「クリス・プラット」タグアーカイブ

謎の少女が「創ったのよ」何を?な『ジュラシック・ワールド/炎の王国』新予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)に日本上陸します!
前作に引き続き、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴヤ賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが抜擢され、前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグが、作品を更に<進化>させています。

この度、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新予告が到着!

眠りにつく少女に迫る恐ろしい恐竜、目の前に突如現れた恐竜に恐怖を隠しきれずおののく人間たち、謎の少女が「創ったのよ」と語る新たな恐竜の存在、主人公のために戦うヴェロキラプトルのブルーの姿…。新情報を明かしながらその謎をさらに深めている本映像は、見ているだけで息を潜めてしまうようなスリリングなシーンの連続!!『ジュラシック』シリーズ史上最多の恐竜が暴れまわる、スケール感溢れる大迫力の映像にご注目です!

前作以上に凶暴な、そして縦横無尽に暴れまわる恐竜たちが人間たちに襲い掛かる!!

映画情報どっとこむ ralph 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』:最新予告ご注目ポイント



①あの島は、“過去の遺物“!?

恐竜を見捨てる者と命を懸けて救う者…彼らの選択とは!?
前作の事件がきっかけで崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島に迫る、火山噴火の脅威。
ジュラシック・ワールドを「過去の遺物だ」と言い放つ謎の男に対して、自らが育てたヴェロキラプトルのブルーや他の恐竜たちを島から救い出し、治療を施し助けようとするオーウェン(クリス・プラット)。恐竜を見捨てる者と、命をかけて救い出そうとする者。本作ではこれまでのシリーズの中で初めて、人間のためではなく恐竜のための選択を迫られる。火山の炎で朽ち果ててゆく恐竜たちの王国、そして恐竜たちの未来は果たして・・・!?


②恐竜たちの未来の鍵を握る!?<謎の少女>に要注目!

映像の冒頭に登場する、迫り来る凶暴な恐竜の影に怯える謎の少女。恐竜を救い出そうとするオーウェンらと行動を共にするこの少女は、恐竜絶滅の危機の裏で起きている不穏な動きの秘密を知っている様子…!?物語の鍵を握る!?謎の少女の存在に要注目!


③新たな恐竜が創られた…!?前作をしのぐ新種恐竜の誕生か?

大勢の聴衆を前に、「未来をお見せしよう」と笑みを浮かべながら語る男の言葉と共に映し出される恐竜の影…。そして謎の少女が語る「(未来を)創ったのよ」という言葉…。男の後ろのモニターには「INDORAPTOR」という文字が映し出されている。前作ではインドミナス・レックスという恐ろしい新種恐竜が生み出されたが、果たして…!?


④ヴェロキラプトルのブルーが主人公を守るため立ち向かう!

前作で世界中から「萌えキャラ恐竜」として大人気を博した、主人公オーウェンの“相棒”であるヴェロキラプトルのブルー。映像には、謎の恐竜に襲われるオーウェンを守るために戦うブルーの姿が!今回もオーウェンとブルーの絆に間違いなく萌えるはず!!


⑤恐竜たちの王国が滅び、恐竜絶滅!?

迫りくる火山の大噴火!シリーズ最多の恐竜たちの運命は?巨大火山の大噴火というかつてない絶望的な危機に瀕している恐竜たち。このまま恐竜は絶滅の運命を辿ってしまうのか…?自然に抗い、時に人類の脅威となって暴れまわる未曾有の数の恐竜たちの運命は?シリーズ史上最多の恐竜、そして最大級のスケールで描く、アクション/スリル/サスペンス要素満載の2018年最高のエンタテインメント映像は必見!!

映画情報どっとこむ ralph
ジュラシック・ワールド/炎の王国

公式サイト

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph “恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ。

その『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)に日本上陸を果たします!


前作に引き続き、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!
監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴヤ賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが抜擢され、前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグが、作品を更に<進化>させています。

映画情報どっとこむ ralph 特別映像を解禁!


『ジュラシック』シリーズのメインテーマと共に「初めて恐竜を見た時の事を覚えてる?」というメッセージが映し出され、シリーズファンに問いかけるように始まる本映像には、予告編映像ではご覧頂けなかった未公開映像がたっぷりと収められています!

空想の中の”恐竜”と育ってきた子供たちの夢を実現させ、世界中に興奮と感動を与えてきた本シリーズですが、クリスが「物語は次章にうつる」と語るように、スリル、ストーリー、恐竜、全てにおいて、これまでの『ジュラシック』シリーズをはるかに超越した<究極の進化を遂げたジュラシック体験>が描かれる最新作。

前作で崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆がとらえられ、危機的状況にある恐竜たち。

噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すか。

本作ではこれまでのシリーズの中で初めて、人間のためではなく恐竜のための選択を迫られる事になります。


バヨナ監督は自身が手掛けるこの最新作について

バヨナ監督:観客には登場人物たちに共感し、同じように経験を感じてもらいたい!

とコメント。

ブライス:彼は人を驚かせる天才よ!

と監督の手腕に太鼓判を押しており、過去の物語で数々の名シーンを残してきた恐竜との対峙がどのように描かれるのか、期待が高まります!そしてジェフ・ゴールドブラム演じるシリーズの人気キャラクター・マルコム博士がファン待望のカムバック!さらにジャスティス・スミス、ダニエラ・ピネダ、ジェームズ・クロムウェルらが演じる新キャラクターや、謎に包まれた少女の姿も映像で確認することができ、彼らがどう物語に関わってくるのか、すでに世界各国で話題沸騰中です。

映画情報どっとこむ ralph シリーズ最多の恐竜が登場する本作では、最新技術のアニマトロニクスで恐竜たちに命を吹き込んでおり、メイキング映像には、まるで本当に息をしているかのような恐竜の姿に驚きを隠し切れないキャストの姿も!


ジュラシック・ワールド/炎の王国

公式サイト:
http://www.jurassicworld.jp/

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公開初日決定!!映像到着


映画情報どっとこむ ralph “恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ。

『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM』(原題)が邦題『ジュラシック・ワールド/炎の王国』として
2018年7月13日(金)に日本公開する事が決定!

第一弾予告映像&主演クリス・プラットからの日本独占メッセージ映像が解禁になりました!

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。

迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。

そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意、島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開けます!
映画情報どっとこむ ralph 前作に引き続き主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴア賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが抜擢され、前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグが作品を更に<進化>させています。


解禁映像では、ファンから絶大な人気を誇る、ジェフ・ゴールドブラム演じるあの伝説のキャラクター“マルコム博士”が遂にカムバック!どのような重要な役割を担うのか、今から要注目!

そして前作でオーウェンと心を通わせる恐竜として登場し、世界中から「萌えキャラ恐竜」として大人気を博したヴェロキラプトルの“ブルー”や、シリーズの絶対王者であるT-REXをはじめ、本作に登場する恐竜たちはなんとシリーズ至上最多の数となり、前作には登場しなかった恐竜たちも多数登場するなど見どころ満載です。


さらにプラットから日本のファンに向けてのメッセージ映像も到着しており、前作を支えてくれたファンへ感謝の言葉を贈ると共に、最新作への自信をのぞかせています。


映画情報どっとこむ ralph ジュラシック・ワールド/炎の王国
http://www.jurassicworld.jp/

12月12日(火)AM9:00よりムビチケオンライン券が発売スタート!先着2500個限定で「シリーズ25周年記念特製ピンバッジ」が特典として付いてきます。特典はなくなり次第終了となりますので、お買い求めはお早めに!!
※詳しくはこちら
(発売開始時間にページアップ予定)さらに、2018年3月には特製オリジナル恐竜フィギュア付きムビチケカード(一般・小人)の発売も予定しております。

***********************************

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ 
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ  
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム

© Universal Pictures


近未来世界の宇宙航海 『パッセンジャー』BD&DVDリリース決定!


映画情報どっとこむ ralph
In the Infirmary, Jim (CHRIS PRATT) and Aurora (JENNIFER LAWRENCE) realize they have limited options in Columbia Pictures’ PASSENGERS.
ジェニファー・ローレンス&クリス・プラット、超豪華キャストの競演! 『ハンガー・ゲーム』シリーズが世界中で大ヒットを記録、『世界にひとつのプレイブ ック』でアカデミー賞®主演女優賞を受賞し、今ハリウッドで最もホットな若手実力派オスカー女優ジェニファー・ローレンス。

そして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシ ー』『ジュラシック・ワールド』などの超大作、さらに豪華キャストによるアクション映 画『マグニフィセント・セブン』への出演でも話題を呼んでいる“ワイルド系男子”の クリス・プラット。この今旬なキャスト豪華すぎる2枚看板が織りなす圧倒的演技 によって、いまだかつてないSFドラマが誕生!
★美しい映像と圧倒的な視覚効果で描かれる、近未来世界の 宇宙航海。第89回アカデミー賞®美術賞ノミネート! 最新のVFXをふんだんに用いつつ、一方よりリアルな演技を引き出すため実 際にセットを組んでの撮影も効果的にミックスした映像表現で、作品の舞台とな った宇宙とそこでの生活を緻密かつ壮大に描き出す。さらに、『インセプション』で アカデミー賞®候補となったスタッフにより、かつてないデザインの宇宙船や各種ガ ジェットが誕生。誰も見たことのない近未来世界の宇宙航海を、圧倒的な説得 力で表現する。

★90年も早く目覚めてしまった、地球では出会うはずもなかった2人。絶望的状況で下した決断とは・・・ 「ある理由」により、予定より 90 年も早く目覚めてしまった 2 人。これは“悲劇”なのか、“運命”なのか。それとも人間であるがゆえ の“必然”なのか――宇宙的スケールで描かれた繊細かつ濃密なドラマ。人類の未来も背負った大きな運命のうねりの中で、最後 の希望を見出そうとするふたりのスリリングで感動的なドラマからけっして目を離すことができない!
★監督はアカデミー賞®監督賞候補となったモルテン・ティルドゥム 宇宙船という閉ざされた空間の中で恋に落ちる男女の複雑な心の動きを見事に演出してみせるのが、『イミテーション・ゲーム/エ ニグマと天才数学者の秘密』でアカデミー賞®監督賞候補となった注目の監督、モルテン・ティルドゥム。CGだけに頼らず、あえて巨 大な豪華宇宙船を作り上げ、その中で主演2人に演技をさせることでリアルな映像世界を構築した。

映画情報どっとこむ ralph パッセンジャー

公式ホームページ:
passenger

物語・・・
20XX年、新たなる居住地を目指し、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が 地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠装置で眠る乗客の中でなぜ か2人の男女だけが90年も早く目覚めてしまう。 地球では出会うはずもなかった、エンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ (ジェニファー・ローレンス)はまるで孤島のような宇宙船の中で激しい恋に落ちる。

***********************************

キャスト
オーロラ・レーン:ジェニファー・ローレンス/水樹 奈々
ジム・プレストン:クリス・プラット/小松 史法
アーサー:マイケル・シーン/村治 学
ガス・マンキューゾ:ローレンス・フィッシュバーン/玄田 哲章
ノリス船長点:アンディ・ガルシア

スタッフ
監督:モルテン・ティルドゥム
脚本・製作総指揮:ジョン・スペイツ
製作総指揮:デヴィッド・ハウスホルター
製作総指揮:リンウッド・スピンクス
撮影:ロドリゴ・プリエト
音楽:トーマス・ニューマン
プロダクションデザイン:ガイ・ヘンドリックス・ディアス
日本語吹替版テーマソング:JUJU『Because of You』 ※セル版にのみ収録

© 2016 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation, Village Roadshow Films Global Inc. and Wanda Culture Holding Co. Limited. All Rights Reserved
      


4分で予習『マグニフィセント・セブン』特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 世界の名だたる巨匠が師と仰ぐ黒澤明監督の1954年の代表作『七人の侍』。

その舞台を西部開拓時代に移してハリウッドリメイクされた、1960年の名作『荒野の七人』。これら最高峰の名作の魂を受け継いだのが、アクション超大作『マグニフィセント・セブン』。

昨年のトロント映画祭オープニング作品、ヴェネツィア映画祭クロージング作品としてすでに高い評価を受け、昨年9月の全米公開では初登場No.1の大ヒットを記録した本作が、いよいよ1月27日(金)に全国公開されます。

このたび、映画『マグニフィセント・セブン』の魅力を4分に収めた特別映像が到着しました!



映画情報どっとこむ ralph 貴重な本編映像&メイキングシーンを収めた映像に合わせて、“最強の7人組”を演じる超豪華なキャストとアントワーン・フークア監督が、それぞれのキャラクターから撮影現場の舞台裏まで語り尽くします!

解禁された映像では、悪に立ち向かうために雇われた個性豊かな7人組それぞれのキャラクターを、主演のデンゼル・ワシントンをはじめ、クリス・プラットやイーサン・ホーク、イ・ビョンホンといった超豪華キャストとアントワーン・フークア監督が、本編映像に合わせて紹介する。


映像中盤では、「やあ、みんな。俺はデンゼル・ワシントンだ!」とカメラの前で冗談を言うクリス・プラットの姿が。摂氏148℃という過酷な条件の中、全てが本物で造られた巨大セットでの撮影風景に合わせて、撮影時の様子を振り返る。
「冗談を言い合ったり、武器を回したり楽しかった」と語るのは、主演のデンゼル・ワシントン。クリス・プラットも「皆でガキみたいに大はしゃぎしてたよ」と笑顔を見せる。ヴィンセント・ドノフリオも、「顔をあわせる度に『楽しいな!』といつも言い合っていた」と答え、撮影の合間も7人のチームワークは抜群だった事が伺える。


さらに、各キャストが本作の魅力を語り、可能な限りVFXを避け、実際にスタントを演じた本作のアクションに「見ていて本当に爽快だ!」とクリス・プラットも大興奮!本作最大の見どころでもある、それぞれの個性を武器に戦う濃密なアクションシーンの数々は、一流のキャストとスタッフが、互いに認め合いながら本気で挑んだ、まさに“マグニフィセント”な撮影現場だからこそ生まれたのである。

映画公開前に『マグニフィセント・セブン』を4分で予習できる、スペシャルな映像をどうぞ!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
アントン・フークア監督が古典映画のストーリーを、現代の視点をもって描いた『マグニフィセント・セブン』。バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)の支配下で、ローズ・クリークの町の人々は絶望的な日々を送っていたが、エマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)を中心としたギャンブラー ジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、ガンの達人など7人のアウトローを雇った。町を守るために立ち上がった彼らは、いつしか自分たちの目的が金だけではなくなっていることに気付く。

公式サイト:
Magnificent7.jp

***********************************

旧作もチェック!
キャスト:デンゼル・ワシントン(『トレーニング デイ』『イコライザー』)、クリス・プラット(『ジュラシック・ワールド』)、イーサン・ホーク(『6才のボクが、大人になるまで。』)、イ・ビョンホン(ターミネーター:新起動/ジェニシス))、ヴィンセント・ドノフリオ(『ジュラシック・ワールド』)

監督:アントワーン・フークア   
全米公開:9月23日