「ゴールデングローブ賞」タグアーカイブ

ゴールデングローブ賞主演女優賞受賞!『女王陛下のお気に入り』でオリヴィア・コールマンが!


映画情報どっとこむ ralph 今最も注目されるギリシャの鬼才、ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『女王陛下のお気に入り』が、2019年2月15日(金)より全国ロードショーとなります。

全米公開中の本作(日本公開2月15日)は、11月23日の米公開から2017年-2018年公開作品の館アベレージ最高記録をたたきだし、7週目を迎えた北米は1月6日(日)時点で興行収入を1940万ドルにまで伸ばし、1月1日から公開のご当地イギリスも昨年の『スリー・ビルボード』、『シェイプ・オブ・ウォーター』を大幅に凌ぐ、608万ドルの大ヒットスタートを果たしています。

ベネチア国際映画祭でのW受賞を皮切りに、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)/主演女優賞(オリヴィア・コールマン:ミュージカル・コメディ部門)/助演女優賞(レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン)Wノミネート/脚本賞(デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ)の主要賞4部門5ノミネートされていました第76回ゴールデングローブ賞におきまして、この度主演女優賞(オリヴィア・コールマン:ミュージカル・コメディ部門)で予想通りの受賞を果たしました!
最多13部門ノミネートの英国インディペンデント映画賞で、作品・監督・主演女優・助演女優の主要カテゴリーを含む新記録となる10部門での受賞を達成したほか、今回のゴールデングローブ賞を含めてすでに73受賞、219ノミネートを達成し(うち作品賞6受賞、主演女優賞15受賞)、完全に他を寄せ付けない強さを見せている本作は、まさに“女王”。このままアカデミー賞までトップランナーとして疾走します!


映画情報どっとこむ ralph 主人公アン女王を演じるオリヴィア・コールマンはゴールデングローブ賞/エミー賞に輝く名女優。
貴族への返り咲きを狙う召使のアビゲイルには、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞(R)主演女優賞を受賞したエマ・ストーン、女王の幼なじみで親友のレディ・サラには同じくオスカー女優のレイチェル・ワイズという、最上級の冠をもる三女優が集結。美しい宮廷を舞台に、三人の女たちの複雑な関係性を、豪奢なセット、美術品のように美しい衣裳、光とともに描きだし、大喝采を浴びています。

『女王陛下のお気に入り』

2月15日(金) 全国ロードショー!

【STORY】

18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。
虚弱な女王、アン(オリヴィア・コールマン)が王位にあり、彼女の幼馴染、レディ・サラ(レイチェル ・ワイズ)が病身で気まぐれな女王を動かし、絶大な権力を振るっていた。
そんな中、没落したサラの従妹アビゲイル(エマ・ストーン)が召使いとして参内し、その魅力がレディ・サラとアン女王を引きつける。
レディ・サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を伺っていた。
戦争の継続をめぐる政治的駆け引きが続く中、急速に育まれるサラとの友情がアビゲイルにチャンスをもたらすが、その行く手には数々の試練が待ち受けていた。

***********************************


監督:ヨルゴス・ランティモス『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』

キャスト:エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、レイチェル・ワイズ『ロブスター』『ナイロビの蜂』、オリヴィア・コールマン『ロブスター』、ニコラス・ホルト『シングルマン』『X-MENシリーズ』、ジョー・アルウィン『ビリー・リンの永遠の一日』

2018年/アイルランド・アメリカ・イギリス映画 
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

デイミアン・チャゼル監督『ファースト・マン』は、第76回ゴールデングローブ賞で2部門にノミネート!


映画情報どっとこむ ralph 『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)を“月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーとなる2019年”の2月8日(金)に公開となります。

そんな中、『ファースト・マン』は、アカデミー賞の前哨戦として、最も注目される第76回ゴールデングローブ賞において、助演女優賞と作曲賞の2部門にノミネート!!
助演女優賞(クレア・フォイ)
作曲賞(ジャスティン・ハーウィッツ)
※受賞発表は2019年1月6日(日)/現地時間

映画情報どっとこむ ralph 『蜘蛛の巣を払う女』(18)での圧倒的演技力で既に注目を集め、本作ではチャゼル監督の作品に初出演となり、ライアン・ゴズリング演じるニール・アームストロングの妻・ジャネットを熱演しているクレア・フォイはTV部門における「ザ・クラウン」以来3度目のノミネート、またチャゼル監督の短編デビュー作品ほか『セッション』、『ラ・ラ・ランド』でもオリジナル作曲を手がけているジャスティン・ハーウィッツは『ラ・ラ・ランド』に続き、2作品連続2度目のノミネート!チャゼル監督最新作に新たなスパイスと信頼とを寄せる実力派キャスト・スタッフ陣が、今後の賞レースでもどのように絡んでくるのか、引き続き期待がかかります!

ファースト・マン
原題 :『FIRST MAN』

2019年2月8日(金)全国ロードショー!

公式 Twitter:
@firstmanmoviejp

公式サイト:
http://www.firstman.jp/

***********************************

監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)

出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー
2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16)、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(18)
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和
写真(c)Universal Pictures
映像用クレジット:(c)2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『女王陛下のお気に入り』第76回ゴールデングローブ賞4部門5ノミネート!!


映画情報どっとこむ ralph 全米公開中の『女王陛下のお気に入り』(日本公開2月15日)が、この度発表されました第76回ゴールデングローブ賞で、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)/女優賞(オリヴィア・コールマン:ミュージカル・コメディ部門)/助演女優賞(レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン)Wノミネート/脚本賞(デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ)の主要賞4部門5ノミネートを果たしました!

ゴールデングローブ賞は日本時間2019年1月7日に発表です!


<三大女優の競演による豪華絢爛な宮廷物語!!>

主人公アン女王を演じるオリヴィア・コールマンはゴールデングローブ賞/エミー賞に輝く名女優。貴族への返り咲きを狙う召使のアビゲイルには、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞(R)主演女優賞を受賞したエマ・ストーン、女王の幼なじみで親友のレディ・サラには同じくオスカー女優のレイチェル・ワイズという、実力派三女優が集結。
美しい宮廷を舞台に、三人の女たちの複雑な関係性を、豪奢なセット、美術品のように美しい衣裳、光とともに描きだし、大喝采を浴びております。

『女王陛下のお気に入り』

2019年2月15日(金) 全国ロードショー!
物語・・・
18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。
虚弱な女王、アン(オリヴィア・コールマン)が王位にあり、彼女の幼馴染、レディ・サラ(レイチェル ・ワイズ)が病身で気まぐれな女王を動かし、絶大な権力を振るっていた。
そんな中、没落したサラの従妹アビゲイル(エマ・ストーン)が召使いとして参内し、その魅力がレディ・サラとアン女王を引きつける。
レディ・サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を伺っていた。
戦争の継続をめぐる政治的駆け引きが続く中、急速に育まれるサラとの友情がアビゲイルにチャンスをもたらすが、その行く手には数々の試練が待ち受けていた。

***********************************

監督:ヨルゴス・ランティモス『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』

キャスト:
エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、レイチェル・ワイズ『ロブスター』『ナイロビの蜂』、オリヴィア・コールマン『ロブスター』、ニコラス・ホルト『シングルマン』『X-MENシリーズ』、ジョー・アルウィン『ビリー・リンの永遠の一日』

2018年/アイルランド・アメリカ・イギリス映画 
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『犬ヶ島』第76回ゴールデングローブ賞 アニメ映画賞、作曲賞の2部門にノミネート


映画情報どっとこむ ralph この度、全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)を手掛けたウェス・アンダーソン監督の最新作であり、2018年5月に日本でも公開された映画『犬ヶ島』。

この度、現地時間12月6日に第76回ゴールデングローブ賞のノミネーションが発表され、

本作がアニメ映画賞、作曲賞の2部門にノミネートされました!!
アニメ映画賞 / 作曲賞(アレクサンドル・デスプラ)

今年2月に開催された第68回ベルリン国際映画祭では、銀熊賞【監督賞】を堂々受賞していた本作が、アカデミー賞レースの前哨戦として最重要視され、世界中から注目を集めるゴールデングローブ賞においても見事に2部門でノミネートを果たしました!

作曲賞にノミネートされたアレクサンドル・デスプラは、昨年第75回で最優秀作曲賞受賞となった『シェイプ・オブ・ウォーター』に続き、2年連続10回目のノミネート!そしてウェス・アンダーソン監督作品はこれで、『ファンタスティック Mr.FOX』(第67回、アニメ映画賞ノミネート)、『ムーンライズ・キングダム』(第70回、作品賞ミュージカル・コメディ部門ノミネート)、『グランド・ブダペスト・ホテル』(第72回、作品賞ミュージカル・コメディ部門受賞)に続きなんと4作品連続ノミネートという驚異的な記録!もし今回受賞となれば、前作に続く連続受賞であり、アニメ映画賞は初の戴冠。実写の作品賞&アニメ映画賞のダブル制覇という快挙をウェス・アンダーソンが達成なるか、大いに期待が集まっています!!

映画情報どっとこむ ralph 映画『犬ヶ島

デジタル配信中!!
Blu-ray&DVD発売中!!
全編にわたり日本を舞台とし、”ドッグ病”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く本作。声優陣としてビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スウィントン、F・マーリー・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュレイバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能を持ったキャストが集結。さらには日本人ボイスキャストとしてRADWIMPS・野田洋次郎、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリらといった日本を代表する多彩なキャストの他、続々と人気ゲストが参加。5月21日&22日にはウェス・アンダーソン監督、コーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラムが来日、25日には初日舞台挨拶にもウェス監督とコーユーが登壇し、語られた想いと作中で描かれる大いなる日本への愛に列島中が魅了されたことが記憶にも新しいところ。

***********************************

スタッフ
監督:ウェス・アンダーソン

【キャスト:
ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリ
©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『永遠の門 ゴッホの見た未来』邦題決定&ゴールデングローブ賞主演男優賞ノミネート


映画情報どっとこむ ralph 『At Eternity’s Gate』(原題)が、米国現地時間12月6日5:00(日本時間6日22:00)頃より行われた第76回ゴールデングローブ賞ノミネーション発表にて、主演のウィレム・デフォーが主演男優賞(Best Performance by an Actor in a Motion Picture – Drama)にノミネートされました。また、邦題を『永遠の門 ゴッホの見た未来』とすることも決定しました。
ゴールデングローブ賞は、その年の映画賞レースやアカデミー賞の行方をうらなう前哨戦のひとつとして位置づけられていることもあり、受賞結果には世界の映画ファンからも非常に高い注目が集まります。

『永遠の門 ゴッホの見た未来』は、精神に病を抱え、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きたフィンセント・ファン・ゴッホを描いた作品です。唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたゴーギャンとの出会いと、共同生活の破綻。そして、いまだ多くの謎が残る死――。生きているうちに誰にも理解されなくとも、自分が見た<世界の美しさ>を信じ、筆を握り続けたゴッホ。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを、『潜水服は蝶の夢を見る』で話題を呼んだ鬼才監督ジュリアン・シュナーベルが渾身の力で描いた圧倒的映像美で贈る、珠玉の感動作となっております。

映画情報どっとこむ ralph シュナーベル監督に「この役は、彼しか考えられなかった」と言わしめたのが、今回主人公のゴッホを演じ、第75回ヴェネチア国際映画祭では見事最優秀男優賞に輝いたばかりのウィレム・デフォー。ウェス・アンダーソンなど、作家性の高い監督作品からハリウッド大作まで、幅広いジャンルで活躍。これまでゴールデングローブ賞では、『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』(01)と『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(17)の2回助演男優賞にノミネートされていますが、主演男優賞では初のノミネートとなりました。観客を圧倒する演技に、今後の賞レースでも期待が高まります。
気になる第76回ゴールデングローブ賞の受賞結果は、現地時間2019年1月6日(日)に発表となります。

ウィレム・デフォー初のゴールデングローブ賞主演男優賞受賞となるのか!?ぜひ、ご注目ください。

永遠の門 ゴッホの見た未来
原題:At Eternity’s Gate
日本公開は、2019年を予定。

***********************************

監督:ジュリアン・シュナーベル 『潜水服は蝶の夢を見る』
出演:
ウィレム・デフォー 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』
オスカー・アイザック 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
マッツ・ミケルセン 『偽りなき者』
マチュー・アマルリック 『グランド・ブダペスト・ホテル』
配給:ギャガ、松竹
© Walk Home Productions LLC 2018




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ