「コリン・トレボロウ」タグアーカイブ

謎の少女が「創ったのよ」何を?な『ジュラシック・ワールド/炎の王国』新予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)に日本上陸します!
前作に引き続き、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴヤ賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが抜擢され、前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグが、作品を更に<進化>させています。

この度、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新予告が到着!

眠りにつく少女に迫る恐ろしい恐竜、目の前に突如現れた恐竜に恐怖を隠しきれずおののく人間たち、謎の少女が「創ったのよ」と語る新たな恐竜の存在、主人公のために戦うヴェロキラプトルのブルーの姿…。新情報を明かしながらその謎をさらに深めている本映像は、見ているだけで息を潜めてしまうようなスリリングなシーンの連続!!『ジュラシック』シリーズ史上最多の恐竜が暴れまわる、スケール感溢れる大迫力の映像にご注目です!

前作以上に凶暴な、そして縦横無尽に暴れまわる恐竜たちが人間たちに襲い掛かる!!

映画情報どっとこむ ralph 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』:最新予告ご注目ポイント



①あの島は、“過去の遺物“!?

恐竜を見捨てる者と命を懸けて救う者…彼らの選択とは!?
前作の事件がきっかけで崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島に迫る、火山噴火の脅威。
ジュラシック・ワールドを「過去の遺物だ」と言い放つ謎の男に対して、自らが育てたヴェロキラプトルのブルーや他の恐竜たちを島から救い出し、治療を施し助けようとするオーウェン(クリス・プラット)。恐竜を見捨てる者と、命をかけて救い出そうとする者。本作ではこれまでのシリーズの中で初めて、人間のためではなく恐竜のための選択を迫られる。火山の炎で朽ち果ててゆく恐竜たちの王国、そして恐竜たちの未来は果たして・・・!?


②恐竜たちの未来の鍵を握る!?<謎の少女>に要注目!

映像の冒頭に登場する、迫り来る凶暴な恐竜の影に怯える謎の少女。恐竜を救い出そうとするオーウェンらと行動を共にするこの少女は、恐竜絶滅の危機の裏で起きている不穏な動きの秘密を知っている様子…!?物語の鍵を握る!?謎の少女の存在に要注目!


③新たな恐竜が創られた…!?前作をしのぐ新種恐竜の誕生か?

大勢の聴衆を前に、「未来をお見せしよう」と笑みを浮かべながら語る男の言葉と共に映し出される恐竜の影…。そして謎の少女が語る「(未来を)創ったのよ」という言葉…。男の後ろのモニターには「INDORAPTOR」という文字が映し出されている。前作ではインドミナス・レックスという恐ろしい新種恐竜が生み出されたが、果たして…!?


④ヴェロキラプトルのブルーが主人公を守るため立ち向かう!

前作で世界中から「萌えキャラ恐竜」として大人気を博した、主人公オーウェンの“相棒”であるヴェロキラプトルのブルー。映像には、謎の恐竜に襲われるオーウェンを守るために戦うブルーの姿が!今回もオーウェンとブルーの絆に間違いなく萌えるはず!!


⑤恐竜たちの王国が滅び、恐竜絶滅!?

迫りくる火山の大噴火!シリーズ最多の恐竜たちの運命は?巨大火山の大噴火というかつてない絶望的な危機に瀕している恐竜たち。このまま恐竜は絶滅の運命を辿ってしまうのか…?自然に抗い、時に人類の脅威となって暴れまわる未曾有の数の恐竜たちの運命は?シリーズ史上最多の恐竜、そして最大級のスケールで描く、アクション/スリル/サスペンス要素満載の2018年最高のエンタテインメント映像は必見!!

映画情報どっとこむ ralph
ジュラシック・ワールド/炎の王国

公式サイト

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph “恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ。

その『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)に日本上陸を果たします!


前作に引き続き、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!
監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴヤ賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが抜擢され、前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグが、作品を更に<進化>させています。

映画情報どっとこむ ralph 特別映像を解禁!


『ジュラシック』シリーズのメインテーマと共に「初めて恐竜を見た時の事を覚えてる?」というメッセージが映し出され、シリーズファンに問いかけるように始まる本映像には、予告編映像ではご覧頂けなかった未公開映像がたっぷりと収められています!

空想の中の”恐竜”と育ってきた子供たちの夢を実現させ、世界中に興奮と感動を与えてきた本シリーズですが、クリスが「物語は次章にうつる」と語るように、スリル、ストーリー、恐竜、全てにおいて、これまでの『ジュラシック』シリーズをはるかに超越した<究極の進化を遂げたジュラシック体験>が描かれる最新作。

前作で崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆がとらえられ、危機的状況にある恐竜たち。

噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すか。

本作ではこれまでのシリーズの中で初めて、人間のためではなく恐竜のための選択を迫られる事になります。


バヨナ監督は自身が手掛けるこの最新作について

バヨナ監督:観客には登場人物たちに共感し、同じように経験を感じてもらいたい!

とコメント。

ブライス:彼は人を驚かせる天才よ!

と監督の手腕に太鼓判を押しており、過去の物語で数々の名シーンを残してきた恐竜との対峙がどのように描かれるのか、期待が高まります!そしてジェフ・ゴールドブラム演じるシリーズの人気キャラクター・マルコム博士がファン待望のカムバック!さらにジャスティス・スミス、ダニエラ・ピネダ、ジェームズ・クロムウェルらが演じる新キャラクターや、謎に包まれた少女の姿も映像で確認することができ、彼らがどう物語に関わってくるのか、すでに世界各国で話題沸騰中です。

映画情報どっとこむ ralph シリーズ最多の恐竜が登場する本作では、最新技術のアニマトロニクスで恐竜たちに命を吹き込んでおり、メイキング映像には、まるで本当に息をしているかのような恐竜の姿に驚きを隠し切れないキャストの姿も!


ジュラシック・ワールド/炎の王国

公式サイト:
http://www.jurassicworld.jp/

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公開初日決定!!映像到着


映画情報どっとこむ ralph “恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ。

『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM』(原題)が邦題『ジュラシック・ワールド/炎の王国』として
2018年7月13日(金)に日本公開する事が決定!

第一弾予告映像&主演クリス・プラットからの日本独占メッセージ映像が解禁になりました!

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。

迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。

そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意、島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開けます!
映画情報どっとこむ ralph 前作に引き続き主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴア賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが抜擢され、前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグが作品を更に<進化>させています。


解禁映像では、ファンから絶大な人気を誇る、ジェフ・ゴールドブラム演じるあの伝説のキャラクター“マルコム博士”が遂にカムバック!どのような重要な役割を担うのか、今から要注目!

そして前作でオーウェンと心を通わせる恐竜として登場し、世界中から「萌えキャラ恐竜」として大人気を博したヴェロキラプトルの“ブルー”や、シリーズの絶対王者であるT-REXをはじめ、本作に登場する恐竜たちはなんとシリーズ至上最多の数となり、前作には登場しなかった恐竜たちも多数登場するなど見どころ満載です。


さらにプラットから日本のファンに向けてのメッセージ映像も到着しており、前作を支えてくれたファンへ感謝の言葉を贈ると共に、最新作への自信をのぞかせています。


映画情報どっとこむ ralph ジュラシック・ワールド/炎の王国
http://www.jurassicworld.jp/

12月12日(火)AM9:00よりムビチケオンライン券が発売スタート!先着2500個限定で「シリーズ25周年記念特製ピンバッジ」が特典として付いてきます。特典はなくなり次第終了となりますので、お買い求めはお早めに!!
※詳しくはこちら
(発売開始時間にページアップ予定)さらに、2018年3月には特製オリジナル恐竜フィギュア付きムビチケカード(一般・小人)の発売も予定しております。

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム

© Universal Pictures


子供たちを襲う!緊迫の映像解禁『ジュラシック・ワールド』


インドミナス・レックスが子供たちを襲う!!緊迫の本編シーン映像解禁『ジュラシック・ワールド』。

今回解禁となるのは、叔母であるクレアが最高責任者を務めるジュラシック・ワールドに遊びに来たザックとグレイの背後に新種恐竜インドミナス・レックスが迫る緊迫したシーンです。

『ジュラシック・ワールド』逃げる兄弟!
恐竜好きで好奇心いっぱいの元気な11歳の弟グレイと、スマートフォンと女の子から目が離さない兄のザック。二人は恐竜を間近で見られるアトラクション「ジャイロスフィア」を楽しんでいる最中、檻から脱走したインドミナス・レックスに遭遇。

それまで見てきた恐竜とは違い、自分たちに敵意を向ける恐ろしい姿に恐怖の表情を浮かべるグレイとザックは、その驚異を振り切るため、必死に走りだします。



撮影が開始すると同時に、監督のコリン・トレボロウは、ザック役のニック・ロビンソンとタイ・シンプキンスに兄弟の感情と関係の変化や、視覚効果を後から追加するための技術的な点を説明しました。

ロビンソン:コリンにとって、ストーリーにおけるエモーショナルなシーンや技術的に必要な点などを僕たちが全て把握することが最優先事項だった。そうすれば、後は僕たちを殺そうとするCGの恐竜を追加する作業に専念できるからね。

二人は撮影の外でもすぐに仲良くなり、それは演技にも反映されていたとクレア役のダラス・ブライス・ハワードは言います。

ダラス:ニックには実際にタイくらいの年の弟が2人いて、タイにもお兄さんがいるから、2人はすぐに本当の兄弟のように仲良くなったの。見ていて微笑ましかったし、役やストーリーに真実味を与えてくれたわ。

『ジュラシック・ワールド』逃げる兄弟2
5日に日本公開を迎え、8日(土)、9日(日)の週末興収ランキングでは、他作品を全く寄せ付けない圧倒的な強さでオープニング興行収入8億4,512万円を記録し、初登場堂々の第1位スタート、公開5日間にして観客動員100万人を突破し、記録的な大ヒットスタートを切っております。

ジュラシック・ワールド』(原題:Jurassic World)

映画公式サイト:http://www.jurassicworld.jp

メチャメチャ大ヒット上映中!

********************************************************************

監督:コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
脚本: リック・ジャッファ&アマンダ・シルヴァーandデレク・コノリー&コリン・トレボロウ
ストーリー: リック・ジャッファ & アマンダ・シルヴァー
キャラクター原案:マイケル・クライトン
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン

配給:東宝東和

(C)2015 Universal Pictures
Photo © Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  


玉木宏&松岡茉優が浴衣姿で『ジュラシック・ワールド』舞台挨拶!




オープンを待ちに待った『ジュラシック・ワールド』が、8月5日(水)封切られNo.1を記録。これで封切された69か国全てで1位となりました!

そして、大ヒットを記念し日本語吹替え版声優で主役のオーウェン役を演じた玉木宏さん、恐竜に襲われる兄弟の弟グレイ役を演じた松岡茉優さんが浴衣姿で舞台挨拶に登壇!

自分で考えた恐竜を描いて発表したり、デートで行くならどんなテーマパーク?などの質問に回答などいろいろ詰め込んだイベントとなりました。

ジュラシックワールドNo1ヒット舞台挨拶大入り2
映画『ジュラシック・ワールド』超大ヒット公開記念イベント 詳細 

日時:8月11日(火)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇者:玉木宏(日本語吹替え版:オーウェン役)
    松岡茉優(日本語吹替え版:グレイ役)

平日の昼間ですが超満員。ほとんどが2回目以上。
玉木さん、松岡さんが浴衣で登場!

玉木さん:こんにちは、本日はありがとうございます。全世界で大ヒットした作品に50パーセントくらい関われ、凄く嬉しく思っていますが、すでに次回作が決まっているので、次は100%出たいなと考えてます!最後まで楽しんでいってください。
玉木宏2
松岡さん:こんにちは!最初の作品はまだ生まれていなかったんですけど、最近見返しましてやっぱり面白いなと思っていたところ、シリーズ最新作に、初の少年役の初の声優で子の吹き替え本当に楽しかったです。ワクワクが伝わると嬉しいです。
松岡1
MC:お二人の浴衣は?
松岡さん:柄がリンゴで帯がパイナップルで草食恐竜に食われるイメージ。中身は肉体なので肉食恐竜でも。どっちからもOKな気持ちで。
玉木さん:食われるつもりで来たの?
松岡さん:はい!肉食からも草食からも好かれる私。がコンセプトです。

玉木さん:僕は時代劇を撮っているので、毎日着物な感じなのでよく着ています。
松岡さん:格好いいです。お似合いです。先程、控え室でお会いしたんですが、後光が差しているようでしたよ!!

玉木さん:あれは本当に後ろにライトがあったからですよ!(笑)

MC:担当シーンで注目してほしいところは?

玉木さん:クリス・プラットさん演じるオーエンは頼もしくって頼りになる人なので力強くと思って声を入れました。突然ラブシーンが始まったりすんるので。洋画ならではの魅力かなと。
恐竜の調教師は想像してやるしかなかったんですが、高圧的にならないようにしましたね。

松岡さん:タイ・シンプキンスくんが演じたグレイはまだ彼が声変わりする前だったのかな?
驚いて声が裏返るところがたくさんあったんですが、私はもう声変わりもして、女の子なので、裏返った声を出すのが大変でしたし、叫ぶシーンも多くて。(笑)お風呂で練習したんですが、(収録の)3日前に声が枯れてしまってやめました。プレミアの時に(パーク総責任者クレアの吹替えを担当した)木村佳乃さんが収録に3日かかったっと伺ったんですが、私は2日かかったんです。でも玉木さんは4時間と聞いて、本当にびっくりしました。

ジュラシックワールドNo1ヒット舞台挨拶 MC:続いてはお二人にご質問です。『ジュラシック・ワールド』は恐竜のテーマパークですが、
もしデートで行くとしたら、どのようなものをテーマにしたテーマパークに行ってみたいですか?

玉木さん:「ジュラシック・ワールド」のようなテーマ・パークがあれば行ってみたいですが、
行きたくないテーマ・パークがあります・・・ケニアにボゴリア湖という場所があってそこにはフラミンゴが何千羽と集まるんですよ。
僕、フラミンゴが大嫌いなんです。全てが嫌なんですが、ミョウガみたいだし足が細すぎて。元々は体が白いってご存知ですか?エサのせいでピンク色になるんですよ!

松岡さん:私は今20歳なんですが、30~60代と人生を先取りできるテーマ・パークに行きたいですね。そのパークには、30代の部屋、40代の部屋といった風にいくつも部屋があってそこに、先に起こることを教えてくれる人がいるんですよ。このテーマ・パーク良いと思いませんか!

玉木さん:映画のようなテーマ・パークですね。(笑)

松岡さん:映画化の際はぜひ私を。

MC:さて、本作には遺伝子操作された新種の恐竜が登場しますが、
ご自身がもしオリジナルのハイブリッド恐竜を創るとしたらどのようなものを創りたいか、お手元のフリップに描いていただけますでしょうか?

玉木画伯0 真剣に描く二人。そして、

松岡さん:(後ろのスクリーンに自身の絵が映し出され焦る松岡さん、会場から笑いが起こる)
もしもモササウルスが空を飛んだらどんな恐竜になるかを描いてみました!Tレックスにも負けないんじゃないかって思って。
松岡画伯
玉木さん:(松岡さんの絵に対し)すごく迫力がありますね!

玉木さん:(会場から笑いが起こり「可愛い!」という声も)
僕は2つ描きました。新種の恐竜で良いんですよね?小型の肉食恐竜です。一家に一体、番犬ならぬ番恐竜です!(笑)散歩もできるんですが、繋いでおかないと危ないですが、守ってくれます。もう1匹は、首長竜です!羽も生やしてみました。
玉木画伯
松岡さん:(玉木さんの絵に対し)超格好良いじゃないですか!

そして、ナンバーワンヒットを受けて、

玉木さん・松岡さん:ジュラシックワールド!
観客:ナンバーワン!

で、卵から大きな爆発音とともに特効テープが噴出!!松岡さんの驚きっぷりが凄い!
ジュラシックワールドNo1ヒット!
映画を見終えたお客さんに大入り袋が配られました。
ジュラシックワールドNo1ヒット舞台挨拶大入り MC:では、最後にメッセージをいただきたいと思います。

松岡さん:「ジュラシック」シリーズファンの方はクライマックスでは涙なくしては観られないんじゃないでしょうか。そして初めてご覧になる方も恐竜がたくさん登場しますし、ワクワクして楽しめると思います!暑い時期ですが、映画を観てハラハラドキドキさらに汗をかいてもらえたらなと思います。今回、声の吹替えをやらせていただけて幸せでした。

玉木さん:非常に夢のある作品です。老若男女しっかり楽しめる映画だと思います。最近、日本でも海にサメが出没していますが、楽しくて安全なテーマ・パークを是非楽しんでください。
ありがとうございました!

ジュラシック・ワールド』(原題:Jurassic World)

公開表記:大ヒット上映中
映画公式サイト:http://www.jurassicworld.jp

********************************************************************

原題:Jurassic World
監督:コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
脚本: リック・ジャッファ&アマンダ・シルヴァーandデレク・コノリー&コリン・トレボロウ
ストーリー: リック・ジャッファ & アマンダ・シルヴァー
キャラクター原案:マイケル・クライトン
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン

配給:東宝東和
(C)2015 Universal Pictures