「シネマート新宿」タグアーカイブ

無声映画×塚本功、小島麻由美のモノクロームセッション ライブ@シネマート新宿


映画情報どっとこむ ralph 毎週のように取材でお世話になっているシネマート新宿さんで、サイレント映画に気鋭ミュージシャンが生音を奏でる映画館ならではのライブイベント、映像と音の融合、その名も「モノクロームセッション Vol.1」が開催されます!

上映作品は、ルイス・ブニュエルとサルバードル・ダリによる1920年代に最高潮に達した、アバンギャルド映画の頂点を飾る傑作の『アンダルシアの犬』。

もう一作品には、言わずとしれた、モノクローム映画の巨匠、チャーリー・チャップリンの初期短編の傑作のひとつ『チャップリンの拳闘』を上映。

ミュージシャンには、ネタンダーズ のギタリスト&ボーカリストであり、ギタリストとしてピラニアンズさん、小島麻由美さんやスライマングースさんなど数々のアーティストとのセッションやレコーディングに参加し、ギター1本とは思えない迫力ある演奏が魅力の孤高のミュージシャン塚本功さん。

そして「古き良き時代」の音楽を愛し、「ジャズ」、「フレンチ・ポップ」「昭和歌謡」「ブルース」などのジャンルを融合させ、独自の音楽スタイルを築き、近年では、2016年に、国民的アニメ『ONE PIECE FILM GOLD』への楽曲提供も行うなど精力的に活動する、ガールポップ・シンガー/ソングライターの小島麻由美さん。

実力派ミュージシャン達がこの名だたる2作品にどのような音をセッションしていくのか、楽しみなライブイベントをアートシアター新宿文化から受け継ぐ、ここ新宿文化ビルのシネマート新宿で実施致します。

映画情報どっとこむ ralph モノクローム セッションVol.1 –無声映画と気鋭ミュージシャンとのセッションの夜

日時:11月18日(土) 19:30の回
ライブ・ゲスト:塚本 功(ギタリスト)、小島麻由美(ガールポップ・シンガー/ソングライター)


内容:『アンダルシアの犬』伴奏(塚本功) 『チャップリンの拳闘』 伴奏(塚本功、小島麻由美)

塚本功&小島麻由美 ライブ
【チケット料金】2,800円(税込)
【チケット販売】

◎チケットぴあにて 先行販売開始中!
購入サイト
Pコード:557-737

◎シネマート新宿窓口・オンラインチケット予約ともに販売中!
購入サイト

会場:シネマート新宿(新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル6F)



映画情報どっとこむ ralph 『アンダルシアの犬』 UN CHIEN ANDALOU
1929年 (仏)17分
監督・制作:ルイス・ブニュエル
脚本:ルイス・ブニュエル/サルバトール・ダリ
出演:シモーヌ・マルイユ、ピエール・バチェフ
ルイス・ブニュエルとサルバトール・ダリの2人による初めての作品。
1920年代に最高潮に達したアバンギャルド映画の頂点を飾る傑作。


『チャップリンの拳闘』 The Champion
監督・脚本:チャーリー・チャップリン
出演:チャーリー・チャップリン/エドナ・パーヴァイアンス/ロイド・ベーコン/レオ・ホワイト/ビル・アームストロング
チャーリー・チャップリン自らが監督・脚本・主演を務めたドタバタ・コメディ。今回はボクシングをテーマにして、チャップリンがスクリーンの中を暴れまわる。

***********************************


岡山アピール!弥尋・木ノ本嶺浩・北村友彦 登壇『桃とキジ』東京初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映画『桃とキジ』が9月9日(土)よりシネマート新宿、他全国順次公開となりました。東京での初日舞台挨拶に、キジこと秋山洋介役の弥尋さん、サルこと山口海人役の木ノ本嶺浩さん、イヌこと岸本成多役の北村友彦さん、喜多一郎監督が登壇しました。

日程:9月9日(土)
場所:シネマート新宿
出演:弥尋 木ノ本嶺浩 北村友彦 喜多一郎監督 
SPゲスト:ももっち 岡山桃太郎くん
映画情報どっとこむ ralph 立ち見も出る中、盛況の中、弥尋 木ノ本嶺浩 北村友彦 喜多一郎監督が登壇。
映画の成り立ちと思いを

喜多監督:去年の2月に岡山のプロデューサーを紹介して頂き、吉備津神社に行ったら、感じるものがあり、ここでだったら素敵な映画が撮れるなと思いました。今の時代なかなか夢が叶えにくくて、すぐ挫折してしまう人が多いけれど、決して負けることがダメなのではなく、諦めなくちゃうのがダメだというメッセージを受け取ってほしいですね。

と答えた。

キャストの3人キジ弥尋さん サル木ノ本さん、イヌ北村さんは、想いの詰まった脚本を読んで、どう思ったか。どう役作りをしたかを聞かれ、
弥尋さん:最初題名で、時代劇かと思いましたが、ちゃんとがっつり現代劇でした。(笑)で、本読みの時に、桃役の櫻井綾さんに桃がキジの何を好きになるのかわからないと言われ、そこを意識して演じました。(笑)
木ノ本さん:本読みで?手厳しいね!

と反応する木之元さんは続けて
木ノ本さん:監督に『土着的な人間が欲しい』と言われ、土地の人ということを意識してやりました。台本の台詞は岡山弁ではなかったけれど、イヌ役の北村くんに初めて会った日に一緒にご飯を食べに行って、北村くんに岡山弁を教わりました。

と撮影時のエピソードを語り、方言指導もしていた?北村さんは
北村さん:主人公の桃が役者を目指して東京に来ている役で、僕と同じ環境の役なので、感情移入して読みました。

と脚本の感想を話した。

映画情報どっとこむ ralph 本日ご欠席の主人公のお父さん役の甲本雅裕さん、お母さん役の手塚理美さんとの印象的なエピソードを聞かれると、
弥尋さん:初日に甲本さんに、『台本は標準語だけれど、岡山弁を使った方がいいよ』とアドバイスを頂いて、北村くんに怒られながら頑張りました。

とエピソードを披露。
北村さん:撮影の時に手塚さんが差し入れで持ってきてくださったきび団子が美味しかった。

と話しました。


岡山でオススメの場所を聞かれると

弥尋さん:吉備津神社が気持ち良かったです。
木ノ本さん:岡山後楽園に行って、岡山城に登り、岡山の街を見ました。岡山の自然は、この物語を包んでくれていると思っていて、撮影前に自然に触れられて良かったです。

とし、

唯一岡山出身の北村さんは・・・

北村さん:うらじゃ踊り!映画で見ることはあまりないので良かったです。

と回答。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
喜多監督:この三人が出るシーンでハードなシーンもあるので、じっくり見てください。また、岡山の素敵な場所が沢山出てくるので、岡山の良さを再発見して頂き、モチーフの桃太郎伝説をどう生かして新しいストーリーになっているかを楽しんで頂ければと思います。

とメッセージを送った。

フォトセッションには、岡山を代表するヒーローの桃太郎をアレンジして誕生した岡山県マスコットの『ももっち』と、映画のキャラクター『岡山桃太郎くん』も駆けつけました。


映画『桃とキジ』

が9月9日(土)よりシネマート新宿。他全国順次公開

「桃太郎」を岡山の保育園で演じたのがきっかけで、女優を目指し上京するも上手くいかず、父が亡くなってから5年故郷に帰れていなかった女性が、母親が父の死後一人で切り盛りする帽子店を畳むことを知り、帰郷して自身や家族、郷土の友人との絆を見つめ直すハートフルストーリーです。

主人公・桃を演じるのは、本作が映画主演デビューの櫻井綾。主人公を支える同級生・キジ役は、元・MENS’ NONNOモデルで、現在は俳優業に専念をしている弥尋(みひろ)。

その他、主人公に親子の絆を思い出させる亡き父親役で、『踊る大捜査線』シリーズなどの岡山県出身の甲本雅裕、厳しくも影で主人公を支える母親役でベテランの手塚理美が脇を固める。

また、主人公を追い詰める謎の男役で、岡山県出身の千鳥・大悟、映画プロデューサー役でベンガルらも出演。

メガホンを取るのは『Life on the longboard』、『ヨコハマ物語』などの喜多一郎。

物語・・・
保育園のお遊戯会で『桃太郎』を演じた女の子、小島桃(櫻井綾)。同級生の男の子をお供にしたがえ、見事に演じあげた。その後、演劇に目覚め、女優を志し、岡山から18歳で上京するも、そこは厳しい世界だった。それでも頑張って来られたのは、女優を応援してくれた父がいたからだった…。ところが、その父は病死。その後も全く芽が出ず、生活も苦しく、気付けば26歳に。でも、どこかで思っていた。「自分には帰る実家がある」と。そんなある日、母が一人で切り盛りする帽子店を畳むことを知る。慌てて実家に戻り、すっかり大人になった保育園の同級生でキジ役だった秋山洋介(弥尋)、サル役だった山口海人(木ノ本嶺浩)、イヌ役だった岸本成多(北村友彦)と再会するのだったが……。

http://momotaro-kun.com/

***********************************

出演:櫻井綾 弥尋 木ノ本嶺浩 北村友彦 千鳥・大悟 桃瀬美咲 江西あきよし ベンガル 甲本雅裕 手塚理美
監督:喜多一郎
脚本:金杉弘子  
エグゼグティブ・プロデューサー:成廣通義 
主題歌:『未来RAIL岡山』岸田敏志
製作:HIROPRO 
制作プロダクション:オフィスキタ 
配給:ベストブレーン

2016年/日本/DCP/カラー/ビスタ/83分/G 
©2017「桃とキジ」製作委員会  


大地康雄、福士誠治、菅野莉央ら登壇『じんじん~其の二~』特別上映会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「絵本の里」として知られる北海道・剣淵町を舞台に映画化された『じんじん』は、全国47都道府県1,000ヶ所で約30万人に届けられヒットを記録。続編『じんじん~其の二~』が、「絵本の里」から「名水の里」神奈川県秦野市に舞台を移し、9月2日(土)より全国順次公開致します。
公開直前の本日8月27日(日)、シネマート新宿にて特別上映会が行われ、企画・主演の大地康雄さん、福士誠治さん、菅野莉央さん、津田寛治さん、永島敏行さん、そして山田大樹監督と源吾朗が登壇して舞台挨拶が行われました!

特別上映会
日程:8月27日(日)
会場:シネマート新宿
登壇:大地康雄、福士誠治、菅野莉央、津田寛治、永島敏行、山田大樹監督、源吾朗

映画情報どっとこむ ralph まずは、ご挨拶からイベントはスタート。

大地さん:「絵本の里」として知られる北海道・剣淵町を舞台から「名水の里」神奈川県秦野市に舞台を移して、パチンコと女性が大好きな男の物語です。水が良いので食べ物、飲み物。特にウイスキーの水割りがおいしかったです!撮影は楽しく、それが伝わる映像になっています。

山田監督:いろんなところにロケハンをする仕事ですが、今回は自分が住んでる町です。プレッシャーはありましたが、みんなで素晴らしい作品に仕上げました。秦野の自然の中で繰り広げられる人間ドラマをゆっくり楽しんでください!

映画情報どっとこむ ralph 映画について・・・

大地さん:監督は秦野在住なので、魅力がたくさん映し出されてまいります。暖かいじんじんらしい人間ドラマができたと思っています。

お住いの場所を見ていただくことに関しては?

山田監督:自信をもってます。秦野に住んでる方も知らない場所も撮影しています。福士さんにはロードバイクで走ってもらいました。

福士さん:監督はロードバイクをやってるので、撮影中すごいとこ監督は知ってて、素人には過酷な道で、ケガしなくてよかったです。
と、撮影を披露するとヒロインの菅野さんは

菅野さん:林業に従事している役なので、森の中が多くて、都内で見たことのない大きさの虫とかヒルを見て、でも、だんだん慣れちゃいました!
と、勇ましい菅野さんですが、一方で福士さんは虫やヒルが苦手なようで

福士さん:慣れたの!!僕はだめ!撮影の時はストッキングをヒル対策で履いてました!

と、驚きのエピソードを披露しました。

津田さん:駅降り立ったところから、関東と思えない風景が広がっていて。川があって時計塔があって。そして、車で現場に行くと大自然で。すばらしい、宮崎駿てきな森なんです。その中の茶屋で芝居をやるとですね、東京で考えていた芝居とは違うものが出てくるんです。場の力。秦野の自然のお力に助けられました。
とすると、森の見出されたのは津田さんだけでなく

永島さん:僕も林業を生業にしている役。山を下りていくときに、海が見えるて、きれいなんですよ。新宿から1時間ちょっとで、こんなに素晴らしいが会ったのだなと。感心しました。

上映終了に絵本の実演販売を行う源さんは

源さん:たたき売りで安くはできませんが、プレゼントをつけて口上販売します!和の心、絆をご堪能ください。


最後に・・・
大地さん:またまた、恋をしまして生き生きとふらついてます。前半は笑っていただいて、後半は若者の応援。

監督:大地さん、その辺で!

と、ネタバレを封じてイベントを終えました。

映画情報どっとこむ ralph 「絵本の里」剣淵から、舞台は「名水の里」秦野へ!
映画『じんじん~其の二~』

9月2日(土)より全国順次公開

公式サイト:
http://www.jinjin2.jp

物語・・・
主人公・立石銀三郎は大道芸人。
今は神奈川県秦野市で居候の身。
ある日、一人の若者・山下哲生が現れ、ふとしたことから世話を焼くことになる。
自らの進む道に迷い悩む中、銀三郎や周囲の人たちの温もりに触れ、次第に心を開き、林業のアルバイトに就く哲生。
仕事の傍ら、同僚らの環境保護の活動にも興味を抱くことで、生きる目標を見出す。
しかし、突然みんなの前から姿を決してしまった。哲生に一体何があったのか…。
 再び秦野を訪れた哲生は、銀三郎に悩みを打ち明け、もがき苦しむ。
そんな哲生が、一歩を踏み出せたのは、銀三郎の励ましと、一冊の手作り絵本だった。

***********************************


企画・主演 大地康雄

福士誠治 鶴田真由 菅野莉央 岡安泰樹 / 佐藤B作 中井貴惠 
山野 海 高川裕也 須藤正裕 津田寛治 / 苅谷俊介 永島敏行

監督:山田大樹

脚本:坂上かつえ 絵本作家:あべ弘士 音楽:吉川清之
エグゼクティブプロデューサー:篠田 学
プロデューサー:中山賢一 共同プロデューサー:坂口慎一郎
アソシエイトプロデューサー:野嶽次郎 橋本淳司 
キャスティングプロデューサー:星久美子
撮影:小松原茂 照明:松隈信一 録音:山田幸治 美術:山? 輝 編集:渡辺直樹 
整音:久連石由文 音響効果:松浦大樹 衣裳:宮本まさ江 ヘアメイク:赤間久美江 
大道芸指導:源 吾朗 記録:矢野千鳥 スチール:濱田利章 
助監督:村上秀晃 制作担当:木村利明

製作:『じんじん~其の二~』製作委員会
制作:株式会社パイプライン

配給協力:クロックワークス

特別協力:
秦野市
一般社団法人 秦野市観光協会
秦野フィルムコミッション
『じんじん~其の二~』応援団

神奈川県
剣淵町

© 2017 『じんじん~其の二~』製作委員会


舞台は「名水の里」秦野へ『じんじん~其の二~』特別上映会決定!


映画情報どっとこむ ralph 平成25年春、「絵本の里」として知られる北海道・剣淵町を舞台に映画化された『じんじん』。

全国47都道府県1,000ヶ所で約30万人に届けられヒットを記録し、続編『じんじん~其の二~』の製作が決定。

今作は、「絵本の里」から「名水の里」神奈川県秦野市に舞台を移し、丹沢の麓、親子の絆、林業を通した環境保護をキーワードに、地域の人の繋がりや心のやさしさ、困難に立ち向かうことの意味を描き、丹沢の麓の街とそこで生きる人々の「今」を描いた作品が、9月2日(土)より、全国順次公開します。

そして!

公開直前の8月27日(日)、シネマート新宿にて特別上映会を実施する運びとなりました!

特別上映会では、企画・主演の大地康雄、アジアでも活躍中の実力派俳優・福士誠治、菅野莉央、津田寛治、永島敏行、そして山田大樹監督の登壇を予定しているそうです。

特別上映会を開催するシネマート新宿、またオンラインチケット予約にて、特別上映会のチケット販売を開始しました。

『じんじん~其の二~』特別上映会 概要
日時:8月27日(日)
   14:00開場 14:40開演 
※上映開始:15:00
場所:シネマート新宿 スクリーン1
登壇者(予定):大地康雄、福士誠治、菅野莉央、津田寛治、永島敏行、山田大樹監督
料金:1,800円均一
チケット販売:シネマート新宿窓口・オンラインチケット予約にて絶賛発売中!
シネマート新宿オンラインチケット
予約ページ

※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後のチケットの変更や払い戻しはできません。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・・
主人公・立石銀三郎は大道芸人。
今は神奈川県秦野市で居候の身。
ある日、一人の若者・山下哲生が現れ、ふとしたことから世話を焼くことになる。
自らの進む道に迷い悩む中、銀三郎や周囲の人たちの温もりに触れ、次第に心を開き、林業のアルバイトに就く哲生。
仕事の傍ら、同僚らの環境保護の活動にも興味を抱くことで、生きる目標を見出す。
しかし、突然みんなの前から姿を決してしまった。哲生に一体何があったのか…。
再び秦野を訪れた哲生は、銀三郎に悩みを打ち明け、もがき苦しむ。
そんな哲生が、一歩を踏み出せたのは、銀三郎の励ましと、一冊の手作り絵本だった。

***********************************

企画・主演 大地康雄

福士誠治 鶴田真由 菅野莉央 岡安泰樹 / 佐藤B作 中井貴惠 
山野 海 高川裕也 須藤正裕 津田寛治 / 苅谷俊介 永島敏行

監督:山田大樹

脚本:坂上かつえ 絵本作家:あべ弘士 音楽:吉川清之
エグゼクティブプロデューサー:篠田 学
プロデューサー:中山賢一 共同プロデューサー:坂口慎一郎
アソシエイトプロデューサー:野嶽次郎 橋本淳司 
キャスティングプロデューサー:星久美子
撮影:小松原茂 照明:松隈信一 録音:山田幸治 美術:山? 輝 編集:渡辺直樹 
整音:久連石由文 音響効果:松浦大樹 衣裳:宮本まさ江 ヘアメイク:赤間久美江 
大道芸指導:源 吾朗 記録:矢野千鳥 スチール:濱田利章 
助監督:村上秀晃 制作担当:木村利明

製作:『じんじん~其の二~』製作委員会
制作:株式会社パイプライン

配給協力:クロックワークス

特別協力:
秦野市
一般社団法人 秦野市観光協会
秦野フィルムコミッション
『じんじん~其の二~』応援団

神奈川県
剣淵町

© 2017 『じんじん~其の二~』製作委員会


『隠された時間』原題:가려진 시간 メイキング写真が解禁


映画情報どっとこむ ralph カン・ドンウォン主演最新作となる映画『隠された時間』が8月19日(土)にシネマート新宿ほか全国順次公開となります。

そして!
このたびカン・ドンウォンと監督が熱心に話し合う姿やカン・ドンウォンの演技に向ける真剣な眼差しを捉えた、本作のメイキング写真が解禁となりました。
本作は満月の日に起きた謎の失踪事件-時間と空間が止まった世界に閉じ込められ、大人になって帰ってきたと主張する、“心は少年のまま”のソンミン(カン・ドンウォン)の正体に迫るサスペンス。独創性豊かな物語とスリリングな展開から目が離せない作品となっています。

本作でカン・ドンウォンは第16回ニューヨークアジア映画祭アジア・スター賞を受賞. 外見は大人ながら心は少年というキャラクター・ソンミンを精細に演じています。

映画情報どっとこむ ralph メガホンを取ったのは、今回初の長編となるオム・テファ監督。2012年に監督した短編映画『森(原題)』で第11回ミジャンセン短編映画祭で大賞とホラーファンタジー作品賞の2冠に輝いている。さらに2013年にはインターネット世代の青春映画を描いたインディーズ映画『イントゥギ(原題)』でパク・チャヌク監督から「インディーズ映画誌に新たな章が始まった」、『暗殺』『10人の泥棒たち』のチェ・ドンフン監督は「最も強烈な韓国映画だ」と韓国映画界に彗星のごとく現れた新星に賛辞を送っています。

同じ1981年生まれの2人は初タッグ。

オム・テファ監督:30代半ばですが、いたずらっ子のようなイメージ、そして漫画から出てきたような外見が映画にぴったりだと思いました。当然のように彼にシナリオを送りました。おそらく、沢山悩まれたのではと思います。

と、カン・ドンウォンにオファーした時の心境を告白。

オム・テファ監督:私はまだ新人監督で、しかもこの映画は13歳の女の子が物語を終始引っ張っていきます。このような状況で出演を決めてくれるのは容易ではありません。すごいチャレンジをしてくれました。尊敬していますし、感謝しています。

と同い年の大物俳優と現場を共にし、大きな刺激を受けたそうです。
映画情報どっとこむ ralph 斬新なテーマでありながら、精細な感情描写と演出力が注目されているオム・テファ自身のさらなる新章の幕開けとして、そして韓国映画界の新たな名監督の誕生を予感させる一本となっている。

映画『隠された時間
原題:가려진 시간

は8月19日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開。

物語・・・
3人の子供たちが謎の失踪を遂げた事件。時間と空間が止まった世界に閉じ込められ、大人になって帰ってきたと主張する、“心は少年のまま”のソンミン(カン・ドンウォン) と、唯一彼を信じる少女スリン(シン・ウンス)。しかし、周囲の大人たちはスリンが正体不明の謎の大人に振り回されていると心配し、警察がソンミンの後を追う。果たして彼の正体とは-。

***********************************

監督:オム・テファ
出演:カン・ドンウォン「華麗なるリベンジ」「MASTER/マスター」
シン・ウンス、キム・ヒウォン、クォン・ヘヒョ、ムン・ソリ、オム・テグ、イ・ヒョジェ

2016年/韓国/130分/カラー/5.1chデジタル/日本語字幕:金 仁恵
配給:ハーク
© 2016 showbox and barunson e&a ALL RIGHTS RESERVED.