「コミコン」タグアーカイブ

トム・クルーズ伝説のスカイ・アクション再び『トップガン マーヴェリック』特報到着!


映画情報どっとこむ ralph アメリカ海軍のエリート・パイロット養成学校“トップガン”に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、戦闘機による迫力のスカイ・アクションと、瑞々しい青春と恋の群像を合わせて描き、世界中そして日本でも空前の大ヒットを記録、主演のトム・クルーズを一躍ハリウッドのスターダムの頂点へと押し上げた伝説の作品『トップガン』(86)。その待望の最新作『TOP GUN MAVERICK(原題)』が、『トップガン マーヴェリック』の邦題で、2020年夏に日本公開されることが決定しました!

映画情報どっとこむ ralph この度、トップガンの聖地・サンディエゴで現地時間7/18~21に開催された全米最大規模を誇るポップカルチャーの祭典「コミコン・インターナショナル2019」に、トム・クルーズがサプライズ登壇し、本作初の映像素材となる特報を初お披露目!

その映像と合わせて、ティザーポスターも解禁となりました!

今回公開された予告編は、エド・ハリス演じる軍の高官から、30年以上にわたり輝かしい功績を残しながら、未だ昇進することのないマーヴェリックが疑問を投げかけられるシーンで幕を開けます。そして、爆音を鳴らし高速飛行する戦闘機の姿が映し出され、フライトジャケット、サングラスに、バイクで戦闘機を横目に疾走するシーンと、『トップガン』を象徴するシーンが連続して映し出され、代表的な『トップガン』のメロディが流れると盛り上がりは最高潮に!山脈を連なって飛行する戦闘機や、コクピットでトムが操縦し、超高速飛行する戦闘機のシーンは見る者の手に汗を握らせ、マーヴェリックが1人佇むカットは、胸を熱くさせます。


映画情報どっとこむ ralph さらにティザーポスターでは、トム扮するマーヴェリックとおぼしき後ろ姿と、彼方の大空を飛行する戦闘機の姿が捉えられている。コミコンにサプライズ登壇を果たしたトムは、想い入れ深いタイトルを再び手掛ける喜びを隠さず「僕にとって、「トップガン」とは、競い合い。「トップガン」とは家族。自らを捧げること。英雄的な勇気。それから、空を飛ぶこと。僕は空を飛ぶことを愛してやまない。映画は、空を飛ぶことへのラブレターかもしれない。」と自信をみなぎらせました。
『トップガン マーヴェリック』
映画情報どっとこむ ralph 『トップガン マーヴェリック』
原題:Top Gun Maverick

2020年 夏 前人未到の超絶スピード体験! 全国ロードショー

公式サイト:
https://topgunmovie.jp


主人公マーヴェリック役は、トム・クルーズが、伝説のパイロット役としてカムバックを果たした。その他キャストには、『セッション』のマイルズ・テラーや、『ノア 約束の舟』などで知られるアカデミー賞女優ジェニファー・コネリー、『ザ・ロック』の名優エド・ハリスといった豪華キャストが集結。さらに前作でマーヴェリックのライバル“アイスマン”を演じたヴァル・キルマーの出演も決定している。

監督には『オブリビオン』でもトムとタッグを組み、独創的なSFアクションが好評を得たジョセフ・コシンスキーが抜擢され、プロデューサーは『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどでハリウッドの頂点に君臨した敏腕プロデューサー ジェリー・ブラッカイマーが務める。『ミッション:インポッシブル』シリーズの監督で知られ、トムの盟友として信頼の厚いアカデミー賞脚本賞受賞のクリストファー・マッカリーが脚本に加わるなど、ハリウッドきってのクリエイターが集い映画史に残る名作の最新作を実現させました。

旧作をこの機会にお手元にいかがですか?

***********************************

監督:ジョセフ・コシンスキー『オブリビオン』
脚本:クリストファー・マッカリー『ミッション:インポッシブル:フォールアウト』 

製作:ジェリー・ブラッカイマー『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、トム・クルーズ
キャスト:トム・クルーズ、エド・ハリス、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー、ヴァル・キルマー(予告登場順)  ■全米公開:6月26日(金)

配給:東和ピクチャーズ
(C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

パリ・ロンドンのコミコンに各国のスパイダーマンファン大集結!『スパイダーマン:スパイダーバース』


映画情報どっとこむ ralph 10月27日、28日に開催されたパリおよびロンドンのコミコンにて『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019年日本公開予定)のプレゼンテーションが行われ、監督のボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマンの3名が登壇し、新映像を披露。各国から集まったスパイダーマンファンたちから歓喜で迎えられた。


日付:10月27日、28日
場所:パリ、ロンドン コミコン
登壇:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン

本作の主人公となるのは、ニューヨーク・ブルックリンに住む少年、マイルス・モラレス。

時空がゆがめられたことにより、様々な次元のスパイダーマンが一同に会する世界で、スパイダーマンシリーズで知られるピーター・パーカーが師となり、マイルスが一人前のヒーロー=スパイダーマンになれるよう導いていく。

監督のボブ・ペルシケッティは主人公の少年マイルス・モラレスについて、

ボブ・ペルシケッティ監督:彼は(ピーター・パーカーとは)全く違った存在で、両親もいるし、叔父もいる。これまでのスパイダーマンとは違い、家族にサポートされているんだ。ヒーローとしては珍しい存在だよね。でも最終的には、ピーター・パーカーが過去にしてきたような経験を、彼も辿っていくことになる。

とマイルスの本作での立場を語る。

また、同じく監督のピーター・ラムジーは

ピーター・ラムジー監督:マイルスはまだ幼く、人と違う個性に悩んでいる普通の少年だよ!蜘蛛に噛まれてスパイダーマンの力を得たことにより、彼はより大きな世界へと連れ出され、たった一人闘うことで一歩前に踏み出していく。そこで世界には自分と同じような能力のある人たちがいることを知り、彼らとの絆を深めていくんだ。

作品の中ではマイルスとピーター・パーカーの関係性が重要なものとして描かれる。

ボブ・ペルシケッティ監督:マイルスの世界にピーターが存在し、“恐れや不安に打ち勝つ”というスパイダーマンのスピリットをピーターから受け継ぐんだ

とボブ・ペルシケッティ監督はファンに本作の見どころを語った。


さらに本作品のコミコンでのプレゼンテーションに加えて、ロンドンではグラフィティ・トンネル・イベントも開催。
実際にロンドンの街中にあるトンネルの壁を使い、グラフィティ・キングスと呼ばれるアーティスト集団によって、映画をテーマにしたグラフィティ・アートを展開。

そこへ3名の監督と、マイルス・モラレスの声優を担当するシャメイク・ムーアも駆け付け、ファンや取材陣たちとの交流を楽しんだ。



『スパイダーマン:スパイダーバース』 
原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse 

2019年公開!

公式twitter:
https://twitter.com/SpiderVerseJP/

<STORY>
革新的なヴィジュアルのアニメーションとともに、フレッシュなスパイダーマン・ユニバースが誕生する!
『スパイダーマン:スパイダーバース』の主人公は、ニューヨーク・ブルックリンの少年マイルス・モラレス。
彼が暮らす世界には、スパイダーマンのマスクをかぶることができるのは一人だけではない、無限の可能性が秘められた<スパイダーバース>が存在していた。


***********************************

製作:アヴィ・アラド、フィル・ロード&クリストファー・ミラー(『LEGO(R)ムービー』『くもりときどきミートボール』)
監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
脚本:フィル・ロード




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『スパイダーマン:スパイダーバース』コミコンでニコラス・ケイジの声優参加も発表!


映画情報どっとこむ ralph この度、アメリカ・サンディエゴで開催中のイベント“コミコン・インターナショナル・サンディエゴ”にて『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019年日本公開予定)のプレゼンテーションが行われ、プロデューサーのクリストファー・ミラーとフィル・ロード、そして声優をつとめるシャメイク・ムーア(主人公マイルス・モラレス役)、ジェイク・ジョンソン(ピーター・パーカー役)、ヘイリー・スタインヘルド(グウェン・ステイシー役)らが登壇し、プレゼンテーションを行いました。


場所:米サンディエゴ、サンディエゴコンベンションセンター
登壇:
プロデューサー:クリストファー・ミラー、フィル・ロード
声優:シャメイク・ムーア(主人公マイルス・モラレス役)、ジェイク・ジョンソン(ピーター・パーカー役)、ヘイリー・スタインヘルド(グウェン・ステイシー役)

映画情報どっとこむ ralph プロデューサーのミラーとロードが今回の映画化について、

「(主人公である少年)マイルス・モラレスのキャラクターが大好きなんだ。スパイダーマンのアニメーション製作の話が来たとき、絶対にマイルスの話じゃなきゃ!と言ったんだ」

と、キャラクターへの強い愛情を語りました。そして

「まるでコミック・ブックそのもののようなルックでストーリーを語るのに素晴らしい機会だと思ったんだ。コミックの中に実際に入り込んでしまうようなね。これまで誰も見たことないような、絶対にスクリーンで見なければならないものを作ろうと思ったんだ。」

作品の中ではマイルスとピーター・パーカーの関係性も重要なものとして描かれており、「マイルスは指導者を必要としているんだ。ピーターにそのお願いをするのだけど、ピーターは最初全く興味がない。でもマイルスはあきらめないんだ」とシャメイク・ムーアは自身の演じるマイルスについてコメント。

また本作品の世界には、様々なスパイダーマンが存在する。
コミコン会場でお披露目された映像には、マイルスがピーターやグウェン・ステイシーと出会うシーンのほか、スパイダーマン・ノワールや日本語を話す少女ペニー・パーカー、そしてブタのスパイダーハムが登場。

さらに、スパイダー・ノワールの声優として、ニコラス・ケイジの起用がサプライズ発表されました!またペニー・パーカー役にキミコ・グレン、スパイダー・ハム(ピーター・ポーカー)役にジョン・モラニーの起用も併せて発表されました。

映画情報どっとこむ ralph スパイダーマン:スパイダーバース
原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse
革新的なヴィジュアルのアニメーションとともに、フレッシュなスパイダーマン・ユニバースが誕生する!『スパイダーマン:スパイダーバース』の主人公は、ニューヨーク・ブルックリンの少年マイルス・モラレス。彼が暮らす世界には、スパイダーマンのマスクをかぶることができるのは一人だけではない、無限の可能性が秘められた<スパイダーバース>が存在していた。

公式twitter:
https://twitter.com/SpiderVerseJP/

公式Facebook:
https://www.facebook.com/SpiderVerseJP/

***********************************

全米公開:12月14日
製作:アヴィ・アラド、フィル・ロード&クリストファー・ミラー(『LEGO(R)ムービー』『くもりときどきミートボール』)
監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
脚本:フィル・ロード




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『ヴェノム』主演トム・ハーディ 米コミコンに登場!&敵キャラ発表!!


映画情報どっとこむ ralph アメリカ・サンディエゴで開催中のイベント“コミコン・インターナショナル・サンディエゴ”にて『ヴェノム』(11月2日(金)日本公開)のプレゼンテーションが行われ、主演のトム・ハーディ、共演のリズ・アーメッド、そしてルーベン・フライシャー監督が登壇し、まだまだ謎の多い作品の内容について、貴重な情報をファンに明かしました!!!
Columbia Pictures’ VEMON


場所:米サンディエゴ、サンディエゴコンベンションセンター ホールH
登壇:トム・ハーディ、リズ・アーメッド、ルーベン・フライシャー監督

映画情報どっとこむ ralph “We are Venom!(俺たちはヴェノムだ!)”の熱いファン・コールに迎えられたゲスト陣。
トム・ハーディは初のパネル登壇であることがわかると、ファンたちはさらに大きな声援で彼を迎えました。最初に

フライシャー監督:この映画は、情熱を共有する皆さんのために作りました。ヴェノムは他のマーベル作品とは違い、とてもダークで複雑なキャラクターなんです」と語り、主演のトム・ハーディについて「彼以外に、だれが(主人公の)エディ・ブロック役をやることが考えられる?夢がかなったよ!」と興奮のコメント。そしてエディの役柄について、「エディはヴェノムとの相対関係がある複雑なキャラクター。その演技を見事にこなすのを見るのは素晴らしい喜びです」と感激を語りました。

次にトム・ハーディが今回ヴェノムを演じることについて聞かれると、「僕にとって、ヴェノムはマーベルの中で最もかっこいいヒーローなんだ。

とコメントし、会場は大盛り上がりに。

出演理由について、

トム・ハーディ:ヴェノムのルックスが好きだし、息子がヴェノムの大ファンなんだ!!ヴェノムはほぼ二役だ。以前『レジェンド 狂気の美学』で双子の役を一人で演じ、その経験を生かそうと思ったけど、今回はVFXを駆使した巨大なモンスターだからね!

とコメント。

監督はそれを受け、

フライシャー監督:エディは常に頭の中にヴェノムの声が聞こえていて、自分ではない何かが彼を占領している。同時に、エディは他者との会話もしなければならない。トム・ハーディのその演技や、世界観を作り上げていく様子をモニターで見ているのはとても楽しかったよ!

とコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph またエディ・ブロックと対峙する、<ライフ財団>の社長、カールトン・ドレイクを演じるリズ・アーメッドは自身の役柄を

リズ・アーメッド:天才の億万長者で、ライフ財団を創設した人物。世界は崩壊の危機を迎えており、人間の未来はどうなるのかを案じている。そんな中で、“シンビオート”を発見するんだ。彼自身の観点では、人類にとって正しいことをしようとしている。ただ、何かを成し遂げるには、何かを犠牲にしなければならないんだ。

とキャラクターについて語りました。


さらにプレゼンテーションでは、新映像も披露。そこに新たに登場するキャラクターが敵役で“ライオット”であることも明かされました。

そして監督は、

フライシャー監督:みんなきっとスパイダーマンとヴェノムの対決を心待ちにしていることでしょう。もし実現したら素晴らしい、いつか二人の道が交差する時が来るかもしれない。

と今後の可能性を示唆しました。『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンを演じたトム・ホランドが、

「一番対決したい相手はヴェノムだ。」

と公言していることについてトム・ハーディが質問されると、

トム・ハーディ:トム・ホランドと対決したいかって?もちろん彼はいい役者だし、スパイダーマンも大好きだ。もちろん受けて立つよ!

と自信たっぷりにコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph ヴェノム
原題:VENOM

全米公開:10月5日

公式twitter:
@VenomMovieJP/
公式サイト:
http://www.venom-movie.jp/


物語・・・
《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した<ライフ財団>。それは、世界を変えるはずだった――。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触により、“シンビオート”(地球外生命体)に寄生されてしまう。この意思を持った生命体が語りかける声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた<悪>が、体を蝕み、増殖していく。エディと一体となったヴェノムは、「俺たちは――ヴェノム」と名乗りをあげ、ヴェノム誕生の時がついに訪れた!


***********************************

監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)

キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット
©&TM 2018 MARVEL
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

森下悠里コミコンで『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』セクシーPR


映画情報どっとこむ TJ 『アンダーワールド』(2003)以来、『アンダーワールド 2 エボリューション』(2006)、『アンダーワールド ビギンズ』(2009)、『アンダーワールド 覚醒』(2012)と、異種族の抗争を過激でスタイリッシュなアクションを軸に描き、ファンの熱い支持を長年に渡り集めてきたシリーズ最新作

アンダーワールド ブラッド・ウォーズ

が、 全米では2017年 1月6日(金)、日本でもほぼ同時、2017年1月7日(土)よりユナイテッド・シネマ&シネプレックス(一部劇場のぞく)に て公開となります。

そしてこの度、グラビアアイドルの森下悠里が、幕張メッセで開催中の「東京コミックコンベンショ 2016」内で開催された映画『アンダーワールド ブラッ ド・ウォーズ』の PR イベントに登場しました。

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%82%a0%e9%87%8c-%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%80%8e%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89-%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a9
世紀を超えた種族の戦い――史上最強の敵が<処刑人>セリーンを襲う!
映画『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』 劇場公開記念PRイベント

開催日:2016年12月3日(土)
開催場所:「東京コミックコンベンション2016」内メインステージ
登壇:森下悠里

映画情報どっとこむ TJ 本作は、ケイト・ベッキンセール演じる吸血鬼族ヴァンパイアの処刑人セリーンの戦いを描く人気シリーズ第 5 作目。

ヒロインのセリーンをイメージしたセクシーな衣装で登場した森下さんは、

森下さん:みなさんたくさん見てください。(この衣装は)セリーンよりも露出してます!!!

と挨拶。セリーンとの共通点について聞かれ・・・

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%82%a0%e9%87%8c-%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%80%8e%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89-%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a9
森下さん:今年32歳になるんですけど年齢 を重ねるごとに肉食系になってきました。食べちゃいたくなります(笑)。実は私、紫外線アレルギーがあって、ヴァンパイアと同じで 紫外線が苦手なんです。長時間日光を浴びていられないので、デビュー当時から畳とかの室内で撮影してました。グラビア暦がもう 11 年 になるんですけど、最近は年齢的にも畳を求められるようになってきましたね。

と笑いながらグラビア界あるあるを明かしました。

映画情報どっとこむ TJ 本作の見所について

%e3%80%8e%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89-%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%80%8f森下さん:2003年からスタートして今回で5作目ですが、主人公セリーンがどんどんパワーアップしていて、演じるケイト・ベッキンセールさんの美しさもさらに磨きがかかっている。しかも、こんなに美男美女が出てくる映画はなかなか無いと思うんです。激し いアクションシーンも満載だけどすごく(主人公が)綺麗っていう独特の世界観なので、女の子でも観やすい作品だと思います。

と語り、2 丁の拳銃を持つ姿がトレードマークということで、欠かせない持ち物について

森下さん:鏡とリップグロスが欠かせません。私、鏡がない と生きていけないんです!どうしても落ち着かなくて。

と2丁ならぬ2アイテムで回答!!

アクションバトルシーンと同様に、グラビアアイドルとして大変なポージングについての話題に。

最近大人になってきてお尻と 太ももが良い感じなんです。なのでお尻と胸と顔を見せるポーズをカメラマンさんからも要求されるんです!

と、後ろ向きにお尻を突き 出し、振り返りながら胸を強調するというセクシーポーズを披露してみせました。

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%82%a0%e9%87%8c-%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%80%8e%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89-%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a9
アンダーワールド ブラッド・ウォーズ

2017年1月7日(土)よりユナイテッド・シネマ&シネプレックス(一部劇場のぞく)でロードショーです。

公式サイト:
underworldbloodwars.jp

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©2016 Lakeshore Entertainment Group LLC. All Rights Reserved.

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ