「シシド・カフカ」タグアーカイブ

エリック・クー監督、斎藤工、ジネット・アウ、シシド・カフカ登壇!『家族のレシピ』


映画情報どっとこむ ralph 「家族のレシピ」公開を記念して、実食会を含むスペシャルイベント「キュリナリーシネマイベント」を開催。

第1部の試写会に続き、第2部では、本作ゲストそれぞれの“家族のレシピ”を紹介。 彼らの“家族のレシピ“を再現したメニューに加え、映画の中で登場するオリジナルメニュー「ラーメン・テー」(ラーメン×シンガポールのソウルフード:バクテー(肉骨茶))が登場。ゲストによるトークショーを行いました。


日時:2月2日(土)
会場: PLUS TOKYO
登壇:エリック・クー監督、 斎藤工 、ジネット・アウ 、シシド・カフカ

映画情報どっとこむ ralph ★映画から生まれたオリジナル料理

映画の料理監修をしている竹田敬介さん率いるチームケイスケが調理。映画の中で、斎藤工演じる主人公真人が家族の絆を取り戻すために作った「ラーメン・テー」。
斎藤工の「いただきます!」を合図に会場にいる皆さんと試食しました。

斎藤工:今日出てきたラーメン・テーは絶妙な美味しさです!ラーメン・テーは、バクテーにただ麺を入れるだけでは成立しない。竹田敬介さん(「家族のレシピ」料理監修)のスープ加減は絶妙で、これは、日本でさらにバクテーが進化するきっかけになると思います。この映画を通して、また新たに料理に興味を持ちました。バクテーも自分で作っていて、これは得意料理の一つになりました。

この映画は、エリック監督が、ラーメンとバクテーを融合させて、きちんと一つの料理として完成してから、映画作りを始めた、このプロセスは監督ならではだと思います。
映画の撮影では、スタッフ、キャストのみんなが家族のような関係になりました。

一番感動したのは、監督が撮影最終日にチキンスープを作ってきてくれて、その想いや煮込む時間をかけてくれたことに感動して号泣してしまいました。本当に美味しくて、家族を見つけた味、というか。僕にとってはドキュメンタリーのような感覚です。

この映画はベルリン国際映画祭キュリナリー部門に出てから30~40ヶ国で配給が決まりました。世界市場に向けてアジアから映画を発信する、日本映画にとってもモデルケースとなる作品。そしてお腹が減る一本です。映画と食を味わう体験を、ぜひ日本の方にもして頂きたいです。

ジネット・アウ:日本で食べるラーメンテーは、シンガポールとは違うおいしさ。日本とシンガポールの良いところが一緒になった味ですね。
撮影でお世話になった高崎で食べた、ちごもちが私にとっての忘れらない家族の味です。高崎の菓子職人の方にレシピも学びました。新鮮なフルーツを薄皮のお持ちで包んだ贅沢な一品です。

シシド・カフカ:ラーメンテーは初めて食べました。想像を見事に満たしてくれる味!シンプルなのにピリッと辛いところが好きです。家族のレシピは、メキシコ料理のケサディア。幼い時メキシコで過ごしていて、その時に朝食で母がよく出してくれてました。

エリック・クー監督:ラーメンテーは素晴らしい!シンガポールで食べるより美味しいと感じるのはなぜでしょう?ケイスケさんは天才!日本のポークはクオリティが高いからシンガポールのバクテーが更に美味しくなる!
家族のレシピは、半熟卵のダークソイソースがけ。毎朝母が作ってくれた味です。ダークソイソースをかけて食べるのがシンガポール流です。
この映画で工や日本のキャスト、クルーと一緒に過ごして見つけたのは友情、慈愛、慈しみの心です。この友情はどんどん大きくなっています。


映画情報どっとこむ ralph ★ゲストが紹介する「家族のレシピ」 以下の料理がふるまわれました。

松田聖子のレシピ「がめ煮(筑前煮)」
※子供の頃から、お正月などのおめでたい時に、松田家で必ず食卓に出てきた、一番思い出深い品。

伊原剛志のレシピ「伊原家の牛丼」
※しゃぶしゃぶを食べた後に、翌日残ったお肉を使って牛丼を作ったら子供が大絶賛。
それ以来、しゃぶしゃぶのお肉は残すという習慣がついた。

別所哲也のレシピ「別所家のピーマンの肉詰め」
※母が良く作ってくれた1品で、お弁当にも良く入っていた思い出の味。

シシド・カフカのレシピ「ケサディア」
※生まれた国、メキシコの家庭料理“ケサディア”

エリック監督レシピ「半熟卵のダークソースがけ」


映画情報どっとこむ ralph 映画「家族のレシピ」 

3月9日(土)より シネマート新宿 ほか全国ロードショー
「美味しい」 その一言が、時と国境を超え、家族をつなぐ—
日本からシンガポールへ、父と母が遺した「家族の味」をたどる旅
世界中のすべての家に、その家庭の味がある。一口食べれば、記憶が蘇り、家族や故郷につながることができる–。日本のラーメンと、シンガポールのバクテー。いつの時代も庶民の心と体を満たしてきたソウルフードをモチーフに家族の絆を描いた珠玉のドラマが誕生しました。  本作は、シンガポールと日本の外交関係樹立50周年をきっかけに製作。斎藤工演じる主人公が、父親の死をきっかけに幼い時に亡くした母の地元・シンガポールに旅立ち、一度はバラバラになってしまった家族の絆を取り戻すために奔走する物語。共演の松田聖子は、シンガポールのフードブロガー役で主人公に現地の名物グルメを案内し、家族探しを手助けする。監督は、カンヌ・ヴェネチア、トロント、ベルリンなどの国際映画祭で常に高い評価を得るシンガポールを代表する映画監督で、2011年にはマンガ家・辰巳ヨシヒロの漫画を原作に初の長編アニメーション『TATSUMI マンガに革命を起こした男』で日本でも広く知られるエリック・クー。

また本作には、美食の国・シンガポールの名物グルメの数々と、今や日本を飛び出し世界的なブームを巻き起こしているラーメンが劇中に続々と登場し、映画ファンはもちろん世界の美食家たちから熱視線を受けている。過去に、映画『二郎は鮨の夢を見る』『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』なども上映され話題となったベルリン国際映画祭の食をテーマに秀逸な作品を選出する「Culinary Cinema(キュリナリー・シネマ)」部門にて、今年の2月開催でワールドプレミアを行い、エリック・クー監督や斎藤工、松田聖子も出席した食事会付き上映は大盛況。9月開催「世界一の美食の街」と謳われるサン・セバスチャン国際映画祭にも正式招待、食事付き上映会チケットは売り出しと同時に即日完売するほど。既に公開中のフランスではラーメン人気も重なりスマッシュヒットを記録!世界40カ国以上で上映決定した。


***********************************


出演:斎藤工、マーク・リー、ジネット・アウ、伊原剛志、別所哲也、ビートリス・チャン、松田聖子

監督:エリック・クー 
主題歌:シシド・カフカ「Hold my Hand」
撮影:ブライアン・ゴートン・タン 
脚本:ウォン・キム・ホー 
料理監修:竹田敬介 
スチール:レスリー・キー
シンガポール・日本・フランス合作映画 
配給:エレファントハウス/ニッポン放送
2018/日本語・英語・中国語/DCP/カラ―/ビスタ/89分
原題:RAMEN TEH 
(C)Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

超豪華キャストが!『Zアイランド』完成披露試写会イベント


哀川翔、鶴見辰吾、鈴木砂羽、木村祐一、宮川大輔、風間俊介、シシド・カフカ、村上淳、上地雄輔豪華出演者陣登壇!

哀川翔、芸能界で生き残る秘訣は、”敵をつくらない”こと!

0427Zアイランド完成披露
5月16日(土)より全国公開の 哀川翔活動30周年記念主演作品にして、品川ヒロシ監督最新作の

Zアイランド』。

この度、本作の公開を記念して豪華出演者及び監督が登壇の舞台挨拶イベントが行われました。

宮川さんが、映画の中で演じる、絶対死なないスーパー人間=Zゼーット!の姿でサプライズ登場をしたり、イベントで中は撮影中などのエピソードに加え、本作の内容にちなみ芸能界で生き残るための秘訣を登壇者たちがそれぞれに披露するなど、大盛り上がりのイベントとなりました。

『Zアイランド』完成披露試写会 概要
日時:4月27日(月)
場所:TOHOシネマズ 新宿
登壇者:哀川翔さん、鶴見辰吾さん、鈴木砂羽さん、木村祐一さん、宮川大輔さん、風間俊介さん、大悟(千鳥)さん、川島邦裕(野性爆弾)さん、山本舞香さん、般若さん、シシド・カフカさん、品川ヒロシ監督、村上淳さん、上地雄輔さん

超豪華なキャストが登壇後に脚本・監督を務めた品川ヒロシ監督が登壇すると、豪華な登壇者たちに歓声が上がり、会場はヒートアップ!

しかし、一人登壇されていない出演者がいることに気付いた監督。

監督:おかしいな。さっきまで14人だったんですけどね・・・

と呟くと、会場後ろの扉から、宮川大輔さんが映画の中で演じる、絶対死なないスーパー人間=Zゼーット!の姿で登場!映画さながらの演技で威嚇しながら会場中を暴れまわると、会場から笑いと拍手が沸き起こりました!


宮川さん:正直いいうていいですか?全く盛り上がっていなかったんですけど・・・

と落ち込み気味で話すと、

鈴木さん:初日もあるから対策考えよ!
哀川さん:せっかく時間かけてメイクかけたのにやめときゃよかったな!

と痛恨の一言!また、フォーマルな格好でキメてきた登壇者たちと自身の姿を比べて

僕もお洒落したい!僕こればっかり!映画撮り終わってからもう20回くらいこの格好してるんだけど!

と悲しみを滲ませました。

0427Zアイランド完成披露3
MC:芸能生活30周年、通算111本となる記念すべき作品となった本作。製作に至ったきっかけは?

哀川さん:(品川監督の前作)『サンブンノイチ』の撮影現場で、俺の30周年だから何か撮ってくれないって渋い声でお願いしたんだよ。そしたら承諾してくれて、一月くらいで脚本を書いてきてくれたんだよな。

品川監督:雑談しているところで急に言われたんです。渋い声ではなかったですけど(笑)
元々ゾンビ映画が好きで撮りたかったけど、企画がなかなか通らなくて・・・そこで翔さんに声を掛けてもらってピッタリだなって。翔さんの事務所の方に今までにない哀川翔をとってほしいとい言われて、ヤクザとゾンビにしました。

MC:本作でZと戦うシーンを演じられていますが、アクションはいかがでしたか?

鈴木さん:衣装合わせのときに、これは勇者の剣ですって言われて(笑)その剣をみて、これは相当なアクションだなと思いました。

山本さん:品川監督が本当にかっこいいアクションをつけてくださったんですけど、それが今まで自分がやりたいと思っていたアクションだったんです!二ヶ月くらい監督と一緒に練習しました!

シシドさん:私は運動が苦手で現場に入るまでアクションがあるなんて知らされていなかったので驚きましたけど、痣をつくりながら頑張りました(笑)

品川監督:カフカちゃんは苦手と思えないくらい見事にやってくれました!ドラマーで手足がバラバラに動くからなのかな(笑)



MC:撮影中の品川監督の様子、または出演者たちの撮影中のエピソードは?

鶴見さん:品川監督はアクションにこだわりがある。本当に見所です!

木村さん:笑いの部分はシーン毎にアドリブをつけながらベストなものをつけていましたね。笑いは本業だし、天性のものが備わっているけど、アクションやその他もすごく勉強しているのが伝わる。そういえば、昨日誕生日おめでとう!

般若さん:僕は映画が初めてで、セリフを覚えることから大変でした(苦笑)

大輔さん:僕は品川監督作品4本中3本出演させていただいているんです。今回はZになる一発目の役だったのでどういう風に動こうかすごい悩みましたね。品川監督に最初見てもらったら、「それゴリラじゃん!」って言われましたよ!

風間さん:現場でトラブルがあっても柔軟に対応してくださって、アドリブを聞いてもらいました。


MC:本作は、閉ざされた島、Zアイランドで最後に「生き残る」のは誰なのか・・・ということで「生き残り」トーークが繰り広げられました!芸能界という厳しい世界で「生き残る」ための秘訣をそれぞれに書いたフリップを一斉に披露!

哀川さん:敵をつくらない
鶴見さん:自転車に乗ること
鈴木さん:研ぎ澄まれた刀のような・・・
木村さん:無事故無違反
宮川さん:早寝早起き
風間さん:監督やディレクターの意図をくむ
大悟(千鳥)さん:チェイサーを飲む
川島さん:ピンク墓
山本さん:いつも笑顔で^^
般若さん:時間を守る
シシドさん:不真面目に頑張る
村上さん:お口にチャック
上地さん:(自分の横にたつ登壇者たちを指して)これを全部できる人
品川監督:酒

川島さん:一見不思議に思えるでしょ。でもね、芸能界というのはやっぱり華がないといけないなって思うんです。だから先祖の墓をピンク色に塗ったる!ってことですね。やはり先祖からお祈りしないと。僕はもちろんやっていますよ!

哀川さん:戦っていいことはない!だけど一番の攻撃の手段は朝早くに電話することだな!

品川監督;前に翔さんが4時半頃かけてきて・・・辛かったです・・・

0427Zアイランド完成披露2
MC:本作に続くもうひとつのドラマdtv『Zアイランド~関東極道炎上篇~』について。

村上さん::撮影楽しかったです。監督はアクションとなるとすごい燃える人!作品もすごい面白いです。

上地さん:すごい面白いです!アクションはなんといってもすごいです!

品川監督:アクションに関しては、すごく練習してもらいました!あとこちら事ですけど、庄司くんに出てもらっているんですよ!撮影中に下着から金●が出てたんですけど、あえてカットもかけずそのまま辱めを受けさせ続けるということをやっていました(笑)

MC:最後にこれからご覧になる方に対してのメッセージ

哀川さん:みなさん、思いっきり笑って、恐がって、涙してもらいたい。自分の30周年にこんな素敵なメンバーと一緒に作品をつくることができて本当に嬉しい。スピンオフもすごいよかったな!もし楽しんでいただけたら周りの方にも是非そのことを伝えていただければと思います!

『Zアイランド』

2015年5月16日(土) 全国公開

公式HP:www.z-island.jp
公式Twitter:https://twitter.com/Zisland_movieJP
公式Facebook:https://www.facebook.com/Zisland.movieJP

********************************************************************


監督・脚本: 品川ヒロシ

キャスト:
哀川 翔  鈴木砂羽  木村祐一  宮川大輔  RED RICE(湘南乃風)大悟(千鳥 )川島邦裕(野性爆弾)  山本舞香  水野絵梨奈  般若  篠原ゆき子  シシド・カフカ
風間俊介  窪塚洋介  中野英雄 / 鶴見辰吾
配給:KADOKAWA/吉本興業
(C)2015「Zアイランド」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

日本女子博覧会にシシド・カフカLIVEにゾンビが!『Zアイランド』


5月16日(土)より全国公開となる哀川翔活動30周年記念主演作品、品川ヒロシ監督最新作の

Zアイランド

この度、大阪で開催された「-JAPAN GIRLS EXPO 2015 春-」で、本作『Zアイランド』と本作に出演しているシシド・カフカさんが出演!

ライブ終盤では映画にちなみ、ゾンビが登場!

シシドさんとゾンビとの異色のライブパフォーマンスに会場は大いに盛り上がりました。

「日本女子博覧会-JAPAN GIRLS EXPO 2015 春-」
シシド・カフカ×『Zアイランド』コラボステージイベント
日時:2月21日(土)
場所:インテックス大阪 5 号館(大阪市 住之江区南港北)
登壇者:シシド・カフカ
ライセンス(井本貴史、藤原一裕)、ゾンビ
シシドxゾンビ
シシドさんが舞台上に姿をみせると会場内は大興奮!満員のお客様のなか、シシドさんのライブステージがスタート。

MCを交えながら計5曲を激しいドラムとともに熱唱したシシドさん。

5曲目に行く前に、
シシドさん:去年は、アーティスト以外のことにたくさん挑戦した1年で、特にドラマ出演は個人的にとても大きなチャレンジだった。
と去年を振り返り、2015年、さらなるチャレンジとして映画出演、ということで、本作『Zアイランド』の話に・・・

映画の特報を観客と共に見た後、

シシドさん:ゾンビとかがちょっと苦手な人も笑えて楽しめる映画なのでぜひ観てください!

と。そのまま5曲目に突入・・・・・

すると途中からステージにゾンビたちが登場!

シシドLIVExゾンビ
かっこよくドラムをたたくシシドさんのまわりをゾンビたちが盛り上げ、踊りだすゾンビもいたほど。
ゾンビの中に、よしもと新喜劇所属の酒井藍がまぎれているのをお客さんも素早く発見し、「愛ちゃんだ!」とお客さんから手を振られた酒井は、ゾンビに変身中にもかかわらずニコニコ手を振り返しました。

シシドx酒井藍
ゾンビとのコラボレーションライブが終わり、MCとしてライセンスが登場。
「健康的すぎる!」と酒井藍をいじり、さらには「トークになったら一斉にゾンビの子ら気ぃ抜いてるやん!!」とパフォーマンスが終わって立ち尽くすゾンビに渇!
シシドxライセンス
映画について、ゾンビの役がきたときの感想をきかれたシシドさんは、

シシドさん:未知なのでとにかく思い切りやるしかないと思って全力でやりました。品川さんも全力でぶつかてきてくれるので、全力で返しました。
カフカゾンビ1 作品は、品川さんらしく笑いもあり、でも一人ひとりのストーリーがとても素敵で涙もありのゾンビ映画なので、ちょっとゾンビが苦手という方も、勇気を出して観に行って頂ければなと、絶対に楽しめる映画です!

Zアイランド

公式HP:www.z-island.jp
公式Twitter:https://twitter.com/Zisland_movieJP
公式Facebook:https://www.facebook.com/Zisland.movieJP

2015年5月16日(土) 全国公開

********************************************************************

キャスト
哀川 翔  鈴木砂羽  木村祐一  宮川大輔  RED RICE(湘南乃風)大悟(千鳥 )川島邦裕(野性爆弾)  山本舞香  水野絵梨奈  般若  篠原ゆき子  シシド・カフカ

風間俊介  窪塚洋介  中野英雄 / 鶴見辰吾

監督・脚本: 品川ヒロシ
配給:KADOKAWA/吉本興業
(C)2015「Zアイランド」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

シシド・カフカがゾンビ化!『Zアイランド』


芸能生活30周年の節目を迎えた哀川翔さんの記念すべき主演最新作。品川ヒロシ監督がメガフォンを!

今度の敵は…ヤクザとZ<ゾンビ>!

Zアイランド

閉ざされた島“Zアイランド”で最後に生き残るのは果たして誰なのか―。

Zアイランド集合写真
この度本作で映画初出演、劇伴でドラムも担当するシシド・カフカさん。

普段の彼女の美しカッコいいイメージそのままのスタイリッシュなゾンビ姿が初解禁となりました!

カフカゾンビ前2 カフカゾンビ1
果たして彼女は何故、“Z”と化してしまったのか? 彼らは閉ざされた島“Zアイランド”から脱出できるのか―。

ってゾンビ化した人が島出られるのは困りものです!!!

シシド・カフカさんと品川監督のコメントが到着しています。

シシド・カフカさんのコメント

Q:ゾンビメイクやゾンビ演技をしてみての感想(大変だったこと)

A:長時間をかけてのメイクは、大変な面も在りましたが楽しい作業でした。勿論、ゾンビに変身したのは初めてでしたので何か強い仮面を与えられたようでゾンビ化した後の”直美”は、より大胆に演じられた様に思います。
カフカゾンビ2
Q:出来上がった作品・ご自身の姿をご覧になっての感想

A:作品は、出演者ひとりひとりにストーリーがしっかり在り、見応えの在るものと感じました。台本上では存在感の薄かった直美にも、厚みを加えて下さって嬉しかったです。かなか自身の演技を素直には観る事が出来ないのですが、ある登場人物の指を食べているシーンは楽しんで観る事が出来ました。

品川ヒロシ監督のコメント

この手のジャンルの映画って、無駄に看護婦がセクシーでカッコいいんですよね。今回もとにかくカッコいい美人にお願いしたいというのがありました。カフカちゃんは、ものすごいオーラがあるし、あのスタイルの良さ(笑)で、まさか本当に受けてくれると思いませんでした。くやしかったのは本格的な演技はこの映画がはじめてだったのに、撮影のすぐ後でドラマに出演されてむこうが先みたいになっちゃったことですね(笑)。

演技がはじめてとは思えないぐらいうまくて、びっくりしました。(ゾンビの演技については)カフカちゃんは、たまに少し男っぽい仕草をしていたので、あのときのあのかっこいい感じっ!てイメージを伝えて、ゾンビ演技をやってもらいました。

アクション、笑い、感動のドラマまで詰め込んだ超絶アクション・エンタテインメント!

Zアイランド

5月16日(土)全国公開です。
公式サイト: www.z-island.jp

********************************************************************

哀川 翔 鈴木砂羽 木村祐一 
宮川大輔 RED RICE(湘南乃風)
大悟(千鳥) 川島邦裕(野性爆弾) 山本舞香 水野絵梨奈 般若 篠原ゆき子 シシド・カフカ

風間俊介 窪塚洋介 中野英雄 / 鶴見辰吾

監督・脚本: 品川ヒロシ
配給:KADOKAWA/吉本興業 
©2015「Zアイランド」製作委員会 

物語・・・
Zアイランド Tビジュアル宗形組組長・宗形(哀川 翔)は、抗争で傷を負い、組は破門され解散に追い込まれた。10年後、服役していた弟分の武史(鶴見辰吾)が出所。だが武史の愛娘・日向は前科者の父親に会いたくないと家出をしてしまっていた。武史の元妻・桜(鈴木砂羽)の情報で、日向を追い、子分の信也(RED RICE(湘南乃風))も伴い家族の思い出の地である銭荷島(ぜにじま)へと向かう宗形たち。一方、竹下組の面々(木村祐一他)も、組のクスリを盗み逃亡した組員・吉田あきら(宮川大輔)を追い、島へと向かっていた。その頃、銭荷島では咳と高熱にうなされる謎の感染症が蔓延、吉田は組のクスリを独自に調合し、島民に高額で売りさばいていた。更には自らもそのクスリを打ち、謎の発作に襲われ命を落とす―。が!!! 絶命したはずの吉田が突如蘇り、ゾンビと化!超人的な力で次々と島民を襲いはじめ、爆発的に感染者が増加していく…。島唯一の医者しげる(風間俊介)、ナースの直美(シシド・カフカ)や、しげるの幼馴染・警官の白川(窪塚洋介)、漁師の作田(般若)ら島民たちをも巻き込み、大乱闘が勃発、島はパニック状態に陥る。宗形らの敵は、竹下組か?ゾンビか!?果たして彼らの運命はいかに―。命を賭けた闘いが今はじまる!

  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『Zアイランド』特報映像とティザービジュアルが到着!


Zアイランド Tビジュアル2015年より全国公開となります

哀川翔活動30周年記念主演作品にして、

品川ヒロシ監督最新作の

Zアイランド

この度、本作の特報映像とティザービジュアルが到着いたしました!

ヤクザの組長宗方(哀川翔)と謎の黒づくめ集団との攻防戦から始まる緊張感漂うシーンから一変、現れたのはやたらと早い動きをするゾンビ!

アクションシーン満載の映像は臨場感たっぷりで短い映像ながらも見応え十分!先日発表され話題となった宮川大輔さんのゾンビ演技にも注目の映像に仕上がっています!



物語
ある雨の夜。高級クラブで豪遊する宗形組、組長の宗形博也【哀川翔】、武史【鶴見辰吾】、信也【RED RICE(湘南之風)】たちは、敵対する竹下組の襲撃にあう。武史は、敵討ちを果たすため、竹下組に反撃するも、失敗に終わり、ムショ送りとなってしまう。

Zアイランド チラシビジュアル10年後、武史の出所を出迎えた宗形は竹下組との抗争で、足に傷を抱え、組は解散に…、武史の愛娘・日向の世話をしながら、今では借金を抱え、運送業を営み、かつての栄光は見る影も無い。
出所した武史は、待ちわびた娘・日向との再会も虚しく、前科ものの父親に会いたくないと、家出をしてしまっていた。

向かった先は、家族の思い出の場所―“銭荷島”。

後を追い、宗形、武史、真也、武史の元妻・桜(鈴木砂羽)は島へと向かう。
時を同じくして、竹下組組員吉田が組の薬をごっそり盗み逃亡したという。
銭荷島に潜伏する吉田を消してドラッグを回収するために竹下組の武闘派・反町(木村祐一)、内田【大悟(千鳥)】、ジョー【川島邦裕(野性爆弾)】も島へと急ぐ。
その頃、島の診療所には、咳と高熱に魘される患者が殺到していた。
島民たちに吉田は高額で薬を売り捌くが、謎の病は更に広がっていく。
銭荷島に降り立った宗形たち―。彼らは日向に会うことができるのか…。

彼らの敵は、竹下組?それとも謎の病?島民をも巻き込んだ闘いの行方は…。
命を賭けた闘いが今はじまる!

Zアイランド

2015年5月16日(土)全国公開です。
公式HP:www.z-island.jp



********************************************************************

哀川 翔  鈴木砂羽  木村祐一  宮川大輔  RED RICE(湘南乃風)大悟(千鳥 )川島邦裕(野性爆弾)  山本舞香  水野絵梨奈  般若  篠原ゆき子  シシド・カフカ
風間俊介  窪塚洋介  中野英雄 / 鶴見辰吾

監督・脚本: 品川ヒロシ
配給:KADOKAWA/吉本興業
(C)2015「Zアイランド」製作委員会
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ