「グレン・クローズ」タグアーカイブ

『アガサ・クリスティー ねじれた家』大富豪が毒殺死!“心のねじれた”一族全員容疑者。予告編到着!!


映画情報どっとこむ ralph アガサ・クリスティー原作「ねじれた家」の映画化、本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ話題を呼んでいる、名女優グレン・クローズ出演の『アガサ・クリスティー ねじれた家』が、4/19(金)に全国公開致します。


1920年のデビューから100年で20億冊もの売り上げを記録する、世紀のベストセラー作家アガサ・クリスティー。
彼女が自身の<最高傑作>だと誇る、1949年に発表されたミステリー小説「ねじれた家」が、70年の時を経て初映画化が実現。

監督は『サラの鍵』のジル・パケ=ブレネール、脚本は『ゴスフォード・パーク』でアカデミー賞(R)脚本賞を受賞、大ヒットTVシリーズ「ダウントン・アビー」を手掛けるジュリアン・フェロウズが担当。

ゴージャスでスキャンダラスな一族の女たちを演じるのは、『天才作家の妻 -40年目の真実-』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞、アカデミー賞(R)主演女優賞にノミネートされたばかりの稀代の名女優グレン・クローズ。
『X-ファイル』の知的な捜査官スカリー役で一躍有名になったジリアン・アンダーソン、『マッドメン』で多くの男性を魅了したクリスティーナ・ヘンドリックス。そして事件の真相を追う私立探偵役に『天才作家の妻-40年目の真実-』でクローズと2度目の共演を果たすマックス・アイアンズ、捜査を仕切る主任警部役に名優テレンス・スタンプが扮するという、豪華俳優陣が出演し注目を浴びている本作。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された予告編映像では、アガサ・クリスティー自身が謳っている「この『ねじれた家』こそ、私の最高傑作。」の文字からはじまり、巨万の富を築いた大富豪の屋敷が稲妻の轟音と共に現れ、毒殺されたシーンをミステリアスに描く。

華麗なる一族の当主が毒殺された。孫娘のソフィアは元恋人で私立探偵のチャールズに捜査を依頼する。残された巨額の遺産を巡り、ソフィアを含む“心のねじれた”9人の家族全員に殺人の動機があったことが、次々と明らかになっていく。“意外な犯人”とは一体誰なのか。
アガサ・クリスティーが仕掛ける完全無欠のミステリーが、優美なる狂気に溢れた予告編に再現された。

映画情報どっとこむ ralph アガサ・クリスティー ねじれた家

4/19(金)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国公開
nejire-movie.jp

【STORY】

無一文から巨万の富を築き上げた大富豪レオニデスが毒殺された。私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼される。広大な屋敷に到着すると、3世代にわたる一族が勢ぞろいし、巨額の遺産を巡って、疑惑と嫉妬、敵意と憎しみをぶつけ合っていた。愛人のいる若い後妻ブレンダ、映画製作の資金が欲しい長男夫妻、父から受け継いだ会社が倒産寸前の次男とその妻、亡き前妻の姉であり一族を取り仕切る大伯母イーディス。まもなくチャールズは、ソフィアを含め一族全員に殺害の動機があったことに気付く。真相に近づいたと思われたその時、第二の殺人が起きる。

***********************************

監督:ジル・パケ=ブレネール
原作:アガサ・クリスティー著/田村隆一訳「ねじれた家」(ハヤカワ文庫刊)
脚本:ジュリアン・フェロウズ/ジル・パケ=ブレネール/ティム・ローズ・プライス

出演:グレン・クローズ、テレンス・スタンプ、マックス・アイアンズ、ステファニー・マティーニ、ジリアン・アンダーソン、クリスティーナ・ヘンドリックス 他

製作国:イギリス(2017年公開)
上映時間:115分 
字幕翻訳:松浦美奈 
配給:KADOKAWA

(C)2017 Crooked House Productions Ltd.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『アガサ・クリスティー ねじれた家』公開決定!ポスタービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph アガサ・クリスティー自身が誇る、最高傑作ミステリーの初映画化!

この度、アガサ・クリスティー原作「ねじれた家」の映画化となる『CROOKED HOUSE(原題)』を邦題『アガサ・クリスティー ねじれた家』として4月19日(金)に全国公開することが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 1920年のデビューから100年で20億冊もの売り上げを記録する、世紀のベストセラー作家アガサ・クリスティー。彼女が自身の<最高傑作>だと誇る、1949年に発表されたミステリー小説「ねじれた家」が、70年の時を経て初映画化が実現。巨万の富を築いた大富豪が毒殺され、容疑をかけられた“心のねじれた”家族が巻き起こす、気品と謎に包まれた完全無欠の殺人ミステリー。

監督は『サラの鍵』のジル・パケ=ブレネール、脚本は『ゴスフォード・パーク』でアカデミー賞(R)脚本賞を受賞、大ヒットTVシリーズ「ダウントン・アビー」を手掛けるジュリアン・フェロウズが担当。

キャストもアメリカとイギリスの実力派が勢ぞろい。

ゴージャスでスキャンダラスな一族の女たちを演じるのは、『天才作家の妻 -40年目の真実-』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞、アカデミー賞(R)主演女優賞にノミネートされたばかりの稀代の名女優グレン・クローズ、『X-ファイル』の知的な捜査官スカリー役で一躍有名になったジリアン・アンダーソン、『マッドメン』で多くの男性を魅了したクリスティーナ・ヘンドリックス。そして事件の真相を追う私立探偵役に『天才作家の妻-40年目の真実-』でクローズと2度目の共演を果たすマックス・アイアンズ、捜査を仕切る主任警部役に名優テレンス・スタンプが扮しています!

映画情報どっとこむ ralph 他にも、映画の舞台となる英国式の荘厳な屋敷と庭園、華やかな英国上流階級の文化や生活を堪能できるクラシカルな衣装やインテリアなど、見どころ満載の極上ミステリーがここに誕生です!

アガサ・クリスティー ねじれた家

4/19(金)角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国公開

オフィシャルHP:
negire-movie.jp

【STORY】
無一文から巨万の富を築き上げた大富豪レオニデスが毒殺された。私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼される。広大な屋敷に到着すると、3世代にわたる一族が勢ぞろいし、巨額の遺産を巡って、疑惑と嫉妬、敵意と憎しみをぶつけ合っていた。愛人のいる若い後妻ブレンダ、映画製作の資金が欲しい長男夫妻、父から受け継いだ会社が倒産寸前の次男とその妻、亡き前妻の姉であり一族を取り仕切る大伯母イーディス。まもなくチャールズは、ソフィアを含め一族全員に殺害の動機があったことに気付く。真相に近づいたと思われたその時、第二の殺人が起きる?。

***********************************

監督:ジル・パケ=ブレネール
原作:アガサ・クリスティー著/田村隆一訳「ねじれた家」(ハヤカワ文庫刊)
脚本:ジュリアン・フェロウズ/ジル・パケ=ブレネール/ティム・ローズ・プライス

出演:グレン・クローズ、テレンス・スタンプ、マックス・アイアンズ、ステファニー・マティーニ、ジリアン・アンダーソン、クリスティーナ・ヘンドリックス 他

製作国:イギリス(2017年公開)
上映時間:115分 
字幕翻訳:松浦美奈 
配給:KADOKAWA

(C)2017 Crooked House Productions Ltd.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画「天才作家の妻 -40年目の真実-」グレン・クローズがゴールデン・グローブ賞主演女優賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph この度、映画「天才作家の妻 -40年目の真実-」(2019年1月26日公開)主演のグレン・クローズが第76回ゴールデン・グレン・クローズがノーベル賞を受賞した世界的作家の夫を慎まし く支える完璧な妻を演じた、夫婦の絆や人生の意味を問う深遠 なドラマ『天才作家の妻 -40年目の真実-』で、この度第76回 ゴールデン・グローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)を見事受賞しました。

【グレン・クローズ 受賞コメント】
ハリウッド外国人映画記者協会の皆さん、本当にありがとうござい ます。この作品を造り上げるのに、14年かかりました。「The Wife」(妻)というタイトルだから、そんなにかかったんだと思うわ (笑)。 私は今、母のことを思っています。母は父のために、彼女の人生の 総てを捧げていました。そして母は80歳の時に私に「私は何も達 成していない気がするの」と言いました。でもそれは間違っている。 女性は子供を産み、良い伴侶を得ることを期待されるけれども、 私達女性は、自分たちで満足できる人生を見つける必要がある。 夢を追いかけるべきです。私達には、それが出来ると言うべきです。

映画情報どっとこむ ralph 映画「天才作家の妻 -40年目の真実-」
原題:THE WIFE
2019年1月26日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー

公式サイト
http://ten-tsuma.jp/

偉大なる世界的な作家と、彼を慎ましく支えてきた完璧な妻。
長年連れ添ってきた夫婦の関係は、夫ジョゼフがノーベル文学賞を受賞したことで静かに揺らめき始める。やがてふたりはスウェーデンのストックホルムを訪れ、ジョゼフは授賞式のリハーサルなどの慌ただしい行事をこなすことに。一方、夫が栄光のスポットライトを浴びようとしている陰で、ジョーンは彼を愛しながらも、心の奥底に溜め込んだ複雑な感情がわき起こってくるのを抑えられなくなっていく。誰も想像だにしない夫婦の秘密とは、いったい何なのか。そして世界中の注目が集まる授賞式当日、ジョーンはいかなる決断を下すのか……。


世界最高の権威を誇るノーベル賞授賞式を背景に、人生の晩年に差しかかった夫婦の危機を見つめた『天才作家の妻 40年目の真実』は、男女間の心の機微をリアルかつ残酷にあぶり出す心理サスペンスだ。常に控え目に寄り添いながら夫のキャリアを後押ししてきた妻は、皮肉にも夫の受賞をきっかけに耐えがたい怒りに駆られていく。愛と憎しみの狭間で引き裂かれ、じわじわと壊れゆく夫婦の姿を映し出す本作は、結婚や人生の意味を問いかけるとともに、男女の社会的地位の格差というテーマにも切り込む。まさに大人のための上質にしてスリリングな本格派のドラマである。ノーベル賞授賞式の知られざる舞台裏が細やかに再現されている点も見逃せない。

卓越した心理描写で観る者を釘付けにするビョルン・ルンゲ監督は、映画のみならず演劇の分野でも活躍してきたスウェーデンのベテラン。2003年の『Daybreak』がベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた実力者である。

***********************************

Cast
グレン・クローズ Glenn Close
ジョナサン・プライス Jonathan Pryce
クリスチャン・スレーター Christian Slater
マックス・アイアンズ Max Irons
ハリー・ロイド Harry Lloyd
アニー・スターク Annie Starke
エリザベス・マクガヴァン Elizabeth Mcgovern

Staff
監督:ビョルン・ルンゲ Björn Runge
原作:メグ・ウォリッツァー Meg Wolitzer
脚本:ジェーン・アンダーソン Jane Anderson
撮影:ウルフ・ブラントース  Ulf Brantås
プロダクション・デザイン:マーク・リーズ Mark Leese
衣裳デザイン:トリシャ・ビガー Trisha Biggar
音楽:ジョスリン・プーク Jocelyn Pook
2017年/スウェーデン、アメリカ、イギリス合作/英語/101分/シネスコ/カラー 
日本語字幕:牧野琴子 後援:スウェーデン大使館
配給:松竹
©META FILM LONDON LIMITED 2017




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画「天才作家の妻 -40年目の真実-」第76回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)にノミネート


映画情報どっとこむ ralph 映画「天才作家の妻 -40年目の真実-」主演のグレン・クローズが第76回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)にノミネートされました。

完璧な”妻”だった。夫がノーベル賞を手にした今日までは。

www.stills.tv

華やかなノーベル賞授賞式を背景に、人生の晩年に差しかかった夫婦の危機を描く心理サスペンス。夫への愛情と怒りに揺れ動く、妻が最後に下した決断とは?

グレン・クローズが演じたのは“天才作家の妻”ジョーン。
内なる激しい葛藤を、このうえなく繊細に、時に凄みをみなぎらせて表現した演技には、すでに本年度オスカー最有力との声が高まっています。前哨戦ともなるゴールデン・グローブ賞の行方が気になります!

因に、ローズの実の娘アニー・スタークが若き日のジョーンに扮し、母子の本格映画初共演が実現しています!

映画情報どっとこむ ralph 映画「天才作家の妻 -40年目の真実-」
原題:THE WIFE
2019年1月26日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー

公式サイト
http://ten-tsuma.jp/


偉大なる世界的な作家と、彼を慎ましく支えてきた完璧な妻。
長年連れ添ってきた夫婦の関係は、夫ジョゼフがノーベル文学賞を受賞したことで静かに揺らめき始める。やがてふたりはスウェーデンのストックホルムを訪れ、ジョゼフは授賞式のリハーサルなどの慌ただしい行事をこなすことに。一方、夫が栄光のスポットライトを浴びようとしている陰で、ジョーンは彼を愛しながらも、心の奥底に溜め込んだ複雑な感情がわき起こってくるのを抑えられなくなっていく。誰も想像だにしない夫婦の秘密とは、いったい何なのか。そして世界中の注目が集まる授賞式当日、ジョーンはいかなる決断を下すのか……。

世界最高の権威を誇るノーベル賞授賞式を背景に、人生の晩年に差しかかった夫婦の危機を見つめた『天才作家の妻 40年目の真実』は、男女間の心の機微をリアルかつ残酷にあぶり出す心理サスペンスだ。常に控え目に寄り添いながら夫のキャリアを後押ししてきた妻は、皮肉にも夫の受賞をきっかけに耐えがたい怒りに駆られていく。愛と憎しみの狭間で引き裂かれ、じわじわと壊れゆく夫婦の姿を映し出す本作は、結婚や人生の意味を問いかけるとともに、男女の社会的地位の格差というテーマにも切り込む。まさに大人のための上質にしてスリリングな本格派のドラマである。ノーベル賞授賞式の知られざる舞台裏が細やかに再現されている点も見逃せない。

卓越した心理描写で観る者を釘付けにするビョルン・ルンゲ監督は、映画のみならず演劇の分野でも活躍してきたスウェーデンのベテラン。2003年の『Daybreak』がベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた実力者である。

***********************************

Cast
グレン・クローズ Glenn Close
ジョナサン・プライス Jonathan Pryce
クリスチャン・スレーター Christian Slater
マックス・アイアンズ Max Irons
ハリー・ロイド Harry Lloyd
アニー・スターク Annie Starke
エリザベス・マクガヴァン Elizabeth Mcgovern

Staff
監督:ビョルン・ルンゲ Björn Runge
原作:メグ・ウォリッツァー Meg Wolitzer
脚本:ジェーン・アンダーソン Jane Anderson
撮影:ウルフ・ブラントース  Ulf Brantås
プロダクション・デザイン:マーク・リーズ Mark Leese
衣裳デザイン:トリシャ・ビガー Trisha Biggar
音楽:ジョスリン・プーク Jocelyn Pook
2017年/スウェーデン、アメリカ、イギリス合作/英語/101分/シネスコ/カラー 
日本語字幕:牧野琴子 後援:スウェーデン大使館
配給:松竹
©META FILM LONDON LIMITED 2017




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「天才作家の妻 -40年目の真実-」特報&ポスタービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph 完璧な”妻”だった。
夫がノーベル賞を手にした今日までは。

偉大なる世界的な作家と、彼の創作を慎ましく支えてきた完璧な妻。誰の目にも理想的なおしどり夫婦に見えたふたりの関係は、夫がノーベル文学賞を受賞したことをきっかけに揺らめき、静かに壊れ始める…。

毎年スウェーデンのストックホルムで華やかに行われるノーベル賞授賞式を背景に、人生の晩年に差しかかった夫婦の危機を見つめる本作は、男女間の機微をリアルかつ残酷にあぶり出す心理サスペンス。夫婦が隠し続けてきた、重大な”秘密”とは何なのか。夫への愛と憎しみの狭間で引き裂かれた妻は、世界中の注目が集まる授賞式でいかなる”決断”を下すのか。

ハリウッドの実力派キャストが集結し、夫婦の絆や人生の意味を問う深遠なドラマを体現。

アカデミー賞6度ノミネートの実績を誇る大女優、グレン・クローズの繊細にして凄味に満ちた演技には、既に本年度オスカー最有力との声が高まっている。

天才作家の妻 -40年目の真実-
原題・英題 :THE WIFE

2019年1月26日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー。

公式サイト :
http://ten-tsuma.jp/

***********************************

監督:ビョルン・ルンゲ
脚本:ジェーン・アンダーソン

出演:グレン・クローズ、ジョナサン・プライス、クリスチャン・スレーター

2017年/スウェーデン、イギリス、アメリカ合作/英語/101分/シネスコ/カラー
配給:松竹
(c)META FILM LONDON LIMITED 2017
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』予告解禁


『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』
この度、10月5日(土)より新宿ピカデリーほかにて公開することが決定し、今回、日本オリジナルの予告編が解禁となりました。

世紀の女優マリリン・モンローはハリウッドと自分自身で作り上げた”虚像”だった―。

本作は、秘蔵映像と、没後50年で初公開された自筆の文書から、ただ真摯に生きた一人の女性像が浮かび上がらせるドキュメンタリー映画です。

秘蔵映像、自筆のメモ、日記、私的な文書を基に彼女の生い立ちから最期までを丁寧にたどってゆくのですが。。。

ユマ・サーマン、リンジー・ローハン、グレン・クローズ、マリサ・トメイら年齢も立場も違う現役女優達が、彼女の残した言葉を朗読、ときにはマリリン・モンロー自身となり、彼女の声を、真実の姿をよみがえらせていきます。

『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』
10月5日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーです。
公式サイト:marilyn-movie.jp

因みに

僕が試写して来た感想は 『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』試写してきた へどうぞ。

********************************************************************

『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』

監督:リズ・ガルバス
出演:マリリン・モンロー
ユマ・サーマン/グレン・クローズ/マリサ・トメイ/リンジー・ローハン他
配給:ショウゲート
公式サイト:marilyn-movie.jp
(c)2012 Diamond Girl Production LLC – All Rights Reserved




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

マリリン・モンロー 瞳の中の秘密 試写してきた


マリリン・モンロー
瞳の中の秘密
10月5日(土)より、新宿ピカデリーほか公開の

『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』

マスコミ試写いったんですよね。

うん。うちのMr.Tでさえ生まれる前になくなってる、伝説の女優でSEX シンボル。マリリン・モンロー

その彼女の没後50周年作品で作った人生を綴ったドキュメンタリー映画で、評判良いのは知っていたのだけどね。

彼女の映画観たこと無いしね。ドキュメントだし。。。でも行ったわけ。

で?

いやー、本当に良かった。ドキュメントなのに108分を感じさせないだよね。

ユマ・サーマン、リンジー・ローハン、グレン・クローズ、エレン・バーティンとか10人の女優さん達が彼女の残したメモ、詩、手紙を当時のマリリンの代わりに演じる(語る)んだけど、マリリンがその真意を伝えているかのよう。

年代も人種も違う女優たちが入れ替わり立ち代り演じるのだけど、途中でマリリンが話している気さえするんだ。

そして、彼女の波乱万丈の人生の周りにいる男たち。監督、作家、夫・・・・をベン・フォスターらが演じる(語る)ことで、さらにドキュメンタリーが物語のようになっていく。

ドキュメンタリーで、この手法があったんだ~と思う次第。

そして、映画の脚本でもかけないような、マリリンの生き方がドラマッティクなので、それこそ、上質に練りこまれたスクリプトの様。 それを切り取り演じさせるリズ・ガルバス監督の手腕恐るべし。

華やかな世界のなかで、ただ真摯に生きた1人の女性像が蘇る映画です。

普段、過去のDVDを観てからと、映画を!とお勧めしませんが、この映画は彼女の作品を知ってから観たほうがきっと、作品の広がりを感じ取れる気がします。

僕も、このあと彼女の作品を観てみるつもりだし、公開時には、この映画もう一度観に行くつもりです。

へー。気に入ったわけですね。

『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』

は10月5日(土)より、新宿ピカデリーほか公開です!

公式HP: http://marilyn-movie.jp/

********************************************************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ