「クー・クラックス・クラン」タグアーカイブ

井上三太、武井宏之コラボイラスト到着&著名人コメントも到着『ブラック・クランズマン』


映画情報どっとこむ ralph スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』が3月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開となります!

1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を鬼才スパイク・リー監督が映画化!!
第91回アカデミー賞ノミネーション発表では、作品賞、監督賞、助演男優賞、作曲賞、編集賞、脚色賞と6部門にノミネートされる快挙を果たしています!

この度、全国公開より一足先に本作を鑑賞した著名人より、熱烈な応援イラスト、そしてコメントが到着しました!


映画情報どっとこむ ralph 「TOKYO TRIBE」の漫画家・井上三太先生や、「シャーマンキング」漫画家・武井宏之先生、人気イラストレーターの川原瑞丸さんのそれぞれのタッチでアフロやちょっとキケン(?)な三角頭巾を特徴的に描いたイラストは超クール。さらに、映画関係者のみならず、音楽家、俳優、グラビアタレントも熱狂!この時代に放たれたスパイク・リーの激烈なメッセージに衝撃を受けた日本を代表する著名人たちの声を以下順不同、敬称略でご紹介します。

■井上三太(漫画家)
スパイク・リーが取り上げ続けた差別の問題が今だになくならない現代。今こそ見るべき一本だと思います。

■武井宏之(漫画家)
争っちゃえばどちらも同じ!大切なのはユルさとユーモア。あとは大好きな70年代の音楽と風景。実はとっても平和な映画!

■町山智浩(映画評論家)
デカいアフロにイカす革ジャンの70年代ブラザーが帰ってきた!トランプと差別野郎どもにキック・アス!スパイク・リーにRight On(異議なし)!


■いとうせいこう(作家・クリエイター)
スパイク・リー『ブラック・クランズマン』、 単純にハラハラするし政治的な皮肉に何度も笑えるし、 もともと実話をベースにしているのではあれ、 やがてフィクションから逸脱するメッセージを鮮明にするし、見どころ満載。

■綾戸智恵(ジャズシンガー)
スパイクらしい映画や。 アダム・ドライバー扮するフリップが現場で恐怖ギリギリ追い込まれていくたびに自分のアイディンティティを知らされていく様が凄い。実は88年にN.Y.で『ミシシッピー・バーニング』見ててユダヤ系の観客がたまに笑うシーンがあったんやけど今理由がわかった。
エンドロールの歌に答えはあったんや。出演者に気づきのあるこの作品、観客である私らが何も感じないはずがないやろ!試写に一緒に行った息子から初めての視線を感じた。共感したんや!

■菊地成孔(音楽家/文筆家)
迷走中だったスパイクが、ドナルド・トランプとバリー・ジェンキンズ(「ムーンライト」「ビールストリートの恋人たち」)のお陰で一挙に覚醒!
完璧なオールドスクーラーの復活!!骨太で笑える社会派!!!

■副島淳(俳優)
歴史変換の中で繰り広げられる世界観が監督の創る描写におとしこまれ正義を貫き動いた人たちの歴史が一つの蹄となり感銘を受けた

■三代目パークマンサー(軟式globe。’11)
こんなドッキリ見たことない!
コントのようなホントの話白と黒がおりなすコントラストストーリー見逃すと損だよアホだよ♪

■杏レラト(黒人映画歴史家)
正しいことをして権力と戦う、これぞスパイク・リーの真骨頂。150年も続くKKKに、スパイクからの150年分のお返しだ!

映画情報どっとこむ ralph 主演のロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンがその名を知らしめた傑作『マルコムX』で映画出演を果たし、奇しくも同じスパイク・リー監督作品の本作で主演として脚光を浴びる。ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。そして、監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とアカデミー賞最強布陣が製作に名を連ねる。

『ブラック・クランズマン』
原題:BlacKkKlansman


STORY
1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのかー!?

***********************************

監督・脚本:スパイク・リー
製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか
ユニバーサル映画
配給:パルコ
宣伝:スキップ&NPC
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/映倫:G指定
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.


白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査『ブラック・クランズマン』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』の場面写真6点と公開日が2019年3月22日(金)に決定しました!

そして!ロン(ジョン・デヴィッド・ワシントン)&フリップ(アダム・ドライバー)コンビの潜入捜査の様子をとらえた場面写真を6点解禁!

電話担当のロンと対面担当のフリップ。
二人はそれぞれ言葉巧みにKKK内部の人間を惑わせ、みるみるうちにその深部へ潜入していく。
話し方で人物の違いを気付かれないよう、ロンの言葉遣いやイントネーションを真似して練習するフリップ.

KKK最高幹部のデビッド・デューク(トファー・グレイス)にも全く疑われることなく、KKKの集会へ参加することに成功。

KKKメンバーに混ざり「ホワイト・パワー!」と力強く繰り返すフリップはまさに熱心な白人至上主義者の一人のよう。

また、ブラックパンサー党の女性幹部パトリス・デュマス(ローラ・ハリアー)と仲睦まじく話すロンの恋模様も。

さらに、人差し指を立て「アメリカ・ファースト!」と唱えるデビッド・デュークの姿は、この時代に生きるアメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプにも重なる。

映画情報どっとこむ ralph ロンとフリップのコンビネーションが実現させた史上最も大胆な潜入捜査、その結末とは-!?

『ブラック・クランズマン』
原題:BlacKkKlansman

2019年3月22日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
物語・・・
1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのかー!?
***********************************


監督・脚本:スパイク・リー
製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか
ユニバーサル映画 配給:パルコ 宣伝:スキップ&NPC
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/映倫:G指定
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.


スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』第76回ゴールデングローブ賞4部門にノミネート


映画情報どっとこむ ralph スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』が2019年3月、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開となります!

そして!現地時間12月6日5:00(日本時間6日22:00)頃より行われた第76回ゴールデングローブ賞ノミネーション発表にて、作品賞(Best Motion Picture – Drama)、名匠スパイク・リーが監督賞(Best Director – Motion Picture)とジョン・デヴィッド・ワシントンが主演男優賞(Best Performance by an Actor in a Motion Picture – Drama)、アダム・ドライバーが助演男優賞(Best Performance by an Actor in a Supporting Role in a Motion Picture)と4部門にノミネートされる快挙を果たしました!

ゴールデングローブ賞は、その年の映画賞レースやアカデミー賞の行方をうらなう前哨戦のひとつとして位置づけられていることもあり、受賞結果には世界の映画ファンからも非常に高い注目が集まります。
Adam Driver stars as Flip Zimmerman and John David Washington as Ron Stallworth in Spike Lee’s BlacKkKLansman, a Focus Features release.Credit: David Lee / Focus Features

映画情報どっとこむ ralph 1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を鬼才スパイク・リー監督が映画化した本作は第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』の次点となるグランプリを受賞し話題が沸騰。全米では辛口批評サイト「ロッテントマト」で95%フレッシュを獲得し、各メディアが大絶賛!

主演のロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンがその名を知らしめた傑作『マルコムX』で映画出演を果たし、奇しくも同じスパイク・リー監督作品の本作で主演として脚光を浴びる。ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。そして、監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とアカデミー賞最強布陣が製作に名を連ねる。

映画情報どっとこむ ralph これまで、第71回カンヌ国際映画祭の審査員特別グランプリ受賞した他、第22回ハリウッド映画賞のハリウッド・ブレイクアウト・パフォーマンス男優賞(ジョン・デヴィッド・ワシントン)受賞、第28回ゴッサム・インディペンデント映画賞では男優賞(アダム・ドライバー)ノミネート、第34回インディペンデント・スピリット賞では助演男優賞(アダム・ドライバー)ノミネート、第23回サテライト賞映画部門では、作品賞(インディペンデンス)主演男優賞、助演男優賞、監督賞、脚色賞、編集賞、オリジナル作曲賞と7部門にノミネート、さらにAFI(アメリカ映画協会)が選ぶ2018年のベスト映画TOP10に選出されるなどブラック・パワーが賞レースを席巻中!!第76回ゴールデングローブ賞の受賞結果は、現地時間2019年1月6日(日)に発表となります。父デンゼル・ワシントンは1993年に同じスパイク・リー監督作『マルコムX』でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート。2000年に『ザ・ハリケーン』で主演男優賞受賞を果たした経歴を持つ。ジョン・デヴィッド・ワシントンも父の背中を追い、ゴールデングローブ賞最優秀男優賞受賞となるのか!?

スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン
2019年3月、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

物語・・・
1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのかー!?

***********************************

監督・脚本:スパイク・リー
製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか
ユニバーサル映画
配給:パルコ
宣伝:スキップ&NPC
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:BlacKkKlansman/映倫:G指定
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.