「シネマート新宿」タグアーカイブ

マトリが禁断の一線を越えた時―大ヒット韓国ノワール『毒戦 BELIEVER』予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph 捜査対象、全員狂人。協力者、捨て犬ひとり。

マトリが禁断の一線を越えた時――至高の悪が現れる。

韓国で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『デッドプール2』を押さえ初登場第1位を記録し、日本でも熱狂的なファンを持つ潜入捜査ノワールの傑作『新しき世界』(2013)を超える観客動員数500万人を突破。その圧倒的な完成度と個性に魅了され『毒戦』中毒者が続出、異例の完全版まで公開された驚異のヒット作

『毒戦 BELIEVER』が10月4日(金)シネマート新宿ほかにて全国順次公開することが決定!

この度、待望の日本版予告編が解禁となりました!


映画情報どっとこむ ralph 「イ先生は悪魔だ」「麻薬組織のボスとして君臨しているが、誰も正体を知らない」という語りから始まる本作予告編。チョ・ジヌン演じる主人公の麻薬取締官・ウォノが「この操作に命をかけます」と決意の表情で手を組んだのは、リュ・ジュンヨル演じる組織から捨てられた青年・ラク。この二人が姿なき麻薬王“イ先生”を追いかけ、危険な組織に潜入する様子がテンポよく展開していく。しかし潜入先は“狂人区”ともいうべき、麻薬に魅入られた奴らの巣窟!本作が遺作となったキム・ジュヒョク演じる闇マーケットのボスは銃を片手に狂気の表情を見せ、さらに狡猾なドラッグディーラー(パク・ヘジュン)、不敵な笑みをうかべる謎の人物(チャ・スンウォン)など、欲望と疑念うずまく狂人たちが続々登場し、スタイリッシュな映像と謎めくストーリーが観る者をその世界観に引き込んでいく。
毒戦 BELIEVER 『お嬢さん』や日本でも先日公開された『工作 黒金星と呼ばれた男』など数々の映画に出演する、実力派俳優チョ・ジヌンをキャスティングした理由を、イ・ヘヨン監督は「チョ・ジヌンの強烈なエネルギーが、ウォノというキャラクターと共通するところがあると思った。ウォノは自分の標的を無謀に追いかける一方で、人道主義的な側面もある。だからこの役には彼がぴったりだと思った」と語り、全幅の信頼を寄せる。一方、『タクシー運転手 約束は海を越えて』など話題作への出演が相次ぐ気鋭のリュ・ジュンヨルは自身の役について「顔は無表情。でも内側には感情が渦巻いていて、それをどうやって表現するかを考えることで、役作りをした」と話し、人気・実力備えた二人の俳優を含む韓国最高峰の演技派クセ者俳優陣にハマること間違いなし!
毒戦 BELIEVER 毒戦 BELIEVER 毒戦 BELIEVER 毒戦 BELIEVER 毒戦 BELIEVER 毒戦 BELIEVER
映画情報どっとこむ ralph オリジナルは、巨匠ジョニー・トー監督の『ドラッグ・ウォー 毒戦』(2012)。その息もできない銃撃戦による重厚なアクションは受け継ぎつつ、『お嬢さん』『親切なクムジャさん』の脚本家チョン・ソギュンが手掛ける大胆な脚色も加わり、物語は新たな傑作へー。執念の果てにたどり着く、驚愕のラストを劇場でぜひお見逃しなく。

「毒戦 BELIEVER」 
原題:Believer

10月4日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

公式サイト:
https://gaga.ne.jp/dokusen/

毒戦-BELIEVER
Story: 
巨大麻薬組織に君臨し、その悪名を轟かせているにも関わらず、誰ひとり本名も経歴も、顔さえ知らない麻薬王“イ先生”。麻薬取締局のウォンホ刑事(チョ・ジヌン)は、組織壊滅のため長年イ先生を追っているが、いまだにその尻尾すら掴めない。ある日、麻薬製造工場が爆破され、事故現場から一人の生存者(リュ・ジュンヨル)が発見される。そのラクと名乗る、組織に見捨てられた青年と手を組み、ウォンホ刑事は大胆かつ危険極まりない筋書きによる、組織への潜入捜査を決意する。そこは麻薬に魅入られた狂人たちの巣窟だった――。


***********************************


監督:イ・ヘヨン 『京城学校:消えた少女たち』  
脚本:チョン・ソギョン『お嬢さん』『渇き』『親切なクムジャさん』
出演:チョ・ジヌン『お嬢さん』 リュ・ジュンヨル『タクシー運転手 約束は海を越えて』 
キム・ジュヒョク 『ビューティー・インサイド』、チャ・スンウォン『ハイヒールの男』、
パク・ヘジュン『ミセン -未生-』
2018年/韓国/韓国語/124分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:根本理恵
配給:ギャガ・プラス 

(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved. 


中条あやみ・泉澤祐希主演 伊参スタジオ映画祭 シナリオ大賞グランプリ作品2作同時劇場公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、2001年から群馬県中之条町で開催されている「伊参スタジオ映画祭」シナリオ大賞グランプリを受賞した2作品の劇場公開が決定し、ポスタービジュアルと予告編が完成しました。

8/23(金)~8/29(木)にシネマート新宿にて2作同時上映、豪華キャストによる初日舞台挨拶も決定しました!

映画情報どっとこむ ralph 『正しいバスの見分けかた』(監督:高橋名月)
中条あやみ主演 『正しいバスの見分けかた』poster
監督は、当時高校3年生でシナリオ大賞グランプリを最年 少受賞した高橋名月。主演を務めるのは監督と同じ歳の 中条あやみです。相手役は、主役として引く手数多な岡 山天音。それぞれの友人役に「ストロベリーナイト・サーガ」 などに出演の葉山奨之や、ドラマ「I’s」にヒロインの一人とし て出演する萩原みのり。今や、全員若手実力派として必 ず名前が挙がるメンバーたちです。こんな豪華キャスト4人 の映画は決して観られない!この瞬間だから撮れた、宝物 のような映画です。第17回中之島映画祭優秀賞、門真 国際映画祭2019映画部門優秀作品賞を受賞。



【STORY】
中条あやみ主演 『正しいバスの見分けかた』 何故かいつも競馬四季報を抱えている高校3年生の鮫島(中条あやみ)は、クラス中で目立たない存在である。 彼女と同じクラスの 藤田(岡山天音)はそんな鮫島にほのかな好意を抱いていた。 藤田に話を聞いた細川(葉山奨之)は、ほんの好奇心から鮫島の 友人である中島(萩原みのり)に鮫島のことをリサーチすると、鮫島が宇宙人を見たらしい、という話を聞く。 細川がその話を藤田に伝え ると、藤田の好意は確かな恋心と変わり…?
中条あやみ主演 『正しいバスの見分けかた』 中条あやみ主演 『正しいバスの見分けかた』
<Cast>
中条あやみ 岡山天音 萩原みのり 葉山奨之
脚本・監督:高橋名月 プロデューサー:平体雄二 瀬島翔
撮影:戸田義久、録音:近藤靖高
ヘアメイク:貴島タカヤ スタイリスト:沖山紀
助監督:吉原通克、制作担当:谷村龍 編集:田村友一、整音:古谷正志 選曲/効果:田中俊
製作プロダクション:スタジオブルー
2015 年/日本/ステレオ/カラー/24 分
©2015 映画『正しいバスの見分け方』製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 『なれない二人』(監督:樋口幸之助)
泉澤祐希主演 『なれない二人』poster
公開に先出ち、第5回新人監督映画祭(中編部門)で グランプリを獲得した『なれない二人』の監督の樋口幸之助 は、8年間の某大手映画会社勤務を経て、自分の努力 で監督のチャンスを掴んだ33歳。主演は実力派の泉澤祐 希。その相方役は、注目のお笑い芸人・サスペンダーズのボ ケ担当・古川彰悟。それぞれの相手役を務めるのは、モデ ルとしても女性から高い支持を得る高田里穂と、深田晃司 監督『よこがお』などの話題映画への出演が控える小川未 祐。多方面で活躍する若手たちが織りなす、年齢問わず 広く楽しめる、秀逸な映画としてお届けします。


【STORY】
泉澤祐希主演 『なれない二人』 素人お笑いライブへの初出演を控えた、会社員の新堂(泉澤祐希)と相方でフリーターの勝田(古川彰悟)。プロの芸人への憧れを 密かに抱く新堂だが、肝心のライブ前日に、夫の暴力から逃げる人妻(高田里穂)に偶然出会い、すっかり恋に落ちてしまう。一方借 金まみれで優勝賞金が欲しい勝田は、恋人にマッサージチェアをプレゼントしたいと言う祖父(田村泰二郎)のために奔走する羽目に。 それぞれが予期せぬトラブルに巻き込まれるなか、二人は無事にライブを迎えることができるのか…。そもそも会場にたどり着けるのか…?
泉澤祐希主演 『なれない二人』 泉澤祐希主演 『なれない二人』 泉澤祐希主演 『なれない二人』
<Cast>
泉澤祐希 古川彰悟(サスペンダーズ) 高田里穂 小川未祐 依藤昂幸(サスペンダーズ) 三宅克幸 本間淳志 新海ひろ子 一條眞紀子 ふじわらみほ 竹林佑介 村田唯 宇井晴雄 北尾貢次 平子悟 / 田村泰二郎

監督・脚本:樋口幸之助
プロデューサー:近藤あゆみ 瀬島翔
撮影:松井宏樹 美術:寺尾淳 録音:清水裕紀子 スタイリスト:神恵美 ヘアメイク:辻真美
助監 督:玉澤恭平 高橋名月
制作:清水泰貴
撮影助手:深谷裕次 アシスタントプロデューサー:山本晃大
製作プロダクション:スタジオブルー
2018 年/日本/ステレオ/カラー/51 分
©2018 映画『なれない二人』製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 中条あやみ『正しいバスの見分けかた』

公式Twitter :
@TadashiiBus2015

泉澤祐希『なれない二人』

公式Twitter :
@NarenaiFutari

2019 年 8 月 23 日(金)~8 月 29 日(木)シネマート新宿にてロードショー! 以降 全国順次公開!

***********************************



映画『明治東亰恋伽』伊原六花、小林豊ほか明治好男子キャストが登壇!完成披露イベント開催!


映画情報どっとこむ ralph 累計プレイヤー40万人以上を誇るタイムス リップ恋愛ファンタジーゲーム『明治東亰恋伽』(通称:めいこい)をドラマ/映画化!主演に“バブリーダンス”を披露して話題となり女優として活躍する伊原六花を迎え、4月からドラマシリーズが放送&配信し話題となり、6月21日(金)にシネマート 新宿ほか全国公開の映画が遂に完成!

これを記念して、6月6日(木)にシネマート新宿で映画先行上映、主演:伊原六花、共演の小林 豊(BOYS AND MEN)ほか明治好 男子の宮崎秋人、岩永徹也、松島庄汰、とまん、山崎大輝、髙橋真佳把(BOYS AND MEN エリア研究生)、さらに本作のメガホンを取った副島宏司監督を迎えての舞台挨拶付きの映画完成披露イベントを開催しました。

映画『明治東亰恋伽』完成披露イベント 
日程:6月6日(木)
会場:シネマート新宿
登壇:伊原六花、小林 豊(BOYS AND MEN)、宮崎秋人、岩永徹也、松島庄汰、とまん、山崎大輝、髙橋真佳把(BOYS AND MEN エリア研究生)/副島宏司監督

映画情報どっとこむ ralph 映画『明治東亰恋伽』完成披露イベントが6日、東京・シネマート新宿で行われ、主演の伊原六花、共演の小林豊(BOYS AND MEN)、宮崎秋人、岩永徹也、松島庄汰、とまん、山崎大輝、高橋真佳把(※高は「はしごだが」/BOYS AND MEN エリア研究生)、メガホンをとった副島宏司監督が登壇した。

本作は、累計プレイヤー40万人以上を誇るタイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム『明治東亰恋伽』が、ドラマ化に引き続き、映画化されたもので、明治時代にタイムスリップしてしまったヒロインが歴史上の偉人たちと出会い、恋に落ちる姿を描いたドラマシリーズ最終話から始まり、ヒロインと偉人たちとの新たなエピソードや、謎の奇術師・チャーリーの正体、そして衝撃のフィナーレが描かれる。

ドラマ版に続き、ヒロインの綾月芽衣役を演じた伊原は、映画版が完成し、ついにお披露目される心境を尋ねられると「もうすぐ映画が公開されるし、今日、一足先に見ていただけるんだなって思うとすごくドキドキです」と吐露し、ドラマの最終回が放送されているときに、リアルタイムで視聴者の反応を見ていたそうで「映画を楽しみにしてくださっているコメントがたくさんあったので、すごく嬉しかったです」と声を弾ませた。

 また、ドラマ版のお気に入りシーンについて伊原は「最後の(松島が演じる岩崎)桃介さんが出てきて『大丈夫ですか?お嬢さん』っていうシーンです。そこからまた新しいスタートが予感できるシーンだと思うので、私は大好きです」と答え、ストーリーの鍵を握る謎の奇術師・チャーリーを演じた小林は「素晴らしい低音ボイスが響く(久保田悠来が演じる)藤田五郎!これに限ります。あのサラサラの髪は女子でも出せないくらい素敵なものなので、見て見習ってほしいなって思います」とコメントして会場の笑いを誘った。

そして松島は「(宮崎の)すっぽんぽんシーン。あの肉体美、きれいだった。素敵なお尻でした」と目を輝かせ、泉鏡花役を演じたとまんは「芽衣ちゃんの変顔のシーンかな。女の子って変顔をするときはかわいく変顔をしがちですけど、六花演じる芽衣は、すごくかわいかったけど全力の変顔が素敵だったなって思いました」と語った。

さらに、映画版の見どころを聞かれると、伊原は「ひと言でいうなら、最後どういう終わり方をするのか、これに尽きると思います」といい、小林は「再び出てくるメリーゴーランドのシーンに注目して見ていただけたら、キュンキュンできるんじゃないかなと思います」とオススメ。森鴎外役を演じた宮崎は「ドラマでフラれたメンズは果たして出てくるのか。ことごとく我々はフラれていますから」とぼやいて笑わせ、MCから「でもここにいらっしゃるということは?」と声をかけられると「わからないですよ、まだ。出ないかもしれないですが、そこは楽しみにしていただければと思います」と珍アピールした。

共演者の中で1番変わっている人が話題に上がると、「早送り再生している感じで喋る」「なんか挙動不審」「まともな日は1日もなかった」などの声が上がった山崎はもっとも変わっている人に選ばれ、これに山崎は「ツライです…。嘘ですよ」と肩を落とし、「全部変だよ」「でもその変さに助けられた」などの声が上がった次点の小林は「絶対選ばれると思っていたからよかった!変な人いて」と胸をなでおろした。

さらに、主演の伊原の印象について、小林は「頑張り屋さん」、とまんは「ひまわりのような人間」、副島監督は「現場でいかんなく発揮されたリーダーシップがすごかった」などと絶賛の声が飛んだ。そしてイベント終盤には、6月2日に20歳の誕生日を迎えた伊原を祝うべく、藤田五郎役を演じた久保田悠来がケーキを持ってサプライズ登場する一幕もあり、キャストや観客から驚きの声が上がる中、人一倍目を丸くしていた伊原は「びっくりです。でも私の19歳の1番大きな出来事というか、1番自分の中でこれからの軸になっていく期間だったのが、この『めいこい』の期間だったなって自分でも思っているので、そういう皆さんに祝っていただけてすっごく嬉しいです。ありがとうございます」と感激していた。

映画情報どっとこむ ralph 『明治東京恋伽』

テレビ神奈川ほか全国8局にて2019年4月から放送&U-NEXTにて独占配信
6月21日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

***********************************


伊原六花 小林 豊
宮崎秋人 岩永徹也 松島庄汰 とまん 山崎大輝 髙橋真佳把
久保田悠来

原作:「明治東亰恋伽」MAGES./LOVE&ART
脚本:おかざきさとこ 監督:副島 宏司
主題歌:「一夜ノ永遠二君想フ」 KENN
特別協力:博物館 明治村
宣伝:ツインピークス キャンター
制作プロダクション:キャンター
製作:ドラマ/映画「明治東亰恋伽」製作委員会
© MAGES./LOVE&ART  ©ドラマ/映画「明治東亰恋伽」製作委員会


細谷佳正・市来光弘・三木眞一郎・白井悠介ら『歎異抄をひらく』キャラクタービジュアル解禁!『歎異抄をひらく』


映画情報どっとこむ ralph 「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」

という一文で知られる、古典文学の名著『歎異抄(たんにしょう)』。

司馬遼太郎 や西田幾多郎など著名な文化人や哲学者らの愛読書としても有名で、現代にいたるまで読みつがれる永遠のベストセラーです。

この『歎異抄』を初めてアニメ映画化し、著者と言われる唯円が親鸞聖人と出会い、仲間たちと共に迷い悩みなが ら成長する姿を描いた劇場版アニメ「歎異抄をひらく」が、5/24(金)よりシネマ ート新宿、角川シネマ有楽町ほか全国にて順次公開となります。
このたび、主演の石坂浩二(親鸞聖人役)はじめ、増田俊樹(唯円役)、細谷佳正(壮賢役)、本泉莉奈(アサ役)、市来光 弘(権八役)、三木眞一郎(慧信房役)、白井悠介(燈念役)、伊藤健太郎(明法房役)ら人気声優がそれぞれ扮するキャラクターを紹介するページが公式サイト(tannisho.jp)にてオープンとなりました。

親鸞聖人(石坂浩二)
唯円(増田俊樹)
壮賢(細谷佳正)
権八(市来光弘)
アサ(本泉莉奈)
明法房(伊藤健太郎)
慧信房(三木眞一郎)
燈念(白井悠介)

映画情報どっとこむ ralph 歎異抄をひらく

5/24(金)シネマート新宿、角川シネマ有楽町他全国順次公開

tannisho.jp


物語・・・
鎌倉時代、1200 年代初め。貧しい農家に生まれながらも賢く利発な平次郎は、ある日、親鸞聖人と出会い、多くを学び成長していく。やがて京に戻った 親鸞聖人を追って故郷を離れた平次郎は、「唯円」という名を授かり、仲間たちとともに親鸞聖人のもとで仏教を学ぶ。そんな中、かつての友人が苦境に立たされて いると知った唯円は、なにも出来ない自分への無力感にとらわれ苦悩する。なぜ、善人よりも悪人が救われるのか? 人は、なぜ生きるのか? 「すべての人間が悪人であり、救われるために条件はない」という親鸞聖人の言葉の真意が、解き明かされていく。

***********************************


【キャスト】
石坂浩二 増田俊樹 細谷佳正 本泉莉奈 市来光弘 三木眞一郎 白井悠介 伊藤健太郎

【スタッフ】
監督:大野和寿
原作:『歎異抄をひらく』高森顕徹著(1万年堂出版)
脚本:和田清人
音響監督:本田保則 音楽:長谷部徹
制作:パラダイス・カフェ
配給:キュー・テック
製作:「歎異抄をひらく」映画製作委員会 2019
  


イ・ジャンフン監督 × 原作者・市川拓司先生登壇!映画『Be With You 〜いま、会いにゆきます』公開記念トークショー


映画情報どっとこむ ralph 2004年に竹内結子と中村獅童主演で映画化され、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した市川拓司のベストセラー小説「いま、会いにゆきます」が時を経て、韓国で待望の映画化『Be With You 〜いま、会いにゆきます~』が、大ヒット公開中!

本作の公開を記念し、メガホンを取ったイ・ジャンフン監督と原作者の市川拓司氏による公開記念トークショーが行なわれました。

本作を気に入り、韓国公開時に既に顔を合わせているお二人。待望の日本公開を迎え、ファンの前でイ・ジャンフン監督による本作の裏話や、原作者の市川拓司氏が今なお根強い人気を誇る「いま、会いにゆきます」への想いを語り尽くしました!

『Be With You 〜いま、会いにゆきます~』公開記念トークイベント
日時:4月7日(日)
場所:シネマート新宿
登壇:イ・ジャンフン監督、市川拓司

映画情報どっとこむ ralph 上映終了後、作品の余韻が残る中、満席の会場にイ・ジャンフン監督が登壇。

本日を迎えて

イ監督:こんな大勢の方々に観ていただけるなんて、言葉が出ないほど嬉しいです!

とコメント。

続いて、本作の原作小説を手掛けられた作家の市川拓司氏が登壇。

市川先生:こういう会場に立つことは、約10年ぶりです。イ監督とは共通するところが多く、だからこそ原作小説に近い手触りのある作品だと思いました。

と話し、『Be With You 〜いま、会いにゆきます』への愛情を示した。

イ監督:以前から市川先生の大ファンで、実は本日が初対面でした。先ほどご一緒に食事をしましたが、このように舞台に立つことができてとても光栄です。

と笑顔で話し、

市川先生:とにかく優しい方というイメージだけでしたが、実際にお会いしたら、共通するところが多く、すごく似ていて”弟が来た!”と思うくらいでした。(笑)愛妻家で、電車が大好き、ひとり息子、ヘアスタイルもふんわりしていて、とにかく話題がつきませんでした。

と信頼し合うおふたり。

市川先生にとって「いま、会いにゆきます」はロングセラーを記録し、日本でのオリジナル映画も大ヒットを記録した思い入れ深い作品。

市川先生:初めてお話をいただいたのは、2016年頃。実は『八月のクリスマス』という作品をきっかけに韓流文化に興味を持ち、うちの妻も韓国が大好きで、ある意味、韓国に恋をしていました。そういう意味で<両想いになる>ことだと思い、嬉しかったです。

と、韓国での映画化をとても楽しみにしていたことを明らかすと、

イ監督:(映像を)完成していくことは大変でしたが、小説を通して得られた癒やしの気持ちを映像でもそのままお届けすることを、一番大切にしたいと思いました。

と、監督にとっても運命のような作品に込めていた想いを明らかにした。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、韓国では公開わずか 15 日で動員 200 万人を突破し、韓国における恋愛映画では最速記録を打ち立てる大ヒットを記録した韓国版のキャスティングについて、

イ監督:スア役は、ソン・イェジンさんと真っ先に頭に浮かびました。役のイメージはもちろん、お芝居も素晴らしい女優さんですし、幸いにすぐOKしてくださったんです。一番、心配したのは男性役のキャスティングでした。物語のなかでは、スアや息子を引き立たせるような構造でしたので…。しかし、ソ・ジソブさんは、むしろ”この役は、妻と子供を際立たせるストーリーなので、僕はサポート役をしていきますね“と言ってくれたので、作品そのもののバランスを保って描くことができたと思います。

とコメントし、大ヒットの影にあった、主演俳優の存在について明らかにした。

また、小説「いま、会いにゆきます」は、市川先生ご自身がモデルになっていることでもあり

市川先生:原作では、陸上競技の選手だが、韓国版では水泳選手だった設定、どちらもやる気を出しすぎて体を壊してしまい、そこから彼女と距離をおくが、彼女の方から距離を縮めてくる設定でしたね。母親のスア役は、実際僕の母をモデルにし、僕を産む時に難産で体を壊してしまったことで、罪の意識を持っていたという設定で自分がもつ真実だけを込めた小説でしたが、イ監督とそういった真実の部分が綺麗にシンクロしていたようです。僕がこの小説で話題になったのが40歳で、イ監督もこの映画で40歳を迎えているそうで、イ監督も映画監督デビューまで時間がかかった分、家族に対する申し訳ない気持ちがあったなかで、成功する姿をみせている状況も共通していました。(笑)映画も小説もそうですが、自分の思いを込めている作品は、観た後も読んだ後も、赤の他人の物語より印象が変わってくると思います。だからこそ、イ監督がうまく表現してくださったんだと思います。

と、原作者の目線からみた『Be With You 〜いま、会いにゆきます』の魅力を語り、とにかくベタ誉め!

イ監督:この小説は、今まで4回映像化されましたが、その中でソ・ジソブさんが演じたこの作品が、一番自分が小説を書き下ろしながらイメージした人物と類似していて、ソ・ジソブさんの姿をみて自分の中でシンパシーを感じました。自分のなかでしっくりと自分と重ねる映画でしたね。僕をこんなにカッコよく演じてくれて、ありがとう!

とコメントし、その話を受けて、嬉しい気持ちを隠せないイ監督も笑顔で市川先生とアイコンタクト。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

市川先生:この映画は<許し>と<寛容>の物語であり、つたない、失敗した男が女神のような存在の妻に出会い、許されるといった物語です。近年<裁く>、<罰する>ような物語が主流となっているなか、優しい気持ちにさせるような作品が貴重な時代ではないかと思っていますので、みなさんにもこの作品を通して“優しい”気持ちを持ち帰っていただきたいです。

と語り、『Be With You 〜いま、会いにゆきます』を今見るべき作品であることをアピール。続いて、

イ監督:今は、小さい規模で公開されていますが、本作を気にいってくれて、皆さまが応援してくださることで、もしかしたら、ソン・イェジンさんやソ・ジソブさんが来日してPRする日がくるかもしれません。本作へのたくさんの愛情をよろしくお願いいたします。

と応援を呼びかけるコメントで締めくくり、笑いと歓声に包まれる中、イベントは幕を閉じた。


映画『Be With You ~いま、会いにゆきます』
原題:지금 만나러 갑니다


大ヒット公開中

公式HP:
be-with-you

***********************************

監督:イ・ジャンフン
出演:ソ・ジソブ(「ごめん、愛してる」『ただ君だけ』)、 ソン・イェジン(『私の頭の中の消しゴム』『四月の雪』)、
キム・ジファン、コ・チャンソク(『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』)
2018年/韓国公開3月14日/131分/
配給:クロックワークス
原作:市川拓司「いま、会いにゆきます」(小学館刊)
映画:『いま、会いにゆきます』(製作「いま、会いにゆきます」製作委員会/監督 土井裕泰/脚本 岡田惠和)
© 2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.