「クリスティン・スコット・トーマス」タグアーカイブ

第71回英国アカデミー賞にて『ウィンストン・チャーチル』作品賞含む9部門にノミネート


映画情報どっとこむ ralph ウィンストン・チャーチルを驚異の変身で熱演しゲイリー・オールドマンが第75回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞に輝いた『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は3月TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開となります。

第71回英国アカデミー賞にて、作品賞含む9部門にノミネートされました。
Kristin Scott Thomas and Gary Oldman star as Clementine and Winston Churchill in director Joe Wright’s DARKEST HOUR, a Focus Features release.
Credit: Jack English / Focus Features

ゲイリー・オールドマン自らのオファーによってその変身を実現された本作の立役者、辻一弘もメイクアップ&ヘア賞にノミネートを果たしています。この度、ゲイリー・オールドマン(主演男優賞)、クリスティン・スコット・トーマス(助演女優賞)より喜びのコメントが到着しました。

第71回 英国アカデミー賞 ノミネート

●作品賞
●英国作品賞
●主演男優賞:ゲイリー・オールドマン
●助演女優賞:クリスティン・スコット・トーマス
●メイクアップ&ヘア賞:辻一弘、デビッド・マリノフスキ、イバナ・プリモラック、ルーシー・シビック
●音楽賞:ダリオ・マリアネッリ
●撮影賞:ブリュノ・デルボネル
●美術賞:サラ・グリーンウッド、ケイティ・スペンサー
●衣装賞:ジャクリーヌ・デュラン

映画情報どっとこむ ralph ゲイリー・オールドマンからのコメント
俳優として、今回で3度目のノミネートになりますが、素晴らしいみなさまと共に候補者の一員にしていただき、評価をしていただけて、とても嬉しいです。ウィンストン・チャーチルを演じることができたのは、私にとって真の名誉でした。


クリスティン・スコット・トーマスからのコメント
ノミネートしていただき、興奮しています。私が演じた役であるクレメンティーン・チャーチル、この、夫ウィンストンの陰に隠れてしまいがちな素晴らしい女性に、光を当ててくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。また、とても魅力的な助演女優のみなさまと共にノミネートしていただき光栄です。

映画情報どっとこむ ralph
4106_D013_00374_CROP
(ctr) Gary Oldman stars as Winston Churchill in director Joe Wright’s DARKEST HOUR, a Focus Features release.
Credit: Jack English / Focus Features


ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

3月、TOHOシネマズ シャンテ他全国公開

www.churchill-movie.jp

「政界一型破りな男が、歴史を変えた。」 1940年、第二次世界大戦初期。ナチス・ドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、イギリスにも侵略の脅威が迫 っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれるなか、ヨーロッパの運命は、新たに就任したばかりの英国 首相ウィンストン・チャーチルの手に委ねられた。嫌われ者の彼は政敵に追いつめられながら、ヨーロッパのみならず 世界にとって究極の選択を迫られる。ヒトラーに屈するのか、あるいは闘うのか――。

***********************************


監督:ジョー・ライト 出演:ゲイリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、スティーヴ ン・ディレイン、ロナルド・ピックアップ、ベン・メンデルソーン

2017年/イギリス/125分
ユニバーサル作品
配給:ビターズ・エンド/パルコ

© 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.


許されぬ恋と知りつつも『フランス組曲』本編映像到着!


本日1月8日(金)公開のミシェル・ウィリアムズ出演最新作『フランス組曲』の本編映像が公開されました!
フランス組曲 今回公開された本編映像では、美しい緑豊かな庭園で、戦地に行った夫への手紙を綴るリュシル(ミシェル・ウィリアムズ)・・・。

そこに現れたドイツ軍中尉ブルーノ(マティアス・スーナールツ)。

お互いが嗜むピアノの会話から、彼が元作曲家として活躍していたことを知り、義母(クリスティン・スコット・トーマス)の監視の目を気にしながらもブルーノに興味を抱いていくリュシル。
 
許されぬ恋と知りつつも徐々に惹かれていく二人の、物語の鍵となるシーンが美しく切り取られています。



本作は『ブルーバレンタイン』『マリリン7日間の恋』などで3度のオスカーノミネートを誇るミシェル・ウィリアムズを主演に迎え、『君と歩く世界』以降、『ヴェルサイユの宮廷庭師』、エディ・レッドメイン共演『リリーのすべて』、ティルダ・スウィントン共演「A Bigger Splash」(15)など話題作への出演が相次ぐマティアス・スーナールツ、『イングリッシュ・ペイシェント』、『パリ3区の遺産相続人』の名女優クリスティン・スコット・トーマス、『オン・ザ・ロード』、『マレフィセント』のサム・ライリー、『スーサイド・スクワッド』(16年公開予定)、「ザ・レジェンド・オブ・ターザン(原題)」(16)などハリウッド超大作も控える今最も旬の若手女優マーゴット・ロビー、『ピエロがお前を嘲笑う』、『黄金のアデーレ名画の帰還』のトム・シリングなど、オールスターキャストが力強い存在感を見せ、深く見応えある人間ドラマを誕生させました。

フランス組曲
物語・・・
アウシュヴィッツで命を奪われたユダヤ人女性作家イレーヌ・ネミロフスキーが、娘に託したトランクに60年以上眠っていた未完の小説「フランス組曲」を原作に、第二次大戦中ドイツ占領下フランスの田舎町で、ピアノの音色が結びつけたフランス人女性とドイツ将校との恋を中心に、過酷な状況下で懸命に生きる人々の姿を描いた愛の物語。

フランス組曲

は2016年1月8日よりTOHOシネマズ シャンテ ほか全国公開です。

公式サイト:www.francekumikyoku.com

********************************************************************

監督・脚本:ソウル・ディブ『ある公爵夫人の生涯』

出演:ミシェル・ウィリアムズ『マリリン 7日間の恋』、クリスティン・スコット・トーマス『イングリッシュ・ペイシェント』、マティアス・スーナールツ『君と歩く世界』、サム・ライリー『オン・ザ・ロード』、マーゴット・ロビー『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

提供:KADOKAWA、ロングライド
配給:ロングライド
© 2014 SUITE DISTRIBUTION LIMITED  


いよいよ1月8日公開『フランス組曲』映画化まで70年の経緯


いよいよ1月8日(金)公開の『フランス組曲』。

様々な困難を乗り越え映画化され、ついに日本公開が決まった本作の、公開までの「奇跡」の経緯を解き明かすニュースリリースが到着しました!

フランス組曲本
1942年、アウシュビッツ収容所で命を落とした女性作家イレーヌ・ネミロフスキー。当時人気作家として活躍していたネミロフスキーが次回作として執筆していた原稿が本作の原作「フランス組曲」。

作者がついに書き終えることのできなかった未完の物語が映画として完成し、私たちに届くまでには驚くべき「奇跡」が隠されていたそうです。

フランス組曲sub3
処女作がジュリアン・デュヴィヴィエ監督により映画化(「ゴルダー」)されるなど、人気作家として活躍していたユダヤ人女性作家イレーヌ・ネミロフスキー。作家として絶頂の時、第二次大戦が勃発。

1942年、アウシュビッツ収容所で命を落としてしまいます。

残された2人の愛娘は変名しながらの逃亡生活の中で「どんな時も決して手放してはならない」と託された母の形見のトランクを必死に守り抜き生き延び・・・。

戦後、辛い思い出と向き合うことを避けた姉妹が、トランクの中に母の未完の原稿を発見するのは、実に作者の死から60年後のこと。
フランス組曲
娘たちの尽力により、ついに2004年、フランスで出版された原作は瞬く間に話題となりフランスの四大文学賞の一つルノードー賞を受賞。欧米各国で大ヒットを記録しました。

ですが映画化においてもさらなる苦難が降りかかります。原作に惚れ込んだ映画制作陣が制作に乗り出した矢先、原作者の未完の物語を完結させる上で鍵となる作者の長女ドニーズが死去。難航しながらもようやく完成した映画には、原作にはない、生き別れとなったユダヤ人母子の描写が盛り込まれています。
フランス組曲
「1952年の読者も2025年の読者も同じように引きつけられる出来事や争点を、なるだけふんだんに盛り込まなければならない」と語った原作者が死の恐怖に耐え綴った壮大な人間ドラマが、死後70年の時を経て映画として私たちのもとへと届くことになりました。

『フランス組曲』は1月8日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

フランス組曲物語・・・
1940年、ドイツ占領下フランスの田舎町。

戦地に赴いた夫を待つ美しい妻リュシルと厳格な義母の暮らす屋敷へドイツ軍中尉ブルーノがやってくる。緊迫した占領下の生活の中で、音楽への愛を共有するリュシルとブルーノは、いつしか互いの存在だけが心のよりどころになっていくー。

それは同時に、狭い世界に生きる従順な女性だったリュシルが、より広い世界へと目を向ける転機にもなっていくのだった。



********************************************************************

監督・脚本:ソウル・ディブ『ある公爵夫人の生涯』
出演:ミシェル・ウィリアムズ『マリリン 7日間の恋』、クリスティン・スコット・トーマス『イングリッシュ・ペイシェント』、マティアス・スーナールツ『君と歩く世界』、サム・ライリー『オン・ザ・ロード』、マーゴット・ロビー『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
© 2014 SUITE DISTRIBUTION LIMITED
Photo:Steffan Hill © 2014 SUITE DISTRIBUTION LIMITED
  


『フランス組曲』原作をソウル・ディブ監督が語る特別映像


フランス組曲年明け直ぐ2016年1月8日(金)公開『フランス組曲』。

その原作同名小説について、ソウル・ディブ監督、関係者らが語る特別映像が解禁となりました!

本作は、アウシュヴィッツで命を奪われたユダヤ人女性作家イレーヌ・ネミロフスキーが、娘に託したトランクに60年以上眠っていた未完の小説「フランス組曲」を原作に、第二次大戦中ドイツ占領下フランスの田舎町で、ピアノの音色が結びつけたフランス人女性とドイツ将校との恋を中心に、過酷な状況下で懸命に生きる人々の姿を描いた愛の物語。



第二次大戦下、原作者が命の危険を感じながら必死に書き綴った実際の原稿が映し出されスタートする特別映像。

「この本は単なる小説ではありません。作家の命を奪っても作品は生き残りました。」

と語り出したソウル・ディブ監督。

当時の出来事をリアルタイムに目撃し、体験した女性作家の独自な視点で書かれた原作について

「事実に即してリアルタイムに書かれた原作が60年間埋もれていたタイムカプセルに思えました。原作の中で忘れられない場面の1つが、避難する人々が空襲に遭うシーンです。原作全体から見ればほんの一部かもしれませんが市民の目で見た戦争の物語を表現したかったのです。」

と原作の象徴的なシーンについて、それを忠実に再現した本編映像とともに語っています。

また、本作で貧しいながらも夫(サム・ライリー)を献身的に支える妻を演じたルース・ウィルソンも、

「本作は善人と悪人を明確に分けていません。非道なことをする人はフランス人の中にも地域の中にもいますドイツ人だけを悪者扱いせずフランス人の嫌な面も描いている点に引かれました。

敵味方を超え一人の人間として占領下を生きる個の姿を描いた原作の魅力を語ります。

さらに今回の特別映像には原作者の孫も登場

「占領下の時期が特につらかったと祖母は言っていました。敵が急に身近な存在になったからでしょう。ドイツ兵の名を知り言葉を交わし共に生活をするのです。敵がどんな人間かも知らずに撃ち合うのとはわけが違います」

ヒーローではなく、当時を生きた原作者にしか描けなかった“普通の人々”の目線で綴られた物語「フランス組曲」。

作者が完結させることの叶わなかった未完の遺稿は、まるで1940年の当時の人々の姿をのぞき見するかのような細かな演出と、ミシェル・ウィリアムズ、マティアス・スーナールツ、クリスティン・スコット・トーマス、サム・ライリー、マーゴット・ロビー、トム・シリングら豪華俳優陣の抑えた演技と力強い存在感により、見応えある映画として現代に。

フランス組曲』は2016年1月8日より全国公開。

公式HP:www.francekumikyoku.com

********************************************************************

物語・・・
1940 年、ドイツ占領下フランスの田舎町。戦地に赴いた夫を待つ美しい妻リュシルと厳格な義母の暮らす屋敷へドイツ軍中尉ブルーノがやってくる。緊迫した占領下の生活の中で、音楽への愛を共有する2人は、いつしか互いの存在だけが心のよりどころになっていくー。それは同時に、狭い世界に生きる従順な女性だったリュシルが、より広い世界へと目を向ける転機にもなっていくのだった。

監督・脚本:ソウル・ディブ『ある公爵夫人の生涯』
出演:ミシェル・ウィリアムズ『マリリン 7日間の恋』、クリスティン・スコット・トーマス『イングリッシュ・ペイシェント』、マティアス・スーナールツ『君と歩く世界』、サム・ライリー『オン・ザ・ロード』、マーゴット・ロビー『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

提供:KADOKAWA、ロングライド
配給:ロングライド
©2014 SUITE DISTRIBUTION LIMITED


「Suite Française」の邦題決定『フランス組曲』1 月公開


ソウル・ディブ監督最新作「Suite Française」の邦題が『フランス組曲』に決定し、2016年1月、T O H O シネマズシャンテほかにて全国公開が決定しました。

第二次大戦中のドイツ占領下フランスの田舎町を舞台に、ピアノの音色が結びつけたフランス人女性とドイツ将校との愛の物語を中心に、過酷な状況下で懸命に生きる人々の姿を描いています。

主演に『マリリン7日間の恋』や、『ブルーバレンタイン』などで確かな演技力を披露し、3 度のオスカーノミネートを誇るミシェル・ウィリアムズを迎え、監督はアカデミー賞受賞作品『ある公爵夫人の生涯』のソウル・ディブ。

フランス組曲
原作はアウシュヴィッツで生涯を閉じた作家による未完の小説「フランス組曲」1942 年、作家イレーヌ・ネミロフスキーはアウシュヴィッツでその生涯をとじた。

その形見として娘が保管していたトランクには、彼女のノート−−−未完の小説「フランス組曲」の原稿。

命がけで綴られた原稿が60 年の歳月を経て世に出るや瞬く間に話題となり2004 年にフランスの四大文学賞の一つルノードー賞を受賞(死後授賞は創設以来初めて)。

フランスで70 万部、全米で100 万部、世界でおよそ350 万部の驚異的な売上げを記録しています。

フランス組曲sub1 物語・・・
1940 年、ドイツ占領下フランスの田舎町。戦地に赴いた夫を待つ美しい妻リュシルと厳格な義母の暮らす屋敷へドイツ軍中尉ブルーノがやってくる。緊迫した占領下の生活の中で、音楽への愛を共有する2人は、いつしか互いの存在だけが心のよりどころになっていくー。それは同時に、狭い世界に生きる従順な女性だったリュシルが、より広い世界へと目を向ける転機にもなっていくのだった。
フランス組曲sub3
フランス組曲

1月、TOHO シネマズ シャンテほか全国公開です。
www.francekumikyoku.com

********************************************************************

監督・脚本:ソウル・ディブ『ある公爵夫人の生涯』
出演:ミシェル・ウィリアムズ『マリリン7日間の恋』、クリスティン・スコット・トーマス『イングリッシュ・ペイシェント』、マティアス・スーナ
ールツ『君と歩く世界』、サム・ライリー『オン・ザ・ロード』、マーゴット・ロビー『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

2014 年/英=仏=ベルギー/107 分/カラー/英語・仏語・独語/シネマスコープ/5.1ch
原題:Suite Française/日本語字幕:髙内朝子/PG-12
©2014 SUITE DISTRIBUTION LIMITED
提供:KADOKAWA、ロングライド
配給、宣伝:ロングライド
Photo:Steffan Hill