「シネ・リーブル池袋」タグアーカイブ

日米合作映画『殺る女』武田梨奈 場面写真“初”公開


映画情報どっとこむ ralph 日本 × 韓国 × アメリカ × フィリピン × タイ × デンマークと世界のトップスターが豪華競演している日米合作「世界」をターゲットにした映画『殺る女』。10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開となります。

本作は、幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)が殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐劇。

家族を殺害したため、愛子が探し続けている腕にサソリのタトウーがある男・加賀俊介(駿河太郎)の妹で、兄と同じように孤児院育ちの加賀由乃役に、アクション女優として国際的に活躍している武田梨奈さん。

監督は前作『夢二 愛のとばしり』で、アメリカ・ロサンゼルスにて開催されている「Japan Film Festival LA 2015」において最優秀作品賞(グランプリ)を受賞し、評価を得ている宮野ケイジ監督。また、来月7月12日(木)から開催されるプチョン国際ファンタスティック映画祭2018のWorld Fantastic Red部門に正式出品され、7月13日(金)には韓国にて世界最速上映します。
***********************************

知英
武田梨奈 / シャリース ニコラス・ペタス
駿河太郎 ほか

監督・脚本:宮野ケイジ『夢二 愛のとばしり』
制作プロダクション:ストームピクチャーズ
配給:プレシディオ宣伝:MUSA

2018年/日本語/カラー/84分
©2018「殺る女」製作委員会


第21回上海国際映画祭「2018 上海・日本映画週間」にて 久本雅美&板野友美 登壇・ワールドプレミア決定!


映画情報どっとこむ ralph 7月28日(土)より、シネ・リーブル池袋他にて公開される映画『イマジネーションゲーム』。

この度、今年で13年目を迎える「2018 上海・日本映画週間」にて、『イマジネーションゲーム』が正式出品、W主演を務める久本雅美さん、板野友美さん、畑泰介監督を招いて、6月16日(土)に、ワールド プレミア上映されることが正式決定しました。


この映画祭に向けて、久本雅美さん、板野友美さんから、映画祭での和ワールドプレミアに向けたコメントが到着いたしました!

久本雅美からのコメント
私にとって初めての国際映画祭への参加となります。 還暦をむかえる年に、レッドカーペットを歩けるなんて本当に夢のようです。 公式上映が決定となり改めて、監督、スタッフ、共演者の方々に 支えられたことを心より感謝致します。 日中平和友好条約40周年の節目にこのような機会を頂いたこと光栄に思い、 映画という芸術文化の交流が更にたくさん増えることを願っております。

板野友美からのコメント
この映画のテーマは『女性の幸せとは』だと考えており、 これは日本だけではなく、全世界の女性へ向けられるものだと思います。 そのような映画だからこそ、海外映画祭に出品が決まってとても嬉しいですし、 たくさんの方々にこの作品を観ていただきたいです。 そして、この作品に関わる全ての方の想いを胸に代表する形で参加できたらと 思っています。

映画情報どっとこむ ralph 7月28日(土)より、シネ・リーブル池袋他にて公開される映画

イマジネーションゲーム』。

HP:
http://imaginationgame.jp/

***********************************

久本雅美 板野友美 田中幸太朗 仙石みなみ 鷲尾修斗 長州小力 ヨッピー カリスマブラザーズ 水橋研二 東ちづる 小沢仁志 寺島進

企画・プロデュース
音楽:菅野祐悟
製作:岡本東郎 高橋是彦
主題歌:板野友美「イマジネーションゲーム」(キングレコード)
監督・脚本・編集:畑泰介
配給:プレシディオ
©「イマジネーションゲーム」製作委員会


お爺さんは池袋へ、お婆さんは名古屋へ『モリのいる場所』大ヒット御礼舞台挨拶 山﨑努・ 樹木希林宣伝中!


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット公開中の映画『モリのいる場所』。

その御礼舞台挨拶トークイベントが5月26日(土)行われました。

山﨑努さんはシネ・リーブル池袋へ

樹木希林さんは名古屋のミッドランドスクエアシネマへ
ともに文学座の出身で60年以上のキャリアを持つ山﨑さんと樹木さん。実は共演するのは本作が初めてですが、50年以上を共にした夫婦を見事な存在感で演じているお二人が、東京と名古屋でそれぞれ宣伝!!

映画情報どっとこむ ralph 日付:5月26日(土)
会場:シネ・リーブル池袋
登壇:山﨑努 @

〈大ヒットスタートした事に対して〉
山﨑さん: (ヒットしているのは観客の)皆さまのおかげだと思います。モデルになった熊谷守一先生がとにかく特別なキャラクターなのでどういうふうに沖田監督が撮って皆さんに伝えるか楽しみだった。

(熊谷守一は)ある部分で本当に変わり者ですから、皆さんに受け入れて貰えるキャラクターなんだろうかどうなのだろうかと、自分の演じたキャラクターがどう受け入れられるのかと心配でした。こうして皆さんに観ていただける状況になってとても嬉しいというか、正直ほっとしている感じです。

〈初めて多くの取材を受けたこと〉
山﨑さん:(これだけの多くのインタビューを受けたのは)初めてだった。僕は人前に出るのは苦手な方でなるべく宣伝の仕事からはかんべんしてくださいって事で逃げ回っていたが今回ばかりはそういうわけにきませんので、プロデューサーにひっぱりまわされた。でも実は今日これが最後、今日(観客の)みなさんとお会いして全て終わりです。

〈本作の好きな所は?〉
山﨑さん:希林さんをはじめ共演者の皆がとても良い演技をしていて、同時に庭や美術に手を入れて作ったあの庭に僕はしびれました。

映画情報どっとこむ ralph 日付:5月26日(土)
会場:
名古屋ミッドランドスクエアシネマ
登壇:樹木希林、阿武野勝彦(『人生フルーツ』プロデューサー) 

樹木希林さんは、4月にロサンゼルス、5月にカンヌ、7月にニューヨークと世界を飛び回って活躍中で超多忙な中、駆けつけてくださいました。樹木さん節は今日も快調で、場内は大爆笑に包まれました。

樹木さん:『モリのいる場所』で、「夫に嫌な思いをさせない、嫌なことをさせない」という夫婦円満の秘訣を学びました。娘にお母さんは逆のこと、夫をぺちゃんこにしているって、言われます。勝手に本人が登って落ちている気もするけど・・(ナレーションを務めた)『人生フルーツ』の津端英子さんもおなじことをおっしゃっていました。英子さんは秀子さんと同じだから夫婦円満なんです。

映画情報どっとこむ ralph 庭に寝ころぶモリ、饅頭を頬張るモリ、洗濯する秀子、ぬか漬けをする秀子、文化勲章を電話で断る秀子など名シーンのスチール写真も解禁です。

物語・・・
昭和49年の東京。30年間自宅のちいさな庭を探検し、生きものたちを飽きもせずに観察し、時に絵に描く画家モリ(94歳)と、その妻秀子(76歳)。彼らの毎日は人がひっきりなしにやってきて大忙し。そんな二人の生活にマンション建設の危機が忍び寄る。陽がささなくなれば生き物たちは行き場を失う。慈しんできた大切な庭を守るため、モリと秀子が選択したこととは—。50年以上をともに過ごしてきた老夫婦の絆、心豊かに充足した人生のある夏の1日。
***********************************

監督 /脚本:沖田修一
出演:山﨑努、樹木希林、加瀬亮、吉村界人、光石研、青木崇高、吹越満、池谷のぶえ、きたろう、林与一、三上博史 

2018年/日本/99分/ビスタサイズ/5.1ch/カラー
配給:日活


阪本一樹 公約通りふんどし姿を披露!『サイモン&タダタカシ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph <PFFスカラシップ>に選出。
小田学監督の長編デビュー作『サイモン&タダタカシ』が3月24日公開初日を迎え、主演の阪本一樹さん、須賀健太さん、間宮夕貴さん、小田学監督が和装(監督はオリジナルT)で登壇しての舞台挨拶を行いました。

そして!先日行われた先行上映会で阪本さんが宣誓したとおり、法被&ふんどし姿に生着替えも披露しました!


映画『サイモン&タダタカシ』初日舞台挨拶
日時:3月24日(土) 
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:阪本一樹、須賀健太、間宮夕貴、小田学監督

映画情報どっとこむ ralph 今回PRキャンペーンで色々挑戦した坂本さん思い出に残っているのは

阪本さん:達磨作ったり、須賀さんの分も200度参りしたので、たくさんの方に映画を観ていただければと。公開出来て嬉しいです!

須賀さん:これだけ沢山の方に観ていただける。撮影では色々ありましたが。。あっ特殊な撮影って意味でですけど、こうして観ていただけるのはうれしい。子供が旅脱漢字ですね。

間宮さん:この場に立てて、嬉しいです。初日から沢山のお客様で、良いスタートを切ったなと。観に来てくださったかたに広めていただいて色々な劇場で見られるようになると嬉しいです。

小田監督:ここに来るときに、撮影前の阪本君と稽古している動画見ていて・・・、それから、公開と言う状況になっているのは感動的。雑談から始まって凄いなと思ってます。

思い出を聞かれると、

阪本さん:達磨作りとか。。。二人でタイツでカウントダウンとかね。 

須賀さん:あれ誰考えたのかな・・・でも撮影の思い出話をして!

と、お兄さんにたしなめられ

阪本さん:撮影の3日目くらいに初めて監督のモニター見て・・すると間宮さんおセクシーなシーン。。。須賀さんが、まじまじとみていて、羨ましがってました!

と、撮影時の思い出をまさかの逆襲暴露で!

須賀さん:えー!暴露!確かに いいな~って言いましたが!

と、笑いながら答える懐の深い須賀さん。

映画情報どっとこむ ralph 野望はありますかと聞かれ

阪本さん:海外に行ったことが一回もないので・・・この映画祭とかで海外に出れたらと。それが野望です。
とすると

須賀さん:野望ですか・・・いっぱい仕事がしたいです。純粋に!

間宮さん:この作品で映画祭に行きたいです。願望があって、劇中でお二人が歌っているのでCDデビューしないかと(拍手)大人たちが考えてくれればと切望です!

と、映画の話をする二人に須賀さんも「僕も映画祭にしますと!」付け加えると監督も

監督;もちろん行きたいです!初監督と初主演なのでね。それから成長後、もう一回、このメンバーで作品ができたらと。野望を持っています!
との野望に嬉しいお知らせ。

韓国の全州国際映画祭のコンペ部門にノミネートが発表となったことが告げられ

監督:凄いな。

と、人ごとみたいな監督

阪本:韓国行きたかったんです!いけます?

と、聞くと天の声が「検討します」と会場の端から。

映画情報どっとこむ ralph そして!
完成披露時に約束したふんどし姿に生着替え!

阪本さんのふんどし姿での感謝の気持ち

阪本さん:今日ほんとに公開出来て、このような沢山のお客さもに来ていただいて幸せでした。しあわせでした。撮影では監督、須賀さん、間宮さんたちに助けていただいて乗り切り、大切な作品になりました。これを今後色々な人に見ていただけるよう頑張っていきます。


親友のタダタカシに叶わない想いを抱えながら、タダの運命の女を探す無謀な旅についていくサイモン。独特の存在感を持ち、持ち前の透明感で複雑なサイモンの心の機微を演じきったのは、第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞を受賞し、本作が映画初出演&初主演となる新星・阪本一樹。繊細で内気なサイモンに対し、ロマンチストでどこか抜けている愛されキャラの相棒・タダタカシをエネルギッシュかつコミカルに熱演したのは、2018年にデビュー20周年を迎え、映画・ドラマ・舞台とマルチに活躍する俳優・須賀健太。注目の若手俳優たちが、青春の1ページを描き出します。

サイモン&タダタカシ

3月24日(土) シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。


公式HP:
http://saimon-movie.com/
公式twitter:
@saimon_movie


***********************************



監督・脚本・編集 小田学

出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉

主題歌:どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC)

製作:PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム 配給/日活 2017年/日本/カラー/84分

©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)


『映画かいけつゾロリ ZZのひみつ』原作者:原ゆたか先生登壇 初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 初日舞台挨拶に原作者の原ゆたか先生「ZZ」のシャツで登場!!

こどもたちに圧倒的な人気を誇る児童書「かいけつゾロリ」シリーズ。映画第5作目『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』が、本日11月25日(土)より全国公開となりました。
本日11月25日(土)に初日舞台挨拶に原作者原ゆたかが登壇致し、プレゼント大会を開催!ゾロリ誕生30周年記念となる本作の初日、かいけつゾロリを読んで育った親子2代の観客と心温まる交流を果たしました。

日時:11月25日(土) 11:55~12:15
会場:シネ・リーブル池袋
登壇:原作:原ゆたか、ゾロリ

映画情報どっとこむ ralph 原先生 初日を迎えての感想

原先生:昨日は不安であまり眠れなかったですが、こんなにたくさんのお客様に来てもらって嬉しいです。ありがとう!ゾロリやゾロンド・ロンをカッコ良く描けたと思うけどどうだったかな?僕が原ゆたか役で出演してるのは大丈夫だった?

と初日に詰めかけたたくさんの子供たちには呼びかけました!


観客の子供たちとのプレゼント大会で盛りあがった後は、原ゆたか先生が初日のために用意したワイシャツの秘密を明かしました。

原先生:今日の初日のために、ゾロリの「Z」のワイシャツを作ったんです!今回の映画のダブルゼットにもなるんですよ!

と原先生の奥様で絵本作家の原京子さんを壇上に呼び、二人のシャツに書かれた「Z」が並んで「ダブルゼット」になる演出で観客を沸かせました!

映画情報どっとこむ ralph 観客のみなさんへ

原先生:今回、いつか書こうと思っていた、ゾロリファミリーのことを書くことができました。“愛する”ということを、ゾロリ側そして、ゾロンド・ロン側から描きました。百田夏菜子さんのゾロリーヌにキュンキュンしてしまうし、年配の方は昭和の街が出てくるので懐かしい気持ちになると思います。幅広い世代の人に見てもらい、この作品がたくさんの人たちに広がっていったら嬉しいです。劇中で、僕がたくさん隠れキャラとして出ています。自分では3つしか探せなかったのですが、監督からはもっといると聞いてたので、また観てみようと思います。皆さんも二度、三度と映画を観て見つけてくださいね!

と語りイベントを締めました。

映画情報どっとこむ ralph 映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ

いたずらの天才ゾロリには、「七色の声を持つ男」と称され、長年アニメと共に演じてきた山寺宏一。イシシとノシシにはそれぞれ愛河里花子とくまいもとこがレギュラー参戦。そして過去にタイムスリップした際に出会う若き日のゾロリの母“ゾロリーヌ”を、ゲスト声優本格初挑戦となる「ももいろクローバーZ」リーダー・百田夏菜子が演じます!百田は今回ソロとして初めて主題歌(山寺とデュエット)も担当!

公式サイト
http://www.zorori-movie.jp/


ゾロリの胸から消えた「ZZ」のマーク。時空を超えた冒険の果てにたどりついた秘密とは…!?

ゾロリたちが過去にタイムスリップ!トレードマークの「ZZ」誕生のひみつが、ついに明かされる!

朝一番にドーナツ屋さんに並ぶため、“目覚まし時計”型のゾロリ庵で寝ていたゾロリとイシシ&ノシシ。3人は、ひょんなことから異空間に吸い込まれてしまった!行きついた先は見知らぬ町。そこで出会ったすてきなレディにゾロリが恋心を抱いたのもつかの間、「ゾロリーヌ」と名乗った彼女は、なんと若き日のゾロリママだった!ゾロリたちは過去にタイムスリップしてしまったのだ!!

突然あらわれた謎のかいじゅうに飲み込まれてしまったゾロリーヌを取り戻すため、宝探しから帰ってきたトレジャーハンターのゾロンド・ロンとともに奮闘するゾロリたち。はたして、ゾロリたちは、無事、ゾロリーヌを助けることができるのか?

そして、ゾロリのコスチュームに刻まれた「ZZ」マークにかくされたひみつとは?かいけつゾロリ誕生のひみつが、今、ここに明かされる!!

***********************************

原作:原ゆたか(「かいけつゾロリ」シリーズ/ポプラ社刊)

監督:藤森雅也 脚本:吉田玲子 音楽:田中公平

特別出演:百田夏菜子(ももいろクローバーZ)

声の出演:山寺宏一 愛河里花子 くまいもとこ 他

アニメーション制作:BN Pictures、亜細亜堂 配給:東京テアトル 配給協力:イオンエンターテイメント

©2017 原ゆたか/ポプラ社,映画かいけつゾロリ製作委員会