「クレイジージャーニー」タグアーカイブ

政治的情勢と麻薬カルテルの密接な関係 『ボーダーライン』のリアリティ 丸山ゴンザレス×ギンティが語った!


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞®3部門ノミネートの傑作サスペンスアクション『ボーダーライン』の続編、『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』の公開を直前に控え一般試写会上映後にトークイベントが行われました。

一般試写会が行われ会場の興奮冷めやらぬ中、メキシコ麻薬カルテルや世界中のスラムなど 独自の視点で取材を続け、TV 番組「クレイジージャーニー」(TBS)に出演し、人気を博すジャーナリスト・丸山ゴンザレスさんと掟破りの映画雑誌「映画秘宝」に欠かせないフリーライターギンティ小林氏が登壇し、メキシコでの現地取材 の実体験を交えながら熱く濃厚なトークが繰り広げられた。


日程:11月7日(水)
会場:神楽座
登壇:丸山ゴンザレス(ジャーナリスト)、ギンティ小林(フリーライター)

映画情報どっとこむ ralph 前作にあたる『ボーダーライン』のキャラクター、設定はそのままに新たな国境麻薬戦争の闇に切り込んだ『ボーダーライ ン:ソルジャーズ・デイ』。
ギンティさん:上映後だからもうネタバレ関係ないですもんね!まさかの予想を裏 切る展開多かったですね。3部作ということでこれは本当に早くその続きが観たいっていう。前作ではミステリアスだったアレハンドロ(デルトロ)のキャラクターにさらに深みがでていてそういうところが好きでしたね。

丸山さん:脚本や映画として見所は沢山ある中で、僕はこの映画に対して"現 実の写し鏡”というコメントをしました。リアリティがありすぎて逆に嘘っぽく思わ れるかもしれないですけど、不法移民が国境を越えようとするシーンの描写な んかは実際にとてもリアルです。カルテルにとって、ビジネスで今儲かるのは麻 薬ではなくて「人」なんだという現状についてもそうです。


劇中で描かれる不法移民問題から話題は、トランプ政権とアメリカ中間選挙、12 月に控える新メキシコ大統領の就任が麻薬カルテルに与える影響へ。

丸山さん:政治的な情勢が変化するタイミングは、カルテルにも大きく影響を与えるんで す。大きく自分たちに便宜を図ってくれるのか。少なくとも取り締まりが強化されるか否かはカルテルにとって重要なことな ので。今、メキシコとアメリカの国境って世界的に注目されているところじゃないですか。今、メキシコシティまで到達した中 米からの移民キャラバンが国境まで達したときに、あの大人数の彼らを受け入れるかどうかはトランプ政権に突き付けら れる大きな課題になると思います。

と語る。 日本とメキシコでは警察の採用方法が違い、訓練を受けたエリート警官がいる一方、地元採用の制服警官になると比較的基準が緩く、特に血縁などの繋がりが強いエリアでは汚職やカルテルとの癒着もそれに伴い増加している印象とのこ と。

丸山さん:映画でも従兄弟に誘われてカルテルの世界に足を踏み入れる少年が登場しますが、実際に中南米のマフィアの人 たちにその道に入ったきっかけを聞くと『従兄弟に誘われて』と、悪いことに誘うのはだいだい従兄弟なんです。そのあたり もリアルですね(笑)。

と分かりやすい解説に会場に笑いが起きる一幕も。

アレハンドロ役のベニチオ・デル・トロに『ボーダーライン』『~ソルジャーズ・デイ』と2作続けて 電話インタビューをしたギンティはその時のエピソードを披露。予告編でも使われている印象的な射撃シーンについて、デルトロ自らのアイデアでずっと温めていた案だったとのこと。


ギンティさん:デルトロ曰く『エレキギターを弾くようなかんじ。近距離の奴を撃つ時に使うんだ』って。iphone で 撮影して監督に見せたそうです。あのシーンでみんなハートを掴まれましたよね!あのストイッ クさと侍感、日本映画と共通するところがあるから聞いてみたら『頭の中では三船敏郎をイメ ージしている』そうです。でも『宮本武蔵』を知らなかったのでにわかファンかも。(笑)

丸山さん:メインのストーリーとサイドストーリー が並行してあって、エンターテイメント的な 要素とドキュメンタリー的な現実にそくした 部分が描かれていると思います。映画としてのエンタメ要素ももちろん もありますが、作り話だと思わずにここに描かれていることは必ずどこかで起きたことかも。そう思ってみてみると恐ろしいと思う反面、また別の 見方もできて面白いと思います。

ギンティさん:この映画でもう少し余韻に浸りたいと思ったら、テイラー・シェ リダン作品以外にもこの作品を撮ったステファノ・ソッリマ監督にも注 目です。イタリアの暗部、政治とマフィアの癒着など実話ベースの犯罪ドラマを得意とする監督です。この監督にもぜひ 注目してもらえればと思います。

それぞれの視点で見所を熱く語り、興奮冷めやらぬ中トークイベントを終えました。

映画情報どっとこむ ralph ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
原題:Sicario: Day of the Soldado

公式サイト:
border-line.jp


物語・・・
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人らがメキシコ経由で不法入国したとにらんだ政府は、国境地帯で密入国ビ ジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れるという任務を、CIA 工作員マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に命じる。それを受けてマットは、カルテル に家族を殺された過去を持つ旧知の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請。麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘 発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なくされた アレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして人質として保護する少女の命の狭間で、過酷なジレンマに直面することになる……。


***********************************

監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)
脚本:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』『ウインド・リバー』)
出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー
2018 年/アメリカ映画/上映時間 122 分
字幕翻訳:松浦美奈/PG12
配給:KADOKAWA 提供:ハピネット、KADOKAWA
公式サイト:border-line.jp
© 2018 SOLDADO MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


丸山ゴンザレス“ヤバすぎる”実態を語った!『カルテル・ランド』初日イベント


映画情報どっとこむ ralph その実情に迫るドキュメンタリー『カルテル・ランド』の公開を記念し、初日5月7日(土)に、初日トークイベントが行われました。

登壇したのは丸山ゴンザレスさん。本編を観てTBSのバラエティ番組「クレイジージャーニー」にて、映画の舞台になったメキシコ・ミチョアカン州に潜入取材を敢行した犯罪ジャーナリスト。

テレビでは話す事の出来なかった決死の取材秘話、さらに今回の取材で明らかになった麻薬カルテル、自警団、政府をめぐる衝撃の真実、まさに<メキシコ麻薬戦争>の今を取材された氏だからこそ語れる、『カルテル・ランド』の続編とも言うべき貴重なトークイベントとなりました。
2016.05.07-丸山ゴンザレス登壇者真②
日時:5月7日(土)
場所:シアター・イメージフォーラム
登壇:丸山ゴンザレス(犯罪ジャーナリスト)

映画情報どっとこむ ralph 丸山さんが登場すると、場内は大きな拍手。

TBSの人気バラエティ番組“クレイジージャーニー”で『カルテル・ランド』の舞台となったメキシコ・ミチョアカン州に取材を敢行した丸山。

MC:『カルテル・ランド』を初めて観た時の印象は

丸山さん:最初は衝撃しかなかった。自分でもずっと、こういう潜入取材がやりたいと思っていた。だから、“やられた!”というのが最初の正直な感想です。

と、犯罪ジャーナリストとして『カルテル・ランド』へ覚えた羨望の気持ちを明かした。そうして『カルテル・ランド』に触発された丸山は、“クレイジージャーニー”にて実際に現地へ取材を実現。『カルテル・ランド』が撮影されてからおよそ2年後のミチョアカン州を訪れています。

丸山さん:政府、軍、麻薬カルテル、自警団、それぞれの“正義”が拮抗し、複雑に絡み合うメキシコの現状を肌で感じました。

とそう。『カルテル・ランド』では、自警団を結成した医師のホセ・マヌエル・ミレレスが、残忍な麻薬カルテル“テンプル騎士団”を追い出し、その後勢力を伸ばした自警団が腐敗し、悪に侵食されていく様が描かれる。

丸山さん:麻薬カルテルが後退したことで、かえって秩序のバランスが崩れた。現地の人は、生活を安定させてくれるなら、それが政府でも、自警団でも、麻薬カルテルでも構わないと思っている。自警団が正義なのかと言うと、決してそうではない。

と言い、さらに、

丸山さん:ミレレスは天性のカリスマがあり、今でも彼を認めている人は多いが、彼が逮捕され、いなくなったことで重石が取れたように自警団が自由に動くようになってしまった。“クレイジージャーニー”で取材を申し込んだところ拒否された(ミチョアカンの都市)アパティンガンの自警団は、麻薬カルテルを討伐する闘いには参加しておらず、いきなり“自称・自警団”として現れ、銃で武装して街をうろつき始めた。ミレレスとは何の関係もない。

と自警団の物騒な実態を明かし、

丸山さん:“自警団”というくくり自体、今は意味を成していない。映画で描かれた自警団は、今は空中分解しています。

2016.05.07-丸山ゴンザレス登壇者真①
映画情報どっとこむ ralph 映画では駆逐されたとされる麻薬カルテルも決して壊滅させられたわけではなく、

丸山さん:秘密結社のように水面下にもぐり、地域に根ざした暮らしをしている。取材中に、(メキシコで民間信仰の対象となっている死の聖母)“サンタ・ムエルテ”の売店を訪れた時、怖い外見の人がいるなと思っていたら、コーディネーターに“あいつ、カルテルのやつだよ”と言われました。こういう風に、カルテルの人間は身を潜めながら、逮捕されずに町中にいるんです。


続いて丸山さんは“クレイジージャーニー”ではオンエアされなかった“ヤバイ裏話”も披露。丸山さんが会ったその三日後に彼は殺され、その時には麻薬カルテル“テンプル騎士団”のメンバーとして報じられたという。

『カルテル・ランド』のマシュー・ハイネマン監督についても、

監督
マシュー・ハイネマン監督
丸山さん:監督は質素な生活を好む人。水を入れた水筒を持ち歩き、チーズを挟んだパンを食べるのが好き。取材で半日とか、長時間待つのにも耐えられる人だった。スペイン語ができないのに地元の農家の人に溶け込んで、今でも遊びにいくらしい。

と、現地の人から聞いた裏話を紹介。

MC:現地のカルテルの人間は『カルテル・ランド』に対して激怒しなかったのか?

丸山さん:コーディネーターから、“あいつらは、映画の文脈がわからないから大丈夫”と告げられた。カルテルのメンバーに実際に聞くと、“観たけどつまらないから15分でやめたよ”“「ブレイキング・バッド」が最高!”“『ボーダーライン』もおもしろい”と言われた。

と述べると、会場は笑いに包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

丸山さん:映画を観たらミレレスを正義と思うかもしれないが、そもそも正義とは何なのか?ということ。“正義”は耳あたりのいい言葉だけど、それぞれの集団にそれぞれの正義がある。“これが正義だ”と掲げられても、それは彼らにとっての正義で、相手にとっての正義ではないかもしれない。

正義とは何か、ということを『カルテル・ランド』を観て考えさせられた。

カルテルランドS1そもそも、広大な国土を持つメキシコでは、自分たちの手の届く範囲がとりあえず平和ならいいと多くの人が考えている。国家や政治について色々と言うこともあるけれど、人々の望みは、日々の生活を穏やかに暮らしたいということ。自分の会社や農園に課せられたみかじめ料が払えない、といった問題から自警団は結成される。

直接自分のところまでダメージが来たときに、人は立ち上がる。この映画が示したのは、国としてのシステムが機能しないとこういうことが起こるよ、ということ。これは決してメキシコだけの話ではない。日本人としても遠い話ではないんじゃないか

と客席に呼びかけ、トークを締めくくりました。

映画情報どっとこむ ralph 「過去10年で10万人以上もの死者を出した麻薬戦争」という衝撃的な事実を伝えるナレーションと共に、墓地で泣き叫ぶ人々の姿が映され、麻薬カルテルの残忍さ、被害の深刻さを伝えます。

カルテルランド_ポスターその後、聴診器をさげた男性が登場。優しそうなお医者さん・・・と思いきや、男は銃を構え、「家族は自分で守るしかない」と宣言します。

どう見ても普通の医者ではない・・・彼は、この過酷な現状を変えるべく自ら武器を手に自警団を設立したホセ・ミレレス。麻薬カルテルに立ち向かうべく立ち上がったのは一人の町医者だったのです。

「武器を持て 戦おう!」と市民を鼓舞するミレレスや、信頼できない政府への怒りを爆発させ、軍を街から追い出す大勢の市民の姿からは、自警団が勢いを増していくさまが伺えます。さらに、ミレレスたちの活動を見て「米国側は俺たちが守ろう」と意を決する、米国の自警団も登場。

しかし、何かがおかしい。「目には目を、歯には歯を」というミレレスの自警団員の言葉の通り、彼らの身を守るための“正義”は徐々に暴走を・・・。




『カルテル・ランド』
原題:CARTEL LAND

シアター・イメージフォーラム他公開中!
最前線を目の当たりにせよ!!

***********************************

監督・撮影:マシュー・ハイネマン
製作総指揮:キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』)
2015/メキシコ・アメリカ/100分
配給:トランスフォーマー  
© 2015 A&E Television Networks, LLC