「シネクイント」タグアーカイブ

三浦雄一郎 x 大場美和 登壇 『クレイジー・フォー・マウンテン』トークショー付き特別試写会


映画情報どっとこむ ralph 世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を迫った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』が7/21(土)より新宿武蔵野館・シネクイントほか全国順次公開。

その公開を記念して・・・・

世界最年長エベレスト登頂記録を持つ冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(85歳)と世界で活躍するプロクライマーの大場美和さん(20歳)をゲストトークイベント付き特別試写会が行われました!


映画『クレイジー・フォー・マウンテン』イベント試写会
日時:7月10日
場所:神楽座
登壇:三浦雄一郎(プロスキーヤー/冒険家)、大場美和(プロクライマー)

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手で迎えられる中、現在85歳で世界最年長エベレスト登頂記録を持つ三浦さんと美しすぎるプロクライマーとしてテレビやCMを含め、世界で活躍する大場さんが挨拶し、イベントはスタート。

5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を映し出している本作。長年スキーや登山の世界で活躍する三浦さんは、とくに印象に残ったシーンを聞かれ

三浦さん:やっぱりエベレスト!エベレストは歩いて宇宙に近づいている感覚が味わえます。

と自身にとっても特別な場所であることを明かした。

一方、9歳からスポーツクライミングを始め、現在は自然の岩を登っている大場さんは

大場さん:アスリートたちによる命がけでしか得られない体験がスクリーンを通して観客も味わえる贅沢な映画ですね。

と本作を絶賛!!それを受け

三浦さん:小さな画面で観るのはもったいない映画。大きなスクリーンと素晴らしいサウンドを味わうために公開したら真っ先に劇場へ行こうと思いました。

と付け加えた。

映画情報どっとこむ ralph 本作が投げかける「人は何故山に登るのか」という問いについて、

三浦さん:自分に対する好奇心ですね。

大場さん:限界に挑戦することが面白いから。死と隣り合わせなこともあるが嫌ならやらなきゃいい!

と笑顔。

本作を手がけたジェニファー・ピードン監督は登山家であり、山岳ドキュメンタリー監督としてはとてもめずらしい女性監督。

音楽の使い方や映像にも女性ならではの目線が映し出されているのも印象的な作品になっていることに、大場さんもプロクライマーとして

大場さん:実際に登る時は、指の場所が数ミリ違ったり足の向きを間違うだけで登れるところが登れなかったりするんです。

と実は繊細に考えながらクライミングしているそうで

大場さん:気持ちを落ち着けるのに音楽を聴いたりもします。

と話した。
映画情報どっとこむ ralph 本日7月10日は実は“富士山の山開き”。一般の方に向けて

大場さん:自然を絶対に傷つけないで!

三浦さん:想定外のこともあるのが山。ことわざの“年寄り半日仕事”をモットーにしたことでエベレストにも登れた。余裕を持ちゆっくり挑みましょう。

とメッセージ送り、イベントを締めくくりました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン

は7月21日(土)より新宿武蔵野館・シネクイント他全国順次公開です。

公式サイト:
http://crazy4mountain.com



***********************************

製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館 
協力:The North Face
配給:アンプラグド 
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ    
©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd
      


最新作『セラヴィ! 』7/6(金)オープンの新・シネクイントのオープニング作品に決定!


映画情報どっとこむ ralph 映画「最強のふたり」の監督・スタッフ陣により製作された、待望の最新作『セラヴィ! 』が、7月6日(金)より日本公開されることが決定となりました。

新・シネクイントのオープニング作品として公開されるほか、全国公開となります。​


劇場名:シネクイント CINE QUINTO​
所在地:〒150-0042 ​
東京都渋谷区宇田川町20-11 渋谷三葉ビル7階​
開業日:2018年7月6日(金)​
スクリーン数:2スクリーン​
席数:162席/115席(予定)+車椅子スペース各1



​世界的に注目を集める製作チームの再集結は、本国フランスでも大変な話題となり、公開週は、勿論、文句なしの1位スタートを切り、公開1ヶ月で興収25億円を突破した超・話題作です。

同年公開「ラ・ラ・ランド」「ダンケルク」といったハリウッドの超話題作を抜き、2017年フランスでの興収ベスト10入りを果たした期待作が、いよいよ今年の夏、日本全国で公開となります。​

映画情報どっとこむ ralph 本作は、ベテラン・ウェディングプランナーを主人公に、パリの結婚式での一日を舞台に繰り広げられる、人々の人生と思惑が痛快に交差する、大人のためのライフ・エンターテインメント作品です。皆で集い、皆で祝う、人生で最も華やかなイベントの舞台裏で働く人たちの姿から、“ハレの日”も“悩める日も”「これも人生、まぁ、いいか!」とすべてを笑い飛ばしていけるヒントと、愛と感動と失敗と笑いがいっぱいに詰まった、まさに映画館のオープニングを飾るにふさわしい人間賛歌といえる作品です。​

人生で最高に幸せな舞台を創り上げられるはずの ベテラン・ウェディングプランナー​

本日のお客様は・・・ “ナルシスト”でやっかいな新郎、、、そして・・・、まわりのスタッフは全員“ポンコツ”・・・!!​
舞台は、結婚式。あのルイ13世が所有していたパリ郊外・フォンテーヌブローの近くのクランス城。ウェディングプランナーとして30年間、数えきれない挙式をプロデュースしてきたマックスは、近頃、“引退“という文字が頭をよぎる日々が続いていた。そんな折、ピエールとヘレナというカップルからの依頼で、17世紀の城を舞台にした豪華絢爛な結婚式を控えていた。ウェイターやキッチンスタッフを雇い、カメラマンやオーケストラをブッキング、会場を彩る花や、スタッフの衣裳、出席者の席順など細かな演出をセッティングし、マックスはいつも通り、式を成功させるための準備を整えていた。​

しかし、マックスのそんな努力も虚しく全てがことごとく大失敗!ウェイターはシワシワなシャツにおかしなヒゲ、新婦を口説きはじめるスタッフ、オーケストラはワンマンショー気取り、カメラマンはおしゃべりとつまみ食いを繰り返し、彼のたてた完璧なプランとは逆に、感動的になるはずだった式は大惨事と化す…。​

様々な思惑と人生が交差する結婚式の、朝の準備から、夜が明けて式が終わるまでを、スタッフたちの目線で、ユーモアをたっぷり詰め込んで軽快に描いています。​

「セラヴィ!」 
原題:「Le Sens de la Fête」
英題:「C’EST LA VI!」


2018年7月6日(金)渋谷・シネクイント他全国公開​

公式サイト:cestlavie-movie.jp

***********************************

配給:パルコ​
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ​
出演:ジャン=ピエール・バクリ、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルーヴ、ヴァンサン・マケーニュ​
製作年:2017年
製作国:フランス
本編:117分 言語:フランス語​
©2017 – QUAD + TEN – TEN FILMS – GAUMONT – TF1 FILMS PRODUCTION – PANACHE PRODUCTIONS – LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE​


レベッカ NOKKO降臨!『シング・ストリート 未来へのうた』トークイベント


映画情報どっとこむ TJ 映画と音楽の幸せな出会いから生まれ、全世界を虜にした『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』のジョン・カーニー監督、待望の最新作『シング・ストリート 未来へのうた』が、7月9日(土)
ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国順次公開となります。

この度、80年代を舞台にしてる本作公開を記念して、80年代に一斉風靡した歌姫・NOKKOさんを迎え、公開直前イベントが行われました。本作を意識した衣装に身を包み、映画について、子供、そして、音楽について語りました!
シングストリートNOKKO挨拶1
『シング・ストリート 未来へのうた』公開直前イベント

日付:7月5日(火)
場所:シネクイント
登壇:NOKKO

映画情報どっとこむ TJ 盛大な拍手の中、本作のネオンをイメージした衣装で登場したNOKKOさん。会場はファンの方たちで埋め尽くされています。

シングストリートNOKKO挨拶NOKKOさん:NOKKOです。洋画の映画イベントは初めてです。

MC:本作ご覧になっていかがでしたか?

NOKKOさん:よくできてましたよ。違和感がなくて音楽が大好きな人が作ったんだろうなと。外国なんだけど、どこか懐かしい感じですよね。この気持ち知ってるって感じがありましたね。この映画はダブリンで都会にあこがれる感じがわかりましたね。私は埼玉なんですけど。


MC:音楽に関しては?

NOKKOさん:ドラム持ってる子はお金持ち。はロックあるあるですね。

MC:NOKKOさんは映画は見られるんですか?

NOKKOさん:最近見たのは「アリス・イン・ワンダーランド」4Dで見ました!子供と一緒に見られるものが多いですね。

MC:今回サウンドトラックが良いんですけど。

NOKKOさん:聞き入っちゃいました。DURANDURANとかもいいんですけど、オリジナルが秀逸なんです!特にバラードのWay to find you. 弱冠80年代というよりも尾崎豊さんを感じてしま
いました。

映画情報どっとこむ TJ MC:昨年30周年ライブが行われて

シングストリートNOKKOトーク2NOKKOさん:崖から飛び降りるような気持ちで(さすが大人。時事ネタを挟みます。)ワイヤーで15m飛びました!そうそうないことだからやっておこうと!歓声がすごくて震えました。

MC:REBECCAはファッションが印象的でしたが・・

NOKKOさん:メインストリームがアイドル路線だったので、そこに抵抗していて。パンクとかUKな古着を改造していました。一生懸命あり方を発信していたんです!

MC:バンドをはじめたきっかけは?

シングストリートNOKKOトークNOKKOさん:自分を表現することを模索していてバンドを始めましたね。それから、多いな渦に巻き込まれるようにして進んでいきましたね。

MC:試写した方々は青春を思い出したり、頑張ろうとする方が多いようですが、今、夢が叶わない若者や夢がない若者に向けて、メッセージありますか。

NOKKOさん:僭越ですけど。その日その時の成功というのが、それだけが人生の収穫ではないわけで。何が実るのかわからないけど畑を耕すのは無駄じゃないんだよ!って今は思います。いくつになっても続けていくことが大切です。何かを耕す。いつも耕す。いつ咲いちゃうかわからないから。自分を信じて。

シングストリート
最後に

NOKKOさん:この映画終わり方が素敵なんです。音楽も秀逸。影響されちゃいます。

映画情報どっとこむ TJ 『シング・ストリート』ポスター物語・・・
80年代ダブリン。両親の離婚、いじめ、不況 ― 灰色の空の下。

14歳のコナーはバンドを組む。街でいちばんイカした彼女を振り向かせるために―
1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィーナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まったー。

シング・ストリート 未来へのうた

7月9日(土) ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント 他全国順次公開です。

公式HP:http://gaga.ne.jp/singstreet

***********************************


監督・脚本:ジョン・カーニー 『ONCE ダブリンの街角で』、『はじまりのうた』
出演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、エイダン・ギレン、マリア・ドイル・ケネディ、ジャック・レイナー、ルーシー・ボイントン
© 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved


『エクス・マキナ』ロケ地ノルウェーでの撮影秘話映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 本年度アカデミー賞にて『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『オデッセイ』『レヴェナント:蘇えりし者』などの並み居る大作を退け、見事に視覚効果賞を受賞した『エクス・マキナ』が、6/11(土)より、シネクイント他にて全国ロードショーとなります。
『エクス・マキナ』 24歳のケイレブ(ドーナル・グリーソン)は世界最大のインターネット会社で働くプログラマー。
ある時、会社の抽選会に当選し、賞品として普段は滅多に姿を現さないCEO、ネイサン(オスカー・アイザック)が所有する山あいの邸宅に1週間滞在できることとなる。
彼は美しい女性型ロボットに搭載された人工知能のテストに協力する。しかし実験は次第に怪しげな心理戦と化し、人間と機械の主従関係は崩壊していく。

と、いう作品ですが・・・

監督はじめ制作陣とキャストがロケ地ノルウェーでの撮影秘話を語った、特別映像が到着しました!


映画情報どっとこむ ralph ◎アレックス・ガーランド(監督/脚本)
ロケ地とセットは低予算映画の悩みどころ。
本作では億万長者の家を用意しなきゃならない。そこで壮大な景色の中に建物を置くことで、圧倒的権力を表現しようと考えた。

◎アンドリュー・マクドナルド(製作)
息を飲むような景観と雰囲気が気に入って、ロケ地は早々にノルウェーに決まった。
切り立った丘や滝が実に美しい。

◎ドーナル・グリーソン(ケイレブ役)
これを見るだけで…人物像が分かる。
山も川も 見渡すものすべてネイサンが所有してる。彼はそういう人間なんだ。

◎アレックス・ガーランド(監督/脚本)
いかにもSFっぽい感じは嫌だった。目指したのはより温かみのある雰囲気だ。

エクス・マキナno3
◎マーク・ディグビー(美術監督)
人工物と自然素材を共存させーー全体のバランスを重視した。
無機質でハイテクな要素を散りばめながらも、美しい環境と調和するように工夫した。登場人物の心情ともリンクするようにね。
エヴァの部屋は観察室だ。そこにブースを作ろうと考えた。
普通ならブース内に入るのはエヴァだがーー我々は観察者であるケイレブを入れることにした。
エヴァは動き回れる。

◎アレックス・ガーランド(監督/脚本)
このセットのおかげで物語がより面白くなった。
エヴァは動物園のトラみたいに、行ったり来たりするだけ。動き回れても監禁状態に見える。
一方 ブース内のケイレブは、すぐに大自然に出られる。
スタッフやキャストが私の脚本から想像を膨らませ、作品を磨き上げてくれたと思う。

エクス・マキナno2
映画情報どっとこむ ralph 美しい自然と科学の

エクス・マキナ

6/11(土)より、シネクイント他にて全国ロードショー!
http://www.exmachina-movie.jp
https://twitter.com/exmachina_jp
https://www.facebook.com/exmachinajp

***********************************

エクス・マキナ監督・脚本:アレックス・ガーランド 『28日後…』『わたしを離さないで』

出演:
ドーナル・グリーソン
『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

アリシア・ヴィキャンデル
『リリーのすべて』『ジェイソン・ボーン』

オスカー・アイザック
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』『スター・ウォーズ/フォースの覚
醒』

ユニバーサル映画 配給協力:パルコ
(C)Universal Pictures
  


美しすぎるロボット“エヴァ”『エクス・マキナ』ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 本年度アカデミー賞にて視覚効果賞を受賞した『エクス・マキナ』が、6月11日(土)より、シネクイント他にて全国ロードショーとなります。

この度、『リリーのすべて』で本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞し、ルイ・ヴィトンのアンバサダーとしても活躍するなど、今最も旬な女優として注目を集めるアリシア・ヴィキャンデルが演じた「美しい女性型ロボット“エヴァ”」のビジュアルが解禁となりました!!

exmachina_poster_0412_7
映画情報どっとこむ ralph <生命の発見!アリシア・ヴィキャンデルのキャスティング秘話>

アレックス・ガーランド監督は、エヴァに必要な側面がすべてアリシア・ヴィキャンデルに宿っていたと言う。

監督:彼女はあらゆる意味で完璧でした。とても美しい女性であるだけでなく、とてつもない才能を持った女優であり、子どものころからバレエの訓練を受けていました。そのため、自分の体の動きを正確に制御することができるんです。歩き方から、手の動き、頭のほんの少し傾けるといった動作までもね。

と、語っています。また、ヴィキャンデルにとっても、『エクス・マキナ』はすべての希望に当てはまる映画だったそうで。

彼女は、人工的な雰囲気を出すため顔に白いメーキャップを施して撮影したオーディションビデオを送ったのですが。これを見た製作チームは、エヴァ役は彼女しかいないと確信。

役作りでは実体験を基にしてきたと語る女優にとって、エヴァを演じることは困難を極め、

ヴィキャンデル:アレックスとふたりで独自のルールを作らなければなりませんでした。実在しないものを作り出すにはどうすればいい?ひとつの疑問に答えるたびに、新たな疑問が100個浮かぶんです。

ヴィキャンデルの演技の目標は、CGの壁を突破して感情を伝えることにもある。

映画情報どっとこむ ralph 製作のアロン・ライヒは、

ライヒ:観客には、まずエヴァに驚いてほしいですね。エヴァが初めて登場するシーンでは、彼女もネイサン(オスカー・アイザック)も機械であることを決して隠そうとしません。とても美しく愛らしい女性の顔を持ったロボットです。ですから観客は、初めはテクノロジーとしての彼女に驚き、そして、次第に彼女の人間性に惹かれていくのです。

『エクス・マキナ』

6/11(土)より、シネクイント他にて全国ロードショー!

http://www.exmachina-movie.jp

https://twitter.com/exmachina_jp

https://www.facebook.com/exmachinajp

***********************************

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実験だった…。

監督・脚本:アレックス・ガーランド 『28日後…』『わたしを離さないで』

出演:
ドーナル・グリーソン『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
アリシア・ヴィキャンデル『リリーのすべて』『ジェイソン・ボーン』
オスカー・アイザック『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

ユニバーサル映画 配給協力:パルコ 
(C)Universal Pictures