「サマル・イェスリャーモワ」タグアーカイブ

サマル・イェスリャーモワが来日!フィルメックス『オルジャスの白い馬』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』が、2020年1月18日(土)に新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。

主演を務めるのは、若手実力派俳優である森山未來と、『アイカ(原題)』で2018年カンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞に輝いたサマル・イェスリャーモワ。アジアを代表する若手国際派俳優ふたりによるダブル主演となる。森山にとって初の海外主演作となる本作で、全編カザフ語で演じ乗馬もこなす熱演を披露、愛する人に真実を語れない不器用な男を演じている。監督・脚本は、日本人監督とカザフスタン人監督が共同で担当した。カザフスタンの大草原を舞台に、突然父を亡くしてしまった少年オルジャスと、その前に突然現れた不器用だが正義感の強い男カイラートとのふれあいを描くヒューマンドラマだ。

本作で、カザフスタン側の主演を務めるサマル・イェスリャーモワが、現在開催中の第20回東京フィルメックスの国際審査員の一人として来日中! 11月27日(水)にフィルメックスにおいて急遽、特別企画としてトークイベントが行われました。

映画情報どっとこむ ralph イェスリャーモワは、「こんにちは」とはにかみながら日本語で挨拶。

続けて、「今回は招待していただきありがとうございます。私のデビュー作である『トルパン』では東京国際映画祭に参加して賞をいただくことができましたが、また日本に来れてすごく嬉しいです。今回は審査員として招いていただき光栄に思っています。日本とはずっと縁が続いていて、『トルパン』に続いて去年はフィルメックスで『アイカ』を最優秀作品に選んでいただきました。そして3本目の出演作『オルジャスの白い馬』は、カザフスタンと日本の合作になります。」と、日本との縁について語る。

『アイカ(原題)』は、セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ監督の『トルパン』(カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ受賞/第21回東京国際映画祭 最高賞・東京サクラグランプリ&最優秀監督賞)に続く作品となるが、イェスリャーモワによると、『アイカ(原題)』は断片的とはいえ撮影に6年もの期間がかかっているという。ドヴォルツェヴォイ監督がロシアでの冬の中のさらに大雪が激しい状態のもとでの撮影にこだわったり、イェスリャーモワがこの映画で演じた出産直後の若い女性ならではの“精神的にも体調的にも不安定な状態”に撮影再開の度に戻さねばならなかったことなど、数々の苦労を語る。イェスリャーモワの言葉を通じてドヴォルツェヴォイ監督の並々ならぬこだわりが明かされ、数々の映画をプロデュースしている市山氏も「なかなかこんなにすごいことをやっている監督も女優もいない。」と思わず感嘆するほど。

イェスリャーモワの主演最新作である『オルジャスの白い馬』は、その『トルパン』でファースト助監督を務め、それまで映画出演の経験のなかったイェスリャーモワのキャスティングを行ったエルラン・ヌルムハンベトフによる監督作となる。イェスリャーモワが演じるのは、森山が演じるカイラートとかつて深い縁があったものの、現在は夫を突然亡くし窮地に陥ってしまうアイグリという役どころ。

イェスリャーモワは、ヌルムハンベトフ監督から他の女優の起用は考えていないと熱烈オファーを受けたといい、去年のカンヌで具体的なミーティングを行ったという。そして、「『アイカ』ではプロの役者でない方が多く出演していたので、その方々にアドバイスしたり、リハーサルに多くの時間がかかりました。でも、『オルジャスの白い馬』では森山さんとのシーンが多く、すごく驚き、感動しました。森山さんはすごい役者だと思います。彼は、演技が優れているだけでなく、日本人とカザフ人としてコミュニケーション面で心配もありましたが、現場でお互いの演技について方向性を的確に確認し合えてすごくやりやすかったんです。演技のパートナーとしても素晴らしかったです。」と、撮影を振り返りつつ、共演者である森山を称えた。

撮影:明田川志保

映画情報どっとこむ ralph 第20回東京フィルメックスは、12月1日(日)まで有楽町朝日ホールほかにて開催中。

『オルジャスの白い馬』

公式HP:orjas.net

2020年1月18日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー

森山未來、サマル・イェスリャーモワ「オルジャスの白い馬」

【STORY】

少年の心に吹き込んだ、疾風のような出会い。

夏の牧草地、草の匂いが混じった乾いた風、馬のいななく声。広大な空に抱かれた草原の小さな家に、少年オルジャスは家族とともに住んでいる。ある日、馬飼いの父親が、市場に行ったきり戻らない。雷鳴が轟く夕刻に警察が母を呼び出す。不穏な空気とともに一家の日常は急展開を迎える。時を同じくして、一人の男が家を訪ねてくる…。

***********************************

2019/日本・カザフスタン/カザフ語・ロシア語/81分/カラー/DCP/Dolby SRD(5.1ch)/シネスコ/英題:Horse Thieves

監督・脚本:竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ

プロデューサー:市山尚三、木ノ内輝、キム・ユリア 撮影監督:アジズ・ジャンバキエフ 音楽:アクマラル・ジカエバ 編集:ヌルスルタン・ヌスカベコフ、リク・ケイアン 音響:アンドレイ・ヴラズネフ 美術:サーシャ・ゲイ

出演:森山未來、サマル・イェスリャーモワ、マディ・メナイダロフ、ドゥリガ・アクモルダ

配給:エイベックス・ピクチャーズ
配給協力・宣伝:プレイタイム
©『オルジャスの白い馬』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

森山未來主演『オルジャスの白い馬』日本・カザフの2監督が登壇!東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph この度、日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』が、2020年1月18日(土)に新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。

現在開催中の第32回東京国際映画祭において特別招待作品として出品され、10月30日に本作が日本初上映されたのに合わせて、原案に加えてカザフ側のキャストやスタッフを取りまとめたエルラン・ヌルムハンベトフ監督が来日。

竹葉監督ともに映画上映後にQ&Aに臨みました。ジャパンプレミアとなったこの上映チケットは完売となり、監督に活発な質問が向けられる中、両監督から日本とカザフスタンという異なる視点から興味深い回答が次々と飛び出しました。
『オルジャスの白い馬』10.30 監督Q&A@東京国際映画祭

第32回東京国際映画祭 特別招待作品 『オルジャスの白い馬』Q&A 
日時:10月30日(水)
場所:TOHOシネマズ 六本木
登壇:竹葉リサ監督、エルラン・ヌルムハンベトフ監督

映画情報どっとこむ ralph ふたりによる共同監督である本作における役割分担について、

竹葉監督:最初は、エルランがカザフ人出演者のディレクション、私は日本人出演者つまり森山さんのディレクションということになってましたが、撮影期間がとてもタイトで現場が想像以上に混とんとしていました。そこで私はコンテュニティに意識することに集中しました。エルランはもともと役者でもあり俳優とのコミュニケーションにとても長けていて、最終的にはそういう分担に変わっていきました。

と説明。

ヌルムハンベトフ監督:ひとことで説明するのは難しいですが、いい映画を作るために必要なことに一緒に取り組んだだけなんです。

とはにかみながらつけ加える。

映画情報どっとこむ ralph 少年オルジャスが見る夢とも幻想ともとれる印象的なラストシーンについては、

竹葉監督:子供ならではの鋭い感性を観客の方に追体験してほしいとエルランと話し合い、脚本を開発していく中で着地したものです。

と説明。
『オルジャスの白い馬』10.30 監督Q&A@東京国際映画祭
一方

ヌルムハンベトフ監督:私はアンドリュー・ワイエス(アメリカン・リアリズムの代表的画家)にとても影響を受けているんです。彼の代表作である「クリスティーナの世界」で、女の人が何を見ているのか分からないような、そこにあるのは将来の夢なのか幸福なのか、現実なのか…。観客にゆだねるという言い方が正しいんだと思いますが、ワイエスの作品のように色んなものが交錯する中で、何がそこにあるのかを追い求めたかったんです。

と語ってくれました。

劇中、オルジャスが度々窓から外の様子を見たり、繰り返し夢を見るという行為に象徴される演出は“大人の世界への憧れ”なのかという質問に対して、

ヌルムハンベトフ監督:個別の場面それぞれに単独の意味があるわけではありません。それだけではなく映画全体の、その他の自然や馬といった色んなものをトータルに捉えて、オルジャス少年が見ているひとつの情景として感じてもらえたらと思っています。この映画を観た100人から100人違う感想が出てくる映画になってくれればいいなと思っています。

と細部について監督自身が解釈を語るべきではないというスタンスを明かす。

森山未来さんを起用した理由について、

竹葉監督:実の父であるカイラートがオルジャスにとっての“闖入者(ちんにゅうしゃ)”として戻ってくるという違和感を持たせるために、あえてカザフスタン人ではない俳優に演じさせてみてはいいのではないかという理由がありました。森山さんぐらい一流の俳優であればカザフスタン人を演じられるし、これまで難易度の高い役を何度も演じてきているので、外国人というチャレンジングな役にぜひ挑戦してほしかったんです。

と語る。

ヌルムハンベトフ監督は、森山さんという異国の俳優との協業について、

ヌルムハンベトフ監督:現代は、世界中の距離だけでなく人の距離も縮まってきている時代です。カザフスタン人達の中にひとり森山さんが入ってくることは、異質であるかもしれないけど、彼という存在が時間や距離を超越し、思ってもみなかった新しいものをもたらしてくれるのではないかと期待していました。彼がこの映画で表現したかったこと、できなかったかもしれないものも含めてです。

と語った。

カザフスタン人の出演者達について、

竹葉監督:カザフスタンの俳優は、大学院などで“スタニスラフスキー・システム”(ロシア独自の演技理論)を学んできた一流中の一流の方ばかりです。カザフの撮影現場ではカメラマンが決めるカットやアングルが一番優先で、日本では当たり前のカット割りや導線などを確認する段取りもなく、役者はその都度対応することが求められます。私がこの現場で感じたのは、日本で俳優が求められることよりもカザフの役者が監督から求められる要求度が圧倒的に高いということです。

と驚きをもって振り返る。

ヌルムハンベトフ監督:この映画にとって俳優はもちろんですが、大きな役割をもって出てもらっているのは実は大自然でした。それに動物だったり物語だったりが加わっていきます。その大自然という役者に、人間という役者さんがどう合わせてくれるのかという観点でキャスティングをしました。カザフスタンという大きな国の大自然の中で生きている人たちを撮りたかったので、その自然と調和できるかどうかが重要でした。

と回答。ユニークな回答ながら、圧倒的な大自然の中で人々の暮らしや生き様が見事に溶け込んでいる本作の魅力の理由を語った。

映画情報どっとこむ ralph 映画『オルジャスの白い馬

2020年1月18日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー
公式HP:orjas.net

主演を務めるのは、若手実力派俳優である森山未來と、『アイカ(原題)』で2018年カンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞に輝いたサマル・イェスリャーモワ。アジアを代表する若手国際派俳優ふたりによるダブル主演となる。森山にとって初の海外主演作となる本作で、全編カザフ語で演じ乗馬もこなす熱演を披露、愛する人に真実を語れない不器用な男を演じている。監督・脚本は、竹葉リサ監督とカザフスタン人のエルラン・ヌルムハンベトフ監督が共同で担当した。
カザフ語で“強い男”の意味である“カイラット”にちなんだ名前であるカイラート親子による普遍的な父と子のドラマと、それを包み込むカザフの果てしない空と大地や光を美しく捉えた圧倒的な映像美はこの作品の見どころの一つ。カザフスタンの大草原を舞台に、突然父を亡くしてしまった少年オルジャスと、その前に突然現れた不器用だが正義感の強い男カイラートとのふれあいを描くヒューマンドラマだ。

【STORY】
少年の心に吹き込んだ、疾風のような出会い。
夏の牧草地、草の匂いが混じった乾いた風、馬のいななく声。広大な空に抱かれた草原の小さな家に、少年オルジャスは家族とともに住んでいる。ある日、馬飼いの父親が、市場に行ったきり戻らない。雷鳴が轟く夕刻に警察が母を呼び出す。不穏な空気とともに一家の日常は急展開を迎える。時を同じくして、一人の男が家を訪ねてくる…。

***********************************

2019/日本・カザフスタン/カザフ語・ロシア語/81分/カラー/DCP/Dolby SRD(5.1ch)/シネスコ/英題:Horse Thieves
監督・脚本:竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ
プロデューサー:市山尚三、木ノ内輝、キム・ユリア
撮影監督:アジズ・ジャンバキエフ 音楽:アクマラル・ジカエバ
編集:ヌルスルタン・ヌスカベコフ、リク・ケイアン 音響:アンドレイ・ヴラズネフ 美術:サーシャ・ゲイ
出演:森山未來、サマル・イェスリャーモワ、マディ・メナイダロフ、ドゥリガ・アクモルダ
配給:エイベックス・ピクチャーズ
配給協力・宣伝:プレイタイム

©『オルジャスの白い馬』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

森山未來、初海外主演作『オルジャスの白い馬』をひっさげ釜山国際映画祭に参加!


映画情報どっとこむ ralph この度、日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』が、2020年1月18日(土)に新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。
オルジャスの白い馬
主演を務めるのは、若手実力派俳優である森山未來と、『アイカ(原題)』で2018年カンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞に輝いたサマル・イェスリャーモワ。アジアを代表する若手国際派俳優ふたりによるダブル主演となる。森山にとって初の海外主演作となる本作で、全編カザフ語で演じ乗馬もこなす熱演を披露、愛する人に真実を語れない不器用な男を演じている。監督・脚本は、日本人監督とカザフスタン人監督が共同で担当した。カザフスタンの大草原を舞台に、突然父を亡くしてしまった少年オルジャスと、その前に突然現れた不器用だが正義感の強い男カイラートとのふれあいを描くヒューマンドラマ。

アジア最大級の映画祭である第24回釜山国際映画祭が10月3日(現地時間)に開幕。初めての海外主演作で自身として初めての海外映画祭への参加となった森山未來をはじめ、もうひとりの主演で同映画祭の審査員としても参加するイェスリャーモワや両監督が、映画祭開幕に先立ち本作のメディア向け記者会見に臨み、続けて行われた華やかなレッドカーペットに登場しました。

本作は映画祭のオープニングを飾りましたが、日本が製作に関わった作品がオープニング作品に選出されたのは2003年の第8回以来16年ぶりの快挙。映画上映前の舞台挨拶には、4名に加えてプロデューサーの3人も登壇。前日2日は台風18号の影響で映画祭の前夜祭が中止になるトラブルに見舞われましたが、開幕日3日は打って変わっての秋晴れに恵まれ、上映会場となった4000人収容を誇る野外スクリーンは満席の大盛況となりました。
『オルジャスの白い馬』左から2人目からエルラン・ヌルムハンベトフ、キム・ユリア、サマル・イェスリャーモワ、森山、竹葉リサ

『オルジャスの白い馬』第24回釜山国際映画祭

<記者会見>
日時:10月3日(木)15:00~16:00(現地時間)
場所:BUSAN CINEMA CENTER CINEMA1(韓国・釜山 海雲台区)
登壇者:森山未來、サマル・イェスリャーモワ、竹葉リサ監督、エルラン・ヌルムハンベトフ監督

<レッドカーペット>
日時:同日17時頃~19時半頃(現地時間)
場所:BUSAN CINEMA CENTER 野外会場
登壇:同上、キム・ユリア(プロデューサー)

映画情報どっとこむ ralph 記者会見には韓国プレスのみならず海外からのプレスも多く駆け付け、およそ1時間にわたり活発な質疑応答が繰り広げられた。
『オルジャスの白い馬』左からサマル・イェスリャーモワ、エルラン・ヌルムハンベトフ、竹葉リサ、森山
森山さん:森山未来と申します。今回釜山映画祭に、この作品で来させてもらえたことは本当に光栄で感謝しています。カザフスタンで過ごした2~3週間、僕にとって本当に宝物のような時間でした。それがこういう形で評価をしていただいて、釜山の皆さまにまず見てもらえるということを嬉しく思います。楽しんでもらえたら光栄です。

とご挨拶。韓国人記者から、『怒り』で演じた“悪”とは打って変わって反対の役割を演じた今回の役柄について、キャラクター分析や作品への解釈について質問が投げかけられると、

森山さん:『怒り』の時は李監督と言葉を交わして役柄の解釈を深めていきました。今回も同様に、エルラン監督とリサ監督とどんどんどんどん会話を交わしながら、カイラートという人がどういう人間なのかを掘り下げていきました。映画の中では時代設定やそれぞれの人物がどういう背景を持っているのか、ほぼ説明はされていません。それによって登場人物それぞれの表情やミニマルな動き、ぽろっとこぼす言葉といったひとつひとつの小さな所作、言葉がすごく鮮明に聞こえるようになっていき、カザフスタンの背景に横たわる力強く温かい大地が、前面に押し出されてくるような映像作品になったと思います。

と回答した。森山さんは本作で全編にわたりカザフ語で話しているが、そのことについて

森山さん:本当に全く知らないカザフ語をいちから勉強し、ほぼ書かれているセリフを丸覚えするしかありませんでした。だからアドリブも何もできないし、ほぼ身動きの取れない状態でした。でもそのシンプルさとかミニマルな感じが、逆に作品全体を見通しての感覚として、叙事詩というのか何か神話みたいなものを見ていたような感覚になれたんです。それがすごく心地がよかったことを覚えています。だから、僕がカイラートをどう解釈していたかということは、そんなに大した問題ではないんです。

と振り返った。

ヌルムハンベトフ監督に対して、日本とカザフスタン合作である本作がどちらの国でより良い結果を出せると思うかという質問に対して、

ヌルムハンベトフ監督:ある特定の観客層を対象にすることは考えていません。全体的な音、動き、全体的な現象が、誰ということに関係なく誰かにとって響くものと信じています。

と期待を寄せた。

竹葉監督は、森山さんが演じている愛する人に真実を語ることができない不器用な男カイラートについて、

竹葉監督:カイラートは名は体を表しているキャラクターなんです。カザフ語で“カイラット”は<強い男>という意味です。撮影現場では、エルラン達カザフのスタッフが撮影中にいろんなことを思いつきどんどん盛り込んでいく中で、台本は跡形がなくなるほどに変わっていきました。でも、森山さんはそれに対しても、大地と一体になりたいのかしらというくらい、自分の出役が終わった後もずっと自然と対話していたように感じられました。私は、森山さんは日本一の俳優だと思っています。

と答えた。

続いて、『アイカ(原題)』や本作を通じて国際的な女優へと成長したイェスリャーモワは、自身の好む演技スタイルについて聞かれると

竹葉監督:演技のスタイルについては、監督の嗜好によって少しずつ変わってきます。自分のスタイルを投影することもありますが、大切なのは、監督が持っているアイデアをどのように表現して実現するかだと思っています!

と答えていた。
左かららエルラン・ヌルムハンベトフ、キム・ユリア、サマル・イェスリャーモワ、森山

映画情報どっとこむ ralph 『オルジャスの白い馬』

2020年1月18日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー

公式HP:orjas.net   

森山未來「オルジャスの白い馬」

【STORY】
少年の心に吹き込んだ、疾風のような出会い。
夏の牧草地、草の匂いが混じった乾いた風、馬のいななく声。広大な空に抱かれた草原の小さな家に、少年オルジャスは家族とともに住んでいる。ある日、馬飼いの父親が、市場に行ったきり戻らない。雷鳴が轟く夕刻に警察が母を呼び出す。不穏な空気とともに一家の日常は急展開を迎える。時を同じくして、一人の男が家を訪ねてくる…。

***********************************

2019/日本・カザフスタン/カザフ語・ロシア語/81分/カラー/DCP/Dolby SRD(5.1ch)/シネスコ/英題:Horse Thieves
監督・脚本:竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ
プロデューサー:市山尚三、木ノ内輝、キム・ユリア
撮影監督:アジズ・ジャンバキエフ 
音楽:アクマラル・ジカエバ
編集:ヌルスルタン・ヌスカベコフ、リク・ケイアン 
音響:アンドレイ・ヴラズネフ 美術:サーシャ・ゲイ
出演:森山未來、サマル・イェスリャーモワ、マディ・メナイダロフ、ドゥリガ・アクモルダ
配給:エイベックス・ピクチャーズ 配給協力・宣伝:プレイタイム 
©『オルジャスの白い馬』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

森山未來、初海外主演作『オルジャスの白い馬』をひっさげ釜山国際映画祭に参加決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』が、2020年1月18日(土)に新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。
森山未來「オルジャスの白い馬」
主演を務めるのは、若手実力派俳優である森山未來と、『アイカ(原題)』で2018年カンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞に輝いたサマル・イェスリャーモワ。

アジアを代表する若手俳優ふたりによるダブル主演となる。

森山にとって初の海外主演作となる本作で、全編カザフ語で演じ乗馬もこなす熱演を披露、愛する人に真実を語れない不器用な男を演じている。監督・脚本は、日本人監督とカザフスタン人監督が共同で担当した。カザフスタンの大草原を舞台に、突然父を亡くしてしまった少年オルジャスと、その前に突然現れた不器用だが正義感の強い男カイラートとのふれあいを描くヒューマンドラマだ。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作がオープニング作品として上映されることが決まっている第24回釜山国際映画祭(現地時間10月3日開幕)に、主演のひとりである森山未來が参加することが決定しました! 本作が初の海外主演作となる森山にとって、今回が初めての海外映画祭への参加となります。

10月3日に実施される同映画祭での上映が日本公開に先駆けてのワールドプレミアとなり、森山は、もうひとりの主演で同映画祭の審査員としても参加するイェスリャーモワや両監督とともに、映画祭レッドカーペットや本作の記者会見、ワールドプレミア上映前に行われる舞台挨拶などに登壇する予定です。

例年、同映画祭で世界各国から集まった数百本もの映画が上映される中で、日本が製作に関わった作品がオープニング作品に選出されたのは2003年の第8回以来16年ぶり。映画祭執行委員長のチョン・ヤンジュン氏は、「ハリウッド全盛時代の西部劇を観ているかのような優れた作品」と本作をオープニング作品に選定した理由を語っており、例年約20万人が訪れているアジア最大級の映画祭で、韓国映画100周年という大きな節目でもある今年、映画祭の目玉ともいえるオープニング作品という重責を担うことになります。

映画情報どっとこむ ralph 日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬
英題:Horse Thieves

2020年1月18日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー

公式HP:
orjas.net

オルジャスの白い馬

【STORY】
少年の心に吹き込んだ、疾風のような出会い。
夏の牧草地、草の匂いが混じった乾いた風、馬のいななく声。広大な空に抱かれた草原の小さな家に、少年オルジャスは家族とともに住んでいる。ある日、馬飼いの父親が、市場に行ったきり戻らない。雷鳴が轟く夕刻に警察が母を呼び出す。不穏な空気とともに一家の日常は急展開を迎える。時を同じくして、一人の男が家を訪ねてくる…。
森山未來、サマル・イェスリャーモワ「オルジャスの白い馬」

***********************************

出演:森山未來、サマル・イェスリャーモワ、マディ・メナイダロフ、ドゥリガ・アクモルダ

監督・脚本:竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ
プロデューサー:市山尚三、木ノ内輝、キム・ユリア
撮影監督:アジズ・ジャンバキエフ 音楽:アクマラル・ジカエバ
編集:ヌルスルタン・ヌスカベコフ、リク・ケイアン
音響:アンドレイ・ヴラズネフ 美術:サーシャ・ゲイ
配給:エイベックス・ピクチャーズ
配給協力・宣伝:プレイタイム
2019/日本・カザフスタン/カザフ語・ロシア語/81分/カラー/DCP/Dolby SRD(5.1ch)/シネスコ
©『オルジャスの白い馬』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

森山未來 主演作日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』来年1月公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』が、2020年1月18日(土)に新宿シネマカリテほか全国順次公開となることが決定しました。
森山未來、サマル・イェスリャーモワ「オルジャスの白い馬」

本作はカザフスタンの大草原を舞台に、突然父を亡くしてしまった少年オルジャスと、その前に突然現れた不器用だが正義感の強い男カイラートとのふれあいを描くヒューマンドラマ。早く大人になりたい年頃のオルジャスは、果てしない空に抱かれながらも、どこか行き場のない想いを抱えている。そこへある日、現れた男カイラートは、無口ながらもオルジャスに乗馬の仕方を教え、一緒に草原を走ってくれ、仕事も手伝わせてくれる。その存在は、オルジャスの世界に疾風のようにあらわれ、世界を鮮明に塗り替えていく――

主演を務めるのは、大河ドラマ「いだてん」の美濃部孝蔵役などで常に新しい挑戦をし続ける森山未來と、『アイカ(原題)』で2018年カンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞に輝いたサマル・イェスリャーモワ。

アジアを代表する若手国際派俳優ふたりによるダブル主演となる。森山にとって初の海外主演作となる本作で、全編カザフ語で演じ乗馬もこなす熱演を披露、愛する人に真実を語れない不器用な男を演じている。

映画情報どっとこむ ralph 監督・脚本は、日本人監督とカザフスタン人監督が共同で担当。日本側からは『シグナル100』の竹葉リサ監督、カザフスタン側からは『春、一番最初に降る雨』のエルラン・ヌルムハンベトフが参加した。撮影監督はベルリン国際映画祭で受賞歴もある若き名手アジズ・ジャンバキエフが務めており、雄大な自然とそこで起こる人々のドラマを詩情豊かに捉えている。2018年10月から約1ヶ月かけ、全編カザフスタンロケで行われた撮影において、森山は他の日本人技術スタッフを伴わず現地に入り、制作スタイルはおろか映画産業のシステム自体が日本とは全く異なるカザフスタン人スタッフ達との共同作業に臨んだ。

公開決定に合わせ本邦初公開となった場面写真では、カイラートと少年オルジャスがカラフルなペイントが施された待合所でささやかな交流を繰り広げる場面、カイラートが短銃を片手に馬で駆ける姿、カイラートとオルジャスの母アイグリが笑顔を見せる姿などを切り取っている。
森山未來、サマル・イェスリャーモワ「オルジャスの白い馬」
森山未來、サマル・イェスリャーモワ「オルジャスの白い馬」

映画情報どっとこむ ralph オルジャスの白い馬

2020年1月18日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー

公式HP:
orjas.net

オルジャスの白い馬

【STORY】
少年の心に吹き込んだ、疾風のような出会い。
夏の牧草地、草の匂いが混じった乾いた風、馬のいななく声。広大な空に抱かれた草原の小さな家に、少年オルジャスは家族とともに住んでいる。ある日、馬飼いの父親が、市場に行ったきり戻らない。雷鳴が轟く夕刻に警察が母を呼び出す。不穏な空気とともに一家の日常は急展開を迎える。時を同じくして、一人の男が家を訪ねてくる…。

***********************************

2019/日本・カザフスタン/カザフ語・ロシア語/81分/カラー/DCP/Dolby SRD(5.1ch)/シネスコ/英題:Horse Thieves

監督・脚本:竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ

プロデューサー:市山尚三、木ノ内輝、キム・ユリア 撮影監督:アジズ・ジャンバキエフ 音楽:アクマラル・ジカエバ 編集:ヌルスルタン・ヌスカベコフ、リク・ケイアン 音響:アンドレイ・ヴラズネフ 美術:サーシャ・ゲイ

出演:森山未來、サマル・イェスリャーモワ、マディ・メナイダロフ、ドゥリガ・アクモルダ

配給:エイベックス・ピクチャーズ
配給協力・宣伝:プレイタイム
©『オルジャスと白い馬』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ