「サマンサ・バークス」タグアーカイブ

脳みそ夫が爆笑!?追悼イベント『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞8部門受賞作『アマデウス』に続き、遂に誕生したモーツァルト映画最新作『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』が、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて絶賛公開中です。

本作が公開中の12月5日が、主人公であるモーツァルトの命日であることを記念し・・・・
芸人 脳みそ夫さんを迎え、追悼イベントを実施しました。

日時:12月5日(火)
場所:ヒューマントラストシネマ有楽町
登壇:脳みそ夫

映画情報どっとこむ ralph この日、天才音楽家モーツァルト 226回目の命日を記念し、バラエティ番組で“聖徳太子”や“モーツァルト”など偉人をフィーチャーした異色ネタが話題を呼び、最近では女子中高生の動画アプリでもブームを巻き起こしている注目の芸人・脳みそ夫が登壇。

モーツァルトの音楽にのって金髪のカツラに割烹着という強烈な衣装で登場し、

脳さん:こんちわ~す!おいらのこと知ってる人いるっす?2人?とほほ~

と持ちギャグを織り交ぜ、会場から笑いを和ませ・・・

脳さん:挨拶代わりにネタを披露するっす!モーツァルトのネタをやってるってことで今日は呼んでもらったみたいなので、モーツァルトのネタをするっす。モーツァルトだって給食当番するっつーの!

と代表作<モーツァルトの給食当番>を披露。

モーツァルトやベートーベン、バッハ、チャイコフスキーなど名だたる作曲家達が登場し、「しぶしぶ四分音符」など音楽にちなんだワードがネタ中にふんだんに盛り込まれているが、今日披露されたネタには映画にちなんでプラハ男爵やスザンナ、プラハも盛り込まれており、会場内は笑いに包まれた。

ネタを披露し終わると

脳さん:ようやく会場内が一つになれた気がしたっす。

と本人も満足気な様子だった。なぜモーツァルトをネタにしようとしたのかという質問には、

脳さん:聖徳太子とか千利休とか、偉人を題材にネタを作っているけど、モーツァルトもビジュアルにパンチがあるので使わせてもらったっす。

と実は“見た目”から「モーツァルトの給食当番」のネタを思いついたという。


映画情報どっとこむ ralph 映画の感想を聞かれると、

脳さん:すごい面白かったっす。まず、音楽が良いし、衣装が凄く豪華で!サロカ男爵とスザンナさん、モーツァルトの本当にドロドロした展開も見逃せない。あと、やっぱタイトル見て、皆さんまず何を思いました?(キダタロウの)浪速のモーツァルト思いつかなかったっす?原題が全然違うじゃないっすか。浪速のモーツァルトに引っ張られる本家ってどうなんですか。ちなみに今日は、会場にキダタロウさん来てないんですか?

とボケを繰り出し爆笑の渦に。今後の抱負は

脳さん:こんちわ~す!を浸透させたいんすよ。

と意気込み、

脳さん:手はグー、口はタコにして、こんちわ~す!

とやり方を再現しつつ、コツをレクチャーする一幕も。


映画情報どっとこむ ralph 映画の中で、スザンナを巡り、サロカ男爵とモーツァルトの三角関係を描いていることから、現在ライバル視している相手を問われ、

脳さん:ピコ太郎さん。おいらもメガヒットを狙いたいんすよ。どかんと一発、世間でムーブメントになるようなのを狙って、曲を作ったっす!作詞作曲したっす!

と新たな挑戦をアピール。

それはジャスティン・ビーバーに見つけてもらえそうですか?というMCのツッコミには

脳さん:いや、絶対見つからないと思いますよ。あ、知り合いだったりします?

とすかさず切り返した。終盤では「こんちわ~す!」「脳みそ夫だ~い」がリズムよく盛り込まれた、ダイジェスト版の<脳みそ夫体操>を披露。女子中高生の間で脳みそ夫体操を動画投稿するアプリが流行っていることに触れ、

脳さん:自分たちで振付を変えて踊るのが流行ってるみたいで、今みたら3万件も投稿してもらってたっす。すごいっすよね。ただ、観たらおいらの原型が全くないっすよ。みんな思い思いのことしてて、しかも歌詞まで変えてるっすよ。とほほ~。まぁ、ムーブメントを起こしているってことでありがたいっす。

と感謝していた。

映画情報どっとこむ ralph 最後にこの映画の見どころを聞かれると、

脳さん:本当に観て素直に思ったんすけど、全編に渡って衣装がめちゃくちゃ綺麗なんですよ。そこは楽しめると思うっす。あと、音楽もいいし、モーツァルト役のアナイリンさんの演技も良くて、イケメンだし。やっぱり、アカデミー賞とった『アマデウス』の奇天烈なイメージがあったんですけど、それよりもっとイケメンでダンディーな感じなんで、そのへんを楽しんで欲しいっす。

と新しいモーツァルト像を絶賛した。


映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード

は、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか大ヒット公開中。

物語・・・
1787年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく―

ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか大ヒット公開中!
Mozart-movie.jp


***********************************

監督:ジョン・スティーブンソン 
出演:アナイリン・バーナード、モーフィッド・クラーク、ジェームズ・ピュアフォイ、サマンサ・バークス

2016年/UK・チェコ/103分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
© TRIO IN PRAGUE 2016
原題: Interlude in Prague
配給:熱帯美術館 
提供:熱帯美術館/ミッドシップ 


サマンサ・バークスに注目!『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞8部門受賞作『アマデウス』に続き、遂に誕生したモーツァルト映画最新作『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』が、12月2日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開の運びとなります。

世界中で親しまれ、数々の名曲を生み出したアマデウス・モーツァルト。

本作は、偉大なる天才音楽家の生誕260年を記念して、アカデミー賞8部門受賞作『アマデウス』(84)以降、満を持して制作された本格的モーツァルト映画となる。1787年、モーツァルトがプラハで「ドン・ジョヴァンニ」を作曲したという史実に想を得て、猟色家ドン・ファンを主人公にしたオペラ創作の背景に、モーツァルト自身を巻き込んだ愛と嫉妬と陰謀の三角関係があったとする独創的な作品です。

そして!

『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役に大抜擢!サマンサ・バークスに注目!

モーツァルトの10年来の友人で、彼をプラハに招待するきっかけをつくる重要な役、ヨゼファ・ドゥシェク夫人役を演じたのは『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役に抜擢され注目を集めたサマンサ・バークス。もともとは歌手としてデビューし、その後、オーディション番組へ出場したのをきっかけに、ミュージカル『キャバレー』や『アラジン』、『レ・ミゼラブル』などに出演し、舞台の場でキャリアを積んできた。そして舞台版『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役を演じた際に、その演技と歌唱力をプロデューサーのキャメロン・マッキントッシュに絶賛され、映画版『レ・ミゼラブル』への出演も勝ち取ることに。当初、『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役はテイラー・スウィフトで決定と報じられていたため、大逆転での起用だった。『レ・ミゼラブル』では歌のライブ録音が話題となったが、本作の歌唱シーンでも吹き替え無しで、サマンサ・バークス本人の美しく迫力のある歌声が堪能できる。
特に、「フィガロの結婚」で彼女が披露する、伯爵夫人のアリア“Porgi Amor(愛の神よ)”は、きっと誰もが耳にしたことがある有名なフレーズとなっているので必見だ!

映画情報どっとこむ ralph 本作でサマンサ・バークス演じるヨゼファ・ドゥシェクは、国際的歌手として活躍し、モーツァルトの招聘と『ドン・ジョヴァンニ』の作曲依頼にも大きく関与していたのではないかと推測されている実在の人物だ。プラハ滞在中、ヨゼファのためにモーツァルトが演奏会用アリアを作曲するなど、ふたりの関係があまりにも親密だったため、ある高名な研究者が20年ほど前にモーツァルトとヨゼファの不倫説を発表し、ちょっとした話題になった。現在では、その可能性は否定されているものの、ふたりの不倫説は本作のプロットにも少なからず影響をあたえている。

映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード
原題:Interlude in Prague

は12月2日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

Mozart-movie.jp

STORY
1787年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく―

***********************************

監督:ジョン・スティーブンソン
出演:アナイリン・バーナード、モーフィッド・クラーク、ジェームズ・ピュアフォイ、サマンサ・バークス

2016年/UK・チェコ/103分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
© TRIO IN PRAGUE 2016
配給:熱帯美術館 提供:熱帯美術館/ミッドシップ


『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』涼風真世、知念里奈ら著名人絶賛コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 世界中で親しまれ、数々の名曲を生み出したアマデウス・モーツァルト。

本作は、偉大なる天才音楽家の生誕260年を記念して、モーツァルト映画最新作『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』が、12月2日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開となります。

1787年、モーツァルトがプラハで「ドン・ジョバンニ」を作曲したという史実に想を得て、猟色家ドン・ファンを主人公にしたオペラ創作の背景に、モーツァルト自身を巻き込んだ愛と嫉妬と陰謀の三角関係を描き出す独創的な作品だ。主演には、『ダンケルク』で若き陸軍兵士を好演したアナイリン・バーナード。悲運の歌姫スザンナ役にモーフィッド・クラーク、悪名高きサロカ男爵を名優ジェームズ・ピュアフォイ、舞台&映画『レ・ミゼラブル』で注目を集めたサマンサ・バークスなど、多才な顔ぶれが物語を彩る。
映画情報どっとこむ ralph 史実と創作を巧みに織り交ぜ、これまでにない新たなモーツァルト像を生み出し、壮大にして華麗な18世紀舞台芸術の世界を蘇らせた本作は、今をときめくミュージカルスターたちからも話題沸騰。

今回、元宝塚歌劇団月組トップスター・涼風真世、不朽の名作『アマデウス』でモーツァルトの日本語吹き替えを担当した声優の三ツ矢雄二、松坂桃李主演で映画化された漫画「マエストロ」著者・さそうあきらなど各界著名人からの絶賛コメントが到着しました!


涼風真世(女優)
モーツァルトの世界に酔いしれました。人の心に潜む欲望・嫉妬・そして夢と現実。オペラそれを見事に奏で描いています。プラハの街並み、劇場、そしてコスチュームなど・・・。皆様も1780年の浪漫を体感して下さい。


さそうあきら(漫画家 「マエストロ」)
最強の敵は最大のインスピレーション霊感の源だった!あの最も死に近い音楽「ドン・ジョバンニ」の誕生についての説得力あるドラマに思わず身をのりだしました。


三ツ矢雄二(声優・マルチクリエーター)
名曲の裏に隠されたミステリー。愛欲が織りなすタペストリーが、淫らに妖しく揺らめく。モーツァルトの作曲家としての一面を鮮烈に描いた、珠玉の名画。


知念里奈(歌手、女優)
魅惑的なモーツァルト!プラハを舞台に史実と創作を織り交ぜた物語の中で、フィガロの美しいアリアにうっとりし、ドン・ジョバンニのミステリーに心騒ぎました。天才的な神童というイメージだけでなく、愛に生き、傷つきながらもそれを音楽にせずにはいられなかった彼の哀しい瞳が印象的でした。


ソニン(女優・歌手)
ロミオとジュリエットのような美しさと、何故 彼の頭の中=作品 に惹かれるのか涙しながらまた知らされた。


石井一孝(俳優・シンガーソングライター)
美形なモーツァルトvs異形なヒール。花形の街プラハで繰り広げられる「愛が憎しみに喘ぐエンディング」に涙をこらえられなかった。悲劇と復讐心をも名作オペラへと昇華させるモーツァルトの才能にただただ驚嘆。


花總まり(女優)
耽美的な映像と壮麗な音楽。プラハという美しい都で2つのオペラの間に交差する禁断の愛と憎しみの世界にまた新しいモーツァルトの姿を見ました。


三枝成彰(作曲家)
恋に落ちるモーツァルト、そして巻き起こる殺人事件。名作オペラが伏線となるサスペンスに、釘づけになる。


田辺秀樹(モーツァルト研究家・音楽評論家)
歴史的事実へのフィクションの絡め方が見事!モーツァルトと彼のオペラが好きな人には、たまらない面白さだ。

映画情報どっとこむ ralph 映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』

12月2日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。
物語・・・
1787年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく。
***********************************

監督:ジョン・スティーブンソン
出演:アナイリン・バーナード、モーフィッド・クラーク、ジェームズ・ピュアフォイ、サマンサ・バークス
2016年/UK・チェコ/103分/カラー/シネマスコープ/5.1ch 
© TRIO IN PRAGUE 2016


生誕260年記念!恋と陰謀『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』公開決定!!


映画情報どっとこむ ralph 生誕から260年を記念して、モーツァルト映画最新作『Interlude in Prague』(原題)が、邦題『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』として、12月2日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開することが決定しました。

世界中で親しまれ、数々の名曲を生み出した偉大なる音楽家モーツァルト。

本作は、1787年、モーツァルトがプラハで「ドン・ジョヴァンニ」を初演したという史実に想を得て、猟色家ドン・ジョヴァンニを主人公にしたオペラ創作の背景に華麗なる恋と陰謀のストーリーが‘百塔の都’プラハの上流階級を舞台に繰り広げられます。

映画情報どっとこむ ralph 主演のモーツァルトには、『ダンケルク』にも出演する新進俳優アナイリン・バーナード、悲運の歌姫スザンナ役に『高慢と偏見とゾンビ』のモーフィッド・クラークを配し、悪の男爵サロカを『ハイ・ライズ』の名優ジェームズ・ピュアフォイが演じる。

中世の街並みが色濃く残るプラハ市で全編ロケを敢行し、チェスキー・クルムロフ城劇場を初めとし、実際にモーツァルトが訪れた市街や建物を映画の舞台として再現。さらに、映画の鍵となる傑作オペラ「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」を初めとする音楽を演奏するのは、プラハ市立フィルハーモニー管弦楽団。この冬一番の歴史ロマン音楽ドラマに期待してほしい。

映画情報どっとこむ ralph 映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』
原題: Interlude in Prague

は12月2日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

物語・・・
1878年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく。
Mozart-movie.jp
***********************************

監督:ジョン・スティーブンソン 
出演:アナイリン・バーナード、モーフィッド・クラーク、ジェームズ・ピュアフォイ、サマンサ・バークス
2016年/UK・チェコ/103分/カラー/シネマスコープ/5.1ch 
配給:熱帯美術館 
提供:熱帯美術館/ミッドシップ  
© TRIO IN PRAGUE 2016
    


語られなかったドラキュラ『ドラキュラZERO』特報が完成


10月31日(金)より公開。
これまで描かれることのなかったドラキュラの英雄伝説を、最新VFXを駆使し壮大なスケールで描くアクション・エンターテイメント超大作

『ドラキュラZERO』

この度、報が完成しました。

15世紀に実在した一国の君主であり、“ドラキュラ”の起源とされた男、ヴラド・ドラキュラの物語。実在のモデルをベースに描かれるこの物語では、これまでのドラキュラのイメージを一新。スタイリッシュさを放つ、アクション・エンターテインメント超大作に仕上がっています。



特報映像はいかがでしたか?
ドラキュラZERO_ビジュアル今回到着したのは、ヴラドが悪にその身を捧げ、“ドラキュラ”と化した姿が映し出されている映像。横暴な大国オスマン帝国の侵略から、民衆と愛する妻、そして幼い息子を守るため、強大な闇の力と契約を交わすこととなるヴラド。

しかし、その力と引き換えに、耐えがたい代償を払うことになります。守るべき配下から「悪魔が乗り移った!」と恐れられながらも、何万もの兵を一瞬にして蹴散らすほどの強大な力を手に入れたヴラドは、果たして、恐るべき悪と化しても、なお英雄でいられるのか――?

映像の後半で使用されているのは、デビューシングル「ロイヤルズ」が全米シングル・チャート9週連続1位という驚異的な数字を記録し、史上最年少17歳でグラミー賞最優秀楽曲賞を受賞した、世界で大ブレイク中の女性シンガー・Lorde(ロード)の楽曲「Everybody Wants To Rule The World」。

深い闇と壮大さを感じさせるこの曲が、圧倒的なスケールで繰り広げられるヴラドの戦いをさらに駆り立てており、全く新しい英雄伝説のはじまりに、期待高まる映像となってます。

『ドラキュラZERO』
10月31日(金) 全国ロードショ―です。

公式サイト:http://dracula-zero.jp/

********************************************************************


『ドラキュラZERO』

原題:Dracula Untold
全米公開:10月17日

監督:ゲイリー・ショア
出演:ルーク・エヴァンス『ワイルド・スピード EURO MISSION』『タイタンの戦い』
    サラ・ガドン『コズモポリス』『危険なメソッド』
    ドミニク・クーパー『リンカーン/秘密の書』『マンマ・ミーア!』
    サマンサ・バークス『レ・ミゼラブル』
提供:ユニバーサル・ピクチャーズ/レジェンダリー・ピクチャーズ
配給:東宝東和
(C)Universal Pictures