「サム・トラメル」タグアーカイブ

トランスジェンダーを熱演したエル・ファニング『アバウト・レイ 16歳の決断』新場面写到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16歳の決断』(原題は『3 Generations』)がこの度、2018年2月3日(土)に新宿ピカデリーにて公開致します。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。

そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギー。

名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。

最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生しました。


映画情報どっとこむ ralph この度解禁となった場面写真は計6点。

スケートボードを片手に友人達と談笑する姿や、

ガムを噛みながら車から流れゆく景色を見つめるレイの自然な姿を捉えたもの。

また、心だけでなく、身体も本当の男の子に近づける為、トレードマークのニット帽を被り、タンクトップ姿で腹筋に励む姿、

そして、電子ピアノに合わせてジャズをアレンジする才能をもつレイが、音楽に合わせ熱唱するシーンなど、

エル・ファニングの様々な表情と一面を堪能できる場面写真。
果たしてどんなシーンなのか。

映画情報どっとこむ ralph 『リトル・ミス・サンシャイン』(アカデミー賞主要2部門受賞)では、幸せの黄色いバスに乗った落ちこぼれ家族を、『サンシャイン・クリーニング』では、事件現場のクリーニングをする崖っぷち家族を描いてきたチームが再び集結し製作した

『アバウト・レイ 16歳の決断』
原題:3 Generations
2017年2月3日(土)より、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー


「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」
16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―!
<自分自身に正直に生きる>ためのレイの決断とはー?新たな人生を歩き出す人へ贈る、希望の物語

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


エル・ファニング映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』日本版予告編到着


映画情報どっとこむ ralph エル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演している映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』(原作『3 Generations』)が2018 年2月3日(土)に新宿ピカデリーにて公開となります。
エル・ファニングの母で恋多きシングルマザー・マギー役は、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツ。そして名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。
最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる―。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生しました。

そして、この度、日本版予告編、ポスタービジュアル、主題歌情報が解禁となりました。
映画情報どっとこむ ralph 解禁された予告編では、心も身体も男の子として生きたいと決断したレイ<エル・ファニング >の為、見慣れないホルモン治療の同意書を医者から受け取る恋多き母親マギー<ナオミ・ ワッツ>、そして“レズビアンでいいじゃないか”とイマイチ理解ができていないレズビアンのおばあちゃんドリー<スーザン・サランドン>の家族の掛け合いから展開されていく。同意書には元夫 のサインも必要だが、レイがホルモン治療を受けることに困惑しサインを拒絶される。一方、 “自分に正直に生きたいんだ”と今すぐにでも治療をしたいと母親に訴えかけるレイ。

映像では、 母親と抱きしめ合う姿や、ベッドではしゃぐ姿など仲の良さがうかがえるも、レイが泣き叫ぶシーンなど、ぶつかり合いながらも、寄り添い、互いを理解しようとする母と子の葛藤がうかがえる。 家族だからこそ、傷つけあっても何度もやり直せる。不器用な家族の愛に溢れた予告編です。

映画情報どっとこむ ralph また、予告編で使用されているテーマソングを歌うのは、甘く切ない歌声を響かせ、今最も 注目されている 19 歳の若き天才シンガー【ショーン・メンデス】。

動画サイトに歌を投稿したのち、歌手デビューを果たし、「タイム」誌の「最も影響力のあるティーンエイジャー」に 3 年連続で選出。本作で披露している主 題歌「life of the party」の歌詞は、『とにかく自由に振る舞って 周りのことは気にもしないで』『「普通」でなくてもかまわない どうせ失敗するのなら』など、レイの生き方を後押しするような、本作をより一層色付ける主題歌となっている。

映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16 歳の決断』
原題:3 Generations
「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」 16 歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療に ついての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」 と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ 理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。 そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そ こでまさかの“家族の秘密”が明らかになる―! <自分自身に正直に生きる>ためのレイの決断とはー? 新たな人生を歩き出す人へ贈る、希望の物語

2017 年 2 月 3 日(土)より、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、 サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.
 


エル・ファニング トランスジェンダー(FTM)の主人公熱演『アバウト・レイ 16歳の決断』


映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16歳の決断』(『3 Generations』)。本作は製作国であるアメリカでの公開延期により、日本公開も同様に延期になっておりましたが、この度、2018年2月3日に新宿ピカデリーでの公開が正式決定しました。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。

そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。

最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。
ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生しました。この度、本国予告(日本語字幕入り)も併せて解禁いたします。


*トランスジェンダーとは?→身体の性と心の性が異なる。
*FTMとは?→女性の身体で生まれてきたが、性自認が男性。

映画情報どっとこむ ralph アバウト・レイ 16歳の決断
原題:3 Generations

2018年2月3日(土)、新宿ピカデリーほかにて、全国ロードショー


物語・・・ 
「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」
16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる。

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル  
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


映画『リベンジ・リスト』トラボルタ&メ ローニがバディーな動画解禁


映画情報どっとこむ ralph 激しい“怒り”に付き動かされた中年男の復讐劇
映画『リベンジ・リスト』(6/17<土>公開)より、スタンリー (ジョン・トラボルタ)が、老獪な相棒デニス(クリストファー・メ ローニ)と最高のバディとして貫禄の現役復帰を遂げる印象的なシー ンを切り取った動画が解禁となりました。

本作は、妻が殺害されたことをきっかけに、理不尽な暴力と腐敗した権力に直面したスタンリーの怒りが臨界点 を突破、圧倒的な戦闘力で悪党を駆逐していく「復讐に取り憑かれた最強の中年男」を描く、圧巻のクライム・ アクション!
httphv://www.youtube.com/watch?v=Fv-mMOwzrdM
今回解禁された動画では、もと特殊工作員・暗殺任務のエキスパートという血塗られた過去を捨て、家族のた めに生きることを決意していたスタンリーが、これから始まる戦いに挑むために、今でも情報屋として暗躍する かつての相棒デニスのアジトに潜り、必要な武器を次々と調達、戦闘・銃撃の訓練を共に復活させ、これから始 まる復讐劇を暗示するような、物語全体の核となる重要な場面となっています。
デニスを演じるのは、人気ドラマ「LAW&ORDER:性犯罪特捜班」で主人公を演じたクリストファー・メローニ。 絶望的な怒りの果てに復讐を決意するスタンリーを、時にユーモアを交えながら絶妙な掛け合いで支えていく様は、多くを語らずとも理解しあえる最強コンビの絆を感じさせます。

映画情報どっとこむ ralph
映画『リベンジ・リスト

物語・・・
復讐して、何が悪い。 目の前で強盗に妻を殺害された車の修理工の中年男スタンリー・ヒル(ジョン・トラボルタ)。 容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会 と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男 は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手 を染めていく。やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知ったとき、男の怒りは臨界点を突破するー。

6 月 17 日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開

公式 HP:gaga.ne.jp/revenge.list


***********************************

出演:ジョン・トラボルタ クリストファー・メローニ アマンダ・シュル サム・トラメル パトリック・セント・エスプリト レベッカ・デモーネイ

監督:チャック・ラッセル 『イレイザー』『スコーピオン・キング』
原題:I AM WRATH
2016 年/アメリカ/英語/91 分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:牧野琴子/PG12
©2016 I Am Wrath Production, Inc. 『リベンジ・リスト』


ジョン・トラボルタ映画『リベンジ・リスト』 本ポスター&予告編が完成


映画情報どっとこむ ralph アクション映画界に“絶対に怒らせてはいけない男”がまた一人。
『フェイス/オフ』(97)から 20 年、ジョン・トラボルタが本格アクションに完全回帰したクライム・アクション映画『リベンジ・リスト』 は6月17日(土)公開となります。


その、本ポスター&予告編が完成しました!

ブライアン・ミルズ(『96 時間』)、ジャック・リーチャー(『アウトロー』)、ジョン・ウィック (『ジョン・ウィック』)ーアクション映画史に名を刻む、“絶対に怒らせてはいけない男たち”。そのリストに新たに加えられるのが、本作の主人公スタンリー・ヒル(ジョン・トラボルタ)。

元特殊工作員、暗殺任務のエキスパートという血塗られた過去を捨て、 家族のために生きることを決意していたが、妻が殺害されたことをきっかけに理不尽 な暴力と腐敗した権力に直面、その怒りが臨界点を突破し、圧倒的な戦闘力で悪党 を駆逐していくする「復讐に取り憑かれた最強の中年男」を熱演していまする。

本作のアクションシーンは、『ミュータント・タートルズ』(14)や『ジョン・ウィック』(15)などを手がけたスタントチーム「87 イレブン・デザイン」が担当。

彼らは敵役の俳優としても撮影に参加し、緻密な殺陣シーンをデザイン、劇中で激しいアクションを披露したトラボルタは、撮影が始まる数週間前から現場に入り、毎日ジムでトレーニングしほぼ全てのアクションシーンをスタントなしで演じています。
今回解禁となった予告編映像では、スタンリー・ヒル(ジョン・トラボルタ)が、あらゆる殺人術を総動員しながら悪党を圧倒的な 戦闘力で次々と駆逐していく姿を、『レザボア・ドックス』(92)、『パルプ・フィクション』(94)も
手がけた撮影監督のアンジェイ・セクラによる生々しくもスタイリッシュに切り取った映像で公開しています。



映画情報どっとこむ ralph チャック・ラッセル監督のコメントが到着しています。

監督:僕の過去の作品と比較すると、『イレイザー』はガン・ア クション、『スコーピオン・キング』はファンタジー・アクションだったけど、今作『リベンジ・リスト』は格闘を前面に押し出したコンバッ ト・アクションだ。今までで一番危険で、緻密な殺陣が必要だった。僕はアクションの要は芝居と殺陣で、そのどちらが欠けてもいけないと思っている。その点で今回の俳優陣とアクションチームは最高のパフォーマンスを見せてくれたよ!

リベンジ・リスト

公式HP:
http://gaga.ne.jp/revenge.list

目の前で強盗に妻を殺害された車の修理工の中年男スタンリー・ヒル(ジョン・トラボルタ)。
容疑者は捕まるが、 裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さ への怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊 部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。
やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知っ たとき、男の怒りは臨界点を突破するー。

***********************************

出演:ジョン・トラボルタ クリストファー・メローニ アマンダ・シュル サム・トラメル パトリック・セント・エスプリト レベッカ・デモーネイ

監督:チャック・ラッセル 『イレイザー』『スコーピオン・キング』
原題:I AM WRATH/2016 年/アメリカ/英語/91
分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:牧野琴子/PG12
©2016 I Am Wrath Production, Inc.