下悠里さん、池田夏希さん、佐山彩香さん、倉持由香さん、天木じゅんさん、鈴木ふみ奈さん、大貫彩香さん、手塚穂奈美さんが!

監督はCGデザイナー、映像ディレクター等で才能を発揮している『パーティは銭湯からはじまる』の松田圭太。

脚本は話題のアニメ作品やドラマ・映画等を数多く手掛けている高橋ナツコ、主題歌は2016年9月に『ジャパニーズフォーシーズン!』がタワーレコード全店のシングチャート4位を獲得したアイドルユニット、DREAMING MONSTERが小室哲哉の名曲「Self Control」を歌います。

映画情報どっとこむ ralph …and LOVE

2017年3月18日(土)よりシネ・リーブル池袋(東京)、シネ・リーブル梅田(大阪)他全国順次ロードショー!!

www. andlove-movie.com

物語・・・
「碧い海のようなアイドルになりたい」。そう心に刻みながらグラビアアイドルとして成功を掴んだアン。

スポットライトを浴び世の男性の注目を集めるも、ある時、かつての自分を失っていることに気付く。

男たちと関係を重ねていきながらもトップアイドルとして駆け抜けるアンは、この世界に入ったことで失ったものを取り戻すことができるのだろうか。

***********************************

出演:杉原杏璃
鈴木勤 肘井美佳 鈴木貴之
古坂大魔王 斉藤祥太 成田瑛基 逢澤みちる 原扶貴子 菅原大吉
池畑暢平 小西キス 戸田れい 藤井奈々 穐田和恵 加藤智子 水口奈美
森下悠里 池田夏希 佐山彩香 倉持由香 天木じゅん 鈴木ふみ奈 大貫彩香 手塚穂奈美
甲本雅裕

原作:杉原杏璃「……and LOVE」(双葉社) 企画協力:双葉社 フィットワン

監督:松田圭太
脚本:高橋ナツコ
主題歌:「Self Control」(作詞:小室みつ子 作曲:小室哲哉 編曲:ST-R)DREAMING MONSTER

配給:アイエス・フィールド
2016年/日本/カラー/ビスタサイズ/5.1ch/PG12
©2016「…and LOVE」製作委員会©杉原杏璃/双葉社


来年もトーマスがやってくる 今度は鉄道レースだ!


映画情報どっとこむ mari 世界の子どもたちに大人気のロングセラーキャラクター「きかんしゃトーマス」。

「みんなでいちばんをめざそう!」をテーマにした劇場版最新作『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』が、来年2017年4月に公開決定!

解禁となるキーアートには何と、13台もの新キャラクターが!!
%e6%98%a0%e7%94%bb-%e3%81%8d%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%97%e3%82%83%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%82%b9-%e8%b5%b0%e3%82%8c%ef%bc%81s1
今回は、鉄道ショーのレースに出場するために、いろんな国からきかんしゃたちが大集合!トーマスと同じ小型きかんしゃで、インドからやって来た女の子のアシマほか13台が新キャラクターとして登場します!メインランドで開催される鉄道ショーのレースに出場したいトーマス、果たしてトーマスはレースに出場することができるのか? いちばんになるのは…?わくわくドキドキの大レースがはじまります!

映画情報どっとこむ mari 物語は・・・

%e6%98%a0%e7%94%bb-%e3%81%8d%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%97%e3%82%83%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%82%b9-%e8%b5%b0%e3%82%8c%ef%bc%81%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bcいちばんを⽬指して、いろんな国からきかんしゃたちが⼤集合!さぁ、ハラハラドキドキの⼤レースのはじまりだ!!

世界中からたくさんの機関⾞が集まって、スピードや⼒の強さを競うグレート・レイルウェイ・ショーがメインランドで開催されることを知ったトーマスは、ソドー島を代表して出場したい気持ちでいっぱいだった。しかし⼤きな機関⾞たちから、⼤きくも、強くも、速くもないトーマスが、世界中からやってくる機関⾞に敵うわけがないと⾺⿅にされてしまう。

美しく装飾されたインドのアシマをはじめ、ブラジルのラウル、中国のヨンバオ、ロシアのアイヴァンなどの外国からやってきた機関⾞が今回の競争相⼿。それでもトーマスは勝つ⽅法を⾒つけようとするが、全く上⼿くいかない。

その上、悪賢いディーゼルもショーに出場しようと企みはじめる。。。はたしてトーマスはグレート・レイルウェイ・ショーに出場できるのか…?勝利の鍵を握るのはいつだって友情!

映画情報どっとこむ mari %e3%81%8d%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%97%e3%82%83%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%82%b9-%e8%b5%b0%e3%82%8c%ef%bc%81 ファミリーみんなで楽しんでもらえる、歌がいっぱいのトーマスの冒険を観にきてね!

映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち

2017年4⽉シネ・リーブル池袋、全国イオンシネマほかロードショー

***********************************

提供:ソニー・クリエイティブプロダクツ
配給:東京テアトル
(C)2016 Gullane(Thomas)Limited.