「クリストフ・ヴァルツ」タグアーカイブ

「怖い絵」展仕掛人 中野京子から『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』へコメント!


映画情報どっとこむ ralph 絵画ファンとミステリーファンを熱狂させた世界的ベストセラー本を英国が誇る最高のスタッフ・キャストで映像化、『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』が10月6日(土)より公開となります。

本作は、「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい」という原作者の思いから生まれたベストセラー小説を『ブーリン家の姉妹』のチャドウィック監督と『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞®を受賞したトム・ストッパードの脚本により映画化。ソフィアを演じたアリシア・ヴィキャンデルは「真珠の耳飾りの少女」をオマージュした衣装や、フェルメール・ブルーのドレスをまとい、清楚だが身の内に熱い想いを秘めた女性を体現しています。

若く美しい画家のヤンには、『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーン。そのほか夫のコルネリス役にクリストフ・ヴァルツ、チューリップを栽培する修道院の院長役にはジュディ・デンチなどのオスカー俳優たちが名優の称号にふさわしい演技で観る者を物語へと引き込みます。

映画情報どっとこむ ralph また、今回新たに5点のスチール写真が到着。アリシア・ヴィキャンデル演じるソフィアとデイン・デハーン演じる画家・ヤンの2ショットの他、ソフィアの夫役のクリストフ・ヴァルツ、ソフィアの人生を見守ると共にチューリップ取引の鍵を握る重要な人物である修道院長役のジュディ・デンチなどの豪華俳優たちが、観る者を物語の世界へと引き込みます。

絵画を彷彿とさせるような写真にも注目です。


映画情報どっとこむ ralph 大反響を呼んだ「怖い絵」展の仕掛人 中野京子さんからの鑑賞後コメントです。

「階級、貧富の別なく、誰もがチューリップに人生を賭けた―名画を生んだ時代の、ドラマティックな光と影」
フェルメールは今でこそ人気画家ですが、生前はデルフトという町とその近辺で知られていただけでした。
作品数は極端に少なく、自画像もなく、死後は完全に忘れられました。再発見されたのは2世紀も経ってからです。
今なお謎めいた画家のままで作品を通してしか彼に触れることはできません。
この映画のカメラはフェルメール世界へのオマージュに満ちています。窓辺で手紙を読む女性、鮮やかなブルーのドレス、女主人と女中の密やかな共犯関係、扉から覗き見するようなアングル、薄暗い室内に差し込む弱い光。
どれもとても美しく聖性に満ち、外部の「チューリップ・フィーバー」との対比が鮮烈で、見どころですね。
―中野京子(作家・西洋文化史家)

映画情報どっとこむ ralph チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

10月6日(土)より新宿バルト9他全国公開

舞台は、スペインから独立し「黄金時代」と呼ばれた17世紀オランダ。人々は、投資や収集に熱をあげており、なかでも“絵画”と“チューリップ”が2大ブームだったという。希少な品種の球根1個が邸宅1軒分に相当し、世界最古の経済バブルとして知られる「チューリップ・バブル」がピークを迎えていた。
 親子のように年の離れた、裕福なコルネリスと結婚したソフィア。二人の間に燃えるような愛はなかったが、孤児となり修道院で育った彼女にとって、それは初めて味わう豊かで安定した暮らしだった。夫は優しく特に不満もなかったが、彼が切望する跡継ぎができないことが、唯一の悩みだった。そんななか、夫が夫婦の肖像画を、無名の画家のヤンに依頼する。キャンバス越しに見つめ合うヤンとソフィアが、恋におちるのに時間はかからなかった。若く情熱的な画家と、許されない愛を貫きたいと願ったソフィアは、ある計画を思いつく。しかし、ヤンが二人の未来のために、希少なチューリップの球根に全財産を投資したことから、思わぬ運命が立ちはだかる──。

***********************************


出演:アリシア・ヴィキャンデル デイン・デハーン ジュディ・デンチ クリストフ・ヴァルツ マシュー・モリソン ジャック・オコンネル カーラ・デルヴィーニュ ザック・ガリフィナーキス

監督:ジャスティン・チャドウィック「ブーリン家の姉妹」
原作:デボラ・モガー 「マリーゴールドホテルで会いましょう」「プライドと偏見」
脚本:デボラ・モガー、トム・ストッパード「恋に落ちたシェイクスピア」
製作:アリソン・オーウェン「エリザベス」
提供:ファントム・フィルム、ハピネット
配給:ファントム・フィルム (2017年/アメリカ、イギリス/105min/5.1ch/スコープサイズ)
© 2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


球根1つの値段が家一軒分。『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』公開日&ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 『Tulip Fever』(原題)が『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』の邦題で、10月6日(土)より新宿バルト9ほか全国公開することが決定しました。

本作は、「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい」という原作者の思いから生まれたベストセラー小説を、『ブーリン家の姉妹』のチャドウィック監督と『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞®を受賞したトム・ストッパードの脚本により映画化。

フェルメール絵画の世界から生まれた、愛の物語。

映画情報どっとこむ ralph 球根1つの値段が邸宅1軒分の価値― 世界最古のバブル“チューリップバブル“

愛を貫くため、画家はその才能と引き換えにすべてを花に賭けるー

舞台は、スペインから独立し「黄金時代」と呼ばれた17世紀オランダ。人々は、投資や収集に熱をあげており、なかでも“絵画”と“チューリップ”が2大ブームだったという。希少な品種の球根1個が邸宅1軒分に相当し、世界最古の経済バブルとして知られる「チューリップバブル」がピークを迎えていた。

親子のように年の離れた、裕福なコルネリスと結婚したソフィア。二人の間に燃えるような愛はなかったが、孤児となり修道院で育った彼女にとって、それは初めて味わう豊かで安定した暮らしだった。夫は優しく特に不満もなかったが、彼が切望する跡継ぎができないことが、唯一の悩みだった。そんななか、夫が夫婦の肖像画を、無名の画家のヤンに依頼する。


キャンバス越しに見つめ合うヤンとソフィアが、恋におちるのに時間はかからなかった。若く情熱的な画家と、許されない愛を貫きたいと願ったソフィアは、ある計画を思いつく。しかし、ヤンが二人の未来のために、希少なチューリップの球根に全財産を投資したことから、思わぬ運命が立ちはだかる──。

映画情報どっとこむ ralph チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

10月6日(土)新宿バルト9他、全国ロードショー!


絵画ファンとミステリーファンを熱狂させた世界的ベストセラー本を英国が誇る最高のスタッフ・キャストで映像化!

「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい」という原作者の思いから生まれたベストセラー小説を『ブーリン家の姉妹』のチャドウィック監督と『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー賞®を受賞したトム・ストッパードの脚本により映画化。ソフィアを演じたアリシア・ヴィキャンデルは「真珠の耳飾りの少女」をオマージュした衣装や、フェルメール・ブルーのドレスをまとい、清楚だが身の内に熱い想いを秘めた女性を体現している。若く美しい画家のヤンには、『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーン。そのほか夫のコルネリス役にクリストフ・ヴァルツ、チューリップを栽培する修道院の院長役にはジュディ・デンチなどのオスカー俳優たちが名優の称号にふさわしい演技で観る者を物語へと引き込む。

***********************************

出演:アリシア・ヴィキャンデル デイン・デハーン ジュディ・デンチ クリストフ・ヴァルツ

監督:ジャスティン・チャドウィック「ブーリン家の姉妹」
原作:デボラ・モガー 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」「プライドと偏見」
脚本:デボラ・モガー、トム・ストッパード「恋に落ちたシェイクスピア」製作:アリソン・オーウェン「エリザベス」

© 2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

提供:ファントム・フィルム、ハピネット
配給:ファントム・フィルム
2017年/アメリカ、イギリス/105min/5.1ch/スコープサイズ


映画『ダウンサイズ』ミニチュアアートの第一人者 田中達也と夢のコラボ!


映画情報どっとこむ ralph 人類を救う大発明—。それは人間を13cmにダウンサイズすることだった!

圧倒的リアリティと、現代社会を風刺した“実は”深いテーマに、海外批評家やジャーナリストからも高い評価を獲得し、大きな注目を集めている映画『ダウンサイズ』が、3月2日(金)にいよいよ日本上陸します!

この度、いまSNSで話題沸騰中のミニチュア写真家・田中達也さんによる、人類が13cmにダウンサイズする本作の世界観を見事に描いた夢のコラボアートが完成!

人間が13cmにダウンサイズする世紀の発明が発見された世界を舞台に、マット・デイモン演じる主人公ポールがより良い暮らしを求めてミニチュアの世界へ飛び込んでいく様を描いた本作。

ダウンサイズされた世界では、一輪のバラが大きな花束へ、子ども用ドールハウスが大きな豪邸へと、なんの変哲もない小さなものがすべて大きなものになる夢の世界。
そんなユニークなダウンサイズの世界観と、独特の視点で日常にある物を別の物に見立て驚きのミニチュア世界を表現するミニチュア写真家・田中達也さんによる奇跡のコラボが実現!!!

田中さんのアイデアによって生み出されたミニチュア写真のタイトルは「贅沢はダウンサイズの醍醐味。贅沢は地球環境への大ゴミ。」

リゾート地の砂浜で海水浴を楽しむ様子は、俯瞰すると青いゴミ袋の海の一部となり、すぐ近くでは地球温暖化で氷が解けるなか懸命に生きるペンギンたち、そして下部ではリゾートから出たゴミのなかで貧しく生きる人々の姿など、ゴミ袋というアイテムひとつで現代における社会問題の数々が凝縮された作品に仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph 作品を制作するにあたり一足先に映画を鑑賞して

田中さん:小さくなるという設定はもちろんのこと、それ以上にもっと大きな規模の話で、地球の環境問題の話や、社会情勢、格差社会だったりと、小さくなる事を通して、うまく表せている映画だったんじゃないかなと思います。いい意味で期待を裏切った作品だったので、面白かったです。自分が『ダウンサイズ』すれば、例えばスマホが40型TVになる。そういうのはすごく魅力的だなと思います。あと、小さい屋敷が開いていくシーンがあるじゃないですか、あのドールハウスをまんま欲しい(笑)、ああいうのはテンション上がりますね(笑)。

と興奮を隠しきれない様子でコメントしています。


現代社会への風刺が込められた田中さんのミニチュア写真。

★田中 達也 TATSUYA TANAKA
ミニチュア写真家・見立て作家。1981年熊本生まれ。ミニチュアの視点で日常にある物を別の物に見立て、
独自の視点で切り取った写真「MINIATURE CALENDAR」がインターネット上で人気を呼び、
雑誌やテレビなどのメディアでも広く話題に。広告ビジュアル、映像、装画など手がけた作品は多数。
’17年NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックを担当。
写真集「MINIATURE LIFE」、「MINIATURE LIFE2」、「Small Wonders」発売中。

映画情報どっとこむ ralph 映画をみれば、きっと「なるほど」と思うこと間違い無い、アレクサンダー・ペインが作品に込めた“実は深い”テーマとのシンクロを、ぜひ劇場の大きなスクリーンでお確かめください!

映画『ダウンサイズ
原題:Downsizing
3月2日(金)にいよいよ日本上陸!

***********************************

監督:アレクサンダー・ペイン『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』『ファミリー・ツリー』『サイドウェイ』『アバウト・シュミット』
脚本:アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
製作:マーク・ジョンソン、アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
製作総指揮: ミーガン・エリソン、ジム・バーク、ダイアナ・ポコーニイ

キャスト:マット・デイモン、クリストフ・ヴァルツ、ホン・チャウ、クリステン・ウィグ

全米公開:12月22日
原題:Downsizing
配給:東和ピクチャーズ
(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.


13cmのマット・デイモン『ダウンサイズ』本予告&新場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph 人類を救う大発明—。それは人間を13cmにダウンサイズすることだった!

一度しかない人生、もし大金持ちで大豪邸に住めるチャンスがあるとしたらあなたはどうする?
そんな全人類の「夢」を、ユニークなアイデアで描き全世界が称賛。

映画『ダウンサイズ』が、3月2日(金)にいよいよ日本上陸します!


そして!!

この度解禁された本予告映像では、低収入で高ストレスの日々を送るマット・デイモン演じるポールが、<ダウンサイズ>された世界では、現在の貯金が82倍の14億円相当になると聞き、人生大逆転を賭けて、夫婦で<ダウンサイズ>に挑む。大豪邸に暮らす裕福な生活を夢見、すべては順調のはずが・・・衝撃の展開が!

怖気づいた妻オードリー(クリステン・ウィグ)が、先に13cmに縮小したポールを置いて、土壇場で逃げ出してしまうという予想外の事態に! “大きな”離婚届にもサインさせられて、まさかの人生どん底へ。

だが、そんなアクシデントは、小さな世界で巻き起こる奇想天外な人生のスタートに過ぎなかった!
13cmの体には小さな茂みもジャングルに、体ほどの大きさもあるトンボや蝶たち。

巨大なバラのプレゼントに、電子タブレットの巨大な映画スクリーン、ボトルのウォッカだって飲み放題!
最低最悪の絶望から一転、驚きに満ちた人生の再出発に、ポールの人生は大きく動き始める!

はたして、小さくなったポールが見つける幸せの結末とは!?



映画情報どっとこむ ralph 常識にとらわれないユニークな発想が詰め込まれたこの作品について

マット:独創的で、これまでに見たこともないような話で、(普段暮らしている)この世界では得られないような生活を送ることができるんじゃないかと感じるんだ。地球にいいことをしながらね。

とコメントしています!

『ダウンサイズ』ミニチュア人間大集合


『ダウンサイズ』
原題:Downsizing

2018年3月2日(金) TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー!

『オデッセイ』で、火星からの奇跡的な生還を果たしたマット・デイモンが、今度は13cmの手のひらサイズになり、より良い暮らしを求めてミニチュアの世界に飛び込んでいく男を演じる!

共演には、マット演じるポールの妻役に『ゴーストバスターズ』のクリステン・ウィグ。

ポールを新しい世界へ誘う謎の男には名優クリストフ・ヴァルツ。

そして本作でゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされたホン・チャウが物語を大きく動かす重要なキャラクターを熱演。さらに、『ファミリー・ツリー』を含む2度のアカデミー賞(R)脚色賞受賞のアレクサンダー・ペイン監督がメガホンを取り、アカデミー賞(R)常連の顔ぶれが揃った豪華な布陣が実現。
『ダウンサイズ』机上で離婚届にサインするマット

***********************************

監督:アレクサンダー・ペイン『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』『ファミリー・ツリー』『サイドウェイ』『アバウト・シュミット』

脚本:アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
製作:マーク・ジョンソン、アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
製作総指揮: ミーガン・エリソン、ジム・バーク、ダイアナ・ポコーニイ 

キャスト:マット・デイモン、クリストフ・ヴァルツ、ホン・チャウ、クリステン・ウィグ 

全米公開:12月22日

配給:東和ピクチャーズ
(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.
     


『ダウンサイズ』LAプレミア ファンが会場に殺到


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞(R)受賞 アレクサンダー・ペイン監督の最新作『ダウンサイズ』が3月2日(金)より公開。

人類を14分の1に小さくする世紀の技術が大発見!爆発的な人口増加問題の解消だけでなく、体が小さくなることで今ある資産でも裕福な暮らしを実現でき、低収入・住宅問題など現代人の日々の悩みも解決してしまう、「人類の縮小計画」という信じられない夢の計画が持ち上がる。火星からの奇跡的な生還を果たしたマット・デイモンが、今度は13cmの手のひらサイズになり、より良い暮らしを求めてミニチュアの世界に飛び込んでいく男を演じる!共演には、マット演じるポールの妻役に『ゴーストバスターズ』のクリステン・ウィグ。

そして!LAプレミアが開催されました!!!

これまでも数々の名作を手掛けてきた名匠アレクサンダー・ペインや、先日発表された第75回ゴールデン・グローブ賞で助演女優賞に堂々初ノミネートを果たし、劇中ではマット・デイモン演じる主人公ポールが出会う重要なキャラクターを演じている新鋭ホン・チャウ、ポールを新しい世界へ誘う謎の男を演じたクリストフ・ヴァルツら豪華キャスト・スタッフ陣が一堂に会しました!

人類を14分の1に小さくする世紀の技術が大発見され、「人類の縮小計画」という信じられない夢の計画を描く本作のプレミアイベントとあって、通常とは趣を変えたホワイトカーペットがしかれ、赤と白を基調としたスタイリッシュで華やかな会場でプレミアイベントがスタート!!!

豪華キャスト・スタッフ陣を一目見ようと、400人以上もの多くのファンとマスコミ陣が会場に詰めかけ、熱気に包まれるなか、アレクサンダー・ペイン監督、ホン・チャウ、クリストフ・ヴァルツ、クリステン・ウィグら豪華面々が続々と登場!瞬く間に黄色い歓声に包まれ会場は大盛り上がりとなりました。

『ダウンサイズ』LAプレミア
日付:12月18日
場所:リージェンシー・ヴィレッジ・シアター
参加キャスト・スタッフ:アレクサンダー・ペイン監督、ホン・チャウ、クリストフ・ヴァルツ、クリステン・ウィグ、ローラ・ダーン、ウド・キア、ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク、ニーシー・ナッシュ、ジム・テイラー(脚本家)、マーク・ジョンソン(製作)ら

映画情報どっとこむ ralph 先日発表された第75回ゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞で助演女優賞に堂々初ノミネートを果たし、今後の賞レース、そしてアカデミー賞(R)への期待がかかり多くのマスコミ陣から熱視線を向けられていたホン・チャウは、ジェニファー・メイヤーのジュエリーと、シルバーのスパンコールであしらわれた煌びやかなセミロングドレスを纏って登場。

ノミネート後の周囲の反応について

ホン・チャウ:みんなとても喜んでくれているけど。とても凄いことすぎて私自身はまだ現実を処理しきれてないの。私が小さかったときのことを知ってる人はきっと驚くわ。とってもシャイな子だったから、まさか女優になるなんてってね。

と、映画出演2作目にして各賞ノミネートを果たしたシンデレラストーリーを初々しく喜びました。

マット・デイモン演じる主人公ポールが、低収入でストレスが多い日々から逃れ13cmに小さくなることで裕福になれ、大豪邸に住み悠々自適な暮らしをしようと決意する本作。小さくなったポールが出会う謎の男を演じた名優クリストフ・ヴァルツは

ヴァルツ:文化の背景に関わらず、世界に通じる映画だと思う。東京に住んでいる人も、狭いスペースで上下にたくさんの人が住んでるマンションに暮らしているから、きっとこの作品に共感出来ると思うよ。
と、作品で描かれるポールの決断が、実は日本人にも身近なテーマであることを語りました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、人類を14分の1に小さくするというこのアイディアを描いた名匠アレクサンダー・ペインも日本のファンに向け

ペイン:僕は日本映画の大ファンだから、『ダウンサイズ』を観てくれたらとても嬉しいよ!国際的で世界に拡がりのある作品にしたかったから、3人の主要な登場人物はアメリカ人、ヨーロッパ人、アジア人にしたんだ。他にも多様な国籍の人を登場させたよ。

とメッセージを送った他、当日は残念ながら家族の事情でこのプレミアを欠席したマット・デイモンも、過去のインタビューで「僕が演じたポールは、どこにでもいるような、なぜか社会でうまくやっていけない男だ。とても勤勉なんだが、結果として、思っていたようなキャリアは築けず、妻と一緒に暮らしたいような生活をするためのお金も稼げない。だから、今のアメリカの多くの人を代表していると思うよ。」と自身の演じたポールの決断について語っており、この突飛な設定がただの遠い世界の話ではなく、ますます身近になり今こそ必見の映画であることが窺えます。

映画情報どっとこむ ralph プレミアの間、何度も談笑し仲の良さを見せつけ、ファンサービスも熱心にこなしたキャスト陣たち。レッドカーペットが終了し、映画の上映が始まっても会場の外は出待ちのファンで溢れかえり、熱狂的な雰囲気に包まれたプレミアイベントは大盛り上がりのなか幕を閉じました。

ダウンサイズ
原題:Downsizing

2018年3月2日(金) TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー!

***********************************

監督:アレクサンダー・ペイン『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』『ファミリー・ツリー』『サイドウェイ』『アバウト・シュミット』

キャスト:マット・デイモン、クリストフ・ヴァルツ、ホン・チャウ、クリステン・ウィグ

脚本:アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
製作:マーク・ジョンソン、アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
製作総指揮: ミーガン・エリソン、ジム・バーク、ダイアナ・ポコーニイ
全米公開:12月22日
配給:東和ピクチャーズ
(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.