「クレイジー・フォー・マウンテン」タグアーカイブ

アルパインクライマー・山岳カメラマン:平出和也『クレイジー・フォー・マウンテン』山の日記念トークショー


映画情報どっとこむ ralph 新宿武蔵野館・シネクイントほか全国にて公開中の世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を追った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』。

8月11日の山の日を記念し、アルパインクライマーで山岳カメラマンの平出和也さん(39歳)迎えてトークイベントが行われました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン』
日付:8月10日
場所:新宿武蔵野館
登壇:平出和也(アルパインクライマー/山岳カメラマン)

映画情報どっとこむ ralph 平出さんに密着した「情熱大陸」(MBS・TBS系)が7月29日に放送され、彼のその果てしない山への挑戦に、視聴者が「ガチですごい!」「衝撃!」などとSNSで発信するなど多くの話題を集めたばかり。

この日も、お客様たちと一緒に本作を観賞された平出さんが、上映後そのまま客席からステージに登場すると歓声が起き、その人気ぶりがうかがえました。

そして、今見た感想を開口一番

平出さん:哲学的な映画で、自分も何故、山に登るのか改めて考えさせられました。

と感想を述べました。

平出さんに関する最新ニュースとして、MCが“登山界のアカデミー賞”とも言われる「ピオレドール賞」を日本人で唯一、しかも2009年に続き二度目の受賞決定が先日発表されたことに触れると、未踏峰・未踏ルートにこだわり、数々の新ルートを制覇し続ける平出さんは

平出さん:この賞は順位を競うようなものではなく、わたしの探求心に対して、よく見つけたね!というような賞なんです!

と、「ピオレドール賞」について説明。今回の受賞は、昨年の夏、15年かけて挑み続けてきたパキスタンのカラコルム山脈「シスパーレ」に4度目の挑戦で見事登頂した功績が称えられて贈られるものであることを明かしました。


映画情報どっとこむ ralph 映画についてのトークでは、本作の撮影監督であるレナン・オズタークと、ミャンマーのカカボラジ山で偶然遭遇したことがあるというエピソードが飛び出し、その際、レナンが撮影に使っていたドローンを3基も墜落させてしまい

平出さん:和也、ドローンもらえないか?と言われたことがあるんですよ!

と平出さん。世界有数の山岳カメラマンであるレナンの意外な部分が垣間見えるエピソード。

また、本作を手掛けたジェニファー・ピードン監督が前作『Sherpa』の撮影監督を探していた際に

平出さん:ジェニファー・ピードン監督にレナンか和也か悩んでいる。と言われていたんです。あの時、僕が選ばれていたらこの映画にも関わっていたかもしれないですね。

と笑顔で語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・山の日記念ということで自身の心の山は何処か聞かれ

平出さん:小さい頃に親に連れて行ってもらった八ヶ岳。木々の匂いを嗅ぐだけで充実した気持ちになる。皆さんも大切な人と登った山や季節を変えて登る山があれば大切にしていただきたいです!

とイベントを締めました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン

は新宿武蔵野館・シネクイント他全国順次公開中です。

公式サイト:
http://crazy4mountain.com



***********************************


製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク
ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館 
協力:The North Face  
配給:アンプラグド 
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ  


三浦雄一郎 x 大場美和 登壇 『クレイジー・フォー・マウンテン』トークショー付き特別試写会


映画情報どっとこむ ralph 世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を迫った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』が7/21(土)より新宿武蔵野館・シネクイントほか全国順次公開。

その公開を記念して・・・・

世界最年長エベレスト登頂記録を持つ冒険家でプロスキーヤーの三浦雄一郎さん(85歳)と世界で活躍するプロクライマーの大場美和さん(20歳)をゲストトークイベント付き特別試写会が行われました!


映画『クレイジー・フォー・マウンテン』イベント試写会
日時:7月10日
場所:神楽座
登壇:三浦雄一郎(プロスキーヤー/冒険家)、大場美和(プロクライマー)

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手で迎えられる中、現在85歳で世界最年長エベレスト登頂記録を持つ三浦さんと美しすぎるプロクライマーとしてテレビやCMを含め、世界で活躍する大場さんが挨拶し、イベントはスタート。

5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を映し出している本作。長年スキーや登山の世界で活躍する三浦さんは、とくに印象に残ったシーンを聞かれ

三浦さん:やっぱりエベレスト!エベレストは歩いて宇宙に近づいている感覚が味わえます。

と自身にとっても特別な場所であることを明かした。

一方、9歳からスポーツクライミングを始め、現在は自然の岩を登っている大場さんは

大場さん:アスリートたちによる命がけでしか得られない体験がスクリーンを通して観客も味わえる贅沢な映画ですね。

と本作を絶賛!!それを受け

三浦さん:小さな画面で観るのはもったいない映画。大きなスクリーンと素晴らしいサウンドを味わうために公開したら真っ先に劇場へ行こうと思いました。

と付け加えた。

映画情報どっとこむ ralph 本作が投げかける「人は何故山に登るのか」という問いについて、

三浦さん:自分に対する好奇心ですね。

大場さん:限界に挑戦することが面白いから。死と隣り合わせなこともあるが嫌ならやらなきゃいい!

と笑顔。

本作を手がけたジェニファー・ピードン監督は登山家であり、山岳ドキュメンタリー監督としてはとてもめずらしい女性監督。

音楽の使い方や映像にも女性ならではの目線が映し出されているのも印象的な作品になっていることに、大場さんもプロクライマーとして

大場さん:実際に登る時は、指の場所が数ミリ違ったり足の向きを間違うだけで登れるところが登れなかったりするんです。

と実は繊細に考えながらクライミングしているそうで

大場さん:気持ちを落ち着けるのに音楽を聴いたりもします。

と話した。
映画情報どっとこむ ralph 本日7月10日は実は“富士山の山開き”。一般の方に向けて

大場さん:自然を絶対に傷つけないで!

三浦さん:想定外のこともあるのが山。ことわざの“年寄り半日仕事”をモットーにしたことでエベレストにも登れた。余裕を持ちゆっくり挑みましょう。

とメッセージ送り、イベントを締めくくりました。


映画『クレイジー・フォー・マウンテン

は7月21日(土)より新宿武蔵野館・シネクイント他全国順次公開です。

公式サイト:
http://crazy4mountain.com



***********************************

製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館 
協力:The North Face
配給:アンプラグド 
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ    
©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd
      


エクストリーム・スポーツに挑む『クレイジー・フォー・マウンテン』本編映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 世界の名峰に挑む登山家・アスリート達に迫った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』が7月21日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開することが決定しました。この度、新たな本編映像が解禁です。

昨年、オーストラリアで興行収入150万ドルを超え、ドキュメンタリー映画としては年間1位の大ヒットを記録!映画サイトRotten tomatoesでは96点と高得点を獲得し、第61回ロンドン・フィルムフェティバルなど世界の映画祭で喝采を浴びた話題作『クレイジー・フォー・マウンテン』がついに日本公開!本作は、5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を壮大なスケールで記録したドキュメンタリーである。

映画情報どっとこむ ralph この度新たに解禁となった映像は、超クレイジーな地上約120メートルの場所で“綱渡り”をする男の姿を捉えている。一瞬、人が空中を歩いているかのように見まがう驚愕の場面だ。この映像が撮影されたのは、アメリカ・ユタ州のキャッスル・バレーという風光明媚な場所。そこにそびえ立つ、高さ120メートルを超える2つの巨岩「キャッスルトンタワー」と「レクトリー」の間、約500メートルをフランス人男性が“綱渡り”で渡り切り、当時、ギネス世界記録を打ち出したときの映像である(2015年11月15日)。

“綱渡り”の正式名称は「スラックライン」と言い、ベルト状のラインの上でバランスを取りながら歩く、れっきとしたスポーツ。一般的には公園などの木や柱を使う低い場所であれば子供でも手軽に楽しめることから、近年ではメディアにも多く取り上げられている今注目のスポーツだ。高層ビル110階の高さで綱渡りをする大道芸人の物語を、ロバート・ゼメキス監督がCGを駆使して描いた映画『ザ・ウォーク』(2016)を見て鳥肌が立った人など、高所恐怖症の人には想像するだけで冷や汗が出る今回の映像。本作にはこういった鳥肌モノの山にまつわるエクストリーム・スポーツが多数登場している。

“山の魅力”に憑りつかれた人が見せる、まさにクレイジーな映像の数々をワクワクしながら楽しんでほしい。

クレイジー・フォー・マウンテン

7月21日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開

公式サイト:
http://crazy4mountain.com

***********************************

製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館
協力:The North Face
配給:アンプラグド
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ

©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra


人はなぜ山に登るのか?ド迫力ドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 昨年、オーストラリアで興行収入150万ドルを超え、ドキュメンタリー映画としては年間1位の大ヒットを記録!

映画サイトRotten tomatoesでは96点と高得点を獲得し、第61回ロンドン・フィルムフェティバルなど世界の映画祭で喝采を浴びた話題作『クレイジー・フォー・マウンテン』がついに日本公開!
Ben Briggs on the first exposed gendarme on the Diables arete

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された予告編は、荘厳なオーケストラの演奏と共に本作のテーマ“人は‟なぜ山に登るのか?”という問いかけから始まる。登場する山々は、エベレスト(ネパール)、モンブラン(フランス)、メルー(北インド)、デナリ(アメリカ)など名峰の数々で、その恐ろしくも美しい姿に息を吞む。また、垂直の岩壁を素手で登ったり、山頂からマウンテンバイクをするアスリートなど驚愕のシーンの連続です!



中でも、ただならぬ緊張感のクライミングシーンに登場するメキシコ・モンテレイ市のエル・センデロ・ルミノソという標高500mの高さの絶壁は圧巻!!!

山の難易度を紹介するMountain projectで最高レベルを誇り、さすがの存在感。その絶壁に命綱無しで挑むのは、フリーソロクライミング界のスーパースター、アレックス・オノルド。

この高さのクライミングに成功したのは彼が世界で初めてだ。足を滑らせたり、バランスを崩す事は「死」を意味するまさに究極のクライミング。こんなド迫力の山々を詰め込んだ本作で“人はなぜ山に登るコのか?”その答えを目の当たりにして欲しい。

映画情報どっとこむ ralph


5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を壮大なスケールで記録したドキュメンタリー。

クレイジー・フォー・マウンテン

7月21日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開

公式サイト:
http://crazy4mountain.com

***********************************

製作・監督:ジェニファー・ピードン 
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館
協力:The North Face
配給:アンプラグド
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ  
©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd


オーストラリア‘17ドキュメンタリー部門NO.1大ヒット『クレイジー・フォー・マウンテン』日本公開!


映画情報どっとこむ ralph オーストラリア‘17ドキュメンタリー部門NO.1大ヒット
世界の名峰に挑む登山家・アスリート達を迫った壮大なドキュメンタリー『クレイジー・フォー・マウンテン』が7/21(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開することが決定。合わせポスタービジュアルも解禁。
本作は、5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を壮大なスケールで記録したドキュメンタリーである。

エベレスト(ネパール)、モンブラン(フランス)、デナリ(アメリカ)、メルー(北インド)など世界屈指の難関峰に挑む登山家達、垂直の岩壁をロープを付けずに登頂する天才クライマーのアレックス・オノルド、グランドキャニオンでマウンテンバイクに乗りながらのスカイダイビング、時速360キロに達するといわれるウィングスーツでの山頂からの滑空やパラグライダーなど、危険すぎるスポーツをこなすアスリート達の勇姿に手汗を握る事間違いなし。



そして!
荘厳なオーケストラ演奏は圧巻。

オーストラリアの名誉勲章「オフィサー」を受賞し、国際的名声をもつ作曲家のリチャード・トネッティが音楽を担当。オーストラリア管弦楽団の奏でるヴィヴァルディやベートーヴェンなどの調べと、息を呑む映像美のコラボレーションが実現!味わったことのない究極の映像体験が、この夏大きな感動を呼ぶ!

クレイジー・フォー・マウンテン

は、7月21日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

公式サイト: http://crazy4mountain.com

***********************************

製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館
協力:The North Face
配給:アンプラグド
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ  
©2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd