「クリス・ヘムズワース」タグアーカイブ

祝!還暦。エマ・トンプソン60歳に! SFエンタでも品格出ちゃう!『メン・イン・ブラック:インターナショナル』


映画情報どっとこむ ralph スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め1997年から2012年までウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのタッグで3作品が製作・公開され、いずれも興行収入30億を超える超大ヒットを記録。人気SFアクションシリーズ待望の最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、6月14日(金)に日米同時公開となります。

『ハワーズ・エンド』でアカデミー主演女優賞を、『いつか晴れた日に』ではアカデミー脚色賞を受賞している、イギリスを代表する女優で脚本家でもあるエマ・トンプソン。

2度のアカデミー賞に輝きながらも、多数のエンタテインメント作品にも出演し続けている。2018年には男性のナイトにあたるデイムの称号を与えられた。

そんな彼女が4月15日、60歳の誕生日を迎えました。

ブラック・スーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為を行わないように監視・取り締まりを任務とする最高機密機関「メン・イン・ブラック」(MIB)。
クリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンが新しいチームを組む本作。その中で『メン・イン・ブラック3』に続き再登場となるエージェントOをエマ・トンプソンは演じている。

MIBニューヨーク本部を率いるOは、組織内に不審な動きを感じ、「ロンドンで問題発生よ」とイギリスへ新人エージェントM(テッサ・トンプソン)を送り込む。

映画情報どっとこむ ralph 新しいMIBシリーズへの橋渡しとなる重要な役を演じるエマ。
60歳になってもその輝きは衰えず、美しい銀髪のショートカットで存在感を見せている。物語がどういう展開を見せるのか期待の幕開けだ。

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』
原題:MEN IN BLACK INTERNATIONAL

は6月14日(金)日米同時公開となる。

公式サイト:
http://MenInBlack.jp

公式Twitter:
@MenInBlackJP

ハッシュタグ:
#MIB #メンインブラック



***********************************

全米公開:2019年6月14日
監督:F・ゲイリー・グレイ(『ワイルド・スピード ICE BREAK』)


購入すれば君もエージェント!?ニューラライザー型タッチペン付ムビチケ『メン・イン・ブラック』最新作


映画情報どっとこむ ralph ブラック・スーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為を行わないように監視・取り締まりを任務とする最高機密機関「メン・イン・ブラック」(MIB)。

人気SFアクションシリーズ待望の最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、6月14日(金)に日米同時公開となります!

この度本作のムビチケカードが4月12日(金)より発売開始!

購入者だけがゲットできる豪華特典として、MIBエージェントの必須ガジェットであるニューラライザー型のタッチペンが付くこととなりました!!(先着数量限定)
シリーズ待望の最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』の公開にあたり、4月12日(金)からは本作のムビチケカード発売が開始!購入者だけがゲットできる豪華特典として、MIBエージェントがエイリアンを目撃した一般人の記憶消去に用いる、シリーズお馴染みのガジェット“ニューラライザー”型のタッチペンが付いてくることに!
いち早く購入し、MIBエージェントとして劇場公開に備えよう!

ただし、記憶が失われるとまずいので?光らないタイプだそうです(笑)

映画情報どっとこむ ralph 前売り券 概要
発売日=4月12日(金)
券種=ムビチケカード:一般1,400円(税込) 
特典=ニューラライザータッチペン

※取り扱い劇場は公式サイトをご確認ください

公式サイト:
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=mibinternational

※数量限定 ※一部劇場を除く 
※写真はイメージです
※本特典は光りません

映画情報どっとこむ ralph メン・イン・ブラック:インターナショナル
原題:MEN IN BLACK INTERNATIONAL



本作でチームを組むのは『マイティ・ソー』のソー役で人気をはくしたエージェントH役のクリス・ヘムズワースと、新人エージェントMのテッサ・トンプソン。
『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)の二人の再共演が話題となっている!
また、MIBのロンドンオフィスのエージェント役であり、ポスタービジュアルではエージェントHとMの後ろで腕を組み貫禄たっぷりの立ち姿を見せている『96時間』シリーズのリーアム・ニーソンや、『日の名残り』(1993)、『いつか晴れた日に』(1995)などで高い評価を受けたエマ・トンプソンが『メン・イン・ブラック3』に続いてエージェントOを演じる。
そのほか、『M:I』シリーズの女性スパイ役で見事なアクションを披露した美人女優レベッカ・ファーガソンも驚きの役で登場。 
監督を務めるのは『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017) のF・ゲイリー・グレイ。
脚本は『アイアンマン』(2008)や『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)のマット・ホロウェイ&アート・マーカムが共同執筆。

全米公開:2019年6月14日
公式サイト:http://MenInBlack.jp
公式Twitter:https://twitter.com/MenInBlackJP
ハッシュタグ
#MIB
#メンインブラック

***********************************


監督:F・ゲイリー・グレイ(『ワイルド・スピード ICE BREAK』)
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


メン・イン・ブラック 最新作は地球上に暮らすエイリアンが増殖!なんでもアリで、地球を守れ!


映画情報どっとこむ ralph 地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする黒いサングラスと黒いスーツがトレードマークの秘密組織MIBエージェントの活躍を描いた大人気シリーズ「メン・イン・ブラック」。あのスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め1997年から2012年までウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのタッグで 3作品が制作・公開されいずれも30億を超える超大ヒットを記録。

その人気SFアクションシリーズの待望の最新作が2019年<夏>日本公開決定!!


「地球の守り方―規格外」

<多種多様>なNEWキャラクター!
地球上に暮らすエイリアンが増殖し 種類も多いから取り締まるエージェントは ますます過酷なミッションが課せられる!しかも今回は MIBにスパイが潜入?の危機も!!

<進化拡大> すべてが規格外! 
舞台はNYから世界各地へ広がり、地球規模で任務が展開!ロンドンをはじめ各地のMIB支部に隠された通信機器や車、バイク、武器もすべてがパワーアップ!あのスペースガンやニューラライザーもビッグになって、新機能も搭載!車だって空を飛ぶ?!
 
<男女のチーム>は性格大違い!
優等生で真面目タイプの新人女子エージェントMと、敏腕イケメンだけど どう見てもちゃらんぽらんな先輩男子エージェントHがチームを組み なんでもアリで 地球を守る!無事にミッションクリアできるのか?
 


映画情報どっとこむ ralph 本作でチームを組むのは『マイティ・ソー』のソー役で人気をはくした エージェントH役のクリス・ヘムズワースと、新人エージェントMのテッサ・トンプソン。『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)の二人の再共演が話題となっている!また、MIBのロンドンオフィスのエージェント役で『96時間』シリーズのリーアム・ニーソンや、『日の名残り』(1993)、『いつか晴れた日に』(1995)などで高い評価を受けたエマ・トンプソンが『メン・イン・ブラック3』に続いてエージェントOを演じる。そのほか、「M:I」シリーズの女性スパイ役で見事なアクションを披露した美人女優レベッカ・ファーガソンも驚きの役で登場。
 
監督を務めるのは『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017) のF・ゲイリー・グレイ。脚本は『アイアンマン』(2008)や『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)のマット・ホロウェイ&アート・マーカムが共同執筆。


メン・イン・ブラック:インターナショナル』 
原題:Men in Black International

2019年 夏 全国ロードショー!

公式TwitterURL:
@MenInBlackJP
ハッシュタグ:#メンインブラック #MIB
公式サイトURL:
http://MenInBlack.jp

***********************************

キャスト:
クリス・ヘムズワース,テッサ・トンプソン,リーアム・ニーソン,エマ・トンプソン,レベッカ・ファーガソン,F・ゲイリー・グレイ

監督:F・ゲイリー・グレイ
脚本:マット・ホロウェイ&アート・マーカム

全米公開:2019年6月14日
監督:F・ゲイリー・グレイ(『ワイルド・スピード ICE BREAK』)


9.11直後の最初の戦い『ホース・ソルジャー』クリス・へムズワースの馬術アクションシーン解禁!


映画情報どっとこむ ralph 全世界を震撼させたアメリカ同時多発テロから17年、最高機密として封印されてきた〈9.11直後の最初の戦い〉の全貌を映画化した、ギャガ配給作品『ホース・ソルジャー』が5月4日(金・祝)全国公開いたします。

この度、クリス・へムズワースの馬術アクションシーンを収めた本編映像が解禁となりました!


今回、解禁される映像は、戦車やミサイルなど最新の武器を持つタリバンの攻撃の中、巧みに馬を操り、ライフルを片手に、敵陣に攻め込むクリス・へムズワースの緊張感に満ちた姿が映し出されている。

多数のミサイルが撃ち込まれる中、冷静に敵陣ミサイルの装填状況を仲間に伝えようとした瞬間、爆発に巻き込まれ馬から投げ出されるクリス・へムズワース。激しい戦闘の中、微動だにしないクリス・へムズワースの運命はいかに!?

本作のため、軍事演習同様、馬術も猛練習を重ねたというクリス・へムズワース。

クリスさん:保険の問題があって、乗馬にもスピード制限があったりしたんだよ。でも戦いのシーンで、それだとゆっくりすぎて、『これじゃ全然クールじゃないよ』と言って、やりたいようにやったことがあった。おかげで怒られたけどね(笑)。

馬術アクションでの驚きの裏話を振り返った。
映画情報どっとこむ ralph 自ら危険な撮影に身を投じるクリス・ヘムズワースの新たな魅力が垣間見ることのできる『ホース・ソルジャー』は5月4日(金・祝)公開!

公式サイト:
gaga.ne.jp/horsesoldiers

2001年9月11日のその翌日、ミッチ・ネルソン大尉は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。

わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元勢力を率いるドスタム将軍と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧するのだ。
だが、現地に着いた彼らに、次々と予期せぬ危機が襲いかかる。

敵の数はまさかの5万人、さらに、将軍から険しい山岳地帯で勝利を収めるための最大の武器は、ほとんどの隊員が1度も乗ったことのない“馬”だと言い渡される。

***********************************

製作:ジェリー・ブラッカイマー他、
監督:ニコライ・フルシー、
脚本:テッド・タリー、ピーター・クレイグ
原作:ダグ・スタントン「ホース・ソルジャー」
(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
出演:クリス・ヘムズワース、マイケル・シャノン、
マイケル・ペーニャ、トレバンテ・ローズ
原題:12 Strong/2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/
5.1chデジタル/130分/字幕翻訳:風間綾平
提供:ギャガ、ポニーキャニオン
配給:ギャガ
© 2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
    


報道写真家が監督した実話『ホース・ソルジャー』本予告映像が解禁!


映画情報どっとこむ ralph ハリウッド随一のヒットメーカーであるジェリー・ブラッカイマーが、デンマークのCM界の鬼才でコソボ紛争を追った報道写真家でもあるニコライ・フルシーを監督に抜擢し製作。

本作は9.11直後の最初の反撃であり、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願した12人のアメリカ陸軍特殊部隊員(グリーンベレー)の勇姿を描く衝撃の実話『ホース・ソルジャー』が5月4日(金・祝)全国公開となります。


その本予告映像が解禁となりました。

映画情報どっとこむ ralph 彼らのミッションは、反タリバンの地元勢力と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧すること。最新兵器を擁する敵勢5万人に対し、ミッション遂行に与えられた期間は僅か3週間。さらに戦地は険しい山岳地帯の為、彼らは“馬”を使い移動し、馬に乗って戦う必要に迫られる。

本予告映像では最新鋭の兵器を駆使するタリバン相手に、前世紀の遺物のはずの“騎馬隊”で反撃するネルソン大尉(クリス・へムズワーズ)をはじめとする
12人のアメリカ陸軍特殊部隊員(グリーンベレー)の勇姿が。テロに散った何の罪もない人たちとその遺族、そして愛する人たちの未来のために、壮絶な戦いに挑む彼らの鬼気迫る表情、そして壮絶なミッションの末、待ち受ける彼らの結末が気になる内容となっている。


この驚くべき実話は、作家ダグ・スタントンが2009年に出版した「ホース・ソルジャー」によって初めて世に知られた。
出版前に読んで既に映画化を決めていたプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーは、「陸軍特殊部隊の任務は機密で、貴重な映画になると思った。この〝12人の勇者〟が危険も苦労も厭わずに自らの任務を全うしたことを、決して忘れてはならない。」と語る。

フルシー監督も「この12人の勇敢なアメリカ人兵士の物語が、観客一人一人の心に何かを訴えることを願っている。兵士たちは地球の裏側に飛び、全く違う文化的背景を持つ人々と力を合わせ、得体の知れない敵と戦った。何が起こるか全く予測もつかない中、国を守るために彼らは家族を残し、自ら進んで戦地へ赴いた。彼らこそ真のヒーローであり、彼らの物語こそ語られるべきなのだ。」と作品の意義について熱く語るなど制作スタッフ達からも“熱”を感じる作品となっている。

映画情報どっとこむ ralph <STORY>
2001年9月11日のその翌日、ミッチ・ネルソン大尉は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元勢力を率いるドスタム将軍と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧するのだ。だが、現地に着いた彼らに、次々と予期せぬ危機が襲いかかる。敵の数はまさかの5万人、さらに、将軍から険しい山岳地帯で勝利を収めるための最大の武器は、ほとんどの隊員が
1度も乗ったことのない“馬”だと言い渡される。
***********************************

製作:ジェリー・ブラッカイマー他、
監督:ニコライ・フルシー、
脚本:テッド・タリー、ピーター・クレイグ
原作:ダグ・スタントン「ホース・ソルジャー」
(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
出演:クリス・ヘムズワース、マイケル・シャノン、マイケル・ペーニャ、トレバンテ・ローズ
原題:12 Strong/2018年/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/130分/字幕翻訳:風間綾平
提供:ギャガ、ポニーキャニオン 
配給:ギャガ 
© 2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.