「ゴールデングローブ」タグアーカイブ

『ファースト・マン』ジャスティン・ハーウィッツがゴールデングローブ賞作曲賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph 東宝東和は『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)を“月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーとなる2019年”の2月8日(金)に公開いたします。

第76回ゴールデングローブ賞の授賞式が1月6日(日/現地時間)に開催され、『ファースト・マン』の劇伴を手掛けたジャスティン・ハーウィッツが作曲賞を受賞しました!

『ファースト・マン』の音楽については、本日発表されたゴールデングローブ賞のほか、サテライト賞でも作曲賞を受賞、全米各地の映画賞で作曲賞を受賞しているほか放送映画批評家賞でもノミネート。チャゼル監督の短編デビュー作品ほか『セッション』、『ラ・ラ・ランド』でもオリジナル作曲を手がけたジャスティン・ハーウィッツですが、『ラ・ラ・ランド』に続き、2作品連続2度目の受賞という快挙を成し遂げました!『ファースト・マン』で描かれるニール・アームストロングが好んで聞いていたと言われるテルミンを楽曲に盛り込むために自ら演奏するなど、『ラ・ラ・ランド』の心躍るミュージカルから、壮大な宇宙、歴史的偉業の「月面着陸」まで幅広いジャンルのオリジナル曲に挑戦し活躍する若き才能。チャゼル作品の音楽に欠かせない存在となったハーウィッツが感謝の気持ちを込めたスピーチを行いました。

映画情報どっとこむ ralph <授賞式スピーチ内容>
★ジャスティン・ハーウィッツ(作曲賞)
この映画の曲を手掛けるにあたり、関わってくださった皆さんに感謝します。
そして監督のデイミアン、彼はとても才能に溢れていて、誠実で、すべての細やかなディテールにおいて助けてくれました。本当にありがとう!
映画情報どっとこむ ralph ◆『ファースト・マン』について
アカデミー賞3部門受賞『セッション』で全世界から脚光を浴び、続く『ラ・ラ・ランド』では最年少記録となる監督賞を受賞を含むアカデミー賞6冠に輝き、評価と人気を確立させたデイミアン・チャゼル監督。『ラ・ラ・ランド』よりも先に企画されていたという入魂の最新作『ファースト・マン』では、再び演技派ライアン・ゴズリングとタッグを組み、息を呑むほどの緊張感とダイナミックな映像で、まるで宇宙空間を旅しているような臨場感を体感させる大迫力のエンターテインメント作品で新境地を切り開いた。まだ携帯電話も無かった時代に、月へと飛び立った アポロ 11 号。人類初の月面着陸という、前人未踏の未知なるミッションにして、人類史上最も危険なミッションが、アポロ11号船長ニール・アームストロングの視点で描かれる。アームストロングには、ゴールデングローブ賞受賞の演技派ライアン・ゴズリング。アームストロングを支える妻ジャネットを、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイが演じる。音楽は、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞受賞のほかチャゼル監督をデビュー作から支えるジャスティン・ハーウィッツが務める。すでに発表されている今期の賞レースにおいては、第22回ハリウッド映画賞で監督賞、編集賞、作曲賞を受賞し、アトランタ映画批評家協会賞ではオリジナル作曲賞、そしてワシントンDC映画批評家協会賞では編集賞をそれぞれ受賞!さらに、先日発表された今後の映画賞を占うサテライト賞ではオリジナル作曲賞を受賞したほか、7部門でノミネート、放送映画批評家賞でも10部門でノミネートされている。なお、本日発表となったゴールデングローブ賞では助演女優賞にクレア・フォイがノミネートされている。

『ファースト・マン』
原題 :『FIRST MAN』

2019年2月8日(金)全国ロードショー!

公式 Twitter:
https://twitter.com/firstmanmoviejp

公式サイト:
http://www.firstman.jp/

***********************************

監督/製作:デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』(17)、『セッション』(15)

出演:ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』(17)、『ブレードランナー
2049』(17)、クレア・フォイ(『蜘蛛の巣を払う女』(19)、カイル・チャンドラー(『キャロル』(16)、ほか

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー
脚本:ジョシュ・シンガー(『スポット・ライト 世紀のスクープ』(16)、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(18)
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ(『セッション』(15)、『ラ・ラ・ランド』(17)
原作:「ファーストマン:ニール・アームストロングの人生」著/ジェイムズ・R・ハンセン
配給宣伝:東宝東和
写真(c)Universal Pictures
映像用クレジット:(c)2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』第76回ゴールデングローブ賞4部門にノミネート


映画情報どっとこむ ralph スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』が2019年3月、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開となります!

そして!現地時間12月6日5:00(日本時間6日22:00)頃より行われた第76回ゴールデングローブ賞ノミネーション発表にて、作品賞(Best Motion Picture – Drama)、名匠スパイク・リーが監督賞(Best Director – Motion Picture)とジョン・デヴィッド・ワシントンが主演男優賞(Best Performance by an Actor in a Motion Picture – Drama)、アダム・ドライバーが助演男優賞(Best Performance by an Actor in a Supporting Role in a Motion Picture)と4部門にノミネートされる快挙を果たしました!

ゴールデングローブ賞は、その年の映画賞レースやアカデミー賞の行方をうらなう前哨戦のひとつとして位置づけられていることもあり、受賞結果には世界の映画ファンからも非常に高い注目が集まります。
Adam Driver stars as Flip Zimmerman and John David Washington as Ron Stallworth in Spike Lee’s BlacKkKLansman, a Focus Features release.Credit: David Lee / Focus Features

映画情報どっとこむ ralph 1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を鬼才スパイク・リー監督が映画化した本作は第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』の次点となるグランプリを受賞し話題が沸騰。全米では辛口批評サイト「ロッテントマト」で95%フレッシュを獲得し、各メディアが大絶賛!

主演のロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンがその名を知らしめた傑作『マルコムX』で映画出演を果たし、奇しくも同じスパイク・リー監督作品の本作で主演として脚光を浴びる。ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。そして、監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とアカデミー賞最強布陣が製作に名を連ねる。

映画情報どっとこむ ralph これまで、第71回カンヌ国際映画祭の審査員特別グランプリ受賞した他、第22回ハリウッド映画賞のハリウッド・ブレイクアウト・パフォーマンス男優賞(ジョン・デヴィッド・ワシントン)受賞、第28回ゴッサム・インディペンデント映画賞では男優賞(アダム・ドライバー)ノミネート、第34回インディペンデント・スピリット賞では助演男優賞(アダム・ドライバー)ノミネート、第23回サテライト賞映画部門では、作品賞(インディペンデンス)主演男優賞、助演男優賞、監督賞、脚色賞、編集賞、オリジナル作曲賞と7部門にノミネート、さらにAFI(アメリカ映画協会)が選ぶ2018年のベスト映画TOP10に選出されるなどブラック・パワーが賞レースを席巻中!!第76回ゴールデングローブ賞の受賞結果は、現地時間2019年1月6日(日)に発表となります。父デンゼル・ワシントンは1993年に同じスパイク・リー監督作『マルコムX』でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。2000年に『ザ・ハリケーン』で主演男優賞受賞を果たした経歴を持つ。ジョン・デヴィッド・ワシントンも父の背中を追い、ゴールデングローブ賞最優秀男優賞受賞となるのか!?

スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン
2019年3月、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

物語・・・
1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのかー!?

***********************************

監督・脚本:スパイク・リー
製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか
ユニバーサル映画
配給:パルコ
宣伝:スキップ&NPC
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:BlacKkKlansman/映倫:G指定
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.


世界三大映画祭を制したファティ・アキン監督『女は二度決断する』 ゴールデングローブ賞ノミネート!


映画情報どっとこむ ralph 本年度の第70回カンヌ国際映画祭でダイアン・クルーガーが主演女優賞を受賞した、ドイツの名匠ファティ・アキン監督最新作『女は二度決断する』(2018年4月より全国公開)が、アカデミー賞の前哨戦ともいわれる、第75回ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされました!
ゴールデングローブ賞の他、数々の映画賞で外国語映画賞に受賞・ノミネートを重ねており、来月発表される第90回アカデミー賞® 外国語映画賞/主演女優賞受賞への可能性をさらに濃厚としました。

映画情報どっとこむ ralph 世界三大国際映画祭すべてで主要賞受賞経験を持つ、ドイツの名匠ファティ・アキン監督の最新作。主人公カティヤを演じたダイア ン・クルーガーは、

ハリウッドやヨーロッパで活躍する国際派女優。母国語であるドイツ語を使った映画に本作で初挑戦し、見事、カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞した。

突然の悲劇により最愛の家族を奪われた女。絶望の中、彼女はある決断をする――。

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚し、幸せな家庭を築いていた。ある日、白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。

トルコ人同士の抗争を警察は疑うが、人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、カティヤの魂はどこへ向かうのか。

2018年4月、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

映画情報どっとこむ ralph 『女は二度決断する』
第 75 回ゴールデングローブ賞 外国語映画賞ノミネート
※授賞式は 1 月 7 日(日本時間 1 月 8 日)
<その他の受賞・ノミネート状況 2017.12.12.現在>
第 70 回カンヌ国際映画祭 主演女優賞受賞
第 90 回アカデミー賞®外国語映画賞ドイツ代表
第 17 回ニューヨーク映画批評家オンライン賞 外国語映画賞
第 27 回フィルムズ・フロム・ザ・サウス映画祭 観客賞
第 69 回バンビ・メディア賞 審査員特別賞
第1回インディワイヤー栄誉賞 主演女優賞(ダイアン・クルーガー)
第 23 回クリティクス・チョイス・アワード 外国語映画賞ノミネート
第 16 回ワシントン DC 映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第1回 LA オンライン映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第 22 回サテライト・アワード 主演女優賞・外国語映画賞ノミネート
第 16 回サンフランシスコ映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第 13 回ノース・テキサス映画批評家協会賞 外国語映画賞ノミネート
第 42 回トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門出品

***********************************

監督:ファティ・アキン
出演:ダイアン・クルーガー、デニス・モシット、ヨハネス・クリシュ、ヌーマン・アチャル、ウルリッヒ・トゥクール 2017/ドイツ/106 分
提供:ビターズ・エンド、WOWOW
配給:ビターズ・エンド
©2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH
    


『ダンケルク』 第75回ゴールデングローブ賞3部門 作品賞、監督賞、作曲賞にノミネート!


映画情報どっとこむ ralph 2017年12月20日(水)にブルーレイ&DVDリリース、12月13日(水)にデジタル先行配信される『ダンケルク』が、第75回ゴールデングローブ賞において、作品賞(ドラマ部門)、監督賞、作曲賞の3部門にノミネートされました。
アカデミー賞(R)の前哨戦ともいわれるゴールデングローブ賞でのノミネートを受け、来年初めにノミネートが発表されるアカデミー賞(R)でも多部門でのノミネート、オスカー獲得の期待が高まっています。

映画情報どっとこむ ralph 『ダンケルク』でも各映画賞の作曲賞にノミネート!今さら聞けない映画音楽家ハンス・ジマーとは?

近年、大作や大ヒット作の音楽でよく見かける名前がハンス・ジマー。その名前なら聞いたことがあるという方は多いだろう。 だが多くの方がよく知っている音楽も実はハンス・ジマーだったりする。90 年代にテレビで放送された「料理の鉄人」のオープニ ングに流れる勇壮なテーマ曲。これはハンス・ジマーが担当した『バックドラフト』(91)からの流用だったのだ。 ハンス・ジマーの曲の特徴はダイナミックなシンフォニーとエレクトロニクス・ミュージックの融合で、アクションやスペクタクルな映画 によく合う。その結果『クリムゾン・タイド』(95)と『ダークナイト』(08)でグラミー賞、『グラディエイター』(00)でゴールデングロー ブ賞、そして『ライオンキング』(94)ではアカデミー賞®を受賞し、今年だけでも『ワンダーウーマン』(テーマ担当)、『パイレーツ・ オブ・カリビアン 最後の海賊』(テーマ担当)、『ドリーム』、『ブレードランナー2049』(ベンジャミン・ウォルフィッシュと共作)、 『ダンケルク』の5本もの作品に参加している。 そんなハンス・ジマーの近年のベスト・パートナーがクリストファー・ノーラン。2005 年の『バットマン・ビギンズ』以来、『プレステ ージ』(06)を除く全監督作で組んでいる。『インセプション』(07)では本編中で夢から覚める合図として使われるエディット・ピ アフの「水に流して」のイントロを低速にしたものを象徴的に使うなどトリッキーな音楽を書き、『インターステラー』(14)では単 純化した短いメロディを反復し重ねることで父親の娘への想いを表現して深い感動を呼んだ。そんなハンス・ジマーとクリストフ ァー・ノーランの到達点が『ダンケルク』だ。 『ダンケルク』においてハンス・ジマーの音楽は大きなウェイトを占めているが、だが 映画を見終わった後にどんな音楽が流れていたか覚えていないかもしれない。最も よく出来た映画音楽は映像に溶け込み、流れていたことさえ気付かせない…とい う。いつどこから撃たれるのかわからない極限状態の兵士たちの心拍音をあらわす かのような激しいリズム、空襲を知らせるサイレンのような音が鳴り続け、反復する メロディが緊張を否が応にも高めていく。これが、映画が始まってから救助が来るま での 90 分間続く。こうやって観客はダンケルクのど真ん中に連れてこられるのだ。 つまり『ダンケルク』の半分は、ハンス・ジマーの音楽で出来ている。(ライター:竹之内円)

映画情報どっとこむ ralph 『ダンケルク』

2017年12月13日(水)デジタルセル先行配信開始

2017年12月20日(水)
ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始

ブルーレイ&DVDセット(3枚組)¥3,990+税

【初回限定生産】プレミアム・エディション ブルーレイ&DVDセット(3枚組/ブックレット付)¥4,990+税

【初回限定生産】アルティメット・エディション<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(3枚組/ブックレット付)¥6,990+税

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

公式 HP:
http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/




***********************************


『シェイプ・オブ・ウォーター』第75回ゴールデングローブ賞最多7部門ノミネート


映画情報どっとこむ ralph SFファンタジー・ロマンスが最多7部門のノミニーに!

この度『シェイプ・オブ・ウォーター』が、日本時間11日(月)に発表されました第75回ゴールデングローブ賞におきまして作品賞(ドラマ部門)、監督賞(ギレルモ・デル・トロ)、主演女優賞(サリー・ホーキンス)(ドラマ部門)、助演男優賞(リチャード・ジェンキンス)、助演女優賞(オクタヴィア・スペンサー)、脚本賞、作曲賞、最多7部門のノミネートを果たしました!

本作は『パンズ・ラビリンス』、『パシフィック・リム』などの世界的ヒット作で知られる、メキシコの巨匠ギレルモ・デル・トロ監督によるファンタジー。

ひとりの孤独な女性と水の中で生きる不思議な生物との言葉を超えた“愛”を描き、圧巻のノミネートとなりました! 
先のベネチア国際映画祭で喝采を浴び、満場一致で金獅子賞を受賞。12月1日よりニューヨーク限定2館で始まった先行公開では、館アベレージ83,282ドルの大ヒットスタートを切りました。12月8日から北米10都市41劇場に拡大、12月22日からは北米全土での公開を予定している本作は、賞レース前哨戦でもすでに16受賞、80ノミネートを果たし、特にアカデミー賞との親和性の高いブロードキャスト映画批評家協会賞では、他を寄せ付けない、史上最多となる14部門でのノミネートを果たしています。

ゴールデングローブ賞の発表は日本時間1月8日(月)となります。


映画情報どっとこむ ralph 世界的人気監督ギレルモ・デル・トロ監督の最高傑作!

孤独だが慈愛に満ちた女性イライザを演じたのは『ブルージャスミン』のサリー・ホーキンス、彼女を支える優しい隣人に『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンス、イライザと恋に落ちる生き物に息吹を与えるのは『パンズ・ラビリンス』でもデル・トロ監督とタッグを組んだダグ・ジョーンズ、冷徹な政府の調査官には『テイク・シェルター』のマイケル・シャノン、イライザの頼もしい同僚には『ドリーム』のオクタヴィア・スペンサーが扮しています。

類まれなる美しさをたたえた映像世界!!切なくも愛おしい、誰も観たことがない究極のファンタジー・ロマンス!!

アカデミー賞(R)最多ノミネート当確の呼び声も高い本作にご注目下さい!

『シェイプ・オブ・ウォーター』
原題:The Shape of Water 
3月1日(木) 全国ロードショー

物語・・
1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。
人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……


***********************************

監督・脚本・プロデューサー:ギレルモ・デル・トロ『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』

出演:サリー・ホーキンス『ブルージャスミン』、マイケル・シャノン『テイク・シェルター』、リチャード・ジェンキンス『扉をたたく人』、ダグ・ジョーンズ『パンズ・ラビリンス』、マイケル・スツールバーグ『シリアスマン』、オクタヴィア・スペンサー『ドリーム』
配給:20世紀フォックス映画 
(C)2017 Twentieth Century Fox