「サヨナラまでの30分」タグアーカイブ

新田真剣佑×北村匠海 W主演完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ちはやふる』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『十二人の死にたい子どもたち』『カイジ ファイナルゲーム』などその確かな演技力で話題作への出演が絶えない俳優・新田真剣佑と、同じく『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、ダンスロックバンド「DISH//」のVo./Gtとして幅広い活躍を魅せる北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』が2020年1月24日に公開となります。


「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して。」


アキが遺したカセットテープを再生する30分間、2人は1つの体をシェアする。
新田真剣佑が演じるのは、一年前に死んだ、バンドボーカルのアキ。北村匠海が演じるのは、人と関わる事が苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太。そんな出会う筈のない2人を結び付けたのは、颯太がたまたま拾ったアキが遺したカセットテープ。このカセットテープが再生されるたった30分だけ、アキは颯太の体を借りて入れ替わることができる。アキは颯太の体を借りて、もう一度仲間と音楽をやるために、そしてバンドメンバーで恋人・カナの笑顔を取り戻すために奔走!しかし、次第に2人が入れ替われる時間は短くなっていき・・・。カセットテープが再生される30分という“限りある今”を駆け抜ける、青春音楽ラブストーリーが誕生!

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の特報映像が解禁!

「俺のこと見える人!聞こえる人!」と声を上げるアキ(新田真剣佑)。しかし道行く人々は誰もアキに気付かない―。そんな印象的なシーンで幕を開ける特報。明るく物怖じしない前向きな性格のアキと、人と接することが苦手で引っ込み思案の颯太(北村匠海)の紹介カットを挟み、全くの他人で性格も正反対の2人が入れ替わるきっかけが明らかになる。それは1年前に死んだアキが遺したカセットテープ。偶然テープを拾った颯太が、再生した瞬間、颯太の体にアキが入り、2人は入れ替わる。共同生活を始めることになるアキと颯太。入れ替わりの瞬間やアキが率いていたバンド「ECHOLL」のメンバーであり恋人のカナ(久保田紗友)、同じくメンバーのヤマケン(葉山奨之)、重田(上杉柊平)、森(清原翔)の3名とのセッションシーンや自転車を漕ぐ颯太、儚げにこちらを見つめるアキなど鮮やかな映像がふんだんに盛り込まれている。
もう一度、仲間と音楽をやるために、カセットテープが再生される30分だけ入れ替わる2人を演じる新田&北村を筆頭に実力派若手俳優が勢ぞろいし、青春感あふれる瑞々しい映像やバンドシーンに彩られた本作。「出会うはずのなかった彼らに起きた、30分のキセキの物語」というNAからも、期待感を最大限に煽る特報となっている。


映画情報どっとこむ ralph 更に、ティザービジュアルも併せて解禁!
プールサイドで分断されたアキと颯太。
すでにこの世界にはいないアキと、この世界が苦手な颯太の関係性を表している。アキの「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して」、颯太の「大っ嫌いです、あなたみたいな人。」という劇中セリフからも全く正反対の性格な2人が織りなす物語ということが感じられる。“サヨナラ”からはじまる彼ら全員のひと夏のキセキを描く『サヨナラまでの30分』は2020年1月24日公開!ぜひご期待ください!!

完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』

公式サイト:
http//www.sayonara-30min.com
公式twitter:
@sayonara_30min

***********************************

出演:新田真剣佑  北村匠海  久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原翔
監督:萩原健太郎(『東京喰種 トーキョーグール』)脚本:大島里美(『ダーリンは外国人』『君と100回目の恋』「凪のお暇」)プロデューサー:井手陽子
制作・配給:アスミック・エース
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

久保田紗友が新田真剣佑・北村匠海W主演の2人が恋するヒロインに大抜擢!映画『サヨナラまでの30分』


映画情報どっとこむ ralph 新田真剣佑さんと北村匠海さんのW主演で贈る、完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』が2020年1月に公開となります。
ナラまでの30分』新田真剣佑,北村匠海, 一年前に死んだバンドミュージシャンのアキ(新田真剣佑)。明るくて物おじせず、率先して人を引っ張っていく前向きな性格。アキとは正反対の性格で、人と関わる事が苦手な大学生の颯太(北村匠海)。そのせいで就職活動も失敗ばかりの颯太が、ある日拾ったカセットテープ。それが再生されるたった30分間だけ、颯太の体の中身は死んだはずのアキになる。出会うはずのない二人を繋いだカセットテープはアキが遺したものだった。颯太の体を借りて、アキは恋人やバンド仲間に会いに行く。それは颯太と彼女との出会いでもあった――。アキと颯太の歌が彼女に届くとき、三人の世界が大きく変わり始める。

映画情報どっとこむ ralph すでに発表されている葉山奨之さん・上杉柊平さん・清原翔さんに加え、
「サヨナラまでの30分」バンドメンバー_葉山奨之・上杉柊平・清原翔

ヒロイン・村瀬カナ役に、ブレイク必至の注目女優:久保田紗友さんが大抜擢!!

ドラマ「過保護のカホコ」(17)「この世界の片隅に」(18)で注目を集め、『ハローグッバイ』(17)で長編映画初主演。「伊藤園 お〜いお茶 新緑」や「アットホーム」などのCMキャラクターとしても活躍の幅を広げる久保田さん。
村瀬カナ(久保田紗友)キャラクター写真[1]
弱冠19歳の彼女が演じるのは、アキ(新田)の生前のバンドメンバーであり、恋人でもあった“カナ”。バンドではピアノを担当していたが、アキが死んでバンドが解散してからは音楽も辞めてしまい、普通の大学生活を送っている。そんな中、颯太(北村)の体を借りてバンド再結成をたくらむアキがカナに近づいていく事により颯太とも関りをもつことになり、二人は次第に心を通わせていくー。


■村瀬カナ(むらせかな)役:久保田紗友(くぼたさゆ)さんからのコメント

久保田さん:村瀬カナ役を努めさせて頂くことになりました久保田紗友です。撮影に入る前の準備段階で、ピアノの練習やボイトレ、バンドメンバーとリハを重ねたりと、約半年程常に私の心の片隅にカナがいて、現場では自然と役に入り込むことができました。カナは真っ直ぐで芯の強い女の子ですが、大切な人を亡くしそれでも前に進もうと頑張る姿に私自身共感して苦しいと感じることもありましたが、監督、スタッフ、キャストの皆さんの支えがあり、カナという人物、人生を全身で感じて向き合うことができました。観て下さる皆さんの心にも残る作品になると思いますので、是非たくさんの方に届いて欲しいです。

PROFILE:
2000年1月18日生まれ、北海道出身。
2012年に女優デビューし、2013年に「神様のイタズラ」(BS-TBS)、「三人のクボタサユ」(NHK)で共に主演に抜擢される。またNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」(17/NHK)や、「過保護のカホコ」(17/NTV)、「この世界の片隅に」(18/TBS)での演技で存在感を示す。主な映画出演作は『アゲイン 28年目の甲子園』(15/大森寿美男監督)、『先生と迷い猫』(15/深川栄洋監督)、『疾風ロンド』(16/吉田照幸監督)。2017年には『ハローグッバイ』(菊地健雄監督)で長編映画初主演を果たす。


映画情報どっとこむ ralph 萩原監督:萩原健太郎(はぎわらけんたろう)コメント

ヒロイン役のオーディションは、数ヶ月の間で数回に分けて行われたのですが、久保田さんとはその最後に会いました。負けず嫌いな性格が強く出た、まるでこちらを拒否しているような眼差しがカナというヒロイン像と重なりました。撮影が進んでいくにつれ、芝居に対しての感の良さはもちろんのこと、自らを解放しどんどん自由に、いきいきと変化していく姿に驚きました。久保田さんのお陰でカナという役が想像していたよりも何倍も魅力的なキャラクターになったと思います。

映画情報どっとこむ ralph 本作ならではの特殊な三角関係で描かれる、切ないラブストーリーはこの冬必見です。

ラブストーリー自体初めての挑戦である彼女の瑞々しい演技に加え、こちらも初挑戦ながらも、クランクイン前から猛特訓で挑んだピアノ演奏にもぜひご期待ください!

映画『サヨナラまでの30分

公式サイト:
http//www.sayonara-30min.com

公式twitter:
@sayonara_30min

【STORY】
一年前に死んだ人気ミュージシャンのアキ(新田真剣佑)と、人と距離を置いている就活中の颯太(北村匠海)。出会うはずのない、正反対な二人をつないだのは、アキが遺したカセットテープ。再生ボタンを押した30分間だけ、アキは颯太の体を借りて、恋人やバンド仲間に会いに行く。それは颯太と彼女との出会いでもあった――アキと颯太の歌が彼女に届くとき、三人の世界が大きく変わり始める。
限りある《今》を駆けぬける、青春×音楽×ラブストーリー!!

***********************************

新田真剣佑  北村匠海
久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原翔
監督:萩原健太郎(『東京喰種 トーキョーグール』)
脚本:大島里美(『ダーリンは外国人』『君と100回目の恋』「忘却のサチコ」)
プロデューサー:井手陽子 
制作・配給:アスミック・エース
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

新田真剣佑×北村匠海『サヨナラまでの30分』追加キャストに葉山奨之・上杉柊平・清原翔 コメントあり


映画情報どっとこむ ralph たった30分間、君は彼女に会うため僕になる――。
新田真剣佑×北村匠海:W主演!1つの体で2人が入れ替わる!!
限りある今を駆けぬける、青春音楽ラブストーリー!

映画『サヨナラまでの30分』

『サヨナラまでの30分』新田真剣佑×北村匠海 『ちはやふる』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『十二人の死にたい子どもたち』『カイジファイナルゲーム』などその確かな演技力で話題作への出演が絶えない俳優・新田真剣佑と、同じく『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、音楽グループ「DISH//」のVo./Gtとして幅広い活躍を魅せる北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』が2020年1月の公開に向けて、絶賛撮影中です。

一年前に死んだバンドミュージシャンのアキ(新田真剣佑)。明るくて物おじせず、率先して人を引っ張っていく前向きな性格。アキとは正反対の性格で、人と関わる事が苦手な大学生の颯太(北村匠海)。そのせいで就職活動も失敗ばかりの颯太が、ある日拾ったカセットテープ。それが再生されるたった30分間だけ、颯太の体の中身は死んだはずのアキになる。出会うはずのない二人を繋いだカセットテープはアキが遺したものだった。颯太の体を借りて、アキは恋人やバンド仲間に会いに行く。それは颯太と彼女との出会いでもあった――。アキと颯太の歌が彼女に届くとき、三人の世界が大きく変わり始める。

映画情報どっとこむ ralph 新田・北村は性格が正反対の役を演じるとともに、新田演じるアキが、北村演じる颯太の体を借りる、という斬新な設定から生み出される物語に期待が高まる中、アキのかつてのバンド仲間であり、颯太とも関りを持つようになるバンドのメンバー3名のキャストを発表!!
「サヨナラまでの30分」バンドメンバー_葉山奨之・上杉柊平・清原翔
ギターを担当する山科健太、通称“ヤマケン”役には、NHK連続テレビ小説「まれ」への抜擢で注目を浴び、2017年からは「TERRACE HOUSE」シリーズのスタジオメンバーとしても話題の葉山奨之。

■山科健太(やましなけんた)役:葉山奨之(はやましょうの)

○葉山奨之コメント
山科健太役の葉山奨之です。
僕が演じる山科健太はバンド内のムードメーカーでありギターを担当します。作品に提供していただいている楽曲がとてもパワフルでカッコいい曲が多く、毎日聴きながら僕自身も役に入り込めています。撮影現場は、同年代でも僕が尊敬している新田真剣佑君、北村匠海君含め、出演者皆それぞれお互いを刺激し合える環境なので、日々リスペクトしながら撮影しています。本当のバンドメンバーのような関係性があり、個々の役割がはっきりとしているので、このままクランクアップに向けて、より一層チームワークを高めていけたらと思います!「こんな音楽映画観たこと無い!」と思っていただけるような良い作品になるよう、僕も精一杯盛り上げていきますので、是非公開を楽しみにしていてください!


ドラムを担当する重田幸輝役には、モデル出身、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や映画『一週間フレンズ』『リバーズ・エッジ』に出演し、今後の活躍が注目を集める上杉柊平。

■重田幸輝(しげたこうき)役:上杉柊平(うえすぎしゅうへい)

○上杉柊平コメント:
重田幸輝役として出演させて頂くことになりました。皆からは、シゲ!シゲ!と呼ばれています。僕自身、久しぶりに同世代(歳上ですが同世代と強く主張したい)のキャストと作り出す作品に参加できて、スタッフさん、キャスト一同が最高の物を生み出すために同じ方向を向いている感覚にゾクゾクしています。バンド内で、ドラムを演奏しているシゲは、繊細で傷つきやすく、無骨だけどとにかく皆を愛していて、でもその吐き出し方が下手くそな奴です。最初に台本を頂いた時から愛くるしくて仕方ありませんでした。今現在まだ撮影中ではありますが、心から身を委ねられる最高な尊敬できる仲間達に出会えた事に感謝します。
きっとそれが伝わる作品になっていると思います。


ベースを担当する森涼介役には、放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」で話題沸騰中、雑誌「MEN’S NON-NO」のモデルとしても活躍する清原翔。

■森涼介(もりりょうすけ)役:清原翔(きよはらしょう)

○清原翔コメント:
森涼介役を演じます清原翔です。
今回オーディションを受けさせていただいた段階でバンドをやると聞いて、いつか挑戦してみたいと思っていたので気合いが入りました。決まった時は本当に嬉しかったです。それぞれ個別に楽器の練習をしていたのですが、撮影のクランクイン前にバンドメンバー全員で初めて練習をした時は、今までに感じたことのない感覚がありました。この味わったことのない感覚を大切に、撮影に挑んでいます。僕が共演するのは皆さん初めてなのですが、そんな事を感じないくらい楽しく、そして真摯に、映画”サヨナラまでの30分”に取り組んでいます。本当に尊敬できるキャスト、スタッフさんの方々です。期待していてください。

映画情報どっとこむ ralph 葉山は今回ギタリスト役に初挑戦!さらに上杉と清原は、それぞれドラムとベースに初挑戦!

それぞれの役柄になりきった表情で、3人が本当のバンドメンバーのような空気間をかもしだしたキャラクター写真も解禁!

颯太に体を借りたアキがバンドの再結成をもくろむ事により、次第に心を動かされて成長していく3人の若手個性派俳優の演技と演奏にぜひご期待ください!

サヨナラまでの30分

公式サイト:
http//www.sayonara-30min.com

公式twitter:
@sayonara_30min

【STORY】
一年前に死んだ人気ミュージシャンのアキ(新田真剣佑)と、人と距離を置いている就活中の颯太(北村匠海)。出会うはずのない、正反対な二人をつないだのは、アキが遺したカセットテープ。再生ボタンを押した30分間だけ、アキは颯太の体を借りて、恋人やバンド仲間に会いに行く。それは颯太と彼女との出会いでもあった――アキと颯太の歌が彼女に届くとき、三人の世界が大きく変わり始める。
限りある《今》を駆けぬける、青春×音楽×ラブストーリー!!

***********************************


新田真剣佑  北村匠海

葉山奨之 上杉柊平 清原翔

監督:萩原健太郎(『東京喰種 トーキョーグール』)

脚本:大島里美(『ダーリンは外国人』『君と100回目の恋』「忘却のサチコ」)
プロデューサー:井手陽子 
制作・配給:アスミック・エース
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

新田真剣佑と北村匠海 W主演青春音楽ラブストーリー『サヨナラまでの30分』の製作発表!


映画情報どっとこむ ralph 新田真剣佑と北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画ま『サヨナラでの30分』の製作が発表となりました!

演技力と人気を兼ね備え、これからの時代を確実に担う注目俳優の新田真剣佑と北村匠海。これまで、TVドラマ「仰げば尊し」(16)、「僕たちがやりました」(17)、映画『OVER DRIVE』(18)、『十二人の死にたい子どもたち』(19)と4作品で共演し、プライベートでも仲が良い二人が、本作では演技の面だけでなく、歌唱、そして楽器演奏で、過去の共演作を塗り替え、新境地に挑みます。

本作で新田が演じるのは、一年前に死んだバンドミュージシャンのアキ。明るくて物おじせず、率先して人を引っ張っていく前向きな性格。北村が演じるのはアキとは正反対の性格で、人と関わる事が苦手な大学生の颯太。そのせいで就職活動の面接は失敗ばかり。
ある日、颯太が拾ったカセットテープ。それが再生されるたった30分間だけ、颯太の体の中身は死んだはずのアキになる。出会うはずのない二人を繋いだカセットテープはアキが遺したものだった。颯太の体を借りて、アキは恋人やバンド仲間に会いに行く。それは颯太と彼女との出会いでもあった――
アキと颯太の歌が彼女に届くとき、三人の世界が大きく変わり始める。

限りある今を駆けぬける、青春音楽ラブストーリー!

映画情報どっとこむ ralph 新田演じるアキが、北村演じる颯太の体を借りる、という斬新な設定が、今までに誰もみたことのない二人の演技・表情を生み出します。今回解禁されたキャラクター写真でも、明るいアキが、嫌そうな顔をした颯太の肩を無理やり抱いている様子が写し出されています。正反対の性格の二人が、今後どのようなドラマを見せるのか、ぜひご注目ください。

青春、友情、恋といった要素とともに、本作を盛り上げる魅力のひとつが「音楽」。新田は本作で歌声も披露。さらに、バンド演奏シーンのためにギターにも挑戦。また、音楽グループ「DISH//」でVo./Gtを務める北村は、本作でも歌声を披露するだけでなく、ピアノにも挑戦。本作でしか観る事のできない、歌唱・演奏での新田×北村の密度の濃い競演に期待が高まります。

■宮田アキ(みやたあき)役:新田真剣佑(あらたまっけんゆう)コメント:

僕が演じるアキは、自分のバンドが大好きでいつまでもみんなと音楽をやっていたかったまっすぐな男の子です。アキは突然いなくなってしまうのですが、そのアキの思いを引き継いでくれるのが、北村匠海君が演じる颯太です。
アキと颯太というキャラクターは僕たちのプライベートの性格とよく似ていて、アキは新田真剣佑、颯太は北村匠海君そのままだと思います。そんな北村君という役者と、また新しく違う役で絡めることが一番嬉しいです。
今回はアキという役を北村君も演じるという不思議な設定なので、彼がどうやってアキを演じるのか今からとても楽しみです。


■窪田颯太(くぼたそうた)役:北村匠海(きたむらたくみ)コメント:

『サヨナラまでの30分』は、青春を少し過ぎた20代前半の男女が、あることをきっかけに再び青春を取り戻していくというストーリーです。歌の力にも凄くエネルギーがこもっているので、観ていてパワーをもらえる映画になるのではないかと思います。
僕が演じる颯太はすごく冷めていて、自分に自信のない日々を過ごしている人間ですが、新田さん演じるアキと出会うことによってどんどん変わっていくキャラクターです。
お互いにないものを持っているアキと颯太2人の関係性が、プライベートで新田さんと過ごしている空気感と凄く近いので、本読みの段階でも演技というよりも、ずっと彼と会話しているような気持ちでした。今から撮影が楽しみです。


映画情報どっとこむ ralph 監督は映画『東京喰種 トーキョーグール』の萩原健太郎。脚本を映画『君と100回目の恋』、TVドラマ「忘却のサチコ」の大島里美が務め、プライベートの性格が、それぞれの役柄そのままだと二人とも口にするような、二人の新たな一面を引き出す作品を創り上げます。
本作の撮影は2019年6月末から開始しており、2020年正月第二弾公開の予定です。撮影はオールロケ、映画『サヨナラまでの30分』を彩るダイナミックで雄大な風景にも注目です。


監督:萩原健太郎(はぎわらけんたろう)コメント:

この映画は可笑しくも切ない青春映画であり、“存在”の話でもあります。人はいつしか必ず死を迎えるけれど、過ぎてゆく時間の中でその“存在”はこの世界に残り続けることができるのか?それとも誰かに“上書き”されて消えてしまうのか?死から蘇ったアキと、他者との関わりを絶って生きて来た颯太は、音楽という表現を通して自らの“存在”を人々の心に響かせようとします。才能溢れるアーティストの皆さんが提供してくれたカッコよすぎる楽曲の数々を、新田真剣佑、北村匠海をはじめとする才能溢れる若い俳優たちが全身全霊で奏でる。そんな彼らの姿を通して、この映画が1人でも多くの人と繋がれるよう、スタッフキャスト一丸となって撮影に臨みます。公開を楽しみにしていてください
映画情報どっとこむ ralph 『サヨナラまでの30分』

2020年 正月第二弾公開!!

ストーリー
一年前に死んだ人気ミュージシャンのアキと、人と距離を置いている就活中の颯太。
出会うはずのない、正反対な二人をつないだのは、アキが遺したカセットテープ。
再生ボタンを押した30分間だけ、アキは颯太の体を借りて、恋人やバンド仲間に会いに行く。
それは颯太と彼女との出会いでもあった――
アキと颯太の歌が彼女に届くとき、三人の世界が大きく変わり始める。
限りある《今》を駆けぬける、青春×音楽×ラブストーリー!!

***********************************

主演:新田真剣佑  北村匠海
監督:萩原健太郎(『東京喰種 トーキョーグール』)
脚本:大島里美(『ダーリンは外国人』『君と100回目の恋』「忘却のサチコ」)
プロデューサー:井手陽子 
制作・配給:アスミック・エース
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ