「コトリンゴ」タグアーカイブ

福士蒼汰『旅猫リポート』 本予告&ポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 1人の青年と1匹の猫が新しい飼い主を探す旅物語に描かれる、人間同士の関係を越えた2人の絆に、猫好きの人のみならず、多くの人の心をとらえ、涙なくしては読めないという評判の感動作「旅猫リポート」。

猫が主要なキャラクターとして登場するため、映像化困難とされていましたが、この度、満を持して実写映画化となりました。

主人公の悟役には、映画界のさん若手俳優を代表する人気と実力を併せ持つ福士蒼汰さん。等身大の青年を丁寧に演じています。 また、ナナ(猫)の心の声を、若手女優の高畑充希さんが務めています。

そして!

この度、本予告とポスタービジュアルが解禁!!!
ポスタービジュアルには、愛おしそうにナナを抱きかかえる悟の姿が写し出され、何よりもナナを大事に想う悟の温かい気持ちが伝わります。

映画情報どっとこむ ralph 予告編映像には、福士蒼汰さん演じる悟と飼い猫ナナがじゃれ合って遊んだり、身を寄せ 合う、二人の仲の深さを感じさせる姿が描かれています。 しかしそんな二人の、新しい飼い主を探しにいく旅の中で「俺の最後の猫がナナで良かった」と語る悟。

なぜ最愛のナナを手放さなければならないのか、誰にも言えない “秘密”とは?



物語の核心に迫る内容や、竹内結子さん演じる悟の叔母・法子の悟とナナを 優しく見守る姿にも注目です。 さらに、広瀬アリスさんと大野拓朗さん演じる悟の高校時代の同級生・千佳子と修介の仲睦ま じい夫婦と、山本涼介演じる悟の旧友・幸介の姿も収められています。



そして、本作に橋本じゅんさん、木村多江さん、田中壮太郎さん、笛木優子、中村靖日さん、戸田菜穂さんら実力派俳優の出演も決定。

福士蒼汰さんと山本涼介の幼少期の役として田口翔大さん、二宮慶多さんも出演してます。


映画情報どっとこむ ralph 旅猫リポート

2018年10月26日(金) 全国公開

公式サイト:
http://tabineko-movie.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/tabineko_movie


物語・・・
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。 とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探すため、ナナと一緒に、親友や初恋の人など、悟がこ れまでの人生で出会った大切な人たちを訪ねる旅に出る。 それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。旅の終わり に明かされる、悟の「秘密」とは。

***********************************

原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演) ナナ 広瀬アリス 大野拓朗 山本涼介 竹内結子
監督:三木康一郎
脚本:有川浩、平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹

©表記:©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社


『爆音映画祭 in お台場』開幕記念 樋口泰人×コトリンゴトークショー決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、『爆音映画祭 in ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場』(2回目)が、2018年5 月10日(木)より、5月13日(日)まで、4日間限定にて開催されることとなりました。
その開幕を記念して、映画祭初日5月10日 (木)19:00~オープニング作品「シェイプ・オブ・ウォーター」爆音上映回終了後、“爆音映画祭”総合プロデューサー樋口泰人さんが 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くアーティスト コトリンゴさんをゲストに招いて、トー クショーを開催します。

~本日24時、いよいよチケット発売開始~ 爆音映画祭 in ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場

5/10(木) には、樋口泰人×コトリンゴ “爆音映画祭”も開催決定!

トークショー開催日時:2018年5月10日(木)
「シェイプ・オブ・ウォーター」
19:00開映 (21:45頃、終了予定)

場所:ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
登壇:司会・進行:樋口泰人(爆音映画祭主宰)
ゲスト:コトリンゴさん(音楽家)
※登壇者は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承願います。
※トークイベントは上映終了後、10分の休憩を挟み、21:15頃開始、21:45頃終了の予定となります。


映画情報どっとこむ ralph 爆音映画祭 in ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場

会場:ユナイテッド・シネマアクアシティお台場 (東京都港区台場 1 丁目 7-1 アクアシティお台場内 TEL: 0570-783-804)
開催期間:2018年5月10日(木)~5月13日(日) ≪4日間限定≫

主催:株式会社 ローソンHMVエンタテイメント、ユナイテッド・シネマ株式会社
特別協力:株式会社 boid ~

いよいよ本日 24 時チケット発売開始~
WEB販売 :4/18(水)AM 0:00 より
公式HP:
http://www.unitedcinemas.jp/bakuon

ユナイテッド・シネマアクアシティお台場劇場窓口販売:4/18(水)劇場営業開始時間より(但し各回、残席がある場合のみ)
***********************************



のん、尾身美詞、潘めぐみ ら大ヒット舞台挨拶『この世界の片隅に』


映画情報どっとこむ ralph 片渕須直監督が6年の歳月をかけて作り上げたアニメーション映画『この世界の片隅に』が絶賛上映中。

本作は戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた珠玉のアニメーション映画です。

これまで応援してくださった方への感謝の気持ちを込めて、3/18(土)新宿ピカデリーにて大ヒット御礼舞台挨拶を実施。のんさん、尾身美詞さん、潘めぐみさん、牛山茂さん、新谷真弓さん、コトリンゴさん、片渕須直監督が登壇しました!

また当日参加できなかった細谷佳正さん、岩井七世さんからもビデオメッセージがサプライズで上映され、満席の会場を沸かせました。

日付:3月18日
場所:新宿ピカデリー
登壇:のん、尾身美詞、潘めぐみ、牛山茂、新谷真弓、コトリンゴ、片渕須直監督
ビデオ:細谷佳正、岩井七世

映画情報どっとこむ ralph のんさんと潘さんはW受賞となった第11回声優アワードの授賞式を終えたばかりの登壇。

のんさん:私のアフレコ収録は一番最後だったので、みなさんの声を感じながら演じられたことがすごくありがたかったなと思っていて。そのことに感謝しながら賞をいただきました。

とキャストへの感謝の気持ちを笑顔で述べました。潘めぐみさんは

潘さん:方言指導の新谷さんに広島弁を細かく指導していただいて。アフレコは予定より時間が掛かってしまいました。方言も演技も出来上がった映像を観るまで不安だったんです。だけど初号を観て、のんさん演じるすずさんの声を聞いたとき、「あ、ようやく私すみちゃんになれた」と思ったんです。

とアフレコ時の苦労、そして姉妹愛を感じせるエピソードを披露しました。


周作役を演じた細谷佳正さんはビデオメッセージで

細谷さん:少しロマンチックな話なんですが、良いものを情熱をもって作っていれば必ず観てくれる人はいて、大きなものになっていくんだと感じました。この仕事を始めた時から日本の一つの文化として世界に発信されるようなアニメーションに関わりたいと思っていて、おおげさな言い方ですがちょっと夢に近づいたかなと思って誇らしい気持ちです。

と感慨深げに語り、最後は観客からおめでとうを引き出す華麗なコール&レスポンスを実施。会場は大盛り上がりとなりました。

映画情報どっとこむ ralph また、径子役を演じた尾身美詞さんは

尾身さん:こんなに公開から時間が経っているのに、こうしておめでたいご挨拶ができて、これも本当にみなさんのおかげです。たくさんの方が径子さんを好きになってくれて嬉しいです。何十年も次の世代までみなさんの心の中に残り続けていっていただければ。

と涙ぐみながら挨拶をしました。その後、牛山茂さんと新谷真弓さんは夫婦ならではのコミカルなやりとりを披露。コトリンゴさんも現在実施中でSOLD OUTが続出しているサウンドトラックライブの様子を語りました。

片渕監督:(チケットが即完売してしまったこともあり)今日切符を取れなかったみなさんも含め、ありがとうございます。アフレコはみんな別々に収録したので、みんながはじめて集まれたのは初号のときで。その時も一つの家族になったという温かさを感じて感動しました。今日もまたこうして会えたことが嬉しいです。ちょっとした気の迷いがあったらこの作品は完成しなかっただろうと思うと、頑張って良かったなと思います。でも6年かかって作ったものが、たった4か月で終わっては堪らないという気持ちもあります。まだまだこれからです!

と新たな決意を語りました。


映画情報どっとこむ ralph また、公開20週目となる今週末3/25(土)に、第4弾の来場者特典オリジナルポストカードの配布が決定いたしました!

支えてくださった方への感謝の気持ちを込めて、監督補・浦谷千恵氏がお祝いをテーマに、宴の準備で大忙しの北條家の台所をイメージして描き下ろしたもの。細部までみなさまへの「ありがとう」の気持ちが宿ります。

裏面にはこのデザインに込められた想いが記されていますので、ぜひ劇場でチェックしてみてください!

本ポストカードは3/25(土)に『この世界の片隅に』を上映している全国の劇場にて数量限定で配布いたします。


映画情報どっとこむ ralph 因に・・・
海外での配給は、新たに韓国、シンガポール、ベトナム、インドネシア、マレーシア、ブルネイの配給が決定!全世界29の国と地域にて上映されることになりました。
※公開日未定 
舞台挨拶 in メキシコ
【タイ】2/23~、
【メキシコ】3/10~、
【アルゼンチン、チリなど南米諸国】3/17~、
【香港】3/30~、
【イギリス】6月、
【ドイツ】7月、
【アメリカ】【フランス】9月、
に公開を予定しています。

現在までの累計動員は190万名。興行収入24億を突破。掛け値なしに大ヒットです!

すずさんの愛おしい日々を照らす灯はこれからも灯り続けます。
引き続き、ご注目ください!

映画情報どっとこむ ralph ものがたり・・・

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。

昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。

だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた。


全国にて大ヒット公開中!!!

公式HP:
konosekai.jp

***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)

企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 製作統括:GENCO アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会  



『この世界の片隅に』動員150万人・興収20億突破!


映画情報どっとこむ ralph 片渕須直監督が6年の歳月をかけて作り上げたアニメーション映画『この世界の片隅に』。
本作は戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた珠玉のアニメーション映画です。
 
公開14週目の、2月11日(土)2月12日(日)2日間の週末興行成績は約6千2百万円、動員は約 4万人。公開館数は289館(初週より+226館)で累計では300館を超えた。
全国映画週末動員ランキング(興行通信社調べ)では8位にランクイン。

本作はこれで14週連続TOP10入りを果たし、現在までの累計動員は150万名。初週わずか63館からスタートした小規模作品が、たくさんの口コミと応援のおかげで異例の興行収入20億を突破いたしました!

映画情報どっとこむ ralph 各映画賞でも受賞が相次ぎ、アニメーションの枠を超え絶賛。現在17個の賞を受賞しています。(2/13現在)

その中のひとつ、第71回毎日映画コンクールでは日本映画優秀賞、大藤信郎賞、音楽賞の3冠を達成し、今週15日(水)に実施される授賞式には、片渕須直監督、のん、コトリンゴが登壇予定。

3名は表彰式とオープニングセレモニーに参加し喜びを分かち合います。

さらに音楽賞を受賞したコトリンゴが、表彰式で映画のオープニングテーマである「悲しくてやりきれない」を生演奏で披露する予定です。

映画情報どっとこむ ralph 海外での配給は、現在全世界23の国と地域で決定。
【タイ】2/23~、【メキシコ】3/3~(プレミア上映2/22~)、【アルゼンチン、チリなど南米諸国】3/17~、【香港】3/30~、【イギリス】6月、【ドイツ】7月(現在AKIBA FILM FESTIVALにて10都市にて上映中)、【アメリカ】【フランス】9月、に公開を予定しています。

片渕須直監督とのんさんは、まず2/22からスタートするメキシコでのプレミア上映に赴き、現地の観客との意見交換を行う予定。メキシコではスペイン語の字幕版と吹き替え版の2パターンで上映が決定しており、のんさんが演じたすずさんの声が海外の方へ届きます。

日本のみならず世界からも注目を集めている本作。
「この映画をみてほしい」「この映画をまたみたい」という熱が、日本全国そして世界へと拡がりをみせています。引き続き、ご注目ください!


映画『この世界の片隅に
konosekai.jp

全国にて大ヒット公開中!!!

物語・・・

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

過去記事:
この世界の片隅に』初日舞台挨拶の模様もどうぞ!
eigajoho.com/?p=55559



***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)

企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 製作統括:GENCO アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会  


『この世界の片隅に』興収10億円突破1/7(土)一挙に58館拡大!


映画情報どっとこむ ralph 片渕須直監督が6年の歳月をかけて作り上げたアニメーション映画『この世界の片隅に』が絶賛上映中です。

本作は戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた珠玉のアニメーション映画です。
全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)では先週からワンランクアップの9位に浮上し、累計動員は75万名、累計興収は10億円を突破!(1月4日付 ※上映劇場119館)

さらに1/7(土)からは上映劇場が一気に58館増え、今後順次公開で累計200館を超える予定。

2017年も『この世界の片隅に』の勢いが止まりません!

※週末動員ランキング推移(11/12~)
1週目:第10位/2週目:第10位/
3週目:第6位/4週目:第4位/
5週目:第 7位/6週目:第10位/
7週目:第10位/8週目:第9位 

映画情報どっとこむ ralph 片渕須直監督は多くファンの気持ちに応えようと精力的に活動を続け、「大ヒット御礼全国舞台挨拶行脚」でこれまでに訪れた場所は、都内のほかに北海道、岩手、宮城、富山、石川、静岡、滋賀、兵庫、大阪、京都、広島、山口など。

今後も1/7【埼玉】川越スカラ座、1/8【東京】キネカ大森、1/9【神奈川】横須賀HUMAXシネマズ、1/14【大分】大分シネマ5、1/15【長崎】佐世保シネマボックス太陽、1/15【佐賀】佐賀シアターシエマ、1/28【京都】立誠シネマプロジェクト、と舞台挨拶が決定しており、また1/8【東京】新宿ピカデリーでの『マイマイ新子と千年の魔法』監督舞台挨拶付き上映や1/28【京都】京都みなみ会館での「片渕須直監督特集ナイト」などの関連イベントも開催される。

映画情報どっとこむ ralph また、現在、アメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、メキシコ、台湾、香港、タイなど全世界18か国でも上映が決定。日本のみならず世界からも注目を集めている本作。

アメリカ人はいったいこの映画をどう見るのだろう・・・・。


物語・・・・

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

過去記事:初日舞台挨拶 のん、コトリンゴ、片淵監督

***********************************

声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)

企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会