「サイモン&タダタカシ」タグアーカイブ

阪本一樹 公約通りふんどし姿を披露!『サイモン&タダタカシ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph <PFFスカラシップ>に選出。
小田学監督の長編デビュー作『サイモン&タダタカシ』が3月24日公開初日を迎え、主演の阪本一樹さん、須賀健太さん、間宮夕貴さん、小田学監督が和装(監督はオリジナルT)で登壇しての舞台挨拶を行いました。

そして!先日行われた先行上映会で阪本さんが宣誓したとおり、法被&ふんどし姿に生着替えも披露しました!


映画『サイモン&タダタカシ』初日舞台挨拶
日時:3月24日(土) 
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:阪本一樹、須賀健太、間宮夕貴、小田学監督

映画情報どっとこむ ralph 今回PRキャンペーンで色々挑戦した坂本さん思い出に残っているのは

阪本さん:達磨作ったり、須賀さんの分も200度参りしたので、たくさんの方に映画を観ていただければと。公開出来て嬉しいです!

須賀さん:これだけ沢山の方に観ていただける。撮影では色々ありましたが。。あっ特殊な撮影って意味でですけど、こうして観ていただけるのはうれしい。子供が旅脱漢字ですね。

間宮さん:この場に立てて、嬉しいです。初日から沢山のお客様で、良いスタートを切ったなと。観に来てくださったかたに広めていただいて色々な劇場で見られるようになると嬉しいです。

小田監督:ここに来るときに、撮影前の阪本君と稽古している動画見ていて・・・、それから、公開と言う状況になっているのは感動的。雑談から始まって凄いなと思ってます。

思い出を聞かれると、

阪本さん:達磨作りとか。。。二人でタイツでカウントダウンとかね。 

須賀さん:あれ誰考えたのかな・・・でも撮影の思い出話をして!

と、お兄さんにたしなめられ

阪本さん:撮影の3日目くらいに初めて監督のモニター見て・・すると間宮さんおセクシーなシーン。。。須賀さんが、まじまじとみていて、羨ましがってました!

と、撮影時の思い出をまさかの逆襲暴露で!

須賀さん:えー!暴露!確かに いいな~って言いましたが!

と、笑いながら答える懐の深い須賀さん。

映画情報どっとこむ ralph 野望はありますかと聞かれ

阪本さん:海外に行ったことが一回もないので・・・この映画祭とかで海外に出れたらと。それが野望です。
とすると

須賀さん:野望ですか・・・いっぱい仕事がしたいです。純粋に!

間宮さん:この作品で映画祭に行きたいです。願望があって、劇中でお二人が歌っているのでCDデビューしないかと(拍手)大人たちが考えてくれればと切望です!

と、映画の話をする二人に須賀さんも「僕も映画祭にしますと!」付け加えると監督も

監督;もちろん行きたいです!初監督と初主演なのでね。それから成長後、もう一回、このメンバーで作品ができたらと。野望を持っています!
との野望に嬉しいお知らせ。

韓国の全州国際映画祭のコンペ部門にノミネートが発表となったことが告げられ

監督:凄いな。

と、人ごとみたいな監督

阪本:韓国行きたかったんです!いけます?

と、聞くと天の声が「検討します」と会場の端から。

映画情報どっとこむ ralph そして!
完成披露時に約束したふんどし姿に生着替え!

阪本さんのふんどし姿での感謝の気持ち

阪本さん:今日ほんとに公開出来て、このような沢山のお客さもに来ていただいて幸せでした。しあわせでした。撮影では監督、須賀さん、間宮さんたちに助けていただいて乗り切り、大切な作品になりました。これを今後色々な人に見ていただけるよう頑張っていきます。


親友のタダタカシに叶わない想いを抱えながら、タダの運命の女を探す無謀な旅についていくサイモン。独特の存在感を持ち、持ち前の透明感で複雑なサイモンの心の機微を演じきったのは、第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞を受賞し、本作が映画初出演&初主演となる新星・阪本一樹。繊細で内気なサイモンに対し、ロマンチストでどこか抜けている愛されキャラの相棒・タダタカシをエネルギッシュかつコミカルに熱演したのは、2018年にデビュー20周年を迎え、映画・ドラマ・舞台とマルチに活躍する俳優・須賀健太。注目の若手俳優たちが、青春の1ページを描き出します。

サイモン&タダタカシ

3月24日(土) シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。


公式HP:
http://saimon-movie.com/
公式twitter:
@saimon_movie


***********************************



監督・脚本・編集 小田学

出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉

主題歌:どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC)

製作:PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム 配給/日活 2017年/日本/カラー/84分

©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)


阪本一樹 須賀健太 がモジモジ君スタイルで『サイモン&タダタカシ』公開までカウントダウン!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界の第一線で活躍する監督たちを世に送り出してきた新人監督の登竜門「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」。本作の小田学監督はPFFアワード2014に入選し、革新的でチャレンジングな作品に贈られるジェムストーン賞を受賞。PFFスカラシップによって製作された作品が、『サイモン&タダタカシ』。
本作が初出演&初主演となった今年ブレイク必至の阪本一樹とデビュー20周年を迎え、テレビ、映画、舞台とマルチに活躍する須賀健太。対照的なキャラクターであるサイモンとタダタカシを阪本と須賀が演じ、新鮮でかつ魅力ある作品へと昇華させています。

この度、3月14日(水)より、本作の公開初日まで、W主演の阪本&須賀が自ら真っ赤な全身タイツでカウントダウン用の数字をモジモジ君のように体現。2人が作り上げた数字は、公式SNSで、毎日日付が変わる0時に公開していくそうです。
普通ならば絶対にお目見えしないおもしろ企画が、実写だけではなく、アニメーションやジオラマ撮影、特撮まで取り入れて制作され、観客の予測の斜め上を行く本作だからこそ実現‼

キャストに全身タイツを着せるという無茶ぶりをし、10日分のカウントダウン用の数字を作成したそうです。



公式HP:
http://saimon-movie.com/ 
公式twitter:
@saimon_movie



好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。

男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。

ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。

『サイモン&タダタカシ』を応援しよう!クラウドファンディング参加ページ

***********************************

監督・脚本・編集 小田学
出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉
主題歌/どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC) 
製作/PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活) 制作プロダクション/日活 ジャンゴフィルム 配給/日活  2017年/日本/カラー/84分 ©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)


阪本一樹、須賀健太『サイモン&タダタカシ』舞台挨拶 初日は「ふんどし」宣言!


映画情報どっとこむ ralph 新星・阪本一樹とデビュー20周年を迎える須賀健太が “運命の女”を探す青春ロードムービー!

第24回PFFスカラシップ作品映画『サイモン&タダタカシ』2/12(月・祝)舞台挨拶付き先行上映会が行われ、阪本一樹さん、須賀健太さん、小田学監督が登壇しました。
初日舞台挨拶ふんどしで登壇すると宣誓!誓約書にサイン!

また2月14日のバレンタイン直前イベントということで阪本さん&須賀さんよりご来場いただいたお客様にプレゼントを手渡ししました。

映画『サイモン&タダタカシ』先行上映会舞台挨拶
日時:2月12日(月・祝)
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:阪本一樹、須賀健太、小田学監督

映画情報どっとこむ ralph 登壇した阪本さんは初めての舞台挨拶と言うことでガチガチ
阪本さん:こんにちは!19歳です!こんなに大勢の前で話すのは緊張します。至らない点もあると思いますが・・大目にみてください。

と、可愛い阪本さん。これに対して芸能生活20周年の須賀さんは

須賀さん:23歳です。いかがでしたでしょうか?いち早く観ていただけてドキドキディています。唯一先輩風を吹かすことが出来る人が横にいるので。リラックスしたいと思います。

小田監督:サイモンとタダタカシを創った小田です。37歳です。
との挨拶からスタート。


脚本を読んで、
阪本さん:演技自体が初めてで台本をもらってセリフが多いな・・・覚える不安が強くて2-3日眠れませんでした!

と、初々しい

須賀さん:僕は4-5日眠れなかったです(笑)。嘘です。台本を読んで、今の日本映画でこんなにチャレンジを詰め込んだ作品があるのか!と。どう映像にするんだろう????と思いました。文字だとね・・・。

と、いろいろな要素をどのように映画にしたのかは劇場でチェック。

映画情報どっとこむ ralph 主演であることを聞かされて、

阪本さん:対策とか準備をしました。早口言葉とか落語とか・・活舌から。

と、少しピントが・・・。相棒の須賀さんは23歳ですがデビュー20周年。なんと、モーニング娘。と同期。

須賀さん:(阪本さんを見て)可愛いなと。事務所の後輩とW主演。やっと後輩が出来たと嬉しかったです。

監督も長編デビュー。この作品の企画時には

小田監督:なんとなくロードムービーにしようと漠然と思いました。PFFのスカラーシップなので、やりたいことを、何でもやっていいんだと聞いていたので、今までの想いを全部詰め込みました。

ろ、語る監督。


好きなシーンを聞かれると

坂本さん:須賀さんと川辺のシーンで期の棒でふざけたり、じゃれたりするシーン。先生役の渡さんがふんどしで太鼓をたたいているのが男らしくて好きです。

と言うと、その場面で特殊メイクで須賀さんはのぞんでいて、

須賀さん:特殊メイクで4時からメイクして4時間かかっていて、、でも、撮影が10分。今となっては良い思い出です・・・。
と。苦労したのに・・・とエピソードを披露してくださいました。

小田監督は、阪本さんが涙を流すシーンが好き。タダタカシのことを思って泣ってなけたと。僕の想いが伝わったかなと思いました。

と話します。そんな阪本さんは

阪本さん:タカシのことを好きになる役でしたが、須賀さんも好きにになろうと、頑張って努力しました!(須賀さん:努力しなくても好きになってほしいな。)
経歴長い大先輩なので、話しかけづらくて。でも、新人の僕にも優しくて。大好きです。。。

と、告白。

映画情報どっとこむ ralph 阪本さんから決意表明発表コーナー
阪本さん:宣伝活動に従事し、3月24日の舞台挨拶には会場を満席にします!そして、来てくださった方に感謝を込めて、ふんどし姿で登壇することを表明します!
と「ふんどし祭宣言!」

調印式。

最後に・・・
阪本さん:いいところをみんなに広めて下さい!ふんどし姿で3月24日に舞台挨拶します。それまでに筋肉を付けたいと思います!

と、ふんどし&筋肉祭にする模様!


そして、イベント最後にお客様へバレンタインが近いので感謝の逆チョコ!
流石20年!物を見せるこのカットを記者用に作る須賀さん。後輩育ててます。

どうやら多くのお客さんは須賀さんにもふんどし姿をお願いしていたようです!


映画情報どっとこむ ralph 『サイモン&タダタカシ』

3月24日(土) シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。


公式HP:
http://saimon-movie.com/
公式twitter:
@saimon_movie
公式instagram:
@saimon_tadatakashi

***********************************

監督・脚本・編集 小田学

出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉

主題歌:どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC)

製作:PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム 配給/日活 2017年/日本/カラー/84分

©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)
    


小田学監督『サイモン&タダタカシ』“好きな人の好きな人を探しに行く旅”キービジュアル&予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 園子温、橋口亮輔、矢口史靖、熊切和嘉、李相日、荻上直子、内田けんじ、石井裕也など日本映画界の第一線で活躍する監督たちを世に送り出してきた新人監督の登竜門「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」。

528本の応募があった2014年「第36回PFF」のコンペティション部門で21作品に絞られたPFFアワード2014に入選。革新的でチャレンジングな作品に贈られるジェムストーン賞を受賞し、さらに受賞監督8人のなかから完全オリジナルの脚本で新作の企画を募り、1名のみが権利を獲得できる<PFFスカラシップ>に選出され、製作されたのが小田学監督の長編デビュー作『サイモン&タダタカシ』。

そのポスタービジュアルと予告編が解禁。

映画情報どっとこむ ralph 工業高校に通う2人の男子高校生・サイモンとタダタカシ。親友に叶わない恋心を抱えるサイモンと、その想いに全く気づかない鈍感なタダが、男ばかりの学生生活に終止符を打つべく、高校最後の夏休みに“運命の女”を探して一緒に旅に出るという青春ロードムービーです。解禁された予告編映像では、サイモンの秘めた想いが切なく描かれる一方、ぽっちゃりした同級生にあっさり振られるタダタカシが運命の女・マイコに会いに行くことを決意するところが描かれている。“好きな人の好きな人を探しに行く”切ないはずの旅路は、誰にも予想できない珍道中の幕開けだった―!?

実写だけではなく、アニメーションやジオラマ撮影、特撮まで取り入れて制作された本作は、多ジャンルを横断するジャンルレス映画となっており、見る方々をびっくりさせること間違いなし!!

小田監督渾身のバカで切ない青春の旅を描く本作に是非ご期待下さい。

また、2月12日(月・祝)に阪本一樹&須賀健太&小田学監督登壇の舞台挨拶付き特別先行上映会も決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『サイモン&タダタカシ』阪本一樹×須賀健太×小田学監督 舞台挨拶付き特別先行上映会決定

★バレンタインデーにちなんだ入場者プレゼントをご用意しています★

日時:2月12日 (月・祝) 13:40開場/13:50開映
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:阪本一樹、須賀健太、小田学監督(敬称略)
料金:1,800円均一
オンラインチケット発売開始:1月27日(土)0:00(1/26(金)24:00)
劇場窓口販売:1月27日(土)劇場オープン時間より販売※チケット購入についての詳細
シネ・リーブル池袋

映画情報どっとこむ ralph サイモン&タダタカシ

3月24日(土) シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。

公式HP:
http://saimon-movie.com/
公式twitter:
@saimon_movie
公式instagram:
@saimon_tadatakashi

映画情報どっとこむ ralph サイモン&タダタカシ』を応援しよう!
クラウドファンディング参加ページはこちら

***********************************

監督・脚本・編集 小田学

出演:阪本一樹 須賀健太

間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉

主題歌/どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC)

製作/PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活) 制作プロダクション/日活 ジャンゴフィルム 配給/日活 2017年/日本/カラー/84分 ©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)
    


小田学監督『サイモン&タダタカシ』公開決定!TWITTERドラマも配信


映画情報どっとこむ ralph 園子温、矢口史靖、李相日など日本映画界の第一線で活躍する監督たちを世に送り出してきた新人監督の登竜門「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」。

その<PFFアワード2014>ジェムストーン賞を受賞した小田学監督の長編デビュー作『サイモン&タダタカシ』の公開が2018年春に決定しました。
第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストフォトジェニック賞を受賞し、今作が映画初出演&初主演となる阪本一樹と、来年役者デビュー20周年を迎える俳優須賀健太がダブル主演。二人は、親友に恋をしてしまったサイモンと、親友の恋心に気づかず“運命の女”探しに誘うタカシを演じています。

公式サイト:http://saimon-movie.com/
公式twitter:@saimon_movie
公式Instagram:saimon_tadatakashi

2018年<春>シネ・リーブル池袋ほか全国公開です。

物語・・・
「好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?」工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。

PFFスカラシップとは
「映画の新しい才能の発見と育成」をテーマに1977年にスタートした「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」。「才能の発見」にあたる一般公募による自主製作映画のコンペティション部門「PFFアワード」の受賞監督から次回作の企画を募り、1名を選出し企画開発から公開までをトータルプロデュースし「才能の育成」を図る1984年から始まった長編映画製作支援システム。これまでに園子温、李相日、橋口亮輔、矢口史靖、石井裕也といった日本映画界を支える監督陣を輩出している。

日活株式会社

映画情報どっとこむ ralph そして!本作の監督を務めた小田学監督が、ミオヤマザキの人気楽曲をテーマに制作されている、話題沸騰のTwitterドラマ第三弾「家族になれたら」の監督に選出され、12月6日(水)より配信がスタートします。
出演は、天才てれびくんなどで子役時代から活躍、「ピチレモン」モデル、「テッド」で吹き替え、その他にも映画、ドラマ・舞台など多岐にわたって活動し、今はyoutuberとしても大人気のてんちむ、EXILE SHOKICHIの実の弟で、劇団EXILEのメンバーとして大活躍中の八木将康、そして、頑固親父役には渡辺哲が出演、音楽は全てミオヤマザキが担当。

Twitterドラマ第3弾「家族になれたら」は、12月6日から以下の各出演者の公式Twitterアカウントで公開です。

ミオヤマザキオフィシャルTwitter:
@mio_yamazaki

てんちむオフィシャルTwitter:
@tenchim_1119

劇団EXILEオフィシャルTwitter:
@gekidanexile

twitterドラマ『家族になれたら』

出演:てんちむ、八木将康、山本圭祐、渡辺哲
監督:小田学
脚本:吉田香織
制作:TOIL&MOIL
制作協力:ジャンゴフィルム
企画・音楽:ミオヤマザキ
協力:プレゼンスマネジメント
主題歌:ミオヤマザキ「愛されたいよ。」

***********************************