「シネマート新宿」タグアーカイブ

映画『明治東亰恋伽』伊原六花、小林豊ほか明治好男子キャストが登壇!完成披露イベント開催!


映画情報どっとこむ ralph 累計プレイヤー40万人以上を誇るタイムス リップ恋愛ファンタジーゲーム『明治東亰恋伽』(通称:めいこい)をドラマ/映画化!主演に“バブリーダンス”を披露して話題となり女優として活躍する伊原六花を迎え、4月からドラマシリーズが放送&配信し話題となり、6月21日(金)にシネマート 新宿ほか全国公開の映画が遂に完成!

これを記念して、6月6日(木)にシネマート新宿で映画先行上映、主演:伊原六花、共演の小林 豊(BOYS AND MEN)ほか明治好 男子の宮崎秋人、岩永徹也、松島庄汰、とまん、山崎大輝、髙橋真佳把(BOYS AND MEN エリア研究生)、さらに本作のメガホンを取った副島宏司監督を迎えての舞台挨拶付きの映画完成披露イベントを開催しました。

映画『明治東亰恋伽』完成披露イベント 
日程:6月6日(木)
会場:シネマート新宿
登壇:伊原六花、小林 豊(BOYS AND MEN)、宮崎秋人、岩永徹也、松島庄汰、とまん、山崎大輝、髙橋真佳把(BOYS AND MEN エリア研究生)/副島宏司監督

映画情報どっとこむ ralph 映画『明治東亰恋伽』完成披露イベントが6日、東京・シネマート新宿で行われ、主演の伊原六花、共演の小林豊(BOYS AND MEN)、宮崎秋人、岩永徹也、松島庄汰、とまん、山崎大輝、高橋真佳把(※高は「はしごだが」/BOYS AND MEN エリア研究生)、メガホンをとった副島宏司監督が登壇した。

本作は、累計プレイヤー40万人以上を誇るタイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム『明治東亰恋伽』が、ドラマ化に引き続き、映画化されたもので、明治時代にタイムスリップしてしまったヒロインが歴史上の偉人たちと出会い、恋に落ちる姿を描いたドラマシリーズ最終話から始まり、ヒロインと偉人たちとの新たなエピソードや、謎の奇術師・チャーリーの正体、そして衝撃のフィナーレが描かれる。

ドラマ版に続き、ヒロインの綾月芽衣役を演じた伊原は、映画版が完成し、ついにお披露目される心境を尋ねられると「もうすぐ映画が公開されるし、今日、一足先に見ていただけるんだなって思うとすごくドキドキです」と吐露し、ドラマの最終回が放送されているときに、リアルタイムで視聴者の反応を見ていたそうで「映画を楽しみにしてくださっているコメントがたくさんあったので、すごく嬉しかったです」と声を弾ませた。

 また、ドラマ版のお気に入りシーンについて伊原は「最後の(松島が演じる岩崎)桃介さんが出てきて『大丈夫ですか?お嬢さん』っていうシーンです。そこからまた新しいスタートが予感できるシーンだと思うので、私は大好きです」と答え、ストーリーの鍵を握る謎の奇術師・チャーリーを演じた小林は「素晴らしい低音ボイスが響く(久保田悠来が演じる)藤田五郎!これに限ります。あのサラサラの髪は女子でも出せないくらい素敵なものなので、見て見習ってほしいなって思います」とコメントして会場の笑いを誘った。

そして松島は「(宮崎の)すっぽんぽんシーン。あの肉体美、きれいだった。素敵なお尻でした」と目を輝かせ、泉鏡花役を演じたとまんは「芽衣ちゃんの変顔のシーンかな。女の子って変顔をするときはかわいく変顔をしがちですけど、六花演じる芽衣は、すごくかわいかったけど全力の変顔が素敵だったなって思いました」と語った。

さらに、映画版の見どころを聞かれると、伊原は「ひと言でいうなら、最後どういう終わり方をするのか、これに尽きると思います」といい、小林は「再び出てくるメリーゴーランドのシーンに注目して見ていただけたら、キュンキュンできるんじゃないかなと思います」とオススメ。森鴎外役を演じた宮崎は「ドラマでフラれたメンズは果たして出てくるのか。ことごとく我々はフラれていますから」とぼやいて笑わせ、MCから「でもここにいらっしゃるということは?」と声をかけられると「わからないですよ、まだ。出ないかもしれないですが、そこは楽しみにしていただければと思います」と珍アピールした。

共演者の中で1番変わっている人が話題に上がると、「早送り再生している感じで喋る」「なんか挙動不審」「まともな日は1日もなかった」などの声が上がった山崎はもっとも変わっている人に選ばれ、これに山崎は「ツライです…。嘘ですよ」と肩を落とし、「全部変だよ」「でもその変さに助けられた」などの声が上がった次点の小林は「絶対選ばれると思っていたからよかった!変な人いて」と胸をなでおろした。

さらに、主演の伊原の印象について、小林は「頑張り屋さん」、とまんは「ひまわりのような人間」、副島監督は「現場でいかんなく発揮されたリーダーシップがすごかった」などと絶賛の声が飛んだ。そしてイベント終盤には、6月2日に20歳の誕生日を迎えた伊原を祝うべく、藤田五郎役を演じた久保田悠来がケーキを持ってサプライズ登場する一幕もあり、キャストや観客から驚きの声が上がる中、人一倍目を丸くしていた伊原は「びっくりです。でも私の19歳の1番大きな出来事というか、1番自分の中でこれからの軸になっていく期間だったのが、この『めいこい』の期間だったなって自分でも思っているので、そういう皆さんに祝っていただけてすっごく嬉しいです。ありがとうございます」と感激していた。

映画情報どっとこむ ralph 『明治東京恋伽』

テレビ神奈川ほか全国8局にて2019年4月から放送&U-NEXTにて独占配信
6月21日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

***********************************


伊原六花 小林 豊
宮崎秋人 岩永徹也 松島庄汰 とまん 山崎大輝 髙橋真佳把
久保田悠来

原作:「明治東亰恋伽」MAGES./LOVE&ART
脚本:おかざきさとこ 監督:副島 宏司
主題歌:「一夜ノ永遠二君想フ」 KENN
特別協力:博物館 明治村
宣伝:ツインピークス キャンター
制作プロダクション:キャンター
製作:ドラマ/映画「明治東亰恋伽」製作委員会
© MAGES./LOVE&ART  ©ドラマ/映画「明治東亰恋伽」製作委員会


細谷佳正・市来光弘・三木眞一郎・白井悠介ら『歎異抄をひらく』キャラクタービジュアル解禁!『歎異抄をひらく』


映画情報どっとこむ ralph 「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」

という一文で知られる、古典文学の名著『歎異抄(たんにしょう)』。

司馬遼太郎 や西田幾多郎など著名な文化人や哲学者らの愛読書としても有名で、現代にいたるまで読みつがれる永遠のベストセラーです。

この『歎異抄』を初めてアニメ映画化し、著者と言われる唯円が親鸞聖人と出会い、仲間たちと共に迷い悩みなが ら成長する姿を描いた劇場版アニメ「歎異抄をひらく」が、5/24(金)よりシネマ ート新宿、角川シネマ有楽町ほか全国にて順次公開となります。
このたび、主演の石坂浩二(親鸞聖人役)はじめ、増田俊樹(唯円役)、細谷佳正(壮賢役)、本泉莉奈(アサ役)、市来光 弘(権八役)、三木眞一郎(慧信房役)、白井悠介(燈念役)、伊藤健太郎(明法房役)ら人気声優がそれぞれ扮するキャラクターを紹介するページが公式サイト(tannisho.jp)にてオープンとなりました。

親鸞聖人(石坂浩二)
唯円(増田俊樹)
壮賢(細谷佳正)
権八(市来光弘)
アサ(本泉莉奈)
明法房(伊藤健太郎)
慧信房(三木眞一郎)
燈念(白井悠介)

映画情報どっとこむ ralph 歎異抄をひらく

5/24(金)シネマート新宿、角川シネマ有楽町他全国順次公開

tannisho.jp


物語・・・
鎌倉時代、1200 年代初め。貧しい農家に生まれながらも賢く利発な平次郎は、ある日、親鸞聖人と出会い、多くを学び成長していく。やがて京に戻った 親鸞聖人を追って故郷を離れた平次郎は、「唯円」という名を授かり、仲間たちとともに親鸞聖人のもとで仏教を学ぶ。そんな中、かつての友人が苦境に立たされて いると知った唯円は、なにも出来ない自分への無力感にとらわれ苦悩する。なぜ、善人よりも悪人が救われるのか? 人は、なぜ生きるのか? 「すべての人間が悪人であり、救われるために条件はない」という親鸞聖人の言葉の真意が、解き明かされていく。

***********************************


【キャスト】
石坂浩二 増田俊樹 細谷佳正 本泉莉奈 市来光弘 三木眞一郎 白井悠介 伊藤健太郎

【スタッフ】
監督:大野和寿
原作:『歎異抄をひらく』高森顕徹著(1万年堂出版)
脚本:和田清人
音響監督:本田保則 音楽:長谷部徹
制作:パラダイス・カフェ
配給:キュー・テック
製作:「歎異抄をひらく」映画製作委員会 2019
  


イ・ジャンフン監督 × 原作者・市川拓司先生登壇!映画『Be With You 〜いま、会いにゆきます』公開記念トークショー


映画情報どっとこむ ralph 2004年に竹内結子と中村獅童主演で映画化され、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した市川拓司のベストセラー小説「いま、会いにゆきます」が時を経て、韓国で待望の映画化『Be With You 〜いま、会いにゆきます~』が、大ヒット公開中!

本作の公開を記念し、メガホンを取ったイ・ジャンフン監督と原作者の市川拓司氏による公開記念トークショーが行なわれました。

本作を気に入り、韓国公開時に既に顔を合わせているお二人。待望の日本公開を迎え、ファンの前でイ・ジャンフン監督による本作の裏話や、原作者の市川拓司氏が今なお根強い人気を誇る「いま、会いにゆきます」への想いを語り尽くしました!

『Be With You 〜いま、会いにゆきます~』公開記念トークイベント
日時:4月7日(日)
場所:シネマート新宿
登壇:イ・ジャンフン監督、市川拓司

映画情報どっとこむ ralph 上映終了後、作品の余韻が残る中、満席の会場にイ・ジャンフン監督が登壇。

本日を迎えて

イ監督:こんな大勢の方々に観ていただけるなんて、言葉が出ないほど嬉しいです!

とコメント。

続いて、本作の原作小説を手掛けられた作家の市川拓司氏が登壇。

市川先生:こういう会場に立つことは、約10年ぶりです。イ監督とは共通するところが多く、だからこそ原作小説に近い手触りのある作品だと思いました。

と話し、『Be With You 〜いま、会いにゆきます』への愛情を示した。

イ監督:以前から市川先生の大ファンで、実は本日が初対面でした。先ほどご一緒に食事をしましたが、このように舞台に立つことができてとても光栄です。

と笑顔で話し、

市川先生:とにかく優しい方というイメージだけでしたが、実際にお会いしたら、共通するところが多く、すごく似ていて”弟が来た!”と思うくらいでした。(笑)愛妻家で、電車が大好き、ひとり息子、ヘアスタイルもふんわりしていて、とにかく話題がつきませんでした。

と信頼し合うおふたり。

市川先生にとって「いま、会いにゆきます」はロングセラーを記録し、日本でのオリジナル映画も大ヒットを記録した思い入れ深い作品。

市川先生:初めてお話をいただいたのは、2016年頃。実は『八月のクリスマス』という作品をきっかけに韓流文化に興味を持ち、うちの妻も韓国が大好きで、ある意味、韓国に恋をしていました。そういう意味で<両想いになる>ことだと思い、嬉しかったです。

と、韓国での映画化をとても楽しみにしていたことを明らかすと、

イ監督:(映像を)完成していくことは大変でしたが、小説を通して得られた癒やしの気持ちを映像でもそのままお届けすることを、一番大切にしたいと思いました。

と、監督にとっても運命のような作品に込めていた想いを明らかにした。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、韓国では公開わずか 15 日で動員 200 万人を突破し、韓国における恋愛映画では最速記録を打ち立てる大ヒットを記録した韓国版のキャスティングについて、

イ監督:スア役は、ソン・イェジンさんと真っ先に頭に浮かびました。役のイメージはもちろん、お芝居も素晴らしい女優さんですし、幸いにすぐOKしてくださったんです。一番、心配したのは男性役のキャスティングでした。物語のなかでは、スアや息子を引き立たせるような構造でしたので…。しかし、ソ・ジソブさんは、むしろ”この役は、妻と子供を際立たせるストーリーなので、僕はサポート役をしていきますね“と言ってくれたので、作品そのもののバランスを保って描くことができたと思います。

とコメントし、大ヒットの影にあった、主演俳優の存在について明らかにした。

また、小説「いま、会いにゆきます」は、市川先生ご自身がモデルになっていることでもあり

市川先生:原作では、陸上競技の選手だが、韓国版では水泳選手だった設定、どちらもやる気を出しすぎて体を壊してしまい、そこから彼女と距離をおくが、彼女の方から距離を縮めてくる設定でしたね。母親のスア役は、実際僕の母をモデルにし、僕を産む時に難産で体を壊してしまったことで、罪の意識を持っていたという設定で自分がもつ真実だけを込めた小説でしたが、イ監督とそういった真実の部分が綺麗にシンクロしていたようです。僕がこの小説で話題になったのが40歳で、イ監督もこの映画で40歳を迎えているそうで、イ監督も映画監督デビューまで時間がかかった分、家族に対する申し訳ない気持ちがあったなかで、成功する姿をみせている状況も共通していました。(笑)映画も小説もそうですが、自分の思いを込めている作品は、観た後も読んだ後も、赤の他人の物語より印象が変わってくると思います。だからこそ、イ監督がうまく表現してくださったんだと思います。

と、原作者の目線からみた『Be With You 〜いま、会いにゆきます』の魅力を語り、とにかくベタ誉め!

イ監督:この小説は、今まで4回映像化されましたが、その中でソ・ジソブさんが演じたこの作品が、一番自分が小説を書き下ろしながらイメージした人物と類似していて、ソ・ジソブさんの姿をみて自分の中でシンパシーを感じました。自分のなかでしっくりと自分と重ねる映画でしたね。僕をこんなにカッコよく演じてくれて、ありがとう!

とコメントし、その話を受けて、嬉しい気持ちを隠せないイ監督も笑顔で市川先生とアイコンタクト。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

市川先生:この映画は<許し>と<寛容>の物語であり、つたない、失敗した男が女神のような存在の妻に出会い、許されるといった物語です。近年<裁く>、<罰する>ような物語が主流となっているなか、優しい気持ちにさせるような作品が貴重な時代ではないかと思っていますので、みなさんにもこの作品を通して“優しい”気持ちを持ち帰っていただきたいです。

と語り、『Be With You 〜いま、会いにゆきます』を今見るべき作品であることをアピール。続いて、

イ監督:今は、小さい規模で公開されていますが、本作を気にいってくれて、皆さまが応援してくださることで、もしかしたら、ソン・イェジンさんやソ・ジソブさんが来日してPRする日がくるかもしれません。本作へのたくさんの愛情をよろしくお願いいたします。

と応援を呼びかけるコメントで締めくくり、笑いと歓声に包まれる中、イベントは幕を閉じた。


映画『Be With You ~いま、会いにゆきます』
原題:지금 만나러 갑니다


大ヒット公開中

公式HP:
be-with-you

***********************************

監督:イ・ジャンフン
出演:ソ・ジソブ(「ごめん、愛してる」『ただ君だけ』)、 ソン・イェジン(『私の頭の中の消しゴム』『四月の雪』)、
キム・ジファン、コ・チャンソク(『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』)
2018年/韓国公開3月14日/131分/
配給:クロックワークス
原作:市川拓司「いま、会いにゆきます」(小学館刊)
映画:『いま、会いにゆきます』(製作「いま、会いにゆきます」製作委員会/監督 土井裕泰/脚本 岡田惠和)
© 2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
   


崎山つばさ・植田圭輔・最上もが 和気藹々舞台挨拶 映画『クロガラス2』


映画情報どっとこむ ralph 2.5次元俳優の神7のひとり「崎山つばさ」をはじめとする注目の2.5次元俳優陣が挑む映画『クロガラス』。
本作のPart.2が3月30日(土)より1週間限定レイトショーにて公開されます。

昨年の「第69回NHK紅白歌合戦」にミュージカル「刀剣乱舞」の刀剣男士として出演し、多くの女性ファンを熱狂させている崎山つばささんが映画初出演にして初主演!崎山さんに加え、植田圭輔さん、最上もがさんがチームを組んだ解決屋“クロガラス”が「新宿の裏社会」で起こるトラブルに立ち向かいます。

金さえ払えばどんな危ない仕事も引き受けるダークヒーロー“クロガラス”。

その2作目、劇場公開を記念して、舞台挨拶が行われ、解決屋“クロガラス”のメンバーである崎山つばさ(黒斗役)、植田圭輔(悠哉役)、最上もが(日菜役)の3名が登壇して、舞台挨拶がおこなわれました。

撮影中のエピソードはもちろん、“困ったシチュエーションの解決方法”といったテーマのトークなども披露しました!

映画『クロガラス2』舞台挨拶付上映会
日時:3月30日(土)  
会場:シネマート新宿
登壇:崎山つばさ(黒斗役)、植田圭輔(悠哉役)、最上もが(日菜役)
映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりの観客の皆さんの熱い拍手に迎えられて登壇の皆さん。

今までスクリーンで観ていた物凄くクールな役で出ていた崎山さんはおどけてピースからスタート。

崎山さん:2を観ていただいたと言うことで気持ちが高揚してると思いますが、更に高揚する時間になったらいいなと思っています。
と、あくまで優しい崎山さん。逆におどけ気味の役の植田さんはチョット渋めに

植田さん:1から3週間ぶりで、2が公開となりまして。デジャブ―を感じています。変わらず満員で嬉しいです!
と話、続けて

最上さん:舞台挨拶は緊張しますが、出番前まで植田さんの密着を撮られていて、質問とかしてたら、出番になっちゃって。今気まずいです。
と、話してくれた動画は植田チャンネルで観られるそう。

映画情報どっとこむ ralph パート2は色々な要素がある本作。ここ!と言うシーンを

崎山さん:エピソード1でもありましたが、黒斗のDV。デスクバイオレンスですね。机を蹴り倒すやつ。これが代名詞になるのではと思います。

続いて、

植田さん:爆発シーン。いつか伏せろ!って、言いたかったんで。こんな身近でやれるとは。心をくすぐります。

最上さん:撮影の時に心が折れかけたのがありまして。。。ヤクザさんの前でお色気。凄く気まずくて、どういう角度で寄せれば見えるのか。。。ずっとくねくねしてました。朝一で。

植田さん:しっかり、はだけてました!

植田さんは撮影を遠巻きで観ていたそう。どんなシーンかは劇場で。

パート2はどんでん返しが多いストーリー。台本を読んで・・・

植田さん:小学生なのか!!とかね。

と言う植田さんをじっと見つめる崎山さんと最上さんに、
植田さん:俺が、小学生じゃないわい!

とお約束!?。そういえば、劇中で浅川さんにも子ども扱いされていたような。。。
続いて、

最上さん:クロガラスの台本読むと、アニメっぽいので、アニメ化いけるんじゃないですかね。是非。実写撮影しんどいんで。声優で。

崎山さん:僕ら解決屋がどこまで解決するのか、最後の連絡まで、黒斗がやっていたら、惚れてまうやろ!って感じですよね。そこまで、フォローしてたら凄い。

と、自分で演じていても、その部分は謎なご様子。

映画情報どっとこむ ralph ここで、最上さんが崎山さんのガラONガラの衣装を突っ込むと

植田さん:これ金井さんでしょ!

崎山さん:おいお前ら。。(大拍手)
と、しわがれた声で、物まねで実演。と、これには、1,2を観たお客さんに大うけ。

植田さん:媒体の皆さま。タイトルは崎山初めてのものまね!で、お願いします!

崎山さん:芸能界つらい!より弱い!

最上さん:前開のぶり返さないで!知らない人もいるんだから!(笑)

と、慌てる最上さん。
前回の舞台挨拶の模様はこちら

映画情報どっとこむ ralph 続いて、今回も、実際にトラブルに巻き込まれたらと言うことで。。二問ご用意。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

最上さん:楽しかったですか?(大拍手)嬉しいい。みんな二人のファンだから。。僕、ここに入らないんじゃないかと思って。
植田さん:何をおっしゃる、僕とつばさはもがちゃんのファンよ。。

最上さん:映画館まで来て観て下さるのは、演じていてうれしいです。こうして、直接お礼がいえるのは嬉しいです。ありがとうございます。

植田さん:前作、予想していなかった好評により上映延長。良い状態でパート2が公開となりました。皆さん応援よろしくお願いします。

崎山さん:(泣きマネして)これで、見出しは感動で泣いた。で・・・・。

植田さん:主演が見出しを取りに行くな!!!!

崎山さん:本当にこんな愉快な三人ですが。この解決屋がいるから、クロガラスの世界があります。これも、観てくれる皆さんが居るからです。この先もいろんな可能性があるので、応援お願いします。

と、映画のダークさとは真逆なオモシロ舞台挨拶は終了となりました。

映画『クロガラス2』

2019年3月30日より1週間限定レイトショー

公式Twitter:
@blackcrow2019

映画情報どっとこむ ralph 今回も宣伝さんのご厚意で映画を観させていただきました。

エピソード2は円光が主題で巻き起こるあれこれを解決していきます。
前回よりは、題材が地味目なのでハラハラ感は少なめな内容ですが、解決していきながら、いろいろありながらも最後に納得がいく作りは中々です。

残念ながら、今回の舞台挨拶には出席されていませんが、今回メインゲストの浅川梨奈さん、恐ろしいほどはまり役。ぐいぐい引き込まれる硬軟演じ分ける姿はファン必見です!

***********************************


劇場:シネマート新宿、シネマート心斎橋
出演:
エピソード1
崎山つばさ 植田圭輔 最上もが 西川俊介 出口亜梨沙 南圭介 / 菅田俊
エピソード2
崎山つばさ 植田圭輔 最上もが 浅川梨奈 栗林藍希 松林慎司 / 菅田俊
監督:小南敏也
主題歌:崎山つばさ「Re:quest」
©エイベックス・ピクチャーズ
  


松田聖子に斎藤工がスープをとりわけ! 「家族のレシピ」舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 斎藤 工主演 × 松田聖子共演 × アジアの巨匠・エリック・クー監督最新作 シンガポール・日本・フランス合作映画 「家族のレシピ」が3月9日(土)より全国ロードショーとなり、今回、斎藤工さん&松田聖子さんが登壇する舞台挨拶が急きょ決定!

スライドを見ながら映画にかかわるお話や、スープを斎藤さんが取り分けて松田さんが試飲するなど、色々凝った舞台挨拶となりました。

3月28日(木)
場所:シネマート新宿
登壇:斎藤工、松田聖子

映画情報どっとこむ ralph 物凄い拍手と歓声で迎えられた斎藤さんと松田さん!松田さんとの初2ショット舞台挨拶に

斎藤さん:光栄な気持ちでいっぱいです!今日のイベントは、聖子さんが是非にと。言うことで決まったイベント、映画に携わったものとして嬉しいです。
と急遽決定したイベントに登場した松田さんは、

松田さん:3月9日の初日は、コンサートで伺えなくて、ずっと気になっていたんです。こうして斎藤さんと御一緒に登壇できてうれしいです。
と語る松田さんは緊張の面持ちのご挨拶からイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph ここで、写真を見ながら語るコーナーに

まず最初の一枚は、シンガポールの水辺での2ショット。

斎藤さん:このシーンは聖子さんに、シンガポールの街を案内してもらっているところですね。シンガポールのソウルフード「バクテー」の由来を歴史も含めて説明している。ドキュメンタリーの始まりのようなシーンです。

松田さん:とても綺麗なところで。しっかり説明しなくてはならないシーンで緊張したのを覚えています。
と、振り返ります。

斎藤さん:本読みの時に、聖子さんの声を聴いて、本当に鼓膜が幸せでした。

松田さん:久しぶりの映画で、日本での本読みしたときに、本当に斎藤さんに引っ張っていただいて。感謝しています。


2枚目はベルリン国際映画祭のキュリナリー上映の監督を含めた3ショット。

斎藤さん:キュリナリー部門は、食にまつわる映画の上映とディナーをいただくまでがセットになっている。映画のより豊かな楽しみ方ですね。

にこやかに映るエリック監督はとても松田さんのファンだそうで

斎藤さん:エリックもそうですが、スタッフも全員、クランクアップの時はサインがほしくて列なしてました。

松田さん:最後のシーンの後に、サインを求めてきて。。。それまで仕事していた方たちが急になので、えーーーってなりました。

と、現地での人気ぶりに驚いたそう。

3回目はNYタイムスに載った時の写真。

斎藤さん:僕にも監督からこの写真送られてきました。

かなり大きく取り上げられていて、

『単にお腹が減るだけの映画ではない。戦争が残した傷を、食を通じて癒し、許すと言う。想像していなかった展開に涙する作品。』

と評されていて

松田さん:凄く嬉しいですね!
斎藤さん:煌びやかなシンガポール。で、その対比となる映画だと評されているみたいですね。いい記事を書いていただけましたね。

映画情報どっとこむ ralph ここで、ふるまいスープとして、バクテースープを試飲するコーナーで、斎藤さんが松田さんにおとりわけ。

松田さん:本当においしいです!スパイシーな感じでコクが深い。美味しいスープですね。

斎藤さん:聖子さんの野見方が美しすぎる!まるで茶道のよう。

このスープは上映後に観客に配られた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

斎藤さん:観たお客様たちの声が、本作を育ててくれている作品。そして、シネマート新宿ではふるまいスープで、味覚も楽しんでいただくという4D上映企画。映画業界がヒントにしていくべきかなと思います。

松田さん:エリック・クー監督の元、みんなで力を合わせて創った作品。素晴らしい映画の一部に成れたこと、幸せです。私はこの映画から、人を愛すること。そして、許すと言うことの大切さを学びました。


とイベントを締めました。

『家族のレシピ』
3月9日(土)より、シネマート新宿 ほか全国ロードショー

公式サイト:www.ramenteh.com


「美味しい」 その一言が、時と国境を越え、家族をつなぐ—。

シンガポールと日本の外交関係樹立 50 周年(2016 年)をきっ かけに製作された、ラーメンとバクテー(肉骨茶)、両国ソウルフードの「美味しい」がつなぐ家族愛を描いた感動作。斎藤工演じる主人公が、 父親の死をきっかけに幼い時に亡くした母の地元・シンガポールに旅立ち、一度はバラバラになってしまった家族の絆を取り戻すために奔走す る。
共演の松田聖子は、シンガポールのフードブロガー役で主人公に現地の名物グルメを案内し、家族探しを手助けする。また本作には、美 食の国・シンガポールの名物グルメの数々と、今や日本を飛び出し世界的なブームを巻き起こしているラーメンが劇中に続々と登場し、映画 ファンはもちろん世界の美食家たちから熱視線を受けている。


物語・・・
高崎でラーメン屋を営む真人は、一緒に働いていた父の突然の死に際し、一冊の古いノートを見つける。

真人が10歳の時に亡くしたシンガポール人の母が書いたもので、その中には、料理のレシピや写真など、様々な思い出が詰まっていた。幼い頃、シンガポールに住んでいた真人は、当時自分を可愛がってくれたシンガポールの家族のことを思い出す。忘れかけていた過去の1ピース、1ピースを埋めるため、真人はシンガポールへと旅立つ。

まずは行方が知れないかつての家族を探すため、以前より交流のあったシンガポール在住の日本人フードブロガー・美樹にアドバイスを頼むことになった。そしてシンガポールのソウルフード・肉骨茶(バクテー)のお店を営んでいた叔父との再会を果たす。祖母がまだ生きていること、父と母の出会い、自分を生む決意をした経緯など、初めて知る家族の過去と向き合うこととなる。

シンガポールと日本、一度はバラバラになってしまった家族を再び取りもどすため、真人が選んだ方法とは…?

***********************************


出演:斎藤工、マーク・リー、松田聖子、ジネット・アウ、伊原剛志、別所哲也、ビートリス・チャン
監督:エリック・クー 『TATSUMI マンガに革命を起こした男』
プロデューサー:橘 豊、フォンチェン・タン、ジュシアン・ハン、山口晋
撮影:ブライアン・ゴートン・タン
脚本:ウォン・キム・ホー
料理監修:竹田敬介 写真:レスリー・キー
2017/シンガポール・日本・フランス合作/日本語・英語・中国語/DCP/カラ―/2.35:1/89分
配給:エレファントハウス
宣伝:マジックアワー
(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists