「コニー・ニールセン」タグアーカイブ

ロベルト・アンドー監督ミステリー『修道士は沈黙する』本編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 『ローマに消えた男』で数多くの国内外の賞を受賞したロベルト・アンドー監督最新作 『修道士は沈黙する』が 2018 年 3 月 17 日(土)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショーとなります。

美しきドイツの高級リゾートホテルを舞台に繰り広げられる知的ミステリー イタリアの政界を背景にした風刺劇『ローマに消えた男』のロベルト・アンドー監督は今回、“物質主義 vs 精神主義”を題材に選び、バルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれる G8(先進国首脳 会議)を舞台にしたスタイリッシュで知的なミステリーを完成させた。

清貧に生きるイタリア人修道士ロベルト・サルスを演じるのは『グレート・ビューティー/追憶のローマ』のトニ・セルヴィッロ。アンドー監督とは 『ローマに消えた男』以来 2 度目のタッグを組んでいる。
キーパーソンとなる国際通貨基金(IMF)の専 務理事、ダニエル・ロシェには『八日目』でカンヌ国際映画祭男優賞に輝いたフランスの名優ダニエル・オ ートゥイユ、ゲストとして招かれた絵本作家、クレール・セスにはデンマーク出身で『ワンダーウーマン』の主 人公ダイアナの母役としても記憶に新しいコニー・ニールセンと国際的に活躍する一流の俳優たちの豪 華共演作となっている。

G8の大臣達が歌うルー・リードの名曲「ワイルド・サイドを歩け」本編映像が到着!


天才的エコノミストとして知られる IMF の専務理事、ダニエル・ロシェの誕生日会に招かれた G8 の大臣 ら。会食後、ゲストの一人、ロックミュージシャンのマイケル・ウィンツェルとカナダの大臣を中心にルー・リード の楽曲「ワイルド・サイドを歩け」を口ずさみ楽しい宴が過ぎていく。
その裏では、サルスがロシェに自室に呼び出されていた。

映画情報どっとこむ ralph 実際に、G8 などの集まりには、作家やロックスターなどの文化人が参加することが多々 あり、

写真は『修道士は沈黙する』ロベルト・アンドー監督来日のもの
アンドー監督:今回登場するロックスターは、U2 のボーカル、ボノとブームタウン・ラッツのシンガー、ボブ・ゲルドフがモデルです。彼らは実際に、アフリカの貧困をなくすための大使として G8 に参加しています。

とモデルにした人物 たちを明かした。また、ルー・リードの曲を登場させた経緯については、


アンドー監督:ある世代にとっては自由や愛の夢を意味している曲です。大臣た ちも若いころに歌った歌だと思います。その頃には自由や愛の価値があったのですが、今では彼らは全く違う人間になっているわけです。あの歌を歌うけれど、その歌詞や言葉を裏切りながら彼らは生きているというところが面白かったのでこの歌を使いました。

とコメントし ている。サスペンスの中にクラシックやポップスミュージックを織り交ぜ、映画監督以外にも舞台やオペラの演出も手掛けてきたロベルト・アンド ー監督ならではの演出とユーモアのセンスが垣間見えるシーンとなっている。

映画情報どっとこむ ralph 修道士は沈黙する
原題:Le confessioni
訳すと告解。

2018 年3月17日(土)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー


shudoshi-chinmoku.jp

物語・・・
バルト海に面した高級リゾート地ハイリゲンダムで開催される G8財務相会議の前夜、国際通貨基金専務理事のダニエル・ロシェは各国の財務相に加えて、異色の3人のゲストを招いて 自身の誕生祝いを開催する。

会食後にロシェはゲストの一人、イタリア人修道士ロベルト・サルスを自室に呼び、告解をしたいと告げるがその翌朝、ビニール袋を被ったロシェの死体が発見さ れる。

自殺か他殺か?

告解を受けたサルスは口を噤む中、警察の極秘捜査が続けられていく。発展途上国の経済に大きな影響を与えかねない重要な決定を発表する記者会見の時間が迫ってくる。各国財務相の政治的駆け引きに巻き込まれたサルスは、ロシェの葬儀で自らの思いを語り始めるのだった。

***********************************

監督・原案・脚本:ロベルト・アンドー
出演:トニ・セルヴィッロ/ダニエル・オートゥイユ/コニー・ニールセン/モーリッツ・ブライプトロイ/マリ=ジョゼ・クローズ

2016 年/イタリア=フランス/イタリア語・仏語・英語/カラー/108 分/シネスコ/ドルビーデジタル
字幕:寺尾次郎
©2015 BiBi Film-Barbary Films
配給:ミモザフィルムズ
後援:イタリア大使館/在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:イタリア文化会館
協力:ユニフランス


自殺か、他殺か?『修道士は沈黙する』ポスタービジュアルと予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ローマに消えた男』で数多くの国内外の賞を受賞したロベルト・アンドー監督最新作『Le confessioni(原題)』が邦題『修道士は沈黙する』として 2018 年 3 月 17 日(土)より Bunkamura ル・シネマ ほか全国順次ロードショーが決定しました。

ロベルト・アンドー監督が今回題材として選んだのは、“物質主義 vs 精神主義”の構図を核に据えた知的でスタイリッシュな異色ミステリー。


イタリア人修道士ロベル ト・サルスを演じるのは『グレート・ビューティー/追憶のローマ』のトニ・セルヴィッロ。アンドー監 督とは『ローマに消えた男』以来 2 度目のタッグを組んでいる。キーパーソンとなる議会の重要 人物、ダニエル・ロシェには『八日目』でカンヌ国際映画祭男優賞に輝いたフランスの名優ダニ エル・オートュイユ、ゲストとして招かれた絵本作家、クレール・セスにはデンマーク出身で『ワンダーウーマン』の主人公ダイアナの母役としても記憶に新しいコニー・ニールセンと国際的に活躍する一流の俳優たちの豪華共演作となっている。

スタイリッシュでミステリアスなポスタービジュアルと予告編が解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度公開された予告編では、清貧に生きるイタリア人修道士サルスが世界経済を牛耳る 大臣たちの集まりに招かれ、そこで起きた思わぬ事件に次第に巻き込まれていく様子が描か れている。 舞台はバルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれるG8(先進国首脳会議)。議会に参加する予定の8か国の大臣と、ロックスター、絵本作家、そして修道士という異色の3人はゲストとして、天才的エコノミストとして知られる国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事の誕生日を祝う夕食会に招かれる。

会食後、サルスはロシェから告解がしたいと告げられるがその翌朝、ビニ ール袋をかぶったロシェの死体が発見されるのだった。容疑者として真っ先に浮上したサルスは戒律に従って沈黙を続ける。

自殺か、 他殺か?

そしてサルスがロシェから聞いたものは一体――?


映画情報どっとこむ ralph オペラの舞台演出も手掛けてきたロベルト・アンドー監督がクラシックやポ ップスミュージックを織り交ぜ、権力批判が横溢しつつ、全体のトーンはシリアスにまとめられたサスペンス作品。

修道士は沈黙する

2018 年 3 月 17 日(土)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー
shudoshi-chinmoku.jp

***********************************

監督・原案・脚本:ロベルト・アンドー
出演:トニ・セルヴィッロ/ダニエル・オートゥイユ/コニー・ニールセン/ モーリッツ・ブライプトロイ/マリ=ジョゼ・クローズ
2016 年/イタリア=フランス/イタリア語・仏語・英語/カラー/108 分/シネスコ/ドルビーデジタル

原題:Le confessioni /字幕:寺尾次郎
配給:ミモザフィルムズ
後援:イタリア大使館/在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:イタリア文化会館
協力:ユニフランス
©2015 BiBi Film-Barbary Films


具志堅 ケヴィン・コスナーになりきりポスター完成


ケヴィン・コスナーを主演に迎えた映画『ラストミッション』が、
いよいよ6月21日(土)より公開となります。

この度、映画公開を記念し、本作応援キャンペーン企画でボクシング元世界チャンピオンの具志堅用高さんがケヴィン・コスナーのように劇的に格好良く変身した姿のポスター制作を行い、ご本人登壇のもと完成したポスターお披露目イベントを実施いたしました。

【ポスター掲出情報】
・6月14日(土)~27日(金)の期間:バルト9
・6月16日(月)~:新宿駅メトロ構内


0612ラストミッション具志堅ポスター
ケヴィン・コスナー演じる主人公イーサン・レナーの弱点は“16歳の娘”という設定のため、今回、具志堅さんの弱点が“2歳の孫”ということで、娘で元キャビンアテンダントの麻衣さん、2歳の孫娘 栞菜ちゃんも登壇し、3世代揃って映画のPR!

時折、お馴染みの具志堅節を炸裂させつつも、家族愛を感じさせる温かいイベントとなりました。

『ラストミッション』公開記念ポスターお披露目イベント

【日時】6月12日(木)
【場所】新宿バルト9 (新宿区新宿3-1-26 新宿三丁目イーストビル9F)
【ゲスト】具志堅用高、【娘】麻衣、【孫】栞菜(かんな)

MC:本日は6月21日(土)の公開を記念して行ったプロモーション企画の
お披露目イベントを行ないたいと思います。

この企画は、本映画のポスターのキャッチコピーに「職業、スパイ、弱点、16歳の娘」とありますね。この言葉通り、普段は敏腕なCIAエージェントとして悪者を捕まえてきたコスナー扮するイーサンですが、自身が余命宣告をされたことをきっかけに家族との空白の時間、特に5年もコミュニケーションを取っていなかった16歳の娘との関係を取り戻そうとしながらも、最後で最悪のミッションに取り組んでいく様が描かかれています。

この映画は、一生懸命仕事をしていて、家族との関係がちょっと希薄になっているような、世のお父さん方が本作をご覧になったら、主人公に共感できると思います。そして今回、映画を見て主人公に共感した日本の芸能人の方々に、この格好に扮し同様のポスターを作る、という応援キャンペーンを行うことになりました。

その中から代表して本日はこの方にお越しいただいております。

さっそくご登場いただきます。具志堅用高さんです!どうぞ!ようこそおいでくださいました。一言ご挨拶をお願いいたします。

具志堅さん:こんにちは、具志堅用高です。よろしくお願いいたします。
バルト9に来るのは初めてなので、バルコニーに立つのも初めてです!
すごく高いんですね~。

MC:よろしくお願いします。さっそくですが、先日、ポスターの為の撮影を行ったんですよね?撮影のご感想はいかがでしたか?

具志堅さん:写真は(ボクシングの)現役時代からよく撮ってたんですけど、緊張する中、楽しく撮影するのは久しぶりでした。

MC:撮影時、スタッフからは「格好良い!」と声がたくさんあがったそうですが?

具志堅さん:現役の時よりも格好良く撮りたいと思いました。気合を入れて、真剣にやりました。(ポスターを見るのが)楽しみですね!

MC:楽しみですね!映画のご感想はいかがでしたか?

具志堅さん:真剣に見ちゃいましたよ、最後は感動もしました。
自分だったら(イーサンの立場だったら)どうするかなって考えましたしね。

MC:そうですか。今日は具志堅さん版ポスターをお披露目したいと思います。
さっそく具志堅さん、この黒い幕をお取り頂けますでしょうか?

具志堅さん:わかりました!

※MCが掛け声をかける前に幕を取ろうとしてしまう※

MC:まだですよ!笑
それでは、お願いします。3,2,1!

※ポスターお披露目※

MC:かっこいいですね!具志堅さん、ご自分でご覧になっていかがですか?

具志堅さん:ちゃんと見てもいいですか?(至近距離で凝視)

(ハニカミながら)格好良いっす。嬉しいです。

MC:(ケヴィン・コスナーと)見比べてみてどうですか?

具志堅さん:似てますね!!

MC:具志堅さん、ポスターにありますが、職業はボクサー、弱点は2歳の孫となってますね。お孫さんには弱いですか?

具志堅さん:書いてあるまんまですね。孫はたまりませんよ。可愛くてしょうがなくて、一気に弱くなりますよ。

MC:そうですよね。今日はせっかくなので、このかっこいいポスターをこの方々にもご覧いただきます。具志堅さんの娘さん、麻衣さん!そして、2歳のお孫さん、栞菜(かんな)ちゃんです!どうぞ。

具志堅さんの顔が2人の登場で緊張がとけた様子で一気に表情がゆるみます。

ようこそおいでくださいました。
麻衣さん、さっそくですがお父さんのポスター、いかがですか?また弱点にお孫さんとありますが、普段はどんなおじいちゃんぶりなんでしょう?

麻衣さん:麻衣です。それから栞菜です。あまり険しい顔をしないので、格好良いですね。

0612ラストミッション具志堅ファミリー2
具志堅さん:(栞菜ちゃんに対して)いくつですか?

栞菜ちゃん:(小声で)にちゃい。

麻衣さん:(栞菜ちゃんにポスターを指差しながら)これ誰?

栞菜ちゃん:じぃじ。

具志堅さん:(栞菜ちゃんのリアクションを見て)嬉しいですね。見ているだけで元気になります。

MC:麻衣さんに質問ですが、子供の頃の思い出は何ですか?

麻衣さん:(私が小さかった頃、父は)忙しかったけど、ディズニーには行きましたね。今度家族で(栞菜ちゃん含め)ディズニーに行く予定なんです。

MC:そうですか、具志堅さんそれを聞いていかがですか?

具志堅さん:今と昔じゃ全然違うんですよね。(孫の言うことは)何でも聞いちゃうんだよね。喜んでる顔を見ると何にも言えなくなっちゃって。自分が自分じゃなくなっちゃう。

麻衣さん:ちょっと甘いかも。何でもあげちゃうから。

MC:栞菜ちゃんの可愛いところってどこですか?

具志堅さん:じぃじって呼んでくれることが一番嬉しい。
おじいちゃんやおばあちゃんはみんなそうなんじゃないかな。
最近は、自分の予定があっても家族の予定を優先させてます。

MC:本当に素敵なお父さん、おじいちゃんなんですね!
ここで、今週末の6月15日は「父の日」だということで、実は麻衣さんと栞菜ちゃんから具志堅さんにサプライズプレゼントがあります。

具志堅さんの似顔絵型のメダルで
裏には麻衣さんからのメッセージが書いてあるもの

麻衣さん、贈呈をお願いします。

麻衣さん:栞菜と2人で作りました。

※麻衣さんがサプライズで手紙を音読、具志堅さんは栞菜ちゃんと手をつないで聞いている※

MC:具志堅さんいかがですか?

具志堅さん:嬉しいですね、金メダルみたいで。
どこを探してもない、1つしかないものですもんね。
家族でゆっくり過ごすことがなかなかないんですけど、徐々に時間を調整して家族で過ごしたいです。

MC:それでは、そろそろお時間となります。
具志堅さん、最後に映画の見所など一言メッセージをお願いします。

具志堅さん:映画のテーマはどこにでもありそうなことだと思います。家族の絆を守るために、男として戦う姿はなんとも言えないですよね。

人はいつ病気になるかわからないしね・・・
自分もこれからの人生、家族と過ごすことが大事。

娘とのシーンは感動しました。是非、映画を見てほしいですね!

MC:ありがとうございました。
それでは、イベントを終了とさせていただきます。
具志堅用高さん、麻衣さん、栞菜ちゃん、ありがとうございました!

『ラストミッション』
映画『ラストミッション』
は、6月21日(土)より公開となります。

公式サイト:Lastmission.jp  
公式Facebook:https://www.facebook.com/lastmissionmovie
公式Twitter:https://twitter.com/lastmission0621

********************************************************************

『ラストミッション』(原題:3 Days to Kill)

【ストーリー】
ケビン・コスナー 『ラストミッション』ポスター
ケビン・コスナー
『ラストミッション』ポスター
余命宣告されたベテランCIAエージェントのイーサンは、残された時間を別れた家族と過ごそうとパリに行く。しかし、空白の時間はなかなか埋める事が出来ず、思春期の娘ゾーイとは溝が深まるばかり。そんな中、女エージェントのヴィヴィが、病に効く試験薬を餌に現役最後の仕事を持ちかけてくる。
それは、凶悪で冷徹なテロリストを仕留めなければいけないという史上最高に危険な仕事だった―。

果たして彼は、世界の危機を防ぎながら娘の信頼を勝ち取るという同時進行不可能な究極の<ラストミッション>を遂行する事ができるのか!?

監督:マックG(『チャーリーズ・エンジェル』『ターミネーター4』) 
脚本:アディ・ハサック、リュック・ベッソン 
キャスト:ケヴィン・コスナー(『カンパニー・メン』『マン・オブ・スティール』『エージェント・ライアン』)、
アンバー・ハード(『ザ・ウォード/監禁病棟』『ラム・ダイアリー』)、
ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』『エンダーのゲーム』)、
コニー・ニールセン(『グラディエーター』『パーフェクト・センス』) 
(C)2013 3DTK INC.
配給:ショウゲート 


ケヴィン・コスナー『ラストミッション』予告動画到着!


ケビン・コスナー 『ラストミッション』ポスター
ケビン・コスナー
『ラストミッション』ポスター
6月21日(土)より公開、
ケヴィン・コスナー主演最新作

『ラストミッション』

マックG監督とリュック・ベッソンが脚本として豪華タッグを組んだ作品です!

そして!
この度、本作の映像素材初となります、ポスタービジュアルと予告動画が到着いたしましたのでご紹介!



予告動画内容

超一流エージェントのイーサン(ケヴィン・コスナー)は、任務中に倒れ余命3か月と告げられ、余生を家族と過ごそうとパリに住む妻と娘の元へと向かいます。

そこへ謎の女エージェント・ヴィヴィ(アンバー・ハード)が登場し、延命できるという怪しい薬をチラつかせて、イーサンの命と引き換えに、最後の任務<ミッションミッション>を依頼します。

現在59歳のケヴィン・コスナー。本作では、激しい銃撃線や肉弾戦のほか、危険なカーチェイスを披露し全盛期を彷彿とさせる暴れっぷりを見せています!

凄腕CIAのイーサンは、娘のゾーイ(ヘイリー・スタインフェルド)に全く頭があがらず言いなりになってばかり。極秘任務中にも関わらず、ゾーイの誕生日だからと電話をかけ彼女に誕生日の歌を歌うようにせがまれえると、断りきれず歌い出すイーサンの姿はコミカルなのでお見逃しなく!

またヴィヴィを演じるアンバー・ハードは、先日ジョニー・デップと婚約し世界中から注目をあつめる女優です。

劇中では、超セクシーな衣装を身にまといイーサンに任務遂行を迫ります。本映像では、セクシーなボンテージ姿も披露しているので目を奪われること間違いなしです!

『ラストミッション』
あの往年の『ボディーガード』オマージュもある

『ラストミッション』(原題:3 Days to Kill)
6月21日(土)より、新宿バルト9ほかロードショー!!

公式サイト:Lastmission.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/lastmissionmovie
公式Twitter:https://twitter.com/lastmission0621

過去記事:ケヴィン・コスナー『ラストミッション』試写してきた


********************************************************************


『ラストミッション』(原題:3 Days to Kill)

【ストーリー】
余命宣告されたベテランCIAエージェントのイーサンは、残された時間を別れた家族と過ごそうとパリに行く。しかし、空白の時間はなかなか埋める事が出来ず、思春期の娘ゾーイとは溝が深まるばかり。そんな中、女エージェントのヴィヴィが、病に効く試験薬を餌に現役最後の仕事を持ちかけてくる。

それは、凶悪で冷徹なテロリストを仕留めなければいけないという史上最高に危険な仕事だった―。

果たして彼は、世界の危機を防ぎながら娘の信頼を勝ち取るという同時進行不可能な究極の<ラストミッション>を遂行する事ができるのか!?

監督:マックG(『チャーリーズ・エンジェル』『ターミネーター4』)
原案・脚本:リュック・ベッソン
共同脚本:アディ・ハサック
キャスト:ケヴィン・コスナー(『カンパニー・メン』『マン・オブ・スティール』『エージェント・ライアン』)、
アンバー・ハード(『ザ・ウォード/監禁病棟』『ラム・ダイアリー』)、
ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』『エンダーのゲーム』)、
コニー・ニールセン(『グラディエーター』『パーフェクト・センス』)
(C)2013 3DTK INC.
配給:ショウゲート


ケヴィン・コスナー『ラストミッション』試写してきた


6月21日(土)より公開となります、ケヴィン・コスナー最新主演作

『ラストミッション』 (原題:3 Days to Kill)

内容ですが、ケヴィン・コスナーが演じるイーサン・レナーは、賢くて危険なベテランCIAエージェント。ある日、任務中に倒れ医師から告げられたのは、余命3ヶ月。

残された時間を家族と過ごそうと、離ればなれに暮らしている妻と娘に会いに行きます。

そこへ謎の女エージェント ヴィヴィ(アンバー・ハード)が延命できる薬を提供する代わりに、凶悪で冷徹なテロリスト抹殺の仕事を持ちかけてきます。

イーサンは、最後の仕事して引き受けるのだが・・・

この役で、ケヴィン・コスナーは、悪人たちの扱いは巧いけれど、自分の娘には手を焼く父親の顔を見せチャーミングな姿も披露しています。

『ラストミッション』
CIAスパイ物ですが 

リュック・ベッソン脚本xマックG監督。

パリを舞台に繰り広げられる殺しはエキサイティングに派手派手。
そんなに殺しちゃうと国際紛争でしょ!
でも、い~んです。スカッとします!
主人公の名前がイーサンって!突っ込み所も満載。
リアルな渋いスパイものがお好きな方はジャックライアンシリーズをご覧ください!

で、スパイ物?x暗殺者物ですが、本流は娘とうまく行っていないお父さんが娘との関係修復しようとする奮闘記でもあります。奮闘しながら殺しも。。そのあたりがうまく絡み合っているのもエンターテインメントとしてうまくまとめていますよね。良くも悪くもリュック・ベッソン。そして結構笑えます!

『ボディガード』のフランク・ファーマーを彷彿とさせるシーンもあって
ケヴィン・コスナー好きにはたまらないでしょう!

『ラストミッション』

6月21日(土)より、新宿バルト9ほかロードショー!!

公式サイト:lastmission.jp
公式Twitter:@lastmission0621

********************************************************************


『ラストミッション』(原題:3 Days to Kill)

【ストーリー】
余命宣告されたベテランCIAエージェントのイーサンは、残された時間を
別れた家族と過ごそうとパリに行く。しかし、空白の時間はなかなか埋める事が出来ず、
思春期の娘ゾーイとは溝が深まるばかり。そんな中、女エージェントのヴィヴィが、
病に効く試験薬を餌に現役最後の仕事を持ちかけてくる。
それは、凶悪で冷徹なテロリストを仕留めなければいけないという
史上最高に危険な仕事だった―。
果たして彼は、世界の危機を防ぎながら娘の信頼を勝ち取るという
同時進行不可能な究極の<ラストミッション>を遂行する事ができるのか!?


監督:マックG(『チャーリーズ・エンジェル』『ターミネーター4』)
原案・脚本:リュック・ベッソン
共同脚本:アディ・ハサック
キャスト:ケヴィン・コスナー(『カンパニー・メン』『マン・オブ・スティール』『エージェント・ライアン』)、
アンバー・ハード(『ザ・ウォード/監禁病棟』『ラム・ダイアリー』)、
ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』『エンダーのゲーム』)、
コニー・ニールセン(『グラディエーター』『パーフェクト・センス』)
(C)2013 3DTK INC.
配給:ショウゲート